洗い流さないトリートメントは、つけたままじっくりと髪の毛をケアできるタイプのトリートメントです。市販のプチプラからサロン専売品まで、それぞれのメーカー・ブランドが独自の魅力をいかしたアイテムを展開しています。

今回は人気の洗い流さないトリートメントからおすすめをご紹介。ツヤを与えてくれるヘアオイルやサラサラに仕上がるヘアミルク、朝のスタイリングにもぴったりなヘアミストなど、幅広く解説します。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

洗い流さないトリートメントとは?

By: amazon.co.jp

洗い流さないトリートメントとは、入浴後に使用するタイプのトリートメントのことです。通常のトリートメントが塗布したあとしばらく放置したら洗い流して使用するのに対し、洗い流さずそのまま髪を乾燥させるのが特徴。「アウトバストリートメント」とも呼ばれます。

洗い流さずつけたままにするため、配合された成分がじっくりと髪になじんでいくアイテムです。水で流さないので髪全体に均一に塗布するのは難しいかわりに、毛先などのダメージがひどい部分を集中的にケアするのには向いています。

また、ドライヤーの熱や紫外線などのダメージから髪を守ってくれる効果も期待できる点も魅力です。

洗い流さないトリートメントの選び方

好みの仕上がりや使用感にあわせてタイプを選ぶ

指通りのよいツヤ髪に仕上げられる「オイル」タイプ

By: napla.co.jp

洗い流さないトリートメントはさまざまなタイプやテクスチャーが展開されていますが、オイルタイプはとくに取り扱うメーカー・ブランドが多いアイテム。主に油分で構成された処方が特徴です。そのため、髪にツヤやまとまりを出しやすく、髪のパサつきが気になる方におすすめです。

のびがよく髪1本1本を包み込むようなテクスチャーで、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱ダメージから髪を守るはたらきも期待できます。また、ヘアアレンジにも使いやすく、まとめ髪やウェットヘアのスタイリングにも使用可能です。

つけ心地が軽くなめらかな髪に導く「ミルク」タイプ

By: droas.jp

ミルクタイプは、軽めのつけ心地が魅力。べたつきが苦手な方や髪が細い方、毛量が少なめでボリュームが出にくい方のヘアケアにおすすめの、洗い流さないトリートメントです。

さっぱりした使用感のものが多く、しっとりとまとまった質感に仕上げたい方には、物足りなく感じやすい点はデメリット。しかし、髪になじみやすい点や、なめらかな手触りのサラサラした髪質に仕上げやすい点が魅力です。

濃厚な質感でしっとりまとまる「クリーム」タイプ

By: rakuten.co.jp

ヘアクリームは、ヘアミルクと同じく油分と水分で構成された洗い流さないトリートメント。ヘアオイルより軽い使用感で、ヘアミルクよりは油分が多く濃厚な質感が特徴。のびがよく髪になじみやすいテクスチャーながら、ごわつきの気になる髪をサラサラにまとめてくれるアイテムです。

高保湿成分を配合したものも多いのが魅力。ほかのタイプに比べると取り扱いのあるメーカーは少なめですが、安定した根強い人気を有するアイテムもあります。

髪に浸透しやすくサラッとした使用感の「ミスト・スプレー」タイプ

By: johnmasters-select.jp

ミスト・スプレータイプは、水分の割合がもっとも高いタイプの洗い流さないトリートメント。霧状のリキッドをスプレーで髪に塗布します。油分が少ないため、軽くさっぱりとした使用感が特徴。べたつきにくいため、髪の毛が細くやわらかい方や絡まりやすい髪質の方におすすめです。

べたつきの少ないさわやかなテクスチャーである一方、しっとり感やまとまり感は物足りない場合もあります。ですが、スプレー式なので手軽にお手入れしやすく、プチプラ価格帯のアイテム展開も豊富で、気軽にアウトバストリートメントを試してみたい方にはぴったりです。

髪の状態にあわせて配合成分をチェック

ダメージヘアをケアしたい方は補修成分配合のものを

By: orbis.co.jp

髪の毛は、ドライヤーやヘアアイロンの熱・紫外線・ヘアカラー・パーマなど、さまざまなダメージを受けています。一度傷んでしまった髪は傷む前の状態には戻せません。しかし、洗い流さないトリートメントに配合された補修成分によって、傷んだ部分をおぎない、きれいな髪に見せるのは可能です。

