爽やかで上品な足元を演出できる「デッキシューズ」。1足持っていれば、カジュアルからキレイめまで幅広いコーディネートに活躍します。春夏のイメージが強いアイテムですが、アッパーの素材次第ではオールシーズン着用可能です。

そこで今回は、デッキシューズのおすすめブランドと注目モデルをピックアップ。デッキシューズを取り入れたおしゃれなコーディネートもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

デッキシューズとは?

By: amazon.co.jp

デッキシューズは、その名の通り船の甲板で履くために作られた靴で、「ボートシューズ」と呼ばれることもあります。最も特徴的なのが、アウトソールの作り。濡れた甲板の上でも滑らないよう切り込みが入っており、素材にはグリップ力を高めるために柔らかいラバーが用いられています。

デザイン面では、履き口をぐるりと囲むように配置されたシューレースと、甲部分をU字に繋ぎ合わせたモカシン縫いのアッパーを備えたモノが一般的。カジュアルな装いと相性がよく、コーディネートに爽やかさをプラスするアイテムとして人気を集めています。

デッキシューズの選び方

素材で選ぶ

レザー素材

By: amazon.co.jp

レザーの質感にはランクがあり、低い順にジェニュインレザー・トップグレインレザー・フルグレインレザーに分類されます。また、表面摩擦に強いグローブレザー、オイルをたっぷり染み込ませたオイルドレザーなどもあるので、気になる方はチェックしておきましょう。

さらに、加工方法によって呼び方に違いがあるのもポイントです。スエードは、おもに牛や羊の革の裏側を起毛させたモノ。ヌバックは、牡鹿の皮から作られるバックスキンの代用として作られた素材で、牛の皮を使用します。

なお、レザーには本革以外にも、布地に合成樹脂を塗った合成皮革、いわゆる「合革」が含まれる場合があります。しかし、メンテナンスがしにくく劣化も早いため、質を考慮するのであれば本革がおすすめです。

キャンバス素材

By: amazon.co.jp

キャンバス素材とは帆布とも呼ばれるモノで、粗めに織られた厚手の布のこと。おもに、亜麻糸や綿糸などを平織りにしたモノを指しています。スニーカーなどに使われることが多く、よりカジュアルなシーンにおすすめです。

デッキシューズは本来、船の甲板で履くために作られた靴なので、素足履きとの相性も良好。レザー素材とは異なり柔らかく履きやすいため、気になる方はチェックしてみてください。

色で選ぶ

By: rakuten.co.jp

デッキシューズは、カラーバリエーションが豊富なアイテム。使いやすい定番色からビビッドなカラーリングのモノまで、幅広い製品がラインナップされています。

ロングシーズンの着用を前提に選ぶなら、ブラックやネイビー、ブラウンなどの落ち着いた色味をチョイスするのがベター。素材次第で、秋冬のコーディネートにも対応できます。

反対に、デッキシューズのメインシーズンである春夏に映える1足を探すなら、着こなしのアクセントになるカラーを選ぶのもおすすめ。普段は鮮やかなカラーを選ばない方でも、爽やかな印象のデッキシューズなら気軽に取り入れられます。

デッキシューズのおすすめ人気ブランド

ティンバーランド(Timberland)

「ティンバーランド」はアメリカのニューハンプシャー州に本社を構えるカジュアルブランド。ブーツやスニーカー以外にも、アクセサリーやファッション小物などを幅広く展開しています。ティンバーランドのシューズはアッパーにレザー素材が使われているモノが多く、良質で長持ちするのが人気のポイントです。

ティンバーランド(Timberland) ユニオンワーフ ツーアイ ボート

ライトグレーのカラーリングが軽やかな印象のデッキシューズです。アッパーのライトグレーに合わせて、ソールとシューレースも爽やかなホワイトで統一。主張しすぎずどんなコーデにも取り入れやすいため、春夏のお出かけにぴったりの1足です。

アッパーにはキャンバス素材を採用し、日常的に履きやすいカジュアルな雰囲気に。タウンユースはもちろん、トラベルやレジャーなど幅広い場面で活躍します。

ティンバーランド(Timberland) スリーアイレット クラシックラグ デッキシューズ

ツヤのあるレザー素材が上品で大人っぽい印象のデッキシューズです。風合い豊かなアッパーが特徴で、きれいめにもカジュアルにも履きこなせる万能な1足。スタンダードなフォルムのため、合わせるボトムスを選ばないのも人気のポイントです。

