グローバル化が進む現代では、海外旅行や仕事などで外国語を使う機会も増えつつあります。外国語に自信がないとき、コミュニケーションに役立つのが「音声翻訳機」。英語や中国語といった幅広い言語に対応しており、自身の言葉を素早く翻訳できるのでスムーズに会話を行えます。

今回は、おすすめの音声翻訳機と選び方についてご紹介。ハイスペックなモデルは長く複雑な文も翻訳できるため、外国の方と関わる機会が多い方はぜひチェックしてみてください。

音声翻訳機の選び方

「オンライン」か「オフライン」

正確な翻訳を求める方は「オンライン」

By: pocketalk.jp

インターネットに接続してオンラインで使用できる音声翻訳機は、常に翻訳エンジンにアクセスできるため正確な翻訳を実現できるのがメリットです。このタイプのモデルは、Wi-FiやSIMカードなどを利用します。

なお、そもそもWi-Fiが使用できない場所では使えないことや、別途SIMカードを契約する手間がかかるなどのデメリットもある点には注意が必要。とはいえ、難しい文章や長文も翻訳できることが多いので、翻訳のクオリティを重視する方はオンラインタイプの音声翻訳機を選んでみてください。

常時使用したい方には「オフライン」

By: iamili.com

翻訳エンジンや人工知能を内蔵することによって、インターネット接続不要で翻訳できるのがオフラインタイプの音声翻訳機。オンラインタイプの音声翻訳機に比べて複雑な翻訳は難しい傾向にありますが、短い文章や簡単な会話を翻訳できればよいという方には十分です。

また、音声翻訳機のなかにはオンラインでもオフラインでも使用できる製品もあります。どんな環境でも使えて正確性も重視したい方は、両方で使える製品を選ぶのがおすすめです。

「一方向翻訳」もしくは「双方向翻訳」

日本語を外国語に翻訳できる「一方向翻訳」

By: iamili.com

自分が日本語で話した内容を相手の言語に翻訳してほしいときは、一方向翻訳タイプの音声翻訳機がおすすめ。シンプルな作りで、本体の起動や翻訳に時間がかからないのが特徴です。

ただし、相手の言語から日本語に翻訳する機能は付いていないため、会話をしたいときやビジネス会議などでは不向きといえます。たとえば、レストランの注文時やホテルでのチェックイン時など、自分が一方的に相手に伝えたいことがある場合であれば、一方向翻訳タイプの音声翻訳機がおすすめです。

日本語と外国語のお互いの会話を翻訳できる「双方向翻訳」

By: rakuten.co.jp

双方向翻訳タイプの音声翻訳機は、自分が日本語で話した内容を外国語に翻訳し、相手が外国語で話した内容を日本語に翻訳することが可能。自分が相手に一方的に伝えるのではなく、会話や会議などお互いの話を理解したいシーンで活躍します。

一方、向翻訳タイプの製品よりも価格が高く、翻訳にも多少時間がかかるケースが多いですが、お互いの話を正確に翻訳してくれるのが魅力です。会話をするために音声翻訳機を購入しようと考えている方は、双方向翻訳タイプの音声翻訳機を選ぶようにしましょう。

対応言語の種類や数で選ぶ

By: pocketalk.jp

対応言語の種類と数は、音声翻訳機を選ぶうえで重要なチェックポイントです。英語のみ、英語と中国語のみなどのシンプルなモノから、数十カ国の言語に対応しているモノまでさまざま。話者の数が少ない言語には対応していない製品もあるため、購入の際は翻訳してほしい言語に対応しているかどうかを必ず確認しておきましょう。

たとえば、とりあえず英語に対応していればよいという場合は、英語にだけ対応したシンプルな音声翻訳機を選ぶのもアリです。一方、世界中のあらゆる国に旅行をしたい方や、取引相手の言語に幅広く対応したい方は対応言語数が多い音声翻訳機を選ぶようにしましょう。

翻訳スピードの速さや連続使用可能時間で選ぶ

By: iamili.com

翻訳スピードの速さも要チェック。翻訳スピードが遅い場合、なかなか意思疎通ができずにストレスを溜めてしまう場合もあります。会議や商談などビジネスシーンで使いたい方や、ストレスなく翻訳できる製品が欲しいと考えている方は、翻訳スピードが速い音声翻訳機を選ぶようにしましょう。

