ローカットスニーカーといえば、メンズファッションの定番中の定番シューズ。トレンドに左右されることない普遍的なアイテムで、さまざまなコーディネートに活用できます。

そこで今回は、ローカットスニーカーのおすすめモデルを厳選して紹介。合わせやすいベーシックなモノから、スタイルのアクセントとして使えるインパクトあるデザインのモノまで、これだけは外せないというモデルをまとめましたのでぜひご覧ください。

ローカットスニーカーの選び方

サイズは0.5~1cm大きめを選ぶのがおすすめ

By: amazon.co.jp

人気があるローカットスニーカーのブランドは、その多くが欧米に本社を構えています。スニーカーのサイズは欧米人の足に合わせてあり、横幅が狭めのローカットスニーカーがほとんどです。

また、スニーカーは運動靴であるという性質上、歩いたり走ったりするときの衝撃を吸収しやすいように、インソールにクッション性のある素材が多く使用されています。

横幅が狭いこと、クッション製のある素材により足裏まで圧迫されてしまうことから、ローカットスニーカーを選ぶときには0.5~1cmほど大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。

いつもと同じサイズを選んでしまうと、足が窮屈になるケースがほとんど。足のサイズに合っていないシューズを履き続ければ靴ずれなど足トラブルの原因になってしまうので、適当なサイズを選ぶことが大切です。

季節感も考慮してサイズをチョイスしよう

ローカットスニーカーは、オールシーズン履きまわせる優秀アイテムです。夏場は素足で履くことが多いものの、冬場になるとソックスを着用して履く機会も多くなります。

夏だけでなく冬も使用する前提ならば、さらにサイズ感を意識することが大切です。サイズが大きければ靴ひもである程度調整できますが、小さいと足が入らなくなってしまうという最悪の事態に。

ローカットスニーカーを試着して購入する場合には、ソックスを履いた状態で午後に試し履きしてみるのがおすすめです。1日を通して足は徐々にむくんでいきます。ソックスを履いて、足がむくんだ状態である午後に履けていれば、冬場になった途端に足が入らなくなってしまった! という悲しい事態を避けられます。

素材選びのポイントは?

By: amazon.co.jp

ローカットスニーカーとひと口に言っても、用いられている素材はさまざまです。代表的な素材が、布製の「キャンバス」生地。カジュアルなキャンバス生地のローカットスニーカーは、ラフなコーデともマッチし、かっちり系コーデの外しアイテムとしても重宝します。

ローカットスニーカー1足目としては、使いまわし力が高いキャンバス素材がおすすめ。2足目以降は目指したいテイストをイメージしながら、変わり素材をチョイスするのもローカットスニーカーの楽しみ方です。

レザー素材のローカットスニーカーなら高級感をプラスでき、スエード素材なら温かみのある足元が完成します。メッシュやエナメル素材のローカットスニーカーをチョイスして、足元で遊んでみるのもおすすめです。

ローカットスニーカーのカラー選びは?

By: wear.jp

まずは、定番のモノトーン系カラーを選ぶのがおすすめ。黒や白でまとめたローカットスニーカーなら、どんなコーデとも好相性です。

ワンランク上のコーデを目指したいなら、赤や黄色など鮮やかなローカットスニーカーをチョイスして、足元で遊んでみるのもおすすめ。定番のデニムやシンプルコーデの差し色として使えるので、コーデがおしゃれな雰囲気にガラリと変わります。

ローカットスニーカーのおすすめモデル

コンバース(CONVERSE) オールスター カラーズ OX

ローカットスニーカーといえば、やはり「オールスター」は欠かせません。1917年に登場して以来、根強い人気を誇るアイテム。スニーカー界のキング「コンバース」の中でも定番中の定番モデルです。

キャンバス生地で作られたベーシックなデザインは、カジュアルをはじめ、どんなコーディネートにも簡単に合わせられます。年齢を問わず、あらゆる人におすすめできるローカットスニーカーです。

アディダス(adidas) スニーカー VALCLEAN2

レザー素材に「パンチング加工」という技術で穴をあけて、アディダスのアイコンであるスリーストライプを描いているのが特徴のローカットスニーカーです。

アクティブな雰囲気で、ジョガーパンツやスウェットなどを使ってコーディネートするのがおすすめ。スポーティーカジュアルなファッションにぴったりの1足です。

ニューバランス(new balance) スニーカー NB M340

スエードとメッシュの切り替えデザインに仕上げられているニューバランスのローカットスニーカー。もともとはランニングシューズとして誕生したモデルで、高い機能性が魅力です。

