これまでのスイッチはもう忘れよう。

部屋の明かりをつけるときやエアコンを入れるときなど、必ず使う家じゅうの電気製品のスイッチ。そのON/OFFという何気ない行為に”問題提起”をしたのが、国際的なプロダクトデザイン賞であるレッド・ドット・デザイン賞を受賞したHeng Balance Lamp。ありきたりなランプに飽きているなら絶対コレです!

こんなスイッチがあってもイイ!

10945d81ea6ee7b5aa456f118a5a5fb5_original

照明のスイッチといえば、壁取付型や引っ張るコード、はたまた本体タッチ式などなど。どれも理にかなった構造で便利なのは言うまでもありません。でもそんなに機能的なスイッチがないのがHeng Balance Lamp。

0f24988f0cb33c070d54b2db386f0f4a_original-1

パッと見た感じがダイソン製品のような輪っかの部分の上下に付けられた木製の玉がついたひも。それを近づけると磁力で引っ張られて宙に浮き、それが電源ONとなることに! ちょっと手間だけどオモシロいです!

見ているだけで和む

b2097ae6221378b03eb85cfa1d87f6d5_original
d4a1b249d1cfc11c14bcfeeb2bfc92aa_original

宙に浮く木製ボールによる”不思議スイッチ”だけでも、気持ちがフワッと和むHeng Balance Lamp。そのベースやフレームに使われているハイクオリティな木材はさらにジワッとココロを温めてくれそうです。

7e7b5f9431440f2c38a27d27f2893dc5_original
ea6aae9d6285dadfe78105c9b183d6d9_original

さらに輪の部分の内側に内蔵されているLEDライトは6W、色温度は3500KのウォームホワイトのHeng Balance LampはKickstarterで42ユーロ! まったりと過ごしたい部屋にピッタリですね!