日々の生活を送る上で気になるのが不快な臭い。特にペットやタバコの臭いはストレスに感じることが多いため、しっかりと対策を講じる必要があります。

そこで今回はおすすめの脱臭機をピックアップ。脱臭機と空気清浄機の違いや脱臭機の選び方についてもご紹介するので、ケアしたい方はぜひチェックしてみてください。

脱臭機とは?

By: amazon.co.jp

脱臭機とは、その名の通り、気になるニオイを取り除くための機器です。消臭、脱臭機能が搭載された製品は数多く流通していますが、そのなかでも脱臭機はアロマのように別の香りを散布するわけではなく、空気清浄機とも異なるので、しっかりと脱臭したい方におすすめです。

なお、脱臭機と言っても、ニオイを軽減させるタイプや本体内部に設けた金属酸化触媒フィルターによって脱臭するタイプ、脱臭効果のある物質を放出することにより空間単位で脱臭するタイプなど、さまざまな種類があります。

アイテムによって脱臭効果やメンテナンス方法、掛かるコストなども変わってくるので、それぞれのメリットとデメリットをしっかり確認しておきましょう。

脱臭機と空気清浄機の違い

By: panasonic.jp

脱臭機と空気清浄機は、それぞれ特化している機能が異なります。空気清浄機は室内に舞うホコリやチリ、不快な臭いなどをまとめて吸い込んだ上で、フィルターでろ過をし、浄化するのが特徴です。消臭効果も期待できますが、空気を清浄にすることに重きを置いています。

一方で、脱臭機はニオイの原因となる微小な菌を分子レベルで分解して、無臭へと近づけられるのがポイント。脱臭機能に特化し、ニオイを元から除去してくれます。空気清浄機と脱臭機、いずれも「空気をキレイにする」という点では似たようなモノに思えますが、それぞれアプローチが異なるので、違いを把握しておきましょう。

空気清浄機についてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

脱臭機の選び方

脱臭したい臭いで選ぶ

ペットの臭い

ペット特有の臭いの元は、ほとんどがアンモニア臭。そのため、ペットの臭い対策にはアンモニア臭の除去機能に優れた製品を選ぶことが重要です。例えば、活性炭やマンガン系の触媒を素材とした脱臭機は、アンモニア臭の除去に高い効果が期待できます。

なお、製品によってはペット専用の脱臭機もリリースされており、ペットのストレスにならないように静音設計に配慮したモデルもあります。購入すする際はぜひ消臭効果だけでなく、使い勝手もチェックしておきましょう。

タバコの臭い

室内にしつこく残りがちなタバコの臭いを取り除くには、活性炭もしくはオゾンを素材として使用した脱臭機が最適です。活性炭はオールマイティに活用できると言われており、タバコ臭はもちろんのこと、不快な臭い全般に効果が期待できます。

なお、オゾンとは酸素の原子が集まったもの。気体なので、室内のあらゆる隙間に入り込んで臭気を元から分解してくれるので、部屋中の建材や家具にまで染み込んでしまったタバコ臭やカビ臭などにも有効です。

脱臭方式をチェック

By: panasonic.jp

脱臭方式は大きく吸引方式と放出方式の2種類に分けられます。脱臭したい場所がピンポイントである時は吸引方式のモノがおすすめ。ゴミ箱やペットのトイレ、車内など、ニオイの気になる場所へ脱臭機を設置することで対策を講じることができます。

一方、リビングや寝室など広い空間のニオイが気になる時は放出方式のモノがおすすめ。脱臭機が放出した消臭粒子とニオイ分子とが接触することで部屋の脱臭に効果を発揮します。

なお、消臭粒子がよりニオイ分子と接触しやすいように窓を開けたり、換気扇を回したりすることで、より効果的に脱臭が行えます。また、扇風機やサーキュレーターを併用するのもアリなので、脱臭機単体はもちろん、さまざまな周辺機器と組み合わせることも検討してみてください。

脱臭機のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

脱臭機はそれぞれ適応範囲が決まっています。例えば5×5mの範囲しか使用できない脱臭機を10×10mの室内の脱臭用に使用しても希望通りの効果は得られません。購入前は必ず脱臭機を使用する部屋のサイズと脱臭機の適応範囲を確認しておきましょう。

また、脱臭機の効果は本体サイズによって左右されるものではありません。小さなタイプでも適応範囲にあっていれば、脱臭効果が期待できるので、購入する際はしっかりとチェックしておきましょう。