主な補修成分として挙げられるのが、ケラチンやシルクなどの成分。髪と同じくタンパク質由来の補修成分のため、髪になじみやすいのが魅力です。

乾燥によるパサつきゴワつきのケアには油性保湿成分配合のものを

By: amazon.co.jp

乾燥によるパサつきも、髪の毛が美しく見えない原因のひとつ。髪のうるおい不足をケアするには、油性保湿成分がしっかりと配合された洗い流さないトリートメントを選びましょう。油性の成分には、毛髪の水分を保ってしなやかな状態へと導く効果が期待できます。

主な油性保湿成分として挙げられるのが、シア脂・ホホバ油・ヒマワリ種子油など植物由来のオイル。パサパサとした髪をしっとりとまとめ上げてツヤを出し、すこやかな印象を与えます。

サラサラタイプかしっとりタイプかで選ぶ

洗い流さないトリートメントは、アイテムによって使用後の髪の質感に差が出ます。好みの仕上がりになるかの参考として、「サラサラ」「しっとり」などの表記にも注目してみましょう。

硬い髪質の方や髪の毛の広がりが気になる方、パサつきがひどい方にはしっとりタイプがおすすめ。一方で、髪がやわらかく細い方や絡まりやすい方、べたつきやすい方にはサラサラタイプがおすすめです。

サラサラタイプ、しっとりタイプの両方を展開しているアイテムは、商品名にしっとりやサラサラと記載がある場合が多いのでチェックしてみましょう。商品名に表記がない場合も、通販サイトの商品紹介ページに記載されている場合があるので、確認してみるのがおすすめです。

機能性をチェック

外出前に使う場合は「UVカット機能」つきがおすすめ

紫外線によるダメージも、髪が傷んでしまう原因のひとつ。日中外にいる機会の多い方には、UVカット機能つきの洗い流さないトリートメントがぴったりです。「UVカット」の記載のあるアイテムのなかから探してみましょう。

また、アイテムによっては日焼け止めでおなじみのSPF・PAの数値が記載されている場合もあります。測定値は肌に対する基準値に準ずる値で、髪への効果を示すものではありませんが、参考値としてチェックしてみるのもおすすめです。

紫外線ダメージは髪色の退色にもつながります。そのため、ヘアカラーを楽しむ機会の多い方もチェックしておきたいポイントです。

ドライヤーやヘアアイロンの熱から守る「ヒートプロテクト機能」にも注目

毎日ドライヤーやヘアアイロンを使う方は、熱によるヘアダメージから髪を守るはたらきも意識してみましょう。注目したいのが、ヒートプロテクト機能を採用した洗い流さないトリートメントです。

ヒートプロテクト成分のものは、熱ダメージからキューティクルを守れるのが魅力。毛髪表面をコーティングすることで髪にツヤを与えることもできます。

香りで選ぶ

By: amazon.co.jp

洗い流さないトリートメントは、香りにこだわったアイテムが多数展開されています。そのため、自分の好みに合ったアウトバストリートメントを選ぶのも楽しみのひとつです。定番の香りは、フローラル系・ハーブ系・シトラス系など。

よりオリジナリティに富んだ香りが好みの方には、系統の異なる香料や精油を複数ブレンドしたタイプのアイテムもおすすめ。まるで香水のように奥深いアロマが楽しめます。一方、強い香りが苦手な方には、無香料タイプや微香タイプもおすすめです。

洗い流さないトリートメントのおすすめランキング|ドラッグストアで買える・プチプラ

第1位 花王(Kao) エッセンシャル CCオイル

花王(Kao) エッセンシャル CCオイル

1本で髪ダメージ補修やツヤ髪効果など5in1が叶う、洗い流さないトリートメント。なじませたあとは髪1本1本がばらけると謳われており、ドライヤーで乾かしやすくなります。

また、毛流れがそろいやすく、アイロンでのヘアセットもスムーズにきまります。髪がまとまりにくく、ヘアアイロンを何度も髪にあててしまっている方や、ヘアセットに時間がかかりすぎている方におすすめのアイテムです。

