ズボンやスカートなどの裾を調節したいときに便利な「裾上げテープ」。接着面をアイロンの熱で溶かして貼り付ける仕組みなので、ミシンや針を使わなく済むのが魅力です。ただし、製品によってタイプや幅が異なるため、どれを選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、裾上げテープのおすすめアイテムをご紹介します。選び方も解説しているので、裾上げしたいモノに適した製品を選んでみてください。

裾上げテープ選び方

テープの貼り付け方をチェック

片面タイプ

By: amazon.co.jp

粘着面を片面のみに設けているのが片面タイプ。粘着力が強いので、貼り付け後の耐久性を重視したい場合に適しています。とくに、洗濯やクリーニング頻度の高いアイテムを裾上げするのにぴったりです。

貼り付け方が簡単なのも魅力。裾上げしたい分だけを折り返した後、生地の端部分に裾上げテープを乗せてアイロンがけするだけで完了です。前もって裾上げテープを軽く水に浸しておく必要がありますが、なかには水が不要のモノもあるのでチェックしてみてください。

また、裾上げテープを直接見ながらアイロンがけが可能です。剥がれてしまっても、簡単にお直しできます。裾上げ作業に慣れていない方でも挑戦しやすいタイプです。

ただし、生地の裏側ではあるものの、貼り付け後に生地を捲るとテープの裏面が見えるので注意。生地と違う色のモノを使用すると、場合によっては人目に付いてしまう点に留意しておきましょう。

両面タイプ

By: amazon.co.jp

両面タイプは、粘着面を両面に設けているのが特徴。折り返した面と向かいにある面の間に貼り付けて接着します。面と面の間に裾上げテープを挟み込むイメージです。

片面タイプとは異なり、水を必要としないのがメリット。両面テープと同じように使える製品も販売されています。また、貼り付け後に生地を捲ってもテープが見えずきれいに仕上がるのも魅力。見た目を気にする方でも使いやすいタイプです。

ただし、片面タイプより耐久性が劣ってしまう点に留意しておく必要があります。裾上げテープを直接見ながら貼り付けられないのも難点。そのため、初心者の方であれば、表面にはくり紙が付いていて片面ずつ貼り付けられるモノがおすすめです。

裾上げする生地に合ったモノを選ぶ

薄い生地の裾上げなら生地と同じ色の「薄地用」を

By: amazon.co.jp

薄い生地を裾上げしたいなら、生地と同じ色の「薄地用」がおすすめです。厚みを抑えているので、生地と裾上げテープとの接着面がわかりにくく、凸凹の目立ちにくいスッキリとした自然な見た目に仕上がります。

裾上げする衣類と同じ色のモノを選ぶことも大切。色を揃えておけば、たとえ表側にテープの色が透けてしまっても目立ちにくいのがポイントです。夏用の薄いブラウスやスカートを裾上げしたい場合には、あわせてチェックしておきましょう。

厚手の服には粘着力の強い「厚手用」

By: amazon.co.jp

ジーンズや作業着といった厚みのある服を裾上げしたい場合には、粘着力に優れた「厚手用」を選ぶのがおすすめです。厚手の服は裾上げしても戻りやすく、裾上げテープが剥がれやすい傾向にあります。接着面が強力な厚手用を選ぶことで、固定力をアップさせましょう。

洗濯に強いモノがラインナップされているのもメリット。余らせてしまいそうな場合は、厚手の生地だけでなく普通地にも使えるアイテムを選ぶと最後まで有効活用できます。

ジャージなどの伸縮性のあるモノには「ストレッチ生地用」

By: amazon.co.jp

ジャージや体操着など、伸縮性のあるアイテムを裾上げしたいなら「ストレッチ生地用」がぴったり。ストレッチ生地のアイテムに、伸縮性のない裾上げテープを使用すると、すぐに剥がれやすいので要注意です。ストレッチ生地用のモノなら、生地に合わせて伸び縮みするため、動きが加わっても剥がれにくいメリットがあります。