ハトメにはゴールドの金具を使用し、高級感のある仕上がりに。ホワイトのステッチがほどよい抜け感を演出しています。サイドにあしらわれたティンバーランドのブランドロゴもおしゃれなデッキシューズです。

パラブーツ(Paraboot)

1908年にフランスでスタートしたシューズブランドの「パラブーツ」。創業から100年以上、質がよくおしゃれな革靴を作り続けています。ラバーソールを自社製造していることでも有名で、丈夫かつ快適な履き心地のシューズが特徴。長く愛用できるデッキシューズを探している方におすすめです。

パラブーツ(Paraboot) バース ヴォイルレザー デッキシューズ

「バース」は、フランス海軍潜水艦部隊に納入されていたデッキシューズをベースに作られたモデル。つややかで上質なヴォイルレザーのアッパーが高級感のあるデッキシューズです。ヴォイルレザーは水に濡れたあと急激に乾燥してもヒビ割れを起こしにくい素材。丈夫ながら柔らかく軽快な履き心地を実現した人気のアイテムです。

ソール部分にはパラブーツが独自に開発した「マリンソール」を採用。水に濡れた甲板でも滑りにくい工夫が施されています。見た目と機能性を兼ね備えたデッキシューズを探している方におすすめです。

パラブーツ(Paraboot) バース ガラスレザー デッキシューズ

独特の光沢が特徴的なガラスレザーをアッパーに使用したモデル。デッキシューズならではのカジュアルなルックスと上品なドレス感を両立している人気のアイテムです。スタンダードなフォルムで履きやすく、シーンを選ばず着用できるのも魅力。大人っぽいデッキシューズを探している方にもおすすめです。

フランス海軍にも正式採用されている「マリンソール」は、グリップ力の高さが特徴。濡れた路面でも滑りにくく、快適な履き心地を実現しています。

リーガル(REGAL)

「リーガル」は1902年に誕生した日本生まれのシューズメーカーです。設立当初は軍事靴を生産しており、当時の技術を引き継いだ丈夫な靴は幅広い世代に人気。カラー展開も豊富で、シンプルなデザインから遊び心のある配色まで好みに合ったデッキシューズを選べます。

リーガル(REGAL) 2アイレット デッキシューズ

上質な牛革素材をアッパーに採用したデッキシューズです。シュリンクレザーは風合いが豊かで、上品さとカジュアルさを兼ね備えたルックスが特徴。コーデに取り入れるだけでこなれ感を演出できます。

インソールはスポンジ付きでクッション性を向上。足裏への負担を軽減し、長時間履いても疲れにくい工夫が施されています。クラシカルなデザインはさまざまなファッションに取り入れやすく、デニムともスラックスとも好相性。タウンユースからトラベルまで多くの場面で活躍します。

リーガル(REGAL) メンズ デッキシューズ

華やかなトリコロールカラーが目を引くデッキシューズです。アッパーにはつややかなスムースレザーを採用し、高級感のある仕上がりに。淡い色のボトムスとは特に相性がよく、春夏のファッションにぴったりです。

カップインソールには、高反発と低反発を合わせたスポンジを使用しています。柔らかい履き心地と高いクッション性を兼ね備えており、長時間履いても疲れにくいのが魅力。履き込むほどに風合いが増していくため、長い間履き続けられるのもポイントです。

スペリートップサイダー(SPERRY TOP-SIDER)

「スペリートップサイダー」は世界で初めてデッキシューズを開発したといわれているアメリカのシューズブランドです。現在ではデッキシューズだけでなくスニーカーなども展開しており、おしゃれなシューズブランドとして高い人気を誇ります。爽やかでクセのないデザインが特徴です。

スペリートップサイダー(SPERRY TOP-SIDER) エーオーツーアイ 85TH アニバーサリー デッキシューズ

1935年にデッキシューズを生み出してから85周年の記念として作られたアニバーサリーモデル。昔ながらのクラシカルなルックスが魅力です。シュータン部分には「85」の数字をあしらったナンバータグ付き。アニバーサリーモデルならではの遊び心があるデッキシューズです。

足当たりのよいオルソライトインソールが快適な履き心地を実現。ラテックスアウトソールによりグリップ性や柔軟性も向上しています。履きやすくコスパのよいデッキシューズを探している方にもおすすめです。

スペリートップサイダー(SPERRY TOP-SIDER) リワードツーアイ デッキシューズ

くすんだネイビーカラーがおしゃれなデッキシューズ。スエード素材はあたたかみがあるため、春夏だけでなく一年を通して使いやすいのが魅力です。上品な印象できれいめにもカジュアルにも履きこなせます。

