日本3大RPGに数えられる「ドラゴンクエスト」シリーズ。累計出荷・ダウンロード販売本数7,500万本を超える大人気のゲームソフトです。1986年にファミコンでリリースされて以降、スーパーファミコンやプレイステーション、ニンテンドー3DS、スマートフォンなど、さまざまなフォーマットに移植されながら、30年以上にわたって愛され続けてきました。

そこで、今回はドラゴンクエストのおすすめタイトルをご紹介します。ドラクエファンの方はもちろん、興味はあるけれど何からプレイすればよいのか分からないという初心者の方も是非チェックしてみてください。

ドラクエの魅力

ドラゴンクエストを語る際に外せないのが、「堀井雄二」氏と「鳥山明」氏、そして「すぎやまこういち」氏の3人。彼らがひとりでも欠けていたら、現在のドラゴンクエストは成立していなかったことでしょう。彼らの功績と共に、ドラゴンクエストの魅力について紹介します。

分かりやすいゲームシステム

家庭用ゲーム機で日本初のオリジナルタイトルRPGといわれる「ドラゴンクエスト」シリーズ。ドラクエ1が発売された当初はマリオブラザーズをはじめとするアクションゲーム全盛期であり、RPGはそこまで知名度がありませんでした。

ゲームデザイナー・堀井雄二氏は、小さな子どもたちでも楽しめるRPGを作ろうとドラゴンクエストを企画。自然なチュートリアルを設けて遊び方を教えたり、迷わないようにさりげなくヒントを出したり、モンスターに倒されても簡単にやり直せたりと、徹底的にハードルを下げました。

このような細かな配慮の結果、ドラクエは子どもたちを中心に大ヒット。それまで大人向けだったRPGのイメージを払拭することに成功しました。ドラクエはシリーズ当初から最新作に至るまで、ゲームをほとんど遊んだことがない初心者の方はもちろん、小さな子どもも楽しめるおすすめのゲームソフトです。

魅力的なキャラクターたち

By: amazon.co.jp

ドラゴンクエストのキャラクターデザインを担当しているのは「鳥山明」氏。『ドラゴンボール』や『Dr.スランプ』で知られる有名マンガ家です。ドラクエ1が発売された頃は、週刊少年ジャンプでドラゴンボールを連載中。当時、最も勢いのあったクリエイターの一人といえるでしょう。

ドラクエが発売される以前は、モンスターというと文字通り”怪物”といったグロテスクな見た目がほとんど。堀井雄二氏も当初はその方向をイメージしていたようで、看板モンスターである”スライム”も初めはドロドロとした気持ち悪いデザインでした。しかし、鳥山明氏は玉ネギ型の愛らしいスタイルに変更。ほかにも恐ろしくも可愛らしい個性的なモンスターを次々と生み出していきました。

また、勇者などの主人公をはじめ、その仲間たちも魅力的。ドラクエ4のトルネコを主人公にした『不思議のダンジョン』、ドラクエ6のテリーが主人公の『ドラクエモンスターズ』など、スピンオフ作品も数多くリリースされています。現在もSNSサイトなどでファンアートが投稿されているので、カッコいいorかわいいキャラクターを見て、ドラクエ作品を知ったという方も多いのではないでしょうか。

名曲ぞろいのBGM

ドラゴンクエストの作曲を担当しているのは、作曲家・編曲家・指揮者として活躍している「すぎやまこういち」氏。ドラクエの開発当初は内部スタッフが楽曲を作っていたのですが、「何度も聞いていると飽きてしまう」という問題が発生。そこで、当時CM音楽などの作曲を手掛けていた同氏に声がかかりました。

すぎやまこういち氏は、元々ゲーム好きということもあってテストプレイにも積極的に参加。世界観をしっかりと把握してから作曲することで、シーンにピッタリの名曲を次々と生み出していきました。

シリーズによってはオーケストラ音源を利用するなど、楽曲面にも力を入れているドラゴンクエスト。荘厳で美しい音楽は、冒険の気分を大いに盛り上げてくれます。定期的にドラクエのオーケストラコンサートも開催されているので、興味のある方はぜひ参加してみてください。