より強い粘着力を求めるのであれば、ストレッチ生地用のなかでも強力接着タイプがおすすめ。長年着用し続けても剥がれにくいため、裾上げテープを貼り替える手間を軽減できます。

テープの幅をチェック

By: amazon.co.jp

裾上げテープは、裾上げ箇所に合った幅のモノを選ぶことも重要。裾上げ箇所に対して細すぎるモノを選ぶと、うまく接着できず剥がれてしまう可能性があります。

耐久性や貼り付けやすさを重視したいなら、幅広タイプが便利。接着面を広く確保できるため、剥がれにくく仕上がります。また、貼り付ける位置を調節しやすく、初心者の方でも作業しやすくておすすめです。

一方で、片面タイプの場合は、幅広すぎると裏返したときに目立ってしまう場合があります。耐久性や貼り付けやすさだけでなく、見た目とのバランスも考慮するようにしましょう。

裾上げテープのおすすめ|片面タイプ

キャプテン 薄地すそ上げテープ CP64

薄い衣類のお直しを自分で済ませたい方に

表に凸凹が出ずきれいに仕上がる薄地用の裾上げテープです。サイズは幅3cm×長さ1.5mあります。とくに薄い生地を使用したスカートやスラックスとの相性が良好。夏用のボトムスに使用したいならチェックしておきたい製品です。

裾上げだけでなく、ほつれ直し・補修・補強にも活用できます。薄い衣類のお直しを自分で済ませたい方にもおすすめです。

両端にほつれ止め加工が施しているのもポイント。貼り付けた後も洗濯やドライクリーニングができます。

キャプテン 超強力すそ上げテープ CP87

家庭での洗濯やドライクリーニングに対応

防水加工が施されている裾上げテープ。マリンスポーツやダイビングなどに使われるスポーツウェアの目止めにも使用可能です。かぎ裂きした部分を補修したいときにも役立ちます。

強力に接着させられるので、ジーンズや作業用ズボンなど厚手の衣類にも使用可能。家庭での洗濯やドライクリーニングに対応しているため、洗濯する頻度の多いパンツを裾上げしたいときにも向いています。

八商商事 うすもの用すそ上げテープ 4個セット

まとめて購入しておきたい場合におすすめ

薄手の衣類を裾上げするのに適した製品です。サイズは幅25cm×長さ2.5m。ブラウスやスカートに対応できます。子ども用の衣類に使えるのも魅力。まとめて購入しておきたい場合におすすめの4個セットです。

裾上げテープ自体も薄いため、生地が持つ風合いはそのままに美しく仕上がるのもポイント。アイロンで簡単に接着できるので、手軽に裾上げしたい方はチェックしてみてください。

渡辺布帛工業 アサヒ スムーザーすそ仕上げ

幅が3.5cmあり、カーテンの丈直しにも使える裾上げテープです。日頃からよく着用するズボンやスカートにも使用できます。夏用のボトムスに活用したい方におすすめの製品です。

貼り付け後の洗濯やドライクリーニングにも対応可能。薄手なので表側に透けにくいのも魅力です。裾上げしやすい幅広タイプを探している方はチェックしてみてください。

藤久 CraftCafe お徳用すそ上げテープ

手芸材料や手芸用品を扱う日本のメーカー「藤久」による国内製造品です。長さ5mのお徳用でたっぷり使えるのが魅力。幅は約2.3cmあり、ズボンやスカートなどの裾を調節したいときに適しています。

裾が細いデザインのズボンに使えるのもうれしいポイント。ライトグレー・グレー・紺・黒の豊富なカラーバリエーションを展開しています。

wumio 裾上げテープ

長さ1mの裾上げテープが2本入ったセット製品です。ズボンの裾上げはもちろん、手提げ袋作りでも使えるのが特徴。日頃から手芸によるハンドメイド作品を作ることが多い場合にも適しています。

