透明感のあるシアーな発色や、マットな質感で唇に密着するものなど、種類の幅が広い「リキッドルージュ」。シーンやメイクに合わせて選ぶことが大切です。リキッドルージュには色落ちしにくいティントタイプや、保湿力が高く長時間潤いをキープするタイプもあります。

今回は、リキッドルージュのおすすめアイテムをご紹介。ライフスタイルに合わせて、お気に入りのリキッドルージュをみつけてみてください。

リキッドルージュとは?

By: etudehouse.com

リキッドルージュとは液状やムース状の口紅のこと。口紅の発色のよさとグロスのツヤ感を兼ね備えたアイテムが多く、メイク初心者の方にも使いやすいのが特徴です。

シアーな発色のグロスに近いものから、しっかり唇に密着して発色する口紅に近いアイテムまで、バリエーションが豊富。アプリケーターがついているものが多く、細かいところまで簡単に塗れるので、ワンランク上のメイクに仕上がります。

口紅やグロスとの違い

By: rakuten.co.jp

リキッドルージュは口紅の発色のよさとリップグロスの光沢感を兼ね備えたアイテム。しかし、口紅やグロスとはいくつかの違いがあります。

口紅と異なる点は、発色のしかた。口紅は発色がよくフォーマルなメイクをするときには重宝しますが、塗り方によっては唇の輪郭をくっきりとさせるため派手な印象になってしまうことがあります。一方、リキッドルージュはしっかり発色しながらも、唇の輪郭を程よくぼかせるので好印象な華やかさを演出。抜け感のあるメイクに仕上がります。

グロスと異なる点は、色づき。グロスは保湿力が高い反面、薄づきのアイテムが多いのが特徴です。リキッドルージュはグロスのようなツヤ感のある仕上がりを叶えつつ、しっかり発色するのが魅力。口紅を塗ってからグロスを塗る工程も短縮できるので、忙しい方にも重宝するアイテムです。

リキッドルージュの選び方

仕上がりの質感で選ぶ

女性らしさを引き立てる「ツヤタイプ」

By: jillstuart-floranotisjillstuart.com

レディなムードを醸し出せるツヤタイプは、ナチュラルメイクの日にぴったり。色も薄づきで透け感のある発色のものや、元の唇の色が透けるものなどが多く、自然な印象に仕上げます。また、うるおいのある仕上がりになるので、唇の乾燥や縦じわが目立つのを防ぎやすいメリットも。縦じわのないうるんだリップが好みの方におすすめです。

ツヤタイプはグロスのような感覚で手軽に使用できる反面、しっかりメイクをしたい日には、色づきが物足りない場合も。口紅やティントタイプのリップなどを塗ってから、重ねて使って色味を調節するなどして、理想の唇に仕上げてみてください。

フォーマルな場面でも使える「マットタイプ」

By: amazon.co.jp

フォーマルな場面やしっかりメイクをしたい日はマットタイプを使いましょう。高発色で元の唇の色をカバーするので、パキッとした印象に仕上がります。

液が密着しやすく唇をしっかりと色づけるものが多いため、重ね塗りすると強い印象になりすぎてしまう場合も。派手になりすぎるのを避けるには、少量を指でポンポンとぼかしながら塗るのもおすすめです。しっかり唇に色をつけつつ、強すぎず柔らかい印象に仕上がります。

肌色に合うカラーを選ぶ

By: amplitude-beauty.com

リップのカラーひとつで顔の印象は変わります。イエベ・ブルベなどのパーソナルカラーや、肌色に調和するカラーを選びましょう。

パーソナルカラーに沿って選ぶと顔色がパッと明るく見えたり、肌がきれいに見えたりします。反対に自分のパーソナルカラーに合わない色を使用すると、暗く血色感のない肌になることも。顔から浮かず、肌馴染みのよいカラーを選びましょう。

しかし、パーソナルカラーに捉われすぎてもメイクの幅を狭めてしまうので、自分の直感にしたがって選んだカラーに挑戦してみることも大事。気分転換に、いつもの自分と違うカラーを取り入れてみましょう。

色落ちしにくいものを選ぶ

By: amazon.co.jp

飲み物を飲むときや食事などで、カップやお皿にリップの色が移るのは避けたいもの。色落ちしにくいアイテムを選ぶことで、メイク直しの手間も省け、食器やマスクなどに色が移る心配も減らせます。

