おしゃれなアクセサリーとして、若い世代を中心に高い人気を誇るアイテム「ボディピアス」。一口にボディピアスといっても、さまざまなデザイン・素材・形状・サイズのモノが発売されています。また、装着したい部位によっても適した種類は異なるため、どんなアイテムを選べばよいのか迷ってしまう方も多いはず。

そこで今回は、ボディピアスの選び方とおすすめのアイテムをご紹介します。ぜひお気に入りのボディピアスを見つけて、いつもとは一味違うおしゃれを楽しんでみてください。

ボディピアスの選び方

装着部位に合わせて種類で選ぶ

リングタイプ

From da Phactory キャプティブビーズリング ボディピアス

By: amazon.co.jp★

「リングタイプ」は、ボディピアスのなかでも定番のタイプ。耳たぶ・軟骨・へそ・唇などのさまざまな部位に装着できるのに加え、幅広いサイズ展開が特徴です。リングをピアスホールに通し、ボールキャッチをはめ込むだけで簡単に装着できます。

その一方で、ボールキャッチはやや外れやすいので注意が必要。ボールキャッチの紛失が心配な方は、リングの両端がネジ式である「サーキュラータイプ」や、ボールキャッチが無くリングの一部が外れる構造になった「セグメントリング」がおすすめです。

バーベルタイプ

From da Phactory ストレートバーベル ボディピアス

By: amazon.co.jp

バーベルタイプは、「シャフト」と呼ばれる棒状のパーツの両サイドに、ボールキャッチが付いているタイプです。ボールキャッチはネジ式であり、一般的には両サイドとも取り外せます。そのため、両サイドのキャッチをおしゃれなモチーフやジュエルが付いたモノに変えて、自分好みにカスタマイズすることも可能。

また、シャフトの長さは4~50mmと幅広いため、耳たぶ・軟骨・舌・へそ・眉・唇などのあらゆる部位に対応しています。しかし、基本的にはピアスホールの入口と出口の距離が離れた部位に適しているため、皮膚の厚い箇所へ装着したい場合にはぜひこのタイプを活用してみてください。

ラブレットタイプ

https://item.rakuten.co.jp/from-da-phactory/a-049-050-051-052/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001720

By: rakuten.co.jp

ラブレットタイプは、シャフトの片側にのみボールキャッチが付いており、もう片側は「ディスク」と呼ばれるフラットな形状になっています。基本的にディスクはシャフトから取り外せないため、装着時にはボールキャッチのみを外して使用。主に、軟骨・舌・口・耳の穴の入口付近などに活用されています。

ボールキャッチ側を正面にして装着するとディスクが肌に密着し、髪やタオルなどの繊維がピアスに引っ掛かってしまうのを防げるため、ピアスホールを開けたばかりの不安定な部位にぴったり。また、口の中に装着しても違和感やストレスを感じにくいのも魅力です。シャフトの長さは4~18mmとアイテムによって大きく異なるので、装着部位に合わせて選んでみてください。

その他

By: amazon.co.jp

このほかにも、軸が徐々に太くなっていくデザインの「トライバル」や、中が空洞でインパクト抜群の「ホールピアス」、サイドをゴム製のリングで止める棒状ピアス「プラグ」など、さまざまな種類のボディピアスが存在。トライバルは耳たぶや軟骨に、ホールピアスとプラグは耳たぶ・軟骨・舌に適しています。

また、ピアスホールを開けていなくてもピアスを通しているように見せられる「フェイクピアス」も要チェック。フェイクピアスは、皮膚を挟んだりシールのように貼ったりするだけで気軽にボディピアスを楽しめます。

ゲージ(軸の太さ)で選ぶ

By: amazon.co.jp

ボディピアスを選ぶ際には、軸の太さ「ゲージ」も要チェックです。ゲージは0~20Gまで2サイズ刻みで展開しており、数字が大きいほどゲージは細く、小さいほどゲージは太くなります。

ファッションピアスに用いられる軸の太さは18もしくは20G、耳たぶ用は16G、軟骨・鼻・眉用には14Gあたりが一般的。太すぎるゲージは避けたいボディピアス初心者の方は16~20Gが、皮膚の厚みがある箇所へ装着する場合には14Gがおすすめです。

素材で選ぶ

By: rakuten.co.jp

サージカルステンレス

サージカルステンレスとは、医療用のハサミやメスなどにも使われているステンレス素材。「金属イオン」が溶け出さないことから金属アレルギーを引き起こしにくいと言われており、ボディピアスではもっともポピュラーな素材です。

煮沸消毒できるため、衛生的に使用可能。ピアスホールを開けた直後でも安心して装着できます。また、強度が高く錆びにくいという特徴があり、空気に触れても変色しません。

チタン

チタンは、もっとも金属アレルギーを引き起こしにくいと言われており、医療機器などにも多く用いられている素材。とても軽い金属であることからピアスホールへの負担が少ないため、ボディピアスを長期間装着し続けたい方におすすめです。