幅2.4cmの幅広タイプなので、裾上げ後に剥がれにくいのも魅力。また、テープの両端に接着剤が付いているのもポイントです。当て布の上からアイロンをかけることで、面同士がしっかりとくっつく仕組み。耐久性の高さを重視したい方にもおすすめです。

BIG JEMUSON 裾上げテープ 2個セット

最短10分で裾上げできると謳われている製品です。手縫いした場合よりも早く仕上がるため、できるだけ短時間で裾上げを終わらせたい場合に便利。グリーンやグレーなど、作業服にぴったりな8色を展開しているのも特徴です。

中温のアイロンで簡単に接着できるので、不器用な方でも貼り付けやすくておすすめ。貼り付けたあとも水洗いやドライクリーニングできるのもポイントです。

八商商事 男のハガレンダー BD-S230S

生地の組織内まで浸透する接着樹脂が使われており、標準品と比べて約4倍もの接着強度を有する裾上げテープです。2kgあるダンベルを吊り下げても剥がれないと謳われているほどの耐久性が魅力。とにかく接着力が強いモノを選びたいなら要チェックです。

貼り付け後も家庭での水洗いやドライクリーニングができるのもポイント。片面タイプながら水は不要で、アイロンさえあれば接着できるのも特徴です。もし剥がれてしまっても、再度アイロンをかければくっつけられます。

レオニス(Leonis) すそ上げテープ

やわらかな生地にもなじみやすい裾上げテープです。伸縮性に優れているのが特徴。切りっぱなしの裾をほつれにくくしたいときにも役立ちます。

とくに剥がれやすい端部分を強力に接着させられるため、耐久性の高さもポイント。水洗いやドライクリーニングにも耐えやすいので、貼り付け後も長く使用できます。

また、スリット編みが施されており、生地に動きをもたせられるのも魅力です。着用中に引きつれたり、のりで表面が硬くなったりしにくく、自然な生地感をキープできます。

SHICHANG 裾上げテープ

厚手のウール・合成繊維・デニムなど、さまざまな生地に対応できる裾上げテープ。接着糸を多く使用しているうえ、接着面積が広い幅広タイプなので、強力に接着させられます。洗濯することが多い作業服やジーンズに使いやすいのも特徴です。

また、長さが11mあるロングタイプのため、カーテン・テーブルクロス・ベッドカバーなどのサイズ調節にも適しています。幅広い用途で活用できるモノが欲しい場合や、ストック用として購入したい場合におすすめです。

クロバー(Clover) ロングすそ上げテープ

裾上げをする頻度が多い場合におすすめの製品です。長さが2.2mあり、1つあればズボン2着分を裾上げできます。

白い波状の接着面が特徴で、フレアスカートを裾上げしたいときにも使用可能。また、カーテンの丈を調節したいときにも役立ちます。縫い目を1~2cmほどいてから作業すれば、裾が細くなったズボンにも貼り付けられて便利です。

作業方法がパッケージの裏面にわかりやすく説明されているのも魅力。初めて購入する方にも適しています。

クロバー(Clover) ストレッチすそ上げテープ 68-208

ストレッチ性のあるジャージやパンツなどにぴったりの裾上げテープ。裾上げテープではあるものの、破れた箇所の補修・補強にも使用できます。

柔軟性のあるニット素材が使われているため、きれいに仕上がりやすいのも特徴。また、接着面がザラザラしており、表裏を判別しやすいのも魅力です。熱いうちに再度アイロンを当てれば貼り直せるので、慣れていない方にも適しています。

sin ストレッチすそあげテープ

アイロンがけするだけで面同士を強力に接着できる裾上げテープ。伸縮性に優れているため、ジャージ・ストレッチパンツ・トレーニングパンツといったストレッチ性のある素材で作られた衣類を裾上げしたい場合にぴったりです。

