髪の毛を整えるのに欠かせない「ヘアブラシ」。ひと口にヘアブラシといっても、好きなヘアスタイルにブローできるヘアブラシや、ブラッシングで頭皮の血行を促進したりできるヘアブラシなど、いろいろな種類があります。

そこで今回は、多くのバリエーションがあるなかからおすすめのヘアブラシをご紹介。あわせて、使いやすいヘアブラシを選ぶ際にチェックするポイントも解説するので、購入の際の参考にしてみてください。

ヘアブラシの種類

髪のボリュームを抑えたいなら「デンマンブラシ」

By: torico.co.jp

デンマンブラシとは、片側にだけブラシがついている、いわゆる「ハーフブラシ」のこと。イギリスのデンマン社が販売している製品にちなんでデンマンブラシと呼ばれています。

土台部分にゆるやかなカーブがつけられているのが特徴。頭の形に沿ってブローしやすく、力も込めやすいので広がりやすい髪をストレートにブローしたりヘアボリュームを抑えたりするのにおすすめのヘアブラシです。

パーマヘアに適した「スケルトンブラシ」

By: genuine.tv

スケルトンブラシとは、ブラシのすき間が広く、手ぐし感覚で使用できるヘアブラシのこと。ブラシの目が粗いため、まとまりすぎないナチュラルなヘアスタイルを作れるのが特徴です。

パーマヘアを崩したくないときや、強すぎるカールを少し崩したいときにおすすめ。また、髪との摩擦が少ないためドライヤーの熱風が行き渡りやすく、手早く髪を乾かすときにも適したヘアブラシです。

スタイリングに役立つ「ロールブラシ」

By: chantilly.co.jp

ロールブラシとは、360°全方向にブラシがついているヘアブラシのこと。髪をキャッチしやすく、ドライヤーとあわせてスタイリングする際に使います。

髪に大きなカールをつけたり、ふんわりとボリュームを持たせたり、くせ毛をストレートに伸ばしたりと自在なスタイリングが可能。特にロングヘアの方は1本持っておくと重宝します。

ショートヘアの方や、部分的に強めのカールをつけたい方は細めのブラシ、ロングヘアの方や髪をストレートに整えたい方は太めのブラシが使いやすくおすすめです。

メンズにもおすすめの「クッションブラシ」

By: kai-group.com

クッションブラシとは、土台部分がクッションになっており頭皮や髪に負担がかかりにくいヘアブラシのこと。ブラッシングすることで髪の表面につやを出せるのが特徴です。

ソフトなタッチで頭皮のマッサージができるのも魅力。頭皮環境を整えたい方にもおすすめのヘアブラシです。

ヘアブラシの選び方

毛質で選ぶ

プラスチック・ナイロン

By: chantilly.co.jp

プラスチックやナイロン製のヘアブラシは髪をキャッチしやすいため、髪を乾かしながらとかすのに向いています。しっかり髪を押さえながらブローできるため、ボリュームを抑えたい方や髪が硬い方にもおすすめです。

軽くて使いやすく、気軽にお手入れしやすい製品が多いのも嬉しいところ。ただし、髪が絡まりやすいため切れ毛が気になる方は注意しましょう。

豚毛

By: kai-group.com

豚毛のヘアブラシは、柔らかいため髪への負担がかかりにくいのが特徴。髪の傷みが気になる方や髪へのダメージを最小限に抑えたい方、髪が細い方のほか子供の絡まりやすい髪にもおすすめです。

天然素材のため適度に油分や水分が含まれており、使うと髪につやが出てまとまりやすくなるのも嬉しい点。髪のパサつきが気になる方にもおすすめです。

猪毛

By: amazon.co.jp

猪毛のヘアブラシは、毛1本1本がしっかりしており弾力がある使い心地が味わえるのが特徴。太くて硬い髪も根元までしっかりとブラッシングできます。

豚毛同様、猪毛も天然素材のため適度な油分や水分が含まれており、静電気を抑えながら髪がつややかに仕上がるのも魅力。髪が広がりやすい方にもおすすめです。

高級ヘアブラシはプレゼントにもおすすめ

By: amazon.co.jp

ヘアブラシというとあまり高級品のイメージはありませんが、なかには品質や素材にこだわった高級なヘアブラシもあります。自分ではなかなか購入しないような高級なヘアブラシなら、プレゼントにもぴったりです。