落ちにくいアイテムを探している方には、リップティントタイプのアイテムがおすすめです。「ティント」は「染める」という意味の言葉。リップティントは角質を染める仕様のアイテムで、色持ちがよく色移りしにくいのが特徴です。近年では定番のリップアイテムになりました。

色落ちしにくいぶん、きちんとクレンジングをしないと色素沈着してしまう場合がある点には要注意。落としにくい場合は唇専用のクレンジングを使いましょう。

アプリケーターの形状で選ぶ

By: rakuten.co.jp

リキッドルージュを選ぶときはアプリケーターの形状もチェックしましょう。ブランドによって大きさや形のバリエーションが豊富なので、自分が使いやすいアイテムを選ぶことが大切です。

先が細くなっているものや、均一の太さでまっすぐなものなど形状はさまざま。先端が尖っているものは、細かい部分にも塗りやすいため、口角や唇の山まで綺麗に塗りたい方におすすめです。唇の輪郭をはっきり描きたい方や細かい部分にしっかり塗りたい方は、マニキュアのような筆タイプもチェックしてみてください。

唇が荒れやすい方は保湿成分の有無もチェック

By: dior.com

保湿成分が入っているアイテムも多いリキッドルージュ。唇が乾燥しやすい方は、保湿成分が入っているものを選ぶのがおすすめです。

植物やナッツ由来の天然の保湿成分が入ったアイテムも豊富。乾燥による唇の荒れが気になる方にも適しています。また、リップ下地を使用するのもひとつの手。メイクアップ効果で唇の縦ジワを目立ちにくくするのに役立つほか、リキッドルージュが直接唇につくのを防げます。

リキッドルージュのおすすめ|プチプラブランド

レブロン(REVLON) カラーステイ サテン インク

独自の「フレキシブルカラー フィルム テクノロジー」を採用し、唇をフィルムのように包んで色落ちをしにくくしたリキッドルージュです。ネーミングが表す「サテン」のような仕上がりで、マットとツヤの魅力を兼ね備えた唇が叶います。

先端が尖ったチップ型のアプリケーターは、唇の山や口角などの細かい部分も塗りやすい仕様。リキッドルージュ初心者の方にもおすすめのプチプラアイテムです。

カラーバリエーションも豊富。パーソナルカラーのブルーベース・イエローベースに分類されているので、自分に適したカラーが見つけやすいのもうれしいポイントです。また、保湿成分のブラック カラント シード オイルやビタミンE誘導体が配合され、唇がパサつくのを防いでうるおいもキープできます。

日本ロレアル メイベリン ニューヨーク SPステイ マットインク

最長16時間の色持ちが叶うと謳われている、マットタイプで落ちにくいリキッドルージュです。塗る前に唇の油分をオフすることや、塗ったあとにしっかりと乾かすことで美しい仕上がりを長時間キープ。朝から夜まできれいなリップを長持ちさせたい方におすすめです。

また、指や綿棒を使ってなじませるとナチュラルに仕上がるのも、本アイテムの特徴。先端が尖ったチップ型アプリケーターで少量を数回に分けて塗り重ねると、しっかりと発色させることも可能です。

プチプラながら、26色ものカラーバリエーションが通年販売されており、自分に適したカラーを見つけやすいのもうれしいポイント。メイクオフには、リップ専用リムーバーを使うのがおすすめです。

リンメル(RIMMEL) アクアリィ ブースト リップラッカー

透明感のあるリキッドが均一に広がり、ぷっくりとした立体感のある唇に仕上げる、ツヤタイプのリキッドルージュです。血色感が出せる全7色に加えて、限定色も発売されています。

美容液成分配合で、唇のケアができるのもうれしいポイント。ヒアルロン酸やコラーゲン、カプサイシン含有トウガラシ果実エキスなどといった6種類の保湿成分が乾燥を防いでうるおいをキープし、すこやかな唇に仕上げます。

また、清涼成分のメントール配合によるスーッとした塗り心地と、みずみずしい伸びのよさも特徴。ベタつきにくいリキッドルージュを使いたい方におすすめです。

アプリケーターは、先端に丸みのあるチップタイプ。「SPF25・PA+」のUVカット効果があるため、紫外線から唇を守り、荒れるのを防ぎます。

資生堂(SHISEIDO) マキアージュ エッセンスジェルルージュ

濃密なジェルが厚みを与え、なめらかで立体感のある唇に仕上げるツヤタイプのリキッドルージュです。カーブしているチップ型アプリケーターのくぼみ部分にたっぷりと液を含ませて塗ると、ぷっくりとした唇が簡単に叶います。

