お酒に飲み慣れている方だけでなく、ウイスキー初心者の方にもぜひ飲んでほしい「バーボン」。芳醇な香りを楽しめる銘柄が揃っているのはもちろん、コンビニで気軽に手に入るモノから知る人ぞ知る高級品までバリエーションが豊富なのもポイントです。

そこで今回は、バーボンのおすすめ銘柄をご紹介。最近では、居酒屋のハイボールに使われることも多くなった身近なアルコールジャンルなので、この機会にぜひトライしてみてください。

バーボンとは?

By: amazon.co.jp

バーボンは世界5大ウイスキーの1つとされる「アメリカン・ウイスキー」の1種。さまざまな条件がありますが、アメリカン・ウイスキーのなかでも原材料にトウモロコシを51%以上含んだモノがバーボンと呼ばれます。

バーボンはバニラやカラメルを思わせる独特な香りが特徴なので、香ばしいウイスキーを楽しみたい方におすすめ。まろやかでコクのある味わいが魅力です。

ウイスキーやスコッチとの違いは?

By: amazon.co.jp

スコッチは「スコッチ・ウイスキー」の略で、スコットランドで製造されるウイスキーのことを指します。アメリカン・ウイスキーと同じく世界5大ウイスキーの1つで、スモーキーな香りを楽しめるのが特徴です。

バーボンの選び方

アルコール度数で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンはアルコール度数の高いお酒ですが、度数は銘柄によって前後します。アルコール度数40%のモノが比較的多く、なかには50%前後の銘柄も存在。バーボンを飲み慣れていない方は、まずアルコール度数が40%前後の銘柄から試してみましょう。

なお、炭酸水と割ってハイボールにする場合や水割りにする場合は、量によってアルコール度数の調節ができますが、ストレートやロックでバーボンを楽しむ場合はアルコール度数に気をつける必要があります。

熟成年数で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンは、ほかのお酒と比べて熟成が早いため、熟成年数を記していないモノも多くあります。バーボンをより楽しみたいのであれば、熟成年数が記されている銘柄を選ぶのがポイント。たとえ同じ銘柄でも、熟成されている年数によって味や風味が異なるので、飲み比べてみるのもおすすめです。

香りで選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンは、内側をバーナーで焦がしたアメリカンホワイトオークの新樽で熟成させるため、甘く芳醇な香りが魅力です。熟成期間が長いほど香りが豊かに、味わいが穏やかになる傾向があります。リッチな香りのバーボンを探している方は、熟成年数の長いモノを選ぶのがおすすめ。

また、最近ではバーボンの原酒にミントやはちみつ、ブラックチェリーなどのフレーバーを加えた「フレーバードウイスキー」も人気です。蒸留酒に香味を加えていることから「リキュール」に分類されますが、バーボンの味もしっかりと楽しめるため女性やビギナーにおすすめ。

甘くフルーティーな香りを放つフレーバードウイスキーは、強いアルコール特有のツンとしたにおいが少なく、飲みやすいのが大きな特徴です。

飲み方で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーボンはさまざまな飲み方を楽しめるお酒です。例えばハイボールで飲む場合には、軽やかな味わいの銘柄を選ぶのがおすすめ。また、ストレートやロックでバーボンの風味を堪能したい場合は、熟成年数が長くて深い香り・味わいのモノを選びましょう。飲み方に合わせて銘柄をチョイスすることで、よりバーボンを楽しむことができます。

バーボンのおすすめ銘柄

ジャックダニエル(JACK DANIELS) ブラック

ジャックダニエル(JACK DANIELS) ブラック

テネシーウイスキーを代表する酒造メーカー、ジャックダニエル。テネシーウイスキーとは、テネシー州で製造されているウイスキーの名称で、「チャコール・メローイング製法」という製法で造られているお酒です。製造過程がバーボンとしての要件も満たしているので、バーボンの一種として扱われています。

チャコール・メローリング製法は、ろ過樽で蒸留されたウイスキーを、12日間かけて1滴1滴ゆっくりとろ過する製法。雑味がとれて、まろやかな口当たりに仕上がるのが特徴です。本銘柄は、ジャックダニエルを代表するロングセラー商品で、世界中のファンに愛され続けています。

