日々の生活を送る上で気になるのが不快なニオイ。特にペットやタバコのニオイはストレスに感じることが多いため、対策するのがおすすめです。

そこで今回はおすすめの脱臭機をピックアップ。脱臭機と空気清浄機の違いや脱臭機の選び方についてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

脱臭機とは?

脱臭機と空気清浄機の違い

By: amazon.co.jp

空気清浄機と脱臭機とはどちらもニオイに関して作用する電化製品ですが、脱臭システムには明確な違いがあります。

空気清浄機は空気中にあるホコリやチリ、花粉などを吸い取るモノです。ある程度ニオイの原因となる菌を除去する役割を持っていますが、脱臭機ほどではありません。

一方、脱臭機は空気中にあるホコリや花粉よりもさらに小さな菌を分子レベルで分解して無臭へと近づけるモノです。分解方法は脱臭機やメーカーごとに異なっており、得意とするニオイも違っています。

空気清浄機は花粉やホコリを吸い取るモノ、脱臭機はニオイの原因となる菌を分解して無臭へと近づけるモノと認識しておきましょう。

脱臭機のメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

脱臭機はアンモニア臭やペット臭の対策に効果を発揮するのが特徴です。生ゴミから発せられる不快なニオイも分子レベルで分解して無臭へと近づけていきます。また、比較的長時間使っても消臭力が大きく変わらないのが大きなメリットです。

ただ、花粉やホコリ、ハウスダストの除去には大きな効果は期待できません。花粉症やアレルギー対策を考えている方は空気清浄機を選ぶのがおすすめです。なお、タバコの副流煙やニオイの消臭を目的とするならば脱臭機が候補となります。

空気清浄機のメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

空気清浄機は花粉やハウスダスト対策に効果が期待できるのが特徴です。空気清浄機を活用することで治るわけではありませんが、花粉症やアレルギーの症状を少しでも和らげたいという方は検討する余地はあります。

ただ、ペットのニオイやアンモニア臭などの対策として設置するには見当違いです。空気清浄機は文字通り、あくまで空気を綺麗にするために使うモノなので、留意しておきましょう。

空気清浄機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

脱臭機の選び方

脱臭方式をチェック

By: amazon.co.jp

脱臭方式は大きく吸引方式と放出方式の2種類に分けられます。脱臭したい場所がピンポイントである時は吸引方式のモノがおすすめ。ゴミ箱やペットのトイレ、車内など、ニオイの気になる場所へ脱臭機を設置することで対策を講じることができます。

一方、リビングや寝室など広い空間の臭いが気になる時は放出方式のモノがおすすめ。脱臭機が放出した消臭粒子とニオイ分子とが接触することで部屋の脱臭に効果を発揮します。

なお、消臭粒子がよりニオイ分子と接触しやすいように窓を開けたり、換気扇を回したりすることで、より効果的に脱臭が行えます。また、扇風機やサーキュレーターを併用するのもアリなので、脱臭機単体はもちろん、さまざまな周辺機器と組み合わせることも検討してみてください。

脱臭機のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

脱臭機はそれぞれ適応範囲が決まっています。例えば5×5mの範囲しか使用できない脱臭機を10m×10mの室内の脱臭用に使用しても希望通りの効果は得られません。購入前は必ず脱臭機を使用する部屋のサイズと脱臭機の適応範囲を確認しておきましょう。

また、脱臭機の効果は本体サイズによって左右されるものではありません。小さなタイプでも適応範囲にあっていれば、脱臭効果が期待できるので、購入する際はしっかりとチェックしておきましょう。

脱臭機の素材をチェック

By: amazon.co.jp

脱臭機で利用される素材には活性炭やオゾン、フィトンチッドなどがあります。どれも有効な素材ですが、どれを選んでも同じというわけではありません。

活性炭はタバコやペット臭、冷蔵庫や靴箱のニオイを消臭する際に適した素材です。ただ、脱臭効果が高い分、劣化するのも早いので定期的な交換が必要です。

オゾンはタバコや食品、体臭などの脱臭に適しています。なお、酸素が元となるので電気代以外のコストがかからないのもポイント。ただ、アンモニアなどの窒素化合物や化学薬品、人口香料などには効果を発揮しにくいというデメリットがあります。

また、フィトンチッドは排水溝や生ゴミなど、微生物の繁殖によって生じる不快なニオイの対策に向いています。天然由来の成分なので体に優しく安全性が高いのも特徴。ただ、フィトンチッドはそれ自体に香りがあるので、完全な無臭に近づけたい場合には他の素材を検討しましょう。

