ガスやアルコールなどを使わず、小枝やまつぼっくりなどの自然素材を燃料にして火が起こせる「ウッドストーブ」。身近な材料であたたまれるのはもちろん、簡単な調理もできると人気のアイテムです。

そこで今回は、ウッドストーブのおすすめ製品をご紹介します。選び方のポイントやおすすめメーカーも解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ウッドストーブとは?

ソロキャンプのマストアイテム

By: amazon.co.jp

小枝や木の葉を燃料とするウッドストーブ。小型で気軽に使えることから、ここ数年で注目を集めている人気のアイテムです。

グリルとしても使用でき、コーヒーや簡単な料理なども作れる多機能さが魅力。特にソロキャンプを頻繁にする方に適しています。

燃料には着火性の高い「針葉樹」がおすすめ

湯沸かしや暖をとるための道具であるウッドストーブ。寒くて手がかじかんでいる際や、なるべく早くお湯を沸かしたい状況などで火を起こすこともあるので、火のつきやすさは重要なポイントです。

ウッドストーブの種類や形状による火のつきやすさには多少の差はありますが、大きな要因となるのは燃料である小枝や木の葉。着火によいのは、スギ・マツ・ヒノキなどの「針葉樹」です。針葉樹とはその名の通り、葉が針のように細長い樹木のことを指します。

特にマツの葉には松ヤニが含まれているため、激しい勢いで火がつきます。同じくまつぼっくりも非常によい燃料です。火がついて安定したらナラやケヤキなどの長時間じっくり燃える「広葉樹」を薪として適宜追加してみてください。

どんな構造なの?

By: rakuten.co.jp

ウッドストーブは、二重構造によって「二次燃焼」を起こして強い火力を発揮します。二次燃焼とは、燃やした燃料から出た煙を燃やして燃料を無駄なく効率化することです。

また、二重構造により本体があたためられることで、空気が上昇して勢いのある火力を実現しているのがポイント。少ない燃料でも強い火力を発揮できる構造です。

ウッドストーブの種類

円柱型

By: amazon.co.jp

ウッドストーブは主に、「円柱型」と「箱型」の2種類に分けられます。円柱型は五徳付きのモノが多く、二重構造になっているタイプがほとんど。二次燃料を生み出して最後まで燃料を燃やせます。

箱型

By: amazon.co.jp

箱型は、折りたたみが可能で持ち運びに便利なのが特徴。また、太い枝や薪などを入れられるタイプもあり、強い火力が期待できます。一般的に円柱型のウッドストーブがほとんどですが、持ち運びの際にかさばるデメリットもあるため、目的に合わせて選択することが大切です。

ウッドストーブの選び方

目的に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

ウッドストーブを選ぶ際は、調理に使用するのか、焚き火として使用するのかなどの目的を決めましょう。調理に使うのであれば、五徳付きのウッドストーブを選択し、焚き火などに使用する場合は、太い枝を入れられる箱型タイプがおすすめ。

サイズも大小さまざまなので、人数を考慮して選ぶのもポイントです。また、実用性だけでなくデザインに力を入れているウッドストーブも多いので、ほかのキャンプギアに合わせておしゃれなモノを選ぶのもおすすめです。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ウッドストーブは主にチタン製とステンレス製があります。どちらも錆びにくい素材なので、錆びを気にすることなく海辺でのキャンプや釣りに使用可能です。

なかでもチタンは価格が高めですが、軽量で持ち運びに便利なところが魅力。一方でステンレスは重量が重めですが、価格は比較的リーズナブルです。

そのほか、鉄で作られたウッドストーブもありますが、鉄は錆びやすく手入れにも手間がかかります。持ち運びやすさを重視するなら、チタン製がおすすめです。

ウッドストーブのおすすめメーカー

ソロストーブ(Solo Stove)

By: amazon.co.jp

アメリカ・テキサス発の小型ストーブメーカー「ソロストーブ」。環境に優しく、効率のよい軽くて丈夫なストーブを手掛けており、世界で高い評価を得ています。軽量で腐食に強いステンレスを採用し、燃焼効率の高い2重壁構造によって誰でも簡単に燃焼させられるのが魅力です。

メーカー名を冠した「ソロストーブシリーズ」は、小型の「ライト」から大型の「ボンファイヤー」まで4つのモデルをラインナップ。いずれも高い基本スペックを備えており、ウッドストーブの魅力を満喫できます。

バーゴ(VARGO)

By: rakuten.co.jp

軽くて耐食性に優れたチタン製のアウトドアギアを多数開発しているアメリカのメーカー「バーゴ」。軽量バックパッキングギアのなかでも人気なのがウッドストーブです。

六角形のオリジナルデザインは高い燃焼効率を発揮。薄くたたんでコンパクトに収納でき、その実用性の高さによって多くのキャンプユーザーから評判を得ています。

マックスブースト(Maxboost)

