爽やかでカジュアルな「デッキシューズ」。夏に履く印象がありますが、近年はシーズン問わず履けるスエード素材のモデルもラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのデッキシューズをブランド別にご紹介。アイテムの選び方やコーデも網羅しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

デッキシューズとは

photo-1420496401585-7f22ce8b8b8a

デッキシューズは元々、船乗りが甲板で作業する際に用いられていたシューズです。濡れた甲板上でも滑りにくいよう、底面のゴムに切り込みを入れたり、グリップ性を高めるために柔らかいラバーが採用されていたります。

また、水中で靴が脱げないように甲部分にぐるっと紐を回して結んでいるのも特徴。素材は耐水性のあるオイルレザーを採用した革製のモノ、キャンバス素材、スリッポン型などもあります。

デッキシューズの選び方

By: item.rakuten.co.jp

サイズを慎重に検討する

デッキシューズは履き口が大きめに作られているので、踵抜けを防ぐためにジャストサイズのモデルを選ぶのがおすすめ。なお、レザー素材のデッキシューズは革が伸びてしまう場合があるということを念頭に置いておきましょう。

素材で選ぶ

スニーカー感覚で、カジュアルコーデに合わせたい方はキャンバス素材を選ぶのが最適。また、上品に履きこなしたい方はレザー素材を選ぶとシックに決まります。

カラーリングで選ぶ

デッキシューズの印象を大きく左右するのがアッパーのカラーリング。マリンスタイルが好みの方はネイビーやホワイト、コーデにアクセントを付け加えたい方はビビッドカラーを選ぶのがおすすめです。

デッキシューズのおすすめ人気ブランド

スペリー トップサイダー

スペリー トップサイダーは、デッキシューズの元祖と言える存在。濡れた地面でも非常に高いグリップ力を発揮する「スペリーソール」が人気を博し、デッキシューズと言えばトップサイダーと語り継がれています。

第53代アメリカ大統領、ジョン・F・ケネディもトップサイダーのデッキシューズを着用していたことで有名。一足目のデッキシューズで迷ってしまったら、ぜひチェックしてほしいおすすめブランドです。

スペリー トップサイダー(Sperry Top-Sider) CVO

トップサイダーの定番モデルであるCVO。キャンバス地を用いたカジュアルな印象のデッキシューズで、トレンドに左右されないベーシックな一足です。アウトソールにはもちろんスペリーソールを採用。雨の日に濡れた地面でも滑りづらい、優れたグリップ性を実現しています。

ベーシックなデザインなので、さまざまなコーデに取り入れやすいのが魅力。キレイめなコーデにも合わせやすく、パンツをロールアップして履くことでこなれ感を演出できます。

スペリー トップサイダー(Sperry Top-Sider) オーセンティックオリジナルボートシューズ

41potvvlxxl

長年愛され続けているクラシックなモデルです。アッパー素材に用いられているのは、素足で履いても痛くならないほどのしなやかなレザー。気軽に履けて使い込んでいくほどに味が出てきます。また、かかとと甲にさりげなくロゴが入っているのもポイントです。

レザー素材が大人の色気を演出してくれるので、チノパンや短めのパンツと合わせても幼くなりすぎません。

セバゴ

アメリカにて1946年に創業した老舗シューズブランド。本場セーラー達にも人気の高いデッキシューズは、創業して以来手縫いのハンドメイドにこだわり、丈夫な靴づくりを続けてきました。

長時間の甲板作業にも対応できる快適さ、海水でも傷みにくい素材を採用するなど、歴史背景にこだわる本物志向なメンズにおすすめです。

セバゴ(SEBAGO) レザーデッキシューズ ドックサイド

img62359385

1970年代から続く、セバゴ定番のデッキシューズです。靴底には波型の溝が刻まれた「ノンマーキングスリップレジスタントソール」を採用しています。柔らかい皮革を使用しているため、履き馴染みも抜群。