ジムビーム(JIM BEAM)

ジムビーム(JIM BEAM)

バーボンの代名詞とも言えるジムビームは、世界120ヶ国以上で飲まれており、圧倒的な知名度を誇る銘柄です。厳選された素材を使い、200年以上にわたり受け継がれているレシピから生まれる味わいは、世界中で高い評価を得ています。

まろやかでクセの少ない味わいで、バーボン初心者におすすめの1本。リーズナブルな価格なので、毎日の家飲みにも最適です。

フォアローゼズ(Four Roses) ブラック

フォアローゼス(Four Roses) ブラック

赤いバラのラベルが印象的なフォアローゼズ。熟成のピークを迎えた10種類の原酒をブレンドさせた、フローラルな香りとフルーティーな口当たりが特徴です。

ブラックラベルは、フォアローゼズの上位版にあたる銘柄。やや長めの熟成にこだわり、フルーティーな味わいのなかにもスパイシーさが感じられます。スタンダードなフォアローゼズと飲み比べてみるのもおすすめです。

I.W.ハーパー(I.W.HARPER) ゴールドメダル

I.W.ハーパー(I.W.HARPER) ゴールドメダル

1977年、ドイツからアメリカに移住したアイザック・ウォルフ・バーンハイム氏によって立ち上げられたブランドです。品質と味わいが認められ、さまざまな博覧会で金賞を受賞したことから「ゴールドメダル」と名付けられました。

ほのかに甘みを感じられるすっきりとした味わいが特徴です。クセが少ないので、初心者にもおすすめの1本。リーズナブルな価格も大きな魅力で、コストパフォーマンスに優れた銘柄です。

I.W.ハーパー(I.W.HARPER) 12年

I.W.ハーパー(I.W.HARPER) 12年

I.W.ハーパーのなかで最高クラスの1本です。バーボンの熟成期間は10年以内が一般的ですが、本銘柄は12年熟成のプレミアムバーボンとしてその名を世界に知らしめています。宝石のようにカットされた美しいボトルデザインで、女性からの人気も高いウイスキーです。

熟成感がより強く、深みのある味わいが特徴。長期熟成にも関わらず入手しやすい価格なので、ゴールドメダルの味わいが好みの方におすすめです。

オールド クロウ(OLD CROW)

オールド クロウ(OLD CROW)

1835年、スコットランドから移住したジェイムズ・クロウ博士によって創業されたオールドクロウ。ケンタッキー州最古のバーボンのひとつですが、彼の死後はジムビーム社の傘下に入り、伝統の製法を守りながら製造を続けています。

本銘柄はトウモロコシ比率が75~80%と高く、ほのかな甘みと爽やかな香りのなかに、スパイシーさも感じられる味わいが特徴。爽やかさを活かしてハイボールにするのもおすすめですが、スパイシーさを感じたい方はロックで味わうのもおすすめです。

ワイルドターキー(WILD TURKEY) 8年

ワイルドターキー(WILD TURKEY) 8年

歴代のアメリカ大統領にも愛されている実力派の1本です。原料である穀物や水を厳選し、特にライ麦は遺伝子組み換えを行っていないものだけを使用しています。8年以上の熟成期間をおいて生まれた本銘柄は、色濃いアンバーカラーで、フルーティーで香ばしいオークの香りを楽しめます。

アルコール度数は50%と、ほかのバーボンに比べて強めなので、お酒に強い方やバーボンに飲み慣れている方におすすめ。ストレートやロックでも楽しめますが、炭酸で割ったハイボールも美味しい飲み方です。

ベイカーズ(BAKER’S)

ベイカーズ(BAKER'S)

造り手の情熱や信念がつまったクラフトバーボンです。ビーム家に代々受け継がれる酵母を使用し、7年熟成させて生まれた本銘柄は、バニラやキャラメルなどの甘い香りが特徴。バーボン本来の新樽の旨味が口いっぱいに広がり、バーボン好きには堪らない味です。

