これはもう、まったく新しい経験かもしれない。

何週間も家に帰らずにアウトドアでiPhoneやタブレット、GoProカメラを使い続ける楽しさ、便利さ…想像できますか?

今回ご紹介するのは、コンセントやPCなどから充電することなく、それ自体が発電し、長期間に渡ってモバイルデバイスに給電できる、手のひらに収まるサイズのモバイル燃料電池です。どれくらい小さいのでしょうか?サイズは約10cm×7.49cm×2.99cm、重さ200g(ガス満タン時)!ちなみにiPhone6 Plusは重さ172gです。

どうやって実現しているの?

これが、簡単に手に入るキャンピングガスやライターガスを充てんして動く、というのだから驚きです!シューッと1回ガスを入れるとiPhoneを11回充電できるなんてすごいですよね。kraftwerkにiPhoneなどをつなぐと、中のガスが電気に変換され給電されるという、シンプルな仕組み。長期の旅行では、予備のガスを持っていくのもよし、出先で調達するのもよし。本当に便利です。

kraftwerkはクラウドファンディングKickstarterに登場し、本格的な出荷はまだ先ですが、多くの関心が寄せられ順調に資金が集められていて、現時点では99ドルから手に入るようです。

動画はこちら▼