定番アウトドアブランドとして、日本でも高い知名度を誇る「ザ・ノース・フェイス」。なかでもリュックは、看板モデルである「ヒューズボックス」を筆頭に、幅広いアイテムがラインナップされています。

ただし、種類が多い分、モデル選びに苦戦してしまう場合も。そこで今回は、特におすすめのモデルをビジネス・登山・ランニング・大学生向けの用途別にご紹介します。ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

ザ・ノース・フェイスのリュックの魅力

By: rakuten.co.jp

ノースフェイスのリュックは、驚くほどラインナップが豊富。同じモデルでも容量の異なる複数のサイズが展開されていたり、何種類ものカラーバリエーションが用意されていたりと、選択の幅が広いのが魅力のひとつです。

そして、アウトドアブランドならではの高い機能性も見逃せないポイント。登山やランニングなど、本格的なアウトドアアクティビティでの使用を想定したモデルはもちろん、おしゃれなタウンユース向けのモデルにも便利な機能が搭載されています。

また、タフな素材が採用されているため、長く使えるのも大きなメリット。通勤や通学などで、デイリーにガシガシ使いたい方にもおすすめです。

ザ・ノース・フェイスのリュックの選び方

容量に注目

By: rakuten.co.jp

リュックを選ぶ際には、まず必要な容量がどの程度なのかを知ることが重要です。用途別の目安を参考に、自分に適したサイズのアイテムをチョイスしましょう。

ランニング用リュックは、5~15Lほどのコンパクトなモノが主流。邪魔になりにくく、飲み物や上着など必要最低限のモノが入るサイズです。

通勤や通学などに使うリュックなら、必要な容量は20~30L程度。大きすぎるサイズのモノを選ぶと、使い勝手が悪くなったり、電車で邪魔になったりとデメリットが多いため注意しましょう。

容量30~50Lのリュックは、荷物の多い登山や旅行に適したサイズ。日数や季節による荷物量の変化も想定しつつ、サイズを選びしましょう。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

アウトドアを中心に使う場合はもちろん、通勤や通学用のリュックでも防水性能が高いアイテムを選んでおくと、急な雨に見舞われたときにも安心です。防水性能をチェックする際は、素材とファスナーに注目しましょう。

防水透湿性素材である「ゴアテックス」を採用したリュックは水に強く、かつ汗によるムレが気になりにくいためおすすめです。また、素材にコーティング加工を施すことで防水性を高めているアイテムもあります。

さらに、リュックのなかで最も水が侵入しやすい部分がファスナー。より高い防水性能を求める方は、止水ファスナーが採用されているかどうかもチェックしておきましょう。

カラー・柄も重要ポイント

By: rakuten.co.jp

豊富なカラーバリエーションも、ノースフェイスのリュックの大きな魅力。カラー選びに悩んだ場合は、目的に合わせて絞っていくのがおすすめです。

汎用性を重視するならば、おすすめはブラック。どんな装いにも合わせやすく、コーディネートに悩むことなく使えます。特に通勤などビジネスシーンでの使用が想定される場合は、派手な色味のモノは避け、ブラックやグレーなど落ち着いたカラーをチョイスしましょう。

逆に、人とかぶらないことを重視して選ぶなら、明るいカラーや柄物にトライするのもアリ。迷彩などの柄物モデルには、モデル名の頭に「ノベルティ」という名称がついているため、個性のあるデザインのモノを探している方は注目してみてください。

ザ・ノース・フェイスのリュックおすすめランキング|ビジネス

第1位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) シャトルデイパックスリム

余計な装飾を省いたシンプルなデザインのビジネスリュックです。容量は18Lとやや小さめ。「コーデュラバリスティックナイロン」を採用しているため、丈夫なのが魅力です。

内側背面にはノートPCやタブレットを収納するための専用スペースを配置。さらに、スマートフォン用ポケットやキークリップ、メッシュポケットや折りたたみ傘用のオープンポケットなど、大小さまざまなポケットを多数備えています。

電車通勤の方でも使いやすいスリムなフォルムもポイント。ノートPCや書類、小物類など、通勤に必要な最低限の荷物をスマートに持ち運びたい方におすすめのリュックです。

第2位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) シャトルデイパック

同ブランドを代表する人気のリュックです。容量は普段使いしやすい25L。メインコンパートメントには、収納できるアイテムのアイコンがプリントされているため、PCや書類、タブレットを迷うことなく整理できます。

フロントには上下に分かれたポケットを2つ配置。上部にはスマートフォンや財布などの貴重品収納に便利なポケット、下部には文房具などの収納に便利なアクセサリーポケットを備えており、使い勝手も良好です。