遊び心を感じるカラーリングは、主張しすぎず程よいアクセントになっています。多くのセイラーたちに愛されていた背景もあって、機能性も良好です。

セバゴ(SEBAGO) レザーデッキシューズ ホーウィン スピンネーカー

img62359388

シカゴの老舗タンナリー「ホーウィンレザー社」のプレミアムレザーを使用しています。伝統的なモカシン製法でつくられているレトロな風合いです。

ソールには上ドックサイドモデルと同じく、波型の溝が刻まれたノンマーキングスリップレジスタントソールを採用。濡れた路面などで優れたグリップ性を発揮します。

セバゴ(SEBAGO) デッキシューズ トレーナーズ デッキ

41vizplspul

1980年代当時にリリースされたスニーカーの復刻コレクションです。「トレーナーズ」とはイギリス英語でスニーカーのことを指します。リーズナブルな価格帯なのが嬉しいポイント。

マリンテイストなルックスで、カジュアルコーデにぴったりです。ホワイト系のパンツに合わせると、爽やかな印象を演出できます。

ティンバーランド

ティンバーランドは、完全防水のレザーシューズや看板製品でもあるイエローブーツで、ストリートシーンの定番として世代問わず愛されています。

デッキシューズは、ゴツめのメンズライクなデザインが特徴。また、こだわりの質の高い素材を採用し、フィット感と耐久性に優れいているのも魅力です。

ティンバーランド(Timberland) レザーデッキシューズ

51lvwxsbifl

光沢のあるブラックレザーとグレーのファブリックの切り替えデザイン。靴底がゴツめのインパクトのある仕様で、しっかりと存在感を出すことができます。

使い込んでいくたびにブラックレザーの経年変化を楽しめるおすすめのデッキシューズです。

ティンバーランド(Timberland) EARTHKEEPERS Classic Boat Amherst 2-Eye

41cfso4dgll

快適な履き心地を実現する、クッション性に優れた「EVAフットベッド」を採用。ソールには滑りにくい素材を搭載しており、足元のグリップ性ももちろんばっちりです。

レザー本来のよさが際立つ洗練されたデザインで、ちょっとしたお出かけからおしゃれにキメたい時まで幅広いシーンで活用できます。

パラブーツ

フランスの老舗シューズブランドのパラブーツ。1919年、フランスで靴職人のレミー・リシャールポンヴェール氏が、ブラジルのパラ港から輸入した天然ラテックスを使って靴作りをはじめたのが原点です。素材から伝統的な技術、そして150をも超える工程を経て一足の靴を作り上げるこだわりはまさに一流。

軍や警察などに正式採用されている程のクオリティの高さも定評があります。デザインはベーシックで合わせやすいモノが多く、コーデになじみやすいことも嬉しいポイント。ワンランク上のデッキシューズを探している方におすすめのブランドです。

パラブーツ(Paraboot) バース

フランス海軍のオフィシャルモデルとしても有名な「バース」。アッパーには、雨に濡れた後、急激な乾燥があってもひび割れや変形を起こしにくい丈夫なヴォイルレザーを採用しています。雨の日でもレザーのデッキシューズを気軽に履きたいという方におすすめのタフなモデルです。

また、素足でも心地よく履けるモカシン製法でつくられています。パンツをロールアップして履いたり、柄物の靴下と合わせるのもおすすめです。

クラークス

190年以上の歴史がある英国のシューズブランドです。「柔らかい素材を使用したソフトな履き心地の靴」を製造することを追求して、ワラビーやデザートブーツをはじめとしたさまざまな人気モデルをラインナップしています。

オーソドックスながら魅力的なルックスのシューズが多く、フォーマルからカジュアルまで幅広いコーデに合わせやすいです。

クラークス(Clarks) デッキシューズ トライモックエッジ

41cbjefwtsl

やわらかなレザーを採用した、ラフな雰囲気のデッキシューズです。超軽量で衝撃吸収の高いソールを搭載。シャープな見た目に反して、つま先の締め付け感が少ない、こだわりのある仕様です。

