靴の形状を維持してくれる「シューキーパー」。別名シューツリーとも呼ばれており、靴の中に入れておくだけで型崩れを防止できるのが特徴です。ほかにも、シワの防止、乾燥、脱臭などさまざまなメリットがあります。ただ、素材によって靴への効果はさまざまなので、何を選べばいいか悩んでしまいがち。

そこで今回は、おすすめのシューキーパーをご紹介します。選び方も解説するので、合わせて確認してみてください。

シューキーパーの選び方

素材をチェック

木製

By: rakuten.co.jp

シューキーパーの素材のなかでもメジャーなのが、木製です。除湿に優れており、履いている時の汗を吸収してくれるのがメリットです。革靴は湿気に弱く、水分が残ったままだと靴が変形する恐れがあります。そのため、靴をよい状態で保ちたい方は木製がおすすめ。

ただし、木製のシューキーパーのなかでも、使っている木材の種類によって価格や機能も変わるため、購入前に自分にあったものかどうかを確認しておきましょう。

プラスチック製

By: rakuten.co.jp

シューキーパーにはプラスチック製の製品もあります。プラスチック製の最大の特徴は、価格が安い点です。ただプラスチック製には吸湿性がなく、靴が乾燥できていない状態で入れてしまうと、逆効果になってしまうため注意が必要です。

木製と比べると、プラスチック製には重量が軽く持ち運びに優れているのがポイント。旅行先や出張などの外出の際にも手軽に使用できるのは、プラスチック製シューキーパーの大きな魅力です。

構造をチェック

ネジ式

By: rakuten.co.jp

つま先とかかとを繋ぐ部分にネジがあり、そのネジで靴にかかるテンションを調整する構造がネジ式です。ネジ式シューキーパーのメリットは、自分でテンションを調整できる点。そのため、柔らかい素材の革靴などに最適です。靴の形をあまり変えたくない方は、ネジ式のシューキーパーをチェックしてみてください。

ヒンジ式

By: rakuten.co.jp

かかとの部分で折り曲がる形のシューキーパーです。ヒンジ部分で折り曲げ、つま先をセットしてからシューキーパーを戻し、かかとをセットします。ヒンジで繋がれているだけなのでサイズ調整できないのが難点。

また、市販のヒンジ式のシューキーパーは、サイズが合わないことがあるため注意しておきましょう。ヒンジ式を選ぶ際は靴と同じメーカーで探すのがおすすめです。

バネ式

By: rakuten.co.jp

一般的によく見られるシューキーパーの構造です。つま先とかかと部分がチューブと呼ばれるバネで接続されており、そのバネを利用して靴にセットします。バネ式はつま先までしっかりテンションがかかるので、靴の形を保つのに活躍してくれます。また、ネジ式のようにテンションの調整も必要がないので、簡単にセットできるのも魅力です。

ただし、ネジ式のように繊細な調整はできないので、靴の形やサイズをきちんとチェックしておきましょう。靴にあったものを選べば簡単に使えるので、毎日の作業を楽にしたい方におすすめです。

全バネ式

By: rakuten.co.jp

ボディがバネで出来ているのが全バネ式です。バネの部分を折り曲げ靴にセットします。全バネ式の最大のメリットは手軽さと価格が安い点です。

ただし、テンションのかかる方向が縦方向なので、つま先にテンションがかからなかったり、かかり方が均一でなかったりとデメリットもあります。長期の保管には向いていない構造のため、シワを伸ばす用か、出先などで一時的に使う用として持っておくと便利です。

チューブの数をチェック

ダブルチューブタイプ

By: rakuten.co.jp

ダブルチューブタイプは、つま先とかかとを繋ぐチューブが2本になっているタイプです。シューキーパーがねじれず、安定して使える点が魅力です。甲全体を押さえてくれる仕様になっているので、靴の形をしっかりキープすることができます。

また、つま先の広さが変えられるサイドスプリットのアイテムが多いのも特徴。革靴のサイズや形に合わせて調節できるので、所有している革靴が多い方におすすめです。

シングルチューブタイプ

By: rakuten.co.jp

シングルチューブタイプは接続するチューブが1本で、比較的ダブルチューブよりもリーズナブルなのが魅力。かかとの構造は、ダブルチューブと同じですが、つま先が2つに分かれているのが一般的です。そのため、靴の左右にもしっかりテンションがかかります。

