プレイスキルを向上させたい方におすすめのゲーミングアイテムが「FPSフリーク」です。コントローラーのアナログスティックに取り付けることで、エイムやキャラ移動など操作の精度をより高められます。

ただし、FPSフリークにはさまざまなモデルが発売されているので、初めて購入するゲーマーの方は迷ってしまうのではないでしょうか。今回は、FPSフリークの選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

FPSフリークとは?

By: kontrolfreek.com

FPSフリークとは、コントローラーのアナログスティックに上から被せた状態で使用するゲーミングアクセサリーのことです。装着することでFPSゲームをプレイする際に重要となるエイムやキャラ移動などの操作がより行いやすくなるため、プロ・アマ問わず熱狂的なゲーマーやeスポーツプレイヤーから重宝されています。

さまざまな素材や形状のモノが発売されているのもFPSフリークの特徴。同じメーカーのモノでもモデルによって特性や使用感は全く異なるので、自分の指やプレイするゲームに適したモノを見つけ出すという楽しさもあります。

アナログスティックの操作性を向上したい方や、対戦ゲームの勝率を高めたい方などにおすすめです。

FPSフリークを使うメリット

By: kontrolfreek.com

エイムの精度を向上できるのがFPSフリークを使うメリットです。FPSフリークを装着することで、増えた高さに比例してスティックの可動域が広くなるのが特徴。高感度設定時でもエイムの細かな微調整が行いやすくなるほか、動く標的を狙撃する追いエイムの操作もよりスムーズにこなせるようになります。

より正確なスティック操作が行えるのもFPSフリークを使うメリットです。親指が触れる天頂部に凸凹のあるデザインを採用することで、触感だけでスティックの中央を捉え続けられるように設計されているのもポイント。キャラ操作がより細かく行えるほか、射撃後に銃の反動を抑えるリコイルコントロールも行いやすくなります。

操作する指の疲れを軽減する効果が期待できるのも、FPSフリークを使うメリットです。わずかな傾きで緻密な操作が可能になるため、親指の動きを緩和できます。長時間のゲーミングにもおすすめです。

FPSフリークの選び方

対応機種をチェック

By: amazon.co.jp

FPSフリークを選ぶ際は対応機種の確認が重要です。FPSフリークはモデルごとに装着部の形状が微妙に異なり、装着できるゲーム機のコントローラーが決まっているのが特徴。プレイしたいゲーム機に対応しないFPSフリークを誤って選んでしまうと、装着自体ができない場合もあるので注意しましょう。

FPSフリークの対応機種については、製品パッケージや公式サイトのスペック表で確認可能。「PS4用」や「Nintendo Switch対応」というように、モデルごとに対応機種が記載されています。適したFPSフリークを購入するためには、必ず対応機種を確認してから購入しましょう。

純正以外のコントローラーを使っている人は注意

By: amazon.co.jp

メーカー純正品以外のコントローラーを使用している場合は注意が必要です。FPSフリークは基本的に各ゲーム機の純正コントローラーに最適化して設計されているのが特徴。ゲーム機の開発元以外が作ったサードパーティー製のコントローラーは、純正品とはスティックの形状が微妙に異なるため、取り付けられない場合があります。

ただし、純正品以外のコントローラーへの装着にも対応するモデルも一部販売。対応機種と同様、製品パッケージや公式サイトのスペック表で対応コントローラーは確認できるので、サードパーティー製のコントローラーで使用する場合は念入りにチェックしましょう。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

素材によって操作性や耐久性が異なるため、FPSフリークを選ぶ際は注意しましょう。FPSフリークのフレームにはプラスチックが使われていますが、親指が触れる天頂部にはシリコンゴムとエラストマー2種類が主に採用されています。

シリコンゴムは熱を受けると固くなる熱硬化性の素材。耐久性に優れており、白熱したプレイでも損傷を気にせず使用できます。また、摩擦によって表面が滑りにくく、強いグリップ力が得られるので、操作の安定性を重視する方にもおすすめです。

エラストマーは熱を受けると柔らかくなる熱可塑性の素材。日本のように高温多湿な環境でも湿気によって劣化しにくい性質があります。加えて、摩擦がやや抑えられており、適度な指滑りとグリップ力を兼ね備えているので、操作の快適性を重視する方にもおすすめです。

グリップ力をチェック

By: amazon.co.jp

FPSフリークを選ぶ際はグリップ力の強さも重要なポイントです。FPSフリーク天頂部のパッドには滑り止め用の凹凸が設けられており、デザインや素材によってグリップ力の強さは異なります。

