さすが紅茶大国イギリス。

お茶を入れるとき沸騰したお湯を冷ますのがめんどくさく、つい熱湯でいれてしまったりしていませんか。赤ちゃんの粉ミルクを作るとき熱湯を冷ますのに時間がかかってしまうのには困りますね。

Appkettleがあれば温度や時間の調整がスマートフォンのアプリを使ってできます。時間と温度を設定すれば好きな時に最適な温度でお好みの飲み物を飲むことができます。イギリスでは一人あたり年間1,378回お湯を沸かし、お湯が沸くのを待つ時間が年間約33時間にもなるといいます。しかしAppkettleがあればもう待つ必要がありません。

お湯を沸かし他のことに気を取られ再度沸かすことは多いですが、この電気ケトルはではその必要はありません。ケトル自体が温度により違う色になるように設定でき、アプリからも温度を確認できるので電気の節約にもなります。また水が入っているか確認せずスイッチを入れてしまったこともあるはずですが、アプリがちゃんと知らせてくれるのでその心配もありません。