目覚まし時計は、決まった時間に起きるための重要なアイテム。今お使いの目覚まし時計ではなかなか起きられないという悩みを持っている方は、目覚まし時計を見直してみるのもよいかもしれません。

そこで今回は、音の大きさと機能にこだわった目覚まし時計をご紹介。衝撃波のようにすさまじい爆音大音量目覚まし時計で2度寝を予防し、朝から気持ちのよいスタートを切りましょう。

大音量目覚まし時計の選び方

アナログかデジタルかで選ぶ

目覚まし時計には針で数字を指すことで時間を示すアナログ式と、数字を電子表示して時間を示すデジタル式があります。アナログ式の目覚まし時計のメリットは直感的に時間を把握できることに加え、操作が簡単なモノが多いことです。

ただ、スヌーズ機能はあってもアラームの時刻は1つしか設定できないモノがほとんどなのが難点。また、秒針が動くときの音が気になる場合もあります。

一方、デジタル式の目覚まし時計は、時間を一目で確認でき、見間違いが少ないのがメリットです。時間だけでなく、年月日、曜日、気温や湿度まで表示するモデルもあるので時間以外の情報を把握したい方にもおすすめ。しかし、多機能なためワンタッチでできるモノは少なく、アナログ式に比べて操作に手間がかかるのが難点です。

音量や音の鳴り方で選ぶ

大音量目覚ましを選ぶ際は音量ももちろん音の鳴り方も重要なポイントです。目覚まし時計の音量は「dB(デシベル)」で表示されています。デシベルとは音の大きさを表す単位のこと。うるさいと感じる音量はおおよそ60dBからです。

大音量目覚まし時計は100dBとかなり大きい音のモノがほとんど。車のクラクションやガード下で電車が通るときと同じくらいの大きさと言われています。普段起きられない方はより大きな音の目覚まし時計を選ぶとよいでしょう。しかし、家族や隣で寝ている人も起こしてしまうので、音量を選べるタイプのモノだとシーンに合わせて使い分けられて便利です。

また、目覚まし時計の音の鳴り方には電子音とベル音の2種類があります。電子音は電子機器が発生させる音声のことで、多種多様な音が楽しめるのが特徴。音量も調整できるので、通常は小さい音にしておきたい方にもおすすめです。

ベル音は実際にベルを叩いて音を立てるタイプ。電子音によくある徐々に音が大きくなるような音ではなく、突然の大音量で容赦なく起こしてくれるのが特徴です。

スヌーズ機能の有無

二度寝を防止したい方におすすめなのがスヌーズ機能。スヌーズ機能とは目覚ましを止めても数分後に再度目覚ましが鳴りだす機能です。

スヌーズ機能にも種類があり、徐々に音量が大きくなっていくタイプや音の鳴り方が変わるタイプ、徐々に間隔が短くなっていくモノなどもあります。二度寝をよくしてしまう方は自分に合ったスヌーズタイプを選んでみてください。

振動機能の有無

マンションなどの集合住宅にお住まいの方や、一緒に住む家族を起こしたくない方におすすめなのが振動機能。枕の下などに入れておけばわずかな振動でも目を覚ます効果が高く、普段は大きな音を出したくない方にピッタリです。

大音量と振動を組み合わせられるモノもあるので大事な予定がある日に必ず起きたいときに便利。予定に合わせて振動の有無を自由に選べるモノを選択しましょう。

電波対応の有無

By: amazon.co.jp

電波対応の目覚まし時計なら、情報通信研究機構が発信する日本の標準時間を受信することが可能。電波を正常に受信できる位置にあれば自動的に時刻を合わせ、秒単位で正確な時間を示してくれます。

朝の貴重な時間を1分でも無駄にしたくない方や、目覚まし時計にもより正確さを求める方におすすめです。

デザインで選ぶ

スタイリッシュな空間を大切にしたい方やゴツゴツとした目覚まし時計を避けたい方はデザイン性を重視して選びましょう。小さなブロック状のシンプルな見た目のモノや落ち着いたフォルムのモノなど種類はさまざま。