有名ブランドのヘアブラシなら、プレゼントする相手にも高級感が伝わりやすいのでおすすめ。なかには、ブラシクリーナーとセットになっているモノなどもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

ヘアブラシのおすすめブランド

アヴェダ(AVEDA)

By: amazon.co.jp

アメリカ・ミネソタ州郊外のブレイン市に本社を置くアヴェダ。ヘアケア・スキンケア・アロマ製品を開発・製造・販売しており、多くのヘアサロンやスパなどでも取り扱われています。

「製品づくりから社会還元まですべての活動を通して命あふれる私たちの地球を大切に守り続けていくこと」をモットーに、自然界由来成分をベースとした製品作りをしているのが特徴です。

マペペ(mapepe)

By: amazon.co.jp

化粧品まわりの化粧雑貨・ネイルグッズ・ヘアグッズ・ボディケアグッズなどの開発を行うメーカーであるシャンティが展開するマペペ。メイクグッズやヘアケアグッズなど、親しみやすい製品を展開しています。

機能的で使いやすく、リーズナブルながらもファッション性の高い製品がバリエーション豊かにそろっているのが魅力です。

ケント(KENT)

By: rakuten.co.jp

1777年、イギリスで創業されたブラシメーカーのケント。ケントのブラシは、品質のよい材料を用い、熟練の職人による伝統の技術を持って丁寧に作り上げられています。

日本での取り扱いが始まったのは1949~1950年ごろ。現在は250種類以上のブラシを製造し、世界52か国に輸出されており、世界中で愛用されています。

ヘアブラシのおすすめランキング

第1位 アヴェダ(aveda) パドルブラシ

土台部分がクッションになっており、頭皮をほどよい刺激でマッサージできるのが特徴のヘアブラシ。ハンドルを持って頭皮をポンポンと軽くたたいたり、グッと頭皮に押し付けたりとさまざまな使い方ができます。

ピンが互い違いに配列されているので、髪をキャッチしやすいのもポイント。髪が逃げにくく、簡単にセットできるのでブローが苦手な方にもおすすめです。

ブラシ面が広く、たくさんの髪をすくえるのでスピーディにブラッシングできるのも魅力。ハンドルが長めで髪にほどよいテンションをかけやすく、髪を美しいストレートに整えられます。

ハンドル部分には「AVEDA」のロゴ入り。木製で高級感があり、プレゼントにもおすすめのヘアブラシです。

第2位 マペペ(mapepe) ふんわり天然毛のミックスロールブラシ

ナイロンと猪毛のミックス植毛が特徴のロールブラシです。ナイロンピンは先が丸く加工されており、肌あたりがやさしいのが特徴。猪毛はコシのある使い心地で、寝グセ直しにもぴったりです。

直径は5.5cmと、毛先をふんわりカールさせたりストレートに整えたりと、自在に使いやすい太さ。髪をとらえやすいため片手でも使用しやすく、ブローが苦手な方にもおすすめです。

猪毛に含まれる天然の油分が髪に自然なツヤを与えるのも嬉しいところ。パサつきがちな髪やダメージが気になる方、髪が広がりがちな方にもおすすめのヘアブラシです。

第3位 タングルティーザー(TangleTeezer) ザ・オリジナル

カラフルなボディがポップな雰囲気のヘアブラシ。持ち手がない独特のフォルムは、握ることでブラシにかかる圧力を分散し、ブラッシングによる摩擦を軽減するため、髪に負担がかかりにくいのが特徴です。

ブラシ部分は長短2段構造になっており、髪の絡まりをスムーズに解きほぐします。力を入れなくても、整えられるので子供の髪をとかすのにもおすすめのヘアブラシです。

ダメージを抑えながらブラッシングできるため髪がつややかに仕上がるのも嬉しい点。また、ブラシの先端が丸くカットされているので頭皮のケアも同時にできます。

材質は軽くお手入れも簡単なポリプロピレン製。ノーマルヘア用の「ノーマル」、ダメージヘアや細い髪用の「ソフト&ダメージ」、ボリュームヘアやウェーブヘア用の「ハード&ボリューム」から選べます。

第4位 ケント(KENT) トリプレックスブラシ KNH-4628

ソフトな豚毛を使用して作られたヘアブラシ。天然素材で静電気が起こりにくく、髪に負担が少ないためダメージが気になる方や髪が細い方でも安心してヘアケアができます。

ブラシの毛先を2段階にずらして植毛してあるのが本製品の大きな特徴。最も長い1段目はソフトな肌ざわりで優しく地肌をマッサージします。2・3段目はほどよい硬さで、髪の汚れを取り除きながら美しい毛流れを作れるのがポイントです。