第2位 ラックス(LUX) スパーリッチシャイン ダメージリペア とろとろ補修ヘアオイル

ラックス(LUX) スパーリッチシャイン ダメージリペア とろとろ補修ヘアオイル

とろりとした心地のよいテクスチャーが特徴的な、洗い流さないトリートメント。ラックスが手がけるヘアケアブランドのなかでも、ダメージ補修に特化したラインから展開されているヘアオイルです。

ホホバ種子油・ヒアルロン酸Na、アルギニンなど、複数種類の保湿成分や、アルガンオイルなどの補修成分を配合したアイテム。枝毛・切れ毛を防ぎ、ダメージに悩む髪を1本1本包み込んで、輝くようなツヤを与えます。

第3位 ラサーナ(La Sana) 海藻 ヘア エッセンス しっとり

ラサーナ(La Sana) 海藻 ヘア エッセンス しっとり

人気のヘアケアブランドが展開する、ミストタイプの洗い流さないトリートメントです。無香料タイプなので、強い香りのするトリートメントが苦手な方にもおすすめ。濡れた髪につけて乾かすだけで、つやのあるしっとりとまとまった髪に仕上がります。

保湿成分として、オリーブ油やローヤルゼリーエキスを配合。カラーリングやパーマ後のヘアケアにもぴったりのアイテムです。25ml・75ml・150ml・つめかえ用の140mlと容量の展開も豊富。ミストタイプを試してみたい方に使いやすいアイテムです。

第4位 ダイアン(DIANE) パーフェクトストレートミルク

ダイアン(DIANE) パーフェクトストレートミルク

プチプラで本格的なヘアケアを始めたい方にぴったりな洗い流さないトリートメント。やわらかく細めな髪質・くせっ毛の方におすすめのミルクタイプです。水分をコントロールする処方を採用。髪の水分を保ち、うねりを抑えてストレートヘアをキープします。

ブローのタイミングで髪全体になじませたあと、ドライヤーをあてて髪を伸ばすようにブローすれば、まっすぐなサラサラヘアにセット完了。手軽に髪をセットしたい方にもおすすめです。

第5位 ロレアルパリ(LOREAL PARIS) エルセーヴ リスインテンス スムースオイルエッセンス

ロレアルパリ(LOREAL PARIS) エルセーヴ リスインテンス スムースオイルエッセンス

くせ毛やパサついた髪も、長時間まとまりのよい状態に保つ、洗い流さないトリートメントです。毛髪保湿ケア成分として、アルガンオイルを配合。髪の毛にうるおいを与えます。

オイルらしいつややかな質感を与えつつ、サラサラとした指通りのよさも叶えてくれる洗い流さないヘアオイルです。

第6位 ビー・エス・ピー(B・S・P) モンシャルーテ アルガニーナ オーガニック ヘアオイル

ビー・エス・ピー(B・S・P) モンシャルーテ アルガニーナ オーガニック ヘアオイル

プチプラながら、高級感のある香りにこだわった洗い流さないトリートメント。トップノートはカシス・プラムなどのフルーティーな香り、ミドルノートはジャスミン・ローズ・フリージアのフローラルな香り、ラストノートはアンバー・ムスク・ウッディの奥行きを感じる香りと、豊かなアロマが楽しめます。

ヘアケアアイテムとしても頼もしいヘアオイル。指通りのよい、サラサラとしたツヤ髪に仕上げる処方で、細い髪質の方やボリュームのない髪質の方におすすめです。

第7位 アンレーベル(unlabel) V リペア ヘアオイル

アンレーベル(unlabel) V リペア ヘアオイル

なじませる度にキューティクルを整える、洗い流さないトリートメントです。ビタミンCに着目しています。

シンプルなパッケージも魅力。性別問わず洗面所に置きやすいデザインを採用しています。フローラルカシスの香りを採用しているのもポイント。カシスやアップルをはじめとしたさわやかな香りが楽しめます。

第8位 マンダム(mandom) ルシードエル オイルトリートメント #EXヘアオイル

マンダム(mandom) ルシードエル オイルトリートメント #EXヘアオイル

べたつきを感じない、なめらかな使用感が魅力のヘアオイル。保湿成分として、アルガンオイルを配合しています。アルガンオイルはモロッコのアルガンツリーからとれる保水力の高いオイルで、ダメージを補修する成分です。