足馴染みがよく柔らかな履き心地が特徴。優しく足にフィットするため、長時間履いても疲れにくいのがポイントです。クッション性に優れたEVAヒールカップを採用しており、長く歩く日でも足裏への負担を抑えられます。アウトソールにはブランドの代名詞でもある「スペリーソール」を搭載。防滑効果があり、雨天時の歩行も安心です。

スペリートップサイダー(SPERRY TOP-SIDER) ゴールド エーオーツー デッキシューズ

ほかのモデルと一線を画すプレミアムライン「ゴールドカップ」のデッキシューズです。アッパーには上質で風合い豊かなフルグレインレザーを採用。高級感のあるルックスが魅力です。ライニングに使用されたラムスキンが柔らかく足を包み込みます。

アウトソールにはブランドの代名詞である「スペリーソール」を使用。滑りにくく濡れた路面なども歩きやすいのが人気のポイントです。オルソライトにはメモリーフォームを1層加え、クッション性を向上。長時間履いても疲れにくい、おすすめのデッキシューズです。

クラークス(Clarks)

1825年にイギリスで誕生したシューズブランド「クラークス」。カジュアルさと上品さを兼ね備えたデザインが特徴で、創業以来世界各国で愛され続けています。場面を選ばず履ける便利なデッキシューズを探している方におすすめのシューズブランドです。

クラークス(Clarks) モーベンサン デッキシューズ

リラックスムード溢れるルックスが魅力のデッキシューズです。柔らかくしっとりした手触りが特徴のヌバック素材をアッパー生地に採用。あたたかい雰囲気なので、秋冬のコーデにもマッチします。

ストローベル製法を用いて縫製されており、柔軟性に優れているのが人気のポイント。しなやかな履き心地で脱ぎ履きしやすく、トラベルやレジャーなどのシーンでも活躍します。インソールには抗菌・防臭・通気性に優れたオルソライトを採用。見た目だけでなく機能面にもこだわりの詰まったデッキシューズです。

クラークス(Clarks) ウォータールー デッキシューズ

異素材の組み合わせが個性的で目を引くデッキシューズです。履き口の部分には光沢感のあるレザー素材を採用。サイドには黒と赤のラインを配置し、デザインのアクセントにしています。

あたたかみのあるブラウンカラーはどんなコーデにも取り入れやすいのが魅力。デニムやスラックスなど合わせるボトムスを選ばず、タウンユースからレジャーシーンまでさまざまな場面で活躍します。

ミネトンカ(MINNETONKA)

ナチュラルな風合いのモカシンシューズが人気の「ミネトンカ」。1946年にギフトショップとして創業し、現在に至るまでハンドメイドの伝統的な手法を貫いているブランドです。厳選された素材と職人技によって作られるアイテムは、ハリウッドのセレブたちをはじめ、世界中のファッショニスタに愛され続けています。

ミネトンカ(MINNETONKA) ストリートモック

どこか素朴な雰囲気が漂う、ミネトンカらしい1足。シボ感のあるレザーは柔らかく、クッションインソールと相まって快適な履き心地が楽しめます。

特筆すべきはおしゃれなステッチ。トゥをぐるりと囲む粗めのステッチが、カジュアルな装いのアクセントになっています。また、特徴的なかかと部分のデザインもポイントです。

ミネトンカ(MINNETONKA) ムースハイド ウィークエンド モック

アイテム名の通り、休日のリラックスコーデに取り入れたいおすすめの1足。丸みを帯びた優しいフォルムと、どこか懐かしさを感じさせるデザインが気取らないカジュアルスタイルを演出します。

アッパーの素材に採用されているのは、フィンランド産の「ムースハイド」。ムースとはヘラジカのことで、革は柔軟性と耐久性に優れているのが特徴です。デザインはもちろん、柔らかな履き心地にもこだわる方は、ぜひチェックしてみてください。

セバゴ(SEBAGO)

「セバゴ」は、アメリカで1946年に創業したブランドです。ペニーローファーのブランドとして創業し、2年後からデッキシューズの製造を開始。1970年には、ブランドの代表モデルである「ドックサイド」の発売を発表しました。デッキシューズのなかでも高い人気を集めているブランドです。

セバゴ(SEBAGO) DOCKSIDES

長い年月にわたって人気を集め続けている定番デッキシューズ。2つのアイレットに、履き口を1周する革紐を備えたクラシックな作りです。アッパーには、しっとりとした質感のオイルドレザーが採用されています。

靴底には「ノンマーキングスリップレジスタントソール」を配置。グリップ力を高める波型の切り込みと、地面に吸い付くような柔らかい質感が特徴です。

エルエルビーン(L.L.Bean)

