お酒に飲み慣れている方だけでなく、ウイスキー初心者の方にもぜひ飲んでほしい「バーボン」。芳醇な香りを楽しめる銘柄が揃っているのはもちろん、コンビニで気軽に手に入るモノから知る人ぞ知る高級品までバリエーションが豊富なのもポイントです。

そこで今回は、バーボンのおすすめ銘柄をご紹介。最近では、居酒屋のハイボールに使われることも多くなった身近なアルコールジャンルなので、この機会にぜひトライしてみてください。

バーボンとは?

By: amazon.co.jp

バーボンは世界5大ウイスキーのひとつとされる「アメリカン・ウイスキー」の1種。さまざまな条件がありますが、アメリカン・ウイスキーのなかでも原材料にトウモロコシを51%以上、80%未満含んだモノがバーボンと呼ばれます。

バーボンはバニラやカラメルを思わせる独特な香りが特徴なので、香ばしいウイスキーを楽しみたい方におすすめ。まろやかでコクのある味わいが魅力です。

ウイスキーやスコッチとの違いは?

By: amazon.co.jp

バーボンは「アメリカン・ウイスキー」の1種なので、ウイスキーのなかのひとつです。一方、スコッチは「スコッチ・ウイスキー」の略で、スコットランドで製造されるウイスキーのことを指します。アメリカン・ウイスキーと同じく世界5大ウイスキーのひとつで、スモーキーな香りを楽しめるのが特徴です。

バーボンの楽しみ方

By: amazon.co.jp

バーボンはさまざまな飲み方が楽しめるお酒。その美味しさを堪能するためにも、自分好みの飲み方を見つけましょう。一般的にはストレート・ロック・ハイボールなどが知られていますが、バーボンと常温の水を1:1で割るトワイスアップや、細かく砕いた氷の上にバーボンを注ぐミストなど飲み方もあります。

バーボンをカクテルにして楽しむのもおすすめ。氷を入れたグラスにバーボンとジンジャーエールを注ぐ「バーボンバック」や、バーボンをコーラで割る「コークハイ」などはすっきりした喉ごしでおいしく飲めます。

自宅でまったり過ごしたいときには、バーボンにフレーバードワインやシロップを入れて作る「マンハッタン」や「ニューヨーク」がぴったり。おしゃれなカクテルグラスを使えば、自宅でバーの雰囲気を楽しめます。

バーボンの選び方

熟成年数で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンは、ほかのウイスキーと比べて熟成が早く、熟成年数を記していないモノも多くあります。バーボンをより楽しみたいのであれば、熟成年数が記されている銘柄を選ぶのがポイント。たとえ同じ銘柄でも、熟成されている年数によって味や風味が異なるので、飲み比べてみるのもおすすめです。

アルコール度数で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンはアルコール度数の高いお酒ですが、度数は銘柄によって前後します。アルコール度数40%のモノが比較的多く、なかには50%前後の銘柄も存在。バーボンを飲み慣れていない方は、まずアルコール度数が40%前後の銘柄から試してみましょう。

炭酸水と割ってハイボールにする場合や水割りにする場合は、量によってアルコール度数の調節ができますが、ストレートやロックでバーボンを楽しむ場合はアルコール度数に気をつける必要があります。

香りで選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンは、内側をバーナーで焦がしたアメリカンホワイトオークの新樽で熟成させるため、甘く芳醇な香りが魅力です。熟成期間が長いほど香りが豊かに、味わいが穏やかになる傾向があります。リッチな口当たりのバーボンを探している方は、熟成年数の長いモノを選ぶのがおすすめです。

また、最近ではバーボンの原酒にミントやはちみつ、ブラックチェリーなどのフレーバーを加えた「フレーバードウイスキー」も人気のジャンル。蒸留酒に香味を加えていることから「リキュール」に分類されますが、バーボンの味もしっかりと楽しめるためビギナーに適しています。

甘くフルーティーな香りを放つフレーバードウイスキーは、強いアルコール特有のツンとしたにおいが少なく、飲みやすいのが大きな特徴です。

バーボンのおすすめ銘柄

ジムビーム(JIM BEAM) ジムビーム

「ジムビーム」は、アメリカのケンタッキー州で生まれ、現在では世界120ヶ国で飲まれている、世界的なバーボンのひとつです。業界でのシェアも高く、数々のコンテストで賞を獲得しています。専門家からの評価も高い、おすすめの1本です。

ジムビームは、コーンやライ麦、大麦など、厳選された良質な素材を使用し、伝統の製法で造られているのが特徴。原料の約51%を占めるトウモロコシ由来の甘さと香ばしさが活かされており、なめらかでやさしい口当たりを持つのが魅力です。

