日本のスマホ市場でもよく見かけるようになった「中華スマホ」。ハイエンドモデルからコスパに優れたエントリーモデルまで、さまざまなメーカーから数多くの製品がリリースされています。

そこで今回は、おすすめの中華スマホをピックアップ。コスパに優れたモデルや防水モデルもご紹介します。さらに、中華スマホのメリットや選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

中華スマホのメリット

中華スマホの一番のメリットはコスパに優れた製品が多いこと。1万円前後の格安な製品も多いので、サブ機を探している方にも中華スマホはおすすめです。

また、デザイン性に優れた製品や斬新なアイデア・技術を採用した製品も数多くラインナップ。特に新興メーカーは、宣伝や購入促進のためハイスペックなスマホを格安で販売していることがあります。

中国のECサイトやメーカーの公式オンラインショップなどでは、割引やクーポンの配布が行われていることもあるので、それらを利用すればさらに安く購入することも可能。Amazonや楽天などの日本のECサイトでも多くの製品が取り扱われているので、海外のサイトに抵抗がある方でも安心して中華スマホを購入できます。

中華スマホの選び方

対応周波数帯をチェック

By: amazon.co.jp

NTTドコモ・au・ソフトバンクなどの各通信会社は、それぞれ国から使用できる周波数帯が割り振られています。スマホ側もその周波数帯に対応していないとデータ通信ができないので注意が必要です。

周波数帯は「2.1GHz帯(バンド1)」などのように、Hzという単位やバンド名で表されます。端末のスペック表などでは「B1・B3・B8」のような表記方法が一般的です。

また、700~900MHz辺りの周波数帯はプラチナバンドと呼ばれ、より快適なデータ通信が可能。製品ページなどに対応している周波数帯が書かれているので、自身が利用する通信会社の周波数帯と照らし合わせて確認しましょう。

技適マークをチェック

技適マークとは、総務省により定められている「技術基準適合証明」と「技術基準適合認定」のいずれか、またはその両方の認証を得ていることを証明するためのマークです。取得していれば、本体の背面や端末情報などでマークの確認が可能。

もし技適マークのない製品を使用すれば電波法違反ということになります。現在、技適マークのないスマホを使用して捕まったという例はありませんが、法律で禁止されている以上使用は控えましょう。

スペックをチェック

By: amazon.co.jp

中華スマホに限った話ではありませんが、スペックの確認は重要です。メインで使用するのであればスペックの高いモデルの方が快適に使用できます。価格のみを見て購入してしまうと、「動作が遅い」「ストレージ容量が少ない」などといった問題が発生する恐れがあるので注意が必要。

逆にメールの確認程度の使用やサブ機としての運用を考えている方は、高価なハイエンドモデルを購入する必要はありません。1万円台のエントリーモデルが数多くラインナップされているのも中華スマホの魅力のひとつです。購入を検討している方は用途に合った製品を選びましょう。

中華スマホのおすすめモデル

オッポ(OPPO) Reno 10x Zoom CPH1919

オッポ(OPPO) Reno 10x Zoom CPH1919

オッポのハイエンドモデルのスマホ。「標準カメラ」「望遠カメラ」「超広角カメラ」の3つのカメラを搭載し、10倍ズームを実現しています。標準カメラと望遠カメラには光学式手振れ補正を搭載しているので、手持ちでも手軽に美しい撮影が可能。

インカメラには画面上部から立ち上がる「ピボットライジング構造」を採用しています。画面占有率93.1%でノッチやパンチホールのない全画面ディスプレイを実現。また、耐久性の高いゴリラガラスを採用しているので安心して使用できます。

メモリは8GBあるので負荷の高い操作も快適。内部ストレージに関しても256GBと大容量です。OSにはAndroidをベースにオッポが開発した「ColorOS 6」を搭載。その他、最先端のディスプレイ指紋認証やゲームプレイを快適にするブースト機能など、便利な機能を多数搭載しています。

ファーウェイ(HUAWEI) P30

ファーウェイ(HUAWEI) P30

ドイツの老舗光学機器メーカーであるLeicaと共同開発した、高性能なトリプルカメラを搭載したモデルです。

OSにはAndroidをベースにファーウェイが開発した「EMUI 9.1」を搭載しています。メモリは6GBでストレージは128GBと共に大容量。また、日本の周波数帯にも幅広く対応しているので安心して使用できます。

