眉の色を変え、毛流れを整えて理想のアイブロウメイクを叶える「眉マスカラ」。眉マスカラにはさまざまな種類がありますが、髪色に合わせてカラーを選び、眉毛の生え方や毛量に合わせてブラシの形状を選ぶのがおすすめです。

今回は眉マスカラの選び方と、おすすめの眉マスカラをプチプラとデパコスブランドに分けてランキングでご紹介します。ぜひ眉マスカラ選びの参考にしてみてください。

眉マスカラとは?

By: amazon.co.jp

眉マスカラは眉に色をのせたり、さまざまな方向へ向いている眉毛の毛流れを整えたりするアイテムです。

眉毛をカラーリングした髪色などと合わせることで、眉と髪色の違いによる不自然さをなくし垢抜けた印象を与えます。また、眉にツヤを与えることでイキイキとした若々しい目元になるのも、眉マスカラの魅力です。

さらに、眉マスカラを使うとペンシルやパウダーで描いた眉が汗や皮脂で落ちにくくなり、アイブロウメイクのもちがよくなるメリットもあります。

眉マスカラの選び方

カラーは髪色に合わせて選ぼう

黒髪には「グレー」や「ダークブラウン」

By: amazon.co.jp

カラーリングしていない黒髪や黒に近い暗い髪色に染めている方はグレーやダークブラウン、ディープブラウンといったカラーの眉マスカラを選ぶのがおすすめです。黒髪の場合、眉マスカラは不要と思われがちですが、眉毛が薄い場合は顔の印象がハッキリして見え、眉毛が濃い場合は目立ちすぎるのを抑えられます。

髪色より明るすぎると眉だけ浮いてしまうので、落ち着いたカラーを選びましょう。髪色よりわずかに明るい程度のカラーがぴったりです。

暗めの茶髪には「ナチュラル・レッドブラウン」

By: amazon.co.jp

色のトーンが暗めの茶髪の方は、ナチュラルブラウンやウォームブラウンといった中間の明るさのブラウンカラーを選びましょう。明るすぎず暗すぎず、垢抜けた印象にメイクアップできます。

また、暗めの茶髪のなかでも、カラーリング後の髪に赤みが出やすい方はレッドやピンク、オレンジなどを含んだ赤みのあるブラウンカラーがおすすめです。

明るめの茶髪には「ライト・イエローブラウン」

By: amazon.co.jp

トーンが明るめの茶髪の方は、ブラウンカラ―でも黄みが強い色やアッシュ系の赤みを抑えたカラーの眉マスカラがおすすめです。髪の毛の色は、カラーリングのトーンを上げるにしたがってより黄みが強くなるもの。明るいヘアカラーにあわせる場合は、眉マスカラも黄みがあるブラウン系や赤みを抑えるアッシュ系が適しています。

カラー名はメーカーによって異なりますが、ライトブラウンやイエローブラウン、アッシュブラウン、ベージュなどを選んでみてください。

金髪系は「イエローベース」

By: amazon.co.jp

ブリーチをしたハイトーンの金髪系カラーにしている方は、イエローベースのカラーを選びましょう。眉マスカラも白に近く明度の高いイエローベースのカラーを使うと、髪の明るさとマッチした印象に仕上がります。

ただし、眉毛をハイトーンの髪色に合わせると、顔がぼんやりとした印象になってしまうことも。瞳の色と髪色の中間程度の明るさに落ち着かせると、顔の輪郭が引き締まり、髪や瞳の色となじみもよくなるのでおすすめです。

ブラシの形状で選ぶ

ストレート型

By: shiseido.co.jp

ストレート型は同じ長さのブラシ毛が360°均一についています。ブラシのどの部分を使用しても、同じ量の液を付着させられるのが特徴。ブラシを回すようにして動かすと、広い範囲にも一度でたくさん塗布できます。

眉毛の量が多い方や眉毛の色が濃い方、しっかりと色をつけたい場合は、大きく一気に塗れるストレート型ブラシの眉マスカラがおすすめです。また、手早くサッと塗れるため、アイブロウメイクが時短できるメリットもあります。