ドラクエのおすすめシリーズ

ドラゴンクエスト

『ドラゴンクエスト』は1986年、任天堂のファミリーコンピュータで発売されたゲームソフトです。FC版キャッチコピーは”今、新しい伝説が生まれようとしている”。家庭用ゲーム機では日本初のオリジナルタイトルRPGとしてリリースされました。

主人公は、伝説の勇者・ロトの血を引く者。闇に閉ざされてしまった世界を救うため、竜王討伐の旅に出るという王道ストーリーです。現在のRPGでは「ステータス」「アイテム」「作戦」といったコマンドを入力するシステムが一般的ですが、このコマンド入力システムを導入したのがドラゴンクエスト。まさに日本製RPGの原型を築いた作品といえるでしょう。

発売後はゲームボーイやスーパーファミコン、Wii、スマートフォンなど、さまざまな媒体に移植。2017年には、スマホ版をベースとした『ドラゴンクエスト』がPS4と3DSで配信されています。オリジナルのファミコン版をプレイしていた方はもちろん、はじめて遊ぶ方にもおすすめのゲームソフトです。

・PS4版『ドラゴンクエスト』

・3DS版『ドラゴンクエスト』

ドラゴンクエストII 悪霊の神々

『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』は、1987年にファミリーコンピュータで発売されたRPGです。FC版キャッチコピーは”今、新しい伝説が生まれようとしている”。前作の人気も相まって、発売直後から各地で品切れが続出。ドラクエ人気を不動のものとしたタイトルといえます。

舞台は、ドラクエ1から100年後の世界。悪の大神官ハーゴンを倒すべく、勇者の子孫たちが大冒険に出るというストーリーです。前作は勇者一人旅だったのに対して、本作は三人旅。パワー型のローレシア王子、バランス型のサマルトリア王子、強力な呪文を使えるムーンブルク王女というようにキャラクターに個性があり、戦略的なバトルが楽しめるようになりました。

ファミコン版はセーブがパスワード方式だったので、メモに失敗したり紛失したりすると冒険をやり直す必要がありました。しかし、リメイク版ならば簡単にセーブ可能。絶望を味わうことはほとんどありません。2017年にはPS4と3DSでダウンロード版が配信されているので、ぜひプレイしてみてください。

・PS4版『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』

・3DS版『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』は、1988年にファミリーコンピュータで発売されたRPGです。FC版のキャッチコピーは”触れたら最後、日本全土がハルマゲドン”。プレイするために学校をズル休みする学生、ドラクエをやり過ぎて無断欠勤する社会人、ゲームソフトをカツアゲする不良など、社会現象にまで発展した伝説のゲームです。

本作は「ロトの勇者」をテーマにしたロトシリーズのひとつ。時系列的にはドラクエ1の前となっています。主人公は、勇敢なる戦士・オルテガの息子(リメイク版では娘を選ぶことも可)で、行方不明になってしまった父の遺志を継ぎ、魔王・バラモスを倒すための旅に出るというストーリーです。

ドラクエ3は、オリジナルの仲間を作れる「キャラクターメイキング」を採用しているのが特徴。仲間たちに友達の名前を付けて一緒に冒険している気分に浸ったり、仲間を全員女性キャラにしてラノベ的展開を妄想したりと、さまざまな楽しみ方があります。2017年にはPS4と3DSに移植。ロールプレイを楽しみたい方におすすめのゲームソフトです。

・PS4版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』

・3DS版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』

ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち

『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』は、1990年にファミリーコンピュータでリリースされたゲームソフトです。PS版のキャッチコピーは”勇者よ、目覚めなさい”。シリーズ当初の「RPGの面白さを伝える」という目的は、ドラクエ3の段階で既に達成。本作はRPGの可能性を広げるために、さまざまな新システムを導入した意欲作となっています。

本作最大の特徴は、シナリオが全5章で構成されている点です。各章で仲間ごとのバックボーンを描いて、それぞれ個性を演出。そして、最終章で仲間全員が集結して〈魔族の王〉に立ち向かう、という熱いストーリーが展開されます。

