電線や金属線、プラスチックなどの硬い素材を切断するのに使われる「ニッパー」。DIYやプラモデル作りの際の必需品として、愛用している方も多いツールです。しかし、サイズや用途などラインナップが豊富なため、初心者の方はどれを選べばいいか悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、使いやすいニッパーの選び方とおすすめモデルをご紹介します。人気アイテムを種類別にピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

ニッパーとは?

By: amazon.co.jp

ニッパーは工具の一種で、電線や金属線などを切断するのに使用します。電気工事や配線作業、ワイヤークラフトなどの際に重宝する道具です。

ニッパーはカット専用の道具なので、ペンチなどと比べて線の切り口が平らに仕上がります。また、刃が平らに作られているため、平面から飛び出た部分だけをピンポイントに切断するといった使い方も可能です。

ニッパーの種類

精密ニッパー

By: amazon.co.jp

精密ニッパーは、主に配線コードを切断するために使用するアイテム。刃先が薄く、ヘッド部がコンパクトに作られているので、電化製品の内部など細かい部分の作業がしやすいように作られています。

プラモデル用ニッパー

By: amazon.co.jp

プラモデル作りに適しているのが「プラモデル用ニッパー」です。プラモデルのパーツは、「ランナー」と呼ばれる枠にゲートで繋がった状態で箱詰めされているのが一般的。そのため、組み立てる前にパーツをランナーから切り離す必要があります。

プラモデル用ニッパーは、刃が薄いのが特徴。パーツが繋がれている細かい部分にも刃が入りやすいので、ゲートをきれいに切断可能です。パーツにゲートを残さず、美しく仕上げられます。

銅線ニッパー

By: amazon.co.jp

銅線や鉄線などの切断に使用するのが「銅線ニッパー」。形状は通常のニッパーと大きく変わりませんが、強化された刃を搭載しているのが特徴です。少ない力でも、銅線や針金といった硬くて太めの線を切断可能。

また、使用する作業の内容によって、サイズを使い分ける必要もあります。電気工事などの精密機器を扱うシーンでは、細かい作業を行うために小さいタイプの使用がおすすめです。

斜めニッパー

By: amazon.co.jp

ハンドルに対して刃が斜めに付いている「斜めニッパー」。日本独自のニッパーで、柔らかい電線などもよく切れるよう、刃がより鋭利に作られています。刃に丸い切り欠きが備わったモノは、ビニルコードの被膜むきもできるので、電子工作をする方にもおすすめです。

エンドニッパー

By: amazon.co.jp

「エンドニッパー」は、釘の頭を切断するのに役立つアイテム。「喰い切りニッパー」と呼ばれることもあります。釘の頭を切断して釘を目立ちにくくする、「隠し釘」という技法を用いる際に重宝するニッパーです。

ニッパーの選び方

切断する材質に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

ニッパーを選ぶ際に大切なポイントは、切断したい素材に適しているかどうか。硬く太い電線を切断するなら強力ニッパー、プラスチックを切断するならプラスチックニッパーなど、材質に特化したモノを使用するのがおすすめです。スムーズに切れるうえ、作業効率もアップします。

なお、プラスチックの切断専用モデルでは電線が切れないなど、材質に特化したタイプのニッパーは特定の素材しか切れない場合もあるので、留意しておきましょう。

切断する線の太さに合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

ニッパーは、製品によって切断できる線の太さがそれぞれ異なります。購入前に、切断したい線の太さに対応しているかも必ず確認するようにしましょう。

刃の表面形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

ニッパーを選ぶ際は、刃の表面形状も要チェック。刃の表面形状には「ラウンド刃」と「ストレート刃」の2種類があります。「ラウンド刃」は楕円形で、鋭い切れ味が特徴です。硬さや太さのあるモノを切断する際や、切りやすさと切れ味を重視するシーンに適しています。

「ストレート刃」は刃が真っすぐな形状で、切断面も真っすぐかつ平らになるのが特徴。プラモデル制作などの細かい作業を行う際や、断面を美しく仕上げたい場合におすすめです。

ニッパーの機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ニッパーのなかには、便利な機能が備わっているモノもあります。特に、ビニルコードの芯線はそのままに被膜のみを切断できる「ストリップゲージ機能」や、ハンドルが自動的に開いて作業がしやすい「戻しバネ」が付いたモデルなどがおすすめ。

