日本のスマホ市場でもよく見かけるようになった「中華スマホ」。ハイエンドモデルからコスパに優れたエントリーモデルまで、さまざまなメーカーから数多くの製品が発売されています。

そこで今回は、おすすめの中華スマホをピックアップ。さらに、中華スマホのメリットや選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

中華スマホのメリット

中華スマホの一番のメリットはコスパに優れた製品が多いこと。1万円前後の格安な製品も多いので、サブ機を探している方にもおすすめです。

また、デザイン性に優れた製品や斬新なアイデア・技術を採用した製品も数多くラインナップ。特に新興メーカーは、宣伝や購入促進のためハイスペックなスマホを格安で販売していることがあります。

Amazonや楽天などでも多くの製品が取り扱われており、海外のサイトに抵抗がある方でも安心して中華スマホを購入できます。

中華スマホの選び方

対応周波数帯をチェック

By: mi.com

NTTドコモ・au・ソフトバンクなどの各通信会社は、それぞれ国から使用できる周波数帯が割り振られています。スマホ側もその周波数帯に対応していないとデータ通信ができないので注意が必要です。

周波数帯は「2.1GHz帯(バンド1)」などのように、Hzという単位やバンド名で表されます。端末のスペック表などでは「B1・B3・B8」のような表記方法が一般的です。

また、700~900MHz辺りの周波数帯はプラチナバンドと呼ばれ、より快適なデータ通信が可能。製品ページなどに対応している周波数帯が書かれているので、自身が利用する通信会社の周波数帯と照らし合わせて確認しましょう。

技適マークをチェック

技適マークとは、総務省により定められている「技術基準適合証明」と「技術基準適合認定」のいずれか、またはその両方の認証を得ていることを証明するためのマークです。取得していれば、本体の背面や端末情報などでマークが確認できます。

もし、技適マークのない製品を使用すれば、電波法違反になるので使用は控えましょう。

スペックをチェック

By: amazon.co.jp

中華スマホに限った話ではありませんが、スペックの確認は重要です。メインで使用するのであればスペックの高いモデルの方が快適に使用できます。価格のみを見て購入してしまうと、「動作が遅い」「ストレージ容量が少ない」などといった問題が発生する恐れがあるので注意が必要です。

逆にメールの確認程度の使用やサブ機としての運用を考えている方は、高価なハイエンドモデルを購入する必要はありません。1万円台のエントリーモデルが数多くラインナップされているのも中華スマホの魅力のひとつです。購入を検討している方は用途に合った製品を選びましょう。

中華スマホのおすすめメーカー

オッポ(OPPO)

By: amazon.co.jp

オッポは、2008年に中国・広東省で設立されたスマホメーカーです。世界でもトップクラスのシェアがあり、2018年から日本市場へも参入しています。高機能ながら低価格帯のモデルが多く、格安スマホのメーカーとしても人気です。

オッポの魅力は、高性能なカメラ。5000万画素のカメラや最新式の手ぶれ補正機能が搭載されており、綺麗に写真を撮影したい方におすすめ。また、ノッチレスの占有率90%を超える画面や、バッテリーの発熱を抑えて充電できる独自技術など、常に新しい技術を取り入れています。

シャオミ(Xiaomi)

By: amazon.co.jp

シャオミは、中国のAppleと称されている総合家電メーカー。2010年に北京で設立され、わずか数年でサムスンやファーウェイ、Appleを抑えて、中国のスマホ出荷台数でトップの座を獲得した実績があります。スマホだけでなく、パソコンやスマートウォッチ、家電などを販売しており、2019年には日本市場への上陸も果たしたメーカーです。

シャオミの特徴は、圧倒的なコストパフォーマンスにあります。ハイスペックモデルながら、ほかのメーカーと比べて価格が安いことから、アジア各国でも人気です。また、スタイリッシュなデザインや、スマホとリンクしたスマート家電が話題で、IoT分野を牽引する存在といわれています。

エイスース(ASUS)

By: asus.com

日本でも人気の高いSIMフリースマホとして知られているのがエイスースです。台湾で生まれたメーカーで、業界最大手とされるマザーボードや、スタイリッシュなノートパソコンが有名。最近では、ゲーミング分野にも参入しており、プロのゲーマーからも高評価を得ています。

エイスースのスマホは、モデルごとにわかりやすく特徴が設定されている点です。バッテリー能力に優れた「ZenFone Max」、自撮りに特化した「ZenFone Selfie」など、主力のZenFoneからの派生版が販売されており、ニーズに合ったスマホを選べます。

中華スマホのおすすめ|ハイスペックモデル

オッポ(OPPO) Find X

OPPOが販売するハイエンドライン「Find X」シリーズのモデルです。CPUにQualcommの「Snapdragon 845」を搭載した中華スマホ。8GBのRAMを実装しており、さまざまなアプリがストレスなく動作します。比較的手頃な価格で購入できる、ハイスペックな製品を求める方におすすめのモデルです。

