首枕とも呼ばれ、首や頭を支えて、飛行機内や車内での心地よい睡眠をサポートする「ネックピロー」。長距離移動する際には、ぜひ持っておきたい便利なアイテムです。

しかし、さまざまな製品のなかから、自分にぴったりのネックピローを選ぶのはなかなか難しいもの。そこで今回は、ネックピローの選び方とおすすめのアイテムをご紹介します。長旅を快適にするネックピローをみつけてみてください。

ネックピローとは?

By: amazon.co.jp

ネックピローとは、首まわりをサポートする枕のこと。使用することで首が固定され、頭が下に傾かなくなるので、首や肩にかかる負担を軽減できます。

座ったままの姿勢でも心地よく眠れるため、移動時間中の睡眠でいつも疲れが溜まる方や肩こりや首こりがひどくなってしまう方におすすめのトラベルアイテムです。

ネックピローの選び方

タイプで選ぶ

クッションタイプ

By: amazon.co.jp

中身が詰まっているクッションタイプのネックピローは、安定感があり、首や肩にかかる負担を軽減できるのがメリット。首をしっかりと支えるので、長時間移動の睡眠や休憩をサポートします。

また、コットンやマイクロビーズ、低反発ウレタンなど、製品によってさまざまな素材が使われているのも魅力。好みの使用感に合わせて、自分にぴったりのアイテムをセレクトできます。

なお、クッションタイプのネックピローは、コンパクトに収納できないモノが多いため要注意。荷物の多い旅行の際には、かさばってしまうことも。持ち歩くことを踏まえて、収納袋が付いているモノやスーツケースなどに取り付けられるモノがおすすめです。

空気を入れるタイプ

By: amazon.co.jp

空気を入れるタイプのネックピローは、携帯性の高さが最大のメリット。空気を抜けばコンパクトに収納できてかさばらないうえに、軽量なので気軽に持ち歩けます。また、比較的手頃な価格のモノが多いことや、空気の入れ具合によって硬さを調節できるのも魅力。

デメリットは、クッションタイプのモノに比べて安定感、フィット感にやや欠けるところ。使用前後に空気を入れたり抜いたりする手間もかかります。

ちなみに、空気を入れるタイプのネックピローを選ぶ際には、空気の注入方法も重視ポイント。「口で息を吹き込む方式」と「手動プレス式」の2つのタイプがあるので、使いやすいモノを選びましょう。

清潔に使えるかで選ぶ

首や顔、頭に触れるネックピローは、汗や皮脂が付着して意外と汚れやすいアイテム。女性の場合は、ファンデーションやリップが付いてしまうケースもあります。清潔に使い続けるため、カバーを取り外して洗えるかどうかも重要。

また、中に詰まっている素材によっては、本体ごと丸洗いできるネックピローも販売されています。より清潔に使いたい場合、使う頻度が高い場合などには、カバーだけでなく本体ごと洗えるアイテムをセレクトしましょう。

携帯性で選ぶ

By: amazon.co.jp

何かと多くなってしまう旅行の荷物。ネックピローがスーツケースや鞄の中でかさばってしまうことのないよう、なるべく携帯性の高いモノをセレクトしましょう。

ちなみに、持ち運びやすいのは空気を入れるタイプのネックピロー。コンパクトに収納できるので邪魔になりません。移動の多い飛行機やバスなどで旅行する際に重宝します。

なお、クッションタイプのネックピローを持ち運ぶ場合には、スーツケースに引っ掛けるストラップが付いているモノなど携帯性に配慮されたアイテムがおすすめです。

形状で選ぶ

U字型

By: amazon.co.jp

U字型は、ネックピローの一般的な形状。首を両側から包み込み、左右と後ろからしっかりと支えます。首が固定されて頭が傾かなくなるので、隣の席に人が座っている場合やリクライニングを倒せない場合にも安心して使えます。

J字型

By: amazon.co.jp

J字型は、首と頭、さらにあごをサポートするユニークな形状のネックピローのこと。「J」の部分がしっかりとあごを支えて、首が前に倒れるのを防ぎます。また、頭を左右のどちらかに預けた姿勢で眠れるため、安定感が良好なのもポイント。

飛行機やバス、新幹線などでの長距離移動が多い方、座って眠ると首がかくかくと上下に動いてしまう方などにおすすめのアイテムです。

枕型

By: amazon.co.jp

枕型は、通常の枕に似た形のネックピローのこと。用途に応じてさまざまな使い方ができる優れモノで、首の後ろに置けば枕として使え、腰の部分にあてれば腰あてクッションとしても活用できます。

