ケンタッキーストレートバーボンとして世界第2位の販売量を誇る「エヴァン・ウィリアムス」。歴史と伝統のある老舗ブランドで、個性のある多種類のボトルがラインナップされています。

そこで今回は、エヴァン・ウィリアムスの種類や歴史と、おすすめの飲み方をご紹介。お気に入りのボトルを見つける参考にしてみてください。

エヴァン・ウィリアムスとは?

エヴァン・ウィリアムスの知名度

By: amazon.co.jp

エヴァン・ウィリアムスは、ウイスキー・オブ・ザ・イヤーをはじめ数々の受賞歴や功績があり、世界的に知名度の高いバーボンウイスキーです。また、その名前は世界で最初にバーボンを製造したとされる人物に由来することでも知られています。

スタンダードな「ブラックラベル」や希少価値が高い「シングルバレル」など、バーボンウイスキーを愛する方から非常に評価が高い銘柄を展開しているのも特徴です。

エヴァン・ウィリアムスの味や香り

By: amazon.co.jp

エヴァン・ウィリアムスのアルコール度数は50%前後。ほかのバーボンに比べて高めですが、口当たりがまろやかで上品な甘みを伴う、すっきりとした味わいが特徴です。さらに、柑橘系のフルーティーで爽やかな香りや、バニラやキャラメルの香りが際立ちます。

焦がしたホワイトオーク樽での熟成による、スパイシーな余韻が楽しめるのも魅力。クセが少なく、バーボンに慣れていない方でも飲みやすいウイスキーです。

エヴァン・ウィリアムスの発祥や製造場所

By: amazon.co.jp

1783年、ケンタッキー州のルイヴィルで石灰石から湧き出る水から、原料にトウモロコシを使用して世界で最初にウイスキーを生み出した人物にちなんで名付けられたエヴァン・ウィリアムス。

誕生当時の製造は、ケンタッキー州では2番目に古い歴史を持つ街でもあるバーンズタウンの「ヘヴンヒル蒸留所」で行われていました。しかし、1996年の火災により「ヘヴンヒル蒸留所」は消失。1999年に買収したルイヴィルの「バーンハイム蒸留所」を建て替え、製造を再開しています。

エヴァン・ウィリアムスの歴史

By: amazon.co.jp

名前の由来になっているエヴァン・ウィリアムスが蒸留を開始したのは1783年。「バーボンの父」と呼ばれるエライジャ・クレイグ牧師がバーボンを造ったとされる1789年よりも前であることから「バーボンの始祖」と呼ばれています。しかし、真実を裏付ける史料は残されておらず、現在もはっきりとした真相は謎のままです。

エヴァン・ウィリアムスの製法

By: amazon.co.jp

ヘヴンヒル蒸溜所で生産されるバーボンの多くは、原料にトウモロコシを78%使用しているのが特徴です。さらに、蒸溜残液の上澄みを仕込み水に25%ほど加える「サワーマッシュ」製法を採用。この製法により糖化条件がよくなり、もろみに酸味が増し、スピリッツ全体の香味がよくなるといわれています。

サワーマッシュのプロセスを経てできた原酒はチャコールフィルターによってろ過され、バーボンの定義に従い、内側を焦がしたアメリカン・ホワイトオーク樽の新樽で熟成。発酵や蒸留と同じく、独自の技術によってボトリングまでが行われます。

エヴァン・ウィリアムスの種類

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) ブラックラベル

エヴァン・ウィリアムスを象徴するスタンダードなボトル。5~8年熟成した原酒がブレンドされています。アルコール度数は43%と、ほかの種類と比較すれば低めですが、その分ウイスキー初心者の方でも飲みやすいのが特徴です。

フレッシュでフルーティーな甘みと、ミントの爽やかな香りが楽しめます。内側を焦がしたホワイトオーク樽由来の、芳ばしくスパイシーな後味が感じられるのも魅力。初めてエヴァン・ウィリアムを試す方にもおすすめの銘柄です。

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) 12年

赤いラベルが印象的な銘柄です。12年の熟成を行った原酒を使用しているため、50.5%とアルコール度数が高め。パンチの効いた刺激的な味わいが楽しめます。

甘みが強く、ミントやシナモンといった上品でスパイシーな香りを伴うのも特徴。強烈な刺激を楽しみたい方はもちろん、甘くて飲みやすいので、初心者の方にもおすすめの1本です。

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) 23年

23年間長期熟成された原酒を使用した高級ボトル。濃厚で非常に深い味わいと風味が、じっくりと堪能できます。アルコール度数も53.5%と高く、しっかりとした刺激が楽しめるのも特徴です。

フルーティーな爽やかな酸味とキャラメルのような甘みも感じられ、バニラやナッツを思わせる芳醇な風味が広がります。後味のしつこさはなく、スパイシーですっきりとした余韻。リッチな味わいと香りを存分に楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) シングルバレル

数量限定で少数しか生産されていない、希少価値の高いボトル。ラベルにはヴィンテージの表記と、樽詰めの日が記載されています。リンゴやオレンジなどのフレッシュな甘みとスパイスを伴う味わいが特徴。そして、ダークキャラメルや焦がした木のスモーキーな香りが漂います。

ブレンドはされておらず、単一樽の原酒のみをボトリングしており、樽それぞれが持つ特徴による味わいと風味が楽しめるのも魅力。後味には、ほのかに酸味がありスモーキーな、心地よい余韻が長く残ります。

洗練されたエヴァン・ウィリアムスの味わいを堪能したい方におすすめの1本です。

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) 1783

厳選された少数のオーク樽から造られた原酒をブレンドした、スモールバッチのバーボンウイスキー。エヴァン・ウィリアムによってバーボンが製造された1783年にちなんで名付けられた、プレミアムな銘柄です。

上品で滑らかな口当たりが特徴で、メロンやバナナなどのフルーティーな味わいとフレッシュな香りが楽しめます。甘みが抑えられ、すっきりとして洗練された味わいと風味が特徴。価格も安いので、初心者の方や気軽にバーボンを楽しみたい方におすすめです。

エヴァン・ウィリアムスのおすすめの飲み方

By: amazon.co.jp

エヴァン・ウィリアムスの深い味わいや風味を一番楽しめるのはストレートです。バーボンを飲みなれている方はぜひ挑戦してみてください。そのほか、氷が溶けるとともにクリアになっていく変化と余韻が味わえる、ロックもおすすめ。

特に「12年」や「23年」のように、アルコール度数が高い銘柄は、ストレートで味わったあと、ロックや水割りにして変化を楽しむのに適しています。強いお酒が苦手な方は、ハイボールや水割りなどの飲み方も試してみてください。