叩いたときの振動を電気信号に変換することで、アンプやヘッドホンから音が出せる「電子ドラム」。いわゆる“生ドラム”と異なり、打音時の音量を抑えられるため、自宅など屋内でも練習しやすいのが魅力です。コンパクトにまとめられるモデルを選べば、場所を取らないため収納時に困ることもありません。

そこで今回は、電子ドラムのおすすめモデルをご紹介します。電子ドラムとはいえ、なかには生ドラムに負けない表現力を持つモデルもあるのでぜひチェックしてみてください。

電子ドラムとは?

By: roland.com

電子ドラムは、パッドを叩いたときに生じる振動を電気信号に変換する楽器です。アンプはもちろんヘッドホンからも音が出せるため、騒音が気になる屋内でも手軽にドラムの練習ができます。生ドラムと比べて場所を取らないのもポイントです。

ただし、打音時の音量は抑えられますが振動は伝わるので、振動が響きやすい部屋に住んでいる方や、夜間に練習したい方は注意しましょう。

電子ドラムの選び方

パットの素材で選ぶ

ゴムパッド

By: amazon.co.jp

電子ドラムのパッドに使われる素材は、メーカーやモデルによってさまざま。リーズナブルな電子ドラムに使われることの多いゴムパッドは、耐久性に優れているのが特徴です。

安価で長く使えるためコストパフォーマンスには優れていますが、ほかの素材と比べて叩いたときの振動が響きやすい点には注意しておきましょう。

メッシュパッド

By: amazon.co.jp

できるだけ生ドラムと似た感覚で叩きたい方は、メッシュパッドを採用している電子ドラムがおすすめ。ゴムパッドよりも叩いたときの跳ね返りが生ドラムに近いため、本格的な練習ができます。振動が響きにくいのもポイントです。

シリコンパッド

By: yamaha.com

メッシュパッドよりも生ドラムに近い叩き心地を実現しているのが、ヤマハの電子ドラムに採用されているシリコンパッドです。振動や音もメッシュパッドほどではありませんが響きにくいため、比較的静かに練習できるのがメリット。価格は高いですが、生ドラム同様の感覚で練習したい方はぜひチェックしてみてください。

ペダルの種類で選ぶ

ドラムペダルタイプ

By: roland.com

電子ドラムで採用されるペダルは、大きく分けて「ドラムペダルタイプ」と「スイッチタイプ」の2種類があります。ペダルを取り付けてバスドラムを叩くのがドラムペダルタイプ。その構造上、どうしても叩いたときの音や振動が発生してしまいますが、生ドラムと同じ感覚でペダルを踏めるため、本格的に練習をしたい場合はドラムペダルタイプを選ぶのがおすすめです。

スイッチタイプ

By: roland.com

練習時の音や振動をできるだけ抑えたい方は、スイッチタイプのペダルを採用した電子ドラムがおすすめ。ドラムペダルタイプと異なり、ペダルを踏むだけでよいため、バスドラムを叩く必要がないのが特徴です。

ただし、生ドラムと比べるとペダルを踏んだときの感覚が大きく異なるので、本格的なドラム練習をしたいときは物足りない場合があります。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

生ドラムよりもコンパクトとはいえ、電子ドラムはある程度の設置スペースが必要です。そのため、あまり場所を取れない方は電子ドラムのサイズにも注意しましょう。最小限の構成に抑えた電子ドラムであれば、置ける場所が限られていてもスマートに設置できます。

また、折りたたみの可否も確認しておきたいポイント。コンパクトに折りたためる電子ドラムなら、場所を取らずに収納が可能です。

搭載されている機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

スネアパッドのフチを叩けるリムショット機能や、シンバルをミュートさせるチョーク機能に対応しているモデルだと、より生ドラムに近い音色で演奏が楽しめます。

電子ドラムを初めて使う方の場合は、トレーニング機能が搭載されているモノを選ぶのがおすすめ。なかには、自分の演奏を客観的にチェックできる採点機能を搭載した電子ドラムもあります。ぜひ自分の用途や演奏スタイルに応じて、機能をチェックしてみてください。

価格で選ぶ

電子ドラムを購入するときは価格で選ぶのも大切です。予算をできるだけ抑えたい方は、2万円前後のリーズナブルのモデルがおすすめ。ただし、音質が安定しているモデルや、機能が充実したモデルを探している場合は、5万円以上する有名メーカーの電子ドラムを選ぶと安心して使えます。

