飛行機や夜行バス、車など長旅での睡眠をサポートしてくれる「ネックピロー」。首枕とも呼ばれるように、頭や首を支えられるので、座りながら眠った際に身体が痛くなったり疲れたりする方におすすめのアイテムです。

とはいえ、ラインナップ製品が多く、どんなアイテムを選べばいいかわからないという方も多いはず。そこで今回は、ネックピローの選び方とおすすめの製品をご紹介します。飛行機と夜行バス用、車用と項目別におすすめのモノをピックアップしたので、気になる方はぜひ参考にしてください。

ネックピローの効果

By: amazon.co.jp

ネックピローは、バスや飛行機などで仮眠をとる際に便利なアイテムです。頭の位置が定まらなくて首が痛くなったり、寝心地が悪くてよく眠れなかったりといったことを防ぐ効果が期待できます。

海外旅行のような飛行機での長旅はもちろん、出張中の移動時間やオフィスでの仮眠時など、寝る条件の悪い場所での使用に適しているのがネックピローの特徴です。

ネックピローの選び方

中身をチェック

クッションタイプ

By: amazon.co.jp

クッションタイプのネックピローで一般的なのは、低反発ウレタンやマイクロビーズ、コットン素材などです。首や肩への負担が少ないのがメリット。圧迫感を軽減し、ほどよく密着するので、長時間の移動にも適しています。

しっかりと首をホールドして安定性を高めるなら低反発ウレタン、柔らかな使い心地が好みならマイクロビーズやコットンがおすすめ。折りたたんでコンパクトに収納できないタイプが多いため、手荷物の多い旅行や出張には少々かさばってしまうことも想定しておきましょう。

エアータイプ

By: amazon.co.jp

いわゆる「エアネックピロー」は、空気を抜いて折りたためばコンパクトに携帯できるのが最大の魅力です。軽量で荷物を圧迫しないエアータイプは、重量やサイズに厳しい空港の機内手荷物検査でも大いに役立ちます。

スピーディーに空気を注入できる手動プレス式なら、口で膨らませる労力も軽減することが可能。ただし安定性にはやや欠けるため、首や肩へのフィット感はクッションタイプほどではないと認識しておきましょう。

携帯性をチェック

By: amazon.co.jp

飛行機や夜行バスなどを利用して長距離を移動する際は、持ち運びに便利かどうかも重要です。空気で膨らませて使う「エアネックピロー」は、収納性が高いので携帯に便利なのがメリット。

膨らませないモノは自家用車やオフィスなどに置いておくモノとしておすすめ。なお、空気で膨らませないモノでも収納ケースが付いており、携帯性に配慮されたモデルもあります。

生地をチェック

By: amazon.co.jp

ネックピローは肌に直接触れるモノなので素材による質感も大切なポイント。寒い冬には温かいフリース素材、暑い夏は汗吸い取るタオル生地など、使う季節によって肌触りの違うモノを選ぶと快適に使用できます。

また、寝具のように汗や皮脂などがつきやすいモノでもあるため、手軽に洗濯できるタイプを購入するのもおすすめです。

形状をチェック

U型

By: amazon.co.jp

U型は最も一般的な形のネックピローで、首周りを両側から包むような形です。首がどちらに傾いても支えてくれるので、頭を比較的まっすぐに近い状態に保ってくれるのがメリット。首や肩への負担を軽減することができ、寝違えや肩こりの予防にもなります。

J型

By: amazon.co.jp

J型は首から顎の辺りまでの片側をサポートする形。寝る方向に癖がある方や、隣に人がいるときに反対の方向に頭を傾けたいときなどに便利です。顎を軽く支える形は、頭が前に倒れるのを防げます。

O型

By: amazon.co.jp

O型は首周りを360°囲むように支えてくれる形で安定感があります。しかし同時に圧迫感を感じる方もいるので、サイズ選びが重要です。

枕型

By: amazon.co.jp

就寝時に使う枕と同じ形のネックピローは、背中に当てて長時間の座位による腰痛を予防する使い方もできます。ただし、枕型単体では頭にあてたときの首の安定感は得られないので、U型から変形できる製品や、U型との2段型になった製品も発売されています。

変形型

By: amazon.co.jp

変形型のネックピローには、好みの形に変えられるワイヤー入りのものや、立体成型のもの、スカーフのように巻いて使う薄型のもの、2段型になったものまでさまざまなバリエーションがあります。