「エルエルビーン」は1912年にアメリカでスタートしたアウトドアブランド。アウトドアが快適になるように機能性を重視したモノ作りで支持を集めています。アウトドア用品だけでなく、タウンユースに適したカジュアルウェアやシューズを展開。独特なデザインのビーンブーツが看板アイテムです。

エルエルビーン(L.L.Bean) デッキシューズ キャンプ・モック

柔軟性が高く足に馴染みやすいフルグレインレザーを使用したデッキシューズ。アッパーとアウトソールの縫い付けは手作業で丁寧に仕上げられています。

ミッドソールのクッション性が高く、快適な履き心地を実現。ゴム製のアウトソールには溝が入っているため、濡れた路面でも優れたグリップ力を発揮します。湿気取り用のパッドが付いたインソールは取り外し可能です。

デュバリー(dubarry)

1937年、ハンドモカシンの専業メーカーとしてスタートした「デュバリー」。現在のメインアイテムは、機能性を重視して作られるマリンフットウェアです。グリップ力に優れた独自のソール、ゴアテックス素材を採用した防水性の高いアッパーなど、船上での活動を快適にする技術が詰め込まれています。

デュバリー(dubarry) デッキシューズ クリッパー 3603

防水透湿性に優れたゴアテックス素材を使用したデッキシューズ。雨水などの侵入を防ぎながら内部の水蒸気を排出できるため、いつでも快適な履き心地を楽しめます。

右足に緑、左足に赤のパッチをあしらい、デザインにアクセントをプラス。船の航海灯をモチーフにしています。F1のレインタイヤからインスピレーションを得て開発されたオリジナルソールを採用しており、グリップ力の高さも魅力です。

ロックポート(ROCKPORT)

「ロックポート」は1971年にアメリカのボストンで生まれたブランド。数多くのシューズを取り扱っており、オーソドックスなデザインを採用しながらも、履き心地にこだわっているのが特徴です。

「Made for Movers」をコンセプトとしており、デザインだけでなく、快適さに配慮しているのもポイント。これまで培ってきた経験とノウハウをもとに靴作りに従事しているブランドです。

ロックポート(ROCKPORT) ポーツ オブ コール パース

クラシカルなデザインが特徴のデッキシューズ。アッパーには上質な天然皮革を採用しており、特にヨーロッパではロングセラーモデルとして知られています。

トゥ部分は職人による手縫いで仕上げられているのもポイント。耐久性とグリップ力に優れたラバーソールによって、軽快な足取りをしっかりとサポートしてくれるのも魅力です。

マドラス(madras)

「マドラス」はイタリア・ヴェネツィアの郊外で誕生したシューズブランド。伝統的なクラフトマンシップをベースに、現代的な要素を取り入れた靴作りで支持を集めています。イタリアらしいエレガントなシルエットながらも、日本人の足にフィットしやすいのが魅力。履き心地を重視する方におすすめです。

マドラス(madras) デッキシューズ M9197

高級感のあるイタリア産ベロア素材を使用したデッキシューズ。スーツスタイルに合わせやすい上品なデザインの靴を探している方におすすめです。

屈曲性が高く足馴染みのよいマッケイ製法を採用。インソールは土踏まずが厚めの設計で、長時間履き続けても疲れにくいのがポイントです。靴底にはたくさんのゴム突起があしらわれており、グリップ力に優れています。

ダナッサ(DANASSA)

「ダナッサ」はポルトガルのシューズブランド。モカシンやデッキシューズを専門に手掛けるブランドで、ヨーロッパ各国で支持を集めています。ソールまでを自社生産しているのがポイント。高品質ながらもリーズナブルな価格設定のコスパに優れたアイテムを展開しています。

ダナッサ(DANASSA) デッキシューズ

上質なレザーで仕立てられた足馴染みのよいデッキシューズ。1枚の革で足を包み込むモカシン製法を採用しており、耐久性に優れています。価格設定はリーズナブルで、コスパを重視する方におすすめです。

アッパーからアウトソールまでをホワイトで統一。軽やかなデザインに仕上がっています。コーディネートに抜け感をプラスしたい場合に重宝するアイテムです。

ジーエイチバス(G.H.BASS)

「ジーエイチバス」は1876年に設立されたアメリカの老舗シューズブランド。世界で初めてローファーを製作したといわれています。ローファーを筆頭にデッキシューズやハンティングブーツなど、幅広いアイテムを展開。リーズナブルな価格設定を維持しながら、耐久性に優れた上質なシューズを作り続けています。

