最近eスポーツの盛り上がりとともに注目されているのが、「アケコン(アーケードコントローラー)」です。レバーと複数のボタンが搭載されており、PS4やPCでもゲームセンターのアーケードゲーム機と同じ感覚で楽しめるのが魅力。特に格闘系のゲームでは、コマンドの入力やボタンが押しやすいといったメリットがあります。

そこで今回は、おすすめのアケコンをランキング形式でご紹介。選び方やおすすめメーカーも解説するので、ぜひチェックしてみてください。

アケコンの選び方

操作方法で選ぶ

レバータイプ

By: amazon.co.jp

上部に丸いグリップの付いたレバーを360°任意の方向に倒すことで操作する、一般的なタイプのアケコン。特にアーケードパーツの老舗メーカーである三和電子のレバーは、動きが軽く回転させる動作も容易にできると人気です。よりゲームセンターに近い環境でプレイしたい方は、三和電子のレバー搭載モデルをチェックしてみてください。

レバーレスタイプ

By: hitboxarcade.com

レバーレスタイプは方向入力もボタン操作のみで行うタイプのアケコンです。プロゲーマーも使用していることから、eスポーツ業界でも話題になっています。コマンドの入力操作が最短で行えるため、格闘系のゲームにおすすめです。

試合での高い優位性ゆえに、公式大会での使用を禁止しようとする動きもあるなど、今後の動向にも注目が集まっています。

プレイスタイルで選ぶ

机置き

By: bauhutte.jp

アケコンを机の上に置いて使用するのであれば、サイズの大きなワイド天板タイプがおすすめです。特に、ボタン下のエリアに手を乗せるスペースがあることにより、長時間プレイするときなど手の疲労が軽減されます。

また、天板に置いた手首を軸にして動かせるため、操作が安定するのもメリット。製品のサイズが大きいのである程度の重さもあり、机の上で安定しやすいのも魅力です。

膝置き

By: razer.com

アケコンを膝の上に置いて使うのであれば、コンパクトで軽量なタイプを選びましょう。ワイド天板タイプのような大きなモノは、膝の上での収まりが悪いうえ、あまり重いと長時間のプレイで膝が痛くなってしまう可能性があります。製品の重量は2kg前後のモデルが膝の負担になりにくく、安定した操作ができるのでおすすめです。

対応ハードをチェック

By: amazon.co.jp

アケコンを選ぶ際は、自分がプレイしたいゲーム機やPCに対応したモノを選ぶのが大切。USB接続ができるからといって、ゲーム機本体に対応しているとは限りません。また、PCで使う場合は、搭載されているOSに対応しているかも大切なポイント。Windowsのバージョンによっては、使用できないモノもあるので注意しましょう。

PS4に接続して使用するのであれば、タッチパッドを搭載したモデルがおすすめです。タッチパッドはPS4の純正コントローラーにも搭載されており、ゲームをする際に何らかのコマンド機能が割り当てられている可能性もあります。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

レバー入力の際に発生する操作音や、ボタンを押す打鍵音はアケコンを使用しているプレイヤー共通の悩み。ゲームセンターでは気にならなかった操作音も、静かな自宅ではうるさく感じることがあります。

深夜にプレイすることが多い方や、隣室への音漏れが気になる方には、静音設計モデルがおすすめ。レバーに機械式でなく光学式スイッチを採用するなど、音を抑える工夫が施されています。周りに気兼ねすることなく、操作に集中できるのが魅力です。

機能性をチェック

安定性が高い「滑り止め機能」

By: amazon.co.jp

滑り止め機能があるかどうかも、快適にプレイするための重要なポイントです。本体底面に滑り止めマットが付いたモデルであれば、素早いレバー操作をしても机上や膝上でアケコンがズレるのを防げるため、安心してプレイできます。

パーツ交換しやすい「開閉機能」

By: playstation.com

アケコン購入後、ボタンやレバーなどのパーツ交換を考えている方には、天板の開閉機能を備えたモデルがおすすめです。工具を使うことなくボタン1つで内部にアクセスできるのが魅力。パーツの接続に半田付けを使わず、脱着可能なファストン端子を採用している製品であれば、さらに簡単に交換が行えて便利です。