グリップ力が強くなるほど指先が強く固定されて滑りにくくなるのが特徴。激しいゲーミングでも誤差の少ない安定した操作が可能です。ただし、適度な指滑りがあった方が疲労が溜まりにくいので、長時間のプレイに向いている場合もあります。

グリップ力の強さは人によって好みが分かれるのが難点。レビューなどを参考にしつつ自分が快適に操作できるモノを選びましょう。

FPSフリークのおすすめモデル

コントロールフリーク(Kontrol Freek) FPSフリーク Vortex 2100-PS4

プロゲーマーや有名実況者も多く愛用している人気のPS4/PS5用FPSフリークです。右スティック用は約11.3mm、左スティック用は約5.6mmと、左右で異なる高さのデザインが採用。右側では素早いターゲットの捕捉と精度の高い照準が可能になるほか、左側では安定性を高めたキャラ制御が行えます。

天頂部のサムパッドには、シリコンを使った柔らかく感触のよい「ノンスリップゴムコンパウンド」が採用されているのもポイント。表面の凹凸が握る際の圧力を吸収するため、グリップ力を高めつつ、指の疲れを軽減すると謳われています。バランスに優れており、初心者でも違和感なく使用できるため、初めて使うFPSフリークとしてもおすすめです。

コントロールフリーク(Kontrol Freek) FPSフリーク Galaxy 2807-PS5

FPSのプレイに特化したPS4/PS5用のFPSフリークです。右側が10.0mm、左側が6.5mmとどちらもやや低めに設計されているのが特徴。手の小さい方や子供でも扱いやすく、高精度なエイムが可能なので、自分の指に合うサイズが見つからず困っていた方にもおすすめです。

中央部に向かって放射状に彫られた凹凸のあるデザインが「ノンスリップゴムコンパウンド」に採用されているのもポイント。強いグリップ力が得られ、親指が滑りにくくなるため、安定した状態で正確にターゲットを捕捉可能です。シリコン素材が衝撃を吸収して指にかかる負担を和らげるので、長時間のプレイにも重宝します。

また、Nintendo SwitchやXboxに対応したバージョンもラインナップされているのもポイントです。

コントロールフリーク(Kontrol Freek) FPSフリーク Battle Royale Nightfall BL-2345-PS5

eスポーツ国際大会での使用も承認されているPS4/PS5用のFPSフリークです。バトルロワイヤルゲームのプレイに特化して開発されており、中距離での追いエイムや細かなエイム調整が行いやすいのが特徴。フォートナイト・コールオブデューティ・PUBGなどのバトルロワイヤルが主体のFPSをプレイする方にもおすすめです。

高さは左右両方とも11.3mmで、「ノンスリップゴムコンパウンド」の周辺部に指先が引っかかりやすい特徴的な形状が採用されているのもポイント。グリップ力が強く、わずかな力で緻密なスティック操作が可能なため、エイム精度とキャラ制御をバランスよく向上できます。また、安定性が高く、指にかかる負担を軽減できるのも魅力です。

コントロールフリーク(Kontrol Freek) FPSフリーク Inferno 2040-PS5

キャラ操作も細かく行えるPS4/PS5用のFPSフリークです。左右ともに高さが約9.9mmになるように設計されているのが特徴。アナログスティックの可動域が135.5%も増加し、左右両方ともわずかな指の動きでより正確な制御が可能になるので、エイムとキャラ操作両方の精度を向上したい方にもおすすめです。

天頂部の「ノンスリップゴムコンパウンド」が中央に向かって窪むようにデザインされているのもポイント。指の腹にフィットしやすく、触感だけでスティックの位置が把握できます。ベース部分は安定性を高めるために4本爪の設計が採用されているので、白熱したゲーミングの最中でも外れにくいのも魅力です。

他にも、Nintendo SwitchやXboxに対応したバージョンもラインナップされています。使用しているデバイスに合わせて選んでみましょう。

コントロールフリーク(Kontrol Freek) FPSフリーク Edge N2155-PS5

手の小さな初心者でも快適に使用できるPS4/PS5用のFPSフリークです。左右別々の形状と高さを採用しているのが特徴。右側は指の腹にフィットしやすいようにやや平型に設計されており、素早く精度の高いエイムが可能です。左側は細かな操作がしやすいように急なドーム状に作られており、安定したキャラ制御が行えます。

