日本のスマホ市場でもよく見かけるようになった「中華スマホ」。ハイエンドモデルからコスパに優れたエントリーモデルまで、さまざまなメーカーから数多くの製品が発売されています。

そこで今回は、おすすめの中華スマホをピックアップ。さらに、中華スマホのメリットや選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

中華スマホのメリット

中華スマホの一番のメリットはコスパに優れた製品が多いこと。1万円前後の格安な製品も多いので、サブ機を探している方にも中華スマホはおすすめです。

また、デザイン性に優れた製品や斬新なアイデア・技術を採用した製品も数多くラインナップ。特に新興メーカーは、宣伝や購入促進のためハイスペックなスマホを格安で販売していることがあります。

中国のECサイトやメーカーの公式オンラインショップなどでは、割引やクーポンの配布が行われていることもあるので、利用すればさらに安く購入することも可能。Amazonや楽天などの日本のECサイトでも多くの製品が取り扱われており、海外のサイトに抵抗がある方でも安心して中華スマホを購入できます。

中華スマホの選び方

対応周波数帯をチェック

By: mi.com

NTTドコモ・au・ソフトバンクなどの各通信会社は、それぞれ国から使用できる周波数帯が割り振られています。スマホ側もその周波数帯に対応していないとデータ通信ができないので注意が必要です。

周波数帯は「2.1GHz帯(バンド1)」などのように、Hzという単位やバンド名で表されます。端末のスペック表などでは「B1・B3・B8」のような表記方法が一般的です。

また、700~900MHz辺りの周波数帯はプラチナバンドと呼ばれ、より快適なデータ通信が可能。製品ページなどに対応している周波数帯が書かれているので、自身が利用する通信会社の周波数帯と照らし合わせて確認しましょう。

技適マークをチェック

技適マークとは、総務省により定められている「技術基準適合証明」と「技術基準適合認定」のいずれか、またはその両方の認証を得ていることを証明するためのマークです。取得していれば、本体の背面や端末情報などでマークが確認できます。

もし、技適マークのない製品を使用すれば、電波法違反になるので使用は控えましょう。

スペックをチェック

By: amazon.co.jp

中華スマホに限った話ではありませんが、スペックの確認は重要です。メインで使用するのであればスペックの高いモデルの方が快適に使用できます。価格のみを見て購入してしまうと、「動作が遅い」「ストレージ容量が少ない」などといった問題が発生する恐れがあるので注意が必要です。

逆にメールの確認程度の使用やサブ機としての運用を考えている方は、高価なハイエンドモデルを購入する必要はありません。1万円台のエントリーモデルが数多くラインナップされているのも中華スマホの魅力のひとつです。購入を検討している方は用途に合った製品を選びましょう。

中華スマホのおすすめメーカー

オッポ(OPPO)

By: amazon.co.jp

オッポは、2008年に中国・広東省で設立されたスマホメーカーです。世界でもトップクラスのシェアがあり、2018年から日本市場へも参入しています。高機能ながら低価格帯のモデルが多く、格安スマホのメーカーとしても人気です。

オッポの魅力は、高性能なカメラ。5000万画素のカメラや最新式の手ぶれ補正機能が搭載されており、綺麗に写真を撮影したい方におすすめ。また、ノッチレスの占有率90%を超える画面や、バッテリーの発熱を抑えて充電できる独自技術など、常に新しい技術を取り入れています。

シャオミ(Xiaomi)

By: amazon.co.jp

シャオミは、中国のAppleと称されている総合家電メーカー。2010年に北京で設立され、わずか数年でサムスンやファーウェイ、Appleを抑えて、中国のスマホ出荷台数でトップの座を獲得した実績があります。スマホだけでなく、パソコンやスマートウォッチ、家電などを販売しており、2019年には日本市場への上陸も果たしたメーカーです。

シャオミの特徴は、圧倒的なコストパフォーマンスにあります。ハイスペックモデルながら、ほかのメーカーと比べて価格が安いことから、アジア各国でも人気です。また、スタイリッシュなデザインや、スマホとリンクしたスマート家電が話題で、IoT分野を牽引する存在といわれています。