また、熟成に使用した樽由来のバニラやキャラメルのように甘い軽やかな風味もあり、マイルドで飲みやすいのもポイント。バーボンを試してみたい初心者の方にもおすすめです。

ジムビーム(JIM BEAM) オールドグランダッド114

樽出しからそのままボトル詰めする方法を採用していることによる、57%という高いアルコール度数が特徴のバーボンです。主に穀物を使用した「グレーン原料」を使用。高アルコール度数を感じさせない、軽くなめらかな口当たりが魅力です。

また、穀物の風味を深く感じられるコクもポイント。重厚な味わいを持ち、ストレートはもちろん、トワイスアップで香りをじっくり楽しんだり、ハイボールで爽やかさを追加したりと、幅広く楽しめます。本格派バーボンを求めている方におすすめの1本です。

ジムビーム(JIM BEAM) ブッカーズ

6代目マスターディスティラー、ブッカー・ノウ氏の名に由来して名付けられた、ジムビームの上級ブランド「ブッカーズ」。樽からボトル詰めされる際に加水をしない「カスクストレングス」タイプのバーボンで、60%以上の高いアルコール度数を有しています。

厳選された材料を使用し、200年以上自家培養している酵母で発酵。6〜8年熟成させた原酒をヴァッティングして、加水せず素材の風味を最大限に活かしています。詳細な製法は門外不出とされており、公開されていません。

風味は、オーク由来のバニラ香とバナナのような甘味を感じられ、赤ワインのようなタンニン、コクのあるやや渋い余韻が特徴。また、フルーツを彷彿とさせるジューシーさもあり、60%以上の高アルコール度数を感じさせない、角のとれたまろやかさが魅力です。

ジムビーム(JIM BEAM) オールドクロウ

1835年に創立した「オールドクロウ蒸溜所」で生まれ、ブランド創設者のジェームズ・クロウ氏に由来して名付けられたバーボン、「オールドクロウ」。現在ではほとんどのバーボンで採用されている、「サワーマッシュ製法」の先駆けともいえるブランドです。

現在はジムビーム蒸溜所で生産されており、昔ながらの製法による奥深いコクと爽やかな風味が特徴。また、フルーティーさも感じられる、軽やかで飲みやすい「ミディアムボディ」タイプのバーボンです。

これからバーボンを試してみたい方にもおすすめ。複雑でバランスのとれた、心地よい味わいが魅力の1本です。

ジムビーム(JIM BEAM) ノブ クリーク ライ

アメリカ合衆国第16代大統領のリンカーンが育った土地に由来して名付けられた「ノブ クリーク」。国際酒類品評会「ISC2014」においてウイスキー部門の金賞を獲得した、世界から高い評価を得ているバーボンです。

ノブ・クリークは、低温と高温で2度焼き目をつけたオーク樽を使用して熟成させる製法を採用しているのがポイント。ハーブとライ麦の芳醇な香りが広がり、樽に由来するスパイシーさ、バニラやオークの味わいも楽しめます。

また、スパイシーさは余韻まで続き、スムースであたたかみのある味わいになっているのも魅力のひとつ。昔ながらのバーボンを味わってみたい方におすすめの1本です。

ジムビーム(JIM BEAM) ベイカーズ

ジムビーム蒸溜所秘伝の酵母を使用し、完成した原酒を7年間熟成させて造られている「ベイカーズ」。香り高く濃厚なコクがある、重厚な味わいが特徴の「フルボディ」タイプのバーボンです。

樽に由来するバニラやキャラメルの芳醇な香りも強く、パンチのある風味が広がります。また、焙煎したナッツの味わいとスムースな余韻が長く続くのも特徴。葉巻との相性もよいので、ウイスキーを片手に葉巻を咥えて楽しみたいといった場面にもおすすめです。

そして、53.5%と高いアルコール度数を有しているのもポイント。バランスのよいフレーバーがクセになる、バーボン好きにはたまらない1本です。

ジムビーム(JIM BEAM) ベイゼルヘイデン

ジムビームの2倍以上のライ麦を使用し、香味のピークを迎えるまで8年以上熟成させた、独特のスパイシーさを持つバーボンです。また、ボトル詰めの際にアルコール度数を40%に調節しているので、軽い口当たりに仕上がっています。

ハーブ系のスパイスや蜂蜜を彷彿とさせる、芳醇で複雑な香りも魅力のひとつ。ライ麦由来の奥深い甘さも加わり、コクのある味わいを実現しています。

さらに、ベースにライウイスキーを使用するカクテル「マンハッタン」や「オールドファッションド」にもおすすめ。程よい甘さとなめらかで軽い口当たりを備えた、飲みやすさが魅力の1本です。

