ヘアブラシはスタイリングに欠かせないアイテム。一口にヘアブラシといってもさまざまな種類があり、タイプによって特徴や効果が違います。なかでも頭皮への負担を抑えながらヘアケアができるとおすすめなのが「パドルブラシ」です。

そこで今回は、人気のパドルブラシのなかからおすすめ製品をご紹介。パドルブラシの効果や選び方についても詳しく解説するので、ぜひ自分にぴったりのアイテムを見つけてみてください。

パドルブラシの効果とは?

By: aveda.jp

ヘアブラシにはさまざまな種類がありますが、なかでもパドルブラシはクッション性に優れているのが特徴。ブラシに空気穴があり、頭皮に押し当てても土台がしなって力が分散されるので圧がかかりすぎず、頭皮へのダメージを抑えながらブラッシングできるのが魅力です。

また、ほどよい力加減で頭皮を刺激できるのが特徴。パドルブラシは、シャンプー前のブラッシングにもぴったりです。あらかじめ髪の毛の絡まりをほぐし、頭皮の汚れを浮かせておくことで、洗髪時の摩擦による髪や頭皮へのダメージを抑えられます。

美髪を保つうえで、頭皮や髪にやさしいシャンプーを使うことも大事ですが、洗髪前のひと手間にパドルブラシを使うだけでもダメージを抑えて洗髪できるので、ぜひ試してみてください。

パドルブラシの選び方

素材で選ぶ

濡れた髪にはナイロンタイプ

By: muji.com

ナイロンタイプは水に強いのが特徴。濡れやすいお風呂場での使用や、洗髪後の濡れた髪の毛のブラッシングなどに向いています。また、汚れても水洗いができるため、お手入れが手軽なのもナイロンタイプのメリットです。

ただし、木製タイプに比べ静電気が起こりやすく髪にダメージを与えてしまうことがあります。気になる方は、静電気を防ぐ加工が施されたアイテムを選んでみてください。

乾いた髪には木製タイプ

By: rakuten.co.jp

木製タイプは静電気が発生しにくいため、髪のダメージを抑えながらブラッシングできるのが特徴。乾燥しやすい冬場の時期でも快適に使えます。また、持ち手を持ったときの手へのなじみがよく、木の温もりを感じながらヘアケアができるのも魅力。使用したときのリラックスムードを高めます。

ただし、ナイロンタイプに比べ水に弱いため、水場での使用や濡れた髪のブラッシングには向きません。長く愛用するためにも、できるだけ乾いた髪に使用し、水に濡れないようにするのがおすすめです。

頭皮マッサージをするならクッションの柔らかさに注目

By: amazon.co.jp

パドルブラシを心地よく使ううえで、クッションの柔らかさは非常に大切。クッションの弾力によって、使ったときの肌当たりが大きく変わります。頭皮が固く凝り固まっている方や、強めの圧が好きな方は、土台のしなりが弱くブラシのピンがしっかりしているものを選んでみてください。力を加えやすく、おすすめです。

逆に圧が強すぎると刺激に感じやすい方や、やさしい力加減が好きな方は、土台のしなりが強くブラシのピンが細めのものを要チェック。力が分散されやすいので、やさしいタッチで使えます。

持ち運びたいならミニサイズの製品を

By: johnmasters-select.jp

パドルブラシはアイテムによってサイズ感もさまざまなので、使用するシーンによって使い分けるのがおすすめ。大きめのパドルブラシはブラシ部分の面積が大きい分、一気に広範囲の髪の毛をブラッシングでき、時短になります。ただし、旅行などの外出先には持ち運びにくく不向きです。

外出先の髪の毛のお手入れには、バッグに収納しやすいミニサイズのアイテムを選んでみてください。サイズ違いのアイテムを展開しているブランドもあるので、シーンに合わせて使い分けるのもおすすめです。

お手入れのしやすさもポイント

By: muji.com

パドルブラシには抜け毛や皮脂などが付着しやすいため、定期的なお手入れが必要。お手入れがしにくいアイテムを選び、メンテナンスを怠ってしまうと、ブラシに残った皮脂汚れが頭皮・髪にダメージを与えてしまう場合もあります。

できるだけ長く衛生的にパドルブラシを使用するためには、お手入れのしやすさも大切なポイント。水洗いしやすいナイロンタイプのものは、汚れたときにこまめにお手入れができます。また、木製タイプでもピン同士の間隔が広めのものは、汚れを取り除きやすいのでおすすめです。

パドルブラシのおすすめブランド

アヴェダ(AVEDA)

By: amazon.co.jp

「アヴェダ」はアメリカで創設されたブランド。ヘアケア・スキンケア・ボディケア・アロマなどの幅広い製品を展開しています。「自然に勝る美のアーティストはいない」という考えから、可能な限り自然界由来の素材を使用し、品質の高い製品作りをしているのが特徴です。

