任天堂を代表するゲームタイトルのひとつ、「ゼルダの伝説」シリーズ。勇者リンクを主人公とした冒険アクションゲームで、頭を使う謎解き要素が魅力です。1986年に発売された第1作目『ゼルダの伝説』以降、長きにわたって世界中のプレイヤーから愛されています。

そこで、今回は「ゼルダの伝説」シリーズのおすすめゲームソフトをランキング形式でご紹介。シリーズの選び方についても解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ゼルダの伝説シリーズとは?

By: amazon.co.jp

1986年、ファミリーコンピュータディスクシステムで発売された『ゼルダの伝説』から始まるゲームシリーズ。勇者リンクと大魔王ガノンドロフの時空を越える長き戦いを描いた冒険譚です。任天堂を代表するタイトルのひとつで、国内はもちろん、海外にもファンが多い作品となっています。

「ゼルダの伝説」シリーズといえば、謎解き要素が特徴。ダンジョンやフィールドに謎が散りばめられており、パズルを解いたときのような達成感や爽快感を味わえます。

ニンテンドー3DSならタッチパッド、ニンテンドースイッチならジャイロ操作など、ゲームハードならではのギミックがあるのもポイント。アクションゲーム好きの方はもちろん、頭を使うゲームが好きな方にもおすすめです。

ゼルダの伝説シリーズの選び方

時系列をチェック

By: amazon.co.jp

「ゼルダの伝説」シリーズは、タイトルごとに時代・設定・ストーリーが独立しています。主人公の名前はリンクであってもそれぞれ別人であるため、プレイするにあたって事前知識は不要。どのタイトルから遊んでも楽しめるのが魅力です。

ただし、完全に繋がりがないわけではなく、設定的には大きな流れがあります。時系列的に最初の物語となるのが『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』。シリーズを通して断片的にしか語られていなかったルーツに関するエピソードが語られます。

その後に大きな転機となるのが『ゼルダの伝説 時のオカリナ』。このタイトルで勇者リンクが勝利したルート、勝利したのちに子供時代に戻ったルート、そして大魔王ガノンに負けてしまったルートで物語が分岐していきます。

時系列順に遊ぶ必要はありませんが、タイトルがどの時系列に属しているのかを事前に知っておくと、より「ゼルダの伝説」シリーズを深く理解することが可能です。

これから遊ぶならHD版やリメイク版がおすすめ

By: amazon.co.jp

30年以上の歴史をもつ「ゼルダの伝説」シリーズ。新規プレイヤーが初期作品を気軽に楽しめるようにと、グラフィックの解像度を高めたHD版や、システムを作り直したリメイク版もリリースされています。メインとなるストーリーはほぼ同じなので、特にこだわりがなければHD版やリメイク版がおすすめです。

スピンオフ作品も要チェック

By: amazon.co.jp

「ゼルダの伝説」シリーズは、メインタイトルとは別にスピンオフも展開されています。特に人気なのが「ゼルダ無双」シリーズ。一騎当千の爽快感を味わえるアクションゲーム「無双」シリーズとのコラボタイトルです。

大勢の敵をなぎ倒す爽快感はそのままに、「ゼルダの伝説」シリーズならではの豊富なアイテムを用いたバトルが楽しめるのがおすすめポイント。主人公リンクはもちろん、ヒロインであるゼルダ姫、本編に登場した協力者など、さまざまなキャラクターを操作できるのも魅力。世界観をより楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

Nintendo Switch Online加入者は無料で遊べるタイトルも

By: nintendo.com

ニンテンドースイッチ用の有料サービス「Nintendo Switch Online」。オンラインプレイやセーブデータ預かりといったサポートが受けられるほか、特典として専用ソフトの『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』と『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』でレトロゲームが遊べるのが魅力です。

「ゼルダの伝説」シリーズとしては『ゼルダの伝説』『リンクの冒険』『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』といった定番タイトルがラインナップしています。既に同サービス加入している場合は無料で遊べるので、ぜひチェックしてみてください。

ゼルダの伝説シリーズのおすすめランキング

第1位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【Switch,Wii U】

2017年、ニンテンドースイッチのローンチソフトとして発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。〈大厄災〉という災害が起こってから100年後の世界。長き眠りから目覚めた青年・リンクが主人公のアクションアドベンチャーゲームです。

本作は、シリーズではじめてオープンワールドを採用しているのが特徴。険しい山の頂上から、海に浮かぶ孤島まで、見える場所にはほぼ行けます。自由度も高く、チュートリアルの終了後にいきなりラスボスに直行することも可能です。

数あるオープンワールドゲームのなかでも特に自由度が高いことから、海外ゲームファンからも高く評価されています。現在、『ブレス オブ ザ ワイルド』の続編にあたる新作ソフトも開発中。今からプレイしても遅くない、おすすめのゼルダ作品です。