エイスース(ASUS)

By: asus.com

日本でも人気の高いSIMフリースマホとして知られているのがエイスースです。台湾で生まれたメーカーで、業界最大手とされるマザーボードや、スタイリッシュなノートパソコンが有名。最近では、ゲーミング分野にも参入しており、プロのゲーマーからも高評価を得ています。

エイスースのスマホは、モデルごとにわかりやすく特徴が設定されている点です。バッテリー能力に優れた「ZenFone Max」、自撮りに特化した「ZenFone Selfie」など、主力のZenFoneからの派生版が販売されており、ニーズに合ったスマホを選べます。

中華スマホのおすすめ|ハイスペックモデル

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10

シャオミ(Xiaomi)  Mi Note 10

1億800万画素の超高解像度カメラが魅力の中華スマホです。広角カメラやマクロカメラ、望遠カメラなど5つのカメラが搭載されており、撮影対象に応じて切り替えられます。また、ナイトモードを使用すれば、ボヤケやすい夜景も細部まで鮮やかに撮影可能です。

超薄型画面ロック解除技術を採用し、強い光や乾燥した指、低温など指紋が認識されにくい要因があっても、素早くロックが解除されます。さらに、ディスプレイは6.47インチの大画面であるほか、3D曲面のデザインにより、ボディの画面占有率が高いのが特徴です。

CPUには、スマホゲームやAIなど処理性能が優れているSnapdragon 730Gを搭載。5260mAhの大容量バッテリーが内蔵されているだけでなく、急速充電に対応しており最短65分で満充電されます。

エイスース(ASUS) ZenFone 6 ZS630KL

エイスース(ASUS) ZenFone 6 ZS630KL

ノッチレスのディスプレイが特徴的な中華スマホです。電動式のフリップカメラを採用しており、アウトカメラをそのままインカメラでも使用可能。カメラ部分は最大180°までの範囲でアングルを細かく調節できるほか、被写体を自動で追従するモーショントラッキング機能に対応しています。

SoCにはSnapdragon 855を採用しており、高解像度の画像・動画の読み込み速度に優れているほか、ゲームやアプリも快適に楽しめます。

さらに、最大35日間の連続待受が可能な5000mAhの大容量バッテリーが搭載されているだけでなく、急速充電規格Quick Charge 4.0に対応しているので、充電速度も良好。そのほか、ケーブルを用いたリバースチャージ機能が搭載されているため、ほかのスマホや電子機器を充電できます。

ファーウェイ(HUAWEI) P30

ファーウェイ(HUAWEI) P30

トリプルカメラが魅力のハイエンド中華スマホです。約4000万画素の広角カメラ・約1600万画素の超広角カメラ・約800万画素の望遠カメラが搭載されており、撮影したい被写体に合わせて選択可能。さらに、インカメラも3200万画素の高画質で、顔を立体的に認識して細部まで美しく映し出せます。

CPUには、HUAWEI独自のチップであるKirin980を採用。処理性能に優れており、負荷のかかるアプリやゲームも快適です。また、3650mAhの大容量バッテリーが内蔵されているほか、急速充電にも対応しています。

ガラスボディのスタイリッシュなデザインも魅力のひとつ。本体背面に3Dカーブ加工が施されており、手に馴染みやすい形状です。ディスプレイはノッチサイズを最小限まで抑えた6.1インチの大画面で、臨場感のある映像を楽しめます。

ファーウェイ(HUAWEI) Mate 20 Pro

ファーウェイ(HUAWEI) Mate 20 Pro

ワイヤレス充電に対応したハイエンド中華スマホです。また、TÜV安全急速充電システムに認証されており、30分で最大70%まで充電できます。また、Qi規格に準拠したワイヤレス充電器を用意すれば、充電ケーブルが不要です。

HUAWEI独自のCPUチップであるKirin980を搭載。高度な処理能力が特徴で、負担のかかるゲームやアプリでもスムーズに動作します。さらに、L1とL5デュアル周波数に対応しており、測位が難しい高層ビルに囲まれた場所でも位置情報を掴みやすいのが魅力です。