一枚革を採用したベーシックなデザインなので、ロールアップして足元をすっきり見せるコーデがおすすめ。

クラークス(Clarks) オーソンレース

81v59zznyol__ul1500_

多くのヨットレース競技者に愛用されているモデルです。スニーカーのようなルックスが特徴で、機能性も抜群。雨の日などに水が内部へ入ってしまった場合も、踵部に開いたベンチホールから排水してくれる仕組みになっています。

バリー

創業より150年の歴史を持つスイスの老舗ブランド、バリー。洗練されたデザインが特徴で、最新技術を積極的に取り入れた品質の高い製品を数多く最高品質の商品を数多く生み出し続けています。

デッキシューズはシンプルでスタイリッシュながら、丸みの帯びたディテールのモノが多いです。

バリー(BALLY) デッキシューズ BA-098

クラシカルな雰囲気のシューレースとキメが細かく上質なカーフスキンが魅力の1足。トリコロールカラーがカジュアルスタイルにぴったりで、普段のコーデをワンランクアップさせてくれます。

足への負担を最小限に抑えルため、厚みのある靴底を搭載。また、締め付け感を軽減させるためつま先はやや広めにつくられています。

リーガル

日本のシューズブランド、リーガル。ビジネスシューズやスニーカーなど、多様な種類のシューズをラインナップしています。職人技術とこだわり抜いた素材、日本人にフィットするつくりが特徴です。品質がよく、コスパに優れた価格設定でビジネスマンから学生まで世代を超えて人気を集めています。

リーガル(REGAL) ドライビングモカシン デッキシューズ

ドライビングシューズをモチーフにしており、踵と土踏まずにドット状のラバー素材を施しています。やや丸みのあるつま先、細身のシューレースが落ち着きのある上品な雰囲気を演出します。

ソールには柔軟性のある素材を採用しているため、歩きやすさも抜群。さまざまなコーデに合わせやすいデザインで、普段履きとしても活用しやすいデッキシューズです。

カヤック

カヤックはスペイン発祥のシューズブランドです。気軽に履けるラフなデザインと、快適さ品質に定評のあるモデルを数多くラインナップしています。ナチュラルコーデやリゾートスタイルが得意なメンズにおすすめのブランドです。素材にこだわりを持っているので、コストパフォーマンスに優れながらもチープにならない雰囲気が魅力。

カヤック(KOYUK) デッキシューズ BLUCHER YUTE BAND

10000344_2b6

斜めに織られたジュート麻素材を採用した、ナチュラルでリゾートチックなデッキシューズです。カジュアルなコーデに相性のいい、丸みのある履きやすいプレーントゥのシルエットです。通気性がよくムレにくいのが魅力。

カラーリングも豊富で、鮮やかなモデルを選んで差し色として取り入れるのもおすすめ。マリンリゾートへ履いていくのにぴったりです。

カヤック(KOYUK) NAUTICO キャンバスデッキシューズ

ソールがトリコロールになっている個性的なデザイン。キャンバス地を用いたカジュアルなデザインに仕上がっているので、普段履きとして活用するのにおすすめです。

靴底には天然ラバーを採用し、履き心地にもこだわっています。通気性もよく、素足で履く際にも快適。短めのパンツと合わせたり、ホワイトのパンツと合わせてリゾート感を演出してもおしゃれです。

エトロ

元々アンティークの収集家だった創業者ジンモ・エトロ氏が、インドのカシミール紋様を再現するためのテキスタイルブランドとしてスタートしました。

1981年にカシミール模様を採用した生地を「ペイズリー」という名称に展開。家具やカーテンなどにペイズリー柄を大胆にあしらった製品を次々に発表し、注目を集めます。その後、ネクタイやショールなどのアクセサリー分野にも進出。現在ではメンズ・ウィメンズウェアを含めたトータルブランドとして成長しています。