脱臭機の素材をチェック

By: amazon.co.jp

脱臭機で利用される素材には活性炭やオゾン、フィトンチッドなどがあります。どれも有効な素材ですが、どれを選んでも同じというわけではありません。

活性炭はタバコやペット臭、冷蔵庫や靴箱のニオイを消臭する際に適した素材です。ただ、脱臭効果が高い分、劣化するのも早いので定期的な交換が必要です。

オゾンはタバコや食品、体臭などの脱臭に適しています。なお、酸素が元となるので電気代以外のコストがかからないのもポイント。ただ、アンモニアなどの窒素化合物や化学薬品、人口香料などには効果を発揮しにくいというデメリットがあります。

また、フィトンチッドは排水溝や生ゴミなど、微生物の繁殖によって生じる不快なニオイの対策に向いています。天然由来の成分なので体に優しく安全性が高いのも特徴。ただ、フィトンチッドはそれ自体に香りがあるので、完全な無臭に近づけたい場合には他の素材を検討しましょう。

脱臭機のおすすめ人気モデル|ペット向け

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) プラズィオン加湿脱臭機 DAS-303E-W

ペット臭やトイレ臭の元であるアンモニアを取り除いてくれる加湿脱臭機です。アンモニアを吸着、分解するマンガン系の触媒を、旧モデルの20%増量してたっぷりと採用。アンモニア臭も逃さず、優れた脱臭効果が期待できます。

また、取り込んだニオイをパワフルに取り除く「高速メガフィルターIV」、残ったニオイまで徹底的に脱臭する「オゾンユニット」を搭載しているのに加え、消臭成分を放出することで壁紙やカーテン、家具などに染み付いた臭いまで脱臭してくれるのもポイント。さらに、脱臭機でありながら花粉やペットの毛などをしっかりキャッチする「プレフィルター」や「集塵フィルター」も用意されています。

ペット臭だけではなく、空気中に舞うペットの毛やフケもカバーしているので、満足度の高い脱臭機を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

富士通ゼネラル(FUJITSU GENERAL) プラズィオン 集塵機能付き脱臭機 HDS-302G

ペット用としておすすめの脱臭機。省エネヒーターを搭載した「高速メガフィルター」によってヒーターの加熱作用を利用しながら、取り込んだ空気をパワフルに脱臭するのが特徴です。

また、本体内に内蔵された「オゾンユニット」によって消臭成分を放出し、室内に染み付いた臭いまで対応してくれます。

なお、3ステップの「トリプル脱臭」で、ペット臭を約6分と短時間で脱臭できるのもポイント。臭いを元から分解すると謳い、しつこい臭いの対策にも効果が期待できます。

フィルターの脱臭性能を24時間ごとに自動回復させる「脱臭フィルターオートクリーン」機能を採用しているので、お手入れに手間いらず。さらに、「集塵フィルター」でペットの毛や花粉も取り除けるほか、運転モードは「弱」から「急速」までと、使い分けも可能です。

なお、購入する際は本体のみ、集じんフィルター付き、お手入れセット&消臭剤付きとで価格が異なるので、注意しましょう。

東芝(TOSHIBA) エアリオン・ワイド 消臭器 脱臭機 DAC-2400

花や天然アロマオイルなどの心地よい香りはそのまま残し、ペットやトイレのアンモニア臭、汗臭などの不快な臭いだけピンポイントで消臭してくれる脱臭機。悪臭の分子のみを吸着して無臭、無害化させる「グラフト重合法」を採用した無香料消臭剤によって、パワフルに消臭するのが特徴です。

部屋の広さやニオイの濃度に合わせて3段階の運転モードを使い分けられるのもポイント。なお、搭載された「においセンサー」の働きで、強いニオイもしっかり感知します。

さらに、適用床面積は16畳までながら、価格は5000円以下とリーズナブルなのも魅力。コスパ良好の脱臭機を探している方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) エアリオン・スリム デオドライザー DC-230

花やアロマなどの香りは消臭せずに、不快な臭いだけ消臭する簡易的なアイテム。本体サイズは7.6×7.9×15.1cm、重量は225gと軽量コンパクトなほか、乾電池式なのでコンセントが届かない場所でも設置できるのが特徴です。

また、壁掛け用フックが付属しているので、ペットのトイレエリアに設置する際も便利。悪臭にだけ反応して無臭、無害化させる「グラフト重合法」を採用した無香料消臭剤が、素早く周囲を消臭して効果を長時間持続させてくれます。

