日本のスマホ市場でもよく見かけるようになった「中華スマホ」。ハイエンドモデルからコスパに優れたエントリーモデルまで、さまざまなメーカーから数多くの製品が販売されています。

そこで今回は、おすすめの中華スマホをピックアップ。さらに、中華スマホのメリットや選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

中華スマホのメリット

中華スマホのメリットはコスパに優れた製品が多いこと。1万円前後の格安な製品も多いので、サブ機を探している方におすすめです。

また、デザイン性に優れた製品や斬新なアイデア・技術を採用した製品も数多くラインナップ。特に新興メーカーは、宣伝や購入促進のためハイスペックなスマホを格安で展開していることがあります。

Amazonや楽天などで多くの製品を取り扱っているのもポイント。海外のサイトに抵抗がある方でも中華スマホを購入しやすいのが特徴です。

中華スマホの選び方

対応周波数帯をチェック

By: mi.com

NTTドコモ・au・ソフトバンクなどの各通信会社は、それぞれ国から使用できる周波数帯が割り振られています。スマホ側も同じ周波数帯に対応していないとデータ通信ができないので注意が必要です。

周波数帯は「2.1GHz帯(バンド1)」などのように、Hzという単位やバンド名で表されます。端末のスペック表などでは「B1・B3・B8」のような表記方法が一般的です。製品ページなどに対応している周波数帯が書かれているので、自身が利用する通信会社の周波数帯と照らし合わせて確認しましょう。

技適マークをチェック

技適マークとは、総務省により定められている「技術基準適合証明」と「技術基準適合認定」のいずれか、または両方の認証を得ていることを証明するためのマークです。取得している端末は、本体の背面や端末情報などでマークを確認できます。

もし、技適マークのない製品を使用すれば、電波法違反に該当する可能性があるので使用は控えましょう。

スペックをチェック

By: amazon.co.jp

中華スマホに限った話ではありませんが、スペックの確認は重要です。メインで使用するのであればスペックの高いモデルの方が快適に使用できます。価格のみを見て購入してしまうと、動作が遅かったり、ストレージ容量が少なかったりなどの問題が発生する恐れがあるので注意が必要です。

逆に、メールの確認程度の使用やサブ機としての運用を考えている方は、1万円台のエントリーモデルを選ぶのがおすすめ。中華スマホの購入を検討している方は、用途に合った製品を選びましょう。

中華スマホのおすすめメーカー

オッポ(OPPO)

By: amazon.co.jp

オッポは、2008年に中国・広東省で設立されたスマホメーカーです。世界でもトップクラスのシェアを有しとており、2018年から日本市場へも参入しています。高機能ながら低価格帯のモデルが多く、格安スマホのメーカーとしても人気です。

オッポの魅力は、高性能なカメラ。5000万画素のカメラや最新式の手ぶれ補正機能が搭載されており、綺麗に写真を撮影したい方におすすめ。また、大きな画面や急速充電など、使いやすい工夫を取り入れています。

シャオミ(Xiaomi)

By: amazon.co.jp

シャオミは、中国のAppleと称されている総合家電メーカー。2010年に北京で設立され、わずか数年でサムスンやファーウェイ、Appleを抑えて中国のスマホ出荷台数でトップの座を獲得した実績があります。スマホだけでなく、パソコンやスマートウォッチ、家電なども展開しており、2019年には日本市場への上陸も果たしたメーカーです。

シャオミの特徴は、圧倒的なコストパフォーマンスにあります。ハイスペックモデルながら、ほかのメーカーと比べて価格が安いことから、アジア各国でも人気です。また、スタイリッシュなデザインや、スマホとリンクしたスマート家電が話題で、IoT分野を牽引する存在といわれています。

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

日本でも人気の高いSIMフリースマホとして知られているのがエイスースです。台湾で生まれたメーカーで、業界最大手とされるマザーボードや、スタイリッシュなノートパソコンが有名。最近では、ゲーミング分野にも参入しており、プロのゲーマーからも高評価を得ています。

エイスースのスマホは、モデルごとにわかりやすく特徴が設定されている点です。バッテリー能力に優れた「ZenFone Max」など、主力のZenFoneからの派生版がラインナップされており、ニーズに合ったスマホを選べます。

