社会人の天敵である“寝坊”。「スマホや目覚まし時計のアラームをかけていたのに全然気づかなかった……」などの失態は、ビジネスパーソンとしての信頼に関わってくる問題なので、なんとかクリアしたいところです。そこで今回は、朝起きるのが苦手という方におすすめしたい大音量の目覚まし時計をご紹介します。

爆音大音量の目覚まし時計ランキング

第1位 セイコークロック(SEIKO CLOCK) 目覚まし時計 アナログ 大音量 NR436

世界的に有名な時計ブランド「セイコー」の目覚まし時計。数字が大きく見やすいため、アナログ時計派の方におすすめです。アラームが2種類あるのが特長で、普段は「電子音」、絶対に起きなければならないときは大音量の「ベル音」など、ライフスタイルによって使い分けることができます。ちなみにベルは音量切替が可能です。

主な機能はスヌーズ、文字版を照らすライト、約5分間のアラームオートストップ機能など。コンパクトながら便利機能が充実しています。音量の大きさはもちろん、性能を重視している方にもおすすめの目覚まし時計です。

第2位 セイコークロック(SEIKO CLOCK) 目覚まし時計 NR532K SEIKO

デジタルタイプの大音量目覚まし時計です。音量は「大」と「小」の2段階切り替え式。大きさは5.1×14.4×4.2cmのコンパクトサイズなので、自宅での利用はもちろん、旅行や出張などに持って行くことも可能です。注目したいのは「電波修正機能」。電波が届く場所ならば、自動的に時間のズレを調整してくれます。

カレンダーや温度の表示、寝坊防止のスヌーズ、LEDバックライトなど機能面も充実。価格もリーズナブルなので、改めて大音量目覚まし時計を購入したいという方におすすめです。

第3位 カシオ(CASIO) アナログ目覚まし 大音量ベルアラーム TQ-645-8JF


大音量のベルアラームが特長の「スリープバスターシリーズ」。上部に付いている大きな2個のベルでしっかりと目を覚ましてくれます。止めても再び鳴り出すスヌーズ機能付き。暗い場所でも文字盤が見やすいようにライト機能が搭載されています。

第4位 目覚まし時計 大音量 アンティーク レトロ

木目調プリントの文字盤がおしゃれなアナログ目覚まし時計です。ツインベルの音色は目が覚めるような大音量なので、眠りが深くてなかなか起きられない方におすすめです。ベルや脚の部分にはサビ加工が施されており、ヴィンテージ感があるのもポイント。二度寝防止のスヌーズ機能が付いているため、いざというときも安心です。

第5位 セイコークロック(SEIKO CLOCK) 目覚まし時計 SUPER RAIDEN NR523K

超大型ベルが特徴的なスーパーライデンシリーズ。どのような眠りでも思わず飛び起きてしまうほど、大きなベル音が鳴り響きます。音量は特大・大・小の3段階から選択可能。電波修正機能付きなので、正確な現在時刻・日付が分かるのもポイントです。また、温度や湿度も表示されるため、部屋のコンディションを知りたいときにも役立ちます。

その他オートストップやスヌーズ、アラームモニター、フルオートカレンダー(2099年まで)など、さまざまな機能も搭載。最大級のベル音を求めている方や使い勝手のよい目覚まし時計を探している方におすすめです。

第6位 IDEA LABEL 電波大音量アラーム クロック メガホン LCR091

メガホンがモチーフになった大音量の目覚まし時計です。最大100dBの大音量のアラーム音が鳴ります。100dBとは、だいたい電車が通る際のガード下くらいの音量。音の大きさは6段階から選択が可能です。平日には音を最大にして、週末には小さめにするなど、シーンごとに細かく調節できるのもポイントです。

また、電波を自動で受信するため、時刻を手動で合わせる手間がかからない点やAM/PMの12時間表示、アラーム音のデモ再生、バックライト点灯、スヌーズなど、便利な機能が豊富に取り揃っています。カラーはホワイトとレッドの2色展開。インテリアとしても映えるおすすめの目覚まし時計です。