・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【Switch版】

・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【Wii U版】

第2位 ゼルダの伝説 神々のトライフォース【SFC,Wii,Wii U, New3DS,Switch】

By: nintendo.co.jp

1991年にスーパーファミコン用ゲームソフトとして登場した『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』。シリーズ第3作目にあたるタイトルで、前作の『リンクの冒険』がアクション寄りだったのに対して、本作は初代『ゼルダの伝説』を洗練させたアドベンチャー寄りの内容です。

本作は「光の世界」と「闇の世界」、ふたつのマップを行き来するシステムが特徴。フィールドやダンジョンが立体的になり、謎解きの難易度もパワーアップしています。シリーズ初期のタイトルながら基本的なシステムは完成されているため、今遊んでも楽しめるのが魅力です。

さまざまなレトロゲームが遊べるニンテンドースイッチ用ソフト『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』に収録されているのもおすすめポイント。「Nintendo Switch Online」に加入している方は無料で遊べるので、ぜひプレイしてみてください。

・ゼルダの伝説 神々のトライフォース【Newニンテンドー3DS版】

・スーパーファミコン Nintendo Switch Online【Switch版】

第3位 ゼルダの伝説 時のオカリナ【N64,GC,Wii,Wii U,3DS等】

By: nintendo.co.jp

1998年にニンテンドウ64で発売された『ゼルダの伝説 時のオカリナ』。それまでドット絵の2Dグラフィックスだったのに対して、シリーズで初めて3Dポリゴンを採用したのが特徴です。世界に奥行きが生まれたことで、謎解きもアクションも大幅にパワーアップ。国内外で多くの賞を受けるなど、シリーズでも特に評価が高い作品です。

主人公は、コキリの森に住むリンク。世界征服を企む魔盗賊・ガノンドロフの野望を阻止するため、時を超える戦いへと身を投じます。「ゼルダの伝説」シリーズの時系列が3つに分かれる分岐点となるため、本作をプレイするとほかのゼルダ作品をより深く理解できるようになります。

2011年にはニンテンドー3DSで『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』が登場。グラフィックを作り直したリメイク版で、立体視に対応したり、本編クリア後に高難易度の「裏ゼルダ」が遊べたりと、新要素が追加されています。遊びやすさも向上しているので、初めての方には3DS版がおすすめです。

・ゼルダの伝説 時のオカリナ【Wii U版】

・ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D【3DS版】

第4位 ゼルダの伝説 ムジュラの仮面【N64,Wii,Wii U,3DS】

By: nintendo.co.jp

2000年、ニンテンドウ64で発売された『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』。三日後に滅亡する異世界〈タルミナ〉に迷い込んでしまったリンク。”時のオカリナ”の力で時を巻き戻しながら、世界崩壊を回避する方法を探すアクションRPGです。

今作のギミックは”仮面”。不思議な仮面をかぶることで、リンクに特殊能力が宿ります。岩を破壊できる「ゴロンの仮面」、水中を自在に泳げる「ゾーラの仮面」、風にのって滑空できる「デクナッツの仮面」など、さまざまな仮面を使い分けて謎を解きましょう。

2015年にはリメイク版となる『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』がリリース。グラフィックや操作方法をリニューアルしているほか、新要素も追加されています。シリーズのなかでも難しめの作品ですが、いわゆる”ループもの”が好きな方におすすめです。

・ゼルダの伝説 ムジュラの仮面【Wii U版】

・ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D【3DS版】

第5位 ゼルダの伝説 夢をみる島【GB,GBC,Switch】

By: nintendo.co.jp

1993年にゲームボーイで発売された『ゼルダの伝説 夢をみる島』。修行の帰り、嵐にあって海に転落してしまったリンク。漂着した先は、緑豊かなコホリント島でした。島の神である〈かぜのさかな〉を目覚めさせなければ脱出できないと知ったリンクは、”セイレーンの楽器”を集める冒険に出ます。

本作は「ゼルダの伝説」シリーズ4作目にあたり、画面見下ろし型を採用したクラシックなアクションアドベンチャーゲーム。儚く切ないストーリーやコミカルなセリフ回しや、絶妙な難しさの謎解き要素などが高く評価されており、現在もなお根強いファンがいるタイトルです。

1998年にはゲームボーイカラーに対応した「DX版」、2019年にはニンテンドースイッチで「リメイク版」が登場。リメイク版はグラフィックが一新されているものの、オリジナル版の魅力を忠実に再現しています。未プレイの方はもちろん、遊び直したい方にもおすすめです。

・ゼルダの伝説 夢をみる島DX【3DS版】

・ゼルダの伝説 夢をみる島【Switch版】

第6位 ゼルダの伝説 風のタクト【GC,Wii U】

2002年、ゲームキューブ用ソフトとして発売された『ゼルダの伝説 風のタクト』。トゥーンレンダリングという手法によって、グラフィックがアニメーション調になっているのが特徴。主人公のデザインもいわゆる”ネコ目リンク”に変更されていますが、基本的なゲームシステムは従来の3Dゼルダと同じです。

