お酒に飲み慣れている方だけでなく、ウイスキー初心者の方にもぜひ飲んで欲しい「バーボン」。芳醇な香りを楽しめる銘柄が揃っているのはもちろん、コンビニで気軽に手に入るモノから知る人ぞ知る高級品までバリエーションが豊富なのもポイントです。

そこで今回はバーボンのおすすめ銘柄をご紹介。最近では、居酒屋のハイボールに使われることも多くなった身近なアルコールジャンルなので、この機会にぜひトライしてみてください。

バーボンとは?

By: amazon.co.jp

バーボンは世界5大ウイスキーのひとつとされる「アメリカン・ウイスキー」の1種。さまざまな条件がありますが、アメリカン・ウイスキーの中でも原材料にトウモロコシを51%以上含んだモノがバーボンと呼ばれます。

バーボンはバニラやカラメルを思わせる独特な香りが特徴なので、香ばしいウイスキーを楽しみたい方におすすめ。まろやかでコクのある味わいが魅力です。

ウイスキーやスコッチとの違いは?

By: amazon.co.jp

スコッチは「スコッチ・ウイスキー」の略で、スコットランドで製造されるウイスキーのことを指します。アメリカン・ウイスキーと同じくこちらも世界5大ウイスキーのひとつとなっており、スモーキーな香りを楽しめるのが特徴です。つまり、バーボンはスコッチなどと同じようにウイスキーの種類のひとつに区分されます。

バーボンの選び方

熟成年数で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンは他のお酒と比べて熟成が早いため、そもそも熟成年数を記していないモノが多くありますが、バーボンをより楽しみたいのであれば熟成年数が記されている銘柄を選ぶのがポイント。たとえ同じ銘柄でも熟成されている年数が長いと味や風味が異なるので、飲み比べてみるのもおすすめです。

香りで選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンは、内側をバーナーで焦がしたアメリカンホワイトオークの新樽で熟成させるため、甘く芳醇な香りが魅力です。熟成期間が長いほど香りが豊かに、味わいが穏やかになる傾向があるので、リッチな香りのバーボンをお探しの方は、熟成年数をチェックしてみてください。

また、最近ではバーボンの原酒にミントやはちみつ、ブラックチェリーなどのフレーバーを加えた「フレーバードウイスキー」も人気です。蒸留酒に香味を加えていることから「リキュール」に分類されますが、バーボンの味もしっかりと楽しめるため女性やビギナーにおすすめ。

甘くフルーティーな香りを放つフレーバードウイスキーは、強いアルコール特有のツンとしたにおいを和らげ、飲みやすいのが大きな特徴です。

アルコール度数で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンはアルコール度数の高いお酒ですが銘柄によってある程度左右されます。アルコール度数40%のモノが比較的多いですが、中には50%前後の銘柄も存在。バーボンを飲み慣れていない方は、まずアルコール度数が40%前後の銘柄から試してみるのがおすすめです。

炭酸水と割ってハイボールにする場合や水割りにする場合は量によってアルコール度数の調節ができますが、ストレートやロックでバーボンを楽しむ場合はアルコール度数に気をつけましょう。

飲み方で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンはさまざまな飲み方が楽しめるお酒です。例えばハイボールで飲む場合には、軽やかな味わいの銘柄を選ぶのがおすすめ。また、ストレートやオン・ザ・ロックでバーボンの風味を堪能したい場合は、熟成年数が長くて深い香り・味わいのモノを選ぶなど飲み方に合わせて銘柄をチョイスすることで、よりバーボンを楽しむことができます。

バーボンのおすすめ銘柄|初心者向け

ジムビーム(JIM BEAM) デビルズカット

創業200年以上の歴史を持つバーボンウィスキーの名門、ジムビーム。バーボンでは世界トップクラスのシェアを誇り、日本でも人気が高いことから、コンビニでも手軽に入手できる銘柄です。