脱臭機のおすすめ人気モデル|ペット向け

東芝(TOSHIBA) デオドライザー・エアリオンスリム DC-230

ニオイを吸着するタイプの脱臭機です。ニオイの分子を化学反応によって分解するグラフト重合法を採用。従来のニオイの分子を芳香剤で包み込む方法とは異なり、悪臭だけ吸着するのでアロマの香りなどはそのままで、不要なニオイだけを除去することができるのが特徴です。

生ゴミ臭やペット臭などに強く、1度吸着したニオイは分子レベルで分解して無臭に近づけてくれるのもポイント。消臭に関しては即効性がありながらも持続性もあるので、ペットのトイレ対策として設置するのがおすすめです。

電池式なので持ち運びも簡単。サイズも76×79×151mmとコンパクトです。お手入れの際は本体に内蔵されているエアリオン・ジェル100SPを交換するだけなので、使い勝手も良好。価格もリーズナブルなので、「とりあえず脱臭機がほしい」という方におすすめです。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) プラズィオン(PLAZION)脱臭機 DAS-15E

ペット臭はわずか8分、タバコ臭はわずか5分で消臭できると謳う脱臭機。高速メガフィルターを内蔵しており、ニオイを吸着してしっかり分解するタイプで、アンモニアの脱臭にも効果が期待できる製品です。

集塵機能も兼ね備えているので、ペットの毛などもしっかりキャッチしてくれるのが特徴。ニオイを除去する高速メガフィルターは交換が不要なほか、脱臭力をなるべく維持するために本体内部で24時間ごとに加熱するのもポイントです。価格は1万円を超えますが、トータルバランスは良好。なるべくコスパ重視で脱臭機を選びたい方におすすめです。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) プラズィオン(PLAZION)脱臭機 HDS-302G

適応範囲が20畳以下の脱臭機。ニオイを吸い込み、オゾンで分解して、消臭成分を放出するという“トリプル脱臭”でお部屋の消臭対策に効果を発揮します。

本製品は「脱臭フィルターオートクリーン機能」を搭載しているのが特徴で、毎日自動的に発するヒーターの熱の効果で脱臭力を持続。また、フィルター交換も不要なので使い勝手は良好です。なお、強烈なニオイを吸い込んで脱臭力に不安を感じた際は、手動でフィルタークリーニングすることもできます。

ペットの毛やホコリなどを吸い込む集塵機能を持っている集塵フィルターも交換不要。掃除機を使ったお手入れは1か月に1度、水洗いは1年に1度が目安。ストレスなく使い続けられる脱臭機を求めている方におすすめです。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) プラズィオン(PLAZION)脱臭機 DAS-303E

アンモニア臭の対策に効果が期待できる脱臭機です。上下左右の4方向からニオイを吸い込み、金属酸化触媒フィルターに吸着したニオイを酸化させて分解。さらに24時間ごとに高温でのクリーニングも作用することで、抜かりない脱臭を行ってくれます。

本製品は多機能なのも特徴。ペットの毛やホコリを吸収する集塵機能はもちろん、清潔加湿機能やツイン除菌といった機能も備えており、浮遊するカビ菌の気になる梅雨や乾燥しやすい冬など、オールシーズン使えるのもポイントです。

4つのフィルターが付いていますが、すべて交換は不要。高速フィルターは自動でクリーニングされ、他の3枚のフィルターは水洗いに対応できます。

増田研究所 超小型脱臭器 オーフレッシュ OH-FRESH100-C

ロングセラーモデルの脱臭機。コンセントに挿すだけで使えるのが特徴です。消臭する際に要する時間は1~2日程度と長い目で見る必要はありますが、消費電力はわずか1Wなので、放置タイプの脱臭機を求めている方や電気代のコストを極力抑えたい方にとっては候補となる製品です。

サイズは5×4.5×8.5cmとコンパクト。適応範囲は1個で8畳をカバーするので、複数台用意して玄関やキッチンなどにそれぞれ置くのがおすすすめです。

オーシーアール(OCR) 快適マイエアー OZ-2S

ホテルや老人ホームなどでも利用されている脱臭機です。部屋の広さやニオイの強さに合わせて2段階切替が可能。2~12畳までと適応範囲に幅があるため、ペット用のお部屋から家族全員が集まるリビングまで、あらゆるシーンで使える汎用性の高さが特徴です。

重さは300g程度なので持ち運びも容易。付属の壁掛け金具を使用すれば、しっかりと固定することもできます。お手入れも手間いらずで、付属のメンテナンスブラシを水で濡らしてオゾン発生体を磨き乾かすだけ。なお、取り扱いについては説明書が同封されているほか、公式サイトにはお手入れ方法を紹介した動画もアップされているので、気になる方はそちらもぜひチェックしてみてください。