アルコール度数が53.5%と高めなので、バーボン上級者におすすめ。クラフトバーボンのなかでは価格も安く、気軽にワンランク上の気分を味わえます。

アーリータイムズ(EARLY TIMES) イエローラベル

アーリータイムズ(EARLY TIMES) イエローラベル

やわらかな口当たりとクセのない飲み口で、バーボン初心者におすすめの1本。100年以上の歴史を誇り、世界中に根強いファンがいる銘柄です。

本銘柄の特徴は、仕上げにもう一度ろ過を行っているところ。不純物を除去し、にごりのないすっきりとした味わいに仕上がっています。飲みやすいうえにリーズナブルな価格のため、初めてバーボンにチャレンジしたい方におすすめ。ほんのりと甘みもあるので、女性にも人気です。

バッファロー トレース(BAFFALO TRACE)

バッファロー トレース(BAFFALO TRACE)

バッファロートレース蒸留所は、ケンタッキー州に拠点を置くアメリカ最古のウイスキー蒸留所で、少量生産の希少なバーボンを生産することで有名です。創業以来、優れた蒸留所として数々の賞を受賞しています。

本銘柄は、バッファロートレース蒸留所のフラッグシップ・バーボンウイスキーです。コーン80%、ライ麦10%、大麦麦芽10%で造られており、ほのかな甘みがありつつも、深く力強い味わい。8年以上熟成した原酒から丁寧にテイスティングを重ね、絶妙なバランスでブレンドされています。特別な日の自分へのご褒美や、バーボン好きな友人へのプレゼントにおすすめです。

ブラントン(Blanton’s) シングルバレル

ブラントン(Blanton's) シングルバレル

ダービーのフィギュアが目を引くブラントン。キャップは全部で8種類あり、キャップを順番に並べると最後は騎手がガッツポーズをしてゴールするというユニークなデザインです。

銘柄名のシングルバレルとは「1つの樽」という意味で、厳選された1つの樽から生み出されるウイスキーのこと。1樽なので必然的に少量しか生産できず、ひとつひとつの味わいもわずかに異なる銘柄です。

ラムレーズンとフルーティーな香りが楽しめ、奥行きのある味わいでスパイシーさが最後に残ります。アルコール度数は46.5%ですが、バーボン上級者でも満足する上品な味です。

ブッカーズ(BOOKER’S)

ブッカーズ(BOOKER'S)

6~8年熟成させたバーボン樽のなかから、ブレンダーがテイスティングし納得のいくものだけを瓶詰めしています。ろ過や加水を一切せず、そのままボトリングしているのが最大の特徴です。

アルコール度数は63%と高めですが、アルコール特有のツンとしたにおいをあまり感じさせないまろやかさ。フルーティーさのなかにも独特のほろ苦さがある味わいで、リッチな余韻が長く続きます。

こだわりの製法で造られたクラフトバーボンなので高価ですが、熱狂的なファンも多い銘柄です。

ノブクリーク(KNOB CREEK) シングルバレル

ノブクリーク(KNOB CREEK) シングルバレル

選び抜かれた1つの樽から造られた、シングルバレルのクラフトバーボン。イギリスで開催されるISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)で、2014年に最高賞を受賞するほどの実力を持ちます。

濃厚な味わいで、バニラやキャラメルのような香ばしさとスモーキーの香りが心地よい余韻を残します。力強く甘美な1本に仕上がっており、プレミアムな味わいを楽しみたい方におすすめです。

ブレット(BULLEIT)

ブレット(BULLEIT)

ケンタッキー州の居酒屋の店主であったオーガスタス・ブレット氏が造り始めた伝説のバーボンウイスキー。1860年以降レシピが消失してしまいましたが、1987年に曾々孫にあたるトム・ブレット氏が試行錯誤を重ね、その味を蘇らせました。実に130年ぶりの復活を遂げた銘柄です。

6年以上の長期熟成と、ライ麦をふんだんに使用するという独自のレシピによって生まれる味は、スパイシーかつなめらか。サンフランシスコ国際スピリッツ・コンペティションで、金賞を獲得しています。

メーカーズマーク(Maker’s Mark)

メーカーズマーク(Maker's Mark)

赤い蝋でコーティングされたキャップがおしゃれなメーカーズマーク。シンボルでもある封蝋は、すべて1本1本職人による手作りで、世界で同じものは1つとしてないボトルに仕上げられています。