ロケット型

By: amazon.co.jp

先端部分が細く尖っているロケット型のブラシは、たっぷりと広い部分につけることも、細かい部分1本1本につけることも可能なタイプ。毛量の多い中間部分にはブラシ全体を使い、眉尻や眉頭の細かい部分には先端部分を使うのがおすすめです。

しっかりと毛が生えている濃い眉にも、毛にハリやコシがない薄い眉にも対応できて使いやすいので、眉マスカラを使い慣れていない初心者の方はロケット型のタイプを選びましょう。

ミニブラシ型

By: isehan.co.jp

毛が短くマスカラ部分のサイズも小さいミニブラシ型は、眉マスカラをピンポイントでつけるのにおすすめです。1本1本の毛を丁寧にキャッチできるため、眉尻の細い部分につけたり、アイブロウのアウトラインからはみ出た毛の流れを整えたりするのに向いています。

また、ミニブラシ型はブラシの毛が短く、毛の根元まで液が付着しにくいのも特徴。眉マスカラをしっかり塗るのではなく、軽くつけたい場合にも適したタイプです。

テクスチャーで選ぶ

By: amazon.co.jp

眉マスカラ液のテクスチャ―によって、アイブロウメイクの仕上がりに違いが出ます。眉毛の生え方や毛の量、毛の質などに合わせて選びましょう。

眉毛の量が多く、毛にハリがあるしっかりした濃い眉には、パウダーのようなマットな質感を選ぶと眉の印象をやわらげられます。

反対に、毛の量が少なくハリやコシのないやわらかい眉毛には、重めのテクスチャーの眉マスカラがおすすめです。セミマットでツヤが出るタイプやパールが入っているタイプも、眉の仕上がりに立体感を与えられます。

眉マスカラのおすすめランキング|プチプラブランド

第1位 伊勢半 ヘビーローテーション カラーリングアイブロウR

ひと塗りでもしっかりと色がつき、ふんわりとした眉に仕上がる眉マスカラ。しっかりとした濃い眉毛の方や、色味をはっきりと出したい方におすすめです。

先端が細いロケット型のテクニカルブラシは地肌に液がつきにくく、眉マスカラ初心者でも簡単に使えます。また、汗・水・皮脂・こすれに強いマルチプルーフ処方ながら、お湯で簡単にオフできるのも魅力。さらに、眉毛をすこやかに保つために眉毛保護成分のパンテノールも配合されています。

カラーバリエーションは全8種類。赤み系や黄み系、アッシュ系などさまざまなブラウンカラーが揃っています。

第2位 日本ロレアル メイベリン ニューヨーク ファッションブロウ カラードラマ マスカラ

ひと塗りで眉毛1本1本にしっかりと色をつけて抜け感がアップする、発色のよい眉マスカラです。

ロケット型のブラシは、先端へ向かってゆるやかに曲がったアーチタイプ。カーブが眉毛の根元にフィットしやすく、内側にたまった液をたっぷりとつけられるので、眉毛の量が多い方におすすめです。

カラーは日常使いしやすいブラウン系3色に加え、色っぽい印象の「バーガンディ」とモードな印象の「カーキ」といったトレンドカラーも展開。アイブロウメイクのバリエーションを広げたい方はチェックしてみてください。

第3位 カネボウ(KANEBO) ケイト 3DアイブロウカラーN

多彩なメイクアップアイテムを発信し続けているブランド「KATE」の眉マスカラです。ふんわりと仕上がるのに発色がよく、立体感のある眉に整います。しっかりと色をつけつつ、ナチュラルに仕上げたい方におすすめです。

汗や皮脂、こすれに強く長時間キープできる一方で、お湯だけで簡単にメイクオフできるのもポイント。また、ブラシは大きめのロケット型を採用しています。繊細なブラシ毛が眉毛をとかしやすく、毛束になったりダマができたりするのを防げるのも魅力です。

