USBケーブルはスマホが登場してから爆発的に種類が増えました。元々はデータ転送を行うためだけのケーブルでしたが、現在その役割は大きく変わってきています。

特に大きく変わったのは、最大電流容量が0.5Aから2Aに対応できるケーブルの登場。そのうえ、日本ではスマホユーザーの割合がiPhoneとAndroidで2極化していることもあり、中にはそのどちらにも対応できる便利なアイテムまでリリースされています。そこで今回は、データ転送ができるおすすめのUSBケーブルをご紹介します。

スマホ用USBケーブルの種類

スマホ用のUSBケーブルはコネクタ部分の形状の違いから大きく3種類に分かれているのが現状で、AndroidやWindows用はUSB micro-BないしType-C、iOS用はLightningケーブルが対応しています。

Android・Windows用ケーブル

By: amazon.co.jp

現在発売されているAndroidとWindows搭載のスマホのコネクタの形状のほとんどは「USB micro-B」です。そのため、同規格のUSBケーブルが数多くリリースされています。タブレットや携帯型Wi-Fiルーターなど、その他の多くのデジタル機器も同ケーブルを採用しているため、USB micro-BタイプのUSBケーブルを1本持っていれば、さまざまなデバイスに対応できます。

USB Type-Cケーブルは、次世代の転送規格に対応したコネクタです。まだ採用されているスマホは少ないですが、大容量データと大電力を供給できるため、今後の主流になることが予測されます。また、近年はAppleのMacBookにType-Cが採用されるなど、今後ますますニーズが高まる規格として注目されています。

iOS用ケーブル

By: apple.com

Lightning端子はアップル社の独自規格で、iPhoneをはじめとするiOS機の専用ケーブルです。挿し込み口が上下左右対称なデザインで、どちらの向きでも挿し込めるのが特徴。iPadなどにも対応しています。

充電できるケーブルとできないケーブルの見分け方

iOS用のLightningケーブルのうち、非純正製品の一部にはデータ転送専用のモノがあります。文字通り充電はできませんが、外見には大きな違いがないので、パッケージをよく確認してから購入する必要があります。なお、アップル純正のLightningケーブルは、すべて充電もデータ転送も可能です。

AndroidやWindows用のUSBケーブルには充電専用ケーブルはありますが、データ転送しかできないケーブルはありません。ただし、中には電流容量が古い規格と変わらない0.5A以下のケーブルも存在します。これではスマホをフル充電するのに非常に時間がかかってしまうので、充電を目的でUSBケーブルを購入する際は、最大電流容量を確認しましょう。

USBケーブルの選び方

最大電流容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

USBケーブルは「最大電流容量」の数字が大きいモノを選ぶのがおすすめです。最大電流容量は数字が大きいほど、電流を多く流すことができ、その分早くスマホを充電できます。

USBケーブルの長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

USBケーブルには0.1~5mまでの長さがあり、一般的に多く使われているのは1~1.5mの長さです。充電しながらスマホを触りたい方は、長めのモノを選んでおくと安心です。

しかし、データ転送をメインに使う場合は、長いケーブルだとデスク周りにケーブルがかさばり邪魔になります。そのため、データ転送の場合は0.5m程度の短いUSBケーブルを使用するのがおすすめです。

また、USBケーブルには巻き取り式と呼ばれるケーブルを簡単にまとめることができるタイプのモノもあります。長さは1m以下になりますので、コンセントからのスマホ充電には不向きですが、データ転送を主にする場合には巻取り式のUSBケーブルもおすすめです。

USBケーブルの素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

USBケーブルは、使用を繰り返していくうちに劣化していきます。ケーブルが断線してしまうと、充電やデータ転送が行えなくなるだけでなく、発火のおそれもあり大変危険です。

少しでも長くUSBケーブルを使用するためにも、USBケーブルの耐久性にも注目して選ぶことがおすすめです。「断線しにくい」や「曲げても大丈夫」などの表記がある場合が多いので選ぶ際の基準にしてみてください。

USBケーブルのおすすめメーカー

USBケーブルの多くはPC周辺機器メーカー製のモノです。サンワサプライやバッファロー、エレコムのUSBケーブルは店頭でも数多く用意されています。長さは0.3~10mを超えるモノまで揃っているので、ユーザーのニーズに合わせて選びましょう。