By: maxboost.jp

「お手頃価格でデザインのイイモノ!」をコンセプトに製品開発をしている、日本のアウトドアギアブランド・マックスブースト。煙突効果で高い燃焼効率を持つ「フォールディングウッドストーブ」は、同ブランドのベストセラー製品です。

「リーズナブルでも”ちゃちいモノ”は絶対ヤダ!!」というポリシーがあり、素材や造りには徹底したこだわりを持っています。長く安心して使えるブランドです。

ウッドストーブのおすすめモデル

ソロストーブ(Solo Stove) キャンプファイヤー SSCF

直径17.8×高さ23.5cmのファミリー向けウッドストーブです。2重構造で燃焼効率が高く、自然素材からでも簡単に燃焼できます。約950mlの水であれば、2~4分ほどで沸かすことが可能。3本足の五徳を搭載しているため、調理器具も安定して置けます。

材質はステンレスを採用し、丈夫でサビにくいのが魅力。重量も約998gと軽量です。収納時は高さ約17cmまでコンパクトになります。収納袋を付属し、保管や持ち運びに便利なのも嬉しいポイント。ソロストーブの「2ポットセット」と組み合わせれば、スタッキングしての持ち運びに対応します。

本製品は調理用としてだけでなく、名前の通りキャンプファイヤーを楽しむことも可能。高い火力を必要とする方におすすめのモデルです。

ソロストーブ(Solo Stove) タイタン SST

直径13×高さ20cmと中型サイズのウッドストーブ。ソロストーブの「キャンプファイヤー」よりも一回り小さいモデルです。収納時は、高さが約14cmまで小さくなります。

本製品は円柱型の2重構造で、燃焼効率は良好。小枝などの自然素材から簡単に燃焼でき、煙が少ないのも特徴です。約950mlの水であれば、4~6分で沸きます。天端には五徳が付いているのも嬉しいポイントです。

材質は、上質なステンレスを採用。堅牢性や耐食性に優れています。重量は468gと軽量。付属のナイロン製収納袋を利用すれば、多少の汚れも気にせず持ち運べます。別売りの「ポット1800」のなかに収納することも可能です。

本製品はソロキャンプで高い火力を求める方におすすめ。少人数でのキャンプで手ごろなサイズのモノを必要とする方にも適しています。

バーゴ(VARGO) チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ T-415

ソロキャンプで使いやすい、小型のヘキサゴン形状ウッドストーブ。折りたたみが可能な点が本製品の魅力です。使用時のサイズは、幅12.7×奥行12.7×高さ10.2cmほど。収納時は長さ14.5×厚さ0.7cmまでコンパクトになります。

本製品は、パーツが一体型になっているため、組立が簡単。穴が空いている板に出っ張りを差し込むことで、設置時の安定性も実現しています。

付属の専用ケースは余裕をもったサイズで、収納しやすい設計です。また、汚れを気にせずに持ち運べるのもポイント。本体の材質にはチタンを採用し、重量は116gと軽量です。

台座部分は地面と少し距離が離れており、底から空気を供給しやすくなっています。ウッドストーブとしてだけでなく、アルコールストーブの風防や五徳台としても使えます。

バーゴ(VARGO) ステンレススチール ヘキサゴンウッドストーブ T-423

バーゴのステンレス製ヘキサゴンウッドストーブ。重量は215gで、コンパクトで持ち運びやすいのが魅力です。

本製品は折りたたみ式で、収納時は長さ14.5×厚さ0.7cmまで小さくなります。パーツは一体型なため、組立や折りたたみが簡単。部品をなくす心配がないのも嬉しいポイントです。また、収納ケースが付属しているので、保管や持ち運びの際に役立ちます。

別売りの「コンバーターストーブ」と組み合わせることで、ストーブを良好な位置にセットすることも可能。アルコールストーブの風防としても使える、汎用性の高いモデルです。

マックスブースト(Maxboost) フォールディングウッドストーブ TMX11-SF21JF001

低価格でウッドストーブを楽しめる、マックスブーストの人気モデルです。組立時のサイズは、幅17×奥行17×高さ18cmと小さめ。収納時は幅17.5×奥行18×厚さ1cmまでコンパクトになります。専用ケース付きで、持ち運びにも便利。ソロキャンプ用のストーブとして使いやすい製品です。

煙突効果で効率よく火力を出せるため、飯ごうやダッチオーブンを使った調理にも対応可能。火おこしとして、炭への着火にも使えます。材質は高品質なSUS304ステンレスを採用。サビにくく、耐久性に優れています。組立はパーツのツメを引っかけるだけと簡単なうえ、安定性も良好です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブ 683033