ジムビーム(JIM BEAM) メーカーズマーク

キャップを覆う赤い蜜蝋が目立つ「メーカーズマーク」は、職人の手で1本ずつ封じ込めをしているのが特徴です。それぞれが世界に1つしかないデザインとなっているのが魅力。プレゼントにもおすすめの1本です。

手作りにこだわりを持っており、効率よりも品質優先で素材の味を活かす製法を守っているのが特徴。厳選された冬小麦を使用し、絹のようにやわらかな口当たりと、まろやかな味を実現しています。

オレンジ・蜂蜜・バニラのようなフルーティーで甘い香りで、ほのかに小麦の甘味も感じられるのがポイント。本来の味わいを230年以上守り続けている、本格派バーボンです。

ジムビーム(JIM BEAM) アップル

バーボンのリッチな味わいはそのままに、ジューシーなリンゴの風味が加わった1本。天然香料を使った爽やかな香りで、すっきりした後味が特徴です。

マイルドでさっぱりとした口当たりは、ロックで飲むのはもちろん、炭酸と割ってハイボールで飲んだり、カクテル気分で飲んだりするのもおすすめ。バーボンファンからビギナーまで、幅広い層に愛されている銘柄です。

キリン(KIRIN) フォアローゼズ

創業者のポール・ジョーンズと、絶世の南部美女を結んだ、4輪のバラのコサージュにちなんで名付けられた「フォアローゼズ」。「バラのバーボン」とも呼ばれるロマンチックなネーミングが特徴です。

熟練のマスターディスティラー(蒸溜責任者)によって厳選された10種類の原酒をブレンド。花のようにフローラルで、果実のようにフルーティーな香りを実現しています。

卓越したブレンディング技術で生まれるなめらかな味わい、そして深く芳醇な風味とコクもポイント。バーボンを楽しみたい方なら要チェックの1本です。

キリン(KIRIN) フォアローゼズ ヘンリー マッケンナ

1855年から変わらない製法で、独自の深いコクを守り続けている「ヘンリー マッケンナ」。複数の蒸溜所で造られており、日本向けの製品はフォアローゼズ蒸溜所で造られています。

ヘンリー・マッケンナは、厳選した原料を粉砕、天然水を加えて作ったモロミを発酵。一度蒸溜した残液を25%加え、再度発酵させる「サワーマッシュ」方式を採用しているのが特徴です。バクテリアが繁殖し酸を生成するのを防ぎ、風味のバランスを保ちます。

また、直径16インチ以上に成長したホワイトークを使用し、絶妙な焦がしを与えた樽で熟成させているのもポイント。窓の大きい独自の倉庫で寝かせることで、クセが軽くやさしい味わいのバーボンが完成します。

ハイボールで飲むのにも向いているので、バーボン初心者の方におすすめ。飲みやすさを重視してバーボンを選びたい方にぴったりの1本です。

ワイルドターキー(WILD TURKEY) ワイルドターキー 8年

深いコクと力強い味わいを楽しめるバーボン「ワイルドターキー 8年」。熟成に使う樽の内側を焦がした「バレル・チャー」製法を採用し、焦がしの強い「No.4アリゲーター」の樽を使用しています。

樽由来の濃い琥珀色のボディと、香ばしいトースト感が特徴です。また、50.5%と高いアルコール度数による力強い味わいとコクも魅力のひとつ。完熟フルーツやバタースコッチのような芳醇で甘い香りも有しています。キャラメルのような甘さをほのかに感じられ、長く心地よい余韻を楽しめるのもポイントです。

I.W.ハーパー(I.W.HARPER) ゴールドメダル

1877年に生まれ、創業者とその友人の名前に由来して名付けられた「I.W.ハーパー」。1885年に、ニューオーリンズで開催された万国博覧会で金賞を獲得しています。その後も数々の金賞にノミネートしたことから、「ゴールドメダル」と呼ばれるようになりました。

また、ラベルに記載されているステッキを持ったシルクハットの紳士の絵も特徴のひとつ。1950年代に「毎度ありがとうございます」とお辞儀をする広告に登場したアイコンは、現在も引き継がれています。

飲んだときにほのかに甘味を感じる、スムースな味わいが特徴です。さらに、40%のアルコール度数でも、刺激を感じにくいのが魅力のひとつ。ソーダ割りやカクテルなど楽しみ方の幅が広いバーボンです。