ディスプレイ上で指紋認証できるインスクリーン指紋センサーを搭載しているので、素早くロックの解除が可能。バッテリー容量は3650mAhで、付属のACアダプターとケーブルを使用すれば素早く充電できます。さらに、ファーウェイのノートパソコン「MateBook」があれば、ケーブルなしでのデータ共有などさまざまな連携ができて便利です。

シャオミ(Xiaomi) Mi 9

シャオミ(Xiaomi) Mi 9

ハイスペックながらもコスパに優れた水滴型ノッチ採用のスマホ。シャオミは2010年に創業した総合家電メーカーです。数多くのスマホを販売し、日本・中国だけでなくヨーロッパやインドなどへも急速にシェアを拡大し続けています。

プロセッサーには高性能なSnapdragon 855を搭載。メモリは8GBと6GBを搭載したモデルがラインナップされています。共に大容量なので、ゲームなどで負荷のかかる処理を行っていても快適に動きます。

カメラは、広角・超広角・望遠の3つのレンズを搭載したトリプルカメラ仕様。ソニーとサムスンの高性能なセンサーを採用しており、美しい写真の撮影が可能です。さらに、有線充電の場合は60分、ワイヤレス充電の場合は90分でフル充電できる急速充電にも対応しています。

ワンプラス(OnePlus) 7 Pro

ワンプラス(OnePlus) 7 Pro

ホップアップ式のインカメラを搭載したハイエンドモデルのスマホ。ワンプラスはオッポ傘下のスマホメーカーです。プロセッサーには高性能なSnapdragon 855を搭載し、6GB・8GB・12GBのメモリを搭載したモデルがラインナップされています。

画面サイズは6.67インチで解像度は3120×1440。ポップアップ式のインカメラを搭載しているので、ノッチやパンチホールのない全画面ディスプレイを実現しています。また、ゲームモードを使用すればゲーム中の通知のブロックや、CPU・メモリの最適化などが可能。

ストレージには市販のスマホでは世界で初めて使用される次世代規格の「UFS 3.0ストレージ」を採用しています。アプリ・ゲームの起動やデータの転送を高速に行えるので便利。対応周波数帯も幅広く日本でも不便なく使用できるおすすめの製品です。

エイスース(ASUS) ROG Phone ZS600KL

エイスース(ASUS) ROG Phone ZS600KL

エイスースのゲーミングスマホ。プロセッサーには高性能なSnapdragon 845のカスタムバージョンを採用し、メモリは大容量の8GB。内部ストレージが512GBのモデルを選択すれば、容量を気にすることなくデータを保存できます。

Wi-Fiは超高速無線LAN規格の「IEEE802.11ad」に対応。同規格に対応したWi-Fiルーターを使用すれば、タイムラグを気にすることなく快適にゲームを楽しめます。また、ガラスで覆われた背面には放熱用のヒートシンクを搭載。本体の温度を効率よく冷却してくれます。

キーボード・モニター・マウスと接続すれば、パソコンと同様のスタイルでゲームプレイが可能。さらに、よりゲームを快適に楽しむためのアクセサリーも充実しています。スマホで本格的にゲームをプレイしたい方におすすめの製品です。

中華スマホのおすすめモデル|防水タイプ

Ulefone Armor 6

Ulefone Armor 6

防水・防塵だけでなくハードな使用にも耐えられるモデル。Ulefoneはスマホやスマホ関連のアクセサリーなどを取り扱っているメーカーです。本製品以外にもデザインに凝った特徴的な製品を数多くリリースしています。

メモリは6GBでストレージは128GB。バッテリー容量は5000mAhと大容量で、ワイヤレス充電にも対応。防水性能は長時間水に沈めても耐えられる「IP68」に対応しているので、お風呂やキッチンなど水回りでも安心して使用可能です。

ロックの解除は背面に搭載された指紋認証に加え、顔認証にも対応しています。世界90%の周波数帯をカバーしていると謳うグローバルな端末なので、日本でも問題なく使用可能。さらに、気圧計・紫外線センサー・コンパスなどのアウトドアでの使用に適した機能が数多く搭載されています。

