七輪は自宅の庭やキャンプなどで、本格的な炭火焼きを楽しめるアイテムです。ガスコンロと比べて熱効率に優れ、海鮮や焼き鳥などのおいしさを引き出します。

しかし、製品によって材質や形状などが異なるため、初めて購入する方はどれを選べばいいのか分からないのではないでしょうか。そこで今回は、七輪のおすすめをピックアップしてご紹介。また、七輪の選ぶうえでチェックするべきポイントも併せて解説するのでチェックしてみてください。

七輪の魅力

By: amazon.co.jp

七輪は基本的にガスではなく、炭を用いて調理します。炭を使った調理は食材から余分な水分が出にくく、なかはふっくらと、外はパリッと焼けるのが特徴です。また、遠赤外線効果により素早く食材を焼けるので、焼肉をした際にうまみ成分を逃しません。

七輪は、炭に加えて本体から遠赤外線を発生するモノが多く、より効果的に食材のうまみを引き出せるのもポイントです。

七輪の選び方

形状をチェック

スタンダードな「丸型」

By: amazon.co.jp

七輪には、大きく分けて「丸型」と「角型」があります。丸型は、底部から天端にかけてラッパ型のように、広がった形状をしたモノ。焼き物だけでなく、煮物や炒め物も調理したい方におすすめです。

丸型は角型よりも少ない燃料で済むのがメリット。本体下部の空気穴から取り入れた空気が対流熱を生み、中央に集まることで効率よくフライパンや鍋を加熱できます。

しかし、文字通り丸い形状なので魚のような長い食材を焼くには不向き。特に少人数向けのサイズの小さいモデルは頭や尻尾といった端部がはみ出しやすく、全体に火を通しにくくなるので注意しておきましょう。

フラットな「角型」

By: amazon.co.jp

角型は、長方形や正方形の形をしたモデルです。丸型に比べて生産効率に劣るため、価格はやや高めに設定されています。

長方形の七輪はさんまのような長い魚でも、全体に火を通しやすいのが特徴。焼き面も広く、多くの食材を載せられるのもメリットです。一方、鍋やフライパンを使った調理をするには効率が悪く、丸型よりも多く炭を用意する必要があります。

正方形の七輪は丸型と用途が同じで熱効率に優れ、鍋やフライパンを使った調理がしやすいタイプ。コンパクトなサイズを多くラインナップしており、少人数での使用や収納しやすいモデルが多いのも特徴です。

つくりをチェック

切り出しタイプ

By: amazon.co.jp

切り出しタイプは、珪藻土の塊から七輪の形に切り出して作られたタイプです。珪藻土の組織が破壊されていないため、ヒビ割れしにくいのが特徴。また、内部に空気の層があるので断熱性と軽量性にも優れています。

しかし、製造するにあたって金型は使えず、熟練の技が必要です。大部分が手作業で作られているため、製品に温かみがあるものの、価格は高めに設定されています。

練り製

By: amazon.co.jp

練り製は、七輪のなかでもっとも普及しているタイプです。粉砕した珪藻土を、金型でプレスして成型して作られています。練り製は、金型を使った生産が可能なため、コストが安く、比較的安価に販売されているのが特徴。お試しで七輪を使ってみたい方におすすめです。

しかし、一度粉砕した珪藻土を固めて作っているので、切り出しタイプに比べてヒビ割れしやすく、耐久性に劣ります。

サイズをチェック

By: honma-seisakusyo.jp

七輪は、使う人数や食材の大きさに合わせて選ぶ必要があります。サイズが用途にマッチしていないと、焼くスペースが足りなかったり、食材全体を焼けなかったりするので、注意が必要です。

例えば、さんまのような長い魚だと、端部が七輪からはみ出してしまい、均一に焼けません。また、大人数でサイズの小さい七輪を用いると、全員に料理が行きわたるまでに時間がかかってしまいます。

大きさの目安は、直径28cm程度の大きさだと1~4人が目安です。それ以上の人数で使う場合は、より大きいサイズのモノを検討してみてください。

ツル(取っ手)の有無をチェック

By: amazon.co.jp

七輪は、本体にツルもしくは取っ手を搭載したタイプもラインナップしています。どちらも本体が持ち上げやすくなり、屋外に持ち運ぶのに便利です。しかしツル付きの七輪は、本体をぶら下げるようにして持つため、炭を燃焼している最中や使用後すぐは熱くて持ち運べません。