スライド式のインカメラを採用しているのが特徴。AI機能を搭載しており顔全体や各パーツを分析するので、自然で美しい自撮りが可能です。256GBのROMを搭載しているため、多くの写真やビデオが保存できます。一般的な使い方であれば十分な容量です。6.4インチの有機ELディスプレイを備えているので、撮影した画像を綺麗な画面で確認できます。

エイスース(ASUS) ZenFone 7 ZS670KS-WH128S8

5Gに対応した中華スマホです。2.84GHzで駆動する「Snapdragon 865」と8GBのメモリを搭載するハイスペックな製品。あらゆる作業をストレスなく実行したい方におすすめのモデルです。

5000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。最長30.8時間の連続通話や最長18日間の4G待ち受けが可能。外出する機会が多く充電するのが困難な方でも、電池残量を心配せずに使用できます。

フリップ式のカメラを搭載しているのも本モデルの特徴です。自由なアングルでの撮影が可能。今までのスマホカメラでは難しかった、個性的な写真を撮りたい方にもピッタリです。高性能なアウトカメラを180°反転させれば、綺麗なセルフィも撮影できるので重宝します。

エイスース(ASUS) ROG Phone 3 ZS661KS-BK512R12

オクタコアのCPU「Snapdragon 865」と12GBの大容量メモリを実装した高性能な中華スマホ。スマホゲームを思う存分楽しみたい方におすすめのモデルです。6.59インチのAMOLEDディスプレイを搭載しています。リフレッシュレートが144Hzと高速なため、激しく動き回るシーンも滑らかに表示することが可能です。

応答速度が1msと速いのもポイント。色の切り替わりが高速なので残像の少ないクリアな映像が見られます。優れた冷却システム「GameCool 3」を採用しているのも本モデルの特徴です。3Dベイパーチャンバーと大型ヒートシンクを搭載。ゲーム中に発生する大量の熱を効率的に冷やすことで、パフォーマンスの低下を抑えます。長時間遊んでも動作が安定しているので、ゲームに集中することが可能です。

Blackview BV9900Pro

過酷な環境下での利用を前提に設計された、タフな中華スマホです。農業・設備メンテナンス・救助活動などに従事する方をはじめ、アウトドア好きの方にもおすすめのモデル。

周囲温度が-30〜55℃の範囲であれば、電話・連絡先・カメラ・メッセージといった基本機能を使えるのが特徴です。夏の強い日差しが照りつける状況や氷点下の雪山など、厳しい環境でも情報を伝えたり記録したりできます。

4800万画素のリアカメラを搭載。4K解像度をサポートしているため鮮明な写真が撮影できます。また、1600万画素のフロントカメラも備えているので、セルフィも非常に綺麗です。IP68等級の防塵・防水性能を搭載しているのも特徴。水深1.5mの水中でも30分耐えられると謳われているため、マリンアクティビティなどでも活躍します。

中華スマホのおすすめ|ミドルモデル

オッポ(OPPO) Reno3 A CPH2013

手頃な価格で購入できる、カメラ性能の高い中華スマホを探している方におすすめのモデルです。4800万画素の4眼カメラシステムを採用しているのが特徴。電子式手ぶれ補正機能を備えているため、歩いたり走ったりしながらでも綺麗な写真が撮れます。また、「ウルトラナイトモード」を搭載しているので、夜間や室内といった暗所での撮影も可能です。

おサイフケータイに対応しているのも本モデルの特徴。通勤・通学・買い物など、日常生活のさまざまな場面で便利に使えます。4025mAhの大容量バッテリーを内蔵しているため、1日中外出するようなシーンでも安心です。

シャオミ(Xiaomi) Mi 10 Lite 5G XIG01

auが取り扱う5G対応の中華スマホです。普段使いに便利な製品を求める方におすすめのモデル。「赤外線ブラスター」機能を搭載しているのが特徴です。テレビやエアコンのリモコン代わりとして使えるので重宝します。

また、3.5mmオーディオジャックを備えているのもポイント。手持ちの有線イヤホンやヘッドホンを繋いでハイレゾ音源のサウンドが楽しめます。USBポートを占有しないため充電をしているときでも音楽が聴けて便利です。

4160mAhのロングライフバッテリーを搭載。1日中外出するようなシーンで安心なうえ、20Wの急速充電に対応しているので充電も短時間で完了します。

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10

カメラ性能を重視する方におすすめの中華スマホです。1億800万画素の超高解像度カメラを搭載しているのが特徴。広大な大自然の風景や眼下に広がる街並みなども、細部までより忠実に記録することが可能です。パソコンの大きなモニターで観賞したり大判でプリントしたりと、写真の楽しみ方が広がります。

ほかにも望遠・超広角・ポートレート・マクロカメラを搭載。さまざまな撮影シーンで活躍する5眼仕様です。5260mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、旅行先などでも電池残量を心配せずに撮影できます。