キャラが固定されているため、前作のドラクエ3と比べると自由度はやや低め。しかし、おてんば姫のアリーナ、ギャグ要因の商人トルネコ、セクシーな踊り子マーニャなど、個性的なキャラクターたちの登場によってドラマチックな物語が楽しめます。現在、移植されているのはプレイステーションとニンテンドーDS、そしてスマートフォン。シナリオ重視の方におすすめのゲームソフトです。

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁

『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』は、1992年にスーパーファミコンでリリースされたゲームソフトです。SFC版のキャッチコピーは”愛がある、冒険がある、人生がある”。本作はドラゴンクエストの最高傑作のひとつといわれており、「シリーズで一番好きな作品はドラクエ5」と答える方も少なくありません。

ドラクエ5の魅力は、親子三代にわたって魔王を倒すという大河ドラマ的なストーリー。主人公を軸として、父親と子どもたちの物語が描かれています。結婚相手を幼馴染の「ビアンカ」、または大富豪の令嬢である「フローラ」の2人から選ぶことが可能。現在に至るまで、ドラクエファンのあいだではビアンカ派とフローラ派で論争が巻き起こっています。さらに、DS版ではフローラの姉「デボラ」が第3の花嫁候補として参戦。高飛車な性格に惹かれてデボラ派に乗り換えるプレイヤーも多く、三つ巴の戦いが繰り広げられている状態です。

また、ドラクエ5は一部のモンスターを仲間にできるのもポイント。仲間にできれば味方ユニットとして一緒に冒険することができます。このシステムは非常に好評で「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズに引き継がれました。モンスターのスカウトや育成、カジノなど、やりこみ要素も豊富なおすすめのゲームソフトです。

ドラゴンクエストⅥ 幻の大地

『ドラゴンクエストⅥ 幻の大地』は、1995年にスーパーファミコンで発売されたRPGです。キャッチコピーは”DQを超えるのは、DQだけ”。2010年にはニンテンドーDSでリメイク版が登場。2015年にはスマートフォン版がリリースされました。

ドラクエ6は、〈上の世界〉と〈下の世界〉の2つのワールドマップを行き来しながらストーリーを進めるのが特徴。それまで物語の途中でマップが変わるということはありましたが、初めから2つの世界を行き来できるのはシリーズ初です。また、ドラクエ5はストーリーがほぼ一本道だったのに対して、本作は中盤以降から自由に行動できるのがポイント。自由度の高い作品となっています。

また、ドラクエ3で採用されていた職業システムを一新。基本職の〈戦士〉と〈武闘家〉をマスターすると上級職の〈バトルマスター〉が解放されるなど、特定の組み合わせによってさらに強い職業を選べるようになりました。新しい呪文や技も登場して、戦略性が広がったドラゴンクエスト6。バトルや育成が好きな方におすすめのゲームソフトです。

ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち

『ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち』は、2000年にプレイステーションで発売されたRPGです。キャッチコピーは”人は誰かになれる”。ドラクエ1から一貫して任天堂のハードで発売されてきたのですが、初めてソニーのハードでリリースされたことで話題となりました。

ドラクエ7の主人公は、世界でたったひとつの島〈エスタード島〉に住む少年。好奇心で手に入れた「ふしぎな石版」をきっかけに壮大な冒険が始まります。これまではイベントなどでしか仲間と会話できなかったのですが、本作は「はなすシステム」によってプレイヤー側から能動的に話しかけることが可能。キャラの意外な一面が分かるなど、”一緒に冒険している感”がアップしています。

また、ドラクエ6と同じ転職システムを採用。新たに魔物の特技を覚えられる「モンスター職」が加わったことで、育成の幅がグーンと広がりました。魔物を集める「モンスターパーク」、戦った敵のデータを閲覧できる「モンスター図鑑」など、やりこみ要素も豊富。レベル上げや探索が好きな方におすすめのゲームソフトです。

ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君

『ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君』は、2004年にプレイステーション2で発売されたRPGです。キャッチコピーは”見渡す限りの世界がある”。2013年にはスマホ版、2015年にはニンテンドー3DSでリメイク版がリリースされました。

