飛行機や夜行バス、車など長旅での睡眠をサポートしてくれる「ネックピロー」。首枕とも呼ばれるように、頭や首を支えられるので、座りながら眠った際に身体が痛くなったり疲れたりする方におすすめのアイテムです。

とはいえ、ラインナップ製品が多く、どんなアイテムを選べばいいかわからないという方も多いはず。そこで今回は、ネックピローの選び方とおすすめの製品をご紹介します。飛行機と夜行バス用、車用と項目別におすすめのモノをピックアップしたので、気になる方はぜひ参考にしてください。

ネックピローの効果

By: amazon.co.jp

ネックピローは、バスや飛行機などで仮眠をとる際に便利なアイテムです。頭の位置が定まらなくて首が痛くなったり、寝心地が悪くてよく眠れなかったりといったことを防ぐ効果が期待できます。

海外旅行のような飛行機での長旅はもちろん、出張中の移動時間やオフィスでの仮眠時など、寝る条件の悪い場所での使用に適しているのがネックピローの特徴です。

ネックピローの種類

クッションタイプ

By: amazon.co.jp

クッションタイプのネックピローで一般的なのは、低反発ウレタンやマイクロビーズ、コットン素材などです。首や肩への負担が少ないのがメリット。圧迫感を軽減し、ほどよく密着するので、長時間の移動にも適しています。

しっかりと首をホールドして安定性を高めるなら低反発ウレタン、柔らかな使い心地が好みならマイクロビーズやコットンがおすすめ。折りたたんでコンパクトに収納できないタイプが多いため、手荷物の多い旅行や出張には少々かさばってしまうことも想定しておきましょう。

空気で膨らませるタイプ

By: amazon.co.jp

いわゆる「エアネックピロー」は、空気を抜いて折りたためばコンパクトに携帯できるのが最大の魅力です。軽量で荷物を圧迫しないタイプは、重量やサイズに厳しい空港の機内手荷物検査でも大いに役立ちます。

スピーディーに空気を注入できる手動プレス式なら、口で膨らませる労力も軽減することが可能。ただし安定性にはやや欠けるため、首や肩へのフィット感はクッションタイプほどではないと認識しておきましょう。

ネックピローの選び方

持ち運びやすさを考慮する

By: amazon.co.jp

飛行機や夜行バスなどを利用して長距離を移動する際は、持ち運びに便利かどうかも重要です。空気で膨らませて使う「エアネックピロー」は、収納性が高いので携帯に便利なのがメリット。

膨らませないモノは自家用車やオフィスなどに置いておくモノとしておすすめ。なお、空気で膨らませないモノでも収納ケースが付いており、携帯性に配慮されたモデルもあります。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネックピローは肌に直接触れるモノなので素材による質感も大切なポイント。寒い冬には温かいフリース素材、暑い夏は汗吸い取るタオル生地など、使う季節によって肌触りの違うモノを選ぶと快適に使用できます。

また、寝具のように汗や皮脂などがつきやすいモノでもあるため、手軽に洗濯できるタイプを購入するのもおすすめです。

形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

ネックピローは主に、首回り全体を包み込むように支える「U型」と、頭や首の片側のみを支える「J型」があります。U型は、どちらに首が傾いても快適な眠りができるところが特徴。J型は頭をどちらかに傾けて眠りたい方に向いており、飛行機や夜行バスなど隣に人がいる際なども活躍します。

ネックピローのおすすめメーカー

ワウピロー(Wow Pillow)

By: amazon.co.jp

元国際線キャビンアテンダントが考案したネックピローです。機内で睡眠ができない乗客の悩みをもとに、快適な眠りをサポートするユニークな「J型」ピローを開発。アメリカではAmazonの旅行用グッズ人気ランキングトップを独占するなど、人気を誇っています。

カブー(Cabeau)

By: amazon.co.jp

カブーは、カリフォルニア生まれの旅行用アクセサリーメーカーです。低反発ピロー「カブー エボリューションピロウ」を筆頭に、さまざまなシーンに合わせた素材・形状・機能を持つネックピローが人気です。

モグ(MOGU)

By: amazon.co.jp

モグは、パウダービーズと伸縮性生地を主素材とした「ライフケアクッション」を扱っています。生まれたての赤ちゃんからお年寄りまで、快適に体を支える製品作りに取り組んでいます。ネックピローの特徴はなんといっても、肌あたりの心地よさと高い体圧分散効果。体を圧迫しにくい柔軟性が魅力です。