DIYやプラモデル製作など、目的や頻度に合う機能が搭載されたモノを選べば、より作業効率や使い心地のよさが向上します。

ニッパーのおすすめモデル|精密ニッパー

ツノダ(Tusnoda) King TTC マイクロニッパー No.5 PM-120

初心者の方でも細かい作業に使いやすい、ラウンド刃の精密ニッパー。直径1.6mmの針金から、直径2mmの銅線まで、さまざまな素材を切断できます。刃先が非常に細い、薄刃を搭載しているのが特徴。入り組んだ機械の組み立てなど、精度と確実性が求められるシーンで効率よく使用可能です。

また、精密機器などでの配線コード切断だけでなく、プラモデル作りや手芸などにも便利に使用できます。重量は60gと軽量で扱いやすいほか、バネ付きで自然に刃が開き、スムーズに作業しやすいのも魅力。

扱いやすく、オールマイティに活躍するニッパーが欲しい方におすすめです。

ホーザン(HOZAN) N-55 精密ニッパー

指穴付きハンドルが備わった、使いやすいラウンド刃の精密ニッパー。高精度に加工された刃を搭載しているのが特徴です。バリが残るのも抑えられ、平らできれいな仕上がりを実現します。

「精密セットピン」の採用によりハンドルがガタつきにくく、開閉もスムーズ。繊細な作業が必要な基盤などでも、快適に切断可能です。ガラス版に密着した、直径0.08mmの細い銅線も切断できます。

40gと軽量なので、手への負担も軽減可能。高精度で、安定感にも優れた精密ニッパーです。

クニペックス(KNIPEX) エレクトロニクス スーパーニッパー 7871-125ESD

エレクトロニクス関連や、精密機器関連の作業に適した精密ニッパーです。密集しているワイヤーでも、直径が0.2mm以上あれば切断可能。また、ストレート刃を搭載しているため、フラットな切断面に仕上がるのも特徴です。

自然にハンドルを開閉できる「オープンスプリング仕様」でスムーズな作業をサポートするなど、使いやすさも良好。ストッパー機能も搭載しており、刃先が一定以上の間隔に開くのを防ぎます。効率よく繊細な作業が行えて、切断面もきれいに仕上げられるおすすめモデルです。

マルト長谷川工作所 ケイバ 精密ニッパー PN-284

人間工学に基づく、エルゴノミックデザインを採用した精密ニッパー。握りやすく、細かい作業をしやすいのが特徴です。刃の先端角度は15度と非常に鋭利なので、入り組んだ配線にもアジャストしやすく、軽い力で簡単に切断できます。

また、硬線なら直径0.1~0.6mm、軟線なら直径0.2~1mmの素材を切断可能です。硬くて太い配線を切るのには不向きですが、繊細な作業が求められる場面で使いやすいのが魅力。精密機器を扱う場合に適したアイテムです。

Kingsdun ステンレス 先細 ニッパー

繊細な作業をする際に便利な精密ニッパー。全長約12.5cm、重量68gの小型軽量モデルです。刃の素材にはステンレスを採用しており、高い強度を備えています。フラットな薄刃を搭載しているため、入り組んだ回路などの隙間でもスムーズに切断可能です。

精密機器での使用はもちろん、プラモデルなどの模型作りや、DIYといった生活面での使用にもおすすめ。そのほか、価格が安いのも魅力のひとつです。

ニッパーのおすすめモデル|プラモデル用ニッパー

タミヤ(TAMIYA) ニッパー・カッター No.1 精密ニッパー 74001

鋭い切れ味が持続するプラモデル用ニッパー。特殊合金鋼製で、高周波焼き入れ処理が施された刃を搭載しています。非常に高い耐久性を備えているのも特徴。また、刃の表面には「クリヤーラッカー防錆」処理を施しているので、錆びにくく手入れがしやすいモデルです。

薄刃のため、細かいパーツも切断しやすく、きれいな切り口に仕上げられます。グリップは「ゾルコーティング」加工済みで、滑りにくく安定感も良好。繊細な作業がしやすく、切れ味のよいプラモデル用ニッパーを探している方におすすめです。

タミヤ(TAMIYA) クラフトツールシリーズ No.93 モデラーズニッパー アルファ74093

耐久性と切れ味に優れたプラモデル用ニッパー。刃は、焼き入れ処理が施された高炭素鋼製です。切れ味がよくゲート残りも少なく済むので、処理が簡単に行えます。

グリップの素材には、軟質樹脂を採用。握りやすく滑りにくいのも特徴です。手によく馴染んで安定感があるため、長時間の作業で手への負担を軽減します。そのほか、価格が安いのも魅力のひとつ。コスパが高く、使い勝手もよいおすすめモデルです。