電子ドラムのおすすめメーカー

ローランド(Roland)

By: amazon.co.jp

ローランドは電子ピアノやシンセサイザーをはじめ、さまざまな電子楽器を展開している国内メーカー。まだ電子楽器があまり出回っていない黎明期から、独自の技術で高品質なアイテムを作り続けてきました。同社の電子ドラムはメッシュパッド採用のモデルを多く揃えているのが特徴です。

ヤマハ(YAMAHA)

By: amazon.co.jp

言わずと知れた世界的メーカーであるヤマハ。楽器はもちろん、自動車用の部品や音響機器など、ジャンルを問わず幅広い製品を取り扱っています。

ヤマハの電子ドラムは、ほかのメーカーでは見られないシリコン製のパッドを採用しているのがポイント。そのため、より生ドラムに近い叩き心地で練習をしたい場合は、ヤマハの電子ドラムを選ぶのがおすすめです。

電子ドラムのおすすめ

ローランド(Roland) 電子ドラム V-Drums Kit TD-1KV

ローランド(Roland) 電子ドラム V-Drums Kit TD-1KV

メッシュパッドをスネアに採用しており、生ドラムと似た叩き心地で練習ができる電子ドラム。ペダルがスイッチタイプなので、音や振動が響きにくく屋内でも練習しやすいのが特徴です。シンバルは叩く場所によって鳴らせる音が変化するため、生ドラムさながらの演奏が楽しめます。

ボタンの数を必要最低限にしたシンプルな操作パネルも魅力。MIX IN端子が備えられており、スマートフォンなどのデバイスと繋げれば好きな音楽を流しながら演奏可能です。

ローランド(Roland) 電子ドラム TD-1KPX2

ローランド(Roland) 電子ドラム TD-1KPX2

小さく折りたたんで収納できるスマートな電子ドラム。キャリングケースが付属しているため、持ち運ぶときもラクなのが魅力です。メッシュパッドを採用しており、コンパクトながら生ドラムに近い本格的な演奏が楽しめます。

ロックやジャズをはじめ、15種類のドラムサウンドが収録されているのも特徴。さまざまな演奏ジャンルに対応した電子ドラムを探している方におすすめです。DAWソフトを使えば電子ドラムの演奏をデータ化して入力することもできるため、音楽制作に使いたい場合もぜひチェックしてみてください。

ローランド(Roland) 電子ドラム V-Drums V-Tour TD-25KV-S

ローランド(Roland) 電子ドラム V-Drums V-Tour TD-25KV-S

ローランドの独自技術で、叩いてから音が鳴るまでの反応を高速化させた電子ドラム。叩いた場所によって音が変化するため、生ドラムのような表情のある音色を楽しめます。キックパッドの打面には布素材が採用されており、耐久性に優れているほか、叩き心地がよいのも魅力です。

音量やチューニングは操作パネルで簡単に調節が可能。高価ではありますが、本格的な演奏ができるプロ仕様の電子ドラムを探している方はぜひチェックしてみてください。

ヤマハ(YAMAHA) 電子ドラムセット DTX522KFS

ヤマハ(YAMAHA) 電子ドラムセット DTX522KFS

発泡シリコンと呼ばれる特殊な素材のパッドが採用された電子ドラム。叩いたときに程よく跳ね返って、生ドラムに近い叩き心地を楽しめます。スネアパッドとタムパッドで硬さを変えており、より生ドラムらしい打感で演奏できるのも特徴です。

叩いた場所や強弱によって音色が細かく変化するのもポイント。電子ドラムでありながら、生ドラムに負けない表現力を備えています。さらに、本製品は採点機能が搭載されているため、演奏の上達具合を客観的に見ることが可能です。

ヤマハ(YAMAHA) 電子ドラムセット DTX432KUPGS

ヤマハ(YAMAHA) 電子ドラムセット DTX432KUPGS

10種類のトレーニング機能が搭載されており、電子ドラム初心者の方でも安心して始められるおすすめモデル。演奏力を客観的にチェックできる採点機能も搭載されています。ヤマハの生ドラムをサンプリングしているほか、エレクトロニックサウンドやエフェクトサウンドなども内蔵しているのが特徴です。