一方で、取っ手のタイプは本体横から持ち上げられるため、ツルよりも比較的安全に持ち運びできます。そのため、安全性に配慮するのであれば、取っ手付きのモデルを選ぶのがおすすめです。

七輪のおすすめ|丸型

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 炭焼き名人万能水冷式 M-6482

付属のゴトクと網により、網焼きと鍋物などの幅広い調理が楽しめる七輪です。ゴトクはフック付きでズレにくい仕様。網は角型格子状で、串がなくても焼けます。

また、本製品は本体底に水を入れる水冷式のモデルです。安全性に優れているほか、水の蒸発による上昇気流で燃料効率の向上が期待できます。ゴトクと網のほかに取っ手付きの目皿も付属し、炭の後始末が簡単なのもポイントです。材質は鉄製のため、作りも頑丈。重量は2.7kg、サイズは外径280×高さ210mmと軽量かつコンパクトで、ソロやデュオでのキャンプに持ち運ぶのにもぴったりの製品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バケットグリル UG-23

ポップなカラーとバケツ形状が特徴的な七輪。本体底部には空気穴がたくさん開いており、燃焼効率にも優れています。本体サイズは、外径270×高さ230mmとコンパクト。脚を搭載しているため、卓上でも使用できるモデルです。

重量は1.2kgと軽量で、収納時は外径270×高さ180mmまで小さくなり、持ち運びにも便利。後片付けも簡単に行えるため、七輪の扱いに慣れていない方におすすめです。カラーは、グリーン・ピンク・パープルの3種をラインナップしています。

センゴクアラジン(SENGOKU ALADDIN) ヒバリン SAG-HB01

火鉢と七輪をイメージして作られた、おしゃれなカセットコンロ。七輪の雰囲気を手軽に楽しみたい方におすすめのモデルです。本製品は安全装置を搭載しているので、屋内・屋外問わず、安心して使えます。

中央はやや凹ませた形状で、バーナー部を囲むように設計。風を分散するので、自宅の庭やキャンプ場でも使いやすいのが特徴です。また、トルネードバーナー式を採用しているため、熱効率に優れています。

本製品は、輻射プレート・焼き網・焼き網ステイを付属。これらを用いることで食材の焼きムラを抑え、美味しく調理できます。付属品を外せばゴトクになるので、鍋物を調理できるのもポイント。また、収納袋も付属しているため、収納や持ち運びもラクラクです。

【赤熱で焦げにくい】火鉢と七輪が融合したコンロ ヒバリン

ソト(SOTO) デュアルグリル ST-930

網焼きと鉄板焼きの2通りを楽しめるモデル。本体の素材はアルミ、焼き網はステンレスを採用し、耐食性と耐久性に強いのが特徴です。本体の寸法が直径310mmで、卓上に置きやすいサイズ。網の高さも3段階の調節に対応し、網を高くして保温したり、低くして焼いたりと工夫できるのもポイントです。

本製品はリフターが付属しており、使用後すぐに本体を持ち上げられます。また、吸気孔を閉じ、蓋を被せるだけで消火できるため片付けが簡単。消化した炭は、再度燃料として利用できるため、ランニングコストも軽減できます。

直接地面にも置ける設計のため、宅内だけでなくアウトドアシーンでも活用可能。収納ケースも付属し、持ち運びもラクラクです。

バンドック(BUNDOK) メッシュシチリン BD-373

遠赤外線効果と水蒸気により、うまみを逃がさず、食材を美味しく調理できる七輪。二重構造で本体に炭の熱が伝わりにくい、安全性の高いモデルです。七輪本体以外にもゴトクと焼き網がセットで付属し、鍋料理や串料理などの幅広い用途で使用できます。

本体内部の炭受けは取り外しが可能。メンテナンスがしやすく、いつでも清潔な状態で使えます。本体横には取っ手を搭載し、持ち運ぶ際に便利。本体重量は2.3kg、サイズは幅300×奥行280×高さ210mmと小さめで、ソロや少人数で使うのにおすすめです。

