ファッションアイテムとして活用したり、スポーツシーンでデータ計測用に着用したり、腕時計を着用する目的は人によってさまざま。しかし、ビジネスシーンで時間を確認するために着用している方が特に多いのではないでしょうか。

ビジネス用の腕時計を選ぶ場合は、シンプルなデザインで実用性に優れたモデルがおすすめ。そこで今回は、日本が世界に誇る腕時計メーカー「セイコー」のビジネスマン向けブランド「セイコーブライツ」をご紹介します。

セイコーブライツとは?

By: rakuten.co.jp

「セイコーブライツ」は、日本の腕時計メーカー「セイコー」が展開しているビジネスマン向けブランド。ブライツという名前は、「Bright(聡明で輝いている)」と「Z(追求、ありつづけている)」を組み合わせた造語です。

シンプルながら洗練されたデザインのモデルが多いため、ビジネスシーンにぴったり。また、ソーラー電波機能を搭載しているほか、ワールドタイム機能に対応したモデルも揃っており、毎日を忙しく過ごすビジネスマンにおすすめのブランドです。

セイコーブライツの選び方

ワールドタイム機能をチェック

By: rakuten.co.jp

海外への出張や旅行の機会が多い方に便利なのが、セイコーブライツの「ワールドタイム機能」。腕時計本体のボタンを操作して、ベゼルに記載されたタイムゾーンに秒針を移動すると、海外の主要都市に時刻を合わせられます。簡単かつスムーズに操作できるので、海外での時刻合わせを面倒に感じていた方は要チェックです。

デザインをチェック

By: rakuten.co.jp

腕時計を選ぶ際は、デザインもチェックしておきたいポイント。セイコーブライツは洗練されたデザインのモノが多いため、スーツにもよく馴染みます。また、オーソドックスなフォルムなので、私服にも違和感なく合わせられ、オンオフ兼用の腕時計としてもおすすめです。

なお、セイコーブライツのなかでも、モデルによってさまざまなデザインが存在します。スーツとの相性を優先する場合はシンプルな「3針モデル」、私服にも合わせたい場合は存在感のある「クロノグラフモデル」など、着用シーンに応じて選んでみてください。

材質をチェック

By: rakuten.co.jp

腕時計の着け心地を左右するのが、本体の材質。セイコーブライツはケース部分やベルトにチタン素材を採用しているモノが多く、ステンレスと比べて軽いため、長時間でも快適に着用できます。

ベルトに革素材を用いたモデルもあるので、落ち着いた印象を与えたいときや、レザーベルトの着け心地が好みという方にもおすすめ。材質もしっかりチェックして、自分好みの1本を見つけましょう。

セイコーブライツのおすすめ

セイコー(SEIKO) ブライツ SAGA233

オンオフ問わず、さまざまな服装に合わせられるスタイリッシュなモデル。ケースサイズがやや大きめで、視認性に優れているのが魅力です。文字盤の左上に曜日が表示されるのも特徴で、デザインのアクセントになっています。

本製品は電波修正機能を備えているため、日本・アメリカ・ドイツ・イギリスの標準電波を受信可能。また、25のタイムゾーンに対応したワールドタイム機能も搭載しているので、海外出張が多いビジネスマンにもおすすめです。

本体にはチタン素材を採用しており、重さは約95gと軽量。大きめのケースサイズながら、快適に着用できます。

セイコー(SEIKO) ブライツ SAGA251

革ベルトを採用している、落ち着いた印象のモデル。カーボン調のシックな文字盤も特徴で、大人っぽい雰囲気を演出します。12時位置のローマ数字がデザイン全体を引き締めているのも魅力です。

電波受信やソーラー充電などの基本機能をはじめ、ワールドタイム機能も搭載されており、海外でも便利に使用できます。また、重量は約64gで、着けているのを忘れさせるほど軽量。スーツやきれいめコーデにもマッチする1本です。

セイコー(SEIKO) ブライツ SAGA261

ベルトのツートーンデザインが特徴的で、スポーティーな印象を与えられるワールドタイム機能搭載モデル。ベゼルや曜日表示部分などに差し色としてブルーが使われており、爽やかさもアピールできます。ガッチリとした見た目とは裏腹に重量は約96gなので、長時間でも快適に着用可能です。

10気圧防水性能を備えており、ちょっとした水濡れ程度なら故障の心配をせずに使えるのもポイント。スーツはもちろん、カジュアルな服装にも馴染む汎用性の高い1本です。

セイコー(SEIKO) ブライツ SAGA267

他人とは少し違う腕時計が欲しい方におすすめのモデル。ブラックを基調としたデザインで着用した際に存在感があるため、個性をアピールできます。シルバーを織り交ぜたツートーンデザインのベルトを採用しているのも特徴です。

また、アクセントカラーとしてレッドを用いているほか、12時位置にアラビア数字を大きく配置することで、堅くなりすぎないのがポイント。ワールドタイム機能に加えて、2099年12月31日まで修正がいらない「フルオートカレンダー」や10気圧防水性能も備えており、便利に使えます。

セイコー(SEIKO) ブライツ SAGA193

ワールドタイム機能に加えて、ストップウォッチ機能を搭載したクロノグラフタイプのモデル。機能性を重視したい方はもちろん、メカニカルな見た目が好みの方にもおすすめです。ケースとベルトにステンレスを採用しているため、重量は約150gと重めですが、腕に着用したときの重厚感を得られます。

10気圧防水性能を備えているので、ちょっとした水濡れが心配な場面でも安心。針と目盛りにそれぞれ蛍光塗料があしらわれているため、暗い場所での視認性にも優れています。文字盤の左右にボタンが付いている、独特なデザインも魅力です。

セイコー(SEIKO) ブライツ SAGZ091

スポーティーなデザインながら、シンプルな3針タイプで視認性に優れているモデル。太めの目盛りを採用しており、力強さを感じられる見た目に仕上がっています。また、文字盤の中心部分にカーボン調のパターンが施されているのも特徴です。

ケースの横幅が約39.5mmと大きすぎず小さすぎないサイズ感なので、着用しやすい腕時計を探している方におすすめ。ワールドタイム機能も搭載しているため、海外への旅行や出張のシーンでも活躍します。

汎用性の高いモデルながら、セイコーブライツのなかでは価格が控えめなので、初めてブライツを持つ方もぜひチェックしてみてください。

セイコー(SEIKO) ブライツ SAGZ097

文字盤のローマ数字や、エッジのあるベルトデザインが上品さを感じさせるモデル。スーツスタイルやジャケパンスタイルとの相性も良好です。重量が約65gと軽いため、負担を感じにくく快適に着用できます。

ワールドタイム機能のほか、フルオートカレンダーを搭載していたり、10気圧防水性能を備えていたりと高性能なのもポイントです。

セイコー(SEIKO) ブライツ SAGZ083

ケースと文字盤ともに、非常にシンプルなデザインを採用したモデル。ビジネスシーンやフォーマルシーンで使いやすいのが特徴です。ワールドタイム機能には非対応ですが、日本・中国・アメリカの標準電波を受信する電波修正機能が搭載されています。

10気圧防水性能を備えているので、手洗い程度の水に濡れてしまっても安心。シンプルながら、ソーラー充電やフルオートカレンダーなどの基本的な機能をしっかり備えてた使いやすい1本です。