「ジムビーム デビルズカット」は、ボトリングした後に樽材にしみこんだ原酒を独自の製法で抽出し、長期熟成したバーボンとブレンドしたタイプ。樽内から抽出することによって、ひときわ深みのあるリッチな味わいに仕上がっています。

力強い味のデビルズカットは、炭酸やジンジャーエールと割ってハイボールで飲むのがおすすめです。

メーカーズマーク(Maker’s Mark) 46

赤い蝋でコーディングされたキャップが印象的なメーカーズマークのスペシャルボトル。熟成した原酒樽の中に、焦がしたフレンチオークの板を10枚沈める「インナースティーブ製法」により、さらに熟成感を強めた1本に仕上がっています。

なめらかな口当たりと、キャラメルやバニラを感じさせる甘い香りが特徴。ストレートやロックでじっくりと味わいながら飲むのがおすすめです。

I.W.ハーパー(I.W.HARPER) 12年

美しいデザインのボトルで女性にも人気の高い「I.W.ハーパー 12年」。10年以下の熟成期間が一般的なバーボンの中で、12年の長期熟成により、奥深い味わいを生み出しています。

トウモロコシ比率が高く、甘くて飲みやすいのが特徴。熟成期間が長いにも関わらず、比較的安い値段で購入できるので、ワンランク上のバーボンを気軽に楽しめます。

フォアローゼズ(Four Roses)

赤いバラのデザインが目をひくフォアローゼスは、原料と酵母にこだわり、伝統的な製法で作られています。10種類の原酒がバランスよくブレンドされており、複雑かつ繊細な味わいの1本。その名の通り、花や果実を思わせる甘い香りと、飲みやすくなめらかな口当たりが特徴です。

ストレートやロック、ハイボールでも楽しめる汎用性の高い銘柄。安い価格で気軽に入手できるので、バーボンを家飲みしたい方におすすめです。

アーリータイムズ(EARLY TIMES) ブラウンラベル

1860年の創業以来、バーボンの代名詞として世界中に愛されているアーリータイムズ。マスターブレンダーが厳選した原酒をブレンドし、優しい飲み口が特徴です。ろ過を2回行うことでオークの香りが引き立ち、よりまろやかな味わいになっています。

クセも少なく、安い値段で気軽に購入できるので、はじめてのバーボンにおすすめの銘柄です。

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) ブラックラベル

1783年、ケンタッキー州で石灰岩から湧き出る水を発見し、ウイスキーを初めてつくったエヴァン・ウィリアムス氏にちなんで名前がつけられたブランド。世界第2位のシェアを持つケンタッキー・ストレート・バーボンです。

エヴァン・ウィリアムスのスタンダードクラスである「ブラックラベル」は熟成期間が5~8年で、他銘柄のスタンダードクラスよりも2~4年長く熟成させています。熟成期間が長いためにコクのある仕上がりで、芳ばしい香りとすっきりした後味が特徴です。

ヘヴン・ヒル(HEAVEN HILL) オールドスタイル

ケンタッキー州ネルソン郡に本拠地を置くヘヴン・ヒル社は、アメリカ最大手のスピリッツ製造会社。ヘヴン・ヒル蒸留所は、200以上もの銘柄を製造しており、アメリカでは1、2位を争う生産量の蒸留所です。

同蒸留所で作られている「オールドスタイル」は、さっぱりとした口当たりで飲みやすいのが特徴。値段も安いので、ビギナーにおすすめの銘柄です。

ワイルドターキー(WILD TURKEY) スタンダード

厳選された素材と独自の製造方法により、妥協しないバーボンを作り続けているワイルドターキー。バーボン法で定められている度数の中でも、低いアルコール度数で樽詰めしているため、ボトリングする時に水加減を最小限に抑えているのが特徴です。このため、贅沢で豊かな風味の味わいに仕上がっています。

やわらかい口当たりで、ベーシックな味わいの「スタンダード」は甘いバニラや洋ナシの香りに加え、スパイシーさが特徴。さまざまな製品がラインナップされていますが、はじめてのワイルドターキーにおすすめの1本です。

ケンタッキー タバーン(Kentucky Tavern)