ネックピローのおすすめ|飛行機・夜行バス向け

ワウピロー(Wow Pillow) J型トラベルネックピロー

J型のユニークな形状が人気のネックピロー。経験豊富な元キャビンアテンダントによって開発され、長時間のフライトを快適に過ごせる工夫が施されています。

3D構造により、後頭部・顔片側・首・顎の4点をしっかりサポート。眠りについてもずれにくく、背骨・首への負担を軽減します。体を片側に向けて寝るスタイルに適しており、隣との座席の距離が近く気を使ってしまいがちな方にもおすすめ。持ち運ぶ際には、ショルダーバッグやスーツケースのハンドルにも取り付け可能です。

カブー(Cabeau) エボリューションピロウ

専用ケースに約1/4まで小さく収納可能なネックピロー。機内持ち込みにも最適で、長旅でも安眠できる機能が充実しています。ハンズフリーで音楽を聴きながらリラックスできるデバイス用ポケットも搭載。また、耳栓も付属されているため、騒音もシャットアウトします。

表生地はなめらかな肌触りのソフトベロア素材を採用。取り外して洗えるのでいつでも清潔に使用できます。中材には、低反発のメモリーフォームを採用。首から後頭部までサポートし後ろに首が倒れにくいのもポイントです。

Jerrybox ネックピロー

デュアルエアバック搭載のエアネックピロー。フロント部分にある2つの丸型ボタンを押せば、最速15秒で膨らみます。シングルエアバック式やマウスブロー式に比べると、スピーディーかつ衛生的に空気を注入できることが最大のポイントです。

人間工学に基づいた山型形状のバックマウンドが、頭の横揺れを防止。エアネックピローでありながらも、しっかりと首・肩にフィットし安定性も良好です。空気を抜けば、コンパクトに収納できるのも魅力。

ベルベット素材のカバーは取り外して何度も洗えるのでいつでも清潔さをキープできます。出張や旅行の機会が多い方におすすめです。

テンピュール(TEMPUR) トランジェットピロー 10010-80

世界トップクラスの品質と売り上げを誇る寝具メーカー・テンピュールのネックピロー。テンピュールといえば、NASAの公式認定を受けた唯一のマットレス&ピローブランドとしても有名です。

体温や体重・体型に瞬時に反応し、最適な圧で体をサポートするのがテンピュール素材の最大の特徴です。もちろんネックピローにも同素材を採用。体圧分散効果で首や肩、関節に負担がかかりづらく、狭い機内や車内でも快適に使いやすいのが魅力。

エアネックピローのように小さく丸めて収納することはできませんが、寝心地を重要視したい方におすすめのハイエンドなネックピローです。

Asfinity エアネックピロー

遮光性の高いフード付きエアネックピロー。カバーと一体型のフードで睡眠の妨げとなる光や視線を遮断し、寝顔を気にすることなく安眠が可能です。

大口バルブを採用することで、一般的なマウスブロー式よりもラクに空気の注入が完了します。また、空気を抜く時も開閉弁をプッシュすることで一気にしぼむため、スピーディーかつスマートに収納可能。飛行機やバスを降りる時間ギリギリまで仮眠をとりたい方にもおすすめです。

モバイル用のポケットも搭載されており、アラームをセットしておけば目覚まし音も聞こえやすく、寝過ごし防止にも役立ちます。カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

ELENKER J型トラベルネックピロー

横向き寝に最適なJ型ネックピロー。後頭部・顔片側・首・顎をサポートし、揺れの多い飛行機内や体に負担のかかりやすい長距離バス内でも、体への負担を軽減します。

横向きスタイルのほか、ネックピローの向きを変えることで腰のサポートや仰向け寝にも応用できるのが魅力です。専用ケースに収納すればコンパクトに持ち運びも可能。オフィスや自宅での仮眠にもおすすめです。

trtl トラベルピロー

フリース素材のスカーフ型ネックピロー。軽量かつコンパクトで、一見するとネックピローとは気づかれないデザインが魅力です。携帯のしやすさを重視し、荷物を増やしたくない方に適しています。

フリースカバーの中に「フリッパー」と呼ばれる特殊な伸縮性のあるプラスチックを内蔵。くの字型に形成されたフリッパーは、肩と首・顎にフィットし座ったままの寝姿勢でもしっかりと首と顎をサポートします。フリッパーを外して洗濯することも可能です。

SANDINI トラベルフィックス アウトラスト トラベルピロー

ドイツ生まれのネックピロー。シンプルで洗練されたデザインが魅力です。素材には肌触りのよいマイクロファイバーと、温度コントロールを可能にした新次元素材「アウトラスト」を採用。