色・ツヤ・立体感の仕上がりが6時間持続すると謳われているのもポイント。ヒアルロン酸や水溶性コラーゲンなどの保湿成分が、使うたびに美容液のような効果でうるおいを与えます。荒れがちな唇を同時にケアできるのも魅力です。

カラーバリエーションは全7色。自分に適したカラーを選びやすいように、イエローベース向け・ブルーベース向け・ニュートラルと、パーソナルカラーで分類されています。

カネボウ(KANEBO) コフレドール エレガントジュエリールージュ

メイクアップ効果により唇の縦ジワをカバーできる、ツヤタイプのリキッドルージュです。ブランド独自の「エッセンスカラーヴェール処方」が、塗るときの伸びのよさと高い粘度の密着感を同時に叶えます。つけたばかりの美しさが、長時間持続するのも魅力です。

液を含みやすいチップ型のアプリケーターは、フィット感がよいものを採用。ひと塗りで多量の液を唇にのせることができ、カーブがついて細くなった先端で唇の輪郭を丁寧になぞれます。

カラーバリエーションは、リッチなツヤと高発色を実現する7色展開。保湿成分の植物性スクワラン・水溶性コラーゲンも配合されており、乾燥から唇を守りうるおいをキープします。

エチュード(ETUDE) パウダールージュティント

まるでパウダーのように唇を包み、しっかりと密着して染めるように色づく、韓国発で人気プチプラブランドのリキッドルージュです。

本アイテムは、鮮やかに発色してマットな仕上がりになるティントタイプ。フォーマルシーンでのメイクや、リップにポイントをおいたメイクをしたい方に向いています。また、食事をしたりマスクを着脱したりしても落ちにくいのがポイント。塗り直しの手間を省いて長時間色持ちをキープできるのも魅力です。

カラーは、魅惑的な色っぽさを演出できるレッド系の8色を展開。深みのある赤から華やかな赤まで揃っています。4シーズン分類の春・夏・秋・冬に分けられており、パーソナルカラーに合わせて選びやすいように表記されているのがうれしいポイントです。

ナチュラグラッセ(naturaglace) リキッド ルージュ

「植物の力で日々を健やかに彩る」というコンセプトで、天然由来100%の原料にこだわるブランド「ナチュラグラッセ」のリキッドルージュです。

塗る前は固めのルージュのような質感ですが、ひと塗りで鮮やかに発色し、唇にのせるとグロスのようなツヤ感が出ます。色持ちも叶えるため、ルージュとグロスの“いいとこどり”ができるアイテムです。

アプリケーターは先端がゆるくカーブした「カーブフィットチップ」を採用。液を均一にのせられ、しっかりとボリューム感を演出できるように設計されています。また、配合されている数種の植物由来オイルが皮膚の薄い唇を保湿。うるおいをキープできるので、唇が荒れやすい方にもおすすめです。

伊勢半 キスミー フェルム 紅筆ティントルージュ

色落ちしにくいティントタイプのリキッドルージュです。マスクに色がついたり、飲食の際に色が落ちたりするのを防いで、長時間の色持ちが叶います。また、特徴的な紅筆タイプのアプリケーターで、唇の輪郭をくっきりと描けるのも魅力です。

仕上がりはマットな質感になるので、グロスのようなテカリや使用感が苦手な方に向いています。落ちにくいティントタイプにありがちな唇の乾燥も、シアバターなどの保湿成分がカバー。うるおった唇をキープできるのもうれしいポイントです。

カラーバリエーションは、ピンク・ローズ・ベージュ・コーラルの4色を展開しています。

伊勢半 キスミー フェルム 紅筆リキッドルージュ

アプリケーターの形状が筆になっているのが特徴的な、ツヤタイプのリキッドルージュです。コシのある平筆によって、唇の山や口角などの細かくニュアンスを出したい部分も描きやすいタイプ。しっかりと輪郭をとってルージュを塗りたい方におすすめです。

本体のダイヤル部分を回して、塗る量を調節しながら液を筆に含ませられるのもポイント。厚みの出る液をたっぷりと唇に直塗りすることで 、縦ジワや凹凸もカバーできます。

また、シアバターやヒアルロン酸、コラーゲン、ローヤルゼリーエキスなどの保湿成分が、唇にうるおいをプラス。みずみずしい唇を長時間キープできるのもうれしいポイントです。

