ゴルフには欠かせない「ゴルフボール」。一見どれも同じように見えますが、スピンがかかりやすいボールから飛距離が出やすいボールまで、さまざまな種類のゴルフボールが発売されています。ただし、どれが自分に合うゴルフボールなのか見分けにくいのが難点です。

そこで今回は、プレイスタイルごとのゴルフボールの選び方をご紹介します。ぜひ自分に合うゴルフボール選びの参考にしてみてください。

ゴルフボールの種類

ディスタンス系

By: amazon.co.jp

ディスタンス系のゴルフボールは飛距離を出したい方におすすめです。表面は硬く、中身は柔らかい素材で作られているため、クラブがボールに当たる際の反発力が高いのが特徴。インパクト時にボールがつぶれて力がしっかり伝わるため、スピンがかからずボールが真っ直ぐ飛びます。ボールが曲がりやすい初心者に人気の種類です。

ディスタンス系のボールを使用する際は、スイングスピードを早めるとより飛距離が出やすい傾向があります。

スピン系

By: amazon.co.jp

スピン系のゴルフボールは、アプローチショットで回転をかけて狙い通りの場所にボールを残したい方におすすめです。表面が柔らかく、中身が硬い素材で作られているため、ボールがフェース面と長く接し強烈なスピンがかかります。曲がりやすい傾向があるため上級者向けといわれています。

しかし、最近では素材の組み合わせを工夫したスピン系ゴルフボールも発売されており、初心者でも扱いやすいと人気です。

第3系

By: amazon.co.jp

第3系は、ディスタンス系とスピン系のよい面を持ちあわせたゴルフボールです。異なる素材を使用する多層構造によって、ドライバーショットでは飛距離を出しつつ、アプローチショットではスピンをかけられます。上達スピードを早めたい初心者から中級者に人気です。

一方、ディスタンス系に比べると飛距離は出ず、スピン系に比べるとスピン量が減ります。明確な課題がある場合はそれぞれに特化したボールを選ぶのがおすすめです。

ゴルフボールの選び方

ディンプル数をチェック

ディンプルとは、ゴルフボールの表面にある凹みのことです。ディンプル数は約300〜400個ほどが主流で、ボールが飛んでいく際に空気抵抗を減らす役割があります。なかにはプリディンプルという小さなディンプルを設けているボールもあり、滞空時間を伸ばしたい方に人気があります。

ディンプル数が多いほど空気抵抗が減り飛距離が伸びる傾向があるため、飛距離に課題がある方はディンプル数が500程度のゴルフボールがおすすめです。

ピース数をチェック

By: amazon.co.jp

ピース数とは、中心のコア部分とコアを覆うゴムの層の数を示しています。コア部分を1として、覆うゴムが1つであれば2ピースと数えます。ピース数によって飛距離やスピンの強度が異なり、ディスタンス系は2ピース、スピン系は3〜4ピースが主流です。ピース数が多いほど性能が高いため、価格も高くなる傾向があります。

これからボールを買う予定の初心者やボールをなくしやすい方は、ピース数が少なく比較的リーズナブルなゴルフボールがおすすめです。

自分のヘッドスピードに合ったモデルを選ぼう

ヘッドスピードとは、クラブでボールを打つ際のヘッドの速さのことです。最近では推奨ヘッドスピードが記載されているゴルフボールが多く発売されています。

自分のスイングスピードを把握しておけば、扱いやすいゴルフボールを選ぶ参考になるので、ボールを購入する前にヘッドスピードを計測、計算しておくのがおすすめです。

ヘッドスピードはゴルフショップで計測するか、ドライバーの飛距離を5.5で割って計算できます。例えばドライバーで250の飛距離が出る場合、250÷5.5で45m/sがスイングスピードです。

球筋に合わせて選ぶ

ゴルフボール選びでは、自分の球筋に合ったボールを選ぶことも大事なポイントです。自分の球筋がスライスしやすいのか、フックしやすいのかでおすすめのボールが変わります。

例えばスライス系の方は、もともとボールのスピン量が多めなので、ディスタンス系のボールがおすすめ。余計なサイドスピンが減るため、曲がり幅は比較的小さくなります。スピン系はサイドスピンが増えて曲がり幅が大きくなりやすいので注意が必要です。