ボタンの色を変更したり、より高性能なパーツを取り付けたりとカスタマイズしたい方は、ぜひチェックしてみてください。開閉機能を搭載していない製品でも、ドライバーで本体のネジを外すなどしてパーツ交換をすることはできますが、メーカー保証が効かなくなる可能性もあるので注意しましょう。

アケコンのおすすめメーカー

ホリ(HORI)

By: amazon.co.jp

ホリは神奈川県に本社を構える、ゲーム機用周辺機器の製造・販売を手がけている会社。創業は1967年と古く、アケコンでも老舗メーカーのひとつです。光学式スイッチや吸音素材を使用したパーツを搭載することで、静音性を高めた「サイレントシリーズ」は、操作音に悩むゲーマーからも人気。

基本性能の高さに加えて、ゲームを楽しむための付加機能を搭載したモデルを展開しているメーカーです。

クァンバ(Qanba)

By: amazon.co.jp

クァンバは2009年に中国で設立された、主にアケコンや関連製品を製造・販売している会社です。当時、中国製のアケコンには納得できる性能のモノがなかったため、格闘ゲーム好きの創業者が自ら満足できる製品を作ろうと会社を立ち上げました。

初心者向けのローエンド機から、プロゲーマーが使用するハイエンド機まで幅広い製品を展開。自社でも積極的にレバーやボタンなどのパーツ開発を行っています。低価格でも高性能な製品が特徴です。

マッドキャッツ(Mad Catz)

By: amazon.co.jp

マッドキャッツは、1989年にアメリカで設立されたテレビゲーム用コントローラーメーカーです。eスポーツ業界に早期から参入しており、梅原大悟選手と契約を行い、日本初のプロゲーマーを生み出したことで知られています。2017年には破産してしまったものの、翌年には香港資本で復活を遂げました。

マッドキャッツのアケコンは、安価ながら高品質。アーケード筐体と同じパーツを使用していたり、遅延が少なかったりと、プロ仕様のモデルがラインナップされています。コスパに優れた製品を探している方におすすめのメーカーです。

アケコンのおすすめランキング

第1位 ホリ(HORI) リアルアーケードPro.N HAYABUSA for PlayStation4 PlayStation3 PC PS4-092

ゲームセンターと同じような感覚で楽しめる

ワイドな天板と約2.9kgの重量設計で、安定した入力が可能なアケコン。机置きと膝置きのどちらにも対応しています。本体の底面には安定性に優れるマットを搭載。滑りにくく、膝に置いたときに金属特有の冷たさを感じにくいのがポイントです。

天面には8つのボタンとレバーが搭載されており、ゲームセンターと同じような感覚でプレイできるのもポイント。また、HAYABUSAユニットとVカットハウジングカム構造を採用しているため、ボタンとレバーともに滑らかな入力が可能です。

ファストン端子を採用しており、ワンタッチでパーツが交換できます。さらに、PCやPS3などハードウェアに対応しているほか、タッチパッド機能が備わっているので操作性も良好。ライトユーザーからプロゲーマーまで、幅広い方におすすめのアイテムです。

第2位 ホリ(HORI) リアルアーケードPro.V HAYABUSA for Nintendo Switch NSW-006

ニンテンドースイッチに対応したアケコンです。レバーやボタンには、ホリ独自開発のアーケード用新開発ユニット「HAYABUSA」を採用。低重心設計の筐体は安定性が高く、激しい操作も可能です。

アクションゲームやシューティングゲームに便利な「連射機能」を搭載。また、レバーに十字ボタン・左スティック・右スティックの操作を割り当てられる「スティックレバー切替機能」があるので、幅広いゲームに対応できます。価格も安く、初めてアケコンを購入する方にもおすすめです。

第3位 クァンバ(Qanba) ドローン アーケード ジョイスティック N2-PS4-01

小型かつ軽量のボディながら、本格的なアケコンと同様のレイアウトで操作しやすいモデル。手首を置くパームレスト部分にエンボス加工が施されており、滑りにくいのが魅力です。底面にも滑り止め用のマットが付いているため、安定した状態でゲームプレイが楽しめます。

簡単にレバーボールやボタンの交換ができたり、USBケーブルの収納スペースが付いていたりと、細かいところにも工夫が施されているおすすめの1台です。

第4位 ホリ(HORI) リアルアーケードPro.V サイレントHAYABUSA for PlayStation4 PlayStation3 PC PS4-090