さらに、光に当たると抗菌作用が働くので衛生的に使用できます。しかし、チタンは値段が高いため、一般的に「チタン製」と表記されているボディピアスは、サージカルステンレスなどにチタンがコーディングされているタイプが主流です。

樹脂(アクリル)

樹脂(アクリル)製のボディピアスは、「透明ピアス」の名で知られています。透明かつ軽量であることからさまざまな形状に加工できるため、ファッション性に優れているのが魅力。さらに、安価なので気軽に購入できます。

しかし、素材自体が傷つきやすいのに加えてエタノールなどでの減菌もできないため、長期間の継続使用には適していません。また、開けたばかりの不安定なピアスホールへの使用も避けましょう。

シリコン

シリコンは、金属が含まれていないので金属アレルギーの方や皮膚が弱い方でも安心して使えるのが特徴。また、開けたばかりのピアスホールでも使用できるほか、とても柔らかな素材なので簡単に装着できます。

肌に近い色味のアイテムも多いため、シークレットピアスとしてもおすすめ。さらに、温度変化にも強いのでサウナやスキー場でも安心して使用できる素材です。

ボディピアスのおすすめ

From da Phactory ストレートバーベル ボディピアス

From da Phactory ストレートバーベル ボディピアス

リーズナブルな価格で優れたコスパを誇る、ストレートバーベルタイプのボディピアスです。ゲージは14・16・18・20Gの4パターン、シャフトの長さは6~18mmまで、ボールキャッチの直径は2.5~6mmまでと幅広いサイズ展開をしており、装着したい場所や好みに応じて選べます。

医療用の316Lサージカルステンレス製なので金属アレルギーを引き起こしにくいのに加え、シャフト部分には傷がつきにくいように加工を施しているため、長期間装着しっぱなしにしていても安心。また、シャフトのネジ山には丸みをつけているのでピアスホールへの負担を軽減でき、ファーストピアスやセカンドピアスにも適しています。飽きのこないデザインと衛生的な作りが魅力のおすすめアイテムです。

From da Phactory キャプティブビーズリング ボディピアス

From da Phactory キャプティブビーズリング ボディピアス

高品質な316Lサージカルステンレス製で金属アレルギーの方も安心して使える、リングタイプのボディピアスです。ボールキャッチの凹み部分を深くしているため、リングをはめ込みやすいのに加え、簡単に取れてしまうことのないようにきちんと調整されています。

また、リングの両端は丸みがありピアスホールを傷つけることなく装着できるので、ファーストピアスにもおすすめです。ゲージは14・16・18Gの3パターン、シャフトの長さは6~15mm、ボールキャッチの直径は3~6mmから選択が可能。なお、太いサイズを購入した場合、ボールキャッチが硬く素手での装着が難しい可能性があるため、ゴム手袋をはめるなどの滑り止め対策をしながら装着してみてください。

From da Phactory サーキュラーピアス

From da Phactory サーキュラーピアス

シャフトがU型のバーベルタイプ「サーキュラーバーベル」のボディピアスです。ゲージは10・12・14・16・18Gの5パターン、シャフトの長さは6~13mm、ボールキャッチの直径は3~6mmまでと幅広いサイズ選択ができ、耳たぶ・軟骨・鼻の中隔・口などさまざまな場所へ装着できます。

また、金属アレルギーを引き起こしにくいサージカルステンレス製であるほか、シャフト部分には傷がつきにくいように加工を施しているため衛生面でも安心。さらに、シャフトのネジ山には丸みをつけることでピアスホールへの負担を軽減できます。リーズナブルな価格帯でありながら、安全に使用するための工夫が細部にまで施されたおすすめアイテムです。

From da Phactory アクリル ボディピアス クリアカラー

From da Phactory アクリル ボディピアス クリアカラー

目立ちにくい透明なラブレットタイプのボディピアスです。シリコンやアクリルを採用したアレルギーフリー素材なので、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。ピアスホールの調子が悪いときや、仕事中などの目立つピアスが装着できないシーンにぴったり。

また、ボールキャッチはネジ式なので、気づかないうちにキャッチが取れてしまったり、グラグラ動いてしまったりすることもありません。ゲージは14もしくは16G、シャフトの長さは6~10mm、ボールキャッチの直径は3もしくは4mmから選べます。傷つきやすい素材なので、使い捨てを徹底したうえで使用しましょう。

From da Phactory ボディピアス ラブレット ストレートバーベル

From da Phactory ボディピアス ラブレット ストレートバーベル

ストレートバーベルとラブレットの2タイプから選べるボディピアスです。ボールキャッチ部分には金属アレルギー対応の綺麗な立爪ジュエルが付いており、ジュエルの色味はクリア・パープル・ピンク・レッドの4色から選択可能。

ゲージは16Gの1種類ですが、シャフトの長さは6もしくは8mm、ジュエルの直径は3もしくは4mmから選べます。また、低アレルギー素材の316Lサージカルステンレス素材を採用しているため、装着しっぱなしでも安心。キュートなデザインのファーストピアスやセカンドピアスを探している方は要チェックです。