ブラウン=フォーマン ウッドフォードリザーブ

アメリカ、ケンタッキー州で最も古い蒸溜所で造られる、「ウッドフォードリザーブ」。伝統の製法でじっくり、均一に熟成を重ねて少量限定で生産される「スモールバッチ」のバーボンです。

ウッドフォードリザーブの製法は、とうもろこし・大麦麦芽・ライ麦を原料として発酵。ヒノキ科のイトスギでできた、木桶の発酵槽を使用して独特の風味を生み出しているのが特徴です。

均一の熟成を重ねたことにより生まれるなめらかさがポイント。世界中のバーでカクテルベースとしても人気があり、さまざまな素材とマッチする汎用性の高さも魅力のひとつです。

ブラントン シングルバレルバーボン

八面体のボトルが特徴的なバーボン。貯蔵庫で熟成している原酒から厳選されており、とろみが感じられるオイリーな口当たりを楽しめます。芳醇さも備えているので、味だけでなく香りも堪能できるバーボンを探している方におすすめです。

酒類の世界的なコンペション「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション(SWSC)」の金賞を獲得しているのもポイント。ぜひ、ロックやハイボールなどの定番の飲み方で味わってみてください。

エヴァン・ウィリアムス 12年

アルコール度数が50.5%と高く、ガツンとした味わいが楽しめるバーボン。それでいて甘さも感じられるのが特徴で、バーボンを飲み慣れていない方でもスムースに飲めます。また、上品な香りを兼ね備えているのもポイントです。

味や香りを存分に堪能したい方はストレートで飲むのがおすすめですが、ロックでも「エヴァン・ウィリアムス 12年」らしい甘さが味わえます。

バッファロートレース蒸留所(Buffalo Trace) バッファロートレース

1773年に米国で初めて蒸気熱による蒸溜を採用した「バッファロー・トレース蒸溜所」。古い歴史を持ち、現在生産している「バッファロー トレース」は、深いコクとなめらかな口当たりが魅力です。

上質な大麦麦芽・ライ麦・コーンなどを使用し、新品のオーク樽で熟成させているのがポイント。樽に由来するバニラやミントのような甘くフローラルな香りと、黒糖や木苺のようなフルーティーな甘味を感じられます。

また、樽に使用されるオークの風味も口に広がり、なめらかな余韻に繋がっているのが魅力。ロックで味や風味の変化を味わったり、トワイスアップで深く香りを楽しんだりするのがおすすめです。

バッファロートレース蒸留所(Buffalo Trace) イーグルレア シングルバレル

バッファロートレース蒸溜所が造っているバーボンの最上級モデル。少量生産なうえ、ほとんどがアメリカ国内で消費されているため、日本ではなかなか入手できない希少な1本です。

また、複数の樽をブレンドせずに、1つの樽だけからボトル詰めしているのも特徴。バーボン特有のバニラ香や、熟成によるなめらかな口当たりを有しながら、複雑で奥深い味わいを楽しみやすいのが魅力のバーボンです。

ボトルごとに微妙に異なる個性を持っているので、贈り物としてもおすすめ。個性豊かなバーボンを求める方に向いています。

ヘヴン・ヒル蒸留所(Heaven Hill) エライジャ クレイグ スモールバッチ

ケンタッキー開拓時代に存在した牧師にちなんで名付けられたバーボン「エライジャ クレイグ」。熟成期間8〜12年の原酒をヴァッティングして少量生産される「スモールバッチ」ボトルです。風味は若干の接着剤・カラメル・バタークッキーのような複雑で芳醇な香りを感じられます。

さらに、焼きリンゴやカラメル・カスタードのような重厚な甘味となめらかな口当たりも魅力のひとつ。フルーティーさと穀物感が絶妙に共存する、本格派バーボンです。

ヘヴン・ヒル蒸留所(Heaven Hill) オールドスタイル

1934年に禁酒法が解禁されると共に設立されたヘヴン・ヒル蒸留所のスタンダードタイプのバーボン。オールドスタイルはモルトの香味が強いのが特徴。バーボンらしい味わいとさっぱりした口あたりで飲みやすく、飽きがこないのが魅力です。

飲んだ後は口の中に甘いバニラの余韻が感じられ、まったりした時間を楽しめます。香りと味を楽しみたい方はストレートかロック、すっきり飲みたい方はハイボールかカクテルで飲むのがおすすめです。

モエヘネシー・ディアジオ ブレット バーボン

創業者のオーガスタ・ブレット氏が1860年に死去してから製造中止とされていたものの、およそ130年の時を経て1987年に復活したブランド。1860〜1890年代のアメリカ西武開拓時代に開拓者から好んで飲まれていた、歴史を感じられるバーボンです。