自分好みの形に調節したり、場所によって安定した形状に調節できたりする点がメリットです。

洗濯に対応できるのかチェック

ネックピローを選ぶときは、カバーを取り外して洗えるかどうかもチェックしましょう。首周りに直接触れるものなので、汗や皮脂で汚れやすく、女性の場合はファンデーションやリップが付いてしまうことも。洗濯可能な素材なら、いつでも清潔に使うことができます。

ネックピロー本体をそのまま洗えるものもありますが、型崩れする可能性を考えると、カバーを取り外して洗えるものがおすすめです。

ネックピローのおすすめメーカー

テンピュール(TEMPUR)

By: jp.tempur.com

テンピュールの歴史は宇宙飛行士のために体圧吸収素材を開発したことから始まります。その後生まれたサポート力のある快適なマットレスは世界的に認められ、唯一NASAの公式認定を受けているブランドです。

テンピュールのネックピローは特許技術による唯一無二の感触が味わえます。

ワウピロー(Wow Pillow)

By: amazon.co.jp

元国際線キャビンアテンダントが考案したネックピローです。機内で睡眠ができない乗客の悩みをもとに、快適な眠りをサポートするユニークな「J型」ピローを開発。アメリカではAmazonの旅行用グッズ人気ランキングトップを独占するなど、人気を誇っています。

モグ(MOGU)

By: amazon.co.jp

モグは、パウダービーズと伸縮性生地を主素材とした「ライフケアクッション」を扱っています。生まれたての赤ちゃんからお年寄りまで、快適に体を支える製品作りに取り組んでいます。ネックピローの特徴はなんといっても、肌あたりの心地よさと高い体圧分散効果。体を圧迫しにくい柔軟性が魅力です。

ネックピローのおすすめ|クッションタイプ

テンピュール(TEMPUR) トランジットピロー

NASA公式認定の技術を持つテンピュールのネックピローは、体圧を分散する能力が高く、ほかのメーカーを圧倒する究極のフィット感が売りです。ほどよい反発力で頭の位置を安定させ、形に合わせて凹む柔軟さもありながら、沈み込んで首元が苦しいということもありません。

カバーの表面は高級感のある柔らかい起毛素材で肌触りがよく、取り外して洗濯も可能です。ただし、ネックピローに厚みがあり大きくて重いのが難点。移動時間が長く、荷物が増えることよりも快適に眠ることを優先したいときや、オフィスの休憩時間を使ったお昼寝用として常備するのもおすすめです。

ワウピロー(Wow Pillow) J型トラベルネックピロー

ユニークなデザインが一際目を引くワウピローのJ型ネックピローは、2012年度のイギリス全国発明表彰を受賞した製品です。国際線の元キャビンアテンダントが考案したもので、独特な形状で首から顎にかけてサポートし、長時間の飛行機内でも快適に過ごせるように作られています。

頭を緩やかに片側に傾けるように支えて、頭が前に倒れるのを防ぎ、首筋や肩、背骨への負担や痛みを軽減可能。ボール状に折り畳み、ストラップで荷物に取り付けて持ち運びできます。一般的なU型ネックピローに満足できなかった方にもおすすすめしたい製品です。

HANKEY ネックピロー

人間工学に基づいた3D立体構造のネックピローです。首周りを360°包み込むO型ネックピローの要素に加え、バック部分が立ち上がっているので、後頭部側もしくは背中側に差し込んでけい椎への負担を軽減することができます。

素材には、もちもちした触感で体にフィットする低反発ウレタンを採用。また、使用中のズレを防止するベルトが付いているのもポイントです。丸めてコンパクトに専用ポーチに収納でき、旅行や出張のお供にも便利。メッシュ素材のカバーは通気性がよく蒸れを防げるほか、取り外して洗濯も可能なので、いつでも清潔に使えます。

MOGU ポータブルネックピロー

MOGUは独特の手触りでリラックス効果もある人気のブランドです。柔らかな手触りの秘密は直径1mm以下のパウダービーズ。特殊コーティングにより流動性を高め、摩擦音を抑えることで柔らかく気持ちよい触感を生み出しています。

そのよさを最大限に引き出すMOGUオリジナルの伸縮性生地により、効果的に体のカーブと動きにフィットすることで優しく頭を支えることが可能です。ネックピロー以外にも、デスクワークや車の運転時に背もたれに置くことで、腰や背中への負担軽減に役立ちます。

ゴーウェル(gowell) よくばり3WAYビーズクッション GW-1205

マイクロビーズを使用しており、ネックピロー、ロングクッション、枕の3パターンに変形するクッションです。流動性のあるビーズの特徴を生かして、ビーズの位置をずらすだけで3通りの使い方ができる優れもの。