アウトラストは、暑い時は熱を分散しクールな触感に、寒い時は蓄熱しあたたかい触感に変化します。常に快適な温度を保ち、機内や車内の温度変化に敏感な方にもおすすめです。

フリーサイズの、ユニセック仕様なので成人男性・女性問わず使用可能。専用ケースに入れればコンパクトに収納できることも長距離トラベラーに人気の理由です。

ネックピローのおすすめ|車向け

HOMRUS ネックピロー

ユニークなH型のネックピロー。人間工学に基づいた形状は頭部と首をほどよく支え、肩や体への負担を軽減させる効果が期待できます。ピローの向きを変えることにより車内での仮眠もちろん、うつぶせ寝や仰向け寝にも対応できるため、オフィスや自宅での仮眠にも最適です。

中材には通気性に優れ変形しにくい低反発メモリコットンを採用。低反発にありがちな独特なニオイもほとんど気になりません。カバーには汗などを吸収しやすい綿混合素材と良質なYKKジッパーを採用。洗濯しても色あせしにくいのも魅力です。

コンパクトに収納することはできませんが、車内や自宅に常備しておきたいおすすめのネックピローです。

モグ(MOGU) ポータブルネックピロー 832993

中材にパウダービーズを採用したネックピロー。パウダービーズは直径1mm以下と非常に細かく、優れた流動性で首や肩に優しくフィットします。伸縮自在なスパンデックス生地と相まって、赤ちゃんの素肌に似たやわらかな触感が魅力です。

四角い形状でネックピロー以外にも、腰や背中の負担を和らげるバックサポーターとして、ドライブやデスクワークにも最適。4色展開なので、好みのモノを選びやすいのも魅力です。

フランスベッド スリープバンテージ・フルール

円形状のネックピロー。広げたり、たたんだり、ねじったりすることで自分仕様に使えるオールマイティーさが魅力です。たたんで首に当てれば、ドライブ中のネックピローとして活用できます。ネックピロー以外には、広げてドーナツクッション、たたんで枕、ねじって腰のサポートにと使い方もさまざまです。

中材にはマイクロビーズを採用。カバーには2種類の生地を使い、面によって異なる心地よさが楽しめます。5色のポップなカラーバリエーションで、インテリアのアクセントとしても映えます。女性へのプレゼントにもおすすめのネックピローです。

Aoomiya ネックパッド

高密度低反発ウレタンを採用したネックピローです。頸椎曲線に合わせた設計で、後頭部・頸椎・肩をサポート。圧を分散し、ドライブ中に起こりやすい首や背中のこわばりを軽減します。

カバーは通気性に優れたポリエステルを採用。取り外して洗えるので、汗をかいても清潔さをキープできます。長距離ドライブで疲れがたまりやすい方におすすめしたいネックピローです。

ナポレックス(NAPOLEX) ネックピロー&クッション SD-6

シーンに合わせてクッションに変形できるネックピロー。ネックピローのカバー内部にクッション用のカバーが内蔵されており、中材のマイクロビーズを移動させることで、円柱形のクッションに早変わりします。

座り姿勢で仮眠をとる時はネックピロー、横になって睡眠をとりたい時はクッションとして使える利便性の高さが魅力です。

MUJI 無印良品 フィットするネッククッション

マイクロビーズのシンプルネックピロー。フロント部分のバックルを外せば、腰当てや仰向け寝の枕など好みのスタイルでリラックスでき、長時間のドライブや車中泊に最適です。

表生地はさらりとした触感で、暑い車内でも快適に仮眠がとれます。カバーは取り外して丸洗いも可能。ショルダーバッグやリュックに引っ掛けて持ち運びできるので、通勤や通学の際に使うのもおすすめのネックピローです。

ミニレインボー(Mini Rainbow) ネックピロー

シートベルトに取り付け可能なネックピロー。子どもがシートベルトを着用すると顔に当たってしまいがちですが、本製品を取り付けておけば顔にベルトが当たることを防げます。

もちろん大人も使用可能で、取り付ける際はマジックテープでさっと取り付けられるのも魅力。小さな子どもがいる家庭におすすめのネックピローです。

エールベベ うたたねクッション BB507

新生児期から使えるネックピロー。新生児の頃は頭を守るクッション、チャイルドシートに座ることができるようになったらネックピローとして長く使用できます。

肌が直接当たる部分には通気性のよいメッシュ生地、表面には汗を吸収しやすいパイル生地を採用しています。また、裏地にはクッション性が高く、衝撃を吸収しやすいポリウレタンフォームを採用。

子どもが寝入ってしまっても取り付けやすいのが特徴です。質のよさにこだわり、チャイルドシートを卒業するまで長く使用したい方におすすめです。