中華スマホのおすすめ|ハイスペックモデル

オッポ(OPPO) Find X3 Pro

各部に曲線を多用した近未来的なデザインの中華スマホです。4眼のカメラを採用しているのが特徴。5000万画素の超広角・広角レンズをはじめ、顕微鏡や望遠レンズを搭載しており、さまざまな用途の撮影に対応できます。

IP68等級の防塵・防水機能を備えているのもポイント。また、ネットワークはSIMカードによるものの、2GのGSMで850〜1900MHzに対応。4GのTD-LTE bandsでは2690MHzもカバーしています。

65Wの「SuperVOOCフラッシュチャージ」に対応しているのも魅力。10分間で約40%まで充電する能力を備えています。カフェや移動中の電車内など、少しの空き時間があればしっかりと充電できるので便利です。

シャオミ(Xiaomi) 11T Pro

シャオミが展開するSIMフリースマホのフラッグシップ級モデルです。Qualcommの高性能CPU「Snapdragon 888」を採用。多様な処理を高速で実行できます。また、128GBの大容量ストレージを備えているため、写真・ビデオ・音楽など多くのデータを保存することが可能です。

高解像度の6.67インチ有機ELを搭載。120Hzの高リフレッシュレートにより、画面のスクロールや動画の動きが非常に滑らかです。さらに、Dolby Atmosにも対応しており、美しい画面でさまざまなコンテンツが楽しめます。

120W Xiaomi ハイパーチャージを採用しているのも魅力。わずか17分でフル充電が完了するため、朝の出勤前など忙しい時間帯に重宝します。さらに、5000mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、動画再生は7時間、通話なら11時間の連続使用が可能です。

エイスース(ASUS) ZenFone 7 ZS670KS-WH128S8

フリップ式カメラ採用

5Gに対応した中華スマホです。2.84GHzで駆動する「Snapdragon 865」と8GBのメモリを搭載するハイスペックな製品。あらゆる作業をストレスなく実行したい方におすすめのモデルです。

5000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。最長30.8時間の連続通話や最長18日間の4G待ち受けが可能。外出する機会が多く充電するのが困難な方でも、電池残量を心配せずに使用できます。

フリップ式のカメラを搭載しているのも本モデルの特徴です。自由なアングルでの撮影が可能。今までのスマホカメラでは難しかった、個性的な写真を撮りたい方にもピッタリです。高性能なアウトカメラを180°反転させれば、綺麗なセルフィも撮影できるので重宝します。

エイスース(ASUS) ROG Phone 3 ZS661KS-BK512R12

ゲームにおすすめのスペック

オクタコアのCPU「Snapdragon 865」と12GBの大容量メモリを実装した高性能な中華スマホ。スマホゲームを思う存分楽しみたい方におすすめのモデルです。6.59インチのAMOLEDディスプレイを搭載しています。リフレッシュレートが144Hzと高速なため、激しく動き回るシーンも滑らかに表示することが可能です。

応答速度が1msと速いのもポイント。色の切り替わりが高速なので残像の少ないクリアな映像が見られます。優れた冷却システム「GameCool 3」を採用しているのも本モデルの特徴です。3Dベイパーチャンバーと大型ヒートシンクを搭載。ゲーム中に発生する大量の熱を効率的に冷やすことで、パフォーマンスの低下を抑えます。長時間遊んでも動作が安定しているので、ゲームに集中することが可能です。

エイスース(ASUS) Zenfone 8 ZS590KS-BK128S8

5.9インチのAMOLEDディスプレイを採用したコンパクトな製品です。小型のボディにQualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platformを内蔵。取り回しやすく携帯性にも優れた、高性能中華スマホを探している方におすすめのモデルです。また、IP68等級の防塵・防水機能を備えています。

6400万画素の高解像度カメラを搭載。高性能センサーを内蔵しているので高品質な写真が記録できます。また、光学式手ブレ補正機能を備えているのも便利なポイントです。さらに、おサイフケータイ機能にも対応しており、日常生活における使い勝手は良好。対応の周波数帯域は2.4GHz・5GHzです。