絡まりや摩擦を軽減する処方で、毛先まで指通りのよいなめらかな髪へと導きます。アイロンの熱から髪を守るヒートプロテクト処方しているほか、紫外線から髪を守るUVカット処方を採用しているのもポイント。多方向からのダメージに備えたヘアケアが叶う、洗い流さないトリートメントです。

第9位 ドロアス(DROAS) クレイミネラル ヘアエマルジョン

ドロアス(DROAS) クレイミネラル ヘアエマルジョン

軽やかな指通りに仕上げる、エマルジョンタイプの洗い流さないトリートメントです。余計な水分の侵入を防ぐアマニ油やラノリン脂肪酸などのコーティング成分を配合。寝る前に使用すれば、寝ぐせを軽減します。

また、ヒマワリ種子油・メドウフォーム-δ-ラクトンなどのプロテクト成分が、退色の原因となる紫外線から髪をガード。ヘアカラー後のヘアケアアイテムとしてもおすすめです。フリー処方にもこだわっており、パラベン・鉱物油・合成着色料などは配合されていません。

第10位 フィーノ(fino) フィーノ プレミアムタッチ 濃厚美容液ヘアオイル

フィーノ(fino) フィーノ プレミアムタッチ 濃厚美容液ヘアオイル

一人ひとりの髪悩みに対応した処方が魅力の洗い流さないトリートメント。半乾きの髪へ塗って寝る前のケアとしても、お出かけ前の乾いた髪のスタイリング剤としても使えるヘアオイルです。

内部補修成分のフィトステリル誘導体、ツヤ効果成分のスクワランやパールペプチド、外部補修成分のジメチコンと、多方面から髪にアプローチできるさまざまな成分を配合。つい手ぐしが止まらなくなるような、つやつやの髪へと導きます。

・1個

・2個

第11位 プリュスオー(plus eau) ハイドロミストN

プリュスオー(plus eau) ハイドロミストN

朝にサッと使うのにも便利な、ミストタイプのアイテム。洗い流すトリートメント前の導入美容液ですが、お風呂上がりのケアミストや朝のスタイリングにも使えます。

ノンシリコン処方で、髪への浸透にこだわった処方。毛髪保護成分のケラチンなどを配合しており、髪の内側からうるおいで満ちたすこやかな髪へと導きます。

第12位 イッシ(ISSHI) ザ ヘアミルク シルキーモイスト

イッシ(ISSHI) ザ ヘアミルク シルキーモイスト

くせ毛・うねり髪や、髪の広がりや膨らみ・パサつき・ごわつき・絡まり・枝毛予防・切れ毛予防・ダメージ補修など、さまざまな悩みにアプローチできるよう作られたヘアミルクです。毛髪をしなやかにする成分として、ステアルジモニウムヒドロキシ プロピル加水分解ケラチンやγ-ドコサラクトンなどを配合しています。

髪を湿気から守ってうねりや広がりを抑えて、素直なやわらかい髪へ整えるのが特徴。洗い流さないトリートメントとしてだけでなく、乾いた髪に塗布してスタイリング剤としても使用できるアイテムです。

洗い流さないトリートメントのおすすめランキング|市販の人気製品

第1位 ミルボン(milbon) エルジューダ エマルジョン+

ミルボン(milbon) エルジューダ エマルジョン+

本格ケアにおすすめのヘアミルク。スタイリングのしやすい、やわらかな髪へと導く洗い流さないトリートメントです。毛髪との親和性が高いケラチン由来のタンパク質、CMADK(カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン)を配合。毛髪を補修し、すこやかな美しい髪へと導きます。

なお、同シリーズは、髪質に応じて選べる2種類展開。本製品は、普通から太めの髪質の方におすすめのアイテムです。太めの硬くなりがちな髪に、より多くの水分を取り入れて、しなやかな扱いやすい状態に整えます。

第2位 ジョンマスターオーガニック(john masters organics) G&Cリーブインコンディショニングミスト N

ジョンマスターオーガニック(john masters organics) G&Cリーブインコンディショニングミスト N

人気のオーガニック化粧品ブランドが手がける、ミストタイプの洗い流さないトリートメント。細かなミストを髪全体に塗布してとかすだけで、指通りのよいサラサラな髪に仕上がります。