第7位 ライデン(RAIDEN) 目覚まし時計 クオーツ 大音量ベル音 NQ709P

スタイリッシュなデザインの「ライデンシリーズ」。秒針がなめらかに動くスイープセコンド機能を採用。アナログ時計特有のコチコチ音が気になる方におすすめです。機能は大・小のベル音アラーム2段階切替、スヌーズ、文字盤を照らすライトなどを搭載。サイズは7.8×17.5×9.6cmとコンパクトなので、出張時にも気軽に持っていける目覚まし時計です。

第8位 ビッグタイム BIG-T 振動式 目覚まし時計

「大音量」と「振動」のふたつの機能を持った目覚まし時計です。音の大きさは無音から約100dBの大音量まで調節できます。振動は、スマートフォンのバイブレーション機能と比べて約5倍。振動タイプは”連続振動”と”断続振動”から選べます。ブルーLED液晶が搭載されており、スタイリッシュなインテリアとしても活躍します。

第9位 Teecoo 大音量 デジタル アラームクロック

おしゃれな木目調デザインの大音量目覚まし時計。部屋のインテリアに映えるアイテムを探している方におすすめです。LEDの明るさを自動的に抑える省エネ機能や、月~金曜日のみ鳴るモード、温度・湿度の表示など、選べる機能が多彩。電源は「電池」と「USB接続」の2種類から選択できますが、電池は消耗が激しいので普段使いの際はUSB接続がおすすめです。

第10位 セイコークロック(SEIKO CLOCK) 目覚まし時計 NR531W SEIKO

アラーム音の種類が豊富な大音量の目覚まし時計。音の種類には、一般的なピピ音やベル音、激しいレーザー銃やブザー音などがあります。「この音なら起きる!」という音を選べるのが特長です。その他の機能は、電波修正、約5分間のアラームオートストップ、スヌーズ、大小の音量切替、温度表示機能などがあります。

第11位 シチズン(CITIZEN) 大音量 目覚まし 8RA636-002

普段は秒針の音が聞こえないほど静かで、ベルは大音量という点が特長の目覚まし時計。音量は大と小の2段階調整ができます。シチズンらしいスタイリッシュで高級感のある見た目も魅力。主な機能には、スヌーズ、アラームオートストップ、ライトが搭載されています。

第12位 三つタンポポ 置き時計 デジタル おしゃれ 木製

キューブ型のおしゃれな大音量目覚まし時計。1日3つまでアラームを設定でき、朝の遅刻防止だけでなく重要な約束を忘れることも防げます。その他の機能には、省エネ、カレンダー、明るさ調整。温度表示などがあります。

第13位 リズム時計 RHYTHM 電波 目覚まし 時計 Z166SR02


見やすさと使いやすさが追及された、アラーム式の大音量目覚まし時計。時刻表示が大きく、少し離れた場所でも時間の確認ができるので、普段使いの時計としても活躍します。特長的な機能は、大安や仏滅などの六曜が確認できること。縁起を気にする方におすすめです。

ほかにも12時間表示と24時間表示の切替、文字板ライト、スヌーズ、電波サーチ機能など、使いやすい機能が充実しているのもポイントです。

大音量目覚まし時計の選び方

音の鳴り方


大音量目覚ましは、主に「電子音」タイプか「ベル」タイプかの2種類に分けられます。電子音は音量を調整できるモノが多く、ベルは音量を調整できないモノがほとんど。「自分を甘やかして音を小さくしてしまいそう」という方は、ベルタイプがおすすめです。

また、電子音は音を調整できたりユニークな音があったりと、音の種類を楽しめる目覚まし時計があるのもポイント。シンプル機能ではモノ足りないという方は、電子音の目覚ましがおすすめです。

付属機能の有無

By: amazon.co.jp

デジタルタイプの目覚ましにはカレンダーや温度、時間の表示方法が12時間/24時間切替可能なモノがあるなど、多機能な目覚ましが多いです。一方で、アナログのベル音タイプの目覚ましはスヌーズ機能のみなどシンプル機能なモノがほとんどです。機能性重視なのか、単純に起きられればよいのかを明確にするのも目覚まし時計を選ぶ際のポイントです。