フランスを代表するファッションブランド「イヴ・サンローラン」。イヴ・サンローランの香水は、エレガントで女性らしい香りから、重厚感のあるメンズライクな香りまでバリエーションが豊富です。

大人の女性にふさわしい香りを楽しめ、デイリー使いはもちろん、パーティーなど華やかな場でも重宝します。今回は、イヴ・サンローランのおすすめ香水をピックアップ。香水選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

イヴ・サンローランとは?

By: yslb.jp

イヴ・サンローランは、1961年マック・ロビンソンとイヴ・サンローランがフランスで創業したファッションブランド。モード×エレガンスな雰囲気が魅力で、さまざまなファッションアイテムを発売しています。

イヴ・サンローランは17歳のときに、パリオートクチュール組合経営の学校に入学。3ヶ月のコースが終了する頃に、デザインコンクールへ応募し、ドレス部門において、最優秀賞を受賞します。この受賞はクリスチャン・ディオールにも評価され、21歳でディオールのデザイナーに就任するきっかけとなりました。

ディオールで得た経験を活かし、イヴ・サンローラン設立後から現在まで、世界的なファッションブランドとして活躍し続けています。

イヴ・サンローランの香水の特徴

By: yslb.jp

イヴ・サンローランの香水はフローラルを基調とした優美でエレガントな香りが特徴。男性に好まれるフレグランスとして定評もあり、華やかで品のある女性を演出できます。

ベリー系のフルーツをスパイスとして加えた香水は、程よい甘さがあり、フェミニンな雰囲気を身に纏いたいときにおすすめ。オレンジやレモンを調合した香りは、すっきりとしながらも官能的な香りが残ります。

また、コーヒーをエッセンスとして加えたブラックオピウムシリーズに代表されるように、メンズライクなニュアンスを楽しめる香水も。王道の香りから少し個性的な香りまで、バリエーションが豊富なのも魅力です。

イヴ・サンローランの香水おすすめアイテム

イヴ・サンローラン(YSL) マニフェストエクラ オーデトワレ

自分らしさを常に忘れず、何にも縛られない自由奔放な女性をイメージして作られたマニフェストエクラオーデトワレ。イヴ・サンローランのアイコンともいえる、ドレスをモチーフにしたエレガンスなボトルも魅力的です。

トップノートは、ネロリ・ベルガモット・ブラックカラント・ティーアコードのスパイシーで重厚感のある香り。続いて、サンバックジャスミン・フリージア・クリーミーアコードのフローラルな香りが包み込みます。

ラストノートは、カシミヤ・サンダルウッド・トンカビーン・バニラで程よく甘さを加えた、セクシーで官能的な香りです。

イヴ・サンローラン(YSL) モンパリ オーデパルファム

退屈な日常を忘れ、大好きな彼の元へ駆け寄りたい、という恋愛の絶頂期をコンセプトにした香水。薄いピンクに、ブラックのリボンを施したかわいらしいデザインのボトルも気分を上げてくれます。

トップノートは、ベリー・ペアーなど甘酸っぱいフルーツの香りで恋の高揚感を表現。ミドルノートでは、オレンジフラワーアブソリュ・ジャスミンサンバックアブソリュ・ホワイトピオニー・ダチュラが香ります。

ラストノートは、ホワイトムスク・パチョリで甘さを加えた、フェミニンで優しい香りが魅力。デイリーにも使えるおすすめの香水です。

イヴ・サンローラン(YSL) ベビードール オーデトワレ

ざくろ・ピーチ・シダーウッドがバランスよく調合された、甘くフェミニンな香りが特徴のオーデトワレです。

つけた瞬間に香るのは、グレープフルーツ・レッドカラント・リュバーブの爽やかでスパイシーな香り。続いて、ワイルドローズ・フリージアが顔を出し、魅惑的なフローラルテイストの香りが広まります。

ラストは、ムスク・ザクロ・ピーチ・シダーウッドが女性らしさを引き立て、透明感のある雰囲気を与えてくれます。

イヴ・サンローラン(YSL) ブラックオピウム フローラル ショック オーデパルファム

フルーティーな香調に、コーヒーをスパイスとして加えたモダンな香りが特徴の香水。ほかのブランドにはない、個性的で芳醇な香りを身に纏えます。

トップノートは、フリージアアコード・ベルガモットアコード・ペアーアコード。ミドルノートはゴールデンガーデニアアコード・フローラルソーラー・オレンジブロッサムと程よくマッチし、フルーティーな香りが楽しめます。

ラストは、コーヒーアコード・ミネラルアコード・ホワイトムスクが全体をまとめるとともに、爽快感のある香りからエキゾチックな香りへ変化するユニークな香水です。

イヴ・サンローラン(YSL) オピウム オーデトワレ

東洋への憧れをイメージして作られたオピウム オーデトワレ。官能的でスパイシーな香りが特徴で、漆塗りの印籠をモチーフとして作られた、重厚感のあるボトルも魅力的です。

