SIMフリー端末の普及によって、海外旅行は今までよりも断然便利になりました。普段から使い慣れたSIMフリー端末を海外に持ち込み、現地のプリペイドsimなどを利用する。知らない土地だからこそ、自分の使い慣れたスマホを持って行ける安心感はありますよね。海外でも自分のスマホが使える、人気のSIMフリー端末を紹介します!

フリーテル(freetel) LTE XM

カーボン調に仕上げられたスタイリッシュなボディデザインは、それだけで他の端末への大きなアドバンテージとなります。動作も軽快なクアッドコア搭載、ディスプレイは5インチと十分なサイズ、背面カメラは約800万画素にLEDライトを搭載、及第点以上の端末ですね。

ファーウェイ(HUAWEI) Ascend G6

厚さわずかに7.85mm、重量は115g。スマホの軽量化は今やここまで進んでいます。言わずもがな、LTE対応、クワッドコア搭載で軽快な操作感、カメラのスペックも良好でF値は2.0まで絞れ、800万画素ながら明るく撮影可能です。海外での思い出作りにもぴったりです。

ZTE g02

価格の割にスペックが高い、「ZTE」の「g02」。約2万円で購入できるこの端末は、コストパフォーマンスがよいので、二台目以降にもオススメできる端末である。厚さ約7.7mm、シュッとしたルックスも大きな魅力のひとつ。

ZTE g03

上記の「g02」の上位機種が、「g03」である。基本性能であるCPUはワンランク上のオクタコアを搭載し、注目したいのはカメラの性能で、背面カメラには1300万画素のソニー製CMOSイメージセンサーを搭載している。このカメラスペックであれば、海外旅行の際にはデジタルカメラは不要かもしれませんね。

エイスース(ASUS)Zenfone6

人気機種である「ZenFone 5」の上位機種としての位置ずけ、ディスプレイサイズを1インチ大きくした6インチモデルとして登場し、話題となりました。低価格が魅力のひとつであり、比較対象となるであろう6インチの他端末群と比べると、価格差に大きな開きがあり非常にコストパフォーマンスのよいスマホとなっています。

エイスース(ASUS)ZenFone Selfie

流行の「セルフィー」にフォーカスを当てたモデルとして話題になった「ZenFone Selfie」。特徴はフロントサイドに1300万画素カメラ、そして2色のLEDフラッシュを備えていること、さらに目や顔の輪郭の補正なども行います。旅行では定番のセルフィー。ぜひとも検討したい一台である。

グーグル(Google) Nexus 6

最後に、やはり外せないのがグーグルの「Nexus 6」である。まずはデザイン。全モデルよりも一層高級感が増し、洗練された印象である。数年間は使用に耐えられる高スペック。グーグル製品のため、Androidとの相性はもちろんいい。間違いなく価格相応、いやそれ以上の端末である。