バンドック(BUNDOK) 七輪 BD-385

ツルと空気窓を搭載した、使い勝手のよい七輪です。ツルがあることで、持ち運びがラクラク。空気窓を開閉すれば、火力の調節も簡単に行えます。

本体サイズは、幅260×奥行250×高さ215mm。少人数で焼き物を楽しむのにおすすめの大きさです。また、価格も安価で、気軽に手に入れられるのもポイント。材質は珪藻土を採用し、遠赤外線効果でおいしく調理できます。形状は丸型で、焼き魚や焼き鳥などをみんなで囲んで楽しむのにもぴったりの製品です。

ホンマ製作所 SunField 七福輪 S-260

対応人数が2~4人とファミリー向けの丸型軽量七輪。本体サイズが直径28×高さ24cmと中型の大きさながら、重量は約2.1kgと軽量なモデルです。取っ手も搭載しているため、安全に持ち運べます。

本体にはゴトクを搭載し、鍋料理にも対応可能。焼き鳥などに便利な焼き網を付属しているのも嬉しいポイントです。本製品は水コンロ式のモデルで、本体内部に水を入れることで適度な水蒸気を発生。炭火の遠赤外線効果と水蒸気を組み合わせにより、食材をおいしく焼き上げられます。

LOLO 炭焼きグリル 39312

美濃焼き産地である、岐阜県土岐市の南楽窯で焼かれた七輪。水コンロ式のモデルで、ニオイが残りにくく、メンテナンス性は良好。耐熱陶器製のため、耐久性にも優れています。サイズは外径158×高さ135mmとコンパクトなのも特徴です。

本製品は、本体とインナーに加えて、鍋敷き・焼き網・トングも付属。炭と食材があれば、すぐに焼き物を楽しめます。鍋敷きは、伝統的な焼杉化工を採用し、汚れや焦げが目立ちにくい仕様。デザインがシンプルでおしゃれなのも嬉しいポイントです。

カラーは、ブラックとホワイトの2種をラインナップ。また、一回り大きいサイズも展開しているので、複数人で使用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

七輪のおすすめ|角型

飛騨コンロ 特大☆大名コンロ B0036G86CO

珪藻土を切り出して作られた本格的な七輪。内部に空気を含んでいるため、断熱性に優れたモデルです。外観は和風に仕上げられており、雰囲気とあわせて焼き物を楽しめます。幅210×奥行210×高さ160mmと正方形のため、熱効率がよく、鍋を加熱するのにも便利です。

本製品は、スチール焼き網・鍋敷きが付属しており、卓上でも使いやすいのも嬉しいポイント。七輪独特の風合いと調理を楽しみたい方におすすめです。

グリーンライフ(GREEN LIFE) 炭たしカンタン卓上シチリン UC-350ST

ハンドル操作で簡単に網が移動でき、炭の継ぎ足しや火力調節が行える七輪。燃料の補充をするのに手間がかからず、食材の焼きすぎも防止できます。本体底面には遮熱板を搭載しているため、テーブルに熱が移りにくいのもポイントです。

サイズは幅37.0×奥行き25.5×高さ16.0cm。幅が広いので、魚を焼くのにぴったりの製品です。製品重量は2.2kgと軽く、持ち運びも簡単に行えます。材質は金属製なので、割れる心配がなくキャンプでの使用におすすめです。

グリーンライフ(GREEN LIFE) 少煙シチリン L-390S

輻射効果と遠赤外線効果により、食材に直接炭火があたらずとも美味しく調理できる七輪。炭の量が少なくても、効率よく調理できます。また、炭に油が落ちない構造のため、煙の発生を最小限に抑えているのもポイント。服にニオイが付くのを避けたい方におすすめです。

本体は熱くなりにくく、机やブル-シ-トの上でも使用可能。火床に炭がまとまっているので、灰捨ての後処理に手間がかかりません。サイズは幅39×奥行25×高さ19.6cm。長方形なので、さんまを焼くのにもぴったりのモデルです。

本体側面には取っ手を搭載しており、持ち運びにも便利。鉄製で頑丈なため、アウトドアシーンに重宝します。

グリーンライフ(GREEN LIFE) コンパクト卓上シチリン UC-350

薄型ボディで、卓上に置いて使うのに便利な七輪。サイズは幅36.5×奥行き21.5×高さ15cmとコンパクト。高さが低く設計されているため、卓上に置いて使用した際に焼きやすいモデルです。また、本体は断熱構造+遮熱板の構造なので、外に熱を通しにくくテーブルで安心して使えます。

