日本のスマホ市場でもよく見かけるようになった「中華スマホ」。ハイエンドモデルからコスパに優れたエントリーモデルまで、さまざまなメーカーから数多くの製品が販売されています。

そこで今回は、おすすめの中華スマホをピックアップ。さらに、中華スマホのメリットや選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

中華スマホのメリット

中華スマホのメリットはコスパに優れた製品が多いこと。1万円前後の格安な製品も多いので、サブ機を探している方におすすめです。

また、デザイン性に優れた製品や斬新なアイデア・技術を採用した製品も数多くラインナップ。特に新興メーカーは、宣伝や購入促進のためハイスペックなスマホを格安で展開していることがあります。

Amazonや楽天などで多くの製品を取り扱っているのもポイント。海外のサイトに抵抗がある方でも気軽に購入できます。

中華スマホの選び方

対応周波数帯をチェック

By: amazon.co.jp

NTTドコモ・au・ソフトバンクなどの各通信会社は、それぞれ国から使用できる周波数帯が割り振られています。スマホ側も同じ周波数帯に対応していないとデータ通信ができないので注意が必要です。

周波数帯は「2.1GHz帯(バンド1)」などのように、Hzという単位やバンド名で表されます。端末のスペック表などでは「B1・B3・B8」のような表記方法が一般的です。製品ページなどに対応している周波数帯が書かれているので、自身が利用する通信会社の周波数帯と照らし合わせて確認しましょう。

技適マークをチェック

技適マークとは、総務省により定められている「技術基準適合証明」と「技術基準適合認定」のいずれか、または両方の認証を得ていることを証明するためのマークです。取得している端末は、本体の背面や端末情報などでマークを確認できます。

もし、技適マークのない製品を使用すれば、電波法違反に該当する可能性があるので使用は控えましょう。

スペックをチェック

By: amazon.co.jp

中華スマホに限った話ではありませんが、スペックの確認は重要です。メインで使用するのであればスペックの高いモデルの方が快適に使用できます。価格のみを見て購入してしまうと、動作が遅かったり、ストレージ容量が少なかったりなどの問題が発生する恐れがあるので注意が必要です。

逆に、メールの確認程度の使用やサブ機としての運用を考えている方は、1万円台のエントリーモデルを選ぶのがおすすめ。中華スマホの購入を検討している方は、用途に合った製品を選びましょう。

中華スマホのおすすめメーカー

オッポ(OPPO)

By: amazon.co.jp

オッポは、2004年に中国・広東省で設立されたスマホメーカーです。世界でもトップクラスのシェアを有しており、2018年から日本市場へも参入しています。高機能ながら低価格帯のモデルが多く、格安スマホのメーカーとしても人気です。

オッポの魅力は、高性能なカメラ。5000万画素のカメラや最新式の手ぶれ補正機能が搭載されたモデルもあり、綺麗に写真を撮影したい方におすすめ。また、大きな画面や急速充電など、使いやすい工夫を取り入れています。

シャオミ(Xiaomi)

By: amazon.co.jp

シャオミは、中国のAppleと称されている総合家電メーカー。スマホだけでなく、パソコンやスマートウォッチ、家電なども展開しており、2019年には日本市場への上陸も果たしたメーカーです。

シャオミの特徴は、圧倒的なコストパフォーマンスにあります。ハイスペックモデルながら、ほかのメーカーと比べて価格が安いことから、アジア各国でも人気です。また、スタイリッシュなデザインや、スマホとリンクしたスマート家電が話題で、IoT分野を牽引する存在といわれています。

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

日本でも人気の高いSIMフリースマホとして知られているのがエイスースです。台湾で生まれたメーカーで、業界最大手とされるマザーボードや、スタイリッシュなノートパソコンが有名。最近では、ゲーミング分野にも参入しており、プロのゲーマーからも高評価を得ています。

エイスースのスマホは、モデルごとにわかりやすく特徴が設定されている点です。主力のZenFoneからの派生版もラインナップされており、ニーズに合ったスマホを選べます。

中華スマホのおすすめ|ハイスペックモデル

オッポ(OPPO) Find X3 Pro


高解像度の中華スマホを探している方に

10bitフルパスカラーシステムを搭載している中華スマホ。画面を鮮明な色彩で出力できます。有機ELを採用しており、解像度は3216×1440に対応。綺麗な画面で映画鑑賞や写真の閲覧を楽しめます。また、リフレッシュレートが最大120Hzに対応しており、画面上の動きがスムーズなのも特徴です。

カメラ性能に優れているのもポイント。映画や顕微鏡、ナイトモードなどさまざまなカメラ機能が付いており、綺麗に被写体を収められます。IP68の防水と防塵性能が備わっているので、お風呂やキッチンでも安心して使用可能です。