ブレット・バーボンは、高品質のライ麦を使用した独自のレシピを採用しているのが特徴。ケンタッキー川の支流から採取され、石灰岩でろ過された天然水を使用して原酒を造っています。

そして、ボディにスモーキーさが染み渡るまで焦がしたアメリカンオーク樽で熟成。スパイシーさとなめらかさが調和する絶妙な味わいに仕上がっています。バーボンを語るうえで外せない、本格派志向の方におすすめの1本です。

ベレンツェン(Berentzen) アップルバーボン

ドイツ産アップルリキュールとストレートバーボンをブレンドした、フレーバードウイスキーです。バーボンのほのかな甘味とバニラ香と、アップルリキュールのフルーティーでクリアな風味が絶妙な飲み心地を実現しています。

また、バーボン特有のスパイシーさが程よいアクセントになっているのもポイントです。冷やしてそのままショットやロックで飲むがおすすめ。甘すぎず飲みやすい、飽きのこない味わいが魅力です。

アーリータイムズ(ARLY TIMES) イエローラベル

バーボン発祥の地、ケンタッキー州で生まれたアーリータイムズ。世界中のバーボンファンから長く愛され続けてきた銘柄です。

ライトな口当たりと甘い香りが特徴のイエローラベルは、バーボン初心者にぴったり。活性炭でろ過して不純物を取り除いているため、洗練された味わいが楽しめます。

リーズナブルな価格も嬉しいポイント。毎晩、家飲みを楽しみたい方にもおすすめです。

ミクターズ(Michter’s) US1 バーボンウイスキー

ミクターズはアメリカ最古のウイスキー蒸溜所をルーツに持つプレミアムウイスキーブランド。厳選された原材料をアメリカンホワイトオーク樽で5年以上じっくり熟成させて、高級なバーボンを製造しています。濃厚なバーボンを造るためにボトリングの際の加水割合を減らし、やや低温の51.5℃で樽貯蔵しているのがポイントです。

グラスに注ぐと樽由来の芳醇なバニラのアロマが贅沢に漂います。口にするとほんのりした甘さとコクを感じ、飲んだ後は深い余韻を楽しめるのが魅力です。箱のデザインもおしゃれなので、プレゼントにもぴったり。こだわり抜いて造られた高品質なバーボンです。

番外編:バーボンのおすすめの飲み方

ストレート

By: amazon.co.jp

ストレートはバーボン本来の味と風味をしっかり堪能できる飲み方です。バーボンはアルコール度数が40〜50%と非常に高いので、ショットグラスと呼ばれる小さなグラスに注いで味わうのがおすすめ。バーボンをストレートで飲むときはチェイサーも用意して、交互に飲むのがベストです。

ハイボール

By: amazon.co.jp

炭酸水で割って作るハイボールは人気の飲み方のひとつ。爽やかな口当たりになるので、バーボンが持つ独特の味やアルコール度数の高さが気になる方にもおすすめです。

キンキンに冷やしたグラスを用意すればより美味しく飲めます。割り材として使う炭酸水は炭酸が強いモノを選ぶのがベスト。カットレモンやカットライムを添えるのもおすすめです。

水割り

By: amazon.co.jp

水割りはバーボンを好みの分量の水と氷で割ったシンプルな飲み方。ハイボールと異なり炭酸が含まれていないので、まろやかな口当たりになるのが特徴です。

オン・ザ・ロック

By: amazon.co.jp

氷が入っているグラスにバーボンを注ぐ飲み方がオン・ザ・ロック。略して“ロック”と呼ばれる飲み方です。初めのうちはストレートと同じようにバーボン本来の味わいを楽しめますが、氷が溶けることで飲みやすくなります。

なお、小さな氷を使うとすぐに溶けてしまうので、ゆっくり味わいたい方は大きな氷、さらに不純物が少なく透明で溶けにくい丸氷で飲むのがおすすめです。

トワイスアップ

By: suntory.co.jp

バーボンと常温の水を1:1で割った飲み方がトワイスアップ。バーボンを冷やしすぎないため、そのままの味と香りが堪能できます。バーボン本来の風味を楽しみたいけれど、ストレートは強すぎる方におすすめの飲み方です。

ミスト

By: amazon.co.jp

細かく砕いた氷を敷き詰めてバーボンを注ぐ飲み方がミスト。注いだバーボンが一気に冷えるため、爽快な味わいになります。氷がすぐに溶けてバーボンが薄まるので、アルコール度数が気になる方にもおすすめです。