長旅の間に、首に付けたり抱き枕にしたり、背中に当てたり肘置きにしたりとシーンに合わせて使い分けることができます。スーツケースのハンドルなどに取り付けできるループ付きで、持ち運びも便利。多用途に使用できる優秀なネックピローをお探しの方におすすめです。

ナポレックス 車用ネックピロー&クッション SD-6

マイクロビーズを移動して2WAYで使えるネックピローですが、ネックピローとクッションの生地が別に用意されており、ネックピローのファスナーの中からクッション用の生地を取り出して中のビーズを移し替えて変形させます。

独特のネックピローの形専用の生地があることで、形に安定感があるのがメリットです。伸縮性のある生地で触り心地はよいですが、洗濯できないので汚れには注意が必要。汚れた場合は湿らせた布で拭き取ります。

シフレ ハピタス 低反発枕

ハピタスのネックピローは豊富でかわいいカバーデザインが魅力。カバー表面はさらりとして伸縮性がある素材を使い、裏面には肌触りの良い起毛素材を使っているので、季節や好みに合わせて使い分けることができます。

首元のスナップは使用時のズリ落ちを防止。比較的コンパクトで、荷物に取り付けできるループも付いています。

ゴーウェル(gowell) かるラクーン

かるラクーンは、低反発素材のかさばるというデメリットを最小限に抑えたコンパクトタイプのネックピローです。軽量で、丸めると手のひらサイズまで小さくなるので吊り下げて持ち運べます。

低反発ウレタンフォームに通気孔をあけ、カバーをメッシュ素材にすることで蒸れを防げるほか、3D立体構造が体にフィットして安定感は抜群。体に掛けたブランケットを留めるゴムも付いているので、温度調節が必要な夜行バスや長時間のフライト時に便利です。

フランスベッド スリープバンテージ・フルール

円形状のネックピロー。広げたり、たたんだり、ねじったりすることで自分仕様に使えるオールマイティーさが魅力です。たたんで首に当てれば、ドライブ中のネックピローとして活用できます。ネックピロー以外には、広げてドーナツクッション、たたんで枕、ねじって腰のサポートにと使い方もさまざまです。

中材にはマイクロビーズを採用。カバーには2種類の生地を使い、面によって異なる心地よさが楽しめます。5色のポップなカラーバリエーションで、インテリアのアクセントとしても映えます。女性へのプレゼントにもおすすめのネックピローです。

コンサイス スリーピーピロー

スリーピーピローの最大の特徴は、コンパクトに収納できる収納袋が背面に付属している点。専用袋の紛失や探す手間が省け、首周りが緩く感じる方は使用時にカバーを少しかぶせて角度を調整することもできます。

素材は安定感のあるポリウレタンフォームで、カバーは肌触りのよい起毛素材です。取り外して洗濯が可能なので、汚れを気にせずいつも清潔に使えます。サイドに付いたポケットにスマホを入れておけば、アラーム設定時などに便利。

旅行時以外にも、コンパクトに収納した状態のミニ枕として会社や自宅で使用するのもおすすめです。

JTB 3WAYボア変形低反発ネックピロー 519084004

国内最大手の旅行会社JTBから発売されている変形型のネックピローです。低反発素材のクッションがフックで2段に重なっていて、そのままネックピローにしたり、平たく2重にして円座にしたり、90°にバラして円座と背あてに使ったりとさまざまな使い方ができます。

上段クッションにはフック付き、下段には調節紐付きで首周りの大きさに合わせて調節が可能。カバーはベロア素材で寒い季節は保温効果もあります。収納用の巾着袋に丸めてコンパクトに持ち運びできるので、荷物を増やしたくない方におすすめです。

Emoily ネックパッド

コンパクトな枕型ネックピローです。ミニサイズでありながら、けい椎の構造を考慮した設計で首元を支え、車やバスなどで移動中の快適な睡眠をサポートします。中材には50D高密度の低反発材を使用し、ほどよい硬さで頭の形にフィット。

コットン素材のカバーは一年中快適に使え、取り外して洗濯も可能です。コンパクトなデザインは一般的なネックピローの半分ほどの重量でかさばらず携帯にも便利。子供でも使いやすいサイズなので自家用車に常備しておくのもおすすめです。

ネックピローのおすすめ|エアータイプ

アドヴァンス(ADVANCE) クールマックス gmktB0091FK4KG

さらっと快適なクールマックス生地を使用したネックピローです。クールマックスは汗を吸い取り素早く蒸散させることで、いつもドライな感触を保つことができます。生地に10mmのウレタンが入っているので、エアータイプでもクッション性もあるのがポイントです。