カラーは赤み系・黄み系・アッシュ系の全6色を揃えています。

第4位 伊勢半 ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ マイクロ

わずか2mmのブラシ毛で1本1本の眉毛をムラなくきれいに塗れる、ミニブラシ型の眉マスカラ。コンパクトに設計された地肌につきにくいブラシは、細い眉尻や毛が密集する眉頭もムラや束になりにくく塗れます。

眉毛が薄い方や毛にコシがない方に向いているほか、細部の部分塗り専用として、大きめブラシの眉毛マスカラと併用しても使えます。カラーバリエーションは、「ピンクブラウン」や「アッシュブラウン」などの4種類です。

第5位 リンメル(RIMMEL) プロフェッショナル3Dブロウ マスカラ

ファイバー入りで毛を1本1本自然に立ち上げ、立体感のある眉に整えるアイテムです。毛が細く薄い眉も、ファイバーによってふんわりとボリュームアップするのが特徴。ほんのり濡れたようなツヤ感のあるテクスチャーが立体感を際立たせます。

ブラシは日本人の眉に合わせて、凹凸の少ないブラシを採用。小さめのストレート型で眉毛に密着させながらも地肌につきにくく、手早くきれいに塗ることが可能です。

カラーバリエーションはナチュラルブラウンをはじめとする定番色のほかに、限定色も展開。水や油をはじく顔料が含まれているためくすみにくく、美しく発色するのもおすすめのポイントです。

第6位 イミュ(imju) デジャヴュ アイブロウカラー

やわらかい質感の液と極小ブラシで、眉を固めずにフワッと仕上げる眉マスカラです。粒子の小さいフィルム成分が眉毛に膜をつくるため、表面をなめらかに整えてきれいな発色を叶えます。セミマットなテクスチャーで、軽やかなエアリー眉に仕上がるのが特徴です。

長さ13.3×幅3mmの極細ブラシは、細い毛やアウトラインから飛び出している毛もキャッチできるうえに、もち手が長いのも使いやすいポイント。眉マスカラ初心者から上級者までおすすめの眉マスカラです。

カラーは落ち着いたブラウンカラー中心の定番5色に加え、限定色も発売されています。

第7位 資生堂(SHISEIDO) インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ

色味に加えて質感もチェンジでき、ふんわりとしたナチュラルな眉が長時間持続する眉マスカラです。ベタっとしにくいパウダーをまとったようなテクスチャーにより、やわらかい印象の眉に仕上がります。

大きめのストレートブラシは眉の広い面にも一度でたっぷりと塗布できるので、コシのある毛がしっかりと生えている濃い眉毛の方におすすめです。

カラーバリエーションは赤みと黄みを控えめにしたアッシュ系のブラウンが中心の全5種類を展開。「シークレットピンクパール」配合で、眉の黒さを抑えてやわらかな色合いに発色します。また、汗や皮脂で落ちにくい処方ながら、お湯で簡単に落とせるのもポイントです。

第8位 資生堂(SHISEIDO) エテュセ アイエディション

絶妙なニュアンスカラーによりやわらかい印象に仕上がる眉マスカラです。眉を固めずにしっかりと色をつけ、さっとひと塗りでも自然な眉に仕上がります。

ブラシはロケット型をスリムにしたツリー型を採用。全体に手早く塗る以外に、先端を使って眉尻など細かい部分を塗るのにも適しているのが特徴。しっかりとした濃い眉にも、毛がやわらかく薄めの眉にもおすすめです。

カラーバリエーションは、赤みや黄みを抑えたアッシュ系の4色。くすみがかった色がやわらかさを引き出し、抜け感のある眉をつくり出します。毛髪保湿成分のヒアルロン酸や毛髪トリートメント成分のアミノ酸が配合されているのもうれしいポイントです。