エトロ(ETRO) ペイズリーボートシューズ

エトロの象徴であるペイズリー柄のスウェードアッパーが印象的なデッキシューズです。全体的に渋めな配色ですが、ビビッドなレッドカラーのサドルストラップが若々しい雰囲気を演出してくれます。ラグジュアリーな雰囲気、リゾートテイストが好みの方におすすめです。

ステラ マッカートニー

元ビートルズのポール・マッカートニーの次女、ステラが手がけるイギリスのファッションブランド。シャープなテーラリングスタイルが魅力です。

ベジタリアンのため、レザーやファーといった動物性素材を使用しないことでも有名。近年ではアディダスとコラボするなど、スポーツ色の強いファッションでも人気を獲得しています。

ステラ マッカートニー(Stella McCartney) プラットフォームダービーシューズ

ポリウレタン性の素材をアッパーに採用したデッキシューズです。ソールが厚めな、ボリューム感のあるデッキシューズをお探しの方におすすめ。

アッパーに刺繍されたスターマークが印象的で、ウェルト部分の質感とカラーもデザインのアクセントになっています。カジュアルな雰囲気ながらもクオリティの高いデザインと作りから、しっかりと高級感を感じられるデッキシューズです。

トミーバハマ

「日々を長い週末のように」をコンセプトにしたリラックステイストが特徴。メンズとウィメンズのフルコレクションをはじめとして、スイムウェアやアクセサリー、さらには家具やインテリア製品まで展開しており、ライフスタイルの提案に力を入れています。

トミーバハマ(Tommy Bahama) デッキシューズ Relaxology Mahlue Tan 2

ヌバックレザーにパンチング加工を施したデッキシューズ。トミーバハマが得意とするリゾートテイストをうまく落とし込んでいます。スリッポンのように気軽に着用できるのもうれしいポイント。ハーフパンツを主役にしたリラックスコーデに合わせるのがおすすめです。

コールハーン

1928年にアメリカで創立したファッションブランド。シューズブランドとしてスタートし、職人の技術を反映したクオリティ、サービス面などの高さで人気を集めます。

現在ではシューズ以外にもバッグ、アウターウェア、アクセサリーなどをラインナップするトータルブランドです。アメリカンスタイルにスタイリッシュなデザインと機能性を融合させているのが特徴。

コールハーン(Cole Haan) デッキシューズ Connery One Eye Lace Oxford

アッパーと靴底をブラックで統一した、シックな雰囲気のデッキシューズです。サドルストラップは1本の紐でスッキリと仕上げています。

重厚感のあるメンズライクなデザインで、シンプルな大人コーデに最適。ベージュのハーフパンツや半端丈のパンツと合わせて、ラフさを出してもおしゃれです。

コールハーン(Cole Haan) Boothbay Boat Shoe Marine Blue Nubuck

ブルーのヌバックレザーを採用したアッパー、ブラウンのシューレース、グレーの靴底というマリンテイストなデッキシューズ。天然皮革ならではのシワが味になっています。

流行に左右されないベーシックなデザインなので、手入れしながら長期間愛用することが可能。足首を見せるように、パンツをロールアップして履くとこなれ感が出るのでおすすめです。

サルヴァトーレ フェラガモ

創業者であるサルヴァトーレ・フェラガモはアメリカに渡って解剖学を学び、足を痛めないシューズ作りの手法を確立。デザイン性と機能性の両方で高いクオリティから、多くの映画スターが御用達となり「スターの靴職人」という名声を獲得しました。

イタリアへ帰国後にフィレンツェで自身の名を冠したブランドを開業。メンズ・ウィメンズウェア、バッグ、アクセサリー、香水などを含めたトータルファッションブランドとして成長しています。

サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo) デッキシューズ MACK

シボ感のある上質なカーフレザーで仕上げたデッキシューズ。ブラウンのアッパーにワイン色のシューレースを組み合わせた、渋めのカラーリングで仕上がっています。履き心地のよさは各国のVIPによるお墨付き。ハイエンドのデッキシューズに手を伸ばしたい方におすすめです。

ヴィンスカムート

2005年にアメリカで設立した新鋭のシューズブランドです。ハリウッドセレブからも愛用され、最新のトレンドを取り入れたファッション性の高さと良心的な価格設定で人気を獲得。現在では日本にもショップをオープンするなどワールドワイドで親しまれています。

ヴィンスカムート(Vince Camuto) デッキシューズ Gregg Coral

鮮やかなレッドのレザーをアッパーに採用したカジュアルなデッキシューズです。アッパーに対して靴底のボリュームが大きく、スニーカーのような雰囲気を持ち合わせます。

主張感のあるカラーリングで、ワンウォッシュデニムとの相性は抜群。シンプルなコーデのアクセントとして活用するのにもピッタリです。

デッキシューズを履きこなす際のポイント

デッキシューズは軽やかに履くのが肝心です。素足で、またはスニーカーソックスと合わせて足首が見えている状態で履くのがおすすめ。ロールアップしたパンツや、半端丈、ハーフパンツと合わせやすいです。また、ボーダーのシャツと合わせたマリンスタイルとも相性抜群。キレイめコーデをカジュアルダウンするアイテムとして取り入れてもよいです。

デッキシューズのメンズコーデ

カジュアルなコーデに欠かせない、デッキシューズ!

20150825133436440_500

By: zozo.jp

余計な飾りのない、シンプルで大人の色気が漂うコーディネートです。レザー素材のデッキシューズが、固すぎずカジュアルすぎない絶妙な雰囲気を演出してくれています。大人のカジュアルコーデには欠かせない存在なので、1足持っておくと重宝します。

デッキシューズにはやっぱりボーダー、さっぱりワントーンコーデ

20160425105516237_500

By: zozo.jp

デッキシューズと相性が良いボーダーアイテム。ブルー系のトーンでさっぱりまとめた爽やかなコーディネートです。ラフさを最大限に生かすため、キャンバス地のデッキシューズをセレクトしているのがポイント。

よりカジュアルにキメるなら、キャンバス地もおすすめ

20150814145333328_500

By: zozo.jp

ストリートコーデにもデッキシューズは大活躍します。短めのパンツとキャンバス地のデッキシューズで、ほどよいアクティブ感をプラス。トレンド感のある雰囲気を楽しめます。

寒い時期の装いにもデッキシューズが活躍

20160309143545628_500

By: zozo.jp

秋口など寒くなりはじめた時期には、ブラウン系のレザー素材を採用したデッキシューズがおすすめ。紹介しているコーデのように、デニムパンツやカーキ色のアウターに合うので、季節感を感じられるコーデに仕上がります。

柄物も自然になじむ、足元にインパクトのあるコーデ

20150723144119195_500

By: zozo.jp

シンプルなコーデに派手めな柄のデッキシューズを合わせれば、簡単にこなれ感のあるコーデが出来上がります。シンプルなデザインのウェアが多いという方は、柄物のシューズを持っておくとマンネリ感を脱せるので便利です。

キレイめスタイルにもぴったり

20150302013504298_500

By: zozo.jp

キレイめなセットアップにデッキシューズを合わせてカジュアルダウンしたコーデ。バッグと胸元に鮮やかな柄アイテムをプラスして、華やかさもしっかりと演出しています。デッキシューズはさまざまな合わせ方が楽しめる、履き回しやすいアイテムです。

デッキシューズをモードにアレンジ

20160310181614970_500

By: wear.jp

白のタートルネックベストやハットなど、モードなニュアンスを取り入れたコーデ。カジュアル感の強いデッキシューズをモード系のコーデと合わせたい場合は、シャープなルックスなモノトーンカラーのモノを選ぶのがベストです。