指紋や顔認証機能が付いているのも魅力。パスワードを入力せずにサインインできます。高解像度の中華スマホを探している方におすすめです。

シャオミ(Xiaomi) POCO F4 GT 39516


一瞬の動きが勝敗を分けるFPSを楽しみたい方に

パフォーマンスに優れたチップQualcomm Snapdragon 8 Gen 1を搭載の中華スマホ。処理能力が高く、負荷のかかるアプリも快適に操作できます。ゲーム専用のアンテナが備わっており、プレイ中の遅延を軽減可能。一瞬の動きが勝敗を分けるFPSを楽しみたい方にもおすすめです。

また、本体に3つのマイクが内蔵しているのも特徴。手でマイクを覆っても音声を拾えるので、ゲーム中に快適なボイスチャットを楽しめます。メインカメラが約6400万画素、超広角カメラは約800万画素と画質がよいのもポイント。綺麗な写真を撮影できます。

シャオミ(Xiaomi) Xiaomi 11T Pro


カメラの性能に優れたスマホを探している方に

1億800万画素とカメラに優れたハイエンドの中華スマホ。高精細な写真はもちろん、ナイトモードが備わっているので夜景も鮮明に撮影できます。8Kの動画やスロモーション撮影などさまざまな動画機能も採用しており、カメラの性能に優れたスマホを探している方にぴったりです。

また、おサイフケータイに対応しており、スマホで決済できます。万が一、財布を忘れたとしても安心。Dolby Atmosを採用しているのも特徴。ライブ鑑賞をしているようなリアルなサウンドを出力できるので、映画や音楽を楽しむときはより臨場感が得られます。

すばやく充電できるのも魅力。約17分で満充電が可能です。突然の外出にも対応できます。スマホで綺麗な写真や動画を撮りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) ROG Phone 6 Pro ROG6P-18R512


画面サイズが6.78インチの中華スマホ。ディスプレイは2448×1080の高画質です。リフレッシュレートは最大165Hz。激しい動きが求められるFPSや高グラフィックのRPGもスムーズに動作するのが特徴です。

また、ゲームをより快適に楽しめるアシストツール機能も搭載しています。動画の配信や録画、本体のパフォーマンスの調節などが可能。また、スマホ側面には超音波式タッチセンサーを採用しています。複数の動作を組み合わせしたり、ジャイロスコープで照準を合わせたりと、ゲーマーに便利な機能が充実しているのもポイントです。

バッテリー容量は6000mAhあり、Wi-Fi通信時は約16時間の駆動を実現できます。急速充電に対応しており、約42分でフル充電も可能です。

エイスース(ASUS) Zenfone 8 ZS590KS-SL256S16


画面サイズが5.9インチで持ちやすい設計の中華スマホ。IP68の防水防塵機能が備わっており、雨天のときはもちろん、お風呂で水濡れしたときも故障しにくいので、安心して使用できます。バッテリーは4000mAhで、長時間スマホを使うことが可能。急速充電にも対応しており、約25分で60%蓄電できます。

DCI-P3カバー比が112%なのも特徴。色域が広く、高精細な画面を表示できます。映画鑑賞をするときは綺麗な映像を楽しめるのもポイント。デュアルカメラを搭載しており、6400万画素を備えているのも魅力です。鮮明な写真を撮影できるほか、超広角カメラを使用すれば大きな被写体も収められます。

中華スマホのおすすめ|ミドルモデル

オッポ(OPPO) A54 5G CPH2303


エントリーモデルで性能に優れた中華スマホ。5000mAhのバッテリーを搭載しており、1日中使える容量を備えています。急速充電にも対応しているので、時間のないときにすばやく蓄電できるのも特徴です。

5G通信に対応しているQualcomm Snapdragon 480をチップに導入しているのもポイント。処理速度がすばやく、快適なスマホ操作を実現できます。2つのアプリを同時に起動できる機能が付いており、動画を見ながらSNSを使ったり、ネット検索をしながら文章作成をしたりとマルチタスクも可能です。

顔認証や指紋認証が導入されており、快適な操作性ながらセキュリティ性にも優れています。便利に使える中華スマホを求めている方におすすめです。

シャオミ(Xiaomi) Redmi Note 11 Pro 5G


5Gに対応している中華スマホ。データの共有やファイルのダウンロードを高速で行えます。ストレージは128GBあるので、たくさんの写真やアプリをダウンロード可能。また、メモリには6GBを搭載しているため、処理速度に優れており、スムーズに操作できます。

ディスプレイに有機ELを採用し、画質は2400×1080。細部まで鮮明に映像を表示できるので、快適に映画や動画鑑賞が可能です。約1億8000万画素のメインカメラも内蔵しており、綺麗な写真を撮影できます。マクロや超広角カメラも付いているので、撮影環境に応じて適切なカメラを選択可能です。

冷却性能にも優れており、本体が熱暴走するのを防げます。カメラ重視で中華スマホを探している方におすすめです。

シャオミ(Xiaomi) Redmi Note 10 Pro

コスパに優れたミドルモデルの中華スマホ。1億800万画素の4眼カメラを搭載しており、鮮明な写真を撮影できます。RAWマルチフレームを採用しているので、ナイトモードで夜景を撮影したときにノイズを抑えて綺麗な写真を収められるのもポイントです。