「時の勇者伝説」が伝わる島で育った少年リンク。謎の怪鳥にさらわれてしまった妹を助けるため、リンクが大海原へと旅立つといったストーリーです。本作のギミックとなるのは、神の力を借りられる指揮棒”風のタクト”。風向きを変えたり、特定のモノや人を操ったりと、新しい謎解き要素が楽しめます。

2013年にはWii U用ゲームソフト『ゼルダの伝説 風のタクト HD』が発売。グラフィックのフルHD化、GamePadへの対応、ゲームシステムの改善など、より遊びやすくなっています。オリジナル版とボリュームはほとんど変わりませんが、これから遊ぶならHD版がおすすめです。

・ゼルダの伝説 風のタクト HD【Wii U】

第7位 ゼルダの伝説【FC,Wii,Wii U,3DS,Switch等】

By: nintendo.co.jp

1986年、ファミリーコンピュータディスクシステムで発売された『ゼルダの伝説』。大魔王ガノンにさらわれてしまったゼルダ姫を助けるため、主人公リンクは「トライフォース」の欠片を探す冒険へと旅立ちます。

本作は「ゼルダの伝説」シリーズの第1作目。謎解き要素は既に健在で、最近のゲームソフトと比べると難易度は高めです。しかし、きちんとヒントは用意されているため、攻略サイトを見なくてもクリアできるゲームデザインとなっています。

ニンテンドースイッチ用ソフト『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』にラインナップされており、有料サービス「Nintendo Switch Online」加入者なら追加料金なしでプレイが可能。サクッと遊びたい方は、リンクが強化された状態で遊べる『ゼルダの伝説 お金持ちバージョン』がおすすめです。

・ゼルダの伝説1【3DS版】

・ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online【Switch版】

第8位 ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス【GC,Wii,Wii U】

2006年、ニンテンドーゲームキューブとWiiで発売された『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』。シリーズ20周年に発売されたゲームソフトで、『時のオカリナ』系列のリアルなグラフィックを採用しているのが特徴です。

ハイラル王国の南に位置するトアル村。魔物にさらわれた子供を救うため、影の世界〈トワイライト〉へと踏み込んだリンクは、なぜか狼の姿となってしまいます。トワイライトで出会った謎の人物・ミドナとともに、謎を解き明かす冒険へと旅立つストーリーです。

2016年にはWii Uで『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』が登場。人物や風景がフルHD化して美しくなっているほか、操作性の改善、新要素の追加などがされています。ボリュームが多いので、じっくりと物語を楽しみたい方におすすめです。

・ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD【Wii U版】

第9位 ゼルダの伝説 スカイウォードソード【Wii,Wii U】

By: nintendo.co.jp

2011年、Wii用に発売されたアクションアドベンチャーゲーム『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』。時系列としては最古の物語にあたり、シリーズでおなじみのキーアイテム「マスターソード」の創造が描かれたタイトルとなっています。

空に浮かぶ島〈スカイロフト〉。行方不明になってしまった幼馴染のゼルダを探すため、リンクは雲の下の大地へと降り立ちます。キャッチコピーに「濃密ゼルダ」とあるように、ボリュームはシリーズでもトップクラス。やり込みや、寄り道が好きな方にピッタリです。

2016年には、Wii Uでダウンロード版が配信。「Wiiリモコンプラス+ヌンチャク」または「Wiiリモコン+Wiiモーションプラス+ヌンチャク」が必要なので、プレイ条件はやや厳しめ。また、難易度も高めですが、ゼルダの世界をより楽しみたい方におすすめです。

・ゼルダの伝説 スカイウォードソード【Wii U版】

第10位 ゼルダ無双 厄災の黙示録【Switch】

2020年にニンテンドースイッチで発売された『ゼルダ無双 厄災の黙示録』。本作は、簡単操作で一騎当千の爽快バトルが楽しめる「無双」シリーズとのコラボ作品です。スピンオフながら、メインストーリーと関わるドラマティックな物語が展開されています。

本作は、『ブレス オブ ザ ワイルド』で100年前の出来事として語られていた〈大厄災〉をテーマにしているのが特徴です。リンクやゼルダのほか、ダルケル、ミファー、リーバル、ウルボザといった英傑たちも参戦。リンク以外のキャラクターを操作できるのは本作ならではの魅力です。

また、本作はマルチプレイに対応しているのもポイント。TVモード・テーブルモードでは、画面分割による最大2人での協力プレイが楽しめます。『ブレス オブ ザ ワイルド』の世界観をさらに楽しみたい方はもちろん、家族や友達と遊びたい方にもおすすめです。