アイボリー・グレー・ネイビーなど全6色が展開されているのもポイント。撥水加工が施されているので、水洗いするアイテムに使用したい方にもおすすめです。

裾上げテープのおすすめ|両面タイプ

クロバー(Clover) 熱接着テープ 68-004

幅は2.5mと太めで接着面が広く、剝がれにくくておすすめの裾上げテープ。長さは3mあります。水洗いやドライクリーニングに対応しており、裾上げ後もお手入れしやすいのがポイントです。

スカートやズボンの裾上げ・ほつれ直しに加え、破れた箇所を補修するのにも使えるのが特徴。さらに、カフェカーテンのふちを上げたい場合にも活用できます。設定温度に注意しつつ少し長めにプレスすることで、厚地の生地にも使用可能です。

キャプテン カーテン用すそ直しテープ CP68

日本の手芸用品メーカー「キャプテン」が手がけた裾上げテープです。クモの巣状の接着面により強力接着が可能。さらに、幅が約4.5cmと広めなので、ズボンやスカートはもちろん、カーテンなどの重たい生地もしっかりと接着できます。

両面タイプではあるものの、表面にはくり紙が付いており、片面ずつ接着させられるのも魅力。裾上げテープを直接見ながら作業できるため、比較的貼り付けやすい両面タイプのモノが欲しい場合に適しています。

カワグチ(KAWAGUCHI) 普通地~厚地用 強力両面接着テープ 93-055

布製品の裾上げはもちろん、折り返しやほつれ止めにも対応した製品です。長さが12mあるので、シャツ・スラックス・スカートをはじめ、カーテンや寝具といった大きめのアイテムにも使えます。

フィルムのように薄いぶん、ムラなく接着できておすすめです。やわらかな繊維状の接着樹脂が使われており、貼り付けた後に生地を折り曲げやすいのもポイント。貼り付ける位置を調節しやすいうえ、微妙なラインにも使いやすい仕様です。

裾上げテープがテープケースに入っており、取り出しやすいのも魅力。幅が1.2mmと細めのため、使用する範囲が狭い場合に向いています。また、パッケージ裏には、イラストとともに見やすいユニバーサルデザインフォントで使用方法を掲載。読みやすく作業をスムーズに進められます。

カワグチ(KAWAGUCHI) 水に強い布用両面テープ 94-014

手芸から工作まで、1つあれば幅広く使える裾上げテープ。両面テープと同じように貼り付けるだけでよいため、裾上げ作業を初めて行う場合にもおすすめです。

厚さが0.13mmと薄いぶん、曲面に接着しやすいのも特徴。布をはじめ、皮・金属・プラスチックなど、さまざまな素材に使えるのもポイントです。衣類だけでなく、幅広いアイテムに使いたい方に適しています。

貼り付けてから24時間経てば洗濯も可能。ズボンの裾上げはもちろん、お遊戯会での衣装や給食ナプキンなどを作るときにも役立ちます。

日本バイリーン MFスーパーテープ MF30TP5

両面タイプながら、はくり紙付きで片面ずつ貼り付けられる裾上げテープ。ズボンやスカートだけでなく、カーテンの裾上げにも使えて便利です。

クモの巣のように接着樹脂が張り巡らされているのも特徴。接着成分が溶けやすいぶん、厚手の素材もアイロンで強力にくっつけられます。

布と紙を接着させたいときにも使用可能です。ポーチへのファスナー付けやバッグの持ち手を作りたいときにも重宝します。さまざまな作業をスムーズに済ませたい方はぜひチェックしてみてください。

ANTIQUE 裾上げテープ AL-00030

伸縮性があり、ニットやジャージにも使える裾上げテープです。コーデュロイや別珍で作られた衣類に使えば、ほつれの糸くずがピタッと止まります。アイロンによるプレス時間は約10秒が目安です。

衣類にあいた小さな穴を塞ぎたいときにも使えます。熱いうちであれば貼り直しも可能。長さが73mあるので、衣類のお直しをすることが多い場合に向いています。

裾上げテープのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

裾上げテープのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。