カラーバリエーションは、なじみやすい柔らかいピンクから華やかなレッドまで8色をラインナップ。くっきりとした発色で、唇のくすみをカバーしながらメイクアップします。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ウォータリーティントリップ

色落ちしにくいティントタイプで、水に濡れたようなツヤを持続するリキッドルージュです。オイル成分の表面を水性成分が包み込む「オイルインウォーター処方」で、唇をしっとりとうるおしながら、表面はベタつきにくい仕様。ツヤが出て色持ちもよいプチプラのリキッドルージュを使いたい方におすすめです。

アプリケーターはスクエアのチップ型で、ほどよいしなりが唇にフィット。1度塗りならナチュラルに、2~3度塗り重ねると鮮やかに発色して、好みの仕上がりに調節できます。カラーバリエーションは全6色。ハチミツなどの保湿成分も配合されています。

リキッドルージュのおすすめ|デパコスブランド

日本ロレアル イヴ・サンローラン ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ウォーターステイン

リキッドルージュのラインナップが豊富なデパコスブランド「イヴ・サンローラン」のなかでも、特に人気のアイテム。軽めのつけ心地と色持ちのよさが、マスクが必須となった近年のライフスタイルに適しています。

油性成分と水溶性の成分が融和し、水分蒸発と同時に薄いツヤのある膜が唇表面を包んで鮮やかに発色する「ステインカラー」を実現。凹凸もカバーしながら、色の持続とウォータリーなツヤを叶えます。

チップ型のアプリケーターは、先端が尖ってカーブした独特のフォルムが特徴的。角を使って唇の山や口角を縁取り、クッション部分を使って縁の中をしっかりと塗りつぶせます。リップをきちんと形作って塗りたい方におすすめです。

日本ロレアル シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッド キヌ クリーム

サテンのようななめらかな仕上がりが特徴の、ソフトマットタイプのリキッドルージュです。ネーミングにある「キヌ」は、絹(サテン)を表しています。

テクスチャーはホイップクリームのような柔らかさで、唇に伸ばしやすく、美しい色合いが持続します。ツヤが出すぎず、マット感も強すぎないアイテムを探している方におすすめです。

日本製の顔料を使用し、アジア人の肌色を美しく見せるように設計された全10色のカラーバリエーションも特徴的。「緋色」「黄昏」「モミジ」「アズキ」といった美しい日本のコトバが色名に盛り込まれているカラーも存在します。ヒノキに着想を得た、日本をイメージさせる独創的な香りもポイントです。

ディオール(DIOR) アディクト リップ ティント

12時間のロングラスティングを叶える、ティントタイプのリキッドルージュです。色移りしにくい高発色と、長時間のうるおいキープを実現しています。成分の95%が自然由来と謳われているのもポイントです。

唇と一体化するようなマットな仕上がりと、鮮やかな発色が特徴。唇にパキッとしたフォーマルな印象を与えたい場合や、マスクへの色移りや食事の際の色落ちを防ぎたい場合におすすめです。

アプリケーターは、先端に丸みのあるチップ型を採用。「DIOR」のエンボスロゴが特徴的なケースも魅力です。アイテムの質感にあわせてマットな素材を使用しており、デパコスブランドならではのこだわりが感じられます。

カラーは唇の色に近いヌード色から、鮮やかで濃密な色合いのビビッドな色まで揃う全6色展開です。

アルマーニ(ARMANI) リップ マエストロ

マットタイプよりもツヤがあり、グロスよりもフィット感があるソフトマットタイプのリキッドルージュ。縦ジワもカバーできる輝きのあるカラーは、一般的なマットタイプとは異なるクリーミィーな仕上がりで、ブランドのなかでも人気のアイテムです。

アプリケーターは、先端が尖ったチップ型を採用しています。細身で小さめのタイプなので、液がつきすぎるのを防ぎ、リキッドルージュに慣れていない方にも使いやすい設計です。

カラーバリエーションが豊富なのも魅力。豊富に揃えられたカラーから、自分に適した1色を見つけたり、何色か揃えてメイクやファッションにあわせるのもおすすめです。

資生堂(SHISEIDO) ナーズ パワーマットリップピグメント

とにかく落ちにくいリキッドルージュを探している方におすすめの、マットタイプのアイテムです。さらさらとしたインクのようなテクスチャーのリキッドが、唇に広がると鮮やかに発色。乾くと色が定着し、長時間持続します。