安定性が高いラックを採用しており、グラつきにくいので快適に演奏が可能。また、シンバル・スネア・タムの角度を変えられるため、自分に合う位置にセッティングして練習できます。正しいフォームを身につけながら演奏したい方はぜひチェックしてみてください。

ヤマハ(YAMAHA) 電子ドラムセット DTX400KS

ヤマハ(YAMAHA) 電子ドラムセット DTX400KS

生ドラムに近いリアルな叩き心地で練習ができるモデル。「KU100」と呼ばれる静音性に優れたキックユニットを採用しているのが特徴です。それでいてコンパクトであまり場所を取らないため、省スペースでドラムの練習がしたい方に適しています。

169種類の音源が搭載されており、それぞれ練習曲として使うことが可能。AUX IN端子が付いているので、好きな音楽を流しながら演奏することもできます。また、スネア・キックパッド・ハイハットコントローラーは上位モデルに取り替えられるため、演奏スキルに合わせて電子ドラムもグレードアップさせていきたい方におすすめです。

アレシス(Alesis) 電子ドラムキット Surge Mesh Kit

アレシス(Alesis) 電子ドラムキット Surge Mesh Kit

頑丈な設計が採用されており、耐久性に優れている電子ドラム。固定したときの安定感があるので、叩いているときにズレたり動いたりしにくいのが特徴です。40種類のドラムキットがプリインストールされているほか、385種類のサウンドも内蔵されているので、自分好みの音色で演奏ができます。

メトロノーム機能が搭載されており、練習にも最適。また、AUX入力端子でスマートフォンや音楽プレイヤーと接続ができるため、好きな音楽を流しながらドラムの演奏がしたいときにもおすすめです。

アレシス(Alesis) 電子ドラム Crimson II Kit

アレシス(Alesis) 電子ドラム Crimson II Kit

生ドラムの叩き心地が味わえる「Alesisメッシュ・ドラムヘッド」を採用した電子ドラム。ただ叩き心地がよいだけではなく、静音性にも優れているのが魅力です。反応速度が速いのも特徴で、ストレスフリーに練習できます。

また、リアルタイムで演奏のレコーディングができる機能も搭載。本体内部に5曲、USBメモリに最大99曲の録音ができます。自分の演奏を後から確認したり、音源用に録音をしたりしたい方はぜひチェックしてみてください。

メデリ(MEDELI) 電子ドラム DD-504J DIY KIT

メデリ(MEDELI) 電子ドラム DD-504J DIY KIT

335種類のサウンドと60種類の楽曲が内蔵されており、練習に便利な電子ドラム。スネアパッドのフチを叩けるリムショット機能に対応していたり、シンバルをミュートさせるチョーク機能に対応していたりと、演奏時の表現方法が充実しているのが魅力です。

また、12インチのライドシンバルを採用しているのも特徴で、生ドラムさながらの叩き心地で練習ができます。コンパクトにまとめて収納ができるのもポイントです。

メデリ(MEDELI) 電子ドラム DD401J-DIY KIT

メデリ(MEDELI) 電子ドラム DD401J-DIY KIT

骨組みに叩いたときの振動を軽減するラックを採用したモデル。電子ドラムとしてはリーズナブルな価格なので、初めて購入する方にもおすすめです。108種類のサウンドが内蔵されており、自分好みのドラムキットを作成して保存できます。

シンバルをミュートさせるチョーク機能にも対応。低価格ながら本格的な演奏が楽しめるおすすめの電子ドラムです。

エーティーブイ(ATV) aDrums artist Standard Set ADA-STDSET

エーティーブイ(ATV) aDrums artist Standard Set ADA-STDSET

バーチ材の6plyシェルを採用しているモデル。生ドラムのような存在感ある見た目が特徴です。練習用としてはもちろん、ライブ会場などで使う電子ドラムとしてもおすすめ。シンプルな構成なので、演奏ジャンルを問わずさまざまなシーンで活躍してくれます。

生ドラムのような叩き心地で演奏できるのも魅力のひとつ。低音が効いた迫力のあるサウンドを楽しめます。フロアタムを増やしたり、シンバルを増やしたりすることもできるので、拡張性が高い電子ドラムを探している方も要チェックです。