自然由来の乳化成分を配合。水分・油分それぞれの保湿成分がバランスよく髪になじむため、髪の内部までしっとりとうるおいます。透明感のある香りも魅力のアイテム。ローズマリーやグレープフルーツなどのさわやかな香りが好みな方におすすめです。

第3位 デミ(DEMI) ヒトヨニ リラクシング クリームケア

デミ(DEMI) ヒトヨニ リラクシング クリームケア

肌をお手入れするような、繊細なヘアケアを叶える洗い流さないトリートメント。クリームタイプのアウトバストリートメントで、フェイシャル化粧品に配合されている成分のみで構成されています。

夜の髪をいたわる植物成分中心の処方が特徴です。ラベンダーをブレンドしたナチュラルハーブの香りもポイント。また、とろけるような質感のクリームは、髪だけでなくボディのケアにも使用できます。

第4位 ロクシタン(L’OCCITANE) ファイブハーブス リペアリングヘアミルクセラム

ロクシタン(L'OCCITANE) ファイブハーブス リペアリングヘアミルクセラム

チューブ容器に入った、ミルクタイプの洗い流さないトリートメントです。シリコンフリー処方かつ98%自然由来成分の、髪になじみやすいミルキーなテクスチャー。くせやうねりの気になる髪もしっとりとまとめ上げます。

ドライヤー、アイロンの熱や、強い日差しから髪を保護するはたらきも期待できるアイテム。髪だけでなく地肌をケアする成分を配合しています。

第5位 グローアス(GROWUS) 洗い流さないトリートメント

グローアス(GROWUS) 洗い流さないトリートメント

さまざまなダメージによる多孔質毛のケアに着目した洗い流さないトリートメント。コラーゲンやタンパク質により、乾燥してパサパサになった髪にうるおいを与えます。

ヘアアイロンなどの熱ダメージから髪を保護する処方も魅力。また、環境にも配慮したアイテムで、パッケージは廃プラスチックを溶かして作ったエコフレンドリーな容器を使用しています。

第6位 ロレッタ(Loretta) プレミアムベースケアオイル

ロレッタ(Loretta) プレミアムベースケアオイル

かわいらしいイラストをあしらったパッケージデザインが目を引くヘアオイルです。しっとりしつつ、べたつかないテクスチャーが特徴。保湿効果にこだわった処方で、髪全体になじませるとツヤのあるしなやかな状態にまとまります。

パサつきの気になるハイダメージヘアや、やわらかさのほしい硬めの髪質におすすめ。ダマスクローズオイル由来の香りで、リッチな気分に浸りながら本格的なヘアケアができる、洗い流さないトリートメントです。

第7位 オルビス(ORBIS) エッセンスインヘアミルク

オルビス(ORBIS) エッセンスインヘアミルク

美容液入りのミルクタイプの洗い流さないトリートメントです。べたつかずサラサラと仕上がる使用感が特徴。重たい仕上がりは避けながら、程よいしっとり感がほしい方におすすめです。

無香料なので、強い香りが苦手な方のヘアケアにもぴったり。つめかえ用も展開されており、使い続けやすいヘアミルクです。

第8位 プロミル(Promille) プロミルオイル

プロミル(Promille) プロミルオイル

天然植物オイルを低温抽出・精製・ミックスした、洗い流さないトリートメントです。タオルドライ後のアウトバストリートメントとして使うのはもちろん、乾いた髪を整えるスタイリングオイルとして使うのも可能。また、ハンドケアやボディケアにも使用できます。

しっとり感とツヤ感が強めながら、さらりとした質感でべたつきにくいのもポイント。華やかなクラシックブーケの香りが楽しめる点も魅力です。

第9位 ウカ(uka) hair oil mist Girls on the beach

ウカ(uka) hair oil mist Girls on the beach

髪をいたわる処方はもちろん、心地よい香りにもこだわった、オイルミストタイプの洗い流さないトリートメント。振って使用する2層式が特徴です。軽い質感のミストが、髪にうるおいを与えながら紫外線からも髪を守ります。

