登山をはじめ、夜釣りなどのナイトシーンで重宝するヘッドライト。ヘッドライトには明るさや電源などそれぞれ違いがあり、ユーザーのニーズに合ったヘッドライトを選ぶ必要があります。

そこで今回は、ヘッドライトの種類や選び方、おすすめのモデルを紹介します。軽くトレッキングを楽しみたいという方から本格的な登山をしたいという方まで、ぜひチェックしてみてください。

登山にヘッドライトは必要?


登山において“軽装の方が動きやすい”との思いから、ヘッドライトの携帯を軽視する方もいるかと思います。しかし、山の天気は変わりやすいので急に霧が立ち込めて視界が悪くなることもありますし、木が生い茂っている山だと、昼間でも暗いところは多くあります。登山の際には日帰りの予定であっても、低い山でも必ずヘッドライトは携行しましょう。

何より、万が一登山中に道に迷って日が暮れてしまった場合、暗闇の中で山道を歩くるのはとても危険です。また、遭難時にはヘッドライトを照らしておくことで救助の際の目印にもなります。安全で楽しい登山にするためにも、念のため準備しておきましょう。

ヘッドライトの選び方

それでは、ヘッドライトはどのように選べばよいのでしょうか。ポイント別に確認していきましょう。

照度(明るさ)で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドライトはただ明るければよいわけではなく、登山の内容に合わせて選ぶのがおすすめです。なお、明るさの単位は「ルーメン」というものを用います。一般的な登山で周囲の状況を把握するのに必要なのは100ルーメン前後。最近では1000ルーメンを超えるヘッドライトもありますが、それらはよほど過酷な環境で登山をする方が対象となります。

電源で選ぶ

By: amazon.co.jp

電源は大きく分けて電池式とバッテリー式のふたつです。電池式にも、乾電池などを使うタイプと充電式のリチウム電池を使用するモノがあります。

また、バッテリーとヘッドライトは一体型が主流ですが分離式のタイプもあり、照度が高いヘッドライトはこの分離式のモノが多いです。ただし、こちらは配線が必要なので断線のリスクや持ち運びの不便さなどのデメリットもあります。一体型の方が持ち運びは容易なので、初心者の方には一体型がおすすめです。

防水性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドライトが急な雨で濡れて使えなくなってしまうのは致命的なので、防水タイプのヘッドライトがおすすめです。防水性のあるものはIPXという基準で防水性がわかります。全部で8つの等級がありますが、登山用であればIPX4もしくは5以上あれば十分です。

ヘッドライトのおすすめモデル

ジェントス(GENTOS) LEDヘッドライト HC-12SL

商品価格 ¥ 636

品質の高いランタンやセーフティライトなどを手がける「ジェントス」の2WAYヘッドライト。コスパ良好で登山入門におすすめなアイテムです。

明るさは15ルーメンとやや控えめですが、キャンプ時など周囲を照らすのにちょうどよい明るさです。また、実用点灯時間が16時間で防滴構造になっているも魅力。ライトは取り外し可能なので、胸ポケットなど使いやすい位置に留めてクリップライトとしても使用できます。

エクスルミノス(Xluminos) CREE LEDヘッドライト

商品価格 ¥ 1,580

LEDライト搭載のヘッドライト。照度は168ルーメンで最大110m先まで照射可能なので、これひとつあれば夜間でも十分周囲を照らせます。

白と赤の2種類の光を出せるのも本製品の特長。照度は高・中・低と3段階に切り替え可能で、もっとも明るい光で使用した場合でも約30時間の点灯時間があるのも魅力です。なんとIPX6級相当の防水機能も搭載しています。多機能ながら価格はリーズナブルなので、初心者でも手に入れやすいおすすめアイテムです。

スノーピーク(snow peak) ソリッドステートランプ ゆきほたる ES-020

商品価格 ¥ 4,948

デザイン性とこだわり抜かれた機能を併せ持ったアウトドアブランド「スノーピーク」の本格派ヘッドライトです。照度は8~80ルーメンまで調節可能。重量が65gと軽いため、長時間の登山でもストレスなく使用できます。

本製品は広範囲を見渡す時と一点だけを集中して照らす場合とで、フォーカス切り替えが可能なのも便利。また、ぶらさげて使用することでランタンとしても活用でき、シリコンドームによる優しい光で周囲を照らします。IPX4級相当の防水機能を搭載しているのもポイントです。

Lifbetter ヘッドライト 18650

商品価格 ¥ 2,399

4つの点灯モードが選べる本格派モデル。3つのヘッドランプによって最大500m先まで照射可能です。最大照度は5400ルーメンと照射能力が高いのもポイント。本格的に登山をされる方におすすめのモデルです。

電源はリチウムバッテリーなので充電して使用します。シガーソケット充電器も付属するので車内でも充電可能。IPX4級相当の防水仕様も魅力です。

ロゴス(LOGOS) 防雨 タルウルトラヘッドビーム400 74175614

総合アウトドアブランド「ロゴス」のハイエンド向けヘッドライト。LEDライトを採用しており、最大照度は400ルーメンと十分です。電源は単四アルカリ乾電池3個で、点灯モードは強・弱・点滅の3つから選べます。IP44の高い防水性能も魅力です。