お酒に飲み慣れている方だけでなく、ウイスキー初心者の方にもぜひ飲んで欲しい「バーボン」。芳醇な香りを楽しめる銘柄が揃っているのはもちろん、コンビニで気軽に手に入るモノから知る人ぞ知る高級品までバリエーションが豊富なのもポイントです。

そこで今回はバーボンのおすすめ銘柄をご紹介。最近はタレントでモデルのローラが出演する「ジムビーム」のCMが話題になるなど注目されているアルコールジャンルなので、この機会にぜひトライしてみてください。

バーボンとは?

ウイスキーやスコッチとは何が違うの?

By: amazon.co.jp

バーボンは世界5大ウイスキーのひとつとされる「アメリカン・ウイスキー」の1種。さまざまな条件がありますが、アメリカン・ウイスキーの中でも原材料にトウモロコシを51%以上含んだモノがバーボンと呼ばれます。

バーボンはバニラやカラメルを思わせる独特な香りが特徴なので、香ばしいウイスキーを楽しみたい方におすすめ。まろやかでコクのある味わいが魅力です。

スコッチは「スコッチ・ウイスキー」の略で、スコットランドで製造されるウイスキーのことを指します。アメリカン・ウイスキーと同じくこちらも世界5大ウイスキーのひとつとなっており、スモーキーな香りを楽しめるのが特徴です。つまり、バーボンはスコッチなどと同じようにウイスキーの種類のひとつということになります。

バーボンの選び方

熟成年数で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンは他のお酒と比べて熟成が早いため、そもそも熟成年数を記していないモノが多くありますが、バーボンをより楽しみたいのであれば熟成年数が記されている銘柄を選ぶのがポイント。たとえ同じ銘柄でも熟成されている年数が長いと味や風味が異なるので、飲み比べてみるのもおすすめです。

アルコール度数で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンはアルコール度数の高いお酒ですが銘柄によってある程度左右されます。アルコール度数40%のモノが比較的多いですが、50%前後の銘柄もあります。バーボンを飲み慣れていない方は、まずアルコール度数が40%前後の銘柄から試してみるのがおすすめです。

炭酸水と割ってハイボールにする場合や水割りにする場合は量によってアルコール度数の調節ができますが、ストレートやロックでバーボンを楽しむ場合はアルコール度数に気をつけましょう。

飲み方で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンはさまざまな飲み方が楽しめるお酒です。例えばハイボールで飲む場合には、軽やかな味わいの銘柄を選ぶのがおすすめ。また、ストレートやオン・ザ・ロックでバーボンの風味を堪能したい場合は、熟成年数が長くて深い香り・味わいのモノを選ぶなど飲み方に合わせて銘柄をチョイスすることで、よりバーボンを楽しむことができます。

バーボンのおすすめ銘柄|飲み慣れていない初心者向け

ジムビーム(JIM BEAM) バーボンウイスキー

「ジムビーム」は世界中で愛されているバーボンのひとつ。最近はテレビCMでも話題となった人気の銘柄です。4年以上しっかり熟成した原酒が使われています。

ライムストンウォーターと呼ばれる質の高い湧き水を使用しているのもポイント。バニラやカラメルを感じさせ、甘くてまろやかな口当たりに仕上がっています。炭酸水との相性がよいのでハイボールにして飲むのがおすすめです。

I.W.ハーパー(I.W.HARPER) ゴールドメダル

「I.W.ハーパー」はさりげない甘さが特徴のバーボン。味がすっきりしているのでバーボン初心者の方でも飲みやすいのが魅力です。爽やかな味わいを活かしてハイボールにしたり、カクテルのベースにしたりするのがおすすめ。柑橘系のジュースと割っても美味しく飲めます。

ちなみに「ゴールドメダル」という名称は、このバーボンが1885年にニューオリンズの万博博覧会で金賞を受賞したほか、さまざまな賞を受賞していることから付けられました。

ワイルドターキー(WILD TURKEY) 8年 バーボンウイスキー

控えめな甘さで豊かな香りを楽しめる「ワイルドターキー」の8年モノ。ライ麦と大麦麦芽の比率を上げることで、その風味を生み出しています。

飲み方はその美味しさを存分に味わえるオン・ザ・ロックがベストですが、アルコール度数が50%と高いので、飲み慣れていない方はまずハイボールや水割りで飲むのがおすすめです。

アーリータイムズ(EARLY TIMES) イエローラベル

「アーリータイムズ」は1860年の誕生から多くの人に愛されてきたバーボン。活性炭による、ろ過で不純物が取り除かれている軽やかな口当たりが魅力です。甘い香りでありながら後味にキレがあるため、しつこさがなくすっきり飲めます。スモーキーな香りもポイント。味のバランスがよく、さまざまな飲み方で楽しめる銘柄です。

