赤ちゃんがおすわりを覚えた頃から、多彩なシーンで活用できる「ベビーチェア」。育児・家事がラクになる人気アイテムですが、一口にベビーチェアと言ってもさまざまな製品がラインナップされているため、何を選べばよいか迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのベビーチェアを種類別にご紹介します。選び方もあわせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ベビーチェアの選び方

種類をチェック

ハイチェア

By: amazon.co.jp

座面位置の高いベビーチェアが「ハイチェア」。ダイニングテーブルで赤ちゃんと一緒に座って同じ目線で食事できるため、赤ちゃんのお世話をしやすいのがメリットです。

ハイチェアを選ぶうえで確認しておきたいのが、足置きと座面の高さを調節できるかどうか。足がきちんと足置きに接地していると、姿勢が安定するのでより食事に集中できます。成長に合わせて高さを変えられるように、なるべく調節可能なモノを選んでおきましょう。

ローチェア

By: amazon.co.jp

座面位置の低いベビーチェアが「ローチェア」です。安定感があり転倒しにくいほか、食事以外にもさまざまなシーンで使えるのがメリット。家事を済ませるまでの待機場所として、またはお絵描きなどの一人遊びの場所としても使えます。

製品のバリエーションが多いのも魅力。床置きだけでなくダイニングチェアに取り付けられる2way仕様のモノや、首すわり後すぐに使えるモノなど、幅広いアイテムのなかで必要な機能を吟味しながら選べます。

ただし、基本的にはハイチェアよりも対象年齢の上限が低い点に留意しておきましょう。赤ちゃんの体型によっては太ももが引っかかってしまうなど、イスに身体が収まらない可能性もあります。

テーブルチェア

By: amazon.co.jp

テーブルに直接取り付けて使用するベビーチェアが「テーブルチェア」です。自宅のみならず外食時や帰省時にも、さまざまなテーブルに取り付けて食事を楽しめます。

ただし、取り付けられるテーブルの厚みや形に制限があるので要注意。極端にテーブルが薄かったり厚かったり、もしくは突起があると、しっかり取り付けられない可能性があります。購入前に、どのようなテーブルに対応可能かを確認しておきましょう。

素材をチェック

木製

木製のベビーチェアは、デザイン性に優れており、インテリアにマッチしやすいのが特徴。あたたかみのある風合いや美しいツヤでおしゃれな空間を演出できるため、常にベビーチェアを出しっぱなしにしておきたい方におすすめです。

また、丈夫で耐久性に優れているのも魅力。ほかの素材よりもガタつきにくいため、より安定した姿勢で赤ちゃんを座らせられます。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチック製のベビーチェアは、軽量で持ち運びやすいのがメリット。製品によって異なりますが、一般的な木製の約半分しか重量がない場合もあるため、頻繁に持ち運んでも負担が少ない傾向があります。

食べ物や飲み物でベビーチェアが汚れてしまっても、水拭きすれば簡単にキレイになるのも魅力です。また、脚に滑り止めが付いたアイテムも要チェック。赤ちゃんが動いてもイスがガタつきにくいため、より安心して使用できます。

ポリウレタン製

ローチェアタイプによく見られるポリウレタン製は、柔らかなフィット感が魅力。身体をやさしく包み込む快適な座り心地で、長く座り続けられる赤ちゃんが多いといわれています。

汚れたときに簡単に拭き取れるのもメリット。なかには、木製とポリウレタン塗装を組み合わせた製品もラインナップしているのでチェックしてみてください。

ベルトの有無をチェック

By: amazon.co.jp

安全性を追求するなら、ベルト付きのベビーチェアを選びましょう。ハイチェアタイプやテーブルチェアの場合、赤ちゃんがイスから落ちないように、ベルトで身体をしっかりと支える必要があります。

ベルトは股部分に位置している「1点式」が主流であるものの、なかには腰や肩まで支えられる「3点式」「5点式」の製品もあるため要チェック。また、「チャイルドロック」付きのアイテムだと赤ちゃんの脱出を防ぎやすいので、より安心して使用可能です。

持ち運びやすさをチェック

By: amazon.co.jp

必要なときだけベビーチェアを使いたい場合は、持ち運びやすさを確認しておきましょう。プラスチック製などの軽量なアイテムを選ぶと、快適に持ち運び可能です。

さらに、外出先でも使いたい場合は、テーブルチェアタイプもおすすめ。テーブルチェアは外出先へ持ち運ぶことが想定されているため、携帯バッグ付きのアイテムが多くラインナップされています。

