ライカをはじめませんか?

日本のカメラメーカーは必死にライカを追いかけていました。でも1954年にライカM3が出ると、あまりの性能の高さに、追いつけないことを悟った日本のカメラメーカーは一眼レフへシフトしたのです。そのライカM3の性能を引き継いでいるのが、現在のライカM。今回ご紹介するのは、ライカMにプロフェッショナルの要望を取り入れたスペックをまとった、ライカM-Pのレアモデル、「ライカM-Pサファリセット」です。

一生もののカメラである

ライカM-Pサファリセットの外装にはオリーブグリーンのエナメル塗装がしてあり、傷が付きにくく、紫外線や溶剤にも強いとされています。

また、この型のライカは作りが堅牢で、過酷な条件でも信頼のおける機材として、その評判は瞬く間に世界中に広がっていきました。ライカM-Pサファリセットはいつもジャーナリズムと一緒でした。どうです? 一生付き合っていきたくなりませんか!?

伝統の一品

オリーブグリーン仕上げのライカは今まで何回も登場してますが、これはもともと野外で使うことを想定して作られた、伝統あるデザインと仕様なんです。

ライカM-Pサファリセットはそんなずっしりとした伝統を受け継いでいる逸品なのです。

妥協のない性能

ライカM-Pサファリセットには「ライカ ズミクロンM f2/35 mm ASPH.」というレンズが付いてますが、非常にシャープで、高コントラスト高解像の、歪みとは無縁の妥協のない撮影ができます!

一般的な一眼レフと比べると、とてもコンパクトですね。いいショットがたくさん撮れそうです。

高級軽自動車が買える価格のライカM-Pサファリセット。確かに一生ものの香りがしています。ライカはじめてみませんか?