プレステ2のスペックを活かして、シリーズで初めて3DグラフィックのTPS視点を採用。バトル時、これまでは攻撃時にエフェクトが表示されていただけだったのですが、本作はダイナミックな3Dアクションで表示されるのが特徴。さらに臨場感のあるバトルが楽しめるようになりました。

また、本作にはドラクエ屈指の人気キャラクター「ゼシカ」が登場するのもポイント。美人なうえにスタイルがよく、勝気なお嬢様気質なところも相まって、主に男性プレイヤーから絶大な人気を誇ります。リメイクされた3DS版では彼女と結ばれるシナリオが追加。初めてプレイする方はもちろん、既にPS2版をプレイしたことがある方にもおすすめです。

ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人

『ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人』は、2009年にニンテンドーDSで発売されたRPG。キャッチコピーは”そして、僕たちは天使と呼ばれていた”。ドラクエシリーズのナンバリングタイトルでは初めての携帯ゲーム機専用ソフトとして登場しました。

本作は、ニンテンドーDSの通信機能をフル活用しているのが特徴です。シリーズで初めて最大4人のプレイヤーと一緒に冒険することが可能。無限に成長できる転職システムをはじめ、自動生成ダンジョン〈宝の地図〉、180以上の短い冒険が楽しめるミッションなど、やりこみ要素が豊富。本編のストーリーはやや短めですが、クリア後も延々とプレイすることができます。

全国各地にプレイヤー同士で交流できるコミュニティースポット「ルイーダの酒場」が作られたり、経験値が大量にもらえるダンジョン〈まさゆきの地図〉が話題になったりと、社会現象になるほど盛り上がりました。一人で遊んでも面白いのですが、友達と一緒にワイワイとプレイしたい方に特におすすめのドラクエです。

ドラゴンクエストⅩ 目覚めし五つの種族 オンライン

『ドラゴンクエストⅩ 目覚めし五つの種族 オンライン』は、2012年に任天堂の据え置きゲーム機WiiでリリースされたオンラインRPGです。キャッチコピーは”皆をつないで世界がつながる”。ナンバリングタイトルでは初めてのオンラインゲームで、現在はPS4やニンテンドースイッチ、Windows PCなど、さまざまなプラットフォームでリリースされています。

発売前はオンラインになったことで”ドラクエらしさ”が失われてしまうのではと心配されていましたが、ドラクエの魅力といえる感動的なストーリーは健在。みんなでパーティを組んで一緒に冒険できるのはもちろん、酒場でAIキャラクターの「サポートなかま」を雇えばシングルプレイも可能。自分のペースでゆったりと遊びたい方にもピッタリです。

メインストーリーやイベント、職業などが増える「追加パッケージ」も発売中。これから新たに始める場合は、ver.1『目覚めし五つの種族』から最新作のver.4『5000年の旅路 遙かなる故郷へ』までがすべてセットになった『ドラゴンクエストⅩ オールインワンパッケージ』がおすすめです。

・PS4版『ドラゴンクエストⅩ オールインワンパッケージ』

・Nintendo Switch版『ドラゴンクエストⅩ オールインワンパッケージ』

・Windows版『ドラゴンクエストⅩ オールインワンパッケージ』

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、2017年にリリースされたRPG。高性能なスペックを活かしてグラフィックを美しく描いたPS4版と、3Dポリゴンと2Dドットのふたつのモードで遊べるニンテンドー3DS版が同時発売されたことで話題となりました。

前作のドラクエ10はオンラインRPGでしたが、今作はネットに繋がなくても遊べる完全オフライン制を採用。ストーリーも基本に立ち返って「勇者」を描いているのが特徴です。ただし、これまで勇者といえば”正義の者”として人々から歓迎されていましたが、ドラクエ11では“悪魔の子”として追われる身となってしまいます。

昔ながらのドラクエらしさを大切にしつつ、現代仕様に遊びやすく調整しているのもポイントです。スロットやポーカーなどが遊べる「カジノ」をはじめ、馬を走らせて順位を競う「ウマレース」、困っている人たちを助けてあげる「クエスト」など、やりこみ要素も豊富。シリーズをプレイしたことがある方はもちろん、ドラクエデビューしたい方にもおすすめのゲームソフトです。

・PS4版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』

・3DS版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』