折りたたみできるかチェック

折りたたみ式のベビーチェアもチェックしましょう。まだまだラインナップは少ないものの、近年さまざまなブランドからおしゃれな折りたたみ式が発売されています。

折りたたみ式は収納性に優れているのが魅力。普段は省スペースで収納でき、必要なときだけダイニングテーブルまで持ってきて使えます。なかには、木製で丈夫なアイテムもあるのでチェックしてみてください。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

お手入れのしやすさも要チェックです。特に、食事メインで使うベビーチェアは、食べこぼしや飲みこぼしなどで汚れやすいので注意しましょう。

例えば、専用テーブルが付属している場合には、テーブルの取り外しができるか否かを確認しておきましょう。取り外し可能であれば簡単に丸洗いできます。

また、テーブルチェアの場合は、布シート部分を取り外して洗濯できるモノがおすすめ。お手入れにあまり手間を掛けることなく、キレイな状態をキープできます。

ベビーチェアのおすすめ|ハイチェア

大和屋(yamatoya) affel チェア

マカロンをイメージした、おしゃれなカラーバリエーションを展開しているベビーチェア。ハーブグリーンのほか、クリームイエローやソフトラベンダーなどのソリッドカラーと、木目が美しいナチュラルカラーのなどをラインナップしています。

素材には、丈夫なラバーウッドを採用。フロントガードと固定ベルトでしっかりと身体を支えられるため、安全性にも優れています。また、対象年齢は生後7ヶ月頃から。大人も座れるので、長く使い続けられるのも魅力です。

座面・足置きの高さは6段階に調節できるほか、専用テーブルを後ろに回転させればダイニングテーブルでの食事も楽しめます。専用テーブル・フロントガードともに取り外し可能のため、成長に合わせて使い分けてみてください。

カトージ(KATOJI) プレミアムベビーチェア マミー

工具不要で座面と足置きの高さ調節ができるベビーチェア。クリップを押しながら板を引き抜き、カチッと差し込むだけと約5秒で調節が完了します。クリップにはズレにくい構造を採用しているため、安全性も良好です。

また、専用テーブルとフロントガードは取り外しが可能。大人もダイニングチェアとしても使用できます。さらに、専用テーブルはトレー付きで、取り外して簡単にお手入れできるのも魅力です。

脚元にはプラスチック製のスタビライザーが付いており、安定感に優れているほか床を傷つける心配もありません。カラーは、ナチュラルとホワイトの2種類を揃えています。

カトージ(KATOJI) 木製ハイチェア CENA ステップ切り替え

食事のときだけ取り出して使いたい方におすすめの、折りたたみ式ベビーチェアです。折りたためば奥行き25cmとコンパクトになるため、ちょっとした隙間にも収納できます。また、テーブル部分を後ろに配置すれば、ダイニングチェアとして使えるのも魅力です。

成長に応じて足置きの高さを4段階に調節できるのもポイント。赤ちゃんの体型にもよりますが、5歳頃まで活用できます。さらに、ベルトで股と腰をしっかりと支えられるので、安全性にも配慮されています。

カラーは、ナチュラルやブラウンなどを展開。価格帯も比較的リーズナブルで、コスパ重視の方にもおすすめのベビーチェアです。

不二貿易 ベビーチェア ナチュラル テーブル付き 17332

収納に便利な折りたたみ式のベビーチェア。素材には天然木を用いており、ナチュラルな質感でおしゃれなインテリアにも馴染みます。脚部の裏はフェルト付きなので、フローリングに直接設置したい方にもおすすめです。

テーブルが回転式なのもポイント。使わないときは後ろに回転させておけば、よりスマートに設置可能です。また、角のない丸みを帯びた安心設計のほか、付属のセーフティベルトで赤ちゃんの腰・股部分をしっかりと支えられます。

ストッケ(Stokke) トリップトラップ

クラシックな北欧デザインが魅力のベビーチェア。座面と足置きの高さを14段階まで変えられるのが特徴です。奥行きも調節できるため、成長しても使えます。また、耐荷重は136kgなので、赤ちゃんだけでなく大人も使用可能です。