豚毛に含まれる天然の油分で、髪に自然なツヤが生まれるのも嬉しい点。ハンドル部分には高級感のある天然木を使用しているうえ「KENT」のロゴもついているのでプレゼントにもおすすめのヘアブラシです。

第5位 WetBrush(ウェットブラシ) フレックスドライ パドル

すき間がたくさん開いているスケルトンタイプのヘアブラシ。ドライヤーの風が行き渡りやすく、本製品を使いながらヘアドライすると髪を早く乾かせるのが利点です。

ブラシ面が大きく、髪をたくさんキャッチできるので髪全体をスピーディにブラッシングできるのも嬉しいところ。ピンには耐熱性に優れたナイロンを使用しているため、長時間のドライヤーも使用可能。また、ABS樹脂製のヘッドは頭の形に沿って曲がるため、頭皮をほどよくマッサージできます。

ロングヘアの方やパーマヘアをふんわり仕上げたい方におすすめのヘアブラシです。

第6位 ベルーラ(Belula) ボアブリストルヘアブラシ

短い猪毛と長いナイロンピンの2段構造ブラシが特徴のヘアブラシ。硬い髪やくせ毛の方、髪のダメージが気になる方におすすめの製品です。

100%天然の猪毛は柔軟性に優れており、ワンストロークごとに髪の絡まりを優しく解きほぐします。また、天然の油分でつややかな髪に仕上がるのが魅力です。

長いナイロンピンは先が丸く加工されており、ほどよい刺激で頭皮をマッサージします。ハンドルは耐久性に優れた竹製。濡れた手で持ってもすべりにくく、ほどよい重みで使いやすいのもポイントです。

第7位 貝印 ミックスクッションブラシ

長いナイロンピンと、短い豚毛の2段構造のブラシが特徴のヘアブラシ。ナイロンピンが髪の絡まりを解きほぐしつつ、頭皮にほどよい刺激を与えて血行を促進します。土台はクッションになっており、頭皮に負担がかかりにくいため安心です。

豚毛の油分が髪に自然なツヤとまとまりを持たせるため、髪のパサつきが気になる方にもおすすめ。また、豚毛は柔らかいため髪が細い方髪に負担をかけたくない方にも適しています。

ハンドルはぬくもりのある木製。ほどよいカーブがついており、手になじみやすく使いやすいヘアブラシです。普段使いにぴったりのレギュラーサイズと、持ち運びにも便利なミニサイズの2種類から選べます。

第8位 オリエンネックス(Orienex) ヘアブラシ

天然の豚毛を使用して作られたヘアブラシ。豚毛の先をずらして植毛しているため、地肌までスムーズにブラシが通ります。静電気が置きにくく、ツヤとハリのある髪に整えられるのが魅力です。

豚毛は柔らかく、髪に負担がかかりにくいため髪が細い方やダメージが気になる方にもおすすめ。ブラッシングすることによって頭皮のマッサージもできます。

ハンドル部分には天然の緑檀木を使用。はじめは黄褐色ですが、使い込んでいくごとにだんだん色が変わっていくのが特徴です。人間工学に基づいた持ちやすいフォルムもポイント。錦鯉をイメージした高級感のあるデザインで、プレゼントにもおすすめのヘアブラシです。

第9位 ラフィナーレ(raffinare) ロールブラシ

天然の豚毛とナイロンの2段構造のブラシが特徴のロールブラシ。220℃まで対応できる耐熱仕様で、ドライヤーを使用してのブローにも使用可能。ほどよく密なブラシで髪をキャッチしやすく、ブローが苦手な方にもおすすめです。

太さは直径4.3cmのS・4.7cmのM・5.2cmのLサイズの3種類。カールヘアにしたいなら細めのSサイズ、ストレートヘアに整えたいなら太めのLサイズがおすすめです。

ハンドルはあたたかみのある木製。手になじみやすいようカーブがつけられており、スタイリングしやすいヘアブラシです。

第10位 デンマン(DENMAN) D3

ハンドルにABS樹脂、ブラシにはナイロンを使用したヘアブラシ。軽くて使いやすく、持ち運びにも適しています。水にも強いので濡れ髪のケアにもおすすめです。

放射状に配列されたナイロンのブラシが髪をしっかりキャッチ。また、台座部分にはゴムを使用しており、髪にほどよいテンションをかけられるためスムーズにブローができます。ブローが苦手な方にもおすすめのヘアブラシです。

