近年はキャンプ用品が軽量・小型化し、持ち運びやすさが向上。バイク乗りのソロキャンパーや女性同士で楽しむ「キャンプ女子」も話題となっており、アウトドア人口増加やスタイルの多様化に貢献していると言われています。

その影響からか、これまでアウトドアに造詣が深いベテランキャンパーのみが使っていたようなニッチなアイテムも活用が見直されており、今回ピックアップする「ウッドストーブ」もそのひとつです。そこで本記事ではウッドストーブのおすすめモデルをご紹介。心惹かれる方はぜひご一読ください。

ウッドストーブについて

ソロキャンプのマストアイテム

By: amazon.co.jp

小枝や木の葉を燃料とする「ウッドストーブ」。小型で気軽に使えることから、ここ数年で注目を集めているソロキャンプでも人気のアイテムです。

小枝や木の葉を拾いに行くのが面倒と感じる方もいるかもしれませんが、ぜひ、山の中を散歩してリフレッシュしながら探してみてください。

グリルとしても使えるので、コーヒーや簡単な料理なども作れ多機能さも魅力。ソロキャンプを愛する方に、おすすめのアイテムです。

燃料に最適な小枝と木の葉は?

湯沸かしや暖をとるための道具であるウッドストーブ。寒くて手がかじかんでいる状態、なるべく早くお湯を沸かしたい状況などで火を起こすこともあるので、火のつきやすさは重要なポイントとなります。

ウッドストーブの種類やデザインにおける火のつきやすさには多少の差はありますが、大きなの要因となるのは燃料である小枝や木の葉。

着火時にいいのは、「スギ」「マツ」「ヒノキ」などの着火性の高い「針葉樹」です。「針葉樹」とはその名の通り、葉が針のように細長い樹木のことを指します。

特に「マツ」の葉には松ヤニが含まれているためすごい勢いで火がつきます。同じく松ぼっくりも非常にいい燃料です。

火がついて安定したら「ナラ」「ケヤキ」などの長時間じっくり燃えてくれる「広葉樹」を蒔として適宜追加することをおすすめします。

どんな構造なの?

By: amazon.co.jp

ウッドストーブは二重構造による二次燃焼システム(二次燃焼とは、燃やした燃料から出た煙を燃やすことで燃料を無駄なく効率化したもの。)。一番下には空気穴があり、未燃焼ガスを燃やす役割を果たします。

また、二重構造により本体が温められることで、空気が上昇して勢いのある火力を実現。まさに少ない燃料で最大源の火力を発揮することができる構造だといえます。

ウッドストーブは主に2種類

By: amazon.co.jp

ウッドストーブは主に「円柱型」と「箱型」の2種類に分けられます。円柱型は五徳付きのものが多く、二重構造になっているタイプがほとんど。二次燃料を生み出して最後まで燃料を燃やすことができます。

箱型は折りたたむことができ、持ち運びが便利なところが特長。また、太い枝や薪など入れられるタイプもあり、強い火力が期待できます。

一般的に円柱型のウッドストーブがほとんどですが、持ち運びの際にかさばるデメリットもあるため、目的に合わせて選択することが大切です。

ウッドストーブの選び方

ウッドストーブにはさまざまなタイプがあり、サイズも多数あります。そのため「ソロキャンプなのか」「ファミリーキャンプなのか」「車で行くのか」「バイクで行くのか」など、用途や移動手段によっても選び方を変えるのがおすすめ。

また、素材でも耐久性や熱伝導性、金額などに大きく関わっており、購入する際にみておくポイントです。ここでは、目的や用途を考慮して失敗しない選び方をご紹介します。

目的に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

まず、調理に使用するのか、焚き火として使用するのか目的を決めましょう。調理に使うのであれば、五徳付きのウッドストーブを選択し、焚き火などに使用する場合は、太い枝を入れられる箱型タイプがおすすめ。

サイズも大小あるため、人数を考慮して選ぶのもポイントです。また、実用性の他にデザインにも力を入れているウッドストーブが多く、おしゃれなモノを選ぶのもアリです。

素材

By: amazon.co.jp

ウッドストーブは主にチタン製とステンレス製があります。どちらも錆びにくい素材なので、サビを気にすることなく海の近くでのキャンプや釣りでの使用が可能。

また、チタンは熱が伝わりやすく、燃焼効率がよいと言われております。その他にも、鉄で作られたウッドストーブもありますが、鉄は錆びやすく手入れにも手間がかかることから、長く愛用するならチタン製かステンレス製がおすすめです。