右スティック側は10.49mm、左スティック側は5.96mmと全体的にやや低めに設計されているのもポイント。コンパクトながら左右の操作バランスが優れており、初めて使う方でも違和感なく扱えるため、手の小さな方や子供にもおすすめです。ベース部分は激しいプレイでも外れにくいように4本爪が採用されています。

アンサー(Answer) Switch Proコントローラ用FPSスティック 狙 ANS-SW053BK

任天堂純正のSwitch Proコントローラー専用に設計されたFPSフリークです。プロコンのスティックに装着するとエイム操作が向上しやすいので、SwitchでFPSをプレイする場合などにおすすめ。また、価格が安いので、初心者でも手軽に導入できます。

直径17.5×高さ13.5mmのMサイズと、直径19×高さ15mmのLサイズからなる2種類のFPSフリークが各2個ずつ同梱するのもポイント。手の大きさや指の長さにより適した方を選べるので、子供から大人まで幅広く対応できます。

軸にはめ込むことで、スティックを固定できるスポンジ状のエイムリングが付属するのも魅力。FPSフリークと併用することでより繊細な操作が可能です。

アクラス(A’class) PS4/PS3コントローラー用FPSアシストキャップ AIM SNIPER

優れたコスパで人気のあるPS3/PS4用のFPSフリークです。激しい操作でも外れにくいのが特徴。コントローラーのアナログスティックに被せるだけで簡単に装着が可能なので、FPSフリークを気軽に試してみたい方にもおすすめです。

4種類合計8個のFPSフリークが同梱されているのもポイント。高さ約3mmのLOWタイプと、約12mmのHIGHタイプから選べます。加えて、サムパッドもノーマルタイプと、グリップを強化したドットタイプを採用。自分好みの操作感を追求できます。

サムパッドには指に優しいシリコン素材を使用しているのも魅力。スムーズなスティック操作が可能なので、FPSはもちろん、レーシングゲームのプレイにも重宝します。

維新ゲーミング(Ishin Gaming) FPSフリーク PRO FREAK Midori

高さ調節に対応する、高性能なPS4/PS5用の国産FPSフリークです。グリップ部分を回転させることで高さを4.5〜10mmの幅で無段階調節できるのが特徴。指の長さや、その日のプレイスタイルに適した状態で使用できるため、カスタマイズ性の高いFPSフリークを探している方にもおすすめです。

グリップ部分の素材にはエラストマーを使用しており、親指の先全体で操作できる面積で設計されているのもポイント。天頂部はドーム型の形状を採用しているため、精密なキャラ操作を行う際などに重宝します。

Evil ControllerやSCUF Vantageなど一部のサードパーティー製コントローラーに対応しているのも魅力。また、取り付ける爪部分が干渉しないように設計されています。

維新ゲーミング(Ishin Gaming) FPSフリーク PRO FREAK Aoi

グリップ力が強化されたPS4/PS5用の国産FPSフリークです。凹型の天頂部にファン状の滑り止め模様を施したデザインを採用。直径サイズも一般的なFPSフリークに近い21mmに設計されており、指の腹にしっかりとフィットするため、強いグリップ力でエイム精度を向上させたい方にもおすすめです。

ショートタイプとロングタイプの2種類が同梱されており、高さを6〜11mmの範囲で無段階調節できるのもポイント。複数のFPSフリークを持ち歩かなくても、指の長さやその日の気分に合わせた状態で使用できます。

グリップ部分の素材には高温多湿な環境に強いエラストマー、その他のパーツには耐久性に優れたABS樹脂が使用されているのも特徴。各パーツは分解して洗濯も可能です。

GAIMX コントローラーフリーク RAISX

国内外で広く愛用されているPS4/PS5用の人気FPSフリークです。GAIMXは家庭用ゲーム機のコントローラー向けの製品を数多く開発しているドイツのメーカー。ゲーム実況者やYouTuberをはじめ、海外でも多くのゲーマーから高い評価を受けています。

高さを3段階で調節できるのも特徴。12mm・15mm・18mmからなる3種類のグリップパーツが同梱されており、使いやすいモノをベースパーツに取り付けて使用できます。グリップ部分はやや幅広に設計されているので、手が大きめの方にもおすすめです。

スタイリッシュなデザインも魅力。ベースパーツには頑丈で変形しにくいABS樹脂が採用されており、夏場の日本のような高温多湿な環境でも使用できます。