名曲にインスパイアされているのもポイント。おしゃれなデザインのパッケージには、バイオマス素材を採用しています。ノンケミカル処方で、ナチュラル志向のアイテムが好みな方にぴったりのアイテムです。甘いバニラとミントの香りも楽しめます。

第10位 エトヴォス(ETVOS) ヘアオイルセラム

エトヴォス(ETVOS) ヘアオイルセラム

パサつく髪にツヤを与える、ノンシリコンのヘアオイルです。フリー処方にこだわったアイテムで、界面活性剤・鉱物油・着色料・防腐剤などは使用されていません。軽やかな質感が魅力の植物由来オイルを厳選しており、べたつかないのにしっとりと髪をまとまります。

ダメージ補修成分のγ-ドコサラクトンがハリやコシを髪に与えるのがポイント。カラーの褪色を防ぐ美容オイルも配合されています。切れ毛や枝毛を防ぎたい方や、ヘアカラーのもちをよくしたい方のヘアケアアイテムとしておすすめです。

第11位 モロッカンオイル(MOROCCANOIL) モロッカンオイル オイルトリートメント

モロッカンオイル(MOROCCANOIL) モロッカンオイル オイルトリートメント

オイルベースヘアケアのなかでも人気のある洗い流さないトリートメント。配合されているアルガンオイルは、コールドプレス製法で抽出された保湿成分です。指通りがよく、すばやく乾く健やかな髪へと導きます。

タオルドライ後の濡れた髪にも、乾いた髪にも使えるヘアオイル。乾いた髪に使うと、おくれ毛や枝毛をまとめるスタイリング剤としても活躍します。

洗い流さないトリートメントのおすすめランキング|美容院専売

第1位 ケラスターゼ(KERASTASE) フルイド オレオ リラックス

ケラスターゼ(KERASTASE) フルイド オレオ リラックス

髪のしなやかさが不足し、広がってまとまりにくい状態のくせ毛のケアに特化した、洗い流さないトリートメント。梅雨などの湿度の高い時期や場所でも、まとまりのある髪質を長時間キープできるアイテムです。

朝のスタイリングが夕方には崩れてしまっている方や、ヘアアイロンで念入りにセットしないと髪がうまくまとまらない方などにおすすめ。スタイリングしやすいなめらかな髪へと導きます。

第2位 ホーユー(hoyu) プロマスター カラーケア リッチ アウトバストリートメント モイスト

ホーユー(hoyu) プロマスター カラーケア リッチ アウトバストリートメント モイスト

サロン専売ブランドの洗い流さないトリートメント。4種類展開されているシリーズのうち、うるおいを与えるケアに特化したシリーズのアイテムです。保湿成分として配合されたモイストヒアルロン酸によりうるおいのある髪へ導きます。

カラーによってパサついた髪にもおすすめ。ジャスミンの優雅なアロマが魅力的な、アクアブーケの香りを楽しめます。

第3位 資生堂 プロフェッショナル サブリミック ワンダーシールド

資生堂 プロフェッショナル サブリミック ワンダーシールド

資生堂のサロン・ホームケア用に展開されている、洗い流さないトリートメント。塩素・紫外線・花粉・においなど、日常生活で避けられない外的ストレスにさらされた髪をいたわる処方が魅力です。

配合されたシールド成分が、ダメージを受けた髪全体に付着して膜を形成。髪への刺激が付着したり侵入したりするのを防いで、すこやかな状態へと導きます。

第4位 ナプラ(napla) N. シアオイル

ナプラ(napla) N. シアオイル

美容院で使用されることも多い、人気の洗い流さないトリートメント。使用感にもこだわったアイテムで、オイル特有のべたつきを感じにくいさらっとした軽いテクスチャーが魅力。ボリュームの出にくい髪にも使いやすいヘアオイルです。

高圧処理をした植物オイルを使用。芯からうるおいに満ちたような、ハリのある健やかな髪に整えます。パサつきがちなダメージ毛にもツヤを与え、サラサラとした指通りに仕上がるアイテムです。

