スマホ、携帯型音楽プレーヤー(DAP)などで外で音楽を聴くみなさん、イヤホンは何を使っていますか。最近は、耳栓のように押し込む「カナル型イヤホン」が、臨場感を高めてくれるので人気ですが、耳に軽く入れるタイプの「インナーイヤー型イヤホン」をご存知ですか?

インナーイヤー型イヤホンにはカナル型にはない特徴とメリットがあります。インナーイヤー型も使えば、イヤホンで聴く音楽生活にも幅が出ますよ。今回は、インナーイヤー型イヤホンの選び方と人気のおすすめ機種をご紹介します。

インナーイヤー型イヤホンとは

41aI8sAZVFL

インナーイヤー型イヤホンとは、本来は耳の中に本体を入れて聴くイヤホン全体のことを指していました。現在では、本体を耳に軽く挿入して、耳甲介(ear concha)に乗せてフィットさせる「イントラコンカ型」イヤホンのことを特に指し、イヤーピースを耳栓のように挿入する「カナル型」と区別されます。

インナーイヤー型イヤホンの特徴、メリットとデメリットはカナル型と対照的。カナル型全盛の現在ですが、以前はインナーイヤー型のほうが圧倒的に主流でした。

インナーイヤー型イヤホンおすすめ人気ランキング2016

第1位 ボーズ(BOSE) SoundTrue in-ear headphones

4137huBq1bL

商品価格 ¥ 8,600

BOSEはみなさんご存知、大人気のイヤホンメーカーです。インナーイヤー型を中心にラインナップしているのが、BOSEの大きな特徴。かつてのインナーイヤー型の弱点をうまく克服して、音質的メリットを生かす独自設計に成功したため、特徴のあるイヤホンを世に送り出し続けています。

本機も、ウィング型シリコンパーツを耳上部のくぼみにフィットさせて装着する独自のStayHearチップを採用しています。これにより他と比較して密着度の強化が図れ、音量の上げすぎ、音漏れを防ぐことが可能なんです。独自のTriPortテクノロジーにより、低音再生能力が高いのも魅力。

スマホ対応機種も取り揃え、利便性も備えます。ただ、従来のインナーイヤー型イヤホンとカナル型の中間的な装着感は独特。よく確認してから選びましょう。BOSEは他にもノイズキャンセリング、Bluetooth機能を備えたインナーイヤー型イヤホンを用意。用途で選ぶこともできますよ。

第2位 ゼンハイザー(SENNHEISER) イヤホン MX375

41ZlONkFg7L

商品価格 ¥ 2,218

世界的な人気ヘッドホン・イヤホンメーカー、ゼンハイザー。そのゼンハイザーによるインナーイヤー型の定番機。開放型ヘッドホンの元祖なだけに、インナーイヤー型でもそのノウハウが生きています。高効率ダイナミック型ドライバー採用により、低音域の再生を充実させています。オーディオ専門誌でも多数受賞するほどの実力は本物。

専用イヤーパッドも付属し、他と比較して総合的なコスパの高さは随一です。インナーイヤー型は初めてという方から、ベテランまで安心しておすすめできます。

第3位 ジェイブイシー(JVC) ステレオミニイヤホン HP-F140

31ejynbIwVL

商品価格 ¥ 477

小さくかわいらしいデザインと、おしゃれなカラーが魅力のインナーイヤー型イヤホンです。108dBと能率が高いので、どんな機器でも音量を取りやすいのもメリット。国内有名メーカー製でありながら他と比較してリーズナブルな価格も魅力です。本体が柔らかめで、痛くなりにくい装着感なのもポイント。初めてインナーイヤー型イヤホンを使う方はもちろん、いざというときのサブ機を探している方まで幅広くおすすめします。

第4位 パイオニア(Pioneer) イヤホンマイク SE-CE511i

61KExYC10mL._SL1500_

商品価格 ¥ 1,050

iPhone/iPadに対応したマイク付きリモコンを装備し、ハンズフリー通話も可能なインナーイヤー型イヤホン。iPhone対応インナーイヤー型イヤホンが少ない現状にあっては貴重です。15.4mm径のユニットを搭載したイヤホンも本格派。この機能と性能で1000円程度の価格なのも魅力です。4色のカラーバリエーションで、自分に合わせたコーディネートを楽しめます。

第5位 ワンモア(1MORE) インナーイヤーモデル Piston Pod Earphones EO320

41oNI9O+cUL

商品価格 ¥ 4,040

実力派メーカーによる期待のインナーイヤー型イヤホン。1MOREは世界的なイヤホンのOEM供給元として有名で、多数の人気機種を影ながら支えてきました。1MOREは自信作を世に問うための自社ブランド。圧倒的とされるコスパでも注目されています。独自の大口径13.6mmドライバーを採用し、3層振動板は美しい中音域と迫力ある低音域を表現できます。