重さは1.7kgと軽量かつ、側面には取っ手が付属していることで持ち運びが簡単。金属製で頑丈なのもポイントです。七輪のなかでは珍しく、カラーバリエーションが豊富なのも本製品の特徴です。シルバー・ブルー・ホワイト・レッドの全4種から選べます。

キャンパーズコレクション(Campers Collection) しちりん角型ワイド 007525

燃料室が2つに分かれている七輪。異なる調理を同時に行いたい方におすすめのモデルです。多孔質な珪藻土により作られた製品のため、断熱性と保温性は良好。また、輻射熱を発生し、熱効率を向上しているため、少ない燃料で加熱できます。

サイズは幅41×奥行24×高さ17cm。中型の大きさなので、複数人で調理を楽しめます。本体底部には空気取り入れ口もあり、火力調節もラクラク。火ばさみ・角アミ・敷台も付属し、ひと通り道具が揃っているのも嬉しいポイントです。

武田コーポレーション ウルトラコンパクトグリル UCG-3021

組立式でコンパクトに持ち運びできる、ステンレス製の七輪。組立時は幅30×奥行21×高さ15cmのサイズですが、収納時は厚みが約4cmまでコンパクトになります。パーツ毎に分解できるため、メンテナンス性は良好。ステンレス製なので、耐食性と耐久性にも優れています。

使用時は8ヶ所ある吸気口が燃焼を促進し、食材を美味しく調理可能。焼き面の縁には溝が付いており、串焼きに便利です。また、取っ手も搭載しているので、本体を移動するのに便利に使えます。収納バッグが付属し、ある程度の汚れを気にせず収納ができるのも嬉しいポイントです。

尾上製作所(ONOE) 鉄鋳物こんろ角型 CI-1607

鋳鉄製で食材がおいしく調理できる七輪。鋳鉄製特有の熱効率で食材の美味しさを引き出します。また、火力調節と炭の補充に便利な2つの窓を搭載しているのも特徴です。

付属のグリルは表と裏で使い分けが可能。それぞれ高さが異なり、火力を変えたい場合に役立ちます。サイズは幅400×奥行265×高さ180mmで、2~3人で使うのにぴったり。豊富な機能性を求める方にもおすすめです。

バンドック(BUNDOK) 長角七輪 BD-383

ファミリーでの使用に適した、3~4人向けの七輪です。幅41×奥行24×高さ17cmの大型サイズで、大きな食材を焼くのにもぴったりのモデル。取り外し可能なスタンド付きで、底に熱が移りにくく、卓上で安心して使えます。

炭を置く場所は二分化されており、2種類の異なる調理を同時に行えるのもポイント。空気窓も2つ搭載し、それぞれで火力の調節も可能です。本体材質は珪藻土製のため、遠赤外線効果でおいしく調理できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) モンテ V型卓上グリル B6型 UG-78

デザイン性・収納性・携帯性に優れた、トランク型のスチ-ル製七輪です。収納サイズは、幅190×奥行60×高さ165mmまでコンパクトになります。重量も約750gと軽量のため、屋外に持ち運ぶのにぴったりの製品。組立時のサイズも幅190×奥行160×高さ155mmと小さめなので、ソロでの使用に適しています。

脚を搭載しており、設営したあとの安定感は良好。バーベキュー網とゴトクを付属しているので焼き物だけでなく、煮炊きにも対応可能です。コンパクトな風防としても機能するため、キャンドルをセットして暗闇を照らせます。

本製品はカラーバリエーションが豊富なのも特徴。ブラック・カーキ・イエロー・グリーンの全4種から選べます。オプションパーツも数多くラインナップしており、カスタマイズして使い方の幅を広げられるのも魅力です。

iHOVEN バーベキューコンロ B07RLMHC7Q

収納サイズが縦40×横40×厚み3cmまでコンパクトになる、携帯性に優れたモデル。組立時は幅40×奥行30×高さ28.5cmの大きさで、少人数向けの製品です。組立、工具を一切使用せずに簡単に行えます。また、パーツを分解できるのでお手入れもラクラクです。

組立時はX字のように立つことで安定性は良好。側面の台形デザインが輻射熱を発生し、効率よく燃焼できるのも本製品の魅力です。キャンプ場であれば、焚き火台としても対応できます。

本体と焼き網の材質は耐久性に優れたステンレスを採用。サビにも強いため、長期間使いたい方におすすめの製品です。

七輪のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

七輪のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。