スコッチウイスキーのなかでも、飲みやすさから絶大な人気を誇る「デュワーズ」。手頃に入手できる銘柄でありながら、日常で飲むウイスキーとしても愉しめる、おすすめのブランドです。

ここでは、デュワーズの種類や特徴、選び方などをご紹介。初心者の方からウイスキーマニアの方まで、存分に愉しめるデュワーズの魅力を見つけてみてください。

デュワーズの特徴

デュワーズは、数あるスコッチウイスキーのなかでも、飲みやすさに評判がある「ブレンデッドウイスキー」です。ブレンデッドウイスキーは、口当たりのよい「グレーンウイスキー」と、風味の強い「モルトウイスキー」を組み合わせたモノを指します。

デュワーズは、キレのよい味わいと素朴な麦のような風味を感じられるのが特徴。ほのかな甘味が広がり、すっきりとした後口も魅力のひとつ。味と香りのバランスがよく、さまざまな飲み方に対応しやすいのがポイントです。

なかでも、スタンダードボトルとされる「デュワーズ ホワイトラベル」は、日本国内でも広く流通しているウイスキーのひとつ。世界的に高い人気を獲得している銘柄です。

デュワーズの歴史

By: amazon.co.jp

デュワーズは、英国のスコットランドで1846年に創業した、世界的なウイスキーブランドです。創業者のジョン・デュワーは、当時では珍しい、ガラス製のボトルで提供することを思いつきました。

ウイスキーの色が確認できる、透明なボトルに詰められたデュワーズは人気を獲得。さらに、ジョンの2人の息子アレクサンダーとトーマスは、それぞれデュワーズの製造とマーケティングに尽力しました。

なかでも有名なのが、1886年のロンドンで開催された見本市にて、デュワーズのブースで開いた演奏会です。多くの注目を集め、デュワーズの名を広めることに成功。今では世界的なブランドとして知れわたるようになりました。

デュワーズの製法

デュワーズは、熟成後のモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンド。さらに6ヵ月以上の熟成をおこなう「後熟」を採用しています。角が取れた、バランスのよい味わいに必要不可欠な工程です。

デュワーズは、ブレンドに使用する5種類のキーモルトによって味や風味が決定づけられています。なかでも中核となるモルト原酒は「アバフェルディ」。蜂蜜のようなスウィーティーな甘味が魅力で、風味の決め手になっています。

続いて、ドライな余韻が特徴のシングルモルト「オルトモア」は、デュワーズの香りを演出。そのほか、フレッシュでフルーティーな「ロイヤルブラックラ」や、硫黄感のあるモルトが特徴の「クライゲラヒ」、クリーンな味わいの「マクダフ」を組み合わせています。

デュワーズの種類

デュワーズ ホワイトラベル

デュワーズのスタンダードボトルとして人気のある「デュワーズ ホワイトラベル」。モルトの甘さがしっかりと感じられ、すっきりとした後口で飲みやすいのが特徴です。

ホワイトラベルは、キーモルトに「アバフェルディ」を使用しているのがポイント。滑らかな口当たりと、ナッツやミルクチョコレートのような濃厚な味わいがあり、マイルドな印象を感じられます。

また、アルコールのきつさが抑えられているので、ウイスキー初心者の方でも挑戦しやすいのも魅力のひとつ。ホワイトラベルは価格も安く入手しやすいので、日頃からウイスキーを愉しみたい方にもおすすめです。

デュワーズ 12年

甘味がありまろやかなアバフェルディをキーモルトに、熟成年数12年以上の原酒を40種類以上ブレンド。さらに、6ヵ月ほど樽で追加熟成させた、深みのある落ち着いた味わいの1本です。

飲んだあとの余韻に、スコッチウイスキー特有のスモーキーさがあまりなく、バニラやカカオのような甘い後口が魅力。そして、樽由来のオークやナッツの香りが力強く感じられ、重厚な味わいを実現しています。

