アウトドアシーンにおいて欠かせない備品のひとつである「ランタン」。普及した当初は農作業の必需品として重宝され”真夜中の太陽”と称されるほどでしたが、現在はキャンプサイトを明るく照らす便利アイテムとして数多くのメーカーからリリースされています。

そこで今回はランタンのおすすめモデルをご紹介。選び方や使用する際の注意点などについても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ランタンの選び方

種類で選ぶ

本格派なら「ガソリンタイプ」

By: amazon.co.jp

ガソリンランタンはハイパワーで光量が大きく広範囲を明るく照らせます。普及しているランタンのなかではもっとも古く、炎の揺らめきが特徴です。

燃料のガソリンはコストが低めで燃焼時間が長いため、ランニングコスト的にはまずまず。ただし、ガソリンランタンは扱いがやや難しく、点火前にはマントルと呼ばれるパーツを空焼きする作業が必要なほか、ポンピングというガソリンを気化するための作業を要するなど、キャンプビギナーにとってハードルは高めです。

ガソリンタイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

コストを重視する方なら「灯油タイプ」

By: amazon.co.jp

灯油ランタンは低コストなのが魅力。肌寒い季節にはちょっとした暖房としても活躍してくれる便利なアイテムです。種類としては「圧力式」と「フェアーハンド式」があり、前者は燃料タンクに圧力をかけて灯油をガス状にし、光を放つタイプ。後者は灯油がランタンの内部の芯を経由して上部へと解き放たれ燃えるタイプです。

ガソリンランタンと同様、点火やメンテナンスにやや手間がかかり、使いこなすには慣れが必要ですが、クラシカルな雰囲気が魅力のアイテムです。

灯油タイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

光量と扱いやすさのバランスを重視する方なら「ガスタイプ」

By: amazon.co.jp

ガスランタンは点火が容易で扱いやすいのが特徴。光量はガソリンランタンには劣るものの、キャンプサイト全体を照らすには十分で、価格の安さも魅力です。

とはいえ、燃焼時間が短く、燃費が悪いのはデメリット。燃料のガス缶はバーナーなどと兼用することも可能ですが、他のタイプに比べてランニングコストはやや高めです。その点は留意しておきましょう。

ガスタイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

安全性を重視するなら「電池・LED・太陽電池タイプ」

By: amazon.co.jp

LEDランタンは、もっとも手軽に使えるので初心者キャンパーの方に人気のあるタイプです。多くのモデルがスイッチを入れるだけで使用できるため、他のタイプより圧倒的に扱いが容易。火を使わないので、テント内でも安心して使えます。

電池式と充電式の2種類があり、充電式のなかにはスマホの給電が可能なモデルもあります。デメリットは光量が小さく、メイン用ランタンとして使えるモデルが少ない点。ひとつあると重宝するおすすめのタイプです。

LEDタイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

使う場所で選ぶ

タープやランタンポールに吊り下げて使う場合

By: amazon.co.jp

キャンプサイト全体を照らすメインランタンは、タープのポールやランタンポールなどの高い位置に吊り下げて使うのが一般的。ランタンは光量が大きいガソリンタイプや灯油タイプ、ガスタイプ、なかでも燃焼時間の長いモデルを使用するのがおすすめです。

メイン用はキャンプサイトの端に設置することで虫を引き寄せ、テントやテーブルに近寄らせないようにするのも効果的。なお、LEDタイプを使う場合は、1000ルーメンもしくは200Wほどの明るさを持つモデルなら対応できます。数は少ないですがLEDの大光量タイプも増えてきているので、安全性の高さなどからLEDにこだわりたい方は照度を確認して選ぶことが重要です。

テント内で使用する場合

By: amazon.co.jp

夜でも快適にキャンプサイトで過ごすためには、テントの外と内でランタンをそれぞれ使い分けるのがおすすめ。さらに荷物の出し入れなどで使うことなども考慮して、持ち運びに便利なアイテムも別途用意しておくと、より便利です。

注意してもらいたいのが、ガソリンなどの燃料式ランタンは、テント内で使うと一酸化炭素中毒や火事の恐れがある点。そのため、テント用のランタンは必ずLEDタイプを選ぶようにしましょう。