木製ながら、食べこぼしや飲みこぼしで汚れても、湿らせた布で拭き取るだけでキレイにできるのも魅力。デザイン製と機能性を兼ね備えた、おすすめのベビーチェアです。ニューボーンセット・ベビーセットなどの別売りアクセサリーを購入することで、年齢に合った機能を備えられます。

ストッケ(Stokke) クリック

約1分でラクに組み立てられるベビーチェア。工具不要で、脚やトレーなどをカチッとはめ込むだけで完成します。トレーは取り外して丸洗いできるほか、接続部分が少ないためお手入れの手間が少ないのも魅力です。

足置きの高さは2段階に調節できるため、赤ちゃんの成長に合わせて使い続けられます。さらに、ハーネスは股のみならず、腰と肩をしっかりと支えられる5点式なので、安全に使いやすいのもメリットです。

洗練された設計でデザイン性にも優れています。また、クラウドグレー・クローバーグリーンなどを展開。重量は3.75kgと軽く、外出先に持ち運びたい方にもおすすめです。

タンスのゲン ベビーチェア ハイチェア 30600015

コスパ重視の方におすすめのベビーチェアです。リーズナブルな価格帯ながら、実用性にも優れています。成長に合わせて座面と足置きの高さを調節でき、便利に活用できます。

安定感のある三角脚を採用しているうえに、フロントガードと太めの固定ベルトが赤ちゃんの身体をしっかりと支えられるのが魅力。フロントガードは、不要になったら取り外せるのもポイントです。

さらに、木製ながらポリウレタン塗装が施されているため、汚れてしまっても簡単にお手入れできます。カラーは、グレー・ホワイト・ライトブラウンの3色展開です。

アビー(Abiie) ビヨンドジュニア ハイチェア

実用性に優れたベビーチェア。股・腰・肩を支える「5点式ハーネス」と、足元からの落下を防ぐ「クロッチガード」を備えており、安全性に配慮されています。テーブルを汚れからカバーするトレーカバーや防水仕様のクッションを付属しているのも魅力です。

トレーカバー・クッションともに取り外して丸洗いできるため、お手入れに手間がかかりにくいのも特徴。また、座面と足置きの高さをワンタッチで調節可能です。

素材には、丈夫なヨーロピアンピーチウッド材を採用。耐荷重90kgと強度が高いので、赤ちゃんだけでなく大人も使えます。さらに、カラーバリエーションも豊富。使い勝手を重視したい方におすすめのベビーチェアです。

カトージ(KATOJI) 3in1 chair Cozy

ハイチェア・ローチェア・ロッキングチェアの3wayで使えるベビーチェアです。高さの異なる脚を付け替えることで切り替えが可能。また、ローチェア時の脚のストッパーを外せば、前後に揺れるロッキングチェアとしても楽しめます。

内側にはクッションが付属しているため、座り心地も快適。さらに、専用テーブルはフチ付きで食べこぼしが床に落ちにくいほか、取り外してお手入れができるのもポイントです。

フロントガードと安全ベルトが設けられているため、安全性も良好。カラーラインナップも豊富で、チェア本体・クッション合わせて計12通りの組み合わせを揃えています。

ベビーチェアのおすすめ|ローチェア

大和屋(yamatoya) アーチ木製ローチェア III

収納に便利な折りたたみ式のベビーチェアです。木製なので重量は4.8kgとやや重いものの、コンパクトに折りたためるため、ちょっとした隙間にもスマートに収納できます。また、持ち運び時はアーチ形の背もたれが取っ手になり、快適に持ち運べるのもメリットです。

テーブルが回転式なのもポイント。テーブルが要らないときは後ろに回転させることで、スッキリと設置できます。さらに、足置きの高さは成長に合わせて2段階に調節可能。シンプルであたたかみのあるデザインも魅力のおすすめモデルです。

ホップル(HOPPL) コロコロベビーチェア

コロコロと転がすことで、さまざまな使い方ができるベビーチェア。転がすと座面の高さが4段階で変わるため、ベビーチェアのみならず大人用のスツールとしても活用可能です。

角は丸みを帯びている安心設計を採用。また、チェア下部の角は丸みを抑えることで高い安定性を実現しています。セーフティーバーでしっかりと身体をホールドできるのもポイントです。

股部分の固定ベルトは、片手で赤ちゃんを支えながら面ファスナーで簡単に装着可能。さらに、同シリーズの「コロコロデスク」もあわせて購入すると、成長に合わせてデスク・ベンチ・本棚・リビングボードなどのより幅広い使い方を楽しめます。

