靴の型崩れを防ぎ、長持ちさせられる「シューキーパー」。履きジワを伸ばしたり、靴磨きクリームを塗る際の土台にしたりと、靴をきれいに保つのに欠かせないアイテムです。多種多様な製品が販売されており、モノによっては除湿効果や消臭効果も得られます。

そこで今回は、おすすめのシューキーパーをご紹介。素材や構造ごとの特性も解説しています。手持ちの靴にあった製品を選ぶために、ぜひ参考にしてみてください。

シューキーパーにはどんな効果がある?

By: amazon.co.jp

シューキーパーの主な効果は、靴を履いていないときに形状を維持することと、歩く度についてしまうクセを取ることです。テンションをかけ、甲部分の履きジワやつま先部分の反り返りを伸ばします。

特に革靴の場合、履きジワは避けたいもの。光沢を失わせるだけでなく、ひび割れの原因にもなり、靴の寿命を縮めます。履き心地のよさをキープし、靴の寿命を延ばすには、シューキーパーで変形を防ぐことが大切です。

また、木製のシューキーパーには除湿効果があります。男性用革靴は、構造的に湿気がこもりがち。木製のアイテムを使用すれば、湿気や汗による劣化を軽減します。シダーウッドなど香りの強い木材を選べば、消臭も可能です。

シューキーパーの選び方

素材で選ぶ

木製

By: amazon.co.jp

木製のシューキーパーは、形状維持はもちろん、重さがあるため履きジワや反り返りを伸ばすのに適しています。また、固さもあるので靴磨きの土台としても活躍。木製のシューキーパーを入れると、シワが伸び安定感も出るため、クリームの塗布やブラッシングが容易になります。

また、木製シューキーパーの大きな特徴は、吸湿効果があること。吸湿性が高いシューキーパーを探している方は、ニスや塗料で加工されていない製品がおすすめです。

木材ごとに強みが異なるのもポイント。例えば、家具や建築材としても使用されるブナを使用した製品は、耐久性の高さが魅力。甘い香りが特徴的なレッドシダーでできた製品なら、消臭効果も期待できます。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチック製のシューキーパーは、木製と比較すると軽いため、出張や旅行での持ち運びに便利です。価格も木製に比べると安く、気軽に試しやすいのが嬉しいポイント。靴をたくさん持っている方や、初めてのシューキーパーを探している方にもおすすめです。

最近では、抗菌剤が配合されているプラスチック製シューキーパーも安価で販売されています。気になる方はチェックしてみてください。

構造のタイプで選ぶ

スプリング式

By: amazon.co.jp

シューキーパーは、一般的につま先部分とかかと部分に分かれています。2つのパーツをバネで繋いでいるのが、スプリング式シューキーパーです。スプリング式シューキーパーの特徴は、バネの力でしっかりテンションをかけられること。履きジワを伸ばすのに適しています。

スプリング式の製品は、バネの本数やつま先パーツのバリエーションが豊富なので、靴の形に合ったモノを見つけやすいのも嬉しいポイント。また、入れるだけと扱いやすく、初めての方にもおすすめです。

長時間入れたままにしておくと靴が伸びすぎる可能性がある点には注意。ローファーや柔らかい靴には合わない場合もあることは留意しておきましょう。

ネジ式

By: amazon.co.jp

つま先とかかとの接合部分にネジが付いているのが、ネジ式シューキーパーです。ネジ部分で、靴に合わせてシューキーパーの全長を微調整できます。スプリング式と比べるとシワを伸ばす効果は弱めですが、テンションをかけすぎる心配がありません。スエードなど、強いストレッチをかけると傷みやすい素材の靴にも使えます。

また、かかと部分を大きく持ち上げて縦方向に折り曲げられるのも大きな特徴。L字型に折り曲げてから靴に入れることで、かかと部分に無理な負担をかけにくくなります。ブーツのように入口が狭く高さがある靴にも使用可能です。

サイズはしっかりチェックしよう

By: amazon.co.jp

シューキーパーの目的は、靴本来の美しい形を維持すること。サイズの合ったアイテムでなければ、誤った方向に変形させてしまう恐れもあります。以下のポイントに気を付け、慎重にサイズを確認してみてください。

まず、つま先からかかと部分までの長さが合っていることをチェック。つぎに、左右に最も幅が広いボールジョイント部の長さを確認しましょう。甲部分の高さや、かかと部分の形状も重要です。各部分について、靴に入れた際に余分なスペースができず、また広げすぎもしないモノがおすすめです。

