油絵具を使用して描く「油絵」。油絵具は顔料を油で練った絵具で、水彩画に比べて、重たさや絵具の質感を表現できるのが特徴です。ただし、油絵具は油を含んでいるので、適した筆を使わないと、絵が描きにくかったりすぐに買い替えが必要になったりすることもあります。

そこで今回は、油絵に適したおすすめの油絵筆をご紹介。これから油絵を始めてみようという方も、そろそろ筆を買い替えようと思っている方も、ぜひチェックしてみてください。

油絵筆の選び方

種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

丸筆

ラウンド型とも呼ばれる「丸筆」。穂先がとがった形状のモノで、油絵筆のなかでも最も一般的な筆です。先のとがった部分を活かして線を描いたり、面を広くとって色を塗ったりと、さまざまな場面で活躍します。

初心者でも扱いやすいので、これから油絵を始めようとしている方にもおすすめの筆です。

平筆

油絵筆のなかで最も多用されるのが平筆。平筆にはフラット型とフィルバート型の2種類があります。フラット型は、筆先が四角く刷毛のような形状をしているため、広い範囲を塗るのにベスト。エッジのとがった部分を活かして、シャープな線を描くこともできます。

フィルバート型は、フラット型の角を丸くしたような形状。フラット型のようなエッジがないので、曲線を描きやすいのが特徴です。フラット型よりも、さらにやさしいタッチで絵を描けます。

扇形筆

その名の通り、扇の形に毛が広がっている筆が「扇形筆」。薄く平べったい形状で、絵具を塗り重ねるグレース(グラッシ)技法やぼかしの描写に使います。

初心者よりも中級~上級者向けの筆で、表現に深みを出したい方は一本持っておくのがおすすめです。

毛の柔らかさで選ぶ

By: amazon.co.jp

硬毛筆

油絵具は油を混ぜた顔料でできており、重みがあってボテボテとした質感が特徴。その質感に負けないコシの強さと粘りがある硬毛筆は、油絵に初めて挑戦する方でも使いやすくおすすめです。

硬毛筆の種類として、最も一般的なのが豚の毛を使った豚毛筆。硬くてコシが強くバサバサとした毛質で、油絵具の粘りに負けないため、豚毛は油絵筆に適しています。キャンバスサイズや描きたい対象の繊細さに合わせて、12・10・8・6・4号の硬毛筆を揃えておくのがおすすめです。

軟毛筆

イタチやリス、馬などの獣毛や、ナイロンなどの合成繊維からも作られる軟毛筆。柔らかくて弾力があり、油の含みがよいのが特徴です。しなやかな描き心地で、細かい部分でも小回りを利かせやすいタイプ。繊細な描写やなめらかに塗り・仕上げをしたいときに活躍します。

使用されている毛の種類によって、それぞれ使用感や価格が異なるので留意しておきましょう。16・12・8・4・0号サイズの軟毛筆を揃えておくと便利です。

高級筆

狸やコリンスキー、マングースといった動物から作られる高級獣毛を採用している高級筆。軟毛筆に使われる獣毛よりもしなやかなのが特徴です。

とても柔らかいので、初心者の方にとっては扱いにくさを感じることもあります。より表現の幅を広げたい方や、軟毛筆よりもさらに柔らかな筆を探している方におすすめです。

油絵筆のおすすめ

名村大成堂 ナムラ HK 10号丸筆 81204101

名村大成堂 ナムラ HK 10号丸筆 81204101

1940年に創業し、油絵筆だけでなく日本画筆や水彩筆など、さまざまな筆を製造販売している「名村大成堂」。同メーカーから発売されている「ナムラ HK」は、中国重慶産の良質な豚毛を使って作られている油絵筆です。素材の選別はもちろんのこと、入念な製法を採用しています。

独自の技術を活かした画筆で、豚毛ならではのコシの強さが魅力。筆先を使えば細かな塗りが、広く面を使えば広範囲の塗りができる、汎用性の高い丸筆タイプです。

名村大成堂 ナムラ HF 12号平筆 81207122

名村大成堂 ナムラ HF 12号平筆 81207122

平筆のなかでも角がそぎ落とされたフィルバート型の油絵筆です。使用している素材は、硬めの豚毛。コシが強いので油絵具の重みや固さに負けにくく、扱いやすいのが特徴です。

広範囲の塗り込みだけでなく、曲線などをなめらかに描けます。上級者にも愛用されている筆で、初心者の方にもおすすめです。

名村大成堂 ナムラ SK.Line 6号丸筆

名村大成堂 ナムラ SK.Line 6号丸筆

毛先が一本の針のようにまとまった丸筆。面相筆のような形状が特徴で、植物などの繊維まで細かく繊細に描けます。

筆には高級獣毛とも呼ばれるコリンスキーセーブルを採用。柔らかくしなやかで絵具の含みがよいため、毛先が細くても描きやすいのが特徴です。

ホルベイン 油彩用刷毛 ハイラックブラシ No.1 101131

ホルベイン 油彩用刷毛 ハイラックブラシ No.1 101131

1900年に大阪で創業し、古くから親しまれてきた「ホルベイン」。本製品は平型タイプのなかでも、穂巾が3cmとワイドな形状の油絵筆です。下塗りや中~大型キャンバスでの作業にも適しています。