光学式スイッチを採用することにより、スイッチの静音化を実現しているアケコン。ボタンユニットには打鍵音を吸収する素材が搭載されています。静音設計なので、音が気になる夜中などの時間帯でも気兼ねなく使用できるのが魅力です。

各種設定ボタンが天面ではなくボディサイドに配置されており、プレイ中の誤作動や誤入力が防げる仕様なのがポイント。本体の高さが58mmと低重心設計になっており、安定した入力が行えるのも特徴です。

本体背面にはタッチパッド機能を搭載しています。また、本体正面にはマイク端子が備わっているため、ヘッドホンを装着しながら楽しむことも可能。さまざまなゲームに対応しているアケコンです。

第5位 クァンバ(Qanba) EVO Drone N2-PS4-01C

持ち運びに便利なコンパクトサイズのアケコンです。小型軽量モデルの「Drone」をベースに、レバーとボタンを三和電子の製品にアップグレードしているのが特徴。ゲームセンターに近い環境でプレイできます。

本体裏側のフタは、ネジを使わずに自由に取り外せるのもポイント。パーツ交換がしやすいのはもちろん、メンテナンスも簡単に行えます。スペックに対して価格が手頃なので、初めてのアケコンとしてもおすすめです。

第6位 ホリ(HORI) ファイティングスティック for PlayStation 4 PlayStation 3 PC PS4-129

コンパクトながら高性能なアケコンです。約335×230×110mmと小型で、限られたスペースにも置きやすいサイズ。スティックレバーおよびボタンはアーケード筐体と同じ大きさのため、操作感を損ないません。

ホールドに対応した「連射機能」のほか、連射速度を変更できる「連射速度切替機能」、ボタンを割り当てられる「アサイン機能」など、さまざまな便利機能を搭載。初めてアケコンの購入をするビギナーの方にもおすすめです。

第7位 ホリ(HORI) ファイティングエッジ刃 for PlayStation 4 PC

eスポーツに挑戦したい方へおすすめの本格派アケコンです。ホリ独自の「HAYABUSA」ユニットを採用しており、スピーディーな入力に対応可能。また、コントロールパネル部分に余計なボタンがないので、プレイ中の誤入力を低減できるのも魅力です。

サイズは475×285×115mmでアケコンとしてはやや大きめ。重量も約3.5kgと持ち運びには不向きですが、そのぶん安定性は良好です。底面には「滑り止めマット」も搭載されており、机置きと膝置きの両方に対応。高性能なアケコンを探している方はぜひチェックしてみてください。

第8位 マッドキャッツ(Mad Catz) E.G.O. ARCADESTICK アーケードコントローラー GAPCCAINBL000-0J

本格的な格闘ゲームのプレイに適したアケコンです。合計8方向で操作できる三和電子製のレバーを採用。正確性や反応性が求められるときに活躍します。また、PC・PS4・Nintendo Switch・Xbox Oneなど、さまざまな機器と接続可能です。

キーロック機能を搭載しているのもポイント。誤って一時停止ボタンを押してしまうことがないので、安心してプレイできます。ターボ機能を有効にすれば、1度のボタン押下で10連射できるため便利です。

8つのボタンやD-Pad アナログスティックをカスタマイズできるのも魅力。これから本格的にeスポーツへ取り組んでみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第9位 ゲームサー(GameSir) GameSir C2

おしゃれなデザインを採用したアケコンです。上部の天板は、ほかの部品へ変更することが可能。ほかにも、ボタンやレバーのデザインも自由にカスタマイズできます。

接続可能な機器は、PS4・Xbox One・Switch・PCとさまざま。また、スティックやボタンには三和電子の部品を採用しており、感度がよく、耐久性に優れているのもポイントです。

第10位 ヒットボックス(hitBOX) PS4/PC HIT BOX

スティックを排除したレバーレスタイプのアケコン。タイピングによって方向を入力するので、スティック操作にありがちだった誤入力を低減できます。ボタンは、アーケード筐体でも使われている三和電子の製品を採用。入力感度が高いので、スピードが求められる対戦ゲームも快適です。

コントロールパネル部分には合成樹脂の「プレキシガラス」が使われており、見た目もおしゃれ。ケース部分は金属なので、耐久性も良好です。PCはもちろん、PS4やニンテンドースイッチにも対応しているのもポイント。格闘ゲームで強さを求める方はぜひチェックしてみてください。

アケコンのAmazonランキングをチェック

アケコンのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。