汎用性が高いタイプのアイテムを探している方におすすめです。

変形型

By: amazon.co.jp

変形型は、クッション部分にワイヤーが入っているネックピローのこと。折り曲げてU字型にしたり、伸ばして枕型にしたりなど、寝る姿勢に合わせて都度自由に形を変えられるのが魅力です。

使う人の好みに合わせて変形できるので、共有して使えるのもポイント。旅先だけでなく、自宅でも活用しやすいアイテムです。

ネックピローのおすすめ|クッションタイプ

ジスクリエーション(JZYSS CREATION CO.) Jimu fab ネックサポートピロー JM-15003

ジスクリエーション(JZYSS CREATION CO.) Jimu fab ネックサポートピロー JM-15003

おしゃれでかわいいデザインが目をひく、U字型ネックピロー。シンプルなモノやポップなモノなど、カラーバリエーションが豊富で好みに合った製品をセレクトできます。

両サイドは厚みを持たせた設計になっていて、首の傾きをしっかりとサポート。首の後ろの部分は薄く山型の作りになっているので、枕のように心地よく頭を預けられます。

洗濯機で本体ごと丸洗いでき、コンパクトに折りたためるので持ち運びもラク。機能的かつデザイン性に優れたネックピローを探している方におすすめのアイテムです。

ビーコージー(Bcozzy) ネックピロー2

ビーコージー(Bcozzy) ネックピロー2

丸まった形が特徴のネックピロー。首に巻き付けると、重なり合ったアーム部分があごをしっかりとサポートし、頭が下に傾くのを防ぎます。腰や背中用クッションとしても使えます。

コットンとポリエステルの混合生地を使用しているため、肌触りがよく、本体ごと丸洗いできるのもうれしいポイント。ストラップが付いているので、スーツケースや鞄に取り付けて持ち運べます。

ワウピロー(Wow Pillow) J型トラベルネックピロー

ワウピロー(Wow Pillow) J型トラベルネックピロー

座って寝る際の姿勢をサポートする、J字型ネックピロー。「J」部分があごを下からしっかりと支え、頭の揺れを抑えるので、首や肩への負担が軽減。飛行機や車などでの長時間移動時に大活躍するアイテムです。

また、使用時以外は半分程度のコンパクトサイズに収納可能。ボタンタイプのストラップも付いているので、スーツケースや鞄に取り付けて便利に持ち運べます。

グアポ(GUAPO) 自由に曲げれるネックピロー

グアポ(GUAPO) 自由に曲げれるネックピロー

好みに合わせて、自由に形を変えられるネックピロー。自分に合った心地よい角度に調節でき、曲げた状態がキープされるので、ストレスフリーに使用できます。カバーはコットン100%で肌触り良好。洗濯できるので衛生的です。

また、くるくるとコンパクトに丸めて収納できるのもポイント。付属の収納袋に入れて便利に持ち運べます。自分に合った形のネックピローがなかなかみつからない方におすすめのアイテムです。

ミレスト(milesto) 洗える3WAY ネックピロー MLS609

ミレスト(milesto) 洗える3WAY ネックピロー MLS609

洗って使える、3WAY仕様の便利なネックピロー。バックルを留めれば、U字型のネックピローに。ポリエステルのふかふかな綿が首まわりにフィットし、心地よくサポートするので、長距離移動時も快適です。

バックルを外して広げると、ブランケットに早変わり。さらに、ボタンを留めて腰巻きやボレロとしても使用できます。用途に合わせて、マルチに使えるネックピローを探している方にぴったりのアイテムです。

znewmark 低反発ネックピロー

znewmark 低反発ネックピロー

低反発メモリーフォームを使用した、首と頭をバランスよく支えるU字型ネックピロー。厚みのあるクッションが首まわりを360°全方位からサポートするので、首にかかる負担を軽減します。

側面のポケットには、スマートフォンやイヤホンなどの小物を収納できるので、くつろぎながら音楽を聴きたいときにも大活躍。カバーは簡単に取り外して洗えるので、清潔に使えるのも魅力です。

また、収納袋がネックピロー本体と一体になっているので、携帯性も良好。使わないときにはすぐに折りたたんで、コンパクトに収納できます。

オーストリッチピロー(OSTRICH PILLOW) オーストリッチピローGO

オーストリッチピロー(OSTRICH PILLOW) オーストリッチピローGO

人間工学に基づいて設計されたネックピロー。低反発の形状記憶素材を使用しているので、男女問わず使う人の首やあごに自然とフィットする包み込むような着け心地が魅力。長時間使用しても疲れにくく、快適に休めます。

