うっとりとするような輝きを放つ、洗練されたジュエリーが揃うラグジュアリーブランド「カルティエ」。宝飾品をメインとするブランドながら、長く愛されるロングセラー香水が数多くラインナップしているのも特徴です。

そこで今回は、カルティエのおすすめ香水をメンズ、レディースに分けてご紹介します。香りの変化の仕方など、香水ごとの特徴を詳しく解説するので、お気に入りの香水を見つけるための参考にしてみてください。

カルティエの香水の特徴

By: cartier.com

カルティエは世界5大ジュエラーのひとつとして知られる、フランス・パリ発のラグジュアリーブランドです。香水も品のある雰囲気を演出できる香りがラインナップ。ボトルも洗練されたデザインで、部屋に飾っておくだけでもおしゃれです。

さらに、ジュエリーや腕時計をイメージして作られた香水が多いのも大きな特徴。例えば、メンズ香水の「パシャ」や「ロードスター」は、どちらも腕時計の人気シリーズの名を冠したアイテムです。

また、レディース香水の「カラット」は、ダイヤモンドをモチーフに作られたモデル。洗練された香調はもちろん、宝飾品をメインに扱うブランドならではのコンセプトが魅力です。

カルティエの香水おすすめモデル|メンズ

カルティエ(Cartier) パシャ オードトワレ

カルティエ(Cartier) パシャ オードトワレ

1992年に発売され、現在でも根強いファンを抱えるメンズ香水「パシャ」。シトラス・スパイシー・ウッディと変化していく王道の香調が、クラシックでダンディな雰囲気を醸し出します。

ベルガモット・マンダリン・ラベンダーで構成された爽やかなトップから、スパイスを効かせたミドルへ。さらに時間が経つと、サンダルウッド・オークモス・シダーが織りなすウッディ系の香りに、パチュリやレザーで渋さをプラスした上品なラストノートへと変化します。

若々しさよりも、落ち着いた雰囲気を演出したい方におすすめ。スーツでビシッとキメたい日に、特にぴったりの香水です。

カルティエ(Cartier) パシャ エディション ノワール オードトワレ

カルティエ(Cartier) パシャ エディション ノワール オードトワレ

モダンでスタイリッシュな香りのおすすめメンズ香水です。オリジナルのパシャに比べてライトな印象で使いやすく、香水をつけ慣れていない方にもおすすめ。オーソドックスな香調でクセがなく、幅広いシーンで使えるのも嬉しいポイントです。

トップからミドルにかけては、マンダリンやベルガモット、オレンジやレモンなどの果実が爽やかなハーモニーを奏でます。そして、時間が経つにつれてシダーやアンバーが香るウッディノートへ。フレッシュなシトラス系の香りから次第に落ち着きのある香りへと変化していく、シンプルな香調が特徴です。

カルティエ(Cartier) デクラレーション オードトワレ

カルティエ(Cartier) デクラレーション オードトワレ

爽やかさと渋さのバランスが絶妙なおすすめメンズ香水です。シトラス系の香りをベースにスパイシーなアクセントを効かせた、男らしい香調が特徴。香水としての完成度の高さが評価され、発売から20年以上が経つ現在でも人気のあるロングセラー香水です。

香水をつけて最初に感じるのは、マンダリンやベルガモット、ビターオレンジやコリアンダー、バーチウッドなどが混ざり合う、シトラススパイシーノート。ミドルはカルダモン・ジンジャー・シナモンを採用したスパイシーな香りで、ラストはあたたかみのあるアロマティックウッディノートが身を包みます。

カルティエ(Cartier) レンボル ドゥ カルティエ オードトワレ

カルティエ(Cartier) レンボル ドゥ カルティエ オードトワレ

完全オリジナルの新作として2016年に発売された注目のフレグランス。ギリシャ神話に登場する神々の飲み物「アンブロシア」をイメージした香水で、オリエンタルウッディーをベースに甘さをプラスした香調が特徴です。

キーとなる香りはハニー。イリスのエレガントなフローラルノートや、ガイアックウッドのウッディノートを包み込むように甘いハニーの香りがブレンドされています。ただ甘いだけではなく、上品さと奥行きが感じられるおすすめの香水です。