シングルチューブのシューキーパーは、取り扱っているメーカーが多いため、幅広い選択肢から選べるのもメリットです。

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

シューキーパーにもサイズがあり、サイズを間違ってしまうと靴に悪影響を及ぼしてしまう場合があります。サイズが大きいと革靴が変形し、履いた時に自分の足の形と合わなくなってしまいかねません。逆に小さすぎても靴にテンションがかからず、靴にシワが入ってしまいます。そのため、シューキーパーは靴のサイズと同等のサイズを選びましょう。

確実にサイズを合わせるのであれば、靴の中の実寸を測り、その長さを元に選ぶのがおすすめです。また、商品によって甲の高さなども違い、おすすめの靴の形もあるため、ジャストサイズを求めるのであれば、シューキーパーの形もチェックしておきましょう。

シューキーパーのおすすめメーカー・ブランド

スレイプニル(Sleipnir)

By: rakuten.co.jp

シューケア初心者の方から上級者の方まで、幅広い層から人気を得ているブランドです。高品質なシューキーパーを低価格で提供することをコンセプトに生まれたブランドで、コスパに優れているのが特徴。2つの種類から選べる上に、サイズが豊富なのも魅力です。

コロニル(Collonil)

By: rakuten.co.jp

ドイツで生まれ、100年以上の歴史があるシューケア用品で有名なブランドです。フランス語で「粘り」を意味するコロニルのアイテムは、機能性と品質に定評があり、多くの方々から愛用されています。価格もリーズナブルなアイテムが多く、コスパがよいのも魅力です。

コルドヌリアングレーズ(LA CORDONNERIE ANGLAISE)

By: rakuten.co.jp

フランスで創業されたシューキーパー専業のブランドで、さまざまな一流ブランドのシューキーパーを生産しているコルドヌリアングレーズ。フランス政府が定めている規制をクリアした、フランス産のブナ材のみを用いており、その品質には高い評価を得ています。

シューキーパーのおすすめモデル

スレイプニル(Sleipnir) シダーシュートゥリー スタンダード

スレイプニル(Sleipnir) シダーシュートゥリー スタンダード

スレイプニルのなかでもスタンダードモデルのバネ式シューキーパーです。つま先から履き口にかけて緩やかに上昇していく革靴にぴったりのアイテム。

素材には、芳香・防虫に優れたアロマティックシダーを採用しています。シューキーパーとして非常に優秀な木材なので、リーガルなど幅広い革靴に合わせられるのが魅力。シューキーパーを初めて使用する方におすすめのアイテムです。

スレイプニル(Sleipnir) シダーシュートゥリー ヨーロピアンモデル

スレイプニル(Sleipnir) シダーシュートゥリー ヨーロピアンモデル

本製品は、同じスレイプニルのシューキーパーのなかでも、比較的甲が低くなっているため、ヨーロッパ製の革靴におすすめです。ロングノーズの革靴に対しても、つま先までテンションがかかってくれます。

木材はアロマティックシダーで、防臭対策もばっちり。つま先部分はサイドスプリットでサイズの調節も可能なので、ヨーロッパ製の革靴に合わせたい方は要チェックです。

スレイプニル(Sleipnir) 木製シューキーパー

スレイプニル(Sleipnir) 木製シューキーパー

スレイプニルのなかでもより簡易的な、全バネ式のシューキーパー。一時的にシワを伸ばしたいというシーンに適したアイテムです。また、木製のシューキーパーなので、帰宅してから軽く湿気を取りたい方にもおすすめです。

全バネ式はスニーカーにも使用できるので、スニーカーの型崩れが気になる際にも活躍してくれます。価格も安く、初めてシューキーパーを購入する方にもおすすめです。

コロニル(Collonil) アロマティック シダーシュートゥリー

コロニル(Collonil) アロマティック シダーシュートゥリー

本製品は、コロニルの定番モデル。シングルチューブで汎用性が高いほか、アロマティックシダーによる防臭と防虫ができるので、長期保管にも使えるのが魅力です。

サイズも幅広く、シューキーパーで困るサイズ選びがしやすいことに加え、スニーカーにも使えます。機能性とコスパも非常に高く、扱いやすいモデルを探している方におすすめです。