また、デュワーズ12年は、ストレートで飲むと甘味を感じやすいのもポイント。ほどよい酸味を有し、ブレンデッドのよい所を詰め合わせた、バランスのよい1本です。

デュワーズ 15年

15年以上長期間熟成させた40種類以上の原酒をブレンドし、樽に戻してから6ヵ月間熟成したデュワーズ15年。蜂蜜やキャラメルソースのような甘い豊かな香りと、ほのかなココナッツや柑橘類のようなフルーティーな風味が愉しめます。フローラルの余韻がほのかに感じられるスムースな味わいは、ちょっと贅沢なシーンにぴったり。

深いコクがある複雑な風味は、ストレートやロック、水割りなど、さまざまな飲み方に適しています。とりわけ、甘味を感じたい場合はストレートがおすすめ。ロックなら、徐々に氷が溶けて風味の変化をじっくり味わえます。

デュワーズ 18年

熟成年数18年以上の原酒をブレンドし、さらに6ヵ月間の熟成をおこなって造られた本製品。5つの蒸留所で造られたキーモルトを組み合わせた、バランスのよい味わいが魅力です。

口に含んだときの甘さに加えて、ほのかに蜂蜜やフルーツ、ナッツなどの複雑な香りが広がります。また、バニラクリームやナッツ、バタースコッチのような濃厚で滑らかな味わいもポイントです。

そして、樽由来のオークとほのかにバニラの余韻を感じられる、ロックで飲んでもクセを感じにくい、洗練されたバランスを備えています。ちょっとした贅沢な気分を味わいたい場合や、プレゼントにもおすすめの1本です。

デュワーズ 25年

熟成年数25年以上のモルト・グレーン原酒をブレンド。さらに、フルーティーな風味を持つ「ロイヤルブラックラ」の樽で追加熟成させた、デュワーズの象徴ともいえる1本です。

英国ハイランド地方のロイヤルブラックラは、初めて英国王に認められた、由緒ある蒸溜所でもあります。ロイヤルブラックラでの熟成を経たデュワーズ25年は、洋ナシやドライフルーツなどのフルーティーな香り、香ばしいナッツ感を備え、重厚な味わいが特徴です。

また、奥深いフルーティーで複雑な風味と、力強いオークのフレーバーが長く残る贅沢な余韻も魅力。贈り物にぴったりの贅沢な1本です。

デュワーズ シグネチャー

デュワーズの最高峰ともいえるボトル、デュワーズ シグネチャー。濃厚な甘味が魅力の「アバフェルディ」の原酒のなかで、27年以上の長期熟成したモノをブレンドしています。

樽で27年以上熟成できる原酒は貴重なため、デュワーズシグネチャーはきわめて希少な1本です。価格に見合う高品質な味わいを有し、バニラや蜂蜜に加えて、ミントやハーブなども感じる、爽やかで芳醇な香りが魅力。完成度の高さも人気です。

複雑で濃厚な味わいや香りを愉しむため、飲み方はトワイスアップがおすすめ。箱付きの豪華なパッケージングは、贈り物にも向いています。

デュワーズのおすすめの飲み方

By: amazon.co.jp

バランスがよく、飲みやすいデュワーズは、どの飲み方でも美味しく飲めるのが魅力のウイスキーです。例えば、「ストレート」は滑らかで濃厚な甘味をじっくり味わいたい場合におすすめ。チェイサーで1口ごとにリセットすると、よりいっそう愉しめます。

そして、常温のデュワーズと水を同量注ぐ「トワイスアップ」。アルコールが希釈されて香りを感じやすく、デュワーズのフルーティーなアロマを味わえます。

また、冷えたグラスに氷を入れ、デュワーズをそのまま注ぐ「ロック」は、徐々に氷が溶けて味わいや風味の変化を愉しめるのが魅力。さらに、炭酸水で割る「ハイボール」は爽やかさが加味され、食事中にグビグビと飲みたい方におすすめです。