ゴッドハンド(GodHand) アルティメットニッパー5.0 GH-SPN-120

刃物職人によって、丹念に刃付けや刃研ぎが行われたプラモデル用ニッパー。非常に薄い刃を搭載しており、切れ味が鋭いのも特徴です。

また、切り刃とまな板刃で構成された「片刃構造」により、滑らかできれいな切断面に仕上がります。切断する対象をまな板刃がしっかりとキープし、グリップを握る力が無駄なく切り刃に伝わるため、切り口の変形を防ぐ構造です。

直径3mmのランナーやゲートでもスムーズに切断可能。切れ味の鋭さと、きれいな仕上がりを重視する方におすすめのアイテムです。

ウェーブ(WAVE) HGファインニッパー 先曲りタイプ HT390

先曲がりタイプのプラモデル用ニッパー。狭いランナー部分でのゲートカットに適しています。繊細な作業が必要なプラモデル作成でも、スムーズなゲートカットが可能。片刃構造のため、切断面もきれいに仕上がります。

また、握りすぎによって刃同士が強く当たるのを防ぐ「ストッパーネジ」や、刃が開きすぎるのを防ぐ「開き止めピン」も搭載。さらに、グリップは太めで握りやすく、滑り止め加工も施されているので、安定した作業ができます。初心者の方でも扱いやすいアイテムです。

UNIPAS 精密薄刃ニッパー

切れ味がよくスムーズにゲートが切断できる、片刃構造のプラモデル用ニッパー。切断したパーツにゲートが残りにくく最小限の処理で済むため、作業効率を向上できるのが魅力です。

また、薄刃タイプなので、ランナーの狭い部分にも刃が入り、パーツを簡単に切り出せます。グリップの内側には、握りすぎによる刃折れを防ぐストッパーも搭載。刃がズレたり、破損したりするのも軽減します。

鋭い切れ味で、細かい作業がしやすいプラモデル用ニッパーを探している方におすすめのモデルです。

ニッパーのおすすめモデル|銅線ニッパー

クニペックス(KNIPEX) ハイレバーエンドニッパー 6705-200

強力な刃を搭載した銅線ニッパーです。素材には、オイル焼き入れと焼き戻しの処理がされた「クロームバナジウム電気鋼」を使用。エンドニッパータイプで、軟線や硬線はもちろん、ピアノ線までしっかり切断が可能です。

また、軽い力でも優れた切断能力を発揮。軟線であれば直径5mm、中硬線で直径3.8mm、硬線で直径3mm、ピアノ線で直径2.5mmの切断ができます。強力な銅線ニッパーを常備しておきたい方におすすめです。

フジ矢(FUJIYA) 電工名人強力ニッパ 200mm 770-200

電工用の銅線ニッパー。「マイクロミラーブレード」の研磨技術により、鏡面仕上げで摩擦抵抗を軽減します。ラウンドタイプの厚刃で、優れた切断能力を備えているのも特徴。直径2.5mmの鉄線、直径3.5mmの銅線をスムーズに切断可能です。また、直径2.6mmで3芯構成のVA線やVVF線も切断できます。

落下を防ぐためのコード取り付け穴が備わっているのもポイント。高所でも安心して作業が行えます。重量は320gと軽量で、作業時の負担が少ないのも魅力。切れ味が鋭く、汎用性が高い銅線ニッパーです。

ツノダ(Tusnoda) KingTTC 強力ニッパー JIS 160mm CN-160

直径1.2mmの鉄線を切断できる、強力な銅線ニッパー。JIS規格に適合した上質な製品です。刃の部分には、ビニルコードの被膜をむくのに便利な、丸い切り欠きを搭載。電子工作など、繊細な作業を行う際に適しています。

重量は164gと軽量なので、長時間使用しても疲れにくいのがポイント。強力で高性能なうえ、使い勝手も良好です。また、価格が安いのも魅力。コスパが高い銅線ニッパーを探している方におすすめです。

マルト長谷川工作所 ケイバ 電工用薄刃ニッパー NH-218

熟練の職人によって仕上げられた、上質で高性能な銅線ニッパー。素材には炭素量の多い高級鋼材「マルトロイ」を使用しています。高い硬度による、鋭い切れ味と優れた耐久性を兼ね備えたモデルです。