なかには、長さが調節できるシューキーパーも販売されています。調節幅の広いアイテムは失敗が少なく安心です。

シューキーパーのおすすめ

スレイプニル(Sleipnir) レッドシダーシューツリー トラディショナルモデル

汎用性の高いモデルを探している方に

本場ヨーロッパの木型を踏まえて、日本向けにオリジナル製品を開発する「スレイプニル」の木製シューキーパー。靴幅・甲高・かかとなど、全体的にボリュームがあるシルエットで、イギリス製やアメリカ製、日本製の靴に合わせやすい製品です。

素材には、香りがよく吸湿効果も高い、高品質な米国産レッドシダーを使用。レッドシダーのなかでも貴重な芯材を使用しており、抗菌・防虫効果のあるとされる天然の精油を多く含んでいます。構造は、安定感のあるツインチューブのスプリング式。汎用性の高いシューキーパーを探している方におすすめです。

無印良品 レッドシダーシューキーパー25~28cm用

コスパの高いおすすめのモデル

防虫・消臭効果が期待できるレッドシダー製のシューキーパーです。レッドシダーの香りが弱まっても、サンドペーパーで表面を少し削ると香りが復活。長期間にわたり木の香りを楽しめます。また、木製のシューキーパーとしては価格がリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

構造は、シングルチューブのスプリング式。スリムなので、細身の靴にもおすすめです。さらに、つま先部分に割れ目が入っているのも特徴。割れ目を左右に広げることで横方向にもテンションをかけられるので、しっかりシワを伸ばせます。

コロンブス(columbus) シューキーパー HGレッドシダーシュートリー ネジ式

防臭・防虫・防菌効果が期待できる

日本の老舗シューケアブランド、コロンブスのシューキーパー。つま先から甲にかけてテンションをかけ、シワを伸ばせるサイドスプリットのシューキーパーです。また、かかと部分とつま先部分のつなぎ目がネジなので、靴に合わせて長さを細かく調節できます。つなぎ目の部分を折り曲げれば、入り口が狭い靴にも入れやすいのもネジ式のメリットです。

素材には、アメリカ杉を使用。木製なので吸湿効果のほか、防臭・防虫・防菌効果も期待できるおすすめのシューキーパーです。

バーウィック(Berwick) シューツリー

スペインのシューズブランド、バーウィックの木製シューキーパーです。構造は、ダブルチューブのスプリング式。2本のバネが靴全体にしっかりとテンションをかけます。また、つま先部分は、中心からアウトサイドにかけて割れているサイドスプリットタイプです。

素材には、木目が美しい良質なブナを使用。ブナは重硬で耐久性があり、防腐効果も優れています。長期間使えるシューキーパーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ギオネ(GUIONNET) レッドウッドシダー シューツリー

レッドウッドシダーを使用したシューキーパーです。レッドシダーは、除湿効果や芳香性に優れているのが特徴。本シューキーパーは表面にニス塗り等の加工を施していないため、レッドシダーの特徴を最大限に活かしています。

また、扱いやすさも本アイテムの魅力です。軽いので靴に負荷をかけすぎず、持ち運びにも便利。さらに、かかとの部分を持ち上げて折り曲げられます。靴に挿入しやすく、初めての方にもおすすめです。

ブリティッシュメイド(BRITISH MADE) レディースシューツリー

シングルチューブタイプの女性用スプリング式シューキーパーです。スリムで余分なテンションをかけすぎず、さまざまな靴にマッチするので、細身の靴にも使用可能。サイドに入ったブランドロゴの刻印もおしゃれな製品です。

素材には、アロマティックシダーを使用。独特の芳香があり、消臭効果も期待できます。また、ニスを塗っていないため、吸水性も良好。しっかりと靴を守りたい方におすすめです。

コルドヌリ・アングレース(LA CORDONNERIE ANGLAISE) シューツリー FA85

パリで創業したシューキーパー専業メーカー、コルドヌリ・アングレースのシューキーパー。世界中の高級靴メーカーや一流ブランド靴の木型を生産しており、人気ブランドの革靴とフィットしやすいのが大きな魅力です。

メイン素材には、厳選したフランス産のブナ材を使用。変形や乾燥による割れが少なく、耐久性に優れています。また、表面は滑らかなワックス仕上げを採用。すべりがよく、靴の内側を傷付けないよう配慮されています。機能性に優れたおすすめのシューキーパーです。

コルドヌリ・アングレース(LA CORDONNERIE ANGLAISE) シューツリー EM596E

シューキーパー専業メーカーが作る、ブーツ専用シューキーパーです。ヨーロッパ系の木型で作られたブーツに適しています。ジョッパーやチャッカブーツなど、甲が低めで細身な紳士用ブーツを持っている方におすすめです。