光沢を抑えたマットな質感も魅力。スタイリッシュなデザインはスーツスタイルにも違和感なく馴染むので、おしゃれな通勤用リュックを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第3位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) シャトル3WAYデイパック

リュック・手提げ・ショルダーバッグと3つのスタイルで持ち運べる3WAYバッグです。容量は25L。ショルダーハーネスは収納式、ショルダーストラップは取り外し可能なため、どのスタイルで持ち歩いてもスマートに見えるのが魅力です。

背面にはノートPCが収納できるクッションつき収納スペースを配置。メイン収納の開口部は大きく開くラウンドファスナータイプなので、荷物が多くてもスムーズに出し入れできます。

ブラックだけでなく、グレーやネイビー、オリーブなどのカラーも人気。普段の通勤はもちろん、1泊2日程度の出張時にも活躍するおすすめのアイテムです。

第4位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) マイルストーンバックパック

上部にシューズ用の収納スペースを備えた、シンプルなリュックです。素材には撥水加工が施された厚手のナイロン生地を採用。フロントにはブランドロゴがさりげなくあしらわれており、デザインにアクセントを加えています。

内側はメイン収納1つのシンプルな構造。左サイドにはペットボトル用ポケット、右サイドには財布や定期入れなどの収納に便利なファスナーポケットを備えており、使い勝手は良好です。

メイン収納はスーツケースのように左右に大きく開くので、どこに何が入っているのかひと目で分かるのも嬉しいポイント。仕事帰りにジムに通っているなど、アクティブな日常を送っている方におすすめのリュックです。

第5位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ローマーデイ

余計な装飾がないミニマルなデザインが印象的なリュックです。ボディの素材には耐久性に優れた「840Dナイロン」を採用。フロント上部やトップハンドルなど目につきやすい場所には本革を使うことで、高級感を演出しています。

メイン収納はA4サイズの書類を折りたたまずに収納できるサイズ。背面にはノートPC用の収納スペースがついており、電源ケーブルやマウスの収納に便利なオープンポケットも備えています。

中に入れる荷物が少なくてもしっかりと自立するのが嬉しいポイント。使い勝手だけでなくおしゃれなモデルを探しているビジネスパーソンにおすすめです。

ザ・ノース・フェイスのリュックおすすめランキング|登山

第1位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) テルス35 M

日帰り登山はもちろん、小屋泊まで対応できるトレッキングパックです。容量は36L。各ポケットには撥水ファスナーが使われていることに加え、専用のレインカバーも付属しているなど、悪天候への対策が充実しています。

背面パネルは背中に沿うような構造になっており、フィット感は良好。また、可動式のチェストストラップやヒップハーネスが肩にかかる荷重を分散するので、長時間の移動も快適に行えます。

外側に小物収納用のポケットを多数備えているのも嬉しいポイント。初めての登山におすすめのベーシックモデルです。

第2位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) グラムバックパック

防水性・耐久性に優れたスタッフサック型のリュックです。容量28Lと十分な収納力がありながら、重量は400gと軽いのが特徴。メイン収納の開口部は巾着袋のように閉じられるようになっており、さらに雨よけの三角ウイングも備えています。

トップには小物の収納に便利なアクセサリーポケットを配置。さらに、フロントと両サイドには大きめのメッシュポケット、トレッキングポール装着用のツールループを備えるなど、登山時に便利な機能が充実しています。

使わないときには小さく折りたためるのも嬉しいポイント。タウンユースでも使いやすいスタイリッシュなデザインなので、日帰り登山から旅行まで幅広いシーンで活躍します。

第3位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) カイルス50 L

3~4泊分の着替えがすっきり入る、容量50Lの登山用リュックです。素材には軽くて丈夫な「ジオリップストップナイロン」を採用。傷がつきやすいボトム部分には耐摩耗性に優れた「リップストップナイロン」を使っているため、長く使い続けられます。

背中に触れる背面部がトランポリン背面構造になっているのもポイント。メッシュ状の背面部と背面パッドの間に空間を作ることで通気性がアップし、長時間背負った際の蒸れを効率よく防いでくれます。

フロント・サイド・ヒップハーネスに多数のポケットを備えているので、使い勝手は良好。専用のレインカバーも付属しているので、気温の高い夏の登山でも快適に使えるリュックを探している方におすすめです。

第4位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) FP Hybrid 30

開口部を内側に丸めて隙間をなくすことで、雨の侵入を防ぐロールトップタイプの登山リュックです。素材にはパラシュートにも使われる「ジオリップストップナイロン」を採用。薄手の生地ながらも耐久性に優れており、ハードな環境でも安心して背負えます。