第11位 オリエンネックス(Orienex) ヘアブラシ

ブラシに竹を使っているのが特徴のヘアブラシ。ピンの先が丸く加工されているので痛くなく、頭皮を心地よくマッサージできるのが魅力です。土台がクッションになっているのでほどよい刺激を与えられます。

竹は静電気が起こりにくいうえ、お手入れするたびに髪に自然なツヤとしなやかさが生まれるのも利点。髪のパサつきや広がりが気になる方にもおすすめです。

ブラシ部分が広いため一度に広範囲をブラッシングできるのも嬉しいところ。抜け毛が気になる方や頭皮環境を整えたい方にもおすすめのヘアブラシです。

第12位 ジェニュイン(Genuin) N.B.A.A. エアリアルスケルトンブラシ ソフト

約150°の範囲にブラシがついているのが特徴のヘアブラシ。ブラシ部分の全長も長く、広範囲の髪を一度にケアできるのが魅力です。

ドライヤーの熱風が行き渡りやすいスケルトンタイプ。取り回しやすいようハンドルのネック部分は中心円形状になっており、ボリュームを持たせたり毛先を整えたりと、ブローが苦手な方でも自在にスタイリングができます。

ハンドル部分にはABS樹脂、ブラシにはナイロンを使用。軽くて扱いやすく、水にも強いので濡れ髪にも気軽に使用できます。ピンの先端は丸く加工されているので頭皮が痛くなりにくく、快適に使用できるヘアブラシです。

第13位 マペペ(mapepe)ふかふかクッションのパドルブラシ

土台部分がふかふかのクッションになっており、頭皮を優しくマッサージできるヘアブラシ。なだらかなカーブで頭皮にほどよくフィットし、快適な使い心地が味わえます。

通常通りブラッシングするほか、頭皮に押し当てたりハンドルを持ってポンポンと頭全体をたたいたりと、さまざまなマッサージができるのも魅力です。

ハリがあり、頭皮にしっかり届くナイロン製のブラシを使用。先が丸く加工されているので痛くなりにくいのもポイントです。ブラシ面が広く、広範囲を一度にブラッシングできるためお手入れがスムーズに進むヘアブラシです。

第14位 クレイツ(CREATE) ヘアエステブラシ N.CD-022

ブラシの1本1本にクレイツイオンを練り込んで作られたヘアブラシ。ツヤとうるおいを期待できるのが特徴です。

静電気が起こりにくいため、ブラッシングの際も髪に負担がかかりにくいのもポイント。ブラシの先は丸く加工されているため地肌が痛くなりにくく、ほどよい刺激でマッサージ効果も期待できます。

ハンドルには手がすべりにくいラバーグリップつき。本体の素材はABS樹脂製で115gと軽く、ブローが苦手な方にもおすすめのヘアブラシです。

第15位 レデッカー(REDECKER) オリーブウッドのヘアブラシとヘアリムーバーセット

ドイツの老舗ブラシメーカー「レデッカー」のヘアブラシ。ブラシに絡まった髪の毛をスムーズに取り除けるヘアリムーバーとのセットで、プレゼントにもおすすめの製品です。

ブラシにはコシのある質感で、硬い髪や広がりがちな髪もしっかりととかせる猪毛を使用。静電気が発生しにくいうえ、猪毛に含まれる天然の油分が髪にツヤとハリを与えます。

ハンドルには独特の木目が美しいオリーブウッドを使用。高級感があるうえ手になじみやすく、使いやすいヘアブラシです。

第16位 ウェットブラシ(WetBrush) シャワーディタングラー

シャワー中のヘアケアにぴったりのヘアブラシ。シャワーをしながらブラッシングすることで汚れを浮き上がらせたり、トリートメントを均等に行き渡らせたりと便利に使えます。

頭の形に合わせて曲がる「OmniFlexブラシヘッド」を搭載。頭皮にほどよい刺激を与えるため、マッサージ効果が期待できます。ブラシの先は丸く加工されているので痛くなりにくいのもポイントです。

ハンドルはABS樹脂製、ブラシはナイロン製で水や汚れに強く、お手入れも簡単。水切れのよいスケルトンタイプで濡れても乾きやすく、衛生的に使用できます。ハンドル部はフック状になっており、シャワーフックなどに吊るしておけるので便利です。

ヘアブラシのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヘアブラシのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。