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

特に種類が多いのが、パソコン周辺機器からAV機器まで幅広い製品を手掛けるエレコム。USBケーブルは長さやカラーバリエーションも豊富で、そのうえリーズナブルな価格が魅力です。種類はデータ転送用のUSBケーブルがメイン。中には1000円を切るケーブルもラインナップしているので、選択肢も多くあります。なるべくコストを抑えたいという方におすすめのメーカーです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

By: amazon.co.jp

パソコンやタブレット周辺機器を取り揃えているサンワサプライ。USBケーブルもバリエーションが豊富です。価格もリーズナブルなので気軽に購入できるのもポイント。直径約2.5mmの極細ケーブルシリーズがおすすめです。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

ハードディスクやルーターなどPC周辺機器を作っているバッファローも代表的なメーカーのひとつ。他のメーカーがさまざまなカラーバリエーションを出す一方で、こちらはやや種類は少なめですが、製品クオリティの高さが特徴です。

スマホ用USBケーブルのおすすめ

エレコム(ELECOM) マイクロUSBケーブル MPA-AMBS2U08

コネクタ部分が台形になっており、抜き挿しがしやすいUSBケーブル。断線しやすいとされる根元部分がコネクタと一体化しているので、耐久性も向上しています。

USB2.0規格に準拠しており、高速データ転送も可能。接続部分に金メッキピンを採用しているので、サビなどに強く信号劣化を抑制します。難燃性素材を採用することで高い安全性を確保しているのも魅力です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 極細マイクロUSBケーブル KU-SLAMCB10

外径が2.5mmのケーブルとコンパクトなコネクタを採用した、扱いやすいUSBケーブル。内部を樹脂モールドで固め、さらに全面にシールド処理を施しています。そのため、外部からの干渉を防ぎ、耐久性にも優れているのが特長です。

USB2.0規格なので、対応機種との高速データ転送が可能。また、コネクタ部分に金メッキ処理を施しているためサビにも強く、経年変化による信号劣化の心配がありません。

バッファロー(BUFFALO) USB2.0ケーブル スリムタイプ BSIPC11UL01

スマホケースを利用しているとケースのフチが邪魔で、USBケーブルが挿しにくいということがあります。本製品はスマホ側のコネクタ部分がスリムな仕様なので、スマホケースを利用していても干渉しづらいのがメリットです。

Lightning端子のため、iPhone・iPad・iPodのデータ転送ができます。また、Appleが公式に認定している製品なので安心して使える点も魅力です。

アンカー(Anker) プレミアムライトニングUSBケーブル AK-A7101021

4000回以上の折り曲げテストにも合格している、耐久性に優れたライトニングUSBケーブル。充電とデータ転送の両方に対応でき、Appleが公式認定している製品のため信頼性が高いのという点も魅力。

また、iPhoneへの挿し込む端子部分がスリムに設計されているのもポイント。さまざまな形状のケースに対応でき、快適に抜き挿しできます。

aceyoon L字 ライトニングケーブル 3本セット ACY-LTU2-RANGLE-100-3PC-SV-JP

本製品は、iPhoneへ挿し込む部分の端子がL字型になっているのが特徴です。L字になっていることにより、ゲームをする際などiPhoneを横持ちにして使用する場合にも邪魔になりません。

また、ケーブルが折れ曲がって負荷がかかる心配が少ないので、USBケーブルの断線予防にも繋がります。高速データ転送と2.4Aの急速充電にも対応。ケーブルが3本セットで安く買えるのもおすすめポイントです。

Vinpie ライトニングケーブル 3本セット

1・2・3mの長さの異なるライトニングケーブルのセットです。自宅用やオフィス用などそれぞれ使用用途に合わせて、使い分けることができるので便利です。

プレミアムナイロンとアルミ合金シェルなどの優れた素材を採用しており、断線しにくい点も魅力。また、ケーブルがポケットやカバンの中でも絡みにくい編み仕様です。

AOFU ライトニングケーブルナイロン 2本セット

ライトニングケーブルの2本セット。充電用とデータ転送用、家庭用と職場用など分けて使うことができ便利です。外側の素材には、2重に編み込まれた高耐久ナイロン、内側には良質な銅製ワイヤ素材を採用。また、根元部分の断線を防ぐために硬性なコネクタを採用しているので、断線や故障などのトラブルを軽減して使える点も魅力です。