ベーシックなデザインなので、デニムやTシャツなどカジュアルなアイテムと組み合わせるのがおすすめ。男女問わず人気の高いローカットスニーカーです。

ナイキ(NIKE) スニーカー GTS ’16 TXT 840300-410

ややボリューミーなシルエットが目を引く、ナイキのローカットスニーカー。テニスシューズをもとにしたデザインで、両サイドにあるブランドロゴがアクセントになっています。

他のモデルと比べるとソールが高めなので、スキニーパンツなどタイトなボトムと相性がよいです。落ち着いたカラーリングで、さまざまなコーディネートで活躍します。

ディーゼル(DIESEL) HAPPY HOURS S-AARROW sneakers Y01499P1271

モノトーンカラーでモードなデザインに仕上げたローカットスニーカー。メッシュとレザーという異なる素材を同カラーで組み合わせて、統一感を演出しているのがポイントです。

カジュアルはもちろんですが、ビジカジにもマッチする汎用性の高さが特徴。サイドには、ディーゼルのアイコンである「イーグルステッチ」をモチーフにしたプリントが施されています。

バンズ(VANS) オーセンティック VN-0EE3

コンバースと並んで圧倒的な人気を得ている「バンズ」のローカットスニーカー。こちらの「オーセンティック」はバンズ設立年の1966年に誕生し、愛され続けているモデルです。

キャンバス生地のベーシックなデザインとスタイリッシュなシルエット、クラシックな雰囲気のステッチはストリートファッションが好きな方必見。一足持っておくと使い回しが効く万能アイテムです。

プーマ(PUMA) スエードクラシック+

80~90年代より根強い人気の「スエードクラシック」シリーズ。シンプルなシルエットとサイドの「プーマライン」が印象的です。

バスケットボール用シューズに起源を持ち、機能性に優れている点も魅力。あらゆるコーディネートに合わせやすいので、さまざまなシーンで活躍します。

フレッドペリー(FRED PERRY) Kingston Twill SB6259U

フレッドペリーの定番アイテムであるポロシャツのイメージをそのまま落とし込んだデザインのローカットスニーカー。ソールを薄くして軽量感ある1足に仕上げているのがポイントです。

トップス・ボトムともにフレッドペリーにして統一感あるコーディネートを組むのもおすすめ。フレッドペリーらしい爽やかさが魅力のローカットスニーカーです。

クラークス(Clarks) ローカットスニーカー ボッタ エッジ

機能性を重視したクラークスのローカットスニーカー。「雲の上を歩いているような感覚」をテーマに独自に開発されたソールは、耐衝撃性・通気性・軽量性の全てに優れています。

また、中敷にはクッション性に富んだ「TETRASOFT」を搭載。柔らかな履き心地を実現するとともに、湿気をコントロールして臭い・カビを防ぎます。旅行やアウトドアなど靴を履く時間が長い時におすすめです。

スペルガ(SUPERGA) スニーカー 2750-FGLU S009HL0

イタリア発祥のブランド「スペルガ」によるレザー製ローカットスニーカー。オールレザーで重厚感があり、上品なファッションと相性のよいアイテムです。

靴幅がやや広めに設定されているので、足の幅が広い方でも余裕を持って履けます。かかとのラバーパッチなど、ディテールにこだわったデザインもおすすめポイントです。

エイティーズ(Eytys) MOTHER LEATHER

スウェーデン発の「エイティーズ」が手がける、分厚いソールが目を引くレザー製ローカットスニーカー。ストリートテイストを取り入れた、シンプルなデザインが魅力です。

スムーズに足入れできるフィンガーループがありつつも、上品な雰囲気を併せ持っています。さらに、ユニセックスでのサイズ展開なのでカップルでペアにするのにも最適です。

ローカットスニーカーのメンズコーデ

レザーのローカットスニーカーで、カジュアルコーデをランクアップ

By: wear.jp

白いパーカーにネイビーのジャケットをレイヤードして、デニム風のパンツでまとめたカジュアルなコーデ。コンバースが誇るロングセラー「ジャックパーセル」のレザーモデルのローカットスニーカーを合わせて、ラフなコーデが一気に洗練された雰囲気に。