構造は、シングルチューブのサイドスプリット式。縦にも横にもテンションをかけられます。また、素材にはフランス産のブナを使用。汚れの付着や経年劣化を防ぐ特殊水溶性ニスで仕上げているのも魅力です。

コルドヌリ・アングレース(LA CORDONNERIE ANGLAISE) シューツリー EM97

自分好みのテンションに調節可能なネジ式シューキーパーです。やわらかな履き心地が魅力のマッケイ製法の靴やスエード・コードバンなど、強いストレッチが向かない素材でできた靴にも使用できます。また、長期間履かない靴にセットしておくときでも、革が伸びすぎるのを防げるのも魅力です。

起伏が控えめで甲の峰が高く、ローファーやスリッポンタイプの靴にもぴったり。素材には、環境にも配慮された丈夫なブナを使用しています。

コロニル(Collonil) アロマティックシダーシュートゥリー

豊富なサイズ展開が魅力的な、木製シューキーパーです。メンズ用に3サイズ、レディース用に2サイズラインナップしており、22.5cm~30cmまでの靴に対応しています。

素材には、香り高く、防虫効果も期待できるアロマティックシダーを使用。靴の中の湿気対策にも役立ちます。取り出しやすいので、毎日履く靴に使用するシューキーパーを探している方におすすめです。

サルトレカミエ (Sarto Recamier) シュートリー

幅と高さがある木製ネジ式シューキーパーです。アメリカ靴や日本製の靴を含むさまざまな靴にフィットします。また、ネジ式なので、靴に合わせて調節可能。靴に余計なテンションをかけにくいのも魅力です。

素材にはブナを使用。耐久性があり経年劣化しにくく、シューキーパーに適した木材です。また、吸湿性を損なわないようにコーティングが施されています。

ダスコ(DASCO) シュートゥリー サンデッドライム

ロンドンのシューケア用品ブランドが作る、無塗装の木製シューキーパーです。吸湿性・軽量性に優れたヨーロッパライム材を使用しています。本シューキーパーの特徴は、つま先まで長めにボリュームを持たせたシルエット。ロングノーズタイプの革靴におすすめです。

つま先部分の長さを活かし、縦方向へのシワ伸ばし効果が高いのが魅力。また、サイドスプリットが施されているため、幅広いタイプの靴に対応できます。Lサイズの場合片足400gと木製の中では軽いのもポイント。持ち運べる木製シューキーパーを探している方はぜひチェックしてみてください。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) 純正シューツリー

イギリスの名門靴ブランド、「クロケット&ジョーンズ」シューキーパー。クロケット&シューズの革靴にはもちろん、グッドイヤーウェルト製法の英国靴によくフィットするアイテムです。ダブルチューブのスプリング式で、安定感があります。

木製なので吸湿効果も良好。さらに、底面も大きく底が削られ湿気穴が付いており、靴の中の湿気を外に逃がします。熟練の職人が手作業で丁寧に仕上げる、おすすめのシューキーパーです。

コロンブス(columbus) 抗菌キーパー

抗菌剤配合のプラスチック製シューキーパーです。パーツがつま先部分のみ、かつプラスチック製なので、軽量なのが魅力。持ち運びに便利です。構造はスプリング式で、フリーサイズ。幅広いサイズの靴に使用できます。

本アイテムの大きな特徴は、抗菌剤を配合していること。安全テストをクリアしており、靴の中の雑菌や臭いの元になる菌を抑制する効果が期待できます。価格も安いおすすめの製品です。

アシックス(Asics) シューキーパー

プラスチック製シューキーパーです。スニーカーやスパイクに適したシューキーパーを探している方におすすめ。爽やかなクリアブルーと、白のブランドロゴがかっこいいアイテムです。

プラスチック製なので吸湿性はありませんが、つま先部分に複数穴を開けることで通気性を確保しています。23~28cmと幅広く対応できるのも嬉しいポイント。また、木製のアイテムと比べると軽いため、持ち運びにも便利です。自宅での保管はもちろん、試合や練習の行き帰りの間もシューズを保型できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シューズキーパー

リーズナブルで気軽に購入できる、プラスチック製のシューキーパーです。抗菌剤が練りこまれているので、清潔に使用しやすいのが特徴。バネやネジはなく、かかとパーツの穴の位置で長さを調節して使用するタイプです。24cm~30cmの靴に使用できます。

簡易的な作りのため、深く刻まれてしまったシワを取るというよりは、靴の形状維持におすすめ。初めてシューキーパーを購入する方や、出張や旅行に持っていけるシューキーパーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

シューキーパーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

シューキーパーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。