リッチェル(Richell) 2WAYごきげんチェアK

床置きすればローチェアとして、イスに取り付ければダイニングチェアとして使えるベビーチェアです。イスには、固定ベルトを使って簡単に取り付けられます。また、成長に合わせて座面の高さを2段階で調節できるのもポイントです。

素材にはプラスチックを採用しており、重量1.3kgと軽いので持ち運びも簡単。四隅にゴム脚が設けられており滑りにくいため、安定性にも優れています。

さらに、専用テーブルは取り外せるのに加え、隙間を設けていないシンプル設計なので、お手入れも簡単。カラーは、ホワイト・ピンク・ブルー・アイボリーを展開しています。

playkids ベビーチェア 折りたたみ式 3WAY

外出先に持ち運びたい方へおすすめのベビーチェアです。重量は1.9kgと軽く、コンパクトに折りたたみ可能。また、ショルダーストラップ付きのキャリーバッグが付属しているため、バッグに入れて持ち運べます。

付属のセーフティストラップを使えば、外出先のイスに取り付けて使用できるのもメリット。さらに、付属のトレーは取り外して洗えるので、お手入れも簡単です。

そのほか、三角脚を採用しているうえに、脚裏には滑り止めパッドが付いているため安定性も良好。シートベルトは3点式で、股と腰をしっかりと支えられます。ピンク・ブルー・背面にパンダが描かれたホワイトの3色展開です。

Maydolly ベビーチェア 収納バッグ付き R1-Z3

自宅用のみならずアウトドアでも重宝する、折りたたみ式ベビーチェアです。重量は約1.9kgと軽く、付属の収納バッグのなかに入れて持ち運びが可能。また、脚には三角構造を採用しているほか、滑り止め付きで安定性に優れています。

本体の背面部にはポケットが付いているため、小物などを収納しておけるのもメリット。さらに、身体をしっかりと支えるシートベルトも備わっています。

専用トレー・生地ともに取り外して洗えるので、お手入れの手間が少ないのも魅力。カラーは、ネイビーとグレーを展開。シンプルなデザインで、おしゃれなベビーチェアを探している方にもおすすめです。

スモルビ(SMORbi) Bonbebe 脱出防止機能付 多機能ジャンボシート

多機能性が魅力のベビーチェアです。お尻・頭用の「クッションセット」や、大人用のイスに取り付けられる「固定ベルト」、ベビーチェアを動かして遊べる「カート」や「リード」が付属しており、首がすわる頃から5歳までと長い期間使用できます。

シートをやや後ろに傾けられる「首すわり前角度調節モード」を活用可能。深く腰掛けられるため、首がすわり始めたばかりでも安定した姿勢をキープできます。また、少し大きくなったら付属のカートを取り付けてリードで引っ張れば、親子で楽しく移動可能です。

さらに、付属の専用テーブルは子供の力では取り外せない「チャイルドロック」機能付きなので、落下や脱出が心配な方はチェックしてみてください。

インジェニュイティ(ingenuity) ベビーベース 3.0

成長に合わせて便利に使えるベビーチェアです。身体をやさしく支える内イス部分は取り外し可能。また、ストラップが付いているため、イスに取り付けて使用できます。

専用トレーはカップホルダー付きに加えて、使わないときは足元に収納しておけるのもポイント。さらに、シートは軽量デザインを採用しているので、片手でもラクに持ち運べます。

ブルー・ピンク・グリーンなどを展開。シンプルなデザインで部屋のインテリアにも馴染みやすい、おすすめのベビーチェアです。

バンボ(Bumbo) マルチシート

機能性に優れた便利なベビーチェア。床置きすればローチェアとして、イスに取り付ければダイニングチェアとして使用できます。また、トレーは取り外して背面に収納できるため、省スペースで設置可能です。

足まわりはゆったりと設計されており、幅広いサイズに対応できるのもポイント。クッションシートは自由に取り外せるほか、台座のポジションを4cmほど調節できます。

クッションシートにはポリウレタンを採用しており、座り心地も快適。さらに、3点式の安全ベルト付きです。裏面には滑り止め加工が施されているため、安心して使えます。カラーラインナップが豊富で、デザイン性重視の方にもおすすめです。