第9位 コーセー(KOSE) ヴィセ インスタント アイブロウ カラー

保湿成分のヒアルロン酸とミネラルオイルが配合された眉マスカラ。「ソフトキープ成分」が毛流れを整えながら、ひと塗りで発色のよさを長時間キープできるとされています。

ブラシはコンパクトなロケット型を採用。小回りが利くうえに、眉尻などの毛が短い部分でも地肌につきにくいのが特徴です。カラーバリエーションは5種類。イエベ・ブルベなどのパーソナルカラーに対応した選び方にも対応しています。

第10位 コーセー(KOSE) ファシオ アイブロウ マスカラ

つけたての美しい眉が長時間キープできるとされるアイテムです。ウォータープルーフに加え、皮脂プルーフ・タッチプルーフ処方なので、つけたての状態を保ちやすいのが特徴。レジャーシーンや汗をかきやすい季節の使用におすすめです。

カラーバリエーションはベーシックなブラウン系3色。ブラシはコンパクトなロケット型で、さまざまな眉の形に対応できます。5種類の植物由来成分やエモリエント成分のスクワランが配合されているのもおすすめのポイントです。

眉マスカラのおすすめランキング|デパコスブランド

第1位 マッシュビューティーラボ(MASH Beauty Lab) セルヴォーク インディケイト アイブロウマスカラ C

立体感と抜け感を演出できるカラータイプの眉マスカラ。保湿成分のカルナウバロウを配合したワックスが眉毛の流れをつくりつつ、眉毛1本1本に均一に色を載せられるのが特徴です。

ブラシは先端に向かって細くなっており、眉毛をとかしやすいのも魅力。カラーはスタイリッシュな「パーシモン」や個性的な「ハバネロ」などがあり、カラーメイクを楽しみたい方におすすめです。

第2位 コーセー(KOSE) ジルスチュアート ムースブロウマスカラ

軽やかでムースのようなテクスチャーが、ふんわりとした自然な眉色に整える眉マスカラです。セミマットのツヤがあるテクスチャーで、立体的な眉に仕上がります。

カラーバリエーションは「モカ」「ソフトピンク」「テラコッタオレンジ」「モーブパープル」の4色。見たままのやわらかい色で発色し、髪色のほかにメイクにあわせて選ぶのもおすすめです。また、ブラシはコンパクトなロケット型で地肌につきにくく、細部も塗りやすいため初心者の方の使用にも向いています。

汗・水・皮脂・こすれに強く、化粧もちがよいのもポイント。約40℃前後のお湯でやわらかくなり、簡単にオフできる使いやすさも魅力です。

第3位 エキップ(e`quipe) RMK Wアイブロウカラーズ

眉マスカラと眉を描き足すためのアイブロウライナーがWエンドになったアイテムです。1つでアイブロウの形づくりと色をのせる仕上げができるので、1本もっておくと外出先でのメイク直しや旅行などでも重宝します。

眉マスカラのブラシは短いストレート型を採用。小回りが利き、毛流れを整えながら立体的な眉に仕上げることが可能です。カラーは6色展開で、アイブロウライナーと眉マスカラは同じ色のため、なじみがよく自然に仕上がります。

第4位 コーセー(KOSE) アディクション アイブロウマスカラ マイクロ

超極細ブラシが特徴の眉マスカラです。ストレート型の細く短いブラシが、うぶ毛までキャッチ。1本1本の毛に塗布するように使うので、眉尻や眉頭の繊細なニュアンスを出したいときの部分使いや、眉が薄く細い方に適しています。

テクスチャーはみずみずしさとオイルのようななめらかさを兼ね備えているのが魅力。束になりにくく、ツヤのある仕上がります。カラーバリエーションは全6色。カラーステイ成分が配合されており、色のくすみや色落ちを防ぎます。

第5位 日本ロレアル シュウ ウエムラ クシ ブロー

角度のついたブラシが特徴的なアイブロウマスカラ。絶妙な角度のキメ細かいブラシで細い毛から太い毛まで1本1本を捉え、ムラなく色をのせられます。的確に塗りやすいので、眉尻や眉頭に繊細なニュアンスを与えたいときにおすすめです。