五徳付きで、小型のクッカーを安定してセットできるウッドストーブです。使用時のサイズは、幅14×奥行14×高さ16cm。本体と五徳にはハンドルも搭載しており、取り回しも良好です。本体はステンレスを採用し、丈夫な作りに。松ぼっくりや小枝以外に、炭を使った燃焼にも対応しています。

本体底部はメッシュ構造かつ、X字の脚形状で、空気を取り込みやすい設計。取り込んだ空気は上昇気流に変化し、高い燃焼効率を実現します。本体側面には着火用の穴を設けているため、焚き付けが簡単。ソロキャンプの調理用ストーブにおすすめです。

重量は約320gと非常に軽量。収納ケースも付属し、保管や持ち運びにも便利です。

ソト(SOTO) ミニ焚き火台 テトラ ST-941

幅8.8×奥行8.8×高さ7.9cmの小型サイズが魅力のウッドストーブです。側面板4枚、ロストル、底板のみで構成されており、重量も122gと非常に軽量。収納時は幅8.8×奥行8×厚さ0.4cmまでコンパクトになるほか、付属の収納ベルトでパーツをまとめることも可能です。

本製品は、シェラカップを使ってお湯を沸かせます。また、串を置きやすいように凹みを設けているため、ミニ焼き鳥台としても使用可能です。固形燃料と組み合わせて、風防として利用するのにもぴったりの製品。サイズが小さいため、ソロキャンプや、子供に火の扱いを教える用途にもおすすめです。

ソト(SOTO) ミニ焚き火台 ヘキサ ST-942

ポケットサイズに収納できるウッドストーブです。本体サイズは幅15.5×奥行15.5×高さ7.9cm、収納時のサイズは幅14×奥行14×厚み0.5cm。収納時は付属の専用ポーチを使うことで、気軽に保管や持ち運びができます。

本製品は、名前の通り6角形の形状。燃料を入れるスペースが広く設計されているほか、調理器具などをセットした際に安定感があります。少し大きめの鍋を載せることも可能です。別途網を用意して、炙り料理を楽しむのにも使えます。

LIXADA ウッドストーブ チタン製 Lサイズ B07D34S7WC

優れた性能を備えたウッドストーブ。チタン製なので、高い耐食性と軽量性を実現しています。本体サイズは幅153×奥行153×高さ180mmと大きめですが、重量は約290gと軽量。ソロや二人でのキャンプにおすすめです。

本体底部には多くの空気穴が設けてあり、燃焼を促進します。正面のパネルは大きく口が空いており、燃料を追加するのに便利です。組立もパネル同士のツメを引っかけるだけとで簡単。分解して付属の収納袋に入れれば、コンパクトにまとめて持ち運べます。

ペトロマックス(Petromax) ホーボーストーブ bk1 12550-8

ソロでのバックパッキングに適した、小型の組立式ウッドストーブです。使用時のサイズは幅11.5×奥行13.8×高さ12.5cm。付属ケースに収納した際は、幅16×奥行20×厚さ2.5cmまでコンパクトにできます。重量も590gと軽量。付属ケースにはペトロマックスのロゴマークが入っており、おしゃれに持ち運べます。

本製品は、4枚のパネルと2枚のプレートで構成。各パネルには通気性に優れた穴が空いており、燃焼効率を高めています。2枚のプレートは五徳として機能し、調理器具を安定して置くのに便利です。材質はステンレスを採用し、サビに強く十分な耐久性も備えています。

トークス(TOAKS) ソロBPウッドバーニングストーブ STV-12 12707-6

スタッキングが可能なウッドストーブ。本製品は円柱型のウッドストーブで、3ピースのパーツ構成です。それぞれのパーツはスタッキングすることで、直径9.4×高さ9.5cmまでコンパクトになります。材質はチタンを採用。重量が151gと軽量で、手軽に持ち運べるのが魅力です。

使用時のサイズは直径8.6×高さ18.4cm。燃焼効率を高める設計のため、簡単に着火が可能です。軽くて持ち運びがしやすいため、ソロキャンプにぴったりの製品。デザイン性にも優れており、おしゃれなアイテムを求める方にもおすすめです。

サインステック(Signstek) ウッドストーブ TypeA B00UWTE61S

低価格ながら、高機能を実現したウッドストーブです。使用時のサイズは、直径13×高さ18.5cm。収納時には本体をスタッキングすることで、直径14×高さ7cmまでコンパクトになります。収納袋も付属しており、持ち運びの際も安心です。

本製品は、本体底部の大きな通気穴から空気を取り込み、二次燃焼を起こします。燃料から出た煙を燃やして効率よく燃焼し、1200℃まで火力を向上。五徳も搭載しているため、調理をするのに適しています。