世界的に有名なカメラメーカーであるLeica製のカメラを採用しているのもポイント。1500以上のシナリオと25種類のカテゴリを認識したAIカメラにより、撮影する場面ごとに明るさやコントラストを最適化できます。

中華スマホのおすすめ|ミドルモデル

オッポ(OPPO) Reno A

オッポ(OPPO) Reno A

ゲーミングに適した機能を有した中華スマホです。CPUを最大限に発揮するゲームブースト2.0により、負担のかかるゲームでもスムーズに動作します。そのほかにも、画面のタッチ反応速度を高められる「タッチブースト」や、滑らかな描写が可能な「フレームブースト」といったゲームに集中できる機能が便利です。

インカメラは2500万画素の高解像度で、800万のパターンから顔を分析し最適な補正が施されます。また、1600万画素のアウトカメラは、ピクセルレベルで色を鮮やか映すダズルカラーモードが魅力。AI機能によって、416の撮影シーンを識別することで被写体をより美しく撮影できます。

エイスース(ASUS) Zenfone Max Pro M2

5000mAhの大容量バッテリーが魅力の中華スマホです。最大約35日間の連続待ち受けに対応しており、電池残量を気にせずに使用できます。また、コンセントやUSBポートがない場所でも、ほかのデバイスに充電できるリバースチャージ機能も便利です。

CPUには省電力に優れたSnapdragon 660を採用。6GBメモリが搭載されていることで、インターネットブラウザや動画、ゲームなど複数のアプリを展開していても動きが鈍くなりにくく、スムーズに使用できます。

ミドルスペックモデルながら、AI機能が採用されたデュアルカメラが搭載されているのもポイント。人物や風景など被写体に合わせて、13シーンの撮影モードから選択できます。さらに、1300万画素のアウトカメラでは3段階の美肌モードによって、肌色や気になる箇所を自動補正することで、美しい自撮り撮影が可能です。

ファーウェイ(HUAWEI) HUAWEI nova 3

ファーウェイ(HUAWEI)  HUAWEI nova 3

カメラ機能が充実したミドルスペックスマホです。約2400万画素と約200万画素のAIダブルレンズカメラを搭載。8種類のシーンを識別することで、最適な撮影方法が自動で設定されます。また、HDR Pro機能により、逆光環境下でも被写体や背景が細かい部分まで撮影が可能です。

本体背面に設置されている指紋認証のほか、顔認証によるロック解除に対応。指紋がなかなか認識されない場合でも、素早くスマホを使用できます。6.3インチの大型ディスプレイが採用されているほか、FHD+の高解像度が魅力。迫力のある動画やゲーム映像を楽しめます。

ファーウェイ(HUAWEI) nova 5T

ハイスペック向けのCPUを内蔵したミドルレンジモデルです。超高速処理を行うKirin980のチップにより、負荷のかかりやすいゲームや高画質の動画視聴に最適。また、約6.26インチの大型ディスプレイを採用しているほか、インカメラが隠れたパンチホール式により、画面占有率が高いのが特徴です。

アウトカメラには、4800万画素のメインレンズ・1600万画素の超広角レンズを含む4つのカメラを搭載。AI機能を駆使した夜景モードによって、暗所撮影でもボケにくく、鮮明な写真を撮影できます。さらに、3200万画素のインカメラにもAI技術が採用されており、被写体だけでなく背景の逆光バランスを整えることで、自撮りの失敗を減らせるのも魅力です。

ファーウェイ(HUAWEI) P30 Lite

ファーウェイ(HUAWEI) P30 Lite

スタイリッシュなデザインが特徴です。スリムな湾曲設計を採用しており、手馴染みがよく快適に操作できます。ホワイト・ブラックのほか、グラデーション加工が施されたピーコックブルーが展開され、個性や好みに合わせて選べるのが魅力です。

6.1インチの大型ディスプレイを搭載しており、動画視聴だけでなくスマホゲームや写真撮影にも便利です。ドロップタイプのノッチが採用されているため、画面を広く感じられるのもポイント。また、国際機関から認定を受けたブルーライトカットモードにより、疲れ目対策もできるモデルです。