外側に多数のポケットを備えているのも嬉しいポイント。バッグを開けなくてもよく使う小物をスムーズに出し入れできるため、使い勝手は良好です。

カーブした特徴的な背面パネルは、背中とリュックの間に風の通り道を作ることで高い通気性を確保できるのが魅力。重量も840gと軽いので、たくさんの荷物を快適に持ち歩きたい方におすすめです。

第5位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ボストーク

シックなカラー展開が魅力のリュックです。素材には耐摩耗性に優れ、汚れにも強い「420デニールデュラマックスHDナイロン」を採用。フロントには縦型の大型ファスナーポケット、トップにはアクセサリーポケットを備えており、かさばりがちな小物を整理して収納できます。

容量は汎用性の高い30L。メイン収納はA4サイズのファイルもゆったり入る大きさで、さらにオーガナイザーつきのサブ収納や、歩きながら手軽に水分を補給できるハイドレーションシステムなども備えています。

多機能ながら価格は比較的安いのが嬉しいポイント。スッキリとしたデザインなので、登山だけでなくタウンユースでも使いやすいリュックを探している方におすすめです。

ザ・ノース・フェイスのリュックおすすめランキング|ランニング

第1位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) へミスフェア

ロードランニング用に作られたリュックです。ちょっとしたスポーツシーンでも使いやすいスタイリッシュなデザインが特徴。フロント上部にあしらわれたブランドロゴがデザインにアクセントを加えています。

容量は10Lで、ペットボトルや貴重品を余裕を持って収納できるサイズ。さらに、ランニング中に手軽に水分補給できるハイドレーションシステムにも対応しているなど、細部まで使いやすく設計されています。

背面パネルはメッシュ状になっているため、たくさん汗をかいても背中が蒸れにくいのも嬉しいポイント。高い通気性を確保しながらも背中にしっかりとフィットするので、体の動きを邪魔しない軽量リュックを探している方におすすめです。

第2位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) マーティンウィング6

ランニング用リュックとして高い人気を誇る「マーティンウィング」シリーズのアイテムです。大きめのポケットを備えたヒップベルトが特徴。補給食やスマートフォンなど、サッと取り出したい小物を入れておくのに重宝します。

ショルダーハーネスにはドローコードつきのペットボトル用ポケットが1つずつ配置されており、ランニング中でも水分補給をスムーズに行えます。

カラーバリエーションはブラック・グレー・オリーブ色の3色展開。フィット感も良好なので、競技としてランニングに打ち込むストイックなランナーにおすすめのアイテムです。

第3位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) エンデュランスベスト

ベストを羽織るように着用するランニング用リュックです。肩だけでなくお腹でもリュックを支えることで、運動中にリュックがズレるのを予防。体に触れる部分はメッシュ状になっているため、汗をかいても蒸れにくく快適に過ごせます。

背中のメイン収納は1.5Lのペットボトルがすっぽり入る大きさで、ハイドレーション対応。さらに、お腹側のベスト部分にも500mlのペットボトルが入るメッシュポケットを備えています。

車のライトを反射するリフレクターを備えているため、夜間に周囲からの視認性を高められるのも嬉しいポイント。収納力と高いフィット感を兼ね備えたランニング用リュックを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第4位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ティーアール10

高いフィット感が魅力のベストタイプのランニング用リュックです。素材には高い伸縮性と通気性を兼ね備えた「マットツイルリップストップナイロン」を採用しています。

大小さまざまなポケットを備えているのも魅力。すぐに取り出したいペットボトルや小物はサイドポケットやショルダーハーネスのポケットに、貴重品はメイン収納に収納するなど自由度の高い使い方が可能です。

定番のブラックやグレーはもちろん、個性的なブルーのアイテムも人気。なるべくリュックを降ろさずに必要なモノを取り出したい方におすすめです。

第5位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) マーティンウィングLT

逆三角型の個性的なフォルムが特徴のランニング用リュックです。自然と背中の上部に荷物を収納できるため安定感が増し、ランニング中の不快な荷物のブレを軽減できます。

容量は6Lと小さめながらも、ハイドレーションに対応するなど使い勝手は良好。また、体に触れる部分には通気性の高いエアメッシュ素材を採用することで、汗をかいてもストレスの少ない着用感を実現しています。