バーボンの原料はライ麦が一般的ですが、本銘柄は冬小麦を使用していることが最大の特徴。ライ麦で造られたバーボンとは違った、やわらかな味わいを堪能できます。手造りにこだわったクラフトバーボンですが、リーズナブルな価格も人気の理由。コストパフォーマンスに優れた銘柄です。

エライジャ・クレイグ(ELIJAH CRAIG)

エライジャ・クレイグ(ELIJAH CRAIG)

最初のバーボン製造者と伝えられ、「バーボンの父」として称えられているエライジャ・クレイグ牧師にちなんで名付けられた銘柄です。世界2位の販売量を誇るヘブン・ヒル社で少量生産されたバーボン。

濃厚で力強い味わいに仕上がっており、普段より少し高級なバーボンを探している方におすすめです。

ベイゼルヘイデン(BASIL HAYDEN)

ベイゼルヘイデン(BASIL HAYDEN)

1796年ケンタッキー州に入植し、バーボンの蒸留を始めたベイゼル・ヘイデン氏。同氏の業績を讃えて、ビーム一族が情熱を込めて開発したクラフトバーボンです。

ライ麦をふんだんに使用することにより、スムーズでクセのない口当たりに仕上がっています。8年の長期熟成によって生まれる奥深い味わいは、バーボン上級者でも満足させる1本。ラベルデザインもおしゃれなので、ホームパーティの手土産におすすめです。

ヘンリー マッケンナ

ヘンリー マッケンナ

1839年、アイルランドからケンタッキー州に移民した青年ヘンリー・マッケンナ。彼のバーボン造りへの並々ならぬ情熱を込めた味が評判となり、「幻のバーボン」と呼ばれるようになりました。現在は、ヘブン・ヒル社で生産されていますが、伝統のレシピは忠実に守られています。

上品な香りとスムーズな口当たりが特徴。クセはないのに、しっかりとしたコクを感じる1本です。ストレートで飲んでもカクテルにしても、まろやかな風味を堪能できます。

ジムビーム(JIM BEAM) ハニー

ジムビーム(JIM BEAM) ハニー

ジムビームにはちみつをプラスしたバーボンベースのリキュール。ほんのりとした甘さとなめらかな味わいは、バーボンが苦手な方でも飲みやすい口当たりです。バーボンの味もしっかりと楽しみたい方はロックで、初心者はソーダ割やカクテルベースとして飲むのがおすすめです。

ハニーのほかメイプル・アップル・バニラ・ブラックチェリーを漬け込んだタイプもあります。女性や甘いお酒が好きな方はもちろん、いつもと違った味を探している方におすすめのフレーバードウイスキーです。

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) ブラックラベル

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) ブラックラベル

バーボンのなかでも世界で2番目の販売実績がある本銘柄。1783年に初めてトウモロコシを原料としたウイスキーを造ったとされている人物、エヴァン・ウィリアムスにちなんで名付けられています。

本銘柄は、内側を焦がしたホワイトオーク樽で熟成しているのが特徴。オレンジなどの柑橘系のほか、バニラやミントの香りが感じられるのがポイントです。黒砂糖やキャラメルのような味わいを堪能できるのもポイント。後味がすっきりとしているのも魅力です。

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) 12年

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) 12年

アルコール度数50.5%とパンチのあるバーボン。その名の通り12年熟成を経た1本で、熟成が早く進むバーボンのなかでは長期熟成の銘柄として知られています。

テイストとしてはキャラメルのような香りが感じられ、口当たりはまろやか。スパイシーな味わいを楽しめるのも魅力です。

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) シングルバレル

エヴァン・ウィリアムス(Evan Williams) シングルバレル

バーボンでは珍しくヴィンテージ表記が施されている1本。さらに、瓶詰めされた日まで記載されており、誕生日や記念日と一致する1本を探り当てることができるのが特徴です。

ダークキャラメルのような香ばしさが感じられるほか、リンゴやオレンジのような柑橘系の味わいを堪能できるのもポイント。余韻も長く、贅沢なひと時を楽しめます。シングルバレルによる少量限定生産なので、バーボンに精通したい方はぜひおさえておきましょう。

ウッドフォードリザーブ(Woodford Reserve)

ウッドフォードリザーブ(Woodford Reserve)