動きが多い唇につけても落ちにくいだけでなく、輪郭がにじみにくいのもうれしいポイント。また、保湿をしてからリキッドルージュを塗ったり、唇の中央だけに色をのせてグラデーションで伸ばしたりすると、柔らかい印象に調節できます。

カラーバリエーションは、ヌードカラーから大胆なビビッドカラーまで豊富に展開。メイクオフには、ポイントメイクアップリムーバーの使用がおすすめです。

アクロ(ACRO) アンプリチュード コンスピキュアス ブラッシュリップス

まるでスティックタイプの口紅を筆にとって描くように、くっきりとした縁取りの唇に仕上げるブラシ一体型のリキッドルージュ。

平筆を立てて使えば繊細な線になり、寝かせて使えば唇の広い面をすばやく塗りつぶせるアプリケーターを採用。口元の印象を引き締めたいときに使うのがおすすめです。

本アイテムは、高発色で持続性があり、仕上がりの質感は軽やかさもある「クリーミーハーフマット」タイプ。保湿成分の植物由来オイルやヒアルロン酸も配合されています。

ナチュラルで優しい印象に仕上げる柔らかいピンクから、大人のかっこいい口元を演出するレッドやバーガンディまで揃えられたカラーバリエーションもポイント。限定色を含む、12色を展開しています。

エムアイエムシー(MiMC) ミネラルリキッドルージュ

天然素材の成分を厳選し、肌へのやさしさに配慮した製品の開発を行っているデパコスブランド「MiMC」のリキッドルージュ。本アイテムは、軽やかなツヤのある質感が特徴です。

マヌカハニー・ホホバオイルなどの植物由来の保湿成分が、唇にうるおいをプラス。敏感肌の方や唇の乾燥が気になる方にも使いやすいと謳われています。

また、チップ型アプリケーターを採用しており、中央のくぼみに液をたっぷりとのせることが可能。先端に向かって細くなっているため、口角や唇の山などの部分までカバーできるよう設計されています。展開されている4色は、唇になじみやすく、落ち着いた色味なのが特徴です。

コーセー(KOSE) ジルスチュアート ルージュ クリスタル カラット

ツヤ感を出す濃密な液が、ボリューミーで立体的な唇を叶える、ツヤタイプのリキッドルージュです。「クリスタルミラーオイル」がキラキラとした光沢を与え、みずみずしくなめらかな印象に仕上げます。

ボトルはクリスタルカットをイメージしてつくられていたり、キャップにはスワロフスキーがあしらわれていたりと、デザイン性の高さも魅力。持っているだけでもメイクが楽しみになるので、プレゼントにも適したデパコスアイテムです。

カラーバリエーションは明るめの色味が揃っています。パール入りタイプ・パールなしタイプがあるため、好みに応じて選んでみてください。アルコールフリーなので、アルコールに敏感な肌の方にもおすすめです。

ポール&ジョー(PAUL&JOE) リキッドルージュ シャイン

ぷっくりとしたフォルムの唇にメイクアップする、ツヤ仕上げのリキッドルージュです。見たままの発色が楽しめるタイプながら、肌なじみもよいのが特徴。オフィスなどでも日常使いしやすいリキッドルージュを探している方におすすめです。

また、美しい仕上がりが長く続くのもうれしいポイント。カラーバリエーションは全8色です。デザインが施されたパッケージが可愛らしく、プレゼントにも適しています。

リキッドルージュの売れ筋ランキングをチェック

リキッドルージュのランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編|リキッドルージュの塗り方

リキッドルージュは、塗り方によってさまざまなニュアンスの変化を楽しめます。ブラシで取り直接塗れば、凛とした雰囲気を持つはっきりとした印象の唇に。指で取りポンポンと馴染ませると、内側から滲むようなナチュラルな色味の唇を演出できます。メイク全体のバランスを見て、塗り方を変えてみてください。

直接塗る場合は、塗りすぎると派手な印象になってしまうので要注意。少しずつ鏡を見ながら調節して塗っていきましょう。

また、ブラシと指を併用した塗り方もおすすめ。ブラシで中央にのみ液を乗せ、指でぼかすように外側に向かって馴染ませるとグラデーションリップが仕上がります。

グラデーションリップは、しっかりメイクをしている感と、やりすぎないこなれ感を醸し出し、色気のある雰囲気を演出。メイク初心者の方でも簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてください。