グレンドロナックは、スコットランドのハイランド地方で作られているシングルモルトウイスキー。シェリー樽を用いて熟成されることから、ほかのボトルにはない独創的な味わいが特徴で、世界的に高い人気があります。「マッカラン」などと並び称されるほどの名ウイスキーです。

そこで今回は、グレンドロナックの魅力や歴史などをピックアップ。おすすめのボトルやおいしい飲み方もご紹介します。さまざまなグレンドロナックを飲み比べて、お気に入りの1本を見つけてみてください。

グレンドロナックとは?

By: glendronachdistillery.com

グレンドロナックは独創的な味わいがあり、ハイランドが誇るウイスキーのひとつとして世界的に評価されているウイスキー。ヨーロピアンオーク材のシェリー樽を使って熟成させるため、フルーティな甘味を感じるドライで芳醇なフレーバーが特徴です。

同じシェリー系のウイスキーである「マッカラン」や「グレンファークラス」に比べると、グレンドロナックはややライトな飲み心地が楽しめます。

グレンドロナックの発祥や蒸溜所

By: glendronachdistillery.com

グレンドロナック蒸溜所は、1826年に創業。現地の地主であったジェームス・アラデスが設立しました。グレンドロナックは、ゲール語で「黒いちごの谷」という意味。今日に至るまでの間にオーナーは次々と変わりましたが、蒸溜所は設立当初と変わらず、豊かな緑に囲まれたのどかな田園地帯のなかに位置しています。

グレンドロナックの歴史

By: amazon.co.jp

グレンドロナック蒸溜所は1826年の設立当初からウイスキーづくりに力を入れており、グレンドロナックのウイスキーは地元貴族たちの間で人気がありました。順調に見えた経営でしたが、その後、火災による建物の消失や度重なる買収などさまざまな困難を経験しながら、現在までその製法と味わいを継承し続けています。

2008年には、買収したベンリアック・ディスティラリー社がすべてのウイスキーをシェリー樽で熟成する方針に転換し、シングルモルトの製品ラインナップを強化。シェリー系シングルモルトとして名を馳せるきっかけとなりました。

グレンドロナックの製法

By: glendronachdistillery.com

グレンドロナックはほかのシングルモルトウイスキーと同様、麦汁を糖化・発酵・蒸溜させて作られます。グレンドロナックの大きな特徴は、原料を地元で採れる大麦と水にこだわり、熟成時にシェリー樽を使用している点です。

製麦を終えた麦芽をオレゴンパイン製の発酵槽(ウォッシュバック)で発酵させた後は、かぶと型の単式蒸溜釜を指すポットスチルで蒸溜します。このポットスチルの熱源は、創業当初から2005年までの長きにわたって石炭の直火炊きだったのもグレンドロナックならではです。

さらに、仕上げたい風味に合わせて、さまざまな種類のシェリー樽を使い分けているのもポイント。製造工程におけるさまざまなこだわりが、グレンドロナックの独創的な味わいを生み出しています。

グレンドロナックの種類

グレンドロナック 12年

グレンドロナック 12年

グレンドロナック12年は、2種類のシェリー樽で熟成させているのが特徴。マスターブレンダーであるレイチェル・バリ氏が、辛口のオロロソシェリー樽と極甘口のペドロヒメネスシェリー樽を使って、辛味と甘味が交錯する絶妙な味わいを実現したボトルです。

ウイスキー初心者でもしっかり感じられるフルーティーさと、濃厚なバニラのような風味が魅力。ハイランドモルトを初めて味わう方にもおすすめの1本です。

グレンドロナック 15年

グレンドロナック 15年

グレンドロナック15年は、一度は終売となったボトルですが、高い人気に後押しされて2018年に復活したウイスキー。酒齢15年以上のスパニッシュ・オロロソシェリー樽で熟成された原酒を使っているのが特徴です。復活後のボトルには、ペドロヒメネスの樽原酒も使われています。

味わいは濃厚。フルーティーな香りのなかに、ナッツのような香ばしさが感じられるのも魅力です。飲みごたえがある1本を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

グレンドロナック 18年

グレンドロナック 18年

グレンドロナック18年は、ドライな香味が魅力。カカオやドライプラムのような渋味や酸味のある香りが特徴です。口に含むと、最初は甘ったるさの少ないレーズンやマスカットのような味わい。後半にはマーマレードやオレンジピールのような甘苦さが現れます。複雑なフレーバーと上品な余韻を楽しめる1本です。

18年モノは、ウイスキー通の間では「シェリーボム(爆弾)」と呼ばれるほど個性豊かなボトル。価格はやや高めですがリッチな味わいを楽しめるので、グレンドロナックの魅力をさらに探求したい方はチェックしてみてください。

グレンドロナック 21年

グレンドロナック 21年

21年モノのグレンドロナックは、「シェリー樽熟成のエキスパート」といわれるグレンドロナック蒸溜所の技術が詰まった1本。2種類のシェリー樽を使って21年以上熟成させることで、甘味と辛味が複雑に絡み合うフレーバーに仕上がっています。

グラスを傾けると、レーズンやブラウンシュガー、カカオたっぷりのチョコレートのような香りが感じられるのもポイント。味わいに関しても、最初はチョコビスケットやイチゴジャムを思わせる甘さがありますが、後半はシナモンやクローブのスパイシーさも楽しめます。

グレンドロナック ピーテッド

グレンドロナック ピーテッド

ピーテッド麦芽を使った原酒をバーボン樽で熟成させたグレンドロナック。そこにオロロソシェリー樽とペドロヒメネスシェリー樽でそれぞれ後熟させたモノをブレンドしています。

香りはややスモーキー。ラズベリーやビターオレンジのような甘苦さも楽しめます。また、味わいに関してはバニラのような甘さが特徴。甘味のなかにローズヒップやヘザーハニーのような花の香りも感じられます。

飲んだ後は、焚火のようなスモーク感が口内に広がるのもポイント。複数の樽を使うことで生まれた香味が魅力的なボトルです。

グレンドロナックのおすすめの飲み方

グレンドロナックは、華やかでドライな味わいを楽しみたいときに適したウイスキー。フルーティーな甘味が魅力です。

グレンドロナックならではの香味を堪能できるのはストレート。シェリー樽で熟成された個性的な味わいをじっくりと楽しめます。グレンドロナックは種類によって味や香りが異なるので、ストレートで飲み比べてみるのもおすすめです。

また、熟成年数の多いボトルのなかには、味の個性が強いモノもあります。その場合は、ソーダで割ってハイボールにするのもおすすめです。