また、柔らかく肌触りのよいカバーは、4種類からセレクト可能。取り外して洗濯もできるので、清潔に使えます。付属の収納袋に入れるとコンパクトになるので、飛行機やバスに持ち込む際にも便利です。

ネックピローのおすすめ|空気を入れるタイプ

東京西川 ラクネル ネックピロー EH96065003M

東京西川 ラクネル ネックピロー EH96065003M

日本の寝具メーカー、西川のネックピロー。側面についたキャップの開閉で空気のボリュームを自由に調節できる新発想のアイテムです。好みの高さやフィット感に合わせられるので、快適に使えます。

首の後ろに当たる部分は、シートへもたれかかった際、邪魔にならないよう薄めの設計。さらに、首が横に倒れるのを防ぐため、両サイドは厚くに設計されているので、狭いスペースでも快適に眠れます。収納袋付きで、持ち運びにも便利。

また、コットン100%のカバーは取り外して洗濯可能。清潔に使っていけるのもうれしいポイントです。

ケイモール(Kmall) ネックピロー

ケイモール(Kmall) ネックピロー

口で息を吹き込む必要のない、手動バルブ式のU字型ネックピロー。丸いボタンを繰り返し押すと、30秒ほどで簡単に膨らみます。空気の量によって、好みの柔らかさに調節できるのもポイント。カバーは取り外して洗濯できるので、清潔に使えます。

また、ネックピロー後部にある2つのコブは、人間工学に基づいて設計されたモノ。首と頭に優しくフィットして、座ったまま寝る際の首や肩にかかる負担を和らげます。空気を抜けばコンパクトに収納可能。機能性と携帯性が両立したアイテムです。

ザクザク(zakzak) エアポンプ式ネックピロー

ザクザク(zakzak) エアポンプ式ネックピロー

鮮やかな色合いが魅力の手動バルブ式ネックピロー。バルブを押すと、空気充填までわずか30秒。簡単に膨らむうえ、口を付ける必要がないので衛生的です。また、空気を抜いて折りたたむと、スマートフォンサイズに収納できるので、持ち運びにも便利。

表面の素材は、ふわふわと柔らかい肌触りが魅力の起毛タイプ。ピンク・ブルー・グレー・ネイビーの4種類から好みに合わせてセレクトできます。手軽に使えるネックピローを探している方におすすめのアイテムです。

ロジック(Logic) フード付きネックピロー

ロジック(Logic) フード付きネックピロー

取り外し可能なフードが付いた、U字型ネックピロー。大型のフード使用すれば、気になる日差しや光をショットアウトできます。深くかぶっても口や鼻はふさがない作りのため、呼吸しやすいのもポイント。寝顔を見られたくない方にもおすすめです。

空気の注入方法は、口で息を吹き込むタイプ。注入口が大きいので、5回ほど空気を入れるだけで簡単に膨らみ、面倒な空気抜きもワンプッシュでできる優れモノです。なお、フードやカバーは肌触りのよいベロア素材を使用。洗濯も可能なおすすめアイテムです。

リンクスエア(LINX AIR) ネックピロー

リンクスエア(LINX AIR) ネックピロー

わずか140gと軽く、空気を抜くと5cmほどの厚さに折りたためるネックピロー。長旅のお供に最適なアイテムです。

空気を入れると、10cmの厚さまで膨らみ、首と頭をしっかりサポート。長時間同じ姿勢でも疲れにくいので、飛行機や車などのほか、オフィスでの使用もおすすめです。なお、カバーは取り外して洗濯できるので衛生的。価格も手頃なので、ネックピローを初めて使う方にもおすすめです。

ライフイズビューティフル(LifeisBeautiful) ネックピロー

ライフイズビューティフル(LifeisBeautiful) ネックピロー

フード付きのH型ネックピローです。「H」部分が首を360°全方位からしっかりとサポート。頭が下に傾くのを防いで、長時間移動時の疲労を軽減します。フードをかぶれば、光をシャットアウトできるうえ、寝顔を見られる心配もありません。人目を気にせずくつろぎたい方におすすめです。

向きを変えて「H」部分に頭をのせると、U字型のネックピローとしても使用可能。さらに、机や腕の上に置けば、うつぶせ寝にぴったりの枕にもなり、好みに合わせて3WAYの使い方ができるのも魅力です。