アメリカ・ケンタッキー州最古の蒸溜所、ウッドフォードリザーブのバーボン。同ブランドは競馬業界で有名な「ケンタッキーダービー」のオフィシャルバーボンとしても知られており、毎年限定販売される特別デザインのダービーボトルは貴重な逸品として重宝されています。

本銘柄はバーボンとしては珍しく、ポットスチルで3回蒸溜しているのが特徴。なめらかな味わいを堪能できるおすすめの1本です。

ウッドフォードリザーブ(Woodford Reserve) ダブルオークド

ウッドフォードリザーブ(Woodford Reserve) ダブルオークド

本銘柄は、レギュラーの「ウッドフォードリザーブ」をホワイトオーク樽でもう一度熟成させているのが特徴。いわゆるフィニッシュドウイスキーと呼ばれるモノで、手間をかけることで色合いが濃い琥珀色に変化し、味わいもより深みが増しているのが魅力です。

トーストが深いウイスキー樽として知られる同蒸溜所のバレルを使用していますが、本銘柄は、さらに通常の4倍の時間をかけて熟成。燃焼しないギリギリのラインの5秒間だけ焦がしを加えているのもポイントです。

メープルシロップのような甘い香りがするほか、キャラメルやダークフルーツのような香ばしさも感じられ、口当たりはまろやか。バニラやヘーゼルナッツのようなテイストを堪能できるのも魅力です。

ウィレット(Willett) ポットスティル リザーブ

ウィレット(Willett) ポットスティル リザーブ

1980年代に一旦醸造をストップしていたものの、約30年の時を経て再稼働したウィレット蒸溜所のバーボン。同ジャンルにおいてはハイエンドブランドとして知られており、限定品が多いのも特徴です。

本銘柄はレモンやオレンジなどの柑橘系、ハチミツや黒糖を思わせる甘い香りなどが感じられるほか、濃厚な味わいを楽しめるのもポイント。余韻も長く、リッチなひと時を堪能できます。満足度の高いバーボンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

番外編:バーボンのおすすめの飲み方

ストレート

By: amazon.co.jp

ストレートはバーボン本来の味と風味をしっかり堪能できる飲み方です。バーボンはアルコール度数が40〜50%と非常に高いので、ショットグラスと呼ばれる小さなグラスに注いで味わうのがおすすめ。バーボンをストレートで飲むときは水(チェイサー)も用意して、交互に飲むのがベストです。

ハイボール

By: amazon.co.jp

炭酸水で割って作るハイボールは人気の飲み方のひとつ。爽やかな口当たりになるので、バーボンが持つ独特の味やアルコール度数の高さが気になる方にもおすすめです。

キンキンに冷やしたグラスを用意すればより美味しく飲めます。割り材として使う炭酸水は炭酸が強いモノを選ぶのがベスト。カットレモンやカットライムを添えるのもおすすめです。

水割り

By: photo-ac.com

水割りはバーボンを好みの分量の水と氷で割ったシンプルな飲み方。ハイボールと異なり炭酸が含まれていないので、まろやかな口当たりになるのが特徴です。

オン・ザ・ロック

By: amazon.co.jp

氷が入っているグラスにバーボンを注ぐ飲み方がオン・ザ・ロック。略して“ロック”と呼ばれます。初めのうちはストレートと同じようにバーボン本来の味わいを楽しめますが、氷が溶けることで飲みやすくなります。

なお、小さな氷を使うとすぐに溶けてしまうので、ゆっくり味わいたい方は大きな氷、さらに不純物が少なく透明で溶けにくい丸氷で飲むと、より楽しめます。

トワイスアップ

By: photo-ac.com

バーボンと常温の水を1:1で割った飲み方がトワイスアップ。バーボンを冷やしすぎないため、そのままの味と香りが堪能できます。バーボン本来の風味を楽しみたいけれどストレートは強すぎるという方におすすめの飲み方です。

ミスト

By: photo-ac.com

細かく砕いた氷を敷き詰めてバーボンを注ぐ飲み方がミスト。注いだバーボンが一気に冷えるため、爽快な味わいになります。氷がすぐに溶けてバーボンが薄まるのでアルコール度数が気になる方にもおすすめです。