美しい唇に仕上げるために欠かせないのが「口紅下地」。縦じわのカバーや、発色・色持ちをよくするなど、普段のメイクにひと手間加えることで得られるメリットがたくさんあります。

今回は口紅下地を選ぶポイントに加えて、おすすめのアイテムをご紹介。自分の手持ちの口紅や上塗りする口紅との相性がよい口紅下地を選びましょう。

口紅下地とは?

By: amazon.co.jp

口紅下地は口紅を塗る前に使用し、リップメイクをきれいに仕上げるアイテム。唇の表面をなめらかに整えることで、縦ジワをカバーしたり、口紅の発色をよくしたり、乾燥や唇荒れを防いだりと、さまざまな効果が期待できます。

唇の色がくすんでいて口紅の発色が悪くなってしまう方や、口紅が思うように発色しない方は、色補正効果のある口紅下地を使うのがおすすめ。口紅下地で元の唇の色を補正することで、メーカーのサンプルに近いきれいな発色を叶えます。

口紅下地は保湿成分が含まれているので、唇のトラブルに悩んでいる方や敏感な肌の方にも使いやすいアイテム。口紅を直接塗るよりも唇への負担が少なくなり、うるおいのあるリップを叶えます。

口紅下地とリップクリームの違い

By: shiseido.co.jp

口紅下地とリップクリームは、使用する目的や効果に違いがあります。口紅下地は保湿ケアをしつつも、口紅の発色や色持ちをよくする効果があるのに対し、リップクリームは唇の保湿が主な目的。そのため、リップクリームには油分が多く含まれており、上から塗る口紅の質感を変えてしまうこともあります。

口紅を塗らない日はリップクリームでしっかり保湿し、口紅を塗る日は質感やカラーがより美しく仕上がる口紅下地を使うなど、シーンに合わせて使いましょう。

口紅下地を使うメリット

口紅の発色がよくなる

唇のくすみや色ムラの補正、唇の保湿によって口紅本来の発色を引き出すのが口紅下地。くすみの少ない透明感のある唇で、顔全体の印象をパッと華やかにしましょう。

カラーが付いていない透明タイプの口紅下地もありますが、ピンク系やブルー系、イエロー系など色補正効果のある口紅下地もあります。もともとの唇の色が濃い方やくすみに悩んでいる方、唇の上下の色の差が気になる方は、色補正効果のあるカラータイプの口紅下地を選んでみてください。

ただし、カラータイプの口紅下地は手持ちの口紅の色を邪魔してしまう場合も。カラータイプを選ぶ場合は、上から塗る口紅のカラーとの相性もチェックするのがポイントです。

唇への負担を軽減させる

唇は皮膚が薄く敏感なパーツ。唇の荒れが気なる方や口紅を直接塗ると唇が荒れてしまう方、乾燥が気になる方は口紅を塗る前に口紅下地で唇をケアしましょう。口紅の前のひと手間を加えることで、唇への負担を軽減し、うるおいのあるリップに仕上がります。

敏感肌の方は、保湿成分が多く配合されているものや低刺激な成分が配合されているものを選ぶのがポイント。天然由来の成分や植物オイルなどのナチュラルな保湿成分が入っているものもあるので、自分の肌に合う保湿成分を選びましょう。

敏感肌の方やアレルギーがある方は成分をしっかり確認し、自分に合ったアイテムかどうかを見極めることが大切です。

唇の縦ジワをカバーする

By: amazon.co.jp

せっかくツヤ感のある口紅を使用しても時間が経つと唇が乾燥して、縦ジワが目立ってしまうことがあります。唇の縦ジワが目立つと顔全体が老け込んだ印象になってしまうので、口紅下地を使用して若々しく華やかな印象をキープしましょう。

