スマホで遠くの被写体を撮影する際に活躍するのが「スマホ用望遠レンズ」です。内蔵カメラでは難しい超望遠域の撮影が手軽に楽しめるので、旅行はもちろん、運動会や野鳥の撮影でも重宝します。

ただし、スマホ用望遠レンズにはさまざまなモデルが発売されているため、どれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、スマホ用望遠レンズの選び方を踏まえたうえで、おすすめモデルをご紹介します。

スマホ用望遠レンズの魅力とは?

By: amazon.co.jp

スマホの内蔵カメラでは難しい高倍率の望遠撮影を手軽に楽しめるのが、スマホ用望遠レンズの魅力です。

スマホ用望遠レンズでは、スマホに装着するだけで10倍を超える高倍率撮影も簡単に楽しめるのがポイント。旅行先で遠くの被写体を撮影する際はもちろん、運動会や野鳥などの超望遠撮影にもおすすめです。

コスパに優れているのもスマホ用望遠レンズの魅力です。ミラーレス一眼では安くても10万円以上の機材代がかかる高倍率が、スマホ用望遠レンズなら数千〜2万円ほどで入手が可能。低予算で超望遠撮影を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

スマホ用望遠レンズの選び方

倍率で選ぶ

スポーツや子供の運動会を撮影するなら「3〜20倍」

スポーツや子供の運動会を撮影するときは、遠くにいる子供が近づいてきたり、逆に離れて行ったりと距離が常に変わるので、望遠過ぎるレンズを取り付けてしまうと撮影の難易度が上がります。

そのため、撮影難易度が低く、距離の変化にも対応しやすい3〜20倍の低倍率レンズがおすすめです。また、レンズを交換して倍率を変更できる製品にすることで、変化する状況に合わせて柔軟に対応できます。

天体撮影をしたいなら「50倍以上」

夜間に天体撮影をするのであれば50倍以上のスマホ用望遠レンズがおすすめです。50倍以上の倍率があると、木にとまっている野鳥に警戒されることなく観察できるほか、天体撮影も楽しめます。

ただし、高倍率なレンズで夜間に撮影する際はシャッタースピードを遅くして撮影するため、手持ちだとブレてしまう場合も。三脚付きのモノを選ぶことで、撮影時にブレのない綺麗な写真が撮影できます。また、高倍率のスマホ用望遠レンズはサイズが大きくデリケートなので、持ち運ぶ際は注意しましょう。

固定方法で選ぶ

クリップ式

By: amazon.co.jp

クリップ式は、スマートフォンにレンズを挟んで使用する方式のこと。簡単に取り付けられます。また、複数のレンズを取り換えて倍率を変更したり、魚眼レンズのような変わったレンズで撮ったりと、さまざまな撮影方法が楽しめるのもポイントです。

しかし、クリップ式は挟んで固定するので、高倍率の大きなレンズには対応していない点には注意が必要。低倍率の製品が多いので、ちょっとした撮影にぴったりです。

アタッチメント・マウント式

By: amazon.co.jp

アタッチメント・マウント式は、夜間の天体撮影が可能なスマホ用望遠レンズに採用されることの多い固定方法。付属のアタッチメントをスマートフォンに取り付けて、レンズとスマートフォンをしっかりと固定することで、撮影時のレンズのズレを抑えています。

アタッチメント・マウント式はしっかりとレンズを固定してあるので、頻繁にレンズを替えて倍率を替えるような用途にはあまり向いていない点には留意しておきましょう。

自分のスマホに対応しているか確認しよう

By: amazon.co.jp

スマホ用望遠レンズはさまざまな機種で使用できますが、スマホによってはカメラ部分の形状が特殊でレンズが取り付けられない場合もあるので、注意が必要です。

また、アタッチメント搭載のスマホ用望遠レンズでも、スマホが小さすぎるほか、折りたたみスマホのような特殊な形状の場合は対応していない場合があります。スマホ用レンズの購入前に、対応スマホを確認しておきましょう。

スマホ用望遠レンズのおすすめモデル|クリップ式

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 2倍望遠レンズ SNSマスターテレ2X SNS-2t


SNS映えする望遠写真も手軽に楽しめるスマホ用望遠レンズです。倍率は2倍と控えめですが、シングルレンズ搭載のスマホカメラであと一歩の望遠撮影がしたいときなどに便利。ポートレート・テーブルフォト・動画などをより印象的に大きく撮影したい方にもおすすめです。

固定方法はクリップ方式を採用しており、スマホのレンズに挟むだけで簡単に装着できるのもポイント。対応スマホは本体の厚さが14mm以下で、本体の端からカメラレンズ中心までの距離が27mm以下のデバイスです。

