手軽に大画面で動画視聴やネットサーフィンができるタブレット。さまざまなモデルがラインナップされていますが、タブレットはまだ防水対応機種が少なく、水場での使用には不向きです。

そんなときに便利なのが「防水ケース」。お風呂やキャンプなどでも安心してタブレットを使用できるアイテムです。そこで今回は、タブレット用の防水ケースのおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

防水ケースがあればお風呂でもタブレットが使える

By: sanwa.co.jp

最近のスマホは防水対応モデルも増えていますが、タブレットに関してはまだ防水対応モデルの種類が限られているのが現状。お風呂などの水場においては、手軽にタブレットを使える防水ケースの装着がおすすめです。

防水ケースは、装着するだけで水の侵入を防げる便利なアイテム。防水性能の高いモノを選べば、水中撮影など使用の幅が広がるのもメリットです。

水場で使うときだけ装着するモデルから、通常のケースとして使える汎用性の高いモデルまでラインナップも豊富。利用シーンに合ったモノを選んでみてください。

タブレット用防水ケースの選び方

ソフトタイプとハードタイプの違い

ソフトタイプ

By: rakuten.co.jp

ソフトタイプは、名前の通り柔らかい素材で作られた防水ケースのこと。薄手のビニールなどを素材として使用しているモノが多く、タブレットのサイズに対して余裕を持って作られているのが特徴です。

サイズに余裕があるため、ある程度タブレットのサイズと異なっていても使用できるのがメリット。首掛け用のモデルであれば、プールや海などの水場でも使いやすく便利です。

ただし、ビニール素材の特性上、強い引っ張りや鋭利なモノに弱いのが懸念点。使用中に破れると中のタブレットが故障するおそれもあるので、扱いには十分注意しましょう。

ハードタイプ

By: amazon.co.jp

ハードタイプは、耐久性に優れた素材で作られた防水ケース。衝撃を吸収するとされている「TPU(熱可塑性ポリウレタン)素材」を採用したモデルが多く、多少のハードな使用にも耐えうるのが特徴です。

一般的にタブレットにフィットする形状のため、水場での使用はもちろん、普段使いとにもおすすめ。シーンに応じて着脱する必要がないので、キッチンやお風呂などの水場で頻繁に使う方にもぴったりです。

ただし、販売されているモデルのほとんどがiPad専用のため、対応機種が限られてしまうのは懸念点。iPadユーザーの方におすすめのタイプです。

防水等級をチェック

By: rakuten.co.jp

一口に防水ケースといっても、防水等級によって使えるシーンが異なる点に注意が必要。例えば、防水等級の低いモノだとお風呂など水気の多い場所では十分に機能せず、タブレットの故障の原因になることもあります。

防水等級は「IP規格」という国際規格で定められており、IPXに続く0〜8までの数値で表記。数値が大きいほど高い保護性能を備えています。IPX6までは水がかかっても影響のない程度の性能のため、お風呂など水に浸かる可能性のあるシーンで使用する場合は、最低でもIPX7以上が必要。なお、海水で使う場合はIPX8のモノを選んでみてください。

対応するサイズや機種をチェック

By: rakuten.co.jp

タブレット用の防水ケースは、サイズや機種によって分けられていることが多いので要チェック。「8インチ用」「10インチ用」などと表記されることが多くありますが、同じインチでもメーカーによって微妙にサイズが異なる場合があります。

インチだけでなく、収納部分の縦横サイズが実際のタブレットの大きさに対応しているかどうかもチェックしておきましょう。

キックスタンド付きのモデルが便利

By: amazon.co.jp

お風呂場で映画鑑賞をしたい方やキッチンでレシピ確認をしたい方には、キックスタンドを搭載したモデルがおすすめ。キックスタンドは、タブレットを立てて置ける付属パーツで、手で持たずに画面を見やすい角度で固定できるのが特徴です。

キックスタンドは一般的なケースに搭載されることの多いパーツですが、防水ケースにはほとんど搭載されていません。キックスタンドを求めている方は、必然的にモデルが限られてしまう点に留意しておきましょう。