オーニット(OHNIT) 爽やかイオンプラス CS-4

オゾンを利用した脱臭機です。低濃度なのでペット用としても比較的安心して使えるのが特徴です。ニオイや利用したい部屋に合わせてオゾン発生量を3段階調節できるのもポイント。適応範囲は約2~20畳となります。

本体サイズは90×70×170mmで重量約320gと軽量かつコンパクトで静音性にも配慮しています。価格に関してはなかなか値が張りますが、その分使い勝手は良好の1台です。

脱臭機のおすすめ人気モデル|タバコ向け

アースウォーカートレーディング(Earth Walker Trading) オゾン発生器 オースリークリア2 OZO3C2

オゾンの力を利用した脱臭機。ホテルや旅館、医療機関などで広く活用されている人気の機種です。稼働は運転と待機を交互に行うサイクル仕様。前者は1〜40分の間で、後者は30〜360分の間で調整することが可能です。

適応範囲は24畳と広範囲をカバー。高濃度のオゾンを発生させ、カビやタバコの不快なニオイをしっかり除去くれます。なお、シガーソケットにも対応しているので車載用として使えるのもポイント。同ジャンルの製品としては比較的高価格帯なので、「優秀な脱臭機を長く使い続けたい」と考えている方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) エアリオン・ワイド DAC-2400

東芝の脱臭機。ニオイの分子を分解するグラフト重合法を採用しており、アロマなどの香りはそのままに、タバコなどの不快な臭いだけを除去したい際に効果を発揮してくれる製品です。

3段階の切替モードが搭載されているのもポイント。モードを切り替えることで、車内などの比較的狭いスペースから16畳ぐらいのリビングまでカバーできるのが特徴です。

パナソニック(Panasonic) 脱臭ハンガー MS-DH100

スーツやコートなどに付いたタバコや焼肉のニオイが気になる時におすすめの脱臭機。使い方は簡単で、ニオイの気になる衣服をハンガーにかけて電源を入れておくだけで対応できます。

電源を入れると8つの放出口から不快なニオイを抑制するOHラジカルを多く含むナノイーXが放出。繊維の奥まで入り込んでタバコのニオイを脱臭します。衣服の外側のニオイも気になる時は衣類用カバーをかけると効果的です。

ナノイーXに含まれるOHラジカルは花粉も抑制するので、花粉症に悩む方にもおすすめ。約5~7時間で脱臭できますが、コストは1回1円以下と経済的。静音性に優れているのもポイントです。

オゾンテクノロジー(OZONE TECHNOLOGIES) 業務用オゾン発生器-Pro 5000mg

5000mgと高濃度なオゾンを発生させる脱臭機。処理スピードの速さがウリで、例えば16畳の空間を脱臭する場合はたった5分ほどで完了してくれるので、脱臭機に素早い対策能力を求めている方におすすめです。

10~120分の間でタイマーを設定できるのもポイント。ちょっとした合間を活用してニオイ除去ができるので効率的です。なお、本製品は業務用なので見た目はかなり無骨ですが、カバー領域は広範囲。しかしサイズはコンパクトで、B5ノートよりも小さく、3kgもないので簡単に持ち運べるのも大きなメリットです。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) プラズィオン(PLAZION) 高機能プラズマイオン脱臭機 HDS-3000G

ニオイを吸引し、金属酸化触媒ハニカムフィルターとヒーターの力でしっかり脱臭するタイプの製品。消臭成分を放出してカーテンやソファに染みついたニオイも除去するのが特徴です。

脱臭スピードが優秀なのもポイントで、脱臭機を稼働させた状態かつ8畳の部屋でタバコを吸った場合、3分後には消臭が完了するほど、高い効果が期待できる製品です。

集塵機能付きフィルターは水洗い可能。ニオイフィルターは自動でクリーニングされます。本体価格は相応ですが、その分高い脱臭機能を要しているので、とことん脱臭機を使いたいという方にとっては候補となる1台です。

オーシーアール(OCR) オゾンエアーモア MR-1

オゾンの力を利用した脱臭機です。2段階モードの切替ができ、適応範囲は2~15畳までと幅広いため、リビングや書斎など、さまざまなシーン場所で使えるのが特徴です。充電式なので電源コードも不要。400gと軽量で持ち運びも容易で、メンテナンスに関しても月に1度オゾン発生体をブラシで磨くだけと手間いらずと使い勝手は良好です。

なお、本製品は防滴仕様(IPX3)なので入浴後の浴室に置くのもおすすめ。カビ対策にも効果が期待できるので、脱臭機を探している方はもちろん、バスルームをクリーンな状態に保ちたい方にもおすすめです。

脱臭機のAmazonランキングをチェック

脱臭機のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。