最初に顔を出すのは、マンダリン・ベルガモット・ミュゲの重厚感のある甘い香り。ミドルノートは、ジャスミン・カーネーション・ミルラの香りが身を包み込みます。

最後に、バニラ・パチュリ・オポポナックス・アンバーでバランスを整えることによって、セクシーかつ魅惑的な雰囲気を身に纏えます。

イヴ・サンローラン(YSL) パリジェンヌ オーデパルファム

芯がある、自立した大人の女性を表現した香水。ダマスクローズの女性らしい香調にウッディな香りを加えた、高級感のある香りが特徴です。淡いピンク×ブルーのボトルは、パリの夜明けを表現しています。

つけた瞬間に香るのは、ヴィニールアコード・クランベリー・ブラックベリーのフレッシュな果実。ミドルノートのダマスクローズ・ピオニー・バイオレットと相性よくマッチし、女性らしさを存分に引き立ててくれます。

ラストは、パチュリ・ベチバー・カシュメラン・サンダルウッド・バニラ・ムスクで甘さを加えた、デイリー使いしやすい香水です。

イヴ・サンローラン(YSL) パリ オーデトワレ

知性と気品のあるパリジェンヌを体現した香水。ダイヤモンドカットが施されたボトルは、パリの煌めく街並みを表現しています。ウッディフローラルの香調は、クセがなく使用シーンを問いません。

トップノートは、オレンジブロッサム・バイオレットのフルーティー×スパイシーな香り。続いて、メイローズ・ミモザ・アイリスが徐々に顔を出し、官能的で透明感のある香りに移行します。

ラストノートは、サンダルウッド・ベチバ-・アンバーで余韻を残すことによって、フローラルウッディの香りが身を包む、華やかな香調です。

イヴ・サンローラン(YSL) サハリエンヌ オードトワレ

フローラルシトラスアンバーの香調をもつサハリエンヌ オードトワレ。フローラルとフルーティーな香りが相性良くマッチした爽快感のある香りが特徴です。オールシーズン使えますが、フレッシュな香りを欲する夏場は特に重宝します。

つけた瞬間に香るのは、フレッシュなシトラスと、ソルティーミネラルアコード。ミドルノートのジャスミン・オレンジフラワーが加わることで、フェミニンな香調へと移行します。

ラストノートはアンバーウッドを採用することで、甘さと爽やかさのバランスが取れたモダンな香りが魅力です。

イヴ・サンローラン(YSL) ブラック オピウム インテンス オードパルファム

2019年にブラックオピウムシリーズから発売された香水です。夜空に輝く星が散りばめられたような青いボトルと、スウィート・バニラの香調が魅力。甘い香りが好きな方には特におすすめです。

最初に顔を出すのは、ブルーアブサン・ボーイセンベリー。ミドルノートのジャスミンサンバック・オレンジブロッサム・ブラックコーヒーと溶け合って、官能的な香りが漂います。

ラストは、サンダルウッド・リコリス・バニラの甘い香りが身を包み込む、甘くセクシーな香りが特徴です。

イヴ・サンローラン(YSL) モンパリ オードトワレ

めまいがするほど彼を愛する、恋の絶頂期を表現した香水。ドットが施されたチュールのリボンがキュートな印象で、インテリアとして飾るのも素敵です。

トップノートは、ベルガモット・ブラックベリー・ラズベリー・ピンクペッパーの弾けるようなフルーティーな香り。続いて、ダチュラア・ホワイトピオニー・オレンジフラワーアブソリュ・ジャスミンサンバックアブソリュの透明感のあるフローラルな香りが広がります。

ラストは、パチョリエッセンス・カシュメラン・ホワイトムスクで程よく甘さを加えた、フェミニンな香りがポイントです。

イヴ・サンローラン(YSL) ブラック オピウム グロウオードトワレ

コーヒーの香りがアクセントになった、モダンでポップな香水。女性らしい甘さも残しつつ、情熱的でクールな香りが特徴です。最初は、シトラス&グリーンノートの爽やかな香りが顔を出します。

ホワイトフラワーのミドルノートが続き、女性らしさを演出。ムスキーなコーヒーノートがラストにスパイスとして調合されると、メンズライクな雰囲気も加わります。個性的で重厚感のある香りが好きな方に特におすすめの香水です。

イヴ・サンローラン(YSL) モン パリクチュール オーデパルファム

モンパリシリーズのなかでも、特にフローラルな香りが強いフレグランス。エレガントな雰囲気を身に纏えます。シーズンや使用シーンを問わないので、デイリー使いにもおすすめです。

トップノートは、ライチ・ラズベリー・ベルガモット・マンダリンエッセンス・グレープフルーツエッセンスのフルーティーな香り。続いて、ダチュラ・ホワイトピオニー・ローズバッド・ローズインフュージョン・オレンジフラワーが身を包みます。

ラストは、パチョリ・アンバー・ホワイトムスク・カシュメラン・クリームで甘さを程よくプラスした、女性らしい香りです。