普段使いしやすいスタイリッシュなデザインも魅力。飲み物や上着など、必要最低限のモノを快適に持ち運べるランニング用リュックを探している方におすすめです。

ザ・ノース・フェイスのリュックおすすめランキング|大学生

第1位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ノベルティBCヒューズボックス

ザ・ノース・フェイスを代表する、人気シリーズのリュックです。すっきりとしたスクエア型のフォルムが特徴。素材にはラミネート加工を施したポリエステル生地が使われており、高い防水性を発揮します。

容量は教科書・ノート・ファイルをたっぷり収納できる30L。内側には15インチのノートPCを収納できるクッションつきスリーブや、取り外し可能なオーガナイザーもついており、使い勝手に優れています。

インパクトのあるロゴプリントもおしゃれ。定番のブラックだけでなく、個性的なデザインも充実しているので、ぜひチェックしてみてください。

第2位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ホットショットクラシック

スタイリッシュなデザインと豊富なカラーバリエーションで人気のリュックです。背面には背中の形に合わせて設計された「スパインチャンネル構造」を採用することで、体にかかる負担を減らしつつ快適な背負い心地を実現しています。

メイン収納はA4サイズ対応で、15インチのノートPCも入るクッションつきスリーブも内蔵。また、サイドには折りたたみ傘やペットボトルの収納に便利なメッシュポケットを備えています。

デイジーチェーンやハイドレーションなど、アウトドアシーンで便利な機能を備えているのも魅力。毎日の通学はもちろん、アウトドアでも活躍するおすすめのリュックです。

第3位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ピボター

コロンとしたフォルムが印象的なリュック。上下に分かれた2つのフロントポケットを備えているのが特徴。メイン収納はA4サイズ対応で、15インチのノートPC対応の専用ポケットも備えています。

高いクッション性と通気性を兼ね備えた背面パネルもポイント。ショルダーハーネスにも柔らかいメッシュ素材が使われているため、夏でも快適に背負えます。

フロントポケットにあしらわれたブランドロゴもおしゃれ。価格が比較的安いので、色違いで揃えてその日の気分やコーデに合わせて使い分けるのもおすすめです。

第4位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) BCデイパック

フロントに個性的な柄がプリントされたティアドロップ型のリュックです。容量は普段使いにはやや小さめの22L。内側は2層に分かれており、ファスナーを開けて仕切りを外せば1つの大きなメイン収納としても使えます。

背面側には15インチのノートPCを収納できる専用スペースを確保。PC用のスペースはメイン収納から独立しているので、書類やペットボトル飲料などほかの荷物と分けて持ち運べます。

体への負担を軽減できるチェストストラップが付属しているのも嬉しいポイント。おしゃれでコンパクトな通学用リュックを探している方におすすめです。

第5位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヘックスパック

雨よけ用の大きなフラップを備えたメッセンジャータイプのリュックです。素材には防水加工を施したナイロン生地を採用。背中にしっかりとフィットするので、自転車に乗る際も快適に背負えます。

容量は20L。内側はメイン収納1つのシンプルな構造で、PC用のクッションつきポケットやオーガナイザーポケットがついています。また、ショルダーハーネスにはスマートフォンを収納できるストレッチポケットを備えるなど、使い勝手は良好です。

汎用性の高いリュックが欲しい方にはブラック、ファッションのアクセントになるリュックを探している方には迷彩柄が人気。防水性に優れたリュックなので、自転車通学の大学生やアウトドアシーンでの使用もおすすめです。

第6位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ジーアールバックパック

優れた防水透湿性を持つゴアテックスを採用したリュックです。容量は幅広いシーンで使いやすい30L。全てのポケットには止水ファスナー、バッグの縫い目にはシームシーリング加工を施すことで、高い防水性を実現しています。

防水性を高めながらも生地表面は光沢を抑えたマットな質感に仕上げられており、落ち着いた印象。毎日の通学はもちろん、旅行や本格的なアウトドアにも活躍するアイテムです。

ザ・ノース・フェイスのリュックおすすめランキング|キッズ

第1位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) キッズ バークレー

コロンとしたティアドロップ型のフォルムが印象的なキッズ用リュックです。素材には軽くて丈夫なポリエステルを採用。フロントにはコンセント形状のレザーパッチがあしらわれており、デザインにアクセントを加えています。

容量は19Lと、幼稚園の年長さんや小学1・2年生の子にぴったりなサイズ。フロントにはキークリップつきの大きなポケットを備えており、小物を整理整頓して収納できます。

車や自転車のライトの光を反射するリフレクターが施されているため、薄暗い時間帯の使用も安心。子供がラフに扱っても耐えられる、高い耐久性とデザイン性を兼ね備えたおすすめの製品です。