なお、本体に内蔵されている「エアリオン・ジェル」を交換するだけでメンテナンスできるため、気兼ねなく使えるのもポイント。ちょっとした用途に使えるおすすめの脱臭機です。

パナソニック(Panasonic) 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 ジアイーノ F-MV3000-SZ

ウイルスなどの除菌や不快な臭いの対策に効果が期待できる高性能な脱臭機。プールの除菌や水道水の浄化などに活用される成分「次亜塩素酸」を、製品本体内で生成できるのが特徴で、空気中に浮遊している菌やニオイを吸引して本体内の次亜塩素酸で洗浄できるのに加え、次亜塩素酸を放出して室内に付着した菌や臭いも取り除いてくれるのがポイントです。

また、室内の明るさを検知する「照度センサー」や、空気の汚れを検知する「ニオイセンサー」を搭載しているのも魅力。室内の明かりが消えると風量や操作パネルの明るさが自動で切り替わる「おやすみ自動運転」機能や、汚れの種類に応じて最適な風量に切り替わる「風量調整」機能などは便利です。

なお、ささやき声よりも静かな「静音モード」を搭載しているので、運転音が気にならず快適に眠れるのも注目点。価格帯としては高めですが、空気自体を洗うことで優れた除菌、ウイルス抑制、洗浄脱臭効果が期待できるおすすめのモデルです。

オーシーアール(OCR) 快適マイエアー OZ-2S

消臭成分のオゾンシャワーを放出し、カーテンやソファなど部屋中に染み付いたペット臭や生活臭を取り除けるオゾン脱臭機です。オゾンが悪臭分子を酸素と無臭成分に分解することで安全に脱臭できるほか、部屋の大きさやニオイの強さに応じてオゾン発生量は「強」と「弱」の2段階に切り替えられます。

また、運転音がほとんど気にならない静音設計なので、ペットにストレスを与えないのもポイント。なお、本体サイズは幅9×高さ17×奥行7.3cmとコンパクトにまとまっているので、収納スペースにも配慮できます。

さらに、付属の「メンテナンスブラシ」を濡らしてオゾン発生体とイオン電極をこするだけで、簡単にお手入れができるのも魅力。「とりあえず脱臭機がほしい」という方はぜひチェックしておきましょう。

BestFire スリム デオドライザー 小型脱臭機 GH-2128

単三乾電池3本で約3ヶ月間使用できるオゾン脱臭機。小型設計かつ重量約0.16kgと軽量なので、ペットのトイレエリア近くや玄関先、クローゼット、車内など、さまざまなスペースへ手軽に設置できるのが特徴です。

また、オゾンで除菌や殺菌、悪臭の元を分解脱臭できるのに加え、マイナスイオンが放出されるのもポイント。なお、CPUがオゾンを低濃度にコントロールしてくれるので安全性も良好です。

さらに、ニオイの強さに合わせて「lowモード」と「highモード」の2つの運転モードを使い分けられるのも魅力。省電力で気軽に活用できるおすすめのモデルです。

脱臭機のおすすめ人気モデル|タバコ向け

CUO FUTURE オゾン脱臭機

幅9.5×高さ12.5×奥行8.8cmとコンパクト仕様のオゾン脱臭機。小型であるのに加え、充電式で持ち運びも容易なので、場所を選ばずに使用できるのが特徴です。

車内のタバコ臭対策はもちろんのこと、防水仕様なので入浴後の浴室に持ち込んでカビの抑制にも効果的。また、2~6畳用の「弱モード」、6~18畳用の「強モード」、18~30畳用の「業務用モード」の3段階に切り替えられるため、室内の広さやニオイの強さに合わせて使い分けできるのもポイントです。

なお、業務用モードでは1時間あたり10mgのオゾンが発生し、不快な臭いをパワフルに脱臭。ちなみにオゾン発生体は水洗いが可能なので、メンテナンスも容易です。汎用性の高い脱臭機を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

Ozonlife 業務用オゾン脱臭器

1時間あたり6000mgもの高効率オゾンを発生させると謳うオゾン脱臭機。運転開始後すぐに大容量のオゾンを発生させるため、素早く効果的に脱臭できるのが特徴です。

タバコ臭のほか、生ゴミ臭やトイレ臭、カビ臭、腐敗臭などさまざまな悪臭を取り除きながら、ホルムアルデヒドやベンゼンのような有害物質の除去にも効果が期待できます。

本製品は時間設定機能が搭載されており、最長120分までのタイマー運転が可能。継続的に運転する「HOLD機能」も便利です。さらに、重さ1.6kgの軽量設計なので持ち運びも容易。なお、本製品は効果が高い分、オゾンの発生量も多いので、その点は注意しておきましょう。