カラーは落ち着いたトーンの全6種類。テクスチャーは、マットタイプからパールを感じる仕上がりのものまで揃っています。また、汗やにじみ、こすれや湿気に強く、長時間美しい眉を保つロングラスティング処方も魅力です。

第6位 資生堂(SHISEIDO) イプサ アイブロウマスカラ

空気感のある自然な毛流れを実現する眉マスカラです。独自設計の角型ブラシは、ストレート型をコンパクトにした形で、細部まで均一に整えられます。

カラーバリエーションは、赤みを含んだやわらかいブラウン系の3色に、クリアを加えた計4色。繊細に色づくので、毛流れや形を整えたりツヤを与えたりする使い方が向いています。眉メイクを自然に仕上げたい方におすすめのアイテムです。

第7位 アクロ(ACRO) アンプリチュード アイブロウ カラーマスカラ

「かっこいい大人美」を提供し、メークアップアーティストのRUMIKOさんがクリエイティブディレクターを務めるブランド「アンプリチュード」の眉マスカラです。毛流れを整えながら、絶妙なカラーで眉毛のニュアンスチェンジができます。

ブラウンやベージュ系のオーソドックスなカラーに加え、「バーガンディー」や「ディープパープル」といった絶妙なカラーも魅力。高いセット力で立体感を生み出します。濃い眉はソフトに和らげ、薄い眉には存在感を与えるので、さまざまなタイプの眉におすすめです。

ブラシには毛が長い面と短い面があり、ひと塗りでたっぷりと塗ることも、毛先だけに軽くつけることもできます。

第8位 エキップ(e`quipe) SUQQU ボリューム アイブロウ マスカラ

眉に上品なツヤとボリュームを与え、立体感を出せる眉マスカラです。細かいブラシ毛がやわらかい毛もしっかり捉えて立ち上げ、自然な仕上がりになるので、眉が薄い方や細い眉毛に向いています。

カラーバリエーションは「カーキ」「ブラウン」「キャメル」「クリア」の4色。なかでも、色がつかないクリアタイプは眉の毛流れだけを整えたい場合や、眉マスカラに重ねてさらにツヤ感をアップさせたい場合などにおすすめです。

第9位 アクロ(ACRO) THREE アドバンスドアイデンティティ アイブラウマスカラ

伸びのよい柔軟性のある液により、まるでカラーリングしたように自然で均一な眉に仕上げる眉マスカラ。ブラシは小さめのストレート型で毛が短く、小回りが利くのが特徴です。

モードな発色の5色のカラーが揃っており、眉を垢抜けた印象にメイクアップできます。また、エモリエント成分の植物オイルと油脂を7種配合しているのもポイントです。

第10位 マック(M・A・C) アイブロウ ビッグ ブースト ファイバー ジェル

マイクロファイバー入りで、ふんわりとボリューム感のある眉毛をつくり出す眉マスカラです。ブラシはロケット型で、ボリュームアップさせたい部分にはファイバーをたっぷりと、細かい部分には先端を使って1本1本丁寧に色をつけられます。

14色もの豊富なカラーバリエーションも魅力。寒色のグレー系から暖色のレッド・オレンジ系まで揃っています。ヘアカラーだけでなく、メイクやファッションのカラーにあわせて何本かを使い分けるのもおすすめです。

眉マスカラの使い方とポイント

By: kose.co.jp

眉マスカラを使うときは、はじめに眉尻から眉頭へ向かって毛流れに逆らって塗ります。次に、毛流れにそってブラシを動かして好みの形に仕上げましょう。毛流れの方向だけにブラシを動かすと、まんべんなく液が付着せずに立体感のない眉になってしまいます。必ず眉の両方向から液を塗って、均等につけるようにしてみてください。

上手くつけるポイントは、一度にたくさんの量をつけすぎないこと。少ない量を何度か重ねて塗り、好みの色や形になるように少しずつ整えていきましょう。液を塗る前にブラシを軽くティッシュオフしておくと、つけすぎる失敗を防げるのでおすすめです。