From da Phactory スパイラルコーン ボディピアス

From da Phactory スパイラルコーン ボディピアス

スパイラルデザインのシャフトに、コーン型のキャッチが付いたおしゃれなボディピアスです。シャフトがカーブしているため髪や繊維などに引っ掛かりにくく、装着したまま就寝してしまっても安心。316Lサージカルステンレス素材なので、金属アレルギーの方におすすめです。

また、シャフト部分は傷がつきにくいように加工を施しているため、衛生的に使用できます。ゲージは14もしくは16Gから選択可能。カラーは、スタイリッシュなイメージのブラックです。耳たぶや軟骨部分に装着してみてください。

凛 ボディピアス

凛 ボディピアス

リングの一部が外れる構造のリングタイプ「セグメントリング」のボディピアスです。ピアスホールにリングを差し込み、カチッと止めるだけで装着できます。サージカルステンレス素材なので、金属アレルギーの方でも安心。

ゲージは14・16・18Gの3種類、リングの内径は6~12mmまで選択できます。また、リングのカラーもシルバー・ゴールド・ピンクゴールド・ブラック・ブルー・パープル・レインボーの7色から好みに応じて選べるのも魅力。なお、装着しっぱなしにするとカラーのメッキコーティングが剥がれたり薄くなったりする可能性があるので、使用後はきちんと取り外すのがおすすめです。

ボディピアス専門店ROQUE ボディピアス スターダブルフェイス ストレートバーベル

ボディピアス専門店ROQUE ボディピアス スターダブルフェイス ストレートバーベル

シャフトの両サイドに星形のキャッチがついた、ストレートバーベルタイプのボディピアスです。両サイドの星の大きさは異なるため、前後の向きを変えて2個着けすればスタイリッシュな耳元を演出できます。キャッチはフラットタイプなので、軟骨や耳の穴付近へ装着してもストレスを感じません。

また、ゲージは14・16・18Gの3種類から選択可能。カラーもシルバー・ブラック・レインボー・ゴールド・ピンクゴールドの5色から好みに応じて選べます。さらに、素材にはサージカルステンレス316Lを採用しているため、金属アレルギーを引き起こしにくいのもポイント。おしゃれなボディピアスを探している方におすすめのアイテムです。

PIAcollection アクリル キャプティブビーズリング

PIAcollection アクリル キャプティブビーズリング

キュートなリングタイプのボディピアスです。ボールキャッチの片側がシャフトに繋がっているので、キャッチを紛失してしまう心配がありません。また、通常リングタイプはボールキャッチの穴部分が平面になりがちですが、本アイテムは綺麗な球体。アクリル製なので透明感も抜群であり、優れたデザイン性を誇ります。

ゲージは16G、リングの内径は約12mm、ボール径は約5mmと小ぶりなので、重ね着けをしたい方にもおすすめです。カラーは10色から好みに応じて選べます。

Green Piercing フェイク リングピアス CP667xxxxxx

Green Piercing フェイク リングピアス CP667xxxxxx

スプリングで簡単にしっかり装着できる、フープデザインのフェイクピアスです。耳たぶや軟骨はもちろん、鼻・口・眉・へそなどさまざまな場所に活用できます。ゲージは14G、リングの内径は13mmと小ぶりサイズであるのに加え、リーズナブルな価格帯なので複数購入して重ね着けをしてみるのもおすすめ。

また、素材は肌に優しく頑丈なステンレス製です。シンプルなデザインなので、シーンやファッションを選ばずに使えるのも魅力。シルバーとブラックの2色から、好みに応じて選んでみてください。

five ships ダブルフレア ボディピアス QA8B

five ships ダブルフレア ボディピアス QA8B

中が空洞になった、インパクト抜群のホールピアスです。ラージホールをおしゃれにアピールしたい方におすすめ。 内径は6mmの1種類ですが、ゲージは8・6・4・2・0・00G、これよりも大きなピアスホールの場合は12~30mmまでと幅広いサイズのなかから選択できます。

また、素材は316Lサージカルステンレスとチタンが採用されているため軽量であるのに加え、金属アレルギーの方でも安心して使用可能。カラーは、クールなブラックとスタイリッシュなシルバーの2色です。さらに、クリーニングクロスが付属しているためお手入れも簡単。リーズナブルな価格帯でありながら高いクオリティを誇るボディピアスです。

ルピス(Lupis) バナナバーベル ボディピアス

シャフトがバナナのような形状をしたバーベル「バナナバーベル」タイプのボディピアスです。ゲージは14G、シャフトの長さは10mmのゆったりサイズなので、へそピアスにぴったり。また、やや厚めの耳たぶや軟骨に装着してみるのもおすすめです。

ボールキャッチは両端とも輝くジュエルが埋め込まれていますが、シャフトはスタイリッシュな黒色なので華やかでありながらシックな雰囲気を演出できます。ジュエルのカラーはクリア・ピンク・レッド・ライトブルー・ブルー・グリーンの6色から選択可能。素材は、金属アレルギーの方でも安心して使える316Lサージカルステンレス製です。