キャンプにおすすめのウッドストーブ

ソロストーブ(Solo Stove) ソロストーブ

軽量で丈夫なステンレス製の円柱型ウッドストーブ。コンパクトで持ち運びにも便利です。五徳が付いているため、小さな鍋やフライパンなども上に置くことが可能。

サイズは収納時で約10cm、使用時で約14.5cm×10.8cm。重量は約255gとコンパクトサイズのおすすめのウッドストーブです。

サインステック(signstek) 軽量ストーブ

五徳付きの円柱型ウッドストーブ。ステンレス製で持ち運びにも適しているのはもちろん、コンパクトに収納できる優れモノです。

また、価格がリーズナブルなところも魅力。クオリティも金額以上の価値があり、はじめて使う方におすすめのウッドストーブです。

ユニフレーム(UNI FLAME) ネイチャーストーブ

140×140×160mmの非常にコンパクトな箱型ウッドストーブ。とても軽量でソロキャンプやバイクでのツーリングで使用されています。

X字の五徳付きでちょっとした調理をすることが可能。底部がメッシュ構造になっているため、とても燃焼効率がよいウッドストーブです。炭の使用も可能でポケットサイズの収納性なことから予備としてもおすすめです。

ペトロマックス(Petromax) ホーボストーブBK1

横に広い箱型ウッドストーブ。5枚のステンレス製パネルと2枚のプレートが採用されています。鍋やフライパンなどを置いても安する上部の波型設計も特長。

側面には空気の通りをよくし、煙突効果を高める穴があるため、小さな炎でも効率よく火力を生み出すことができます。

また、空気穴が大きく太い枝や薪も入れることできるので、強い火力で燃やすことが可能。キャンプで料理を楽しみたい方におすすめのウッドストーブです。

Lixada 折りたたみ 薪ストーブ

大きめの硬化ステンレス製箱型ウッドストーブ。最大負荷重量は10kgまでと、少し重たいものを乗せても心配要りません。空気穴も大きく、太い枝や薪などでガンガン燃やすことで強い火力の実現が可能。

鍋が置けるため、ファミリーでの使用や焚き火を楽しみたい方にもおすすめの製品です。

ファイヤーボックス(Firebox) バーベキューコンロ

折りたたみが可能な箱型ウッドストーブ。面倒な組み立ての手間がかからず、持ち運びもコンパクト。また、下部が大きくあいており、薪や枝を途中で追加することが可能。

灰受け皿を動かすことで火加減の調節もできるため、キャンプでの料理の幅が広がります。焚き火や調理などあらゆる場面で活躍するウッドストーブです。

Wolfyok ウッドバーニングストーブ

コンパクトなステンレス製円柱型ウッドストーブ。30秒ほどで組み立てることが可能なので、機械の組み立てが苦手な方にもおすすめです。

また、固形したアルコールや炭も使えることから釣りやトレッキング、キャンプなど多くのアウトドアに適用。煙があまり出ない設計となっており、環境にやさしいウッドストーブです。

デザインもスタイリッシュで扱いやすいため、初心者にもおすすめのウッドストーブです。

トークス(TOAKS) BPウッドバーニングストーブ STV-11 12706

シンプルな見た目が特徴の円柱型ウッドストーブ。組み立ても簡単なところが魅力です。スタッキング収納が可能でコンパクトに持ち歩く事ができるのもポイント。

燃焼効率がよく力強い火力を保ちます。デザイン性にも優れたおすすめのウッドストーブです。

バーゴ(VARGO) ヘキサゴンウッドストーブ T-415

チタン製で超軽量の6角形の折りたたみ式箱型ウッドストーブ。折りたたむと暑さが約0.7Cm、重さは約116gとコンパクトサイズです。

デザインも独特で優れており、多くのアウトドアファンに愛されております。6角形のため、安定性にも優れ、水を沸騰させるときなども安心。ソロキャンプで大活躍すること間違いなしのおすすめ製品です。

otto-s ウッドストーブ

4個のパーツで構成されたステンレス製円柱型ウッドストーブ。設置はパーツを重ねていくだけの簡単操作でできます。

最大の特長は他にはない固形燃料トレーが付いているところ。そのため炭や固形燃料にも対応でき、雨降りやアクシデント用のサブとしても重宝します。

土台にすべて収まる設計になっているため、コンパクトな使い方ができるのもポイント。バイク移動やソロキャンプなどにおすすめです。

ユーラー 焚き火台 薪ストーブ

組み立てが非常に簡単なカーボンスチール製円柱型ウッドストーブ。ズレにくい構造で安定しており、コンパクトに収納可能。

下部に通気口を設置しており、火を起こしやすい設計です。また、デザインもシンプルでスタイリッシュ。大きめの鍋やフライパンの使用も可能で、ファミリー向けのキャンプや登山などのアウトドアで焚き火台としておすすめです。