ケンタッキータバーンは、創業100年以上の古い歴史を持つバーボン・ウイスキーの老舗。内側が焦がされたオークの樽で、4年以上成熟されています。

まろやかで甘みがあり、ライトな口当たりのバーボン。世界中で高い人気があり、さまざまなコンクールで数多くの賞を獲得しています。飲みやすく値段も安いので、ビギナーにおすすめの銘柄です。

ジャックダニエル(JACK DANIEL) ブラック

ジャックダニエルは、厳密には「テネシーウイスキー」と呼ばれていますが、テネシーウイスキーの製造過程はバーボンとしての要件も満たしているので、バーボンにも分類されています。

テネシーウイスキーとはテネシー州で作られており、「チャコール・メローイング製法」という工程で作られていることが特徴です。

チャコール・メローイング製法とは、ろ過槽で蒸留されたウイスキーを、一滴一滴ゆっくりとろ過する製法。この製法によって、雑味がとれまろやかな口当たりに仕上がっています。バニラとはちみつのような甘みを感じられ、アメリカを代表するプレミアムウイスキーです。

ジムビーム(JIM BEAM) レッドスタッグ ブラックチェリー

今、ブームを呼んでいるフレーバードウイスキー。「レッドスタッグ ブラックチェリー」はフレーバードウイスキーの火付け役として、世界中で人気があります。ジムビームのホワイトラベルの原酒にブラックチェリーを漬け込み、自然の甘みとブラックチェリーのフルーティーな香りが特徴です。

炭酸水やジュースと割ってカクテルで飲むと、バーボンが苦手な方でもすんなりと飲めます。また、普段とはすこし違ったバーボンを試してみたい方にもおすすめです。

バーボンのおすすめ銘柄|中・上級者向け

ブッカーズ(BOOKER’S)

大量生産されるバーボンとは一線を画し、材料や製造工程にこだわり、作り手の情熱や信念が詰まった限定生産のバーボンを「クラフトバーボン」と呼びますが、ブッカーズもこの一種です。

製造工程でろ過や加水を一切せず、そのままボトリングしているのが特徴。オーク樽とバニラの香りを豊かに感じられ、力強い味わいに仕上がっています。特別な日に、高級なバーボンを飲みたい方におすすめの銘柄です。

ワイルドターキー(WILD TURKEY) レアブリード

6年、8年、12年熟成させた原酒をブレンドさせ、加水を一切せずにボトリングされたワイルドターキーのプレミアムバーボン。アルコール度数は58.4%で、バーボン上級者向きの1本です。

アルコール度数の高さからくる強烈な飲み口のあとに、メープルシロップのような甘みとミントやジンジャーのようなフレッシュな味わいが口の中に広がります。まずはロックやストレートでゆっくり楽しんでください。

ノアーズミル

ケンタッキー州にある、いちばん小さな蒸留所「ウィレット蒸留所」で作られているバーボン。家族経営のため生産できる量も限られており、プレミアム感の高い銘柄です。

57.15%という高いアルコール度数のため、しっかりとした飲みごたえのある風味が特徴の1本。ラベルデザインもかわいいので、プレゼントにもおすすめです。

ブラントン(Blanton’s) ゴールド

ボトルトップにダービーのフィギュアをあしらえているのが目をひくブラントン。キャップは8種類あり、順番に並べていくと馬が走っているように見え、最後には騎手がガッツポーズしているというユニークな展開になっています。また、ラベルもひとつひとつ手描きというこだわりで、同じものがふたつとないデザインです。

深い味わいと、豊かなコクが特徴で、高級感があふれる1本。8種類のボトルを揃えようとコレクターにも人気なので、バーボンを愛してやまない方へのプレゼントにもおすすめです。

ウッドフォードリザーブ(WOODFORD RESERVE) ダルブオークド

ケンタッキー州で最も古い「ウッドフォードリザーブ蒸溜所」で作られているクラフトバーボン。通常、バーボンの蒸留は2回ですが、ウッドフォードリザーブは3回行われているのが大きな特徴です。このため雑味が取り払われ、クリアでまろやかな風味に仕上がっています。

