部屋の雰囲気を変えたいと思ったら、カーテンを変えてみてはいかがでしょうか。イメージを大きく変えたいと思ったときは、ロールカーテンを検討してみましょう。カーテンをロールカーテンに変えるだけで、すっきりとしたインテリアになり、部屋の中が整って見えます。ロールアップしているときは、部屋が広く見えるという利点もあります。今回は、おすすめしたいおしゃれなロールカーテンを紹介します。

ロールスクリーン(遮熱・UVカット)

光を通さない、遮光率99.99%以上のロールカーテンは、西日などの強い光の差し込む部屋や寝室に最適です。遮熱効果もあり、冬は部屋の暖かさを外に逃がしにくくなり、光熱費の節約にもなりそうです。ベーシックな無地は、ロールカーテン初心者におすすめです。

ロマンカーテン

光を柔らかくさえぎる、デザイン性の高いカジュアルなロールカーテン。リボンでカーテンの丈を調節するタイプは小窓や出窓に使い勝手がよく、取り付けも簡単。突っ張り棒などに通して使えるお手軽タイプです。

トーソー(TOSO) 調光ロールスクリーン

まるでブラインドのように、スクリーンを下にしたままで、取り込む光の量を調節できます。2重構造になっているため、好みで光の量や外部からの視線を上手にコントロールすることが可能。もちろん完全に閉めてしまうこともできる優れものです。

見た目もおしゃれでカフェ風にのインテリアや、大人っぽいシックなインテリアにもマッチします。

ロールスクリーン

こちらは外からは見えないような構造で、プライバシーも守りつつ、ロールカーテンを下げていても、自然な光や風を部屋に取り込めるレースカーテンのようなロールスクリーン。紫外線も80%カットできるので家具やインテリアの日焼けの心配もなく安心です。

ハニカムシェード コードフリーブラインド

コード(ひも)などがついておらず、軽くてスッキリとしたデザイン。子どもや年配の方でも片手で簡単に操作が可能です。ロールカーテンの生地にハニカム構造(蜂の巣の形)を採用しているため、空気の層ができ、外からの熱や冷たい空気を遮ってくれます。夏は涼しく、冬は保温効果を発揮します。素材は柔らかで軽い不織布で、やわらかな印象です。

麻ロールスクリーン

天然麻を使用したナチュラルテイスト。日差しをやわらげ、空間を優しく演出してくれます。カーテンレールに取り付けができるので賃貸マンションなどにもおすすめ。シンプルなのに存在感があり、和室にも洋室にも合う、すだれを超えたロールカーテンです。

 竹製スクリーン

こちらは天然竹を使ったおしゃれで高級感のあるロールカーテン。アジアンリゾートを思わせるデザインが目を引きます。和室、洋室、アジアンテイストのインテリアによく合います。リーズナブルな価格なのにしっかりとした作りで、ほんのり香る竹のにおいにも癒されます。こちらは光をしっかりさえぎるタイプです

和風スクリーン

優しく光をお部屋に取り込むまるで障子のようなロールカーテン。部屋を明るくしたい場合におすすめです。紙だけに見えるものの、裏地には汚れにくい素材を使っていて安心。とても軽い作りなので、スクリーンの上げ下げが簡単に行えます。

ニチベイ ロールスクリーン

ロールカーテンは窓辺だけでなく、部屋の間仕切りとして使っても素敵です。圧迫感がなく、使わないときは上にロールアップすれば、目立つこともありません。急な来客の目隠しとして使えていいですね。防水、防炎タイプを使えばキッチンなどのスペースにも使う事ができそうです。

ニチベイ トレンドコレクションアシェ ロールスクリーン TN121

無地のロールカーテンと、柄のあるロールカーテンを互い違いに重ねるレイアウトは、奥行き感を出すとともに、光の調整もできるちょっと上級のインテリアコーディネートになりますね。海外のおしゃれなインテリアのような仕上がりになります。

タチカワブラインド ロールスクリーン

縦長の窓には鮮やかな色のロールカーテンが似合います。ファッショナブルな窓辺が生活のアクセントになります。ロールカーテンは自由なサイズをオーダーすることもでるので、サイズ感に困る窓枠にロールカーテンを使ってみてはいかがでしょうか。

タチカワブラインド ロールスクリーン(ラルク)

この頃注目されている「ミニマルでシンプルな暮らし」。シンプルなインテリアに、シンプルなロールカーテンを合わせるとミニマルなインテリアが出来上がります。まっ直ぐな直線がシンプルさを際立て、清潔感を感じられます。狭い空間を広く見せるのもロールカーテンならではの効果といえるしょう。

サンゲツ サンウィンク 遮光1級

遮光性の高いロールカーテンと、レースカーテンの組み合わせは、まさにインテリア真骨頂ですね。プレーンはロールカーテンに、レースカーテンを合わせることで、やわらかさや奥行が出て、立体的な窓辺が出来上がります。ふだん脇役になりがちなレースカーテンが主役のようにも見えます。