液晶ではなくLEDライトで時刻を表示するタイプもあるので部屋のインテリアとしても十分に活躍してくれます。LEDタイプの中には「目覚ましライト」機能を兼ねているタイプもあり、目覚まし時刻が来るとLEDライトが点灯し、明るい光で起こしてくれます。

デザイン性に優れた目覚まし時計は多数展開されているので部屋のインテリアに合った最適なデザインを選びましょう。

大音量目覚まし時計のおすすめメーカー

セイコー(SEIKO)

By: amazon.co.jp

日本を代表する時計メーカーの1つで長い歴史を持つセイコー。セイコーの生み出すムーブメントは非常に精巧で、世界に誇るクォーツ技術を持っています。

セイコーは市販クォーツ時計を開発したメーカーでもあり、今でも非常に高い技術力を持っているのが特徴。目覚まし時計も精密な作りと正確さに優れています。朝の大事な時間を任せる目覚まし時計としておすすめのメーカーです。

カシオ(CASIO)

By: amazon.co.jp

カシオは正式名称を「カシオ計算機株式会社」といい、元は計算機を生産していたメーカーです。デジタル数字を表示する計算機に強かったことから、クォーツ時計が開発された後、デジタル時計業界に参入しました。

セイコーやシチズンと比べ低価格路線のため、デジタル時計のシェアを一気に広げているのが特徴です。特に機能性が高く、丈夫でデザイン性にも優れた「Gショック」は世界中で高い人気があります。

アナログ・デジタル共に低価格帯の時計を多く展開しており、リーズナブルさと高機能さを併せ持つメーカーです。

シチズン(CITIZEN)

By: amazon.co.jp

シチズンは日本を代表する時計メーカーの中でも、特に電波時計を得意としています。シチズンの目覚まし時計を選ぶなら、電波タイプが特におすすめ。

電波時計は自動で時間を修正できることが大きな強みです。1日1回~数回電波を受信するたびに小さな誤差を修正できるため、大きなズレが生じるのを予防します。

電波機能を搭載しているため価格は少し高くなるものの、正しい時間をきちんと知らせてくれるので正確さを重視したい方におすすめのメーカーです。

爆音大音量の目覚まし時計ランキング

第1位 セイコー(SEIKO) RAIDEN ライデン NR438

セイコーの大音量目覚まし時計シリーズ、ライデン。本製品はその中でも特に大きな音で目覚めさせてくれる、スーパーライデンです。大きな音の秘密は、左右に設置された巨大なベル。電子音ではなく実際にベルを叩いて音を出すベル音方式なので、思わず飛び起きてしまうほど、大きなベル音が鳴り響きます。

音量はMIN・MID・SUPERの3段階に設定が可能。MINは片側のベルだけを中速回転で鳴らす、一般的な目覚まし時計ほどの音量です。MIDは両側のベルを中速回転で鳴らすので、MIDの2倍。SUPERはその名の通りスーパーライデン特有音量で、両側のベルを高速回転で打ち鳴らします。大きさはおおよそ110dBほど。

また、5分後のスヌーズ機能もしっかり搭載されています。さらに、文字盤からベルまで続く分厚いアクリルカバーが立体感を引き出しているデザインもポイント。万が一落下しても文字盤を守ってくれます。どうしても起きられない方におすすめの目覚まし時計です。

第2位 セイコー(SEIKO) 目覚まし時計 ライデン NR523K

ライデンシリーズのデジタル式目覚まし時計。アナログ式スーパーライデンと同じ音量や3段階音量設定に加え、カレンダー機能や湿度、温度表示機能を搭載しているのが特徴です。

電波時計なので電波が受信できる場所なら自動で時間修正し、いつでも正しい時間を表示できます。カレンダーも電波受信によるオート表示のため、わざわざ設定する手間がありません。もし電波が届かない場所なら電波をオフして使うことも可能です。

また、スヌーズ機能も搭載しているので二度寝を予防してくれます。ただ、本体重量が760gあるため、ちょっとした衝撃で簡単に壊れることはありませんが、足元に落とさないよう注意が必要です。大音量なだけでなくさまざまな情報を把握したい方におすすめします。

第3位 カシオ(CASIO) 目覚ましTQ-645S

コロンとした丸いフォルムが特徴の大音量目覚まし時計。縦・横・奥行きが14~15cmほどの球状をしており、メタリックグレーの色彩も印象的です。5分おきのスヌーズ機能を搭載しており、しっかり止めないと鳴りやまない仕組み。