OUKITEL WP2

OUKITEL WP2

10000mAhの大容量バッテリーを搭載したOUKITELのスマホ。防水機能に関しては、長時間の水没にも耐えられる「IP68」に対応しています。フラッシュライトには通常のスマホよりも明るい4つのLEDライトを搭載。

耐衝撃性にも優れており、解像度2160×1080のディスプレイには強度の高いゴリラガラスを採用しています。また、NFCに対応しているので、Google PayやSUICAなどが利用可能。

メモリは4GBでストレージは64GBと標準的な性能です。ボディの側面には指紋認証ユニットを搭載し、顔認証にも対応しています。カメラには1600万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載。アウトドアでの使用に最適なおすすめのスマホです。

Blackview BV6100

Blackview BV6100

Android 9.0を搭載したエントリークラスのスマホ。Blackviewは本製品以外にも、さまざまなスマホをリリースしています。重量は315gとスマホにしては重いですが、6.88インチのタブレットに匹敵する大画面ディスプレイが特徴。

メモリは3GBでストレージは16GB。Google Playストアや日本語にも対応しています。防水・防塵性能は最高クラスの「IP68」に対応。ディスプレイと本体背面にはゴリラガラスが採用されているので、高い強度を誇ります。

センサー類には、指紋認証・顔認証・加速度センサー・コンパスを搭載。バッテリー容量は5580mAhで、ワイヤレス充電にも対応しています。また、リング付きの専用ケースが同梱しているのも嬉しいポイント。比較的安価なので、リーズナブルな防水タイプの中華スマホを探している方におすすめです。

Unihertz Atom ATOM-01

Unihertz Atom ATOM-01

世界最小を謳うUnihertzのスマホ。本体サイズは45×96.6×18.8mmと非常にコンパクトで片手でも楽に操作できます。高い防水・防塵性能を誇る「IP68」に対応し、水中での動画撮影も可能です。

OSにはAndroid 8.1を搭載し、メモリは4GBでストレージは64GB。ミドルクラスのスマホ並みの性能を誇ります。本体下部にはホームボタンと兼用の指紋認証センサーがあり、顔認証にも対応。

日本語にも対応しており、技適も取得しているので日本でも安心して使用できます。また、世界中の幅広い周波数帯に対応しているのも嬉しいポイント。コンパクトなスマホを探している方におすすめの製品です。

ファーウェイ(HUAWEI) Mate 20 Pro

ファーウェイ(HUAWEI) Mate 20 Pro

防水性能を備えたファーウェイのハイエンドスマホ。防水性が高く「IP68」に対応しています。解像度は3120×1440で6.39インチの有機ELディスプレイを搭載。画面上部にはノッチが設けられています。

メモリは6GBでストレージは128GB。バッテリーは4200mAhと大容量で、ワイヤレス充電にも対応しています。また、同梱されている充電アダプターとケーブルを使用すれば、約30分で最大70%まで充電が可能。さらに、スマホ本体を充電器として使う「ワイヤレス給電機能」を搭載。ワイヤレス充電に対応したほかの端末を充電できるため、モバイルバッテリーのように使えて便利です。

生体認証はディスプレイ上での指紋認証と顔認証に対応。カメラに関しては、ドイツの老舗光学機器メーカーであるLeica監修のトリプルカメラを搭載しているので、高精細で美しい写真が撮影できます。防水性能を備えた高性能な中華スマホを探している方におすすめの製品です。

中華スマホのおすすめモデル|コスパ最強

ユミディジ(UMIDIGI) F1

ユミディジ(UMIDIGI) F1

Android 9を搭載したコスパに優れたスマホ。ユミディジは世界20ヵ国以上で展開しているメーカーで、低価格ながらも高性能なスマホを数多くリリースしています。

メモリは4GBでストレージは128GB。バッテリー容量は5150mAhと大容量です。ディスプレイサイズは6.3インチで解像度は2340×1080のフルHD。本体背面には指紋認証センサーが搭載されており、顔認証にも対応しています。

周波数帯はドコモとソフトバンクのLTE・3Gに対応しており、技適マークも取得済み。また、はじめから画面保護シートが張り付けてあり、ケースが付属するのも嬉しいポイント。コスパに優れた中華スマホを探している方におすすめの製品です。