また、連続でどれくらいの時間使用できるのかも確認しておきたいポイント。旅行などで長時間の充電が難しい場合は、連続使用可能時間が長い製品を選んでおくと安心です。なかには数日間充電をしなくても使える製品もあるため、ぜひチェックしてみてください。

サイズや重量をチェック

By: iamili.com

旅行中に使える音声翻訳機を探している方は、サイズや重量を考慮に入れておくことも重要です。できるだけコンパクトなモノであれば、旅行中の際に荷物の邪魔になりにくいのでおすすめ。なお、重さ100g前後の軽量性に優れた製品もラインナップされているため、気になる方はあわせてチェックしておきましょう。

ディスプレイの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

音声翻訳機はディスプレイの有無がモデルによって異なります。使い勝手のよさを考えると、ディスプレイのあるタイプがおすすめ。自分の話した言葉は正しく入力できているか、どのように翻訳されているかを目で見て確認できるほうが、実際にコミュニケーションをとる場面では便利です。

また、ディスプレイを搭載した音声翻訳機なら、画面を見せてコミュニケーションをとることも可能。空港など騒がしい場所でも円滑に会話を行えます。

音声翻訳機のおすすめモデル

ソースネクスト(SOURCENEXT) POCKETALK W

2019年11月時点の音声翻訳機シェアで24カ月連続1位を獲得した人気のモデルです。英語や中国語、ロシア語など74言語に対応しており、うち55言語は音声とテキスト、19言語はテキストで翻訳できます。双方向翻訳タイプで会議など、スムーズに会話したいシーンにおすすめです。

Wi-Fi接続にも対応しているほか、133の国や地域でモバイル通信できる「eSIM」を内蔵。また、本製品は、2年間のグローバル通信にも対応しているので、特別な設定や契約、通信料金がかからず、2年間使い放題なのも魅力です。大型で見やすい2.4インチディスプレイや大音量スピーカーを搭載しており、騒がしい場所でも活躍します。

ソースネクスト(SOURCENEXT) POCKETALK S

コンパクトなサイズが特徴の音声翻訳機。2年間無料のグローバル通信に対応しているので、特別な設定や契約、通信料金がかからず、2年間使い放題なのが魅力です。74言語に対応しているほか、インターネット上のAI機能を活用すれば、ニュース原稿の長文などの翻訳できます。

また、カメラが内蔵しており、撮影した文字を自動で認識して翻訳する機能も搭載。読みたい部分をタップすれば詳細も確認できるため、海外のレストランで注文するシーンなどで便利です。英会話レッスン機能を搭載しているのもポイント。36のレッスンで英会話の練習ができるので、語学学習に活用したい方にもおすすめのモデルです。

イージートーク(Easytalk) 音声翻訳機

英語・中国語・韓国語など世界164カ国で使用されている38言語に対応した音声翻訳機です。スムーズな会話を可能にする双方向翻訳タイプ。お互いの言葉が表示されて翻訳の正確性を確認しやすいほか、人工知能AIが瞬時に正しい言葉に変換して最速0.5秒の瞬間翻訳を実現しています。

バッテリーが長持ちするのもポイント。最大120時間使用できるため、頻繁に充電する手間を省きたい方におすすめのモデルです。本製品はWi-Fi接続やスマホのデザリング機能、またはSIMカードを挿入して使用するタイプ。オフラインでは使用できないので注意しておきましょう。

富士通(FUJITSU) arrows hello AT01

Wi-Fi接続やスマホのデザリング機能を使用したオンライン接続に加えて、オフラインでも使用できる音声翻訳機。オンラインでは28言語に対応しているほか、オフラインでは日本語・英語・中国語の3言語に対応しており、Wi-Fiと接続できない場所で使用する可能性がある方にもおすすめのモデルです。

双方向翻訳タイプでスムーズな会話が可能。翻訳キーを押し続けている間の言葉を認識して翻訳するため、長い会話でもしっかりと翻訳してくれます。また、カメラ内蔵で撮影した文字を翻訳できるのもポイント。レストランのメニューや駅の案内表示がわからないときに便利です。

LERANDA MINITALK T8

203カ国、世界106言語に対応した音声翻訳機。5つの翻訳エンジンを搭載しており、最速0.3秒の瞬間翻訳を可能にしています。500万画素のカメラ内蔵で撮影した写真をテキスト翻訳できるため、メニューや案内図などがわからないときに便利です。