材質は、強度と耐食性に優れたステンレスを採用。初めてウッドストーブを購入する方や、登山や釣りなどで使用する方にもおすすめです。

ONETIGRIS ROCUBOID ミニ焚き火台 CE-CHL01-A

悪魔の顔のデザインが特徴的なウッドストーブです。組立サイズは幅12.7×奥行12.7×高さ18cm。トップフェンダーの挿入位置を変えることで、炭受けの高さを調節できます。使う燃料や用途に合わせて使えるのが魅力です。

製品正面の開口部も大きく、燃料を追加しやすいのもポイント。材質はステンレスで、耐熱性と耐久性に優れています。小枝や薪以外に、アルコールストーブや固形燃料を用いた燃焼も対応可能です。

製品重量は約600g。折りたたみ時は、幅12.7×奥行15.24×厚さ0.7cmまでコンパクトになります。ナイロン製の収納バッグも付属し、携帯性も良好。価格も安いので、初めてウッドストーブを楽しむ方にもおすすめです。

Tlymo ウッドストーブ CP-JCB205

アルコール用の受け皿が付属し、ウッドストーブとアルコールストーブの2種類を楽しめる製品。火吹き棒も付属しているため、簡単に小枝や落ち葉から燃焼できます。円柱型で二次燃焼が可能なので、高い火力を出せるのも魅力。約950mlの水であれば、8~10分程度で沸かすことが可能です。

組立時は直径13.8×高さ22cmほどの大きさ。小型ながらも、耐荷重は23kgと強度に優れています。収納時はスタッキングすることで、直径14×高さ8cmまでコンパクトに。収納袋も付属しているので、気軽に持ち運べます。

また、五徳も搭載しているため、安定して調理器具をセット可能。燃料の投入口も広く、薪などを投入しやすいのも嬉しいポイントです。

TOMSHOO チタン ウッドストーブ B07CYHXSJ2

機能性に優れた、チタン製のウッドストーブ。組立サイズは幅12.5×奥行12.5×高さ16cmと小型で、ソロでのアウトドアに適しています。また、燃料の投入口が広く設計されているのが特徴。大きめの枝でも、気にせず投入できます。底板も空気穴を多数搭載し、燃焼効率の向上しているのもポイントです。

天端にはクロススタンドを搭載し、さまざまなサイズの調理器具をセット可能。チタン製のため耐久性と耐食性に優れ、重量も204gと軽量です。パーツは分解可能で、収納ケースも付属しているため、携帯性にも優れています。

コスパに優れた、チタン製のウッドストーブを探している方におすすめの製品です。

ファイヤーボックス(FireBox) ナノストーブ ステンレスVer B079T2KJBJ

専用ケースが灰受けとしても使えるウッドストーブ。付属のカーボンフェルトにピンを差し込めば、風防としても使える機能性の高い製品です。非常にコンパクトな製品のため、ソロでのアウトドアにおすすめです。

本体底と側面からは、空気を取り込みやすい設計。小さいサイズながらも、一度燃焼すれば太めの枝でも安定して燃焼できます。本体は真四角ではなく、台形のような形を採用。剛性に優れており、水がたっぷり入った鍋でも安定してセットできるのが特徴です。

本製品はステンレス製で、重量は167g。より軽量なモノを求める方は、同シリーズのチタン製もぜひチェックしてみてください。

ファイヤーボックス(FireBox) バーベキューコンロ・焚火台 G2 B017VODI1U

設営が簡単な組立式ウッドストーブです。ちょうつがい式なので手間がかからず、製品を取り出してからすぐに使用できる点が魅力。煙突効果により、高い燃焼効率も期待できます。

付属のスティックは、差し込む場所によって汎用性高く使えるのがポイント。小枝や落ち葉だけでなく、アルコールストーブや固形燃料をセットするための台として使えるほか、調理器具用の五徳としても使えて便利です。

また、厚みのあるステンレスを採用し、堅牢な作りになっているのも特徴。大きなダッチオーブンでも安定して置けます。使用後は折りたたむことで、厚さ1cm以下までコンパクトに。ザックへの収納もスペースを取りません。

富士見産業 Field to Summit フレイムストーブ

高さ約15cmの小型ウッドストーブです。頑丈で錆びにくいステンレス素材を使用。暖を取るためのストーブとしてはもちろん、上部パーツには五徳が搭載されているため、フライパンや鍋などを使った簡単な調理にも対応できます。

組立タイプですが、構造がシンプルなので簡単に組み立てることが可能です。使用しないときはコンパクトに収納できるため、荷物をなるべく減らしたい登山やツーリングにもぴったり。安価で使い勝手に優れたおすすめのウッドストーブです。