動画にはタイムラプスやデュアルビデオモードなどを搭載しており、手ブレ補正も備わっています。中華スマホで動画撮影したい方にもぴったりのモデルです。ステレオデュアルスピーカーを内蔵しているのも魅力。迫力のあるサウンドを出力できるため、音楽を聞くときは臨場感を得られます。

5020mAhの大容量バッテリーも搭載。最大2日間の駆動を実現できるので、バッテリー切れの心配を軽減し、外でも安心して使用できます。

UMIDIGI A13 Pro Max 5G

デュアル5GSIMを採用している中華スマホ。1つの端末に2つのSIMカードを挿せるので、使用シーンに応じて自由に切り替えられます。OSはAndroid12を搭載しており、アプリはGoogle playストアからダウンロード可能。ストレージは128GBで、最大256GBまで拡張できます。

最大周波数は2GHz。アプリの動作や本体を操作するときの遅延を軽減しているので、安心して使えます。3眼カメラを内蔵しているのもポイント。Quad Bayer構造のカラーフィルターを採用しており、暗い場所でも写真が明るく撮影できます。綺麗な夜景を撮りたいときに便利です。

バッテリーの容量が5150mAhと大容量で、充電切れの心配を抑えて外でも気軽に使用できます。

UMIDIGI F3 5Gスマホ

OSにAndroid12を搭載しているSIMフリーモデルの中華スマホ。ストレージは128GBで、メモリは8GBあります。処理速度に優れており、アプリの起動もスムーズに行うことが可能。画面サイズは6.7インチあり、広い視野角と鮮やかな色で映像を表示できます。映画鑑賞やグラフィックの綺麗なゲームをするときにもおすすめです。

カスタマイズができるショートカットキーが備わっているのもポイント。クリックやボタンの長押しなどで使いたい機能やアプリにアクセスできます。顔認証や指紋認証も付いており、パスワードを毎回入力せずに画面のロック解除が可能です。

パノラマやマクロ、夜景撮影モードなどカメラ機能も充実しているので、ぜひチェックしてみてください。

中華スマホのおすすめ|エントリーモデル

オッポ(OPPO) OPPO A55s CPH2309


サイズが約74×162×8.2mmでコンパクトな中華スマホ。片手で操作しやすいデザインです。5Gに対応しており、快適にネット通信ができます。画質はHD+で画面の隅々まで綺麗な映像を表示可能です。映画鑑賞や自分で撮影した写真を閲覧したいときにも便利。リフレッシュレートは90Hzあるので、スクロールやタッチ操作もサクサク動きます。

IP68の防水防塵に対応しているのもポイント。水濡れに強い仕様なので、キッチンでレシピを見たり、お風呂で電子書籍を読んだりもできます。また、3本指ジェスチャー機能が備わっているのも魅力。3本指で画面をなぞるとスクリーンショットができ、画像に表示されている画像を翻訳することも可能です。

オッポ(OPPO) OPPO A77 CPH2385


急速充電に対応している中華スマホ。5分の充電で約3時間の通話ができるので、緊急時にも便利です。夜間の充電スピードを自動でコントロールし、バッテリーの劣化を早める過充電を防げます。

ストレージには128GBを搭載。たくさんのアプリや動画をダウンロード可能です。また、ネット通信ができない状態でもFMラジオが使えるのも魅力。災害時に重宝します。アイケア機能が備わっており、ブルーライトを抑えて目の負担軽減が期待できるのもポイントです。頻繁にスマホを操作する方も安心して使えます。

シャオミ(Xiaomi) Redmi Note 10T


おサイフケータイに対応している中華スマホ。交通系ICを登録しておけば、スーパーやコンビニなどでスムーズに会計ができます。アイケア機能も付いており、画面のブルーライトを軽減可能。周囲の明るさに合わせて画面の輝度を自動調節できるので、長時間スマホを使いたいときも安心です。

eSIMに対応しているのも特徴。SIMカードを挿入せずに本体が使えるので、回線を使いわけたいときや海外旅行で現地の通信会社を利用したいときに便利です。また、画面のリフレッシュレートが90Hzなのもポイント。タッチやスクロール操作がなめらかに行えるので、快適にネット検索や電子書籍の閲覧ができます。

Blackview A55


コスパに優れた中華スマホ。デュアルSIM仕様なので、2つの通信会社のSIMを使用できます。プライベートとビジネス用に分けて使いたいときに便利です。画面サイズは6.5インチで、HD+の高画質。輝度は400nitで、鮮やかな色を明るく表示できます。

バッテリー容量は4780mAhあり、ウェブサイトの閲覧は約9.5時間できます。バッテリー持ちがよく、外でも安心して使用可能。本体の薄さは約9.1mmで、重量が約196gです。コンパクトに作られているため、ポケットにしっかり収納できます。