本製品はWi-Fi接続とスマホのデザリングに対応したモデル。インターネットに接続された状態で言語やシステムを自動更新できるので、常に最新の状態で翻訳できます。使いやすく、はじめて音声翻訳機を購入したい方におすすめのモデルです。

Hikaru 瞬間音声翻訳機

200カ国、75言語に対応しているWi-Fi通信に対応した音声翻訳機です。最新翻訳システムとAI機能により、精度の高い翻訳を可能にしています。本体正面のボタンを押しながら話し、指を離したら翻訳を開始。通常の短い会話で0.2秒の瞬間翻訳を実現しています。

2.0インチタッチパネル式ディスプレイは見やすく、正しく翻訳できているかを確認するときに便利。重さわずか72gと軽量で、ストラップも付属しているため持ち運びながら使用したい方におすすめです。

TOKAI 携帯音声翻訳機 TARIT-T9

英語や中国語、韓国語など、75言語に対応した音声翻訳機です。双方向翻訳タイプでWi-Fi接続やスマホのテザリング機能のほか、オフラインでも使用可能。内蔵している辞書を使用すれば、インターネットに接続できない場所や通信の安定しない国でも翻訳できるため便利です。

また、カメラ撮影翻訳や録音翻訳、グループ翻訳に対応しているのもポイント。使い勝手に優れたモデルを探している方におすすめです。

FutureModel イージーコミュ 双方向 翻訳機

48言語に対応している音声翻訳機です。持ちやすいスリムなフォルムが特徴で、重さもわずか72gと軽量。常に携帯して使用したい場合におすすめのモデルです。ボイスレコーダー機能や、3.5mmイヤホン端子が付いており、語学学習にも活用できます。

双方向翻訳タイプで、Wi-Fi接続のほか、4G回線を使用したスマホのデザリングにも対応。また、Wi-Fi環境のない場所では500MBのSIMカードを使用して約28時間、約2万7000回の翻訳が可能です。

Mayumi 音声翻訳機 Mayumi3

3インチの大画面タッチパネルディスプレイを搭載した音声翻訳機。大きく見やすい画面で、翻訳結果を確認しやすいモデルです。85言語に対応した双方向翻訳タイプで、Wi-Fi接続とSIMカードで使用できるほか、オフラインでも翻訳できます。

Bluetoothに対応しているのもポイント。ワイヤレスイヤホンと接続すれば、空港など騒がしい場所でも音声がクリアに聞こえます。スピーカーとも接続でき、はっきりとした音声を聞きたい方におすすめモデルです。

インスタントテクノロジー 音声翻訳機 SpeakMe

本体サイズ44.5×13×115mm、重さ約68gの軽量コンパクトな音声翻訳機。常に携帯しながら使用したい方におすすめのモデルです。容量1000mAhのバッテリーを搭載しており、最大約6時間の翻訳が可能。40言語に対応しており、Wi-Fi接続とスマホのデザリング機能により翻訳します。

大画面ディスプレイで翻訳結果を確認しやすいほか、大型2Wスピーカーの搭載で音声もしっかり聴き取れるのもポイント。目と耳の両方で直感的に理解できるため、スムーズなコミュニケーションが可能です。

ビザイア RADITALK ラジトーク AI翻訳機/NETラジオ S601

Wi-FiやSIMカードでインターネットと接続して使用する音声翻訳機です。同時翻訳機能を搭載しており、話しかけると自動的に複数の翻訳エンジンにアクセス。AIが最適な翻訳を選択し、テキストで表示すると同時に音声を読み上げます。

また、海外など離れた場所の相手との会話を楽しめるインカム機能や、世界中のさまざまなラジオを楽しめるグローバルラジオ機能も搭載。さまざまな楽しみ方ができるモデルを探している方におすすめです。

イリー(ili) オフライン音声翻訳機

シンプルなデザインが特徴の音声翻訳機です。重さ約42gと軽く、持ち運びしやすいのが特徴。海外旅行に特化した翻訳辞書を搭載しているので、1つ持っておくと旅先でも重宝します。

オフラインで使用できる一方向翻訳タイプで、日本語から英語・中国語・韓国語の3言語のみに対応。リーズナブルな価格で、最低限の翻訳に特化したモデルを探している方におすすめです。