出し入れしやすいモノを選ぼう

By: sanwa.co.jp

防水ケースを入浴やアウトドアなどの限られた場面で使う場合、出し入れのしやすさも選ぶうえで重要なポイント。ハードタイプはタブレットに密着して着脱しにくいモデルが多いので、出し入れのしやすさを重視するならソフトタイプがおすすめです。

ソフトタイプには3点ロックや3連チャックといった密閉方式が採用されており、それぞれ着脱のしやすさが異なります。一般的な3点ロックモデルは高い密閉性が魅力ですが、出し入れがやや面倒。簡単に出し入れしたい方には、ジッパー式がおすすめです。

タブレット用防水ケースのおすすめ|汎用モデル

Bravebird タブレット 防水ケース

汎用性の高い防水ケースを探している方におすすめ

透明度の高いPVC素材を採用した、ソフトタイプのタブレット用防水ケースです。クリアなので、タブレットを入れても画面の視認性が高いのが特徴。画面にもしっかりフィットするため、快適にタッチ操作が行えます。

対応サイズは10インチで、それ以下のタブレットであればほとんどのモデルに対応可能。また、IPX8相当の高い防水性能を備えているので、お風呂やプールはもちろん、海水浴などのアウトドアシーンにも適しています。

ストラップが付属しており、首に掛けて持ち運びやすいのもポイント。汎用性の高い防水ケースを探している方はチェックしてみてください。

フィノン(Finon) 大型タブレット対応防水ケース Wat13CN

スタイリッシュな防水ケースを探している方におすすめ

10.5〜13インチの大きめのタブレットにも対応した、ソフトタイプのタブレット用防水ケースです。大型タブレットだけでなく小さめのタブレットにも使用可能。複数のタブレットを使用している方にもおすすめです。

おしゃれな首掛けストラップが付属しており、持ち運びやすいのも魅力のひとつ。優れた防水・防塵性能を備えているので、海水浴やスノーボード、キャンプなどのアウトドアシーンでも快適に使用できます。

透明度の高いPVC素材を採用しているため、装着したまま画面が見やすいのもポイント。スタイリッシュな防水ケースを探している方におすすめです。

HeySplash タブレット 防水ケース P723314145808

画面が見やすく快適にタッチ操作が行える

IPX8相当の防水性能を備えた、ソフトタイプのタブレット用防水ケースです。お風呂場やキッチンはもちろん、プールや海水浴などのアウトドアシーンでも使えるのが特徴。クリアなビニール素材を使用しており、装着しても画面が見やすく快適にタッチ操作が行えます。

また、水が侵入しにくい3点式ロックを採用しているのも魅力のひとつ。首掛けストラップを同梱しているので、持ち運びしやすいのもポイントです。比較的リーズナブルに購入できるため、コストパフォーマンスを重視したい方もチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) タブレットPC汎用防水ケース TB-02WPSBK

IPX5相当の防水性能を備えた、ソフトタイプのタブレット用防水ケースです。10.1インチまでのサイズに対応しているので、さまざまな種類のタブレットに使用できるのが特徴。複数のタブレットで使いたい方にもおすすめです。

3連チャックと巻き込み式の蓋を搭載しており、優れた密閉性を実現。浸水を防ぐため、水場でも安心して使用できます。2重の高周波ウェルダーミシンにより、破れにくいのも魅力のひとつ。背面にはカメラ窓が搭載されているので、水中でも撮影可能です。

さらに、無段階で調節できるスタンドも付属。機能性に優れた防水ケースを探している方はチェックしてみてください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) タブレット防水防塵ケース PDA-TABWPST12

IP47相当の防水・防塵性能を備えたタブレット用防水ケースです。お風呂場やキッチンなどはもちろん、アウトドアシーンでも快適に使用できるのが特徴。12.9インチまでの画面サイズに対応しているので、さまざまな機種に使えます。

折りたたみ式のスタンドを搭載しているのも魅力のひとつ。水場で動画や映画を鑑賞したり、キッチンでレシピを確認したりできます。背面にはカメラ窓を搭載しているため、装着したまま写真・動画の撮影も可能です。