油分のある口紅下地を表面に塗ることでシワや凹凸を目立たなくし、縦ジワの少ないなめらかな唇に仕上がります。表面を整えるものから角層まで保湿成分が浸透し唇を保湿するものまで、タイプはさまざま。特に、マットな質感の口紅は乾燥による縦ジワができやすいので、保湿成分が多く配合された口紅下地がおすすめです。

口紅の持ちをよくする

口紅はそのまま塗るだけだと、飲食や時間の経過などにより色落ちしてしまうことが多々あります。口紅下地は発色をよくするだけでなく、リップメイクをキープする効果もあるので、口紅の色落ちが気になる方におすすめ。唇と口紅の密着度がアップし、口紅の色を長時間キープします。

食器やマスクに口紅が付着するストレスが軽減できるうえに、メイク直しの手間も減るので、長時間のお出かけやメイクを直す時間がない忙しい日にも便利。外出時にメイクが落ちるのを気にせずいられるのも嬉しいポイントです。

口紅下地の選び方

上塗りするリップの質感や発色に合わせる

口紅下地によっては、上塗りする口紅の質感や発色に影響を与えてしまうこともあります。口紅の発色が本来の色よりも薄くなってしまう場合や、ツヤ感やマット感が変化してしまう場合は、口紅下地のテクスチャや成分を見直しましょう。

ツヤ系の口紅を上塗りするときはツヤが出すぎないようなものを、マット系の口紅を上塗りするときはマットな質感を損なわないものを選ぶのがおすすめです。

使用する目的で選ぶ

質感重視なら「スティックタイプ」

By: lancome.jp

質感重視で選ぶなら、スタンダードなスティックタイプの口紅下地がおすすめ。油分が少ない固めのテクスチャのものが多く、上塗りする口紅の質感を変えにくいのが魅力です。

また、塗りやすい形状で、外出先でメイク直しをするときや時間がない朝にも使いやすいのも嬉しいポイント。片手でササっと塗れるので、時短メイクにもぴったりです。

唇を保湿したい方は「バームタイプ・チューブタイプ」

By: yslb.jp

唇の乾燥が気になる方や、唇が荒れがちな方はバームタイプ・チューブタイプがおすすめ。保湿効果の高いアイテムが多いので、うるおいのある唇に仕上げます。

指を使って塗るアイテムが多いため、ササッと塗ることは難しく、時短メイクには向いていません。メイクの時間を短縮させたい方は、直塗りできるように容器に工夫が施されたものを選びましょう。また、バームタイプ・チューブタイプはムラが出やすいので、少量を重ね塗りして満遍なく付けるのがポイントです。

ツヤ感を出したいなら「リキッドタイプ」

By: esteelauder.jp

スルスルと塗りやすいリキッドタイプは、グロスのようなツヤ感が魅力です。ツヤタイプの口紅だけでなく、マットリップと使用してツヤっぽい仕上がりにすることも可能。1本でメイクの幅が広がります。

口紅下地としてはもちろん、口紅の上からグロスやリップコートとして使用できるアイテムもあるのでチェックしてみてください。

保湿成分やUVカット効果もチェック

唇の乾燥・荒れが気になる方には、保湿成分が多く配合されているものがおすすめです。セラミドやコラーゲン、シアバターやホホバ油などの植物由来の成分など、製品によって配合されている成分もさまざま。アレルギーなどがある方は成分をきちんと確認して、自分の唇に合うものを選びましょう。

また、口紅下地のなかにはUVカット成分を配合したアイテムもあります。紫外線は唇の日やけシミの原因になるので、紫外線ケアは大切。日焼けによる唇のシミ・そばかすを防ぎたい方や、紫外線を浴びる機会が多い方はUVカット成分が配合されているものを選びましょう。

口紅下地のおすすめランキング

第1位 マック(M・A・C) プレップ プライム リップ

マックから販売されている、スティックタイプの口紅下地です。唇の表面をなめらかに整え、バームが溝に入り込むことでシワを目立たなくします。上から塗る口紅の発色を美しく見せられるのもポイントです。