ストレートやロックでも楽しめますが、クセがないためカクテルベースとして人気の高いバーボンです。

ベイゼルヘイデン(BASIL HAYDEN)

1796年にケンタッキー州に入植し、バーボンの蒸留を始めたベイゼル ヘイデン氏。その功績が讃えらえて、同氏の名がつけられた銘柄です。ライ麦の比率が多いため、独特のスパイシーさがあり、スムーズな飲み口に仕上がっています。

熟成期間も8年と長く、旨みのピークを迎えるまでじっくりと熟成。奥深い味わいは、バーボン上級者からも人気があります。また、高級感のあるボトルデザインは、パーティーの手土産としてもおすすめです。

メーカーズマーク(Maker’s Mark) カスクストレングス

メーカーズマークの限定品である「カスクストレングス」。人の手で1本1本、丁寧に作られており、希少価値の高い銘柄です。原材料にライ麦の代わりに小麦を使用することによって、フルーティーで柔らかい味わいが特徴。

加水を一切せずに樽詰めされているので、バーボンが持つシンプルな旨みを堪能できます。また、キャップの赤い封蝋は、手作業でひとつずつ封をしているため、世界でオンリーワンのボトル。クラフト感の高さから、バーボン上級者にはたまらない1本です。

ピュアケンタッキー XO

ノアーズミルなど、数々の人気の高いバーボンを生み出しているウィレット蒸留所で作られています。最低12年以上熟成させた少量生産のバーボンで、高級感あふれる1本。長期熟成の証である濃い琥珀色をしており、バタースコッチのような甘い香りとスパイシーな味わいが特徴です。

ロックやストレートでゆっくり味わいながら飲むのがおすすめ。バーボン上級者にプレゼントしたい銘柄です。

番外編:バーボンのおすすめの飲み方

ストレート

By: amazon.co.jp

ストレートはバーボン本来の味と風味をしっかり堪能できる飲み方です。バーボンはアルコール度数が40〜50%と非常に高いので、ショットグラスと呼ばれる小さなグラスに注いで味わうのがおすすめ。バーボンをストレートで飲むときは水(チェイサー)も用意して、交互に飲むのがベストです。

ハイボール

By: amazon.co.jp

炭酸水を割って作るハイボールは人気の飲み方のひとつ。爽やかな口当たりになるので、バーボンが持つ独特の味やアルコール度数の高さが気になる方にもおすすめです。

キンキンに冷やしたグラスを用意すればより美味しく飲めます。割り材として使う炭酸水は炭酸が強いモノを選ぶのがベストです。カットレモンやカットライムを添えるのもよいでしょう。

水割り

水割りはバーボンを好みの分量の水と氷で割ったシンプルな飲み方。ハイボールと異なり炭酸が含まれていないので、まろやかな口当たりになるのが特徴です。

オン・ザ・ロック

By: amazon.co.jp

氷が入っているグラスにバーボンを注ぐ飲み方がオン・ザ・ロック。略して“ロック”と呼ばれることが多いです。はじめのうちはストレートと同じようにバーボン本来の味わいを楽しめますが、氷が溶けることで飲みやすくなります。

なお、小さな氷を使うとすぐに溶けてしまうので、ゆっくり味わいたい方は大きな氷、さらに不純物の少なく透明で溶けにく丸氷で飲むと、より楽しめます。

トワイスアップ

バーボンと常温の水を1:1で割った飲み方がトワイスアップ。バーボンを冷やしすぎないためそのままの味と香りが堪能できます。バーボン本来の風味を楽しみたいけれどストレートは強すぎるという方におすすめの飲み方です。

ミスト

細かく砕いた氷を敷き詰めてバーボンを注ぐ飲み方がミスト。注いだバーボンが一気に冷えるため、爽快な味わいになります。氷がすぐに溶けてバーボンが薄まるのでアルコール度数が気になる方にもおすすめです。