バンボ(Bumbo) ベビーソファー

首がすわる頃から使えるベビーチェアです。ポリウレタン製の柔らかな座り心地ながら、安定性に優れているのが特徴。カーブした背もたれで背中から脇までを包み込み、後部を深く設計した底部でおしりをすっぽりとホールドしつつ、中央部の支柱が前ズレをやさしく防ぎます。

軽く拭くだけで簡単に汚れが落ちるため、お手入れも簡単。重量は約1.2kgと軽いので、頻繁に持ち運びたい方にもおすすめです。さらに、コロンとしたかわいいフォルムと豊富なカラーラインナップも魅力。グレープ・ミモザイエローなどのおしゃれなカラーをラインナップしています。

ベビーチェアのおすすめ|テーブルチェア

イングリッシーナ(Inglesina) ファスト テーブルチェア

座面裏に収納用トートバッグが内蔵されたテーブルチェアです。本体を折りたたみ、座面裏からトートバッグを引き出してすっぽりと裏返せば収納完了。重量も約1.9 kgと軽く、さまざまな場所へスマートに持ち運べます。

設置可能なテーブルの厚みは、2~8.5cm。テーブルの板を挟んでアームを回転させるだけで、簡単に取り付けられます。また、股・腰ベルトでしっかりと赤ちゃんの身体を支えられるのも魅力です。

フチ付きの専用トレーが付属しており、テーブルが汚れにくいのもポイント。トレーは取り外して洗えるほか、シートも取り外して洗濯可能です。ふかふかのシートを採用しているため、座り心地にこだわりたい方はチェックしてみてください。

カトージ(KATOJI) テーブルチェア 洗えるシート NewYorkBaby

五点ベルト式で、肩・腰・股をしっかりと支えられるベビーチェアです。設置できるテーブルの厚みは、2~9cm。アーム部分は太く安定感があるうえに、滑り止めが付いています。安全性を重視したい方におすすめです。

内側のシートは通気性に優れたメッシュ生地を採用しているため、座り心地も良好。また、シートは取り外して手洗いできるので、お手入れの手間が少ないのも魅力です。

コンパクトに折りたためるため、外出時や帰省時にも便利。さらに、背面部分にはポケットが付いており、よく使う小物を収納しておけるのもポイントです。

リッチェル(Richell) あんよがブラブラしないテーブルチェア

フットレスト付きで、赤ちゃんの足がブラブラしないベビーチェア。食事中に安定した姿勢をキープできる設計です。また、三点固定式で、テーブルにしっかり取り付けられるのもメリット。固定ベルトでシートのズレを軽減するため、より安全に座れます。

成長に合わせて座面の高さを3段階に調節できるのも魅力。背面にはメッシュポケットが付いており、ティッシュやハンカチなどの収納にも役立ちます。

取り付け可能なテーブルの厚みは、2~4cm。コンパクトに折りたためるため、持ち運びにも便利です。カラーは、グレー・ブラウンを展開しています。

ヴィータ(Vita) テーブルチェア

収納と持ち運びに便利なベビーチェアです。座面裏に収納バッグが備わっており、本体を折りたたんで収納バッグを引き出し、裏返すだけで収納できます。

固定ベルトで腰と股をしっかりと支えられるため、安全性も良好。さらに、本体背面には収納ポケットが設けられており、ティッシュや食器などのよく使うアイテムを入れておけるのもメリットです。

シートは取り外して洗濯できるので、定期的にきちんとお手入れをしたい方にもおすすめ。また、アーム部分は対応幅が広い「ユーロ式」を採用しており、厚み2~8.5cmのテーブルに対応できます。

HUGmeee ベビーチェア テーブルチェア 収納袋付き

コスパ重視の方におすすめのベビーチェア。比較的リーズナブルな価格帯ながら、機能性が充実しており、便利に活用できます。

取り付けられるテーブルの厚みは2~8.5cm程度と、さまざまなテーブルに対応可能。コンパクトに折りたためるほか、専用バッグが付属しているのでラクに持ち運べます。さらに、固定ベルトで身体を支えられるため、安全性も良好です。

背面にはメッシュポケットが備わっており、よく使う小物を収納しておけるのもメリット。また、カバー・シートクッション・後部ポケットはそれぞれ取り外して洗濯できるので、お手入れの時間を軽減できます。

ベビーチェアのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ベビーチェアのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。