一方、スピン量の少ないフック系の方がディスタンス系を選んでしまうと、ボールのスピン量が減りすぎてしまい、かえって飛距離をロスしてしまうことも。ドライバーショットでドロップ気味のフックで悩んでいる方は、スピン系のボールに変えてみましょう。

視認性が高いカラーボールもおすすめ

By: amazon.co.jp

ゴルフボールといえば白が当たり前でしたが、最近では蛍光色の黄色や赤などのカラーボールが人気を集めています。芝の中で目立つカラーボールを使えば、ラフや斜面などでボールを見失ってもすぐに発見できるので、スムーズにプレーを続けられます。

カラーボールのなかでも人気なのは、黄色・赤・オレンジ系。また、芝の自然な緑色のなかでは蛍光色で緑色のカラーボールも目立つので、ロストボールしやすい方はぜひ試してみてください。

一方、黒やブルー系のカラーボールはラフに入ると見えにくいことがあります。視認性を重視する場合は、黄色や緑色のカラーボールがおすすめです。

ゴルフボールのおすすめメーカー

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

By: amazon.co.jp

ブリヂストンは、ゴルフをはじめさまざまなスポーツ用品の製造・販売を手がけるメーカーです。契約プロの人数も多く、各アイテムの性能の高さが人気。ゴルフボールはさまざまなゴルファーのニーズに合わせて製造されています。

コスパに優れたボールから高性能のボールまで揃えているため、幅広いユーザーにおすすめのメーカーです。

タイトリスト(Titleist)

By: amazon.co.jp

タイトリストはアメリカに本拠地を置く総合ゴルフ用品メーカーです。常に変化するゴルファーのニーズを捉えた製品を製造し続け、特にアスリート志向のゴルファーから高い支持を受けています。

タイトリストのゴルフボールは種類が豊富です。初心者から上級者までさまざまなゴルファーに合ったボールを取り揃えています。特にタイトリストのクラブとの相性は良好。よりボールを扱いやすくなるため、タイトリストのクラブを使用している方におすすめです。

スリクソン(SRIXON)

By: amazon.co.jp

スリクソンはダンロップのゴルフブランドで、独自技術を用いた革新的な製品が特徴のゴルフメーカーです。ゴルフボールは低価格のモノから高性能なモノまで、幅広く取り扱っています。

なかにはプロゴルファーの松山英樹氏が開発に関わり、ツアーでも使用したボールも発売しています。スピン系のボールを多く扱っているため、中級者から上級者におすすめです。

ゴルフボールのおすすめ|ディスタンス系

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ゴルフボール PHYZ 1ダース

ディスタンス系ボールながらもソフトな打感を楽しめる人気の4ピースボールです。ディンプル数は338個。外側のカバーに2種類の高反発素材を配合することで、高い初速を実現しています。

コア部分には柔らかい「ソフト・ハイドロコア」を採用。ヘッドスピード38m/s以下でもボールが大きくつぶれるため、パワーに自信がない方でも飛距離を出しやすくなっています。

カラーバリエーションはホワイト・パールホワイト・イエロー・パールグリーン・パールピンクの5色。打感のよいディスタンス系ゴルフボールを探している方や、少しでも飛距離を伸ばしたい初心者の方におすすめの製品です。

タイトリスト(Titleist) ゴルフボール HVC SOFT DISTANCE 1HVSD-J

ディンプル数が440個と多めで、空気抵抗が小さいゴルフボール。ドライバーショットでは余計なサイドスピンを軽減できるため、ボールを曲げたくない方にはぴったりです。

2ピース設計のカバー部分には、柔らかい打感を楽しめるソフトサーリンカバーを採用。コアには反発力に優れたポリブタジエンを組み込み、ショットの初速を高めています。比較的価格も安いので、初心者やボールをなくしやすい方におすすめです。

スリクソン(SRIXON) ゴルフボール DISTANCE8 1ダース

おしゃれなブランドロゴで人気のゴルフボールです。ツーピース構造のカバー部分には耐久性に優れた「アイオノマー薄カバー」を採用。カバーを薄くしてコアの直径を大きめにとることで、飛距離を追求しながらもソフトな打感を実現しています。