Blackview BV9500 Plus

大自然の中でも安心して使えるタフネス仕様の中華スマホです。10000mAhの超大容量バッテリーを搭載しているのが特徴。動画の撮影は約20時間、チャットであれば約50時間も連続で使用することが可能です。コンセントを探すのが難しい屋外でも、電池残量を心配せず1〜2日程度使えるので重宝します。

IP68等級の優れた防塵・防水性能を搭載しているのも本モデルの特徴。砂埃が舞うような環境や、水に濡れやすい場所へも気軽に持っていけます。手頃な価格ながらワイヤレス充電に対応しているのもポイントです。普段使いもスマートにこなせるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

中華スマホのおすすめ|エントリーモデル

オッポ(OPPO) A5 2020 CPH1943

安価でもカメラ性能にこだわりたい方におすすめの中華スマホです。1200万画素の4眼アウトカメラを搭載しているのが特徴。パノラマ写真をはじめ、プロのカメラマンが撮影したようなポートレート写真も簡単です。また、1600万画素の「AIビューティー機能」付きインカメラも備えているため、被写体に合った自然で綺麗なセルフィが撮れます。

デュアルSIM仕様を採用しているのもポイント。ビジネスとプライベート用の電話番号など、用途に応じて2枚のSIMカードを使い分けることが可能です。スマホを2台持ちしている方なら1台ですむため重宝します。

オッポ(OPPO) AX7 CPH1903

Qualcommの「Snapdragon 450」と4GBのRAMを搭載した、普段使いにピッタリなモデルです。Android 8.1をベースに開発されたColorOSを採用しているのが特徴。利用頻度の高いアプリに素早くアクセスできる「スマートサイドバー」機能を備えているなど、使い勝手は良好です。64GBのROMを実装しているため、多くのアプリや写真などが保存できます。

1600万画素のインカメラを搭載。HDRモードを備えているので、室内でも明るく鮮やかなセルフィを撮ることが可能です。細かな凹凸を設けた3Dテクスチャ仕上げのボディは、上質で高級感があります。エントリーユーザー向けのおしゃれな中華スマホを探している方にもおすすめのモデルです。

シャオミ(Xiaomi) Redmi Note9S

6.67インチの「DotDisplay」を搭載した中華スマホです。ディスプレイの対ボディ比が約91%と広いため、高い没入感を得られるのが特徴。映画や動画を視聴する機会の多い方におすすめのモデルです。「サイドマウント指紋センサー」を搭載しており、スマホを持つ自然な動作で画面のロック解除がおこなえます。

背面には3D曲面ガラスを採用。手に馴染みやすく持ちやすいのがポイントです。エントリーモデルながら4800万画素の4眼カメラを搭載するなど、カメラ機能も充実しています。初めて購入するスマホを検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) Zenfone Live (L1) ZA550KL-GD32

5.5インチのワイドスクリーンを搭載したコンパクトな中華スマホです。小型のボディは重さも約140gと軽量。カバンやポケットに入れて気軽に持ち運べます。初めてスマホを持つ方はもちろん、学生の方にもおすすめのモデルです。

安価な製品ながら顔認証システムを採用しているのが特徴。面倒なロック解除の操作は必要なく、通学途中でもスマートに使えます。搭載しているROM容量は32GBと若干少なめです。万が一不足した際には、microSDカードで容量を拡張しましょう。最大2TBのmicroSDカードに対応したスロットを備えているので重宝します。

エイスース(ASUS) Zenfone Max M2 ZB633KL-BL64S4

4000mAhの大容量バッテリーを搭載したスタミナモデルです。最大約35時間の連続通話や約33日間の待ち受けが可能。外出する機会が多く、頻繁に充電するのが難しい方におすすめの中華スマホです。電池残量を心配せず、ゲームや動画が思う存分楽しめます。

厚さ約7.7mmの薄型でスタイリッシュなデザインを採用。背面パネルには金属素材を使用しており、高級感のある仕上がりになっています。プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも違和感なく使えるモデルです。

Blackview A60 Pro

とにかく安くて購入しやすい中華スマホを探している方におすすめのモデルです。背面に指紋認証センサーを搭載しているのが特徴。片手でも容易にロック解除ができるので重宝します。デュアルSIMに対応しているため、格安SIMを組み合わせれば通話・データ通信、両方のコストを削減することも可能です。

RAMが3GB、ROMは16GBと必要最小限の容量を実装しており普段使いにピッタリ。価格が安いのでサブ機としてもおすすめのモデルです。

UMIDIGI A7 Pro

8コアのCPUと4GBのRAMを実装した中華スマホです。さらに、ROMにも64GBの容量を採用しているなど、価格の安いエントリーモデルながら充実したスペックが特徴。コスパに優れた製品が欲しい方におすすめのモデルです。

メイン・超広角・マクロ・深度と4つのカメラを搭載しています。1600万画素のAI機能付きフロントカメラも備えており、さまざまな撮影シーンに対応することが可能。ナイトモード機能が付いているため暗所での撮影も安心です。SIMフリーモデルなので、格安SIMを利用すれば通信費用が抑えられます。