第2位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) キッズ BCヒューズボックス

同ブランドを代表する人気シリーズ「BCヒューズボックス」の子供向けモデルです。容量は大人向けよりひと回り小さい21L。メイン収納はA4サイズ対応で、小物収納用のオーガナイザーポケットやメッシュポケットなども備えています。

ファスナーの引き手と右側ショルダーハーネスにはリフレクターを配置。薄暗い時間帯でも周囲からの視認性がよいため、塾通い用のバッグとしても活躍します。

ボディやフラップの表面には防水加工が施されているのも嬉しいポイント。カラーバリエーションも豊富なので、おしゃれに敏感なお子さんにおすすめです。

第3位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) キッズ ホームスライス

丸みを帯びたかわいらしいフォルムと動物の絵が印象的なキッズ用リュックです。容量は8Lで、小さめの絵本やタオル、お絵かき帳などをゆったりと収納できます。

両サイドには水筒を入れるのに便利なメッシュポケットを配置。背中とショルダーハーネスにはクッション性の高い生地が使われているため、3~4歳前後の子供でも無理なく背負えます。

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイント。小さい子でも使いやすいおしゃれなリュックを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第4位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) キッズ ホットショット ミニ

外側に大きなフロントポケットを備えたキッズ用リュックです。素材には傷や汚れに強いポリエステルを採用。光沢を抑えたマットな質感の生地なので、キッズ用ながらもおしゃれな雰囲気を醸し出しています。

サイズは縦35×横24×マチ13.5cm。容量13Lのメイン収納にはメッシュのバインダーポケットを備えており、ちょっとした小物を整理したいときに重宝します。

体に触れる背面パネルやショルダーハーネスには通気性のよいメイン生地を採用。ショルダーハーネスにはリフレクターを配置するなど、使い勝手だけでなく子供の安全性にも考慮されたおすすめの製品です。

第5位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) キッズ スモールデイ

丈夫で軽量なナイロン生地を使ったキッズ用リュックです。容量は15L。内側には小物の収納に便利なファスナーつきメッシュポケットを備えています。
フロントには使い勝手のよい大きめのポケットを配置。さらに、両サイドにもメッシュポケットを備えており、折りたたみ傘や水筒を持ち運ぶ際に重宝します。

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイント。未就学児から小学校低学年ぐらいまでのキッズにおすすめのリュックです。

ザ・ノース・フェイスのリュックの楽天市場ランキングをチェック

ザ・ノース・フェイスのリュックの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ザ・ノース・フェイスのリュックを使ったおすすめコーデ

黒リュックとグレーのスウェットを合わせたリラックスコーデ

By: wear.jp

グレーのスウェットと黒リュックが主役のコーデです。全体的にモノトーンでまとめながらもブルーのニット帽を合わせることで、爽やかな印象をプラスしています。

細めのシルエットのアンクルパンツとローカットスニーカーで、だらしなく見えない工夫がされているのも大事なポイント。ぜひ参考にしたい大人のリラックスコーデです。

個性的なリュックを主役に引き立てたカジュアルコーデ

By: wear.jp

きれいめデザインのピーコートに迷彩柄のリュックを合わせたコーデです。ホワイトのキャップでスポーティーな雰囲気をプラス。足元のホワイトブーツも絶妙なボリューム感で全身のコーデとマッチしています。

リュック以外の全身の色数を絞ることで、リュックのデザインが強調されているのもポイント。個性的なリュックを選ぶ際、ぜひ参考にしたいメンズコーデです。

モノトーンでまとめた大人っぽいきれいめコーデ

By: wear.jp

グレーのチェスターコートにブラックのニットセーターを合わせたコーデです。靴やパンツを黒で統一することによって、品のある着こなしが可能。ニットセーターの裾からホワイトTシャツを見せるレイヤードスタイルがコーデのアクセントになっています。

全体的にきれいめに仕上げたコーデに対して、あえてスポーティーなスクエア型リュックを取り入れたことで、ほどよくカジュアルな雰囲気もプラス。堅苦しくなりすぎず、バランスのよいきれいめカジュアルコーデです。

カラフルなリュックとニットセーターの個性派コーデ

By: wear.jp

カラフルなリュックにカラフルなニットセーターを合わせた、個性的なカジュアルコーデです。アンバランスになりがちな組み合わせですが、キャップ・パンツ・スニーカーを黒でまとめることで統一感が生まれ、バランスのよいコーディネートに仕上げています。

もこもことしたニットセーターと細身のチノパンとのギャップを活かして、シルエット全体にメリハリを効かせているのもおしゃれ。普段のコーデが暗めのトーンになりがちな方でも真似しやすいので、ぜひチェックしてみてください。