比較的大きめのネックピローで使用時は安定感があり、収納時はコンパクト。基本に忠実なエアータイプのU字型ネックピローに通気性とクッション性の付加価値を付けた製品です。カバーを外して洗え、速乾性があるので早く乾きます。

JTB 安眠くん 9274

JTBから出ているU字型のネックピローです。カバーがタオルのようなパイル地なので、肌触りがソフトで外して洗濯もできます。小ぶりなタイプなので、口で空気を吹き込むのもあまり苦労せず、取り扱いやすい大きさです。

エアータイプのハリのある感触は、固めの枕を使っている方に好まれる傾向があります。コンパクトに畳めるので、旅行や出張時に極力荷物を減らしたい方にもおすすめです。

ふわってぃ トラベル用クッション枕

ふわってぃのネックピローの最大の特徴はハンカチくらいの大きさまで畳める点。収納袋はありませんが、薄く小さいため、ポケットに携帯できるサイズです。カラーバリエーションも豊富なので選ぶ楽しさもあります。

表面は肌に優しくフィットする起毛素材です。安さと軽さがあり、コンパクトで荷物がかさばらないのがポイント。シンプルで手軽に持ち歩けるネックピローを探している方におすすめします。

SmartTravel ネックピロー SMT1701

バックストラップ付きで背もたれに固定して使えるネックピローです。真ん中が凹んだ形状が首にフィットして支えます。最大約54cmまで伸びるストラップは飛行機や車内でネックピローとして使用する以外にも、オフィスの椅子に付けて腰や背中をサポートする使い方も可能です。

口で息を吹き込まなくても、エアバルブを開くと自然と空気を吸い込んで膨らむ仕組みで、枕の固さは息を吹き込んで微調整することができます。コンパクトな収納袋にカラビナ付きで、バッグに引っ掛けて持ち運ぶことができて便利です。

U字型のネックピローの圧迫感が気になって眠れなかった方などにもおすすめします。

ゴーウェル(gowell) トラベルクッション ボーダークラウド

大小2段式のエアークッションです。それぞれに綿素材のカバーが付いているので触り心地も柔らかで通気性もよくなっています。上下のクッションはベルトでつながれていて、上の小さいクッションを左右にスライドして好みの位置に変えることが可能。

ほかにも大小を分離して、ネックピローと背当てに使ったり、単独で好きな方を使ったりと使い道は自由です。空気の量を調節することで枕の硬さを調節できるのもエアークッションのメリット。シーンに合わせて使い分けたい方におすすめです。

Asfinity エアネックピロー

エアータイプのネックピローとフードが一体型になった製品なので、寝顔を見られたくない方におすすめ。光や周囲の視線を遮ることができるので眠りに入りやすく、短時間の移動でも効率的に睡眠時間を確保できます。

空気の吹き込み口には大口バルブを採用し、楽に膨らみ、スピーディーに空気を抜くことが可能です。なめらかな起毛素材のカバーは着け心地がよく、洗濯もできるので女性のファンデーション汚れなども安心。専用の巾着袋に収納してコンパクトに持ち運べます。

ネックピロー部分にポケットが付いているので、スマホを入れて音楽を聴いたり、アラームを設定したりするときに便利です。

Purefly ネックピロー

ハンドプレス型のエアータイプネックピローです。ボタンを繰り返しプッシュすると徐々に空気が入る仕組みで、口で吹き込むほどの労力がいらず衛生的なのもポイント。エアータイプとは思えないほどの複雑な立体的デザインで、効果的に首周りを支えられます。

カバーの素材は軽くて柔らかいマイクロビロードですが、外して洗濯も可能です。専用ポーチに収納してコンパクトに携帯できるので、荷物がかさばりがちな長旅や出張時でもストレスなく持ち歩けます。高級感があるにも関わらず、価格が安い点も魅力です。

Jerrybox ネックピロー

ハンドプレスの空気を入れるボタンが付いたタイプのネックピローです。二つのボタンを押して最速15秒でスピーディーに膨らませることができます。空気を抜くときも二つのエアバルブを長押しして素早く片付けられるため、時間短縮で余分な労力をカット可能です。

人間工学に基づいて設計された形状は、両側の盛り上がりで頭の左右の揺れを支え、首の後ろは平らで首にフィットする仕組み。カバーはベルベット素材の柔らかな肌触りで洗濯もできます。肺活量に自信のない方や、人前で息を吹き込むのが恥ずかしい方などにおすすめの製品です。