パナソニック(Panasonic) 脱臭ハンガー MS-DH100-K

スーツやコートなどに付いたタバコや焼肉のニオイが気になる時におすすめの脱臭機。使い方は簡単で、ニオイの気になる衣服をハンガーにかけて電源を入れておくだけで対応できます。

電源を入れると8つの放出口から不快なニオイを抑制するOHラジカルを多く含む「ナノイーX」が放出。繊維の奥まで入り込んで、不快なニオイを脱臭します。衣服の外側のニオイも気になる時は衣類用カバーをかけると効果的です。

なお、「ナノイーX」に含まれるOHラジカルは花粉も抑制するので、花粉症に悩む方にも効果が期待できます。なお、ニオイの強さに合わせて、約5時間運転する「通常モード」と約7時間運転する「ロングモード」の2パターンから運転モードを選択できるのもポイント。静音性に優れているのも魅力です。

Lemebo オゾン脱臭機

幅64×高さ126mmとコンパクトサイズのオゾン脱臭機です。オゾンを瞬間的に放出することにより菌やウイルス、悪臭の元を分解。気になるタバコ臭やトイレ臭、ゴミの臭いなどを強力に分解脱臭できるのに加え、除菌、殺菌効果も期待できます。

適用スペースは2.5〜3m³程度。USBケーブルで充電をして手軽に持ち運べるため、下駄箱やトイレ、冷蔵庫などの密閉された空間はもちろん、車内のタバコ臭対策にもおすすめです。

なお、スイッチひとつで簡単に操作できるのも魅力。また、価格も3000円とリーズナブルです。コスパ良好の脱臭機を求めている方はぜひ試してみてください。

JPSTAR 多機能灰皿清浄機

タバコの煙を吸い取りながら脱臭してくれる灰皿タイプの脱臭機。1分間に2000回転する「ファンブレード」を内蔵しており、タバコの煙や花粉などの微細粒子を吸引するほか、「強力脱臭フィルター」で効果的に分解脱臭を行うのが特徴です。

また、「省電力モード」と「ブーストモード」の2段階で風量を調節できるのに加え、「低速モード」と「高速モード」の2つの運転モードを使い分けられるのもポイント。なお、USBケーブルで充電をしておけば約18時間連続使用ができるので、野外や車内で使うのも便利です。

さらに、好みのエッセンシャルオイルを入れることで心地よい香りを放つ「アロマディフューザー機能」が備わっているのもポイント。年々肩身が狭くなる愛煙家の方はぜひチェックしておきましょう。

オーフレッシュ 超小型脱臭器

幅5×高さ8.5×奥行4.5cmと小型の脱臭機。コンセントに差し込むタイプで、セラミック表面に沿って放電し、ラジカルや微量のオゾンを空気中に放出し、タバコ臭などのさまざまな脱臭に効果が期待できるのが特徴です。

なお、本製品を24時間差しっぱなしにすることで常に室内空気の浄化を図れるのもポイント。消費電力はわずか1Wなので月々の電気代にも配慮できます。

適用床面積は1製品あたり8畳。いくつか併用することでより広い室内にも対応できます。価格は1万円以下なので、検討している方はあらかじめ用途を確認してから購入するようにしましょう。

uvistare 小型脱臭機

−10℃まで耐えられる小型の脱臭機。室内はもちろん、冷蔵庫内でも安心して使えるアイテムを探している方におすすめです。

本体から放出されたオゾンが、部屋中に染み付いたタバコ臭などの悪臭やウイルス、菌を元から分解。なお、空気中に浮遊する花粉やダニなどの活動抑制や、ホコリの除去にも効果が期待できます。

また、本体サイズは幅6.4×高さ11.8×奥行6.4cmとコンパクト。また、USBケーブル充電式なので、パソコン周辺機器としても便利に使えます。

さらに、静音設計によりシーンを選ばずに活用できるほか、オゾンの濃度が下がる「スタンバイモード」と高濃度オゾンを発生させる「ブーストモード」の2つのモードを使い分けられるのも魅力。使い勝手はよいものの、価格は5000円以下とリーズナブルなので、コスパ重視で脱臭機を選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

脱臭機のAmazonランキングをチェック

脱臭機のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。