ゼウステ(Zeuste) ライトニングケーブル L字型3本

iPhoneへの挿し込み端子部分がL字型のライトニングケーブルです。L字にすることで、ケーブルの抜き挿しや折り曲げによって断線しやすい挿し込み端子付近のケーブルへの負荷が減ります。

1mのUSBケーブルが3本ついているので、予備で所持しておいたり、使用用途に合わせて分けて使い分けたりできるのも魅力です。

ALYEE iPhone充電ケーブル

ピンクと黒の1.8mと少し長めのUSBケーブルセットです。ピンクのライトニングケーブルは、最大2.4Aの高速充電に対応。黒のライトニングケーブルは、LEDライト付きなので暗い部屋で探しやすく、さらに自由に曲げて使用することが可能。

また、どちらのUSBケーブルも数千回以上の折り曲げテストに合格しているため、安心して使用できます。

ランポウ(Rampow) Micro USBケーブル 2本セット JPRAMPOWMIC07

編組ナイロンのケーブルを採用したMicro USBケーブル。劣化によってベタついてしまうということがなく、コードが絡まりにくいのも魅力です。アルミニウム製のグリップ部分は、プラスチック製よりも抜けにくく熱を逃すことにも優れています。

最大電流容量は2.4Aまで対応。急速充電器と組み合わせて使用することが可能で、通常のケーブルよりも約2倍のスピードで充電できます。

ランポウ(Rampow) Type-Cケーブル JPRAMPOWT01

本製品は、7000回以上の曲折テストに合格しているため多少雑に扱っても耐えられるのが特徴。データ転送速度は最大5Gbps、3.6V〜20V/3Aまでの急速充電をすることが可能です。

グリップ部分は、抜け落ちにくく熱を逃す能力に優れたアルミニウム素材を採用。また、編組ナイロンのケーブルは絡みにくいので快適に使えます。

トロンスマート(Tronsmar) Micro USBケーブル

通常より太めのケーブルを採用しており、最大電流容量は3Aまで対応。データ転送は最大480Mbpsの高速データ転送を行うことが可能です。

コネクタ部分は、熱や錆びに強い厚金メッキを採用。さらに、Micro USB側のコネクタは負担と破損を防ぐため二重構造にして強度を高めています。

Snowkids USB-A to USB-C ケーブル

最大電流容量が2.4Aの急速充電と最大480Mbpsの高速データ通信に対応。充電やデータ通信を素早く済ませたいという方におすすめです。

コネクタ部分はアルミニウム一体化合金、ケーブルはナイロン編みを採用しており耐久性に優れています。また、専用のレザーストラップ付きで、ケーブルをキレイにまとめておけるのも魅力です。

dodocool USB2.0データケーブル 3in1 DA120GY

Micro USB・Lightning・USB Type-Cケーブルがひとつにまとまった、利便性の高い製品です。Appleが公式で認定している「MFI認定」製品なので、iOSがアップデートされても問題なく使い続けることが可能。

データ転送速度は最大480Mbpsの高速データ転送が可能で、充電は最適充電電流2.4Aです。素材には、耐久性と柔軟性に優れたプレミアムナイロン編組素材を採用。AndroidとAppleなど異なった複数のデバイスを持っているという方におすすめです。

カフェーレ(Cafele) 巻取り式ケーブル Cfl-L-M-HS

本製品は、巻き取り式のUSBケーブルで、デスク周りで使用してもかさばらずに使えます。コンパクトに収納ができ、収納バッグも付属しているため持ち運びにも便利です。

挿し込み口はLightning端子、Micro USB端子、USB Type-C端子がひとつにまとまっています。カラーもラインナップも豊富なので、好みのモノが選びやすい点も魅力です。

スマホ用USBケーブルのAmazonランキングをチェック

スマホ用USBケーブルのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。