最近eスポーツの盛り上がりとともに注目されているのが、アケコン(アーケードコントローラー)です。レバーと複数のボタンが搭載されており、PS4やPCでもゲームセンターに設置されているアーケードゲーム機と同じ感覚で楽しめるのが魅力。特に格闘系のゲームでは、コマンドの入力やボタンが押しやすいといったメリットがあり人気です。

そこで今回は、アケコンのおすすめモデルを、ランキング形式でご紹介します。選び方やおすすめメーカーについても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

アケコンの選び方

操作方法で選ぶ

レバータイプ

By: amazon.co.jp

上部に丸いグリップの付いたレバーを360°任意の方向に倒すことで操作する、一般的なタイプのアケコンです。特にアーケードパーツの老舗メーカーである三和電子製のレバーは、動きが軽く回転させる動作も容易にできると人気。よりゲームセンターに近い環境でプレイしたい方は、三和電子製レバー搭載モデルがおすすめです。

レバーレスタイプ

By: rakuten.co.jp

方向入力もボタン操作のみで行う、レバーを搭載しないタイプのアケコンです。プロゲーマーも使用していることから、eスポーツ業界でも話題になっています。コマンドの入力操作が最短で行えるため、格闘系のゲームに最適。

試合での高い優位性ゆえに、公式大会での使用を禁止しようとする動きもあるなど、今後の動向にも注目の集まっている製品です。

プレイスタイルで選ぶ

机置き

By: amazon.co.jp

アケコンを机の上に置いて使用するのであれば、サイズの大きな「ワイド天板タイプ」がおすすめです。特に、ボタン下のエリアに手を乗せるスペースがあることにより、長時間プレイする時など手の疲労がかなり軽減されます。

また、天板に置いた手首を軸にして動かせるため、操作が安定するのもメリットです。製品のサイズが大きいのである程度の重さもあり、机の上でしっかり安定してくれます。

膝置き

By: razer.com

アケコンを膝の上に置いて使うのであれば、コンパクトで軽量なタイプを選びましょう。ワイド天板タイプのような大きなものは、膝の上での収まりが悪い上、あまり重いと長時間のプレイで膝が痛くなってしまう可能性があります。製品の重量は2kg前後のモデルが膝の負担になりにくく、安定した操作ができるのでおすすめです。

対応ハードをチェック

By: amazon.co.jp

最も重要なのは、自分がプレイしたいゲーム機やPCに対応したアケコンを選ぶことです。USB接続ができるからといって、ゲーム機本体に対応しているとは限りません。また、PCで使う場合は、搭載されているOSに対応しているかも大切なポイント。Windowsのバージョンによっては、使用できないものもあるので注意しましょう。

PS4に接続して使用するのであれば、タッチパッドを搭載したモデルがおすすめです。タッチパッドはPS4の純正コントローラーにも搭載されており、ゲームをする際に何らかのコマンド機能が割り当てられている可能性もあります。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

レバー操作の際に発生するガチャガチャ音や、ボタンを押す打鍵音はアケコンを使用しているプレイヤー共通の悩みでもあります。ゲームセンターでは気にならなかった操作音も、静かな自宅ではかなりうるさく感じられるものです。

特に、アパートなど隣室への音漏れが気になる方には、静音設計モデルがおすすめ。レバーに機械式でなく光学式スイッチを採用するなど、音を抑える工夫が施されています。

また、一戸建住宅に住んでいても深夜にプレイすることが多く、家族に迷惑をかける可能性がある方にもおすすめ。周りに気兼ねすることなく、操作に集中できるのが魅力です。

機能性をチェック

安定性が高い「滑り止め機能」

By: amazon.co.jp

滑り止め機能があるかどうかも、快適にプレイするための重要なポイントです。本体底面に滑り止めマットが付いたモデルであれば、素早いレバー操作をしても机上のアケコンがズレるのを防いでくれるので、安心してプレイできます。

パーツ交換しやすい「開閉機能」

By: amazon.co.jp

アケコン購入後、ボタンやレバーなどのパーツ交換を考えている方には、天板の開閉機能を備えたモデルがおすすめです。工具を使うことなくボタン一つで内部にアクセスできるのが魅力。パーツの接続に半田付けを使わず、脱着可能なファストン端子を採用している製品であれば、さらに簡単に交換が行えて便利です。

ボタンの色を変更したり、より高性能なパーツを取り付けたりとカスタマイズしたい方は、ぜひチェックしてみてください。開閉機能を搭載していない製品でも、ドライバーで本体のネジを外すなどしてパーツ交換をすることはできますが、メーカー保証が効かなくなる可能性もあるので注意しましょう。

アケコンのおすすめメーカー

ホリ(HORI)

By: amazon.co.jp

ホリは神奈川県に本社を構える、ゲーム機用周辺機器の製造・販売を手がけている会社。創業は1967年と古く、アケコンでも老舗メーカーのひとつです。光学式スイッチや吸音素材を使用したパーツを搭載することで、静音性を高めた「サイレントシリーズ」は、操作音に悩むゲーマーからも人気。