軸が短いタイプなので、塗っている最中もブレにくいのがポイントです。豚毛で作られているためコシが強く、油絵初心者の方でも扱いやすいのが特徴。風景画など、広範囲に同じ色を使用するときなどに重宝するので、一本持っておくと便利です。

ホルベイン 軟毛H-F

ホルベイン 軟毛H-F

乾燥しにくい油絵具の乾燥速度を上げるメディウム類を使用する方におすすめの油絵筆。高級獣毛とも呼ばれるウォーターバジャーの毛を使用しています。毛先が細かく弾力があり、絵具の含みがよいのが特徴です。

フィルバート型の平筆なので、フラットな絵を描くのに便利。なめらかな使い心地で、線を描くにも塗るのにも向いている汎用性の高い筆です。

ホルベイン 硬毛筆(豚毛)EL-h

豚毛の硬さを活かしつつ、麻布のキャンバスにも馴染みやすい穂先が特徴の油絵筆。フラット型の平筆で、直線を描くときにも便利です。

ELシリーズは、原毛の特質に合わせて独自の下処理を行っています。さまざまなサイズの豚毛をバランスよく混ぜて仕立てているため、使い始めから手への馴染みが良好。こだわりの製法で作られているおすすめの油絵筆です。

ラファエル 油彩筆 ファン 3695

ラファエル 油彩筆 ファン 3695

筆を専門に取り扱って200年の歴史を持つ「ラファエル」。世界中に数多くのファンを持つ筆メーカーが展開している油絵筆です。

本製品は、毛が扇の形になっている扇形筆。揮発性油のテレピンなどを薄く溶いて水気を出して描く「おつゆがき」や、ぼかしの表現に適しています。初心者よりも中級~上級者向けで、表現にさらなる深みを持たせたいときに持っておくと便利です。

ターレンス ヴァンゴッホ 油彩画筆GEKF筆(豚毛フラット)

ターレンス ヴァンゴッホ 油彩画筆GEKF筆(豚毛フラット)

オランダ発の絵具メーカー「ターレンス」。同社のなかでも「ヴァンゴッホ」は、高品質でお手頃な画材を多数販売している人気シリーズです。

本製品は、中国の漢口産の豚毛を採用しています。豚毛の性質である外側への広がりを防ぐため、毛先が中に集まるよう「合わせ仕上げ加工」を施しているのが特徴。長く使い続けられるおすすめアイテムです。

ターレンス レンブラント 油彩画筆240シリーズ

ターレンス レンブラント 油彩画筆240シリーズ

ターレンスの「レンブラント」シリーズは、多くの画家が信頼を置く堅牢製と美しさが魅力。同シリーズの油彩画筆は、高品質なレッドセーブルの毛を100%使用している高級筆です。

角が整ったフラット形状の穂先で、毛にコシがあり描きやすいのが特徴。毛先がまとまりやすいので、コントロールしやすいおすすめアイテムです。

アルテージュ キャムロンプロ 5本組セット 164092

アルテージュ キャムロンプロ 5本組セット 164092

岡山で生まれた「アルテージュ」から発売されている本製品。油彩画を始めるときにあると便利な油絵筆が5本揃った、5本組セットです。油彩だけでなく、アクリル・水彩にも使用できます。

ナイロンと毛を混ぜた画筆なので、しなやかさとコシの強さを両立。シャープな描き味も魅力です。用途に合わせてラウンドやフィルバート、フラットなど、筆を変えられます。

ティグレアモーレ(Tigre Amore) 10本セット

ティグレアモーレ(Tigre Amore) 10本セット

扱いやすいナイロン製の筆がサイズ・形状違いで10本セットになっている本製品。フラット・フィルバート・ラウンド・ライナーの4種で構成されています。

繊細な描写が可能な細めのサイズをラインナップ。細身でもコシがあるので、描きやすさは良好。初心者や子供向けの入門用画筆セットとして、プレゼントなどにもぴったりな製品です。

Silithus ペイントブラシ12本入り

Silithus ペイントブラシ12本入り

ラウンド・フィルバート・フラットタイプだけでなく、応用にも適した扇形状のファンタイプも含まれた12本入りセット。さまざまな形状のブラシを使い分けできます。

毛質はコシがあり、多くの顔料を均一に含めるタイプ。油絵はもちろん、水彩画を描くときにも使えます。ハンドルはブラックの木製でシンプル。筆の種類をひとまず揃えておきたい方にもおすすめです。