刃は長めの設計で、先端角度が15度と鋭利な構造。細いコードから直径2.6mmの3芯線まで、鋭く切断可能です。また、軟銅線で直径3.5mm、軟鉄線で直径2.5mmの切断能力を備えています。切断面がフラットできれいに仕上がるのも特徴です。

自然に刃が開き、スムーズな作業をサポートするバネも搭載。ハイスペックで、使い勝手のよいアイテムです。

アネックス(ANEX) ステンレス製 ラバーグリップニッパー No.285

配線のカッティングだけでなく、ワイヤーを使用したクラフトやアクセサリー制作にもぴったりの銅線ニッパー。ステンレスワイヤー、アルミ線、銅線などの線材を切断するのに適した先端刃と、線材を切るのに適したサイド刃を搭載しています。

先端刃は、軟鉄線で直径0.8mm、アルミ線で直径2.0mm、銅線で直径1.2mmを切断可能。サイド刃は、直径1.2mmまでの軟鉄線・アルミ線・銅線を切断できる能力が備わっています。

グリップ部分には、手にフィットしやすく滑りにくいラバーグリップを採用。安定して作業ができます。ケーブルカッティングの工作作業や手芸から、DIYまで幅広く活用できる銅線ニッパーです。

ニッパーのおすすめモデル|斜めニッパー

フジ矢(FUJIYA) ニッパ 斜刃穴付 2枚合わせ ラウンド刃 505-125

耐久性に優れた強靭な斜めニッパー。ハンドルに対して刃に角度が付いているため、ビニルコードなどの縦割りカットがしやすい設計です。また、作業中に指が邪魔になりにくく、切断がスムーズに行えます。

被膜を剥がす2種類の穴が付いた、ストリップゲージ機能も搭載。直径0.8mmと、1.6mmのコードに使用できます。優れた切れ味と耐久性を備え、ストリップも簡単にできる高性能モデルです。

ビクター (VICTOR) ハイグレード斜ニッパ 322HG-125

人間工学に基づいたグリップ形状により、握りやすく作業がしやすい斜めニッパーです。グリップには「発泡性エラストマ樹脂」を採用。使い心地がよく、手への負担も軽減します。

また、高い耐電性や耐薬品性を備えているうえ、焼却や加熱によってダイオキシンが発生しないのもポイント。電気工事や通信工事で感電などの心配が少なく、環境にも優しいエコなアイテムです。

刃の素材には構造用炭素鋼を使用し、独自の焼き入れ処理を施しています。耐久性に優れ、切れ味が鋭いのも特徴です。銅線で直径2mm、軟鉄線で直径1.2mmの切断能力。性能はもちろん、使いやすさを重視する方にもおすすめの斜めニッパーです。

GOOMAND 強力型 軟・硬線両用 ミニ 精密作業用ニッパー

高級特殊工具炭素の刃を採用した斜めニッパー。高い硬度で、細い線や太い線もシャープに切断可能です。軟鉄線で直径1.6mm、軟銅線で直径2mm、プラスチックで直径3mmの切断能力を備えています。

サイズは全長136mmで重量は85gと、コンパクトかつ軽量。小型ながら、鋭い切れ味を有します。グリップにはエラストマ樹脂を採用。手に優しい素材で握りやすく、滑りにくいので安定して作業ができます。

エンジニア(ENGINEER) 斜ニッパー穴付 NN-46

直径1.2mmと1.6mmのストリップ穴を搭載した斜めニッパー。刃先が細く鋭利なため、精密配線の作業や隠れた配線のカットに適しています。銅線なら、直径2.6mmをカット可能。鋭い切れ味と高い切断能力を備えています。

また、特定有害物質である鉛や水銀、カドミウム、六価クロムなどの含有率が低いのもポイント。それぞれが「RoHS基準」に定められた数値以下で構成されています。高性能なだけでなく、環境にも優しいおすすめモデルです。

クニペックス(KNIPEX) 斜ニッパー 7002-160

軟線と硬線の両用として使える、精密作業に適した斜めニッパーです。ヘッドの先端が細いので、狭いスペースや精密機器にも対応でき、細い銅線でも丁寧に切断可能。刃の根元部分が厚いため、硬い銅線もしっかりカットできます。

軟線なら直径4mm、中硬線なら直径2.8mm、硬線なら直径2mmを切断可能。素材には高品質な「バナジウム電軌鋼」を採用し、入念なオイル焼き入れと焼き戻しの処理が施されています。高い硬度が備わっており、長期間劣化しにくいのも特徴です。