ジーエイチバス(G.H.BASS) キルトデッキローファー

上質なスエードレザーを用いて丁寧に手作りされたデッキシューズです。アッパーのカラーリングは落ち着きのあるブラックとブラウンの2色展開。軽快なホワイトソールを合わせ、バランスのよいデザインに仕上げています。

甲部分にはキルトをあしらい、エレガントな雰囲気を演出。キルトは取り外しが可能で、履き方をアレンジできます。上品なカジュアルスタイルを好む方におすすめのアイテムです。

三陽山長(SANYO YAMACHO)

「三陽山長」は2001年にスタートした日本発の高級紳士靴ブランド。靴だけでなく、カバンや革小物といったアイテムも手掛けています。厳選された素材と熟練職人の技術を駆使し、ハイクオリティなアイテムを生産。長く着用できるデッキシューズを探している方におすすめです。

三陽山長(SANYO YAMACHO) デッキシューズ

撥水性が高く水分が浸み込みにくいオイルドレザーを使用したデッキシューズ。クセのないシンプルなデザインが特徴で、さまざまなコーディネートに合わせやすいアイテムです。

グリップ力に優れたラバーソールには、細かな波形の意匠があしらわれており、濡れた路面でも滑りにくいのがポイント。カラーはネイビー・ホワイト・ブラウンといった定番色が揃っています。

ヒロシツボウチ(HIROSHI TSUBOUCHI)

「ヒロシツボウチ」は2008年に設立された日本のシューズブランド。トラッドスタイルに遊び心を加えたデザインのシューズで人気を博しています。モデルによって製法を使い分けるなど、優れた技術力がポイント。上質な日本製のデッキシューズを探している方におすすめです。

ヒロシツボウチ(HIROSHI TSUBOUCHI) カーフデッキシューズ

日本のセレクトショップ「エディフィス」の別注によって作られたデッキシューズ。アッパーは頑丈なグレインレザーで、本革ならではの風合いを楽しめます。

上品に履ける革靴というコンセプトを採用しており、スーツスタイルにも合わせやすいきちんと感のあるデザインがポイント。ボリューミーなアウトソールもデザインのアクセントになっています。カラーは汎用性の高いブラックとブラウンの2色展開です。

デッキシューズのメンズコーデ

ビジネスカジュアルスタイルにデッキシューズを合わせる

By: wear.jp

半袖の白シャツをタックインして着用したビジネスカジュアルスタイル。ボトムスには落ち着いた色味のスラックスを合わせて、きちんと感のあるコーディネートを完成させています。

足元にはデッキシューズを選択することで、リラックスした雰囲気を演出。スタイリングが堅苦しくなりすぎないようにバランスをとっています。

スエードのデッキシューズを使ったリラックススタイル

By: wear.jp

オレンジのプルオーバーシャツにホワイトのハーフパンツを合わせたカジュアルコーデ。ウェアをゆったりとしたシルエットで統一したリラックス感のある着こなしです。

足元に選択したのはスエードのデッキシューズ。軽やかながらも品のある佇まいがポイントです。ハットタイプの帽子でスタイリングの雰囲気を引き締めています。

カラーリングでメリハリを効かせた初夏コーデ

By: wear.jp

カットソーとシャツをレイヤードした爽やかなコーディネート。アンクルパンツにデッキシューズを合わせることで、軽快な足元を演出しています。

ホワイトで統一した上半身に対し、ボトムスとシューズはダークトーンでまとめてカラーリングにメリハリを効かせているのがポイント。品のある着こなしを完成させたい方におすすめのテクニックです。

カラフルなデッキシューズでコーディネートにアクセントをプラス

By: wear.jp

ポケットTシャツとテーパードパンツをシンプルに合わせたコーディネート。トップスをタックインすることで、すっきりとした雰囲気に仕上げています。

マドラスチェック柄が目を引くデッキシューズや長いリボンの垂れ下がったカンカン帽がポイント。カラフルなデッキシューズはスタイリングにアクセントを加えたい場合に重宝します。

デッキシューズを用いたオールホワイトコーデ

By: wear.jp

トップス・ボトムス・シューズをホワイトで統一した涼しげなコーディネート。長袖シャツを腕まくりして着用することで、こなれ感を演出しています。

デッキシューズをロールアップしたボトムスと合わせて、足首を見せているのがポイント。全体の雰囲気を引き締めるため、バッグのカラーリングには落ち着きのあるネイビーを選択しています。

デッキシューズの楽天市場ランキングをチェック

デッキシューズの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。