ファーウェイ(HUAWEI) P20 lite

ファーウェイ(HUAWEI) P20 lite

ファーウェイの5.8インチのフルHDディスプレイを搭載したスマホです。カラーはブルー・ブラック・ピンクをラインナップ。2018年6月頃に発売した製品ですが、コスパのよさから高い評価を受け今も売れ続けている人気の製品です。

メモリは4GBでストレージは32GB。OSはAndroid 9にアップデートできます。また、本製品は「デュアルBluetooth」に対応しており、スピーカーとイヤホンの同時接続が可能。1600万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載しており、価格以上に綺麗な写真を撮影できます。

指紋認証だけでなく顔認証に対応しているのも嬉しいポイント。auやワイモバイルなどの通信会社からも発売されているので、日本でも問題なく使用できます。発売当初よりも価格が下がっており、さらにコスパがよくなったおすすめの中華スマホです。

オッポ(OPPO) AX7 CPH1903

オッポ(OPPO) AX7 CPH1903

オッポの水滴型ノッチを採用したスマホです。カラーはゴールドとブルーの2色をラインナップ。本製品は2枚のSIMカードを同時に待ち受けできるDSDV機能に対応しています。

プロセッサーにはSnapdragon 450を搭載し、メモリは4GBでストレージは64GB。OSにはAndroid 8.1をベースにオッポが独自開発した「ColorOS 5.2」が搭載されています。背面には指紋認証センサーを搭載し、顔認証にも対応。バッテリーは4320mAhと大容量です。

カメラは1300万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載。「ポートレートモード」を使用すれば、背景をぼかした見栄えのよい写真を撮影できます。また、オッポ独自の「データ移行アプリ」でiPhoneからiCloud経由で簡単にデータ移行ができるので便利です。iPhoneからの乗り換えを考えている方にもおすすめです。

シャオミ(Xiaomi) Mi A3

シャオミ(Xiaomi) Mi A3

6.01インチの有機ELディスプレイを搭載したシャオミのスマホ。Googleにより最低2年間のOSアップグレードが約束されている「Android One」にラインナップされている製品です。古くなった端末はOSが更新されないことがありますが、本製品は安心して長く使用できます。

カメラにはソニーの高性能なイメージセンサー「IMX 582」を採用した、トリプルカメラを搭載。4800万画素の高解像度な写真を撮影できます。また、比較的低価格な製品ながら、ディスプレイ内での指紋認証と顔認証に対応。

バッテリーは4030mAhと大容量で、18Wの急速充電をサポートしています。ソフトバンクのプラチナバンドに完全対応しているのも嬉しいポイント。ハイスペックかつリーズナブルな中華スマホを探している方におすすめです。

DOOGEE Y8

DOOGEE Y8

Android 9を搭載したDOOGEEのエントリーモデルのスマホ。ディスプレイサイズは6.1インチで水滴型のノッチが採用されています。カラーはブラックとパープルの2色がラインナップ。

エントリーモデルながら指紋認証に加え、顔認証に対応しているのも嬉しいポイントです。メモリが3GBなので負荷の高いゲームなどには向きませんが、SNSや動画の視聴など一般的な用途であれば問題なく動作します。

バッテリー容量は3400mAhと標準的。カメラやその他の性能に関して特筆すべき点はありませんが、価格を考慮するとコスパに優れています。低価格なスマホやサブ機を探している方におすすめの製品です。

中華スマホって危険じゃないの?

By: amazon.co.jp

気になっている方も多い中華スマホのセキュリティ面。実際に、中華スマホの危険性を注意するようなサイトや書き込みも多く見かけます。しかし中には全く問題ないという意見もあり、判断に迷っている方も多いはず。

不安というのであれば、「ウイルスバスター」などのウイルス対策ソフトを導入するという手もあります。その他、不審なメールや知らないリンクは開かない・クリックしないということを意識すれば未然に防ぐことも可能です。

また、Androidを開発したGoogleも危険なアプリの排除など、セキュリティの向上に常日頃から努めています。中華スマホだからと言って過度な心配をする必要はありませんが、自衛のための知識は持っておいて損はないでしょう。