色が付いていないので、上から塗る口紅の邪魔になりにくいのがメリット。スマートなデザインで、ポーチなどにさっと入れられます。バニラの香りが付いているのも特徴です。

第2位 シャネル(CHANEL) ルージュ ココ ボーム

シャネルから販売されている口紅下地。保湿成分のシアバターや「イドゥラ ブースト コンプレックス」を配合しています。軽やかな塗り心地で、薄膜が広がったような仕上がり。高級感のあるパッケージなので、プレゼントにもおすすめです。

密着力が高く、上から塗る口紅を長持ちさせる効果も期待できます。ノンカラーの「ドリーミーホワイト」をはじめとした、7色のカラーバリエーションがあるので、使いやすいカラーを選んでみてください。

第3位 ディオール(Dior) アディクト リップ マキシマイザー セラム

ディオールから販売されている、リップ美容液。整肌成分の「マローエキス」と、保湿成分のヒアルロン酸が配合されています。メーキャップ効果により、唇をふっくらと見せられるのが特徴。無色タイプなので、口紅下地としてはもちろん、夜の集中リップケアにもおすすめです。

さっぱりとしたバニラミントの香りが付いているのも魅力。かわいらしいデザインのパッケージで、プレゼントにもぴったりの製品です。

第4位 カネボウ(KANEBO) ケイト リップカラー コントロールベース


リップモンスターシリーズのコントロールベース。唇にしっかりと色付くイエローのカラーが特徴です。下地を塗ってから口紅を付けると、メーキャップ効果により唇のくすみや色の差が補正されると謳われています。

唇にフィットし、保湿できるのもポイント。上から塗る口紅の魅力を引き立てられるアイテムを探している方におすすめです。

第5位 エスティ ローダー(ESTEE LAUDER) ピュア カラー エンヴィ リップ ボリューマイザー N

エスティローダーから販売されている、リップボリューマイザーです。ヒアルロン酸をはじめとしたトリートメント成分を配合。メーキャップ効果により唇をふっくらと見せます。また、ほんのりと発色するので、自然に色付けたいときにもおすすめです。

口紅下地としてだけでなく、単独でも使えるアイテム。ピンク色のかわいらしいパッケージで、自分へのちょっとしたご褒美にもぴったりです。

第6位 常盤薬品工業 エクセル リップケア ブラー

エクセルから販売されている、プチプラ口紅下地。保湿成分のワセリン・ハチミツ・シアバター・3種の植物オイルを配合しており、唇にうるおいを与えます。また、唇に密着しやすいのもポイントです。

上から塗る口紅に影響しない、クリアタイプなのも特徴。口紅のノリをよくして、発色と色持ちをアップできます。リップクリームとしても使えるので、1本持っておくと便利な口紅下地です。

第7位 コーセー(KOSE) ヴィセ アヴァン リッププライマー

ヴィセアヴァンのおすすめの口紅下地。保湿成分のヒアルロン酸・ハチミツ・ココナッツオイル・ホホバオイル・スクワランを配合しており、唇をうるおいの膜で包みます。

次に使う口紅をホールドし、塗り立ての仕上がりを長時間キープ。SPF20・PA+なので、UVケアもできます。唇にほんのりと血色感を与えるベイビーピンクの色味もポイント。無香料なので、香料を使ったアイテムが苦手な方にもおすすめです。

第8位 伊勢半 キスミー フェルム リップカラー&ベース

キスミーフェルムから販売されている、プチプラの口紅下地。保湿成分のヒアルロン酸・コラーゲン・ローヤルゼリーエキス・カミツレエキス・シアバターを配合しており、唇をしっとりうるおす効果が期待できます。

ティントタイプの口紅下地で、ピンク系・レッド系・オレンジ系の3色展開です。メーキャップ効果でくすみをカバーできるので、口元を明るい印象にしたい方にもおすすめ。なめらかなテクスチャで、唇にしっかりとフィットします。