カメラ関連機材の取り扱いで定評のある人気メーカーのアイテムながら、手頃な価格で入手できます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) リアルプロクリップレンズ 望遠7倍 KRP-7t


高画質な望遠撮影が簡単に楽しめるスマホ用望遠レンズです。光学系にマルチコーティングを施した光学ガラスを採用。日差しの強い野外でも内部の乱反射を抑えつつ、被写体をクリアに写せるので、運動会やアウトドアなどでの使用にもおすすめです。

7倍の望遠撮影に対応しており、動物園など被写体に近づけないシーンで活躍するのもポイント。フォーカスリングが搭載されているため、細かなピント合わせが行えます。

取り付けには付属の専用クリップを使用。クリップから取り外して、望遠レンズに同梱のアイカップを装着すれば、単眼鏡としても使用が可能です。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) リアルプロクリップレンズ 望遠8倍 KRP-8t


8倍の望遠撮影が楽しめるスマホ用望遠レンズ。光学ガラスには高画質を実現するマルチコートが施されています。また、視界が広めに設計されているため、隅が黒っぽくなる「ケラレ」を抑えて撮影可能です。

新設計の取り付け用クリップが付属するのも魅力。クリップが開くのを防ぐ落下防止ネジによって、より安全に使用可能です。また、望遠レンズの取り付け位置を調節できる可動式リングが採用されており、さまざまなスマホで快適に撮影が楽しめます。

スマホから取り外し、本体をねじって繰り出せば単眼鏡としても活躍。旅行やスポーツ観戦で遠くを見たいときにもおすすめです。

Apexel 20-40倍望遠ズームレンズ 20-40x

アウトドアシーンで活躍する可変タイプのスマホ用望遠レンズです。20〜40倍の高倍率ズームに対応しているのが特徴。離れた場所にいる動物や野鳥を拡大して臨場感たっぷりに撮影できます。

防飛沫・防塵・凍結防止構造を採用しているのもポイント。鏡筒の素材には軽量かつ堅牢なアルミ合金が使われています。三脚や収納ケースなどの付属品も充実しており、購入後すぐに本格的な望遠撮影が可能です。

Apexel HD36倍望遠レンズ 36XJJ04

高倍率撮影が手軽に楽しめるコスパ良好のスマホ用望遠レンズです。重さ246gの軽量ボディながら、36倍の高倍率を実現しています。

鏡筒の素材にアルミ合金が使われており、耐久性に優れているのもポイント。また、レンズはマルチコートを施した高品質な光学ガラスが採用されているので、クリアな写りで撮影が楽しめます。

さまざまスマホに装着できるユニバーサルクリップが付属するのも魅力。EVAゴムを使用しているため、スマホに傷が付くリスクを軽減可能です。また、便利な三脚と収納ケースも付属します。

Take-One スマートフォン用望遠レンズ B35

さまざまな画角の撮影が1本で楽しめる可変タイプのスマホ用望遠レンズです。焦点距離120〜260mmの3層レンズを搭載。クリップでスマホに取り付けるだけで、最大35倍の高倍率撮影ができます。野外スポーツや野鳥の撮影などにもおすすめです。

大口径レンズを採用することで、高倍率時でも明るく広い視角で撮れるのがポイント。鏡筒にはピント・ズーム・エッジからなる3種類のリングが搭載されており、直感的な操作でそれぞれ調節できます。

望遠レンズの鏡筒に直接取り付けられる三脚が付属するのも魅力。安定した状態で超望遠撮影が楽しめます。また、クリップから取り外して付属のアイカップを装着すれば、単眼望遠鏡としても使用可能です。

Apexel 9in1 HD18倍望遠レンズセット T18XBZJ5

倍率18倍の望遠レンズを含むスマホ用レンズのセットです。望遠レンズは口径25mmで設計されており、小型ながら画質劣化を抑えた望遠撮影を楽しめるのが特徴。また、付属のアイカップを装着すれば、アウトドア用の単眼鏡としても使えます。

デフォルメされた写りが楽しめる画角198°の魚眼レンズや、風景や集合写真の撮影に役立つ0.63倍の広角レンズ、草花や昆虫を接写するのに適した15倍のマクロレンズも付属。スマホのカメラを活用して多彩な撮影を楽しみたい方におすすめです。

レンズ以外の付属品が充実しているのも魅力。スマホへの取り付けに使用するレンズクリップのほか、望遠撮影時に手ブレを防げるスマホ用三脚や、リモート撮影に使えるBluetoothリモコンもセットになっています。