また、パッケージには100%使用済みリサイクルPETを使用するなど、地球環境に配慮した取り組みにも力を入れています。同ブランドの製品のなかでも、パドルブラシはとくに人気のアイテム。プレゼント用に探している方も、ぜひチェックしてみてください。

ジョンマスターオーガニック(john masters organics)

By: amazon.co.jp

「ジョンマスターオーガニック」はニューヨークで誕生したブランド。「地球に敬意を払うラグジュアリーブランド」というコンセプトのもと、スキンケア・ヘアケア・ボディケアアイテムを展開しています。

多くの製品において米国農務省による「USDAオーガニック」の認証を受けているのも特徴。パドルブラシにおいても、品質の高さで人気を集めています。製品デザインがおしゃれなのも魅力です。

ルーヴルドー(LOUVREDO)

By: rakuten.co.jp

「ルーヴルドー」はスキンケア・ヘアケア・インナーケア製品を展開する日本のブランド。「ひとは、輝き続ける」というコンセプトを掲げ、多くの方に支持されるアイテムを多数展開しています。

パドルブラシも、人気アイテムのひとつ。使用したときの心地よさを追求し、細部まで計算されたこだわりの設計を採用しています。

パドルブラシのおすすめ

アヴェダ(AVEDA) パドル ブラシ

程よく頭皮に刺激を与え、心地よいブラッシングを叶えるパドルブラシです。土台のクッション性が高く、頭皮や髪の負担を抑えながらヘアケアできるのが特徴。ブラシ部分で全頭を軽く叩いてマッサージをしたり、頭皮に押し付けてツボを刺激したりとさまざまな使い方ができます。

独自のピン配列と幅広いブラシ面が髪をしっかりとキャッチできるので、ブローが簡単にできるのもポイントです。また、持ち手には木材を使用しており、あたたかみのある木目の風合いを感じられるのも魅力。大切な方へのプレゼントとしてもおすすめのパドルブラシです。

ジョンマスターオーガニック(john masters organics) コンボパドルブラシ

ブラッシングをするたびに、ツヤ髪に導くパドルブラシ。ブラシの素材には、マイナスイオンを放つといわれるトルマリン配合の「イオン毛」と「天然猪毛」をブレンド。キューティクルを傷つけにくく、なめらかでまとまりやすい髪に仕上げます。

また、ブラシの持ち手部分は竹製で、握りやすい太さに設計されているのも特徴。ダークブラウンで統一されたボディと、ハンドル部分にあしらわれた「john masters organics」のロゴが高級感を与え、持っているだけで気分が上がります。

ルーヴルドー(LOUVREDO) レヴィ パドルブラシ

クッション性の高さやピンの大きさにこだわり、心地よい使用感を徹底追求したパドルブラシ。独自のブラシ設計により、ツヤのある髪に仕上げやすいのが特徴です。

また、持ち手の長さや形にもこだわり、握りやすいように設計されているのもポイント。ほどよい力加減で頭皮を刺激しながらヘアケアをできるのが魅力です。

ボディには、木目が美しく持ったときの触り心地がよいブナの木を採用。硬度があるため、比較的、耐衝撃性に優れています。ダークトーンの落ち着いたデザインは、性別や年齢問わず使いやすいため、プレゼントとしてもおすすめです。

無印良品 ブナ材頭皮ケアブラシ

シンプルで飽きのこないデザインが人気の「無印良品」から展開されているパドルブラシ。クッション性のあるブラシが、頭皮の負担を抑えつつ、心地よい刺激を与えながらブラッシングできます。弾力のあるナイロンピンの肌当たりはソフトなため、やさしくマッサージするように使いやすいのが特徴です。

また、プチプラで手に取りやすい価格なのもうれしいポイント。試しにパドルブラシを使ってみたい方におすすめのアイテムです。

マペペ(mapepe) ふかふかクッションのパドルブラシ

頭皮をもみほぐすようにブラッシングできるパドルブラシ。なだらかなカーブを描くふかふかのブラシが頭皮にフィットし、心地よい刺激を与えながらヘアケアができます。ブラシの先端にあるピンヘッドに丸みがあるため、頭皮に負担をかけすぎずに、ほどよい力加減でブラッシングできるのが特徴です。

また、ブラシ部分の幅が広く、一気に広範囲の髪の毛を梳かせるのもポイント。時間がないときや忙しい朝でもスムーズに髪を整え、スタイリングしやすい状態に仕上げます。価格が安く、手に取りやすいのもうれしいポイント。パドルブラシを初めて使用する方にもぴったりです。

マークスアンドウェブ(MARKS&WEB) ウッドヘアブラシナチュラルS

By: amazon.co.jp

ナチュラルカラーの木材を使用したパドルブラシ。ブラシのピン部分にもボディと同じブナ材を使用しており、髪を梳かすときに静電気が起こりにくい仕様。キューティクルにもやさしく、髪を労りながらブラッシングできます。