中華スマホのおすすめ|ミドルモデル

オッポ(OPPO) Reno3 A CPH2013

優れたカメラ性能で綺麗な写真が撮影できる

手頃な価格で購入できる、カメラ性能の高い中華スマホを探している方におすすめのモデルです。4800万画素の4眼カメラシステムを採用しているのが特徴。電子式手ぶれ補正機能を備えているため、歩いたり走ったりしながらでも綺麗な写真が撮れます。また、「ウルトラナイトモード」を搭載しているので、夜間や室内といった暗所での撮影も可能です。

おサイフケータイに対応しているのも本モデルの特徴。通勤・通学・買い物など、日常生活のさまざまな場面で便利に使えます。4025mAhの大容量バッテリーを内蔵しているため、1日中外出するようなシーンでも安心です。

オッポ(OPPO) Reno5 A CPH2199

約6400万画素の高解像度カメラを搭載したモデルです。AIが周囲の明るさを判別し自動で調節する機能により夜間の撮影でもキレイな動画を撮ることが可能。超広角やマクロカメラも備えているので、さまざまなシーンで活躍します。

アウトカメラとインカメラを使った同時撮影に対応しているのもポイント。今までのスマホでは難しかった、ユニークなビデオを撮影できます。

また、おサイフケータイ機能を搭載しているのもポイント。日常の支払いをスマホだけで済ませられるので、持ち物をスマートにまとめられます。普段使いに便利な中華スマホを探している方におすすめのモデルです。

シャオミ(Xiaomi) Redmi Note 10 Pro

2400×1080での表示が可能な、6.67インチのAMOLED ドットディスプレイを搭載した中華スマホです。120Hzの高リフレッシュレートパネルを採用しているため、激しく動く映像を滑らかに表示できます。レーシングなど速さが重要なゲームをキレイな画面で楽しみたい方にもピッタリです。

1億800万画素の高解像度カメラを搭載。ディテールまで鮮明な写真が簡単に撮影できます。128GBのストレージ容量を備えているので、多くの写真やビデオを記録することが可能です。さらに、超広角や望遠接写などの撮影にも対応できるため、気になる方はチェックしてみてください。

シャオミ(Xiaomi) Mi Note 10

細部までより忠実に記録できる超高解像度カメラを搭載

カメラ性能を重視する方におすすめの中華スマホです。1億800万画素の超高解像度カメラを搭載しているのが特徴。広大な大自然の風景や眼下に広がる街並みなども、細部までより忠実に記録することが可能です。パソコンの大きなモニターで観賞したり大判でプリントしたりと、写真の楽しみ方が広がります。

ほかにも望遠・超広角・ポートレート・マクロカメラを搭載。さまざまな撮影シーンで活躍する5眼仕様です。5260mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、旅行先などでも電池残量を心配せずに撮影できます。

Blackview BV9500 Plus

超大容量バッテリーを搭載した中華スマホ

大自然の中でも安心して使えるタフネス仕様の中華スマホです。10000mAhの超大容量バッテリーを搭載しているのが特徴。動画の撮影は約20時間、チャットであれば約50時間も連続で使用することが可能です。コンセントを探すのが難しい屋外でも、電池残量を心配せず1〜2日程度使えるので重宝します。

IP68等級の優れた防塵・防水性能を搭載しているのが特徴。砂埃が舞うような環境や、水に濡れやすい場所へも気軽に持っていけます。また、手頃な価格ながらワイヤレス充電に対応しているのもポイントです。普段使いもスマートにこなせるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

中華スマホのおすすめ|エントリーモデル

オッポ(OPPO) A5 2020 CPH1943

2枚のSIMカードを使い分けたい方におすすめ

安価でもカメラ性能にこだわりたい方におすすめの中華スマホです。1200万画素の4眼アウトカメラを搭載しているのが特徴。パノラマ写真をはじめ、ポートレート写真も簡単です。

また、1600万画素の「AIビューティー機能」付きインカメラも備えているため、被写体に合った自然で綺麗なセルフィが撮れます。

デュアルSIM仕様を採用しているのもポイント。ビジネスとプライベート用の電話番号など、用途に応じて2枚のSIMカードを使い分けることが可能です。スマホを2台持ちしている方なら1台ですむため重宝します。