第9位 エキップ(e`quipe) RMK リップベース マット

RMKから販売されている、マットタイプの口紅下地。ツヤを抑えたいシーンや、マットリップの下地として使いたい場合におすすめです。保湿成分のヒアルロン酸やシルクエッセンスを配合しています。

上品なカシス&ローズの香りがするのもポイント。香りも楽しめる口紅下地を探している方はチェックしてみてください。

第10位 エトヴォス(ETVOS) ミネラルトリートメントバーム

エトヴォスから販売されている1本3役のリップバーム。リップクリーム・口紅下地・ニュアンスチェンジャーとして使えます。高保湿オイルや美容成分を配合しているアイテムです。

偏光パールが配合されており、メーキャップ効果により唇をぷっくりと見せてくすみを飛ばす効果もあります。ツヤ感もあるので、唇をみずみずしい印象にしたいときにもおすすめです。

また、界面活性剤・鉱物油・シリコン・タール系色素・香料・防腐剤・アルコールを使用していないのもポイント。全ての方に肌トラブルが起こらないわけではないものの、パッチテスト済みと謳われる低刺激処方も魅力です。

第11位 日本ロレアル ランコム ラプソリュ ルージュ ラ バーズ

ランコムから販売されている、リップケア&トリートメントベースです。うるおい効果とケア効果が期待できるアイテム。色が付かないタイプなので、あとから塗る口紅の色合いに影響しにくいのがメリットです。

ラグジュアリーなパッケージのため、自分へのご褒美や大切な人へのプレゼントにもおすすめ。おしゃれなデザインのアイテムを探している方はチェックしてみてください。

第12位 シロ(SHIRO) ジンジャーリッププライマー

シロから販売されている口紅下地。唇の表面に被膜を形成し、うるおいと口紅の発色を長時間キープします。口紅下地としてはもちろん、リップクリームとしても使える便利なアイテムです。

使い方はスティックで直接塗るか、ブラシにとって唇にのせるだけと簡単。シンプルなパッケージなので、性別や年齢を問わず使えます。

第13位 アクロ(ACRO) THREE リップコンシャス プロテクター

スリーから販売されているスティックタイプの口紅下地。紫外線吸収剤フリーながら白浮きしにくいとされています。SPF35・PA+++のUVカット効果があるので、UVケアにおすすめです。

薄付きのコーラルカラーで血色感を演出することで、唇の色補正効果も期待できます。口紅下地としても、リップクリーム代わりとしても使える、さまざまなシーンで役立つアイテムです。

第14位 日本ロレアル イヴ・サンローラン トップ シークレット リップ パーフェクター

イヴ・サンローランから販売されている、リップバーム・ピーリング・リップベースの3つの役割をこなすアイテム。口紅の下地として使えるのはもちろん、口紅の上からも使えるので、メイク直しのときに使うのもおすすめです。

ほんのりピンクに色付いており、ナチュラルな印象に仕上げたいときに便利。また、おしゃれなチューブタイプのデザインも特徴です。

第15位 コーセー(KOSE) エスプリーク リップトリートメント リキッド【医薬部外品】

エスプリークから販売されている、医薬部外品のリップトリートメント。有効成分であるビタミンE誘導体を配合しており、唇の荒れ・乾燥・ひび割れを防ぐ効果が期待できるアイテムです。

また、「オイルパック成分」「スムーズオイル」「密着オイル」の3つのオイルを配合しており、唇に優しくフィットします。口紅下地・リップグロス・就寝中のケアとさまざまな使い方ができるのも魅力です。

第16位 アイノキ(AINOKI) クリームリップスティックベース

アイノキから販売されている口紅下地。カミツレ花エキスやローズヒップ油をはじめとした8種類の保湿成分を配合しています。SPF12・PA+とほどよいUVカット効果があるのもポイントです。