メーカーズマーク(Maker’s Mark) バーボンウイスキー

230年以上の長い歴史がある「メーカーズマーク」。冬小麦と呼ばれる材料を用いていて、柔らかな口当たりに仕上がっているのが魅力です。バニラやオレンジ、ハチミツの香りがするのもポイント。約6年の熟成で複雑かつ繊細な味わいを生み出しています。

メーカーズマークといえばキャップに施された赤い封蝋が特徴的ですが、これはひとつずつ手作業で作られたモノ。細かいところまでこだわりが感じられるおすすめの銘柄です。

オールドクロウ(OLD CROW) バーボンウイスキー

「オールドクロウ」は爽やかさと深みのある味わい、そしてフルーティーな香りを兼ね備えているバーボン。同ブランドはアメリカ・ケンタッキー州で最古のバーボンのひとつとされています。

癖が少ないのでバーボン初心者の方にもおすすめ。ストレートやオン・ザ・ロックで飲めば香りを存分に楽しめるほか、ハイボールにすると爽やかな口当たりを堪能することができます。

ノブ クリーク(KNOB CREEK) バーボンウイスキー

低温と高温で2度焼きした独自の樽を用いて作られているバーボン。バニラとナッツ、そして樽の香りを感じさせる独特のフレーバーが特徴です。9年の熟成を経ており、甘さやスモーキーさのある複雑な味わいが楽しめます。飲んだ後の余韻が比較的長く続くので、オン・ザ・ロックで味をしっかり感じるのがおすすめです。

エンシェント・エイジ(Ancient Age) バーボン

“古き良き時代”という意味が込められている名称のバーボン。癖のない滑らかな口当たりで飲みやすいのが特徴です。独特の酸味も感じられつつも、スモーキーな香りは控えめ。軽やかな味わいのバーボンを探している方におすすめの銘柄です。

フォアローゼズ(Four Roses) ブラック

「フォアローゼズ」は果実の香りとスパイシーな味わいが楽しめるバーボン。10種類の原酒がバランスよくブレンドされており、芳醇なフレーバーを生み出しています。フォアローゼズという名の通り、花のような香りがほんのり感じられるのも特徴です。

まろやかな口当たりで飲みやすいのが魅力。オン・ザ・ロックでその味わいと香りを存分に楽しむのがおすすめです。ハイボールで軽やかな風味を味わうのもよいでしょう。

バッファロートレース(BUFFARO TRACE) バーボン

バニラとミントの甘くて爽やかな香りが楽しめるバーボン。スパイシーな味わいも兼ね備えています。8〜12年の熟成を経たモノを丁寧にテイスティングしたのち、瓶詰めしているのが特徴です。アルコール度数は45%と若干高めで、甘みのある後味が続くので余韻をしっかり楽しみたい方におすすめ。ハイボールにするとより美味しく飲めます。

エズラブルックス(EZRA BROOKS) ブラック

ホワイトオークという木材の樽を熟成に用いている「エズラブルックス」。樽の内側を焦がすことで芳醇な香りを生み出しているのが特徴です。アルコール度数は45%ですが、マイルドな口当たりなのでバーボン初心者の方にもおすすめ。香りでバーボンを楽しみたい方は要チェックの銘柄です。

バーボンのおすすめ銘柄|飲み慣れている中・上級者向け

ウッドフォードリザーブ(WOODFORD RESERVE) バーボン

「ウッドフォーリザーブ」は仕込み水に天然の地下水を採用しているバーボン。カクテルのベースとしても使われることが多く、汎用性の高い銘柄です。熟成を均一にじっくり重ねていて滑らかな味わいに仕上げているほか、独特の製法を採用することで質の高さをキープしているのも特徴。美しい琥珀色が際立つスタイリッシュな瓶も魅力です。

ブラントン(Blanton’s) ブラック

おしゃれな見た目でインテリアとしても映えるバーボン。繊細かつキレのある味わいを楽しめる銘柄です。検査員による厳しいチェックを通った原酒が長い熟成を経て質の高い1本に仕上がっています。優しい口当たりのためオン・ザ・ロックでも飲みやすいのが特徴です。

ベイカーズ(BAKER’S) バーボンウイスキー

「ベイカーズ」はバニラやレーズン、カラメルの香りが楽しめる7年熟成のバーボン。秘伝の酵母を使用しており濃厚な味わいに仕上がっています。口に入れると樽の香ばしさが広がるのも特徴です。

アルコール度数は53.3%と高め。多少の苦みがありますがコクも兼ね備えているため、個性が強いバーボンを探している方にベストです。ハイボールにして飲むのがおすすめですが、コーラやジンジャエールと割っても美味しく飲めます。