ローカットスニーカーのサイドテープをコーデのアクセントに

By: wear.jp

ブラックコーデにデニムのアウターをオンした、大人カジュアルなデイリーコーデ。バンズならではのスニーカーのサイドテープが映えるように、パンツをロールアップしているのがコーデのポイントです。ソールが高めのローカットスニーカーなので、足長効果が期待できます。

赤いラインが効いたローカットスニーカーで、コーデにワンポイントを

By: wear.jp

ディーゼルが誇るキャンバスタイプのローカットスニーカーは、どんなコーディネートにもマッチする優秀アイテム。ミッドソールにデザインされた赤いラインが、Tシャツとデニムでつくるシンプルなコーデのワンポイントになっています。

黒いローカットスニーカーがあれば、大人のモノトーンコーデが即叶う

By: wear.jp

大人っぽい着こなしでまとめたいとき、おすすめなのがモノトーンコーデ。黒いローカットスニーカーを合わせれば、モノトーンコーデが即完成します。白と黒でまとめたローカットスニーカーは、どんなコーデともしっくりマッチ。1足持っておけば、さまざまなシーンで活躍します。

白いローカットスニーカーで重めコーデを軽やかに

By: wear.jp

アウターを2枚重ねたボリューム感がある「アウターONアウターコーデ」に、白いローカットスニーカーを合わせて軽やかさをプラス。ニット帽やネックウォーマーを加えても、足元をスリムにまとめれば、コーデが重くなりすぎないのでおすすめです。

ローカットスニーカーで、スキニーデニムをバランスよく着こなそう

By: wear.jp

スキニーデニムは、足元のコーデに意外と迷ってしまうアイテムです。ハイカットスニーカーを合わせると足が短くみえてしまう場合があるので、ローカットスニーカーでコンパクトにまとめるのがおすすめ。どんなコーデともマッチするコンバースのオールスターをチョイスすれば、外すことなくバランスのよいコーデに仕上がります。

赤いローカットスニーカーをダーク系コーデの差し色に

By: wear.jp

軽くて機能性が高いナイキのナイロンジャンパーに、スキニーデニムを合わせたスポーツミックスコーデ。スポーツトレーニング中みたいに野暮ったくならないように、ベルトとローカットスニーカーは赤を選んでおしゃれ度をアップ。赤いローカットのスニーカーが1足あれば、シンプルなコーデの鮮やかな差し色になるのでおすすめです。

難易度高めのトレンドカラーは、ローカットスニーカーで気軽に取り入れよう

By: wear.jp

トレンドのカラーは、毎シーズン変わってしまうもの。トップスやボトムスだと上手に取り入れるのが難しくても、ローカットスニーカーなら気軽にチャレンジできます。足元にキャメルのローカットスニーカーを合わせて、トレンド感をアップ。アースカラーでまとめたコーデで、ナチュラルで優しい雰囲気に。

黒いMA-1には、ローカットスニーカーを合わせて外すのが今風

By: wear.jp

かっこいい系の黒いMA-1は、足元を決めすぎると頑張りすぎた感が出てしまいます。さりげなく着こなすには、ローカットスニーカーで適度に外すのが今風コーデ。黒と白でまとめたシンプルなローカットスニーカーは、難易度高めのアイテムと組み合わせてもサラリと履きこなせます。

ローカットスニーカーのひもを外して、シンプルコーデにこなれ感をプラス

By: wear.jp

白いトップスにグレーのパンツを合わせて、ネイビーのトップスを羽織ったシンプルなキレイめコーデ。コンバースの白いローカットスニーカーのひもを外して、こなれ感をグンとアップさせています。いつものコーデに遊び心を取り入れたいときには、ひもを外してみるだけでも雰囲気がガラリと変わっておすすめです。

ボーダーのローカットスニーカーでインパクト大のコーデに

By: wear.jp

ワイドボーダーのポロシャツにクロップドパンツを合わせた、さわやかなモノトーンコーデです。ボーダー柄のインパクトがあるローカットスニーカーを合わせれば、海やリゾートにぴったりのマリンテイスト感があるコーデに。白と黒でまとめた定番カラーのローカットスニーカーなので、季節を問わず重宝します。