ほんのりと唇に色付くピンクホワイトのカラー付き。色補正効果が期待できるので、のせた口紅を美しく見せられます。付けたての仕上がりをキープしやすいのもメリットです。

第17位 ウズバイフローフシ(UZU BY FLOWFUSHI) UZU 38°C 99°F LIPSTICK TOKYO ±0 CLEAR

ウズバイフローフシから販売されているリップスティック。マイクロエアロ処方によって、摩擦係数が低く、なめらかに伸ばせます。

「CLEAR」はナチュラルな桜色のカラー。上気したような自然な色を演出します。パラベンフリー・タルクフリー・無香料なのも魅力です。

第18位 アンミックス(UNMIX) モイスチャーリップベース

吉川康雄氏によるメイクアップブランド、アンミックスのリップベース。コメヌカロウやアボカド油、オリーブ果実油など、たっぷりの保湿成分を配合しているのが特徴です。皮脂膜のような油膜をイメージして、保湿オイルが使われています。

ホワイトがメインのかわいいパッケージもポイント。ブランドロゴが控えめなカラーで入っており、デザインのほどよいアクセントになっています。

第19位 資生堂(SHISEIDO) ローラ メルシエ ハイドレーティング リップバーム

ローラメルシエから販売されている、スティックタイプのリップ用美容液。高い保湿効果があると謳われています。薄膜仕上げでベタつかず、上から重ねる口紅がヨレにくいのが魅力です。

パラベンフリー・シリコンフリーなのも特徴。シンプルながら上品なデザインのアイテムで、ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

第20位 ブリステックス(Blistex) コンディショニングリップセラム

アメリカ生まれのリップクリームメーカー、ブリステックスの乳液タイプのリップセラム。リップクリーム・就寝前のリップケア・口紅下地とさまざまな使い方ができるアイテムです。

保湿・コンディショニング成分として、アボカドオイル・オリーブオイル・ビタミンEなどを配合しています。しっとりとした伸びのよいテクスチャで、使い勝手がよいのも魅力です。

第21位 コーセー(KOSE) アディクション リッププロテクター+エッセンス SPF 18

アディクションから販売されているリップ用サンプロテクター。口紅下地として使用できます。デパコスの口紅下地のなかでは、比較的安価で購入できるのもポイント。SPF18とUVカット効果があるので、唇のUVケアにおすすめのアイテムです。

ベタつきにくい軽いテクスチャながら、高い保湿効果が期待できるアイテム。パッケージが斜めカットになっており、唇に塗りやすいのもメリットです。ジュニパーベリーとゼラニウムローズの香りがします。

第22位 ポーラ(POLA) ディエム クルール リッププライマー

ポーラから販売されているリッププライマー。保湿成分として、カミツレ花エキス・トコフェロール・キイチゴエキス・アルガンオイルを配合しており、唇のうるおいを守ります。SPF18・PA++とUVカット効果があるのも魅力です。

唇の質感を残しつつ血色感とツヤを演出するので、ナチュラルに仕上がります。カラーはスターティングヌードピンクで、上から塗る口紅の魅力を引き立てるのがポイントです。

第23位 ビーグレン(b.glen) リップリビルダー

ビーグレンから販売されている唇用美容液。厳選した美容成分を配合しています。角層のすみずみまで美容成分を届ける、浸透テクノロジー「QuSome」を採用。唇のケアや口紅下地など、さまざまな使い方ができるアイテムです。

高級感のあるデザインパッケージもポイント。ちょっとしたプレゼントなどにもおすすめです。

第24位 アテニア(ATTENIR) リップトリートメントベース

アテニアから販売されている口紅下地。保湿成分のスーパーヒアルロン酸などが配合されているのが魅力です。また、口紅のもちをアップさせる保湿成分の「フィットケアオイル」を配合しており、塗り立ての仕上がりを長時間キープします。