コルドヌリアングレーズ(LA CORDONNERIE ANGLAISE) メンズネジ式シューキーパー

コルドヌリアングレーズ(LA CORDONNERIE ANGLAISE) メンズネジ式シューキーパー

シューキーパーのなかでも高級路線のコルドヌリアングレーズ。木材には天然のブナ材を採用しています。耐久性に優れているため、長期間使えるのが魅力です。

価格は高めですが、ネジ式で革靴のサイズでテンションを調節出来るため、自分の大切にしたいお気に入りの靴を守るのにおすすめのアイテムです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シューズキーパー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シューズキーパー

プラスチック製のシューキーパーです。サイズ調節も簡単なので、初心者の方にも手軽に使うことができます。抗菌剤にはAg+が使われているため、靴の雑菌も抑えてくれるのも魅力。旅行に行く際にあると便利なアイテムです。

革靴には木製を、スニーカーにはプレスチック製のシューキーパーを使用するなど、シーン別に使い分けをするのもおすすめです。

ダスコ(DASCO) サンデッドライム

ダスコ(DASCO) サンデッドライム

バネ式シングルチューブのシューキーパー。ダスコはイギリスのシューケア用品ブランドで、さまざまな革靴ブランドの純正シューキーパーに携わっており、そのクオリティはお墨付きです。本製品の素材は、無塗装のライム材で吸湿性に優れています。

作りがシャープなので、つま先の長いロングノーズの革靴に最適です。シングルチューブながらもサイドスプリットを採用しているため、足の幅が広い方にも使用できます。

マーケン(MARKEN) ディプロマット

マーケン(MARKEN) ディプロマット

2000年にアメリカで創業された、マーケンのシューキーパー。木材にはイースタンレッドシーダーを採用しており、防腐性や吸湿性、芳香作用に優れているのが特徴です。

構造はダブルチューブで、サイドスプリット式なので幅の調整が可能。高さも低めの作りなので、甲が低く幅が広めの革靴に使用したい時におすすめのアイテムです。

マーケン(MARKEN) シダーシュートゥリー

マーケン(MARKEN) シダーシュートゥリー

マーケンの簡易的なシューキーパー。かかと部分にストラップが付いており、簡単に着脱が可能です。一時的にシワを伸ばしたい時や、靴の湿気を取っておきたい時に活躍します。

簡易的な作りながらも、素材はアロマティックシダーなので、防臭・防湿の効果に期待できます。手軽に扱えるシューキーパーを探している方におすすめのアイテムです。

ロチェスター(ROCHESTER) シューツリー

ロチェスター(ROCHESTER) シューツリー

1922年に創業されたアメリカのシューキーパーブランド、ロチェスターのアイテムです。ロチェスターはオールデンの純正シューキーパーを手がけており、そのクオリティは折り紙つき。

素材はレッドシダーで、吸湿性に優れた木材。つま先とチューブの接続部で折り曲がる構造になっているので、靴にセットしやすいのが魅力。また、収納にも便利なので、汎用性の高いアイテムを探している方におすすめです。

無印良品 レッドシダー シューキーパー

無印良品 レッドシダー シューキーパー

木材にレッドシダーを採用した、吸湿性の高いシューキーパーです。シンプルなシングルチューブのバネ式の作りなので、さまざまな靴に合わせられます。

甲が高めに作られているため、かかと部分も少しボリュームがあるのが特徴。ロングノーズタイプの革靴よりも、少し丸みを帯びた革靴におすすめのアイテムです。

ミレニアム ブーツキーパー

ミレニアム ブーツキーパー

本製品は、ブーツの型崩れが気になるという方におすすめです。ブーツも型崩れはしてしまうので、シューキーパーを入れておけば防止できます。

ブーツ用のシューキーパーは、普通のシューキーパーよりもやや高価になりがちですが、本製品は比較的リーズナブルな価格で購入できるのが魅力。ブーツの保管に悩んでいる方におすすめのアイテムです。