ハンドベルト・ショルダーベルトを付属しているので、持ち運びやすいのもポイント。利便性に優れた防水ケースを探している方はチェックしてみてください。

オウルテック(Owltech) タブレット防水ケース OWL-MAWP10BK

タブレットはもちろん、電子書籍リーダーなどにも使用できる汎用性の高い防水ケースです。IPX8相当の防水性能を備えており、お風呂やキッチン、海水浴などでも使用可能。3箇所でロックができるので、浸水しにくいのも特徴です。

ネックストラップが付属しているため、首に掛けて手軽に持ち運べるのも魅力のひとつ。表も裏もクリアなので、カメラで撮影しやすいだけでなく、タッチ操作も快適にこなせます。

本製品は、6〜7インチのタブレット用。コンパクトなタブレットを使用している方はチェックしてみてください。

SIMPS タブレット防水ケース

優れた密閉性を実現する、3点ロック式の防水ケースです。7〜10インチに対応しており、さまざまな種類のタブレットで使用できるのが特徴。着脱可能なネックストラップが付属しているので、快適に持ち運べます。

また、透明度の高い高品質PVC素材を採用しているのも魅力。タブレットを装着したまま、高感度なタッチ操作やクリアな写真撮影を行えます。比較的リーズナブルに購入できるため、コストパフォーマンスを重視している方にもおすすめです。

タブレット用防水ケースのおすすめ|iPadシリーズ専用モデル

TIKINO iPad mini4 mini5 防水ケース

iPad mini4・iPad mini5にぴったりフィットする防水ケースです。IP68相当の防水性能を備えているので、水の侵入を防いで本体を保護できるのが特徴。最大水深2mまで耐えると謳われており、お風呂やプール、海水浴などさまざまなシーンで使用できます。

防水に加えて、小さな塵や雪などの侵入を予防できるのも魅力のひとつ。スノーボードやキャンプなどのアウトドアシーンにも適しています。また、TPU素材を採用することで、優れた耐衝撃性能を備えているのもポイント。装着したままにして、普段使いするのもおすすめです。

さらに、スタンドやストラップが付属しており、持ち運びや動画鑑賞などをしやすいのもメリット。機能性・利便性に優れたiPad向け防水ケースを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

aibili iPad 10.2 防水ケース

iPad 10.2に対応したハードタイプの防水ケースです。基本的に、国際的な防水等級はIPX8までですが、本製品は水中で2mまで対応できるドイツの連邦規格「IP69k」を取得。さらに、優れた防塵・耐衝撃性能を備えているので、さまざまなシーンで安心して使用できるのが特徴です。

背面にはスタンド機能を搭載しており、ハンズフリーで動画視聴できたり、テレビ通話が楽しめたりするのも魅力。また、ケースを装着したままiPadの指紋認証機能「Touch ID」を使えるため、普段使い用のケースとしてもおすすめです。

前面フレームと背面プレートを分離した設計なので、手軽に着脱できるのもポイント。なお、本製品は10.2インチサイズですが、9.7インチ・10.5インチ・10.9インチ・11インチ用の防水ケースもラインナップされています。

T-Ming-Kai iPad Pro 11 防水ケース

iPad Pro 11インチに対応した、ハードタイプの防水ケースです。IP68相当の防水・防塵性能を備えており、浸水を防ぐだけでなく、小さな塵や雪の侵入も予防。お風呂場やプール、海水浴などで使いたい方にもおすすめです。

素材には高品質なTPUとABS素材を採用しており、耐衝撃性能に優れているのも魅力のひとつ。アウトドアシーンはもちろん、普段使いにもぴったりです。スタンド機能やストラップを搭載しているため、快適に動画を視聴できたり、持ち運んだりできるのもポイント。

iPad Pro 11インチのほかに、7.9インチ・9.7インチ・10.2インチ・10.5インチ・10.9インチ用のモデルもラインナップされているので、使用しているモデルに合わせて選べます。