カルティエ(Cartier) ロードスター オードトワレ

カルティエ(Cartier) ロードスター オードトワレ

ラグジュアリーかつスポーティなデザインで人気を集める腕時計「ロードスター」をモチーフに調香された、メンズ香水です。ミントの清々しい香りをベースにした、モダンでクールな香調が特徴。ビジネスやフォーマルシーンには特におすすめです。

トップノートは主役のミントに加えて、ベルガモット・ラベンダー・コリアンダー・カルダモンをブレンドしてスッキリとした印象の香りに。次第にフローラルが漂うミドルへと変化し、ラブダナム・トルーバルサム・バニラで構成された、甘くあたたかみのあるラストノートが印象的な余韻を残します。

カルティエの香水おすすめモデル|レディース

カルティエ(Cartier) ラ パンテール オードパルファム

カルティエ(Cartier) ラ パンテール オードパルファム

1986年に誕生した名香「パンテール」のニューエディションモデルとして、2014年に発売された「ラ パンテール」。パンテールとはフランス語で「豹(ひょう)」を意味する言葉です。ブランドのジュエリーにもよく用いられる象徴的なモチーフで、本アイテムでは香水ボトルが豹の形に彫刻されています。

トップはルバーブ・ストロベリー・ドライフルーツが混じり合う甘酸っぱい香り。ミドルではガーデニアを中心にブレンドされた女性らしいフローラルの香りが広がり、ムスクとオークモスの大人っぽいラストノートで幕を閉じます。

カルティエ(Cartier) ラ パンテール レジェール オードパルファム

カルティエ(Cartier) ラ パンテール レジェール オードパルファム

「ラ パンテール」をベースに、よりライトで使いやすい香調にアレンジしたおすすめの香水です。爽やかさとほどよい甘さを兼ね備えており、エレガントでフェミニンな雰囲気を演出したいシーンで重宝します。

トップノートを構成するのは、グリーンノートやドライフルーツ、ベルガモット、ペアー、タンジェリンなど。甘酸っぱいフルーツとグリーンを組み合わせたフレッシュな香りに心がはずみます。

香水の主役であるミドルノートは、ガーデニア・ティアレフラワー・ジャスミンが織りなすフローラルブーケの香り。最後はムスク・オークモス・パチョリが落ち着いた余韻を残します。

カルティエ(Cartier) ベーゼ ヴォレ オードパルファム

カルティエ(Cartier) ベーゼ ヴォレ オードパルファム

「盗まれたキス」というロマンチックな名前がついたレディース香水です。香りの主役はユリ。ブランドの専属調香師であるマチルド・ローランが男性に好きな花を尋ねたときに、ユリと答えた人が多かったというエピソードが香水の出発点になっています。

花だけでなく、おしべや葉なども含めたユリの香りを表現しているのが特徴。主役を際立たせるためにシトラスノートでアクセントをプラスしています。

あえて使用する香料を絞ってシンプルに仕上げることで、メインのユリの香りをストレートに楽しめる香水に。華やかなシーンにぴったりのおすすめ香水です。

カルティエ(Cartier) カラット オードパルファム

カルティエ(Cartier) カラット オードパルファム

宝石の重さを表す単位である「カラット」の名がついた、注目のレディース香水です。スクエアカットが施された香水ボトルは、まるでダイヤモンドのような輝きを放ちます。また、ダイヤモンドは光の加減で7色に変化することから、7つの花々の香りを用いて調香されているのも特徴です。

香水の主役として採用されている花は、バイオレット・ユリ・ヒヤシンス・イランイラン・スイセン・スイカズラ・チューリップの7種。フルーツとグリーンが混ざり合うトップと、ミモザとホワイトムスクが織りなす優しいラストノートが光り輝く花束を際立たせます。

カルティエ(Cartier) マスト ドゥ カルティエ ゴールド オードパルファム

カルティエ(Cartier) マスト ドゥ カルティエ ゴールド オードパルファム

使用する香料を厳選し、ひとつひとつの香りを際立たせたおすすめのレディース香水です。洗練されたオリエンタルフローラルの香調は、普段使いはもちろん、ややフォーマルなシーンにもマッチ。品よく女性らしい雰囲気を演出できます。

香りの変化はガルバナムとグリーンリーフの優しく爽やかなハーバルグリーンノートからスタート。ミドルでは金木犀とジャスミンが穏やかなフローラルノートを漂わせます。

そして、香りの締めくくりであるラストノートにはバニラを採用。クリーミーな甘さが全体を包み込み、フェミニンな余韻を残します。