無香料・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーなのもポイント。口紅下地としてだけでなく、リップケアにも使えます。

第25位 資生堂(SHISEIDO) プリオール 美リフト リップCC n


プリオールから販売されている高機能リップ。1本で保湿用・口紅下地・リップグロスなどとして使える便利なアイテムです。単体で使えばナチュラルに、口紅を重ねれば華やかに仕上がります。

また、SPF20・PA++のUVカット機能を備えているのもポイント。カラーバリエーションは4色です。ピーチ・アプリコット・チェリー・ベリーがあるので、好みのカラーをチェックしてみてください。

第26位 アベンヌ(Eau Thermale Avène) 薬用リップケア モイスト リップクリーム 敏感肌用【医薬部外品】

アベンヌから販売されている、医薬部外品のリップクリーム。整肌成分のアベンヌ温泉水と保湿成分のミツロウを配合した「コールドクリーム成分」が、唇表面をラップします。

植物由来エモリエント成分のスクワランやシアバターも配合。また、有効成分の酢酸DL-α-トコフェロールやグリチルレチン酸ステアリルにより、唇の荒れ・乾燥・ひび割れを防ぐ効果も期待できます。

マットな質感でヨレにくいので、口紅下地にぴったり。無香料のリップケアアイテムを探している方にもおすすめです。

第27位 ディーエイチシー(DHC) 薬用リップクリーム【医薬部外品】

DHCの人気リップクリーム。唇の保護成分として甘草誘導体やビタミンEなどを配合しており、唇を守ります。無香料・無着色・パラベンフリーなところもポイントです。

人間の皮脂に似た油脂成分を含んでおりベタつきにくく、自然なしっとり感を叶えます。口紅を塗る前に使えば、唇の乾燥を防いで、美しい発色を引き立てることが可能です。

第28位 24hコスメ(24h cosme) 24 ナチュラルリップクリーム


24hコスメから販売されているリップクリーム。天然由来成分で作られており、口のなかに入っても気になりにくいと謳われる製品です。

保湿成分の梅果実エキス・ビワ葉エキス・ヨモギ葉エキス・クマザサ葉エキスなどが配合されています。メーキャップ効果により唇の縦ジワを目立たなくするとされており、口紅下地にもおすすめです。爽やかなレモンライムの香りも楽しめます。

第29位 花王(Kao) キュレル リップケアクリーム ほんのり色づくタイプ

キュレルから販売されている、色付きのリップクリーム。うるおい成分として、セラミド機能成分と呼ばれるセチルPGヒドロキシエチルパルミタミドを配合しており、唇の乾燥が気になる方におすすめです。

無香料かつアルコールフリーなのもポイント。また、全ての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないわけではないものの、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済みとされているのも特徴です。唇のデイリーケアアイテムとしても、口紅下地としても使えます。

第30位 花王(Kao) ニベア モイスチャーリップ UV【医薬部外品】

口紅下地としても使える、ニベアのリップクリーム。保湿成分のシアバターとホホバオイル、有効成分として血行促進成分のビタミンE、消炎成分のグリチルレチン酸ステアリルを配合し、健やかな唇を保ち、唇の荒れ・ひび割れを防ぎます。

SPF20・PA++とUVケア効果もあり、紫外線対策をしたいシーンにおすすめ。また、メントール無配合なので、メントールの刺激が苦手な方でも使いやすいリップクリームです。

第31位 ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN) リップバーム SPF15

ボビイブラウンから販売されている、紫外線対策もできるリップバーム。SPF15のUVカット効果があり、普段使いにおすすめです。

保湿成分のアボカド油・コムギ胚芽油・ミツロウ、整肌成分のアロエベラエキスが配合されています。唇にうるおいを補い、かさつきを和らげるので、口紅を塗る前のリップケアにもぴったりです。

口紅下地の売れ筋ランキングをチェック

口紅下地のランキングをチェックしたい方はこちら。