1ダースのなかに4種類のボールナンバーがあしらわれているのもポイント。OBラインに打ってしまったとき、初球と暫定球をボールナンバーで区別できて便利です。

カラーバリエーションはホワイトとパッションイエローの2色。価格は比較的リーズナブルなので、コスパのよいゴルフボールを探している方におすすめのアイテムです。

スネルゴルフ(Snell Golf) ゴルフボール MTB BLACK 1ダース

ドライバーショットの吹き上がりを軽減する360ディンプルをあしらったゴルフボールです。内部は3ピース構造になっており、ドライバーショットでは余計なサイドスピンを軽減しつつ、柔らかい打感を楽しめるよう配慮されています。

外側のカバーには耐久性に優れたキャストウレタンカバーを採用。飛距離性能と打感のよさを兼ね備えたディスタンス系ゴルフボールを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

キャロウェイ(Callaway) SUPER SOFT MAGNA 1ダース

ボールの直径を従来品よりも3%大きくしたゴルフボールです。ボールの重心位置が高いため、地面からアイアンで打った際、高弾道のショットが打ちやすくなっています。

カバーには高耐久のニュートライ・アイオノマーを採用。少々トップ気味にヒットしても飛ぶボールなので、アイアンショットが苦手な初心者の方におすすめです。

本間ゴルフ ゴルフボール HONMA New D1

高反発ラバーコアとソフトなアイオノマーカバーを組み合わせた2ピースのディスタンス系ボールです。ディンプル数は368個。飛距離性能の追求に特化しており、低スピンで力強い弾道のショットを打ちやすいよう配慮されています。

ヘッドスピードが遅い方から速い方まで幅広く対応できるのが魅力。カラーはホワイトのほかに蛍光色のイエローやオレンジ、4種類のカラーボールがセットになったマルチカラーも選べます。

ミズノ(MIZUNO) ゴルフボール JPX ネクスドライブ 1ダース

大小さまざまな大きさのディンプルを512個備えたゴルフボールです。ボールのスピードが速いインパクト直後から最高到達点までは、大きなディンプルが空気抵抗を減らして直進性をアップ。スピードが遅くなる落ち際では小さなディンプルが揚力を高めます。

カバーはディスタンス系としては柔らかめで、ソフトな打感。ヘッドスピードが遅めの方にも対応しているため、初心者から上級者まで幅広い方におすすめのゴルフボールです。

ムジーク(muziik) ゴルフボール コルテオライト39

平均的なゴルフボールよりも軽い、39gに設定した軽量ゴルフボールです。ヘッドスピード37m/s以下の方が打ったときにヘッドスピードのロスを軽減し、ボールの初速をアップできるよう配慮されています。

ただし、ヘッドスピードが速い方が打つと空気抵抗が増える分、かえって飛距離が落ちやすいので注意が必要。ジュニア・シニア世代など、ヘッドスピードが遅めの方で少しでも飛ばしやすいボールを探している方におすすめです。

ゴルフボールのおすすめ|スピン系

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ゴルフボールTOUR B X

国内外のトッププロが多数使用している高級ゴルフボールです。カバーには衝撃吸収材を配合した独自のウレタンカバーが使われており、初速を抑えつつ高スピンのアプローチショットが打ちやすくなっています。

また、ドライバーショット時には、大径ハイドロコアとハイスピード・インナーカバーの働きで高初速・低スピンのショットを打ちやすいので、飛距離を落としたくない方にもぴったり。コンペの景品やゴルフ好きな方への誕生日プレゼントにもおすすめです。

タイトリスト(Titleist) ゴルフボール Pro V1

グリップ力に優れた「ウレタン・エラストマー・カバー」を採用し、スピンコントロール性能を高めた3ピースボールです。コア部分には新開発の「2.0ZGコア」が使用されているため、飛距離も出しやすくなっています。

ボールナンバーはローナンバー、ダブルナンバーなど好みの数字を選べるのが嬉しいポイント。プロの使用率も高く、幅広い世代から長年高い人気を集めているおすすめのアイテムです。

スリクソン(SRIXON) Z-STAR XV ゴルフボール

4ピース設計でスピン性能を追求した人気のゴルフボールです。ボールに接するカバー部分には極薄のウレタンカバーを採用。さらに、カバー表面には独自の「Spin Skin コーティング」を施すことで、スピン性能と耐久性を高めています。