また、ピンを天然ゴムに埋め込み、クッション性を高めているのもポイント。ほどよい力加減で頭皮を刺激するので、地肌への負担を軽減しながらケアができます。

さらにコンパクトなサイズ感も本製品の魅力。持ち歩きやすく、外出先でも手軽に取り出してスムーズに使用できます。価格もお手頃なので、プチギフトとしてもおすすめです。

ウェットブラシ(Wet brush) プロパドルディタングラーピンク

アメリカで高いシェアを占め、プロフェッショナルからも人気を集めるブラシブランド「ウェットブラシ」のパドルブラシ。大きめのブラシ面が一度にたくさんの髪の毛をキャッチし、スピーディーにブラッシングできるのが特徴です。

独自開発された適度な硬さのブラシピンが、頭皮や髪の毛への摩擦によるダメージを抑えながら指通りのよいヘアスタイルに整えます。

また、ブラシの背面には通気孔があるため湿気がこもりにくく、濡れても衛生を保ちやすいのがポイント。濡れた髪のブローや、お風呂場・洗面所などの水場での使用にも重宝するアイテムです。

クレイツイオン(CREATE ION) ヘアエッセンスブラシプロ

うるおいのあるしっとりとした髪に仕上がるパドルブラシ。静電気を抑制すると謳われている「クレイツイオン加工」が施されたブラシには、アルガンオイルがしみ込んでおり、使うほどにツヤのある健康的な髪に導きます。まとまりのある髪に仕上がりつつも、ベタつかないのが特徴です。

ブラシの先端が球状になっており、頭皮をほどよく刺激しながらブラッシングができるのもポイント。マッサージする際にも使いやすく、健やかな頭皮を保つのに役立ちます。

また、ブラックで統一されたスタイリッシュなボディも人気を集める理由のひとつ。持っているだけで気分が上がる高級感のあるデザインは、プレゼントとしてもおすすめです。

ジョバンニ(giovanni) パドルブラシ ミニ

クッション性の高いパッドで、髪と頭皮を労りながらケアできるパドルブラシ。細めのブラシピンがほどよい刺激を与え、頭皮をやさしくもみほぐせます。

シャンプー前にブラッシングをすれば汚れを浮かせられるほか、もつれも解消できるので、髪や地肌の負担を抑えながら洗髪可能。やさしく汚れをオフしたい方におすすめです。

また、コンパクトなサイズ感もポイント。バッグに入れても場所を取りにくく、持ち歩き用としても重宝します。ボディは木材のナチュラルカラーで飽きのこないシンプルなデザイン。手へのなじみがよい持ち手部分は握りやすいため、スムーズなスタイリングが叶います。

アデランス(Aderans) パドルブラシ

大きめのブラシで、一気に広範囲の髪の毛をブラッシングできるパドルブラシ。時短で髪が整えられるので、忙しい朝や時間がないときのヘアスタイリングにもおすすめです。ブラシの土台にはクッション性を高めるための空気穴が開いており、頭皮への負担を抑えながらスタイリングできます。

また、手持ち部分にはラバーシリコン加工済み。静電気の発生を抑えながらブラッシングできます。デコボコとしたデザインでしっかりと握りやすく、扱いやすいのがポイントです。

レデッカー(REDECKER) ウッドピンブラシ23cm

生活用品を扱うドイツ生まれのブランド「レデッカー」のパドルブラシ。コンパクトな丸みのあるヘッドが特徴で、細かい部分も丁寧にブラッシングできます。また、持ち歩きやすいサイズ感なので、外出先でのヘアスタイリングにもおすすめです。

ピン先の丸みと土台の空気穴がクッション性を高め、頭皮に負担をかけにくいのも魅力。やさしい肌当たりで心地よくブラッシングができます。力が加わりすぎないので、頭皮マッサージをする際にもぴったりです。

ボディとピン部分が木製でできているため、静電気を起こしにくいのもポイント。静電気が気になる冬の時期でも、快適に使いやすいアイテムです。

オッジィオット(oggi otto) ラスターウッドオイルブラシ

By: rakuten.co.jp

ヘアケアアイテムを扱うブランド「オッジィオット」が展開しているパドルブラシ。ウッドピンにはハーブオイルをしみ込ませており、ブラッシングするたび、ツヤやかに仕上がるのが特徴です。

クッション性の高いブラシ面と、丸みのあるピン先が、頭皮を心地よく刺激します。毎日のブラッシングにはもちろん、頭皮マッサージをする際に使うツールとしてもおすすめです。

木材でできているボディは、手へのなじみがよく、木の温もりを感じられるのもうれしいポイント。シンプルで高級感のあるデザインで、プレゼントにも適しています。