ベル音を採用しているため、本体のベルが大音量で起こしてくれます。アラーム時刻は本体側面にセットされたダイヤルで簡単にセット可能なので毎日起きる時間が違っても安心です。

夜間にも時計がチェックしやすいライト機能が付いているのもポイント。音量の変更や電波機能などはありませんが、シンプルな機能とわかりやすい操作が魅力の大音量目覚まし時計です。

第4位 シチズン(CITIZEN) めざまし時計 8RA636-002

ベル音量が2段階から選べるシチズンの大音量目覚まし時計。「小」設定でもかなりの音量で起こしてくれます。アラームは本体に設置されたベルを叩いて鳴らすベル音方式を採用。縦8×横16cmほどの横長のすっきりしたフォルムなのでベッド棚のちょっとした隙間にも置きやすいサイズです。

また、スヌーズ機能もしっかり搭載しており、二度寝を予防します。黒文字盤に白針なので視認性も抜群。連続秒針を採用しているため、針のカチコチ音が気になって眠りを妨げることもありません。

ハイパワーながら、本体は軽量なプラスチックなのもポイント。秒針の音が気にならないアナログ式の目覚まし時計を探している方におすすめです。

第5位 Finether 光 目覚まし時計大音量 MY-08

光を活用した目覚まし時計。音だけではつい消してしまってなかなか起きられない方や部屋が真っ暗なためにまた寝てしまう方におすすめです。本製品はまるで朝日を思わせるやわらかな光で、徐々に眠りから目覚めさせてくれます。

設定した起床時間の30分前から、日が昇るように少しずつ明るみを増していく仕組み。まぶしさを感じさせないあたたかな光なので、不快感を感じることもありません。LEDライトなので好きな色に変化させることもでき、眠る前はベッドライトとしても活躍します。

アラーム音は、鳥のさえずり、波の音、雨の音などの5種類の自然音を搭載。鳴り始めからしっかりとした音量で鳴るので大音量目覚ましを探している方にもピッタリです。

ただし、大きな電力を必要とするのでマイクロUSBによるコンセントからの給電が必要。充電式のリチウムイオン乾電池が内蔵されていますが、これは目覚まし用ではなくライトを緊急時にも使用できるようにしたもの。給電なしでもかなりの明るさでしっかり光ってくれます。

第6位 Volon 木目調 目覚まし時計 Alarm clock-wood type

ブラックの木目調で、非常にシンプルかつスタイリッシュな目覚まし時計。シックな部屋にもマッチし、部屋の雰囲気を乱しません。上品なデザインの大音量目覚まし時計を探している方におすすめです。

LEDデジタル表示を採用しており、時間と温度、湿度を明確に表示します。液晶表示と比べて暗闇でも確認しやすく、視認性が高いのが特徴です。ただしライトを使用するので、USBによる給電が必要。単4乾電池でも動くので非常時にも便利です。

省エネ機能を使えば振動や音を察知してLEDが光るように設定できるのもポイント。夜間にLEDの光が付くのを制御できるうえ、電力を無駄にしません。さらに、明るさセンサーを搭載しているので夕方から早朝にかけてはLEDの明るさが最も暗くなり、目に優しい明るさを保ちます。

第7位 アデッソ(ADESSO) 目覚まし時計 MY-96

目覚まし時計にとにかく起こす機能を求める方におすすめの目覚まし時計。強力な振動と大音量が特徴です。音量は最大で100dBと、電車の通る際のガード下レベル。小・中・大の3段階から音量を選べるので好みの音量を選択できます。

また、付属のシェーカーを枕の下に入れれば、アラームと同時に振動が起こる仕組み。シェーカーはわずか2.5cmの厚みで、枕の下に入れても気になりにくいサイズです。さらに、スヌーズ機能も搭載しているので二度寝をしてしまった時も安心。電波式なので時刻合わせの手間もありません。

ACアダプターで常時給電が必要なので、コンセントのそばで使うのに向いています。音だけでは起きられない方や近隣への騒音が気になる方におすすめの目覚まし時計です。