基本性能の高さに加えて、ゲームを楽しむための付加機能を搭載したモデルを展開しているメーカーです。

レイザー(Razer)

By: razer.com

1998年に設立されたサンフランシスコに本拠地を持つ、ゲーム機用周辺機器の製造・販売を行なっている会社です。ゲーミングデバイスでは世界的なリーディングカンパニーで、「ゲーマーによるゲーマーのための製品開発」をキーワードに、信頼性の高い製品を展開。

世界のトーナメントで戦う、プロゲーマーにも支持されています。また、本ブランドのアケコンは、ユーザーによるカスタマイズがしやすいのも特徴です。

クァンバ(Qanba)

By: amazon.co.jp

クァンバは2009年に中国で設立された、主にアケコンや関連製品を製造・販売している会社です。当時、中国製のアケコンには納得できる性能のものがなかったため、格闘ゲーム好きの創業者が自ら満足できる製品を作ろうと会社を立ち上げました。

初心者向けのローエンド機から、プロゲーマーが使用するハイエンド機まで幅広い製品を展開。自社でも積極的にレバーやボタンなどのパーツ開発を行なっています。低価格でも高性能な製品が特徴です。

アケコンのおすすめランキング

第1位 ホリ(HORI) リアルアーケードPro.N HAYABUSA for PS4 PS3 PC

ホリ(HORI) リアルアーケードPro.N HAYABUSA for PS4 PS3 PC

本製品はワイド天板タイプのホリ製アケコンです。重量は約2.9kgと適度な重さがあり、安定した操作をできるのが魅力。また、底面には滑り止めマットも装着されており、机の上で滑りにくいだけでなく、膝置きで使用する際には金属の冷たさを低減してくれます。

天板が大きく、手をしっかり置いてプレイできるのがポイント。長時間のプレイでも手が疲れにくく快適に遊べます。また、天板に置いた手首を軸にして操作できるため、正確にコマンド入力をすることが可能。アケコンを机の上に置いて使用することが多く、安定した操作をしたい方におすすめのモデルです。

スライド式のボタンカバーを採用しており、プレイ中オプションボタンの誤操作を防止してくれるので重宝します。ボタンは角を面取りして丸くしてあるため、擦り連打がしやすく便利です。ボタンの戻りを早くし素早い入力ができるよう、従来モデルより厚みを1.4mm薄くするとともに、ストロークも0.3mm短縮。操作性を向上させるため細部にもこだわっています。

第2位 ホリ(HORI) リアルアーケードPro.V サイレントHAYABUSA

ホリ(HORI) リアルアーケードPro.V サイレントHAYABUSA

本製品は静音性能を追求したホリのアケコンです。レバーには光学式スイッチを採用し、操作時に発生するスイッチ音を軽減。また、ボタンには音吸収素材を使用することで、打鍵音を大幅に低減しています。深夜に同居している家族や、アパートの隣人に配慮しつつ、思いっきり操作に集中したい方におすすめのモデルです。

PS4に対応したタッチパッド機能を、本体背面に搭載しているのもポイント。タッチパッドに機能を割り当てているPS4用ゲームも楽しめます。ステレオヘッドホンとマイク端子を本体正面に配置しており、PS4ではヘッドセットを装着しながらゲームをすることが可能です。

設定用に使用するの各種ボタンは、本体側面に配置するなど、プレイ中の誤操作を防止する工夫が施されています。また、本体の厚みは従来モデルの約66mmから約58mmへと薄型化。より低重心になり激しい操作をする際の安定性が向上しています。

第3位 レイザー(Razer) Panthera Evo RZ06-02720100-R3A1

レイザー(Razer) Panthera Evo RZ06-02720100-R3A1

本製品はレイザー社のアケコン「Panthera」の後継機にあたるモデルです。業界でも評価の高い同社ゲーミングキーボードと同じメカニカルスイッチを採用しており、超高速な反応速度と3,000万回のボタン入力にも耐える高い耐久性が魅力。レバーには高性能で定評のある三和電子製パーツを使用するなど、ゲームセンターと同じ感覚で遊びたい方におすすめのモデルです。

天板にクリアトップパネルを採用しているのもポイント。内側のフェイスプレートを変更することにより、個性的な外観のアケコンにすることができます。デザインテンプレートは、Razerのウェブサイトから無料ダウンロードできるため、手軽にカスタマイズできて便利です。
 
PS4に対応した3.5mmヘッドセット端子を搭載。手持ちのヘッドセットを接続することでゲームに集中できます。また、ソフトがボイスチャットに対応していれば、仲間と会話することも可能です。

第4位 クァンバ(Qanba) Arcade Joystick Obsidian

クァンバ(Qanba) Arcade Joystick Obsidian

本製品はワイド天板タイプのクァンバ製アケコンです。金属製のボディは、重量が3kgと適度な重さがあり、激しい操作をしても安定しているのが魅力。また、本体裏面には滑り止めマットも貼り付けられており、机の上に置いて使用する方におすすめのモデルです。