ヘンリーマッケンナ(HENRY McKENNA) バーボン

“幻のバーボン”とも呼ばれている「ヘンリーマッケンナ」。サワーマッシュ方式という製法を用いることで、酸の発生を抑えた上品な味わいをキープしています。バーボンを熟成させるための樽づくりにこだわっているのもポイント。豊かな香りと滑らかな口当たりを持ちながら深い味わいを兼ね備えているおすすめの銘柄です。

オールドグランダッド 80(OLD GRAND DAD 80) バーボンウイスキー

1796年に生まれた「オールドグランダッド」。使用している酵母やライ麦の比率が誕生以来変わっておらず、当時のままの味を守り続けています。深みのある香りでありながら優しい口当たりで風味を楽しみながら飲めるのが魅力で、ストレートはもちろん、オン・ザ・ロックやハイボールなど定番の飲み方もおすすめです。

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) 12年

アルコール度数が50.5%で、味にインパクトのあるバーボン。12年の熟成により個性ある味わいを生み出している一方、上品な香りもポイントです。飲むときはストレートやオン・ザ・ロックで風味を楽しむのがベスト。熟成期間が長いにも関わらず比較的安い価格で入手できるので、気軽の熟成したバーボンを飲んでみたい方におすすめです。

ローワンズ クリーク(ROWAN’S CREEK) バーボンウイスキー

アメリカ・ケンタッキー州の小さな蒸留所「ケンタッキー・バーボン・ディスティラーズ」で作られているバーボン。洋梨やレモン、ハチミツを感じさせる濃厚な香りが魅力の銘柄です。

アルコール度数が50%と高めでありながら滑らかな口当たりのためスムーズに飲めます。飲んだ後の余韻が長く続くので、バーボンをゆっくり楽しみたい方におすすめです。

ワイルドターキー(WILD TURKEY) 13年 バーボンウイスキー

「ワイルドターキー」の13年は長期間の熟成で果実の深い香りを生み出しているバーボン。個性ある複雑な味わいを堪能できます。スパイシーな後味も特徴で、贅沢な余韻を楽しめるのが魅力です。ライ麦と大麦麦芽の比率を上げており、甘さが控えめで芳醇な風味を際立たせています。

エライジャ・クレイグ(ELIJAH CRAIG) スモールバッチ

濃厚でインパクトある味が特徴の「エライジャ・クレイグ」。甘いブラウンシュガーの香りを楽しめるバーボンです。なお、銘柄の名前は“バーボンの父”として知られているアメリカのエライジャ・クレイグ牧師に由来しています。

アルコール度数は47%と高め。その色合いは琥珀色というよりも少し赤みがかっていて上品な雰囲気です。常温の水と1:1で割るトワイスアップという飲み方なら広がる香りを楽しめるためおすすめ。ストレートやオン・ザ・ロックでも美味しく飲めます。

番外編:バーボンのおすすめの飲み方

ストレート

By: amazon.co.jp

ストレートはバーボン本来の味と風味をしっかり堪能できる飲み方です。バーボンはアルコール度数が40〜50%と非常に高いので、ショットグラスと呼ばれる小さなグラスに注いで味わうのがおすすめ。バーボンをストレートで飲むときは水(チェイサー)も用意して、交互に飲むのがベストです。

オン・ザ・ロック

By: amazon.co.jp

氷が入っているグラスにバーボンを注ぐ飲み方がオン・ザ・ロック。略して“ロック”と呼ばれることが多いです。はじめのうちはストレートと同じようにバーボン本来の味わいを楽しめますが、氷が溶けることで飲みやすくなります。

なお、小さな氷を使うとすぐに溶けてしまうので、ゆっくり味わいたい方は大きな氷、さらに不純物の少なく透明で溶けにく丸氷で飲むと、より楽しめます。

ハイボール

By: amazon.co.jp

炭酸水を割って作るハイボールは人気の飲み方のひとつ。爽やかな口当たりになるので、バーボンが持つ独特の味やアルコール度数の高さが気になる方にもおすすめです。

キンキンに冷やしたグラスを用意すればより美味しく飲めます。割り材として使う炭酸水は炭酸が強いモノを選ぶのがベストです。カットレモンやカットライムを添えるのもよいでしょう。

トワイスアップ

バーボンと常温の水を1:1で割った飲み方がトワイスアップ。バーボンを冷やしすぎないためそのままの味と香りが堪能できます。バーボン本来の風味を楽しみたいけれどストレートは強すぎるという方におすすめの飲み方です。

水割り

水割りはバーボンを好みの分量の水と氷で割ったシンプルな飲み方。ハイボールと異なり炭酸が含まれていないので、まろやかな口当たりになるのが特徴です。

ミスト

細かく砕いた氷を敷き詰めてバーボンを注ぐ飲み方がミスト。注いだバーボンが一気に冷えるため、爽快な味わいになります。氷がすぐに溶けてバーボンが薄まるのでアルコール度数が気になる方にもおすすめです。