カラーバリエーションはホワイトやプレミアムホワイト、プレミアムパッションイエローなど5色展開。ヘッドスピードに自信がある中・上級者におすすめです。

本間ゴルフ ゴルフボール TW-S

アプローチショットやパッティングなど、ショートゲーム時のソフトな打感で人気のスピン系ゴルフボールです。3ピース構造のカバー部分にはウレタンカバーを採用。また、コア部分にはロングショット時に初速が出やすい「S-fastコア」を搭載しています。

推奨ヘッドスピードは38m/s以上。カラーはホワイトだけでなく視認性のよいイエローもラインナップされています。柔らかい打感が好みの方におすすめのゴルフボールです。

ボルビック(Volvik) ゴルフボール S3 New VOLVIK

耐久性とスピン性能に優れた「VU-Xウレタンカバー」を搭載したゴルフボールです。ディンプル数は336個。八面体構造のディンプルパターンを取り入れたことにより、余分なサイドスピンを軽減して安定したショットを打ちやすくなっています。

推奨ヘッドスピードは38〜47m/sと幅広く、ヘッドスピードに自信がない方でも使いやすいのが嬉しいポイント。コースの状況に合わせてスピンをコントロールしつつ、戦略的に攻めたい方におすすめです。

ゴルフボールのおすすめ|第3系

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ゴルフボール TOUR B V10

独自の「デルタウィング・ディンプル326」で高い直進性を実現したゴルフボールです。コア部分には「ソフト・ハイドロコア」を採用。ディンプルとコアの組み合わせによってドライバーショットの余計なサイドスピンを減らし、直進性を高めています。

外側のカバーには高耐久のソフトウレタンカバーを使用。さらに、表面にグリップ力を高めるコーティングを施すことで、アプローチショット時に高いスピン性能を発揮します。

カラーバリエーションはホワイトやパールホワイなど4色。ドライバーショット時の飛距離性能とアプローチショット時のスピン性能の両方を兼ね備えたおすすめのゴルフボールです。

タイトリスト(Titleist) ゴルフボール AVX 1ダース

大きなコアと薄いウレタン・エラストマー・カバーを備えた第3系ゴルフボールです。ドライバーショット時はコアの反発力によって高い初速を実現。カバーに独自の「352カテナリーディンプル」を採用し、安定した中低弾道のショットを打ちやすくしています。

グリーン周りのアプローチショットでは柔らかいカバーによってボールがフェース面と長く接するため、高いスピン性能を発揮。幅広いヘッドスピードに対応しているので、中・上級者はもちろん、これから100切りをめざす初心者にもおすすめの製品です。

スリクソン(SRIXON) ゴルフボール TRI-STAR 2020年モデル 1ダース

3ピース設計でディンプル数338個のゴルフボールです。カバーの素材にスリクソン独自の「Spin Skinコーティング」が施されており、アプローチショット時にスピンがかかりやすいよう配慮されています。

コア部分には高反発ファストレイヤー大径コア、コアとカバーの間には高反発ソフトミッドを採用。フルスイング時には余計なスピンがかかるのを軽減するため、飛距離も出やすい設計です。

パッティングで目標に向かって真っ直ぐ構えたいときに便利なアライメントサイドマークが付いているのも嬉しいポイント。コスパのよい第3系ゴルフボールを探している方におすすめです。

キャロウェイ(Callaway) ゴルフボール CHROME SOFT X

インナーコアの直径を可能な限り大きくした4ピース構造のゴルフボールです。ドライバーショット時にボールが大きくつぶれ、高弾道かつ低スピンのショットが打ちやすくなっています。

インナーコアの外側、アウターコアに注入された新素材「グラフェン」もポイント。ボールの初速を高めながらも、柔らかく心地よい打感を実現しています。

カバーにはアプローチショットでスピンがかかりやすいウレタンカバーを採用。定番デザインだけでなく、サッカーボールのような個性的なデザインのゴルフボールも選べるので、ぜひチェックしてみてください。

ボルビック(Volvik) ゴルフボール S4

高反発かつ軽量なインナーコア「ビスムス デュアルコア」を備えた4ピース構造のゴルフボールです。カバーには耐久性とスピン性能に優れたウレタンカバーを採用しています。

また、八面体構造のディンプルパターンを取り入れているのもポイント。ドライバーショット時には余計なサイドスピンを軽減できるので、スライスで悩んでいる方にもぴったりです。

カラーはスタンダードなホワイトだけでなく、視認性の高い蛍光色のグリーンも人気。高性能で少し変わったカラーのゴルフボールを探している方におすすめです。