第5位 ルベル(Lebel) イオ エッセンス モイスト

ルベル(Lebel) イオ エッセンス モイスト

ミルクタイプの洗い流さないトリートメント。赤いパッケージのモイストタイプは、乾燥しやすいパサつきがちな髪や、ウェーブスタイルの髪にとくにおすすめです。

やさしく華やかな天然ハーブローズの香りがついているのもポイント。ヘアケアアイテムは香りにもこだわりたい方にもぴったりなアイテムです。

洗い流さないトリートメントのおすすめランキング|メンズ

第1位 スリー(THREE) スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R

スリー(THREE) スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R

ダメージケアをしたい方におすすめの洗い流さないトリートメント。保湿・エモリエント成分として、オリーブ油・クランベアビシニカ種子油・ティーシードオイルなど植物由来のオイルを配合しています。

軽くさらりとした使いやすさが魅力です。うるおいを与えて、みずみずしくツヤのある指通りのよい髪へと導きます。

第2位 イソップ(Aesop) ヘアオイル

イソップ(Aesop) ヘアオイル

人気のイソップから展開されているヘアオイル。ゴワつく髪、乾燥した髪、縮れた髪、太い髪、ウェーブした髪にとくにおすすめの洗い流さないトリートメントです。

エモリエント成分であるホホバオイルをブレンドしており、やわらかくツヤのある髪に仕上げてくれます。グリーン・シトラス・フレッシュのさわやかな香りも魅力です。

第3位 レタッチ(RETOUCH) ヘアケアミルク

レタッチ(RETOUCH) ヘアケアミルク

乾かす前のヘアケアにも乾いた髪のスタイリングにも使える、ミルクタイプの洗い流さないトリートメント。ドライヤー前に使えば、毛髪補修成分であるγ-ドコサラクトンによってケアができます。

乾いた髪に使うと、毛髪保護成分のポリクオタニウム-65のはたらきによって髪がさらりとまとまるのがポイント。また、毛髪ににおいや花粉・黄砂がつきにくくなる処方を採用しているため、外出前の使用にもおすすめです。

第4位 ナイル(NILE) ヘアオイル

ナイル(NILE) ヘアオイル

軽めの使用感が魅力のヘアオイルです。一般的なヘアオイルに採用される4分の1の分子量の、特殊なオイルを採用。オイルながらサラサラとした軽い仕上がりを実現しており、使いやすいアイテムです。

香りはアップルフラワーとカリフォルニアの2種類を展開。ツバキオイル・ユズオイル・アルガンオイルなどのツヤ成分が髪をコーティングして、いきいきとした印象を与えます。

第5位 メノン(MENON) ヘアオイル スペシャルリペア

メノン(MENON) ヘアオイル スペシャルリペア

ホワイトサボンの香りで、男女問わず使いやすいヘアオイル。カラーリング・パーマ・縮毛矯正を繰り返した、ハイダメージヘアにおすすめの洗い流さないトリートメントです。

髪へのやさしさにこだわった処方で、防腐剤・鉱物油・紫外線吸収剤・エタノール・合成着色料・パラベンの6つの成分は無添加です。品質も追求しており、企画から製造まで全て日本国内で徹底して管理されています。

洗い流さないトリートメントの売れ筋ランキングをチェック

洗い流さないトリートメントのランキングをチェックしたい方はこちら。

洗い流さないトリートメントの効果的な使い方

By: amazon.co.jp

洗い流さないトリートメントは、つけ方にもコツがあります。手順をしっかり守れば、トリートメントの実力をより実感できるため、ぜひチェックしておきましょう。洗い流さないトリートメントを使用するのに、とくに適したタイミングはお風呂あがりです。

トリートメントを塗布する前に心がけたいのが、丁寧なタオルドライ。タオルドライが不十分だとドライヤーを長時間あてることになり、余計な熱ダメージを与えてしまうためしっかり行いましょう。タオルドライでしっかり水気をとったあとは、洗い流さないトリートメントを塗っていきます。

頭皮は避けて、ダメージの多い毛先を集中的に塗布するのがおすすめ。細かめのコームなどを使うとよりムラなくなじませられます。しかし、濡れた髪に無理やりくしを通すとかえってダメージを与えてしまうため、コームを使用する場合は丁寧にとかしましょう。

洗い流さないトリートメントが髪の毛全体になじんだら、髪の毛をドライヤーでしっかりと乾かして完了です。