Apexel 4in1 スマホ用カメラレンズキット 22X105B-4IN1MB

多彩なシーンで活躍できるスマホ用レンズのセットです。倍率22倍の望遠レンズが含まれています。遠くの被写体を拡大して撮影したい方におすすめ。そのほか、画角205°の魚眼レンズ・画角120°の超広角レンズ・倍率20倍のマクロレンズが付属しています。

レンズの取り付け位置を調節できるユニバーサルクリップを採用しているのもポイント。さまざまなスマホに装着できます。

スマホホルダーや三脚など望遠撮影に役立つアクセサリーが充実しているのも魅力。全てのキットレンズと一緒に収納できる専用のケースも付属するため、外出時でもパーツの紛失を心配することなく快適に持ち運べます。

LIERONT 5in1 スマホレンズセット LT003BK-JP1

5種類のレンズが含まれているスマホ用レンズのセット。望遠レンズは倍率25倍です。付属の三脚を使えば望遠時でも手ブレを抑えられるので、運動会や自然観察で遠くの被写体を撮影する際に活躍します。

望遠レンズ以外には、倍率25倍のマクロレンズや0.65倍の広角レンズ、画角210°の魚眼レンズが付属。さらに、被写体が幾重にも分裂したような、不思議な写りが楽しめる万華鏡レンズも同梱されています。

ユニバーサルクリップを採用しているのもポイント。デュアルレンズ搭載モデルを含むさまざまなスマホに装着可能です。

スマホ用望遠レンズのおすすめモデル|アタッチメント・マウント式

Gosky 20-60×80フィールドスコープ

アウトドア用途で人気のあるフィールドスコープタイプのスマホ用望遠レンズです。20〜60倍の高倍率ズームに対応。加えて、対物レンズの口径が80mmと大きく、薄暗い森や夕暮れ時でも明るくクリアな視界が得られます。自然観察はもちろん、野生動物や野鳥の撮影などにもおすすめです。

対物レンズに対して接眼部に45°の傾斜が設けられているのもポイント。高い場所にいる鳥を観察する際に、無理な姿勢を取る必要がなく楽に使用可能です。

防水・防曇・耐衝撃構造によって、天候の変化を気にせず観察や撮影に没頭できるのも魅力。また、逆光時に役立つスライド式フードや、スマホの取り付けが手軽に行える鏡筒回転機構を備えています。卓上用の三脚が付属しているので、購入してすぐに撮影を始めたい方も、ぜひチェックしてみてください。

Gosky 単眼望遠鏡 12×50 QHMN02

高画質が手軽に楽しめる単眼望遠鏡タイプのスマホ用望遠レンズ。重さが約392gで軽量ながら、12倍と高倍率なのが特徴です。キャンプや野外ライブなどにも適しています。

大口径50mmの対物レンズを搭載しているのもポイント。多くの光を取り込めるため、薄暗いシーンでも鮮明な視界で望遠撮影が可能です。また、BAK4プリズムと多層膜コーティングによって、クリアで美しい描写を楽しめます。

高い互換性を持つスマホアダプターが付属するのも魅力。本体後部のアイカップを引き出せば、単眼望遠鏡としても使用可能です。また、底面には三脚取り付け用のねじ穴があり、三脚を用意して手ブレを抑えたい場合に重宝します。

SOLOMARK 天体望遠鏡

天体撮影が手軽に楽しめる、天体望遠鏡タイプのスマホ用望遠レンズです。対物レンズの焦点距離は400mm。同梱の接眼レンズとバローレンズを組み合わせることで、20〜60倍の高倍率撮影が可能なため、月や星座など天体の観察や撮影におすすめです。

対物レンズは70mmと大口径なので、夜間でも鮮明でクリアな視界が得られるのがポイント。また、接眼部は45°の傾斜が付いた屈折式を採用しており、身長に関係なく楽な姿勢で覗けるため、子供と一緒に天体観測を行う場合にも重宝します。

手頃な価格ながら、目的の天体を導入する際に役立つファインダースコープや、手ブレを防ぐ三脚が付属するのも魅力。バローレンズと一体化した同梱のスマホアダプターを使えば、初心者でも望遠レンズへのスマホ取り付けが簡単に行えます。

モーメント(Moment) Tele 58mm Lens 6598547917

プロクリエイターも愛用する高画質なスマホ用望遠レンズです。倍率は2倍で、美しいボケ感などを実現しながら被写体の印象をより強めた撮影が楽しめます。ポートレート写真やドキュメンタリー動画の撮影などにおすすめです。

専用アプリを使って一眼カメラのような凝った設定の撮影が楽しめるのも魅力。また、レンズキャップやマイクロファイバーバッグが付属します。なお、スマホへの取り付けには別売りの専用マウントもしくは専用スマホケースが必要なので、注意しましょう。