UMIDIGI UMIDIGI X

UMIDIGI UMIDIGI X

中国のシリコンバレーと呼ばれる広東省・深圳に拠点を置くUMIDIGIのスマホです。ミドルスペックスマホながら、発色性能に優れた有機ELディスプレイを採用。また、ディスプレイ内部に指紋認証センサーが埋め込まれており、画面に触れるだけでロックを解除できます。

4800万画素の標準カメラのほかに、800万画素の120°広角カメラと500万画素の深度カメラを搭載しているのもポイント。撮影する場所や条件に応じて、3つのカメラから自由に選べます。さらに、4800万画素のインカメラにはAI機能が備わっており、より自然な状態で被写体を撮影できるだけでなく、夜間でも質感のよい写真が撮影可能です。

中華スマホのおすすめ|エントリーモデル

オッポ(OPPO) A5 2020

OPPO A5 2020

5000mAhの大容量バッテリーが搭載された中華スマホです。11時間以上のHDビデオの再生に対応しており、電池の残量を気にせずに長時間使用できます。OTGケーブルを用意することで、ほかの電子機器への充電が行えるリバース充電も便利です。

また、ブルーライトカット機能が採用されており、動画視聴やゲームなどによる目の疲労を軽減できます。さらに、6.5インチの大型ディスプレイは、輝度やコントラスト比を調節することで、直射日光下でも反射を抑えられるのが魅力です。

ボディは人間工学に基づいてデザインされており、手にフィットしやすいのがポイント。イヤホンプラグの差し込み・電源ボタン・音量ボタンに対して、独自の耐久テストが行われており、高い品質水準が特徴のモデルです。

OUKITEL Y4800

OUKITEL Y4800

解像度FHD+が魅力の中華スマホです。6.3インチと大きめのディスプレイであるため、ゲームや動画視聴をメインで使用する方におすすめ。また、画面には傷がつきにくいGorilla Glassが採用されており、耐久性に優れています。

ストレージは128GBですが、最大128GBのmicro SDカードにも対応しているのもポイント。余裕をもって画像や動画を保存できる拡張性が魅力です。また、指紋認証だけでなく、顔認証にも対応しています。4800万画素のアウトカメラ・500万画素のインカメラが搭載されており、ハイエンドモデルにも劣らない高性能スマホです。

ブラックビュー(Blackview) A60 PRO

ブラックビュー(Blackview) A60 PRO

画面占有率92%のエントリーモデルです。ノッチを最小限に抑えた6.08インチのディスプレイが特徴。カメラ撮影・動画視聴・ゲームなど画面を広く使用する用途に便利です。

4080mAhの大容量バッテリーが搭載されており、長時間のブラウジング・ゲーム・音楽・通話が可能。また、OSにはAndroid 9.0を採用し、システムパワーを最適化することによって充電回数の減少とバッテリーの劣化を防ぎます。

UMIDIGI A5 PRO

UMIDIGI A5 PRO

トリプルカメラが魅力の中華スマホです。1600万画素の標準カメラのほか、800万画素の広角カメラ・500万画素の深度カメラが搭載されています。また、被写体や場面に応じて、夜景や夕焼け、スポーツなどさまざまな撮影モードから選択可能です。

CPUには、Media Tek Helio P23を採用しており、負担がかかりにくいゲームであれば快適に楽しめます。また、ストレージは32GBと少なめですが、micro SDカードを使用することで最大256GBまで拡張できるため、写真や動画を多めに撮る方にもおすすめです。

OUKITEL C15 Pro+

OUKITEL C15 Pro+

デュアルSIMスタンバイ機能が便利な中華スマホです。2つのnanoSIMカードスロットが搭載されており、2回線の同時待ち受けに対応しています。また、micro SDカードスロットが独立しているので、2枚SIMカードを使用しながら、ストレージの拡張が可能です。

ドロップタイプのノッチが採用されているほか、ベゼル幅が狭いため、画面占有率が92.7%と高めなのが魅力。6.088インチとディスプレイサイズも大きく、操作しやすいモデルです。また、ディスプレイには顔認証システムが埋め込まれており、画面を覗くだけでロックを解除できます。