オッポ(OPPO) AX7 CPH1903

Qualcommの「Snapdragon 450」に加え、4GBのRAMと64GBのROMを備えた、普段使いにピッタリなモデルです。Android 8.1をベースに開発されたColorOSを採用しているのが特徴。利用頻度の高いアプリに素早くアクセスできる「スマートサイドバー」機能を備えているなど、使い勝手は良好です。

また、1600万画素のインカメラを搭載。HDRモードを備えているので、室内でも明るく鮮やかなセルフィを撮ることが可能です。

細かな凹凸を設けた3Dテクスチャ仕上げのボディは、上質で高級感があります。エントリーユーザー向けのおしゃれな中華スマホを探している方にもおすすめのモデルです。

オッポ(OPPO) A73 CPH2099

安価ながら6.44インチの有機ELディスプレイを採用した中華スマホです。2400×1080の解像度により美しい画像や映像が見られます。また、顔認証に加えディスプレイ指紋認証システムを搭載しているのが特徴。自宅はもちろん外出先でマスクをしているときでも、ロックの解除がスマートに行えます。

「Corning Gorilla Glass 3」を採用しているのもポイント。また、ストレージ容量は64GBとそれほど大きくはないものの、microSDカードスロットを搭載しており、最大256GBまでの容量拡張が可能です。

シャオミ(Xiaomi) Redmi 9T

6.53インチのドット・ドロップ・ディスプレイを搭載した中華スマホ。2340×1080ピクセルの解像度を有しているため視認性は良好です。ブラウジングや動画視聴を快適に行えます。

4眼カメラを搭載しているのが特徴。4800万画素のメインカメラをはじめ、超広角カメラやマクロカメラなどを備えているので、多様な被写体を好みの構図で撮影できます。また、128GBのストレージを内蔵しており、多くの写真やビデオが保存できるのも嬉しいポイントです。

シャオミ(Xiaomi) Redmi Note9S

6.67インチのドットディスプレイを搭載した中華スマホです。ディスプレイの対ボディ比が約91%と広いため、高い没入感を得られるのが特徴。映画や動画を視聴する機会の多い方におすすめのモデルです。

また、「サイドマウント指紋センサー」を搭載しているのも魅力。スマホを持つ自然な動作で画面のロック解除を行えます。

背面には3D曲面ガラスを採用。手に馴染みやすく持ちやすいのがポイントです。さらに、エントリーモデルながら4800万画素の4眼カメラを搭載するなど、カメラ機能も充実しています。初めて購入するスマホを検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) Zenfone Live (L1) ZA550KL-GD32

5.5インチのワイドスクリーンを搭載したコンパクトな中華スマホです。ボディの重さは約140gと軽量。カバンやポケットに入れて気軽に持ち運べます。初めてスマホを持つ方はもちろん、学生の方にもおすすめのモデルです。

安価な製品ながら顔認証システムを採用しているのが特徴。面倒なロック解除の操作が不要で、スマートに使えます。搭載しているROM容量は32GBと若干少なめ。万が一不足した際には、microSDカードで容量を拡張しましょう。最大2TBのmicroSDカードに対応したスロットを備えているので重宝します。

エイスース(ASUS) Zenfone Max M2 ZB633KL-BL64S4

4000mAhの大容量バッテリーを搭載したスタミナモデルです。最大約35時間の連続通話や約33日間の待ち受けが可能。外出する機会が多く、頻繁に充電するのが難しい方におすすめの中華スマホです。電池残量を心配せず、ゲームや動画が思う存分楽しめます。

厚さ約7.7mmの薄型でスタイリッシュなデザインを採用。背面パネルには金属素材を使用しており、高級感のある仕上がりを実現しています。プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも違和感なく使いやすいモデルです。

Blackview BV4900

アウトドアシーンで安心して使える、安い中華スマホを探している方におすすめのモデルです。MIL規格の10項目をクリアしたと謳っているなど、高い耐久性を有しているのが特徴。衝撃に強く、さまざまな環境下で使用することが可能です。また、IP68等級の防塵・防水機能も備えています。

5580mAhの大容量バッテリーを内蔵し、リバースチャージ機能に対応しているのもポイント。ほかのデバイスへの充電に対応できるなど、いざという時に頼りになる1台です。