スマホ対応リモコンマイクも搭載。からみにくく、長持ちするTPE素材を使用したコードもうれしい配慮ですね。最新の技術を反映したインナーイヤー型イヤホンとしておすすめ。

第6位 オーディオテクニカ(audio-technica) EARSUIT ATH-CM707

310O4oauA0L

商品価格 ¥ 6,570

人気のロングセラー機。新開発の大口径14.8mmドライバーを搭載し、細部の音まで表現します。アコースティックダクト構造によるクリアな広帯域再生もポイント。削り出しのアルミ合金による本体は、軽量化と高級感につながっています。耳からの脱落を防止する、スイングアジャストイヤハンガー機構も老舗ならではの技術です。インナーイヤー型イヤホンへの歴史と伝統を感じさせる逸品としておすすめします。

第7位 クリエイティブ(Creative) イヤーフック型イヤホン Aurvana Air EP-AVNAIR

41ijKGGtw9L

商品価格 ¥ 6,980

インナーイヤー型イヤホンの高級機の定番。EaseFitデザインと呼ぶイヤーフックによる快適な装着感もポイントです。強力なネオジウムマグネットドライバーと超薄型の高性能ダイヤフラムを採用しています。アコースティック楽器も難なく再現する高音質が魅力。バススロットによる低音域の充実も見逃せません。

以前1万円以上だった実売価格も7000円程度になり、コスパは一層増しています。高級カナル型と比較しても渡り合えるインナーイヤー型イヤホンとしておすすめです。

第8位 UCOTECH インナーイヤー型イヤホン ES1103 Grandiose

31RPtuWt3bL

商品価格 ¥ 29,700

UCOTECHは高音質なインナーイヤー型イヤホンにこだわるメーカーです。本機はインナーイヤー型の頂点を目指して開発したという意欲作。音質の大幅な改善に成功したという特許技術、ダブルドーム振動板を採用しています。また、14.8mmダイナミックドライバーを搭載し、周波数帯域は10Hz~40kHzと、ハイレゾ対応のハイスペックも実現しているのも驚異的。

インナーイヤー型イヤホンならではの開放感のある鳴り方に加え、情報量の多い、緻密な高音質はまさに最上級の品位です。インナーイヤホンの底力を体感したいあなたにおすすめ。

インナーイヤー型イヤホンのメリット

61tkAfzQFpL._SL1000_

インナーイヤー型イヤホンは、カナル型に比べて大きめの本体を採用することができるので、大きな発音振動板を使用できます。そのため、ワイドレンジでスケール感のある再生音が得られます。

また、耳栓的なイヤーピースにより、周囲と密閉度を高めるカナル型に対して、インナーイヤー型イヤホンは基本的に開放型です。そのため、こもりが少なく爽やかで、空間性の広い音を感じ取れるのもメリット。

窮屈さで耳に負担がかかるカナル型に対して、インナーイヤー型イヤホンは軽快な装着感が得られやすく、長時間使用にも向いています。

インナーイヤー型イヤホンのデメリット

metro-1807913_640

デメリットはカナル型に比べて遮音性が低く、周囲への音漏れが大きいこと。特に電車、バスのような閉鎖的な公共空間では、やや大きめの音量で聴くと、迷惑になることがあります。そのことがあってか、2000年代以降はイヤホンの主流がカナル型になったようです。また、音質面ではナカル型よりも低音再生能力が弱い傾向があります。カナル型よりも緩い装着感の傾向があり、動くとずれやすい点にも注意です。

インナーイヤー型イヤホンの選び方

31N6rMK5B0L

By: amazon.co.jp

単体で販売されるインナーイヤー型イヤホンは2016年現在、カナル型に比べて圧倒的に少数です。近年の大きな転機はApple社がiPhone用純正イヤホンEarPodsにインナーイヤー型を採用したこと。Appleはインナーイヤー型のメリットに改めて注目したということでしょう。

現在のインナーイヤー型イヤホンは数千円程度までの製品がほとんどで、カナル型のように何万円もする高級機はほとんどありません。また、音楽を聴く基本機能だけなのも普通で、ノイズキャンセリング、Bluetoothといった便利機能、スマホ用リモコンマイク搭載機も少ないです。

1990年代まで多数インナーイヤー型イヤホンを販売していた大手メーカーがノウハウとコストの面から主に低価格帯ではおすすめ。音質的には数千円程度でもかなり満足度は高いです。最近はインナーイヤー型イヤホンにこだわる小規模メーカーもあります。やや高価なクラスではそうしたメーカーがおすすめです。