レバーとボタンには、アーケードゲーム機で定評のある三和電子製パーツを使用しており、ゲームセンターのような操作感が楽しめます。コントロールパネルは天板上部に配置されていますが、設定用の各ボタンにはロック機能が搭載されているため、プレイ中に誤って操作してしまうこともありません。

3.5mmのステレオヘッドホン・マイク端子を搭載しており、ヘッドセットを接続しボイスチャットを楽しむこともできます。ブラックとシルバーのカラーリングがクールなアケコンです。

第5位 ホリ(HORI) ファイティングエッジ 刃

ホリ(HORI) ファイティングエッジ 刃

本製品は重量が約3.5kgある、ワイド天板タイプのホリ製アケコンです。本体底面には天然ゴム素材を使用した、滑り止めマットを採用。机の上に置いて使用することが多い方におすすめです。レバーとボタンに「HAYABUSA」ユニットを搭載しており、滑らかで素早い入力をできるのが魅力。

PS4に対応したタッチパッドを装備しているため、タッチパッドに機能を割り当てているゲームも楽しめます。また、「トーナメントモード」を備えているのもポイント。「OPTIONS」や「SHARE」ボタンを無効にすることができるので、大切な試合中の誤操作を防いでくれ便利です。

ステレオヘッドホン・マイク端子を搭載しており、PS4であればヘッドセットを接続して使用できます。PC接続も可能で、Windows 7〜10に対応。ただし、使用できるのは「XInput」に対応したゲームのみのため注意しましょう。

第6位 Mayflash ジョイスティック F500

Mayflash ジョイスティック F500

本製品は1万円を切る安い価格が魅力のアケコンです。お手頃価格なので、気軽にアケコンを試してみたい初心者の方におすすめ。底面には滑り止めマットを採用しており、机の上でも安定した操作が可能です。

鉄拳やスト5などの格闘ゲームに最適な、三和電子のレバーやボタンに対応。本体底板はドライバー1本で取り外し可能なため、簡単にパーツを交換しグレードアップすることができます。

PS4やPS3、Xbox One、Xbox360、PCなどさまざまな機器と接続してプレイすることが可能なのも本モデルの魅力。ただし、PS4で使用する場合は純正のDualshock4コントローラーを、Xbox OneやXbox360で使用する際にはXbox純正コントローラーを本体のUSBポートに接続する必要があるので注意が必要です。

第7位 クァンバ(Qanba) Arcade Joystick Drone

クァンバ(Qanba) Arcade Joystick Drone

上位機種のクァンバ製アケコン「Obsidian」と比較して、サイズが小さく軽量化されているのが特徴。レバーとボタンには自社製のパーツを採用しており、1万円前後で購入できる安い価格が魅力。

お手頃な価格で本格的なアケコンと同じような感覚で遊びたい方や、気軽に格闘ゲームを楽しんでいるプレイヤーにおすすめのモデルです。レバーとボタンの配線には脱着式のファストン端子を採用。低価格モデルながら同社ハイエンド機の「DRAGON」同様、パーツ交換が容易にできる構造が採用されています。

第8位 クァンバ(Qanba) DRAGON Joystick

クァンバ(Qanba) DRAGON Joystick

中国メーカーでは高品質で定評のある、クァンバ製アケコンのハイエンドモデルです。アルミ合金製の丈夫なフレームと、高級感のあるデザインが特徴。重量は5.5kgあり、机の上に置いて使用する方におすすめのモデルです。

三和電子製のレバーとボタンを採用しているため、アーケードゲーム機のような操作感が得られます。天板の開閉機構を備えているのが魅力。ボタン操作一つでロックが外れる構造のため、簡単に内部へアクセスすることが可能です。また、レバーやボタンの配線に半田付けを使用していないのもポイント。

脱着可能なファストン端子で接続されているので、パーツ交換も容易にできます。自分の好みに合ったボタンやレバーへの変更が簡単なので、カスタマイズ派にもおすすめのモデルです。

第9位 ホリ(HORI) ファイティングスティック mini

ホリ(HORI) ファイティングスティック mini

ホリが販売している、小型で軽量なタイプのアケコンです。B5サイズより小さなボディと、約500gしかない軽さが特徴。手にフィットするので、膝の上に置いて使用するのにおすすめです。

レバー内部のハウジングとカム形状を見直し、従来モデルより耐久性が向上しています。リーズナブルな価格で購入できるため、気軽にアケコンで遊んでみたい方にも最適です。PS4だけでなく、PS3やPCとの接続にも対応しています。

第10位 ヒットボックス(hitBOX) アーケードコントローラー レバーレス

ヒットボックス(hitBOX) アーケードコントローラー レバーレス

現在はまだ少数派である、レバーレスタイプのアケコンです。従来レバーで行なっていた8方向への入力を、ボタンで行うことにより、入力操作が最短で行えるのが特徴。

レバーの場合、構造上一瞬生じてしまうニュートラル(無防備)状態をなくすことなどができ、格闘ゲームでは有利に使える場面が多いとされています。格闘ゲーム好きの方はぜひチェックしてみてください。