卓上で使用する場合

By: amazon.co.jp

卓上で使用するテーブルランタンはガソリンタイプや灯油タイプだと光量が大きいので、ガスタイプやLEDタイプが最適。セッティングとしてはテーブルの中央にひとつ配置するのもアリですし、小さな明かりを複数配置するのもアリ。好みに応じてセッティングしましょう。

ランタンのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: ec.coleman.co.jp

コールマンはアメリカ発の人気アウトドアメーカー。なかでもランタンは傑作プロダクツとも言われており、ブランドを象徴するアイテムとして知られています。

メーカーとしての創業は1900年頃で、当初はランプのレンタル業を営んでいましたが、メンテナンスのコストがかさみ過ぎたため、製品の販売へと事業を切り替えて成功。ランタンは戦前までは電気の供給が行き届いていない田舎での必需品、戦後はアウトドアを楽しむためのツールとして活躍しています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県三条市に本社を構えるスノーピーク。車の近くでテントやタープを張る、いわゆる”オートキャンプスタイル”の普及に貢献したアウトドアブランドとして知られています。

同社のランタンはガスとLEDの2タイプが主流。特にガスランタンは愛用者が多く、初心者の方にもおすすめです。

また、修理などの各種サービスが充実しているのもポイント。長く愛用し続けられるランタンを求めている方は要チェックのメーカーです。

ジェントス(GENTOS)

By: amazon.co.jp

ジェントスは国内有数のLEDライトメーカー。照射能力と耐久性を兼ね備えた高品質な製品を数多くリリースしているのが特徴です。

明るさや点灯時間などの用途に合った最適な1台を見つけられるのもポイント。メイン用や卓上用、テント用とそれぞれLEDランタンを揃えることができるので、購入を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

ランタンのおすすめ|ガソリンタイプ

コールマン(Coleman) ワンマントルランタン 286A740J

多くのキャンパーから支持を得ているコールマン定番のホワイトガソリンランタンです。シンプルな構造で扱いやすくメンテナンスも簡単に行えるので、初めてのガソリンランタンにもおすすめ。発売当初からほとんど変わらないクラシックなデザインも魅力です。

燃焼時間約7.5~15時間と長く、約200キャンドルパワー(130W相当)の明るさで、ソロキャンプやファミリーキャンプのメインランタンにおすすめ。比較的リーズナブルで燃費のよいホワイトガソリンを燃料としているため、ランニングコストがかかりにくいのも魅力のひとつです。

コールマン(Coleman) ノーススター チューブマントルランタン 2000-750J

電池式の点火装置を搭載したガソリンランタン。本製品は点火ボタンを押しながら燃料バルブを開くだけで点火できます。ライターなどを使う必要がなく簡単に点火できるので、ランタンの扱いに慣れていない方にもおすすめです。

チューブ型のマントルで表面積が広く、約360キャンドルパワー(230W相当)の大光量を有しています。燃焼時間も約7~14時間とパワフルでメインランタンとしても最適です。

コールマン(Coleman) パワーハウス ツーマントルランタン 290A740J

2つのマントルで約300キャンドルパワー(190W相当)の大光量を放つガソリンランタンです。マントルが2つあるため交換時に手間がかかりますが、多少の不便さもアウトドアの醍醐味。暖色系のやさしい光でキャンプならではの雰囲気を楽しめるのが魅力です。

約940ccの大容量タンクを装備した大型タイプで、最大光量時も約7時間燃焼し続けます。テントサイト内全体を照らすのに十分なスペック備えているためメインランタンとしておすすめのアイテムです。

YOGOGO マルチフューエルランタン

ホワイトガソリンだけでなく灯油・カーガソリン・石油ナフサにも対応した、燃料が選べるランタンです。約150キャンドルパワー(120W相当)の明るさで、サブランタンおすすめ。フルパワーで約7時間燃焼する持続性の高さもポイントです。

重量約1.27kgとガソリンランタンにしては軽いので持ち運びにも便利。暖色系の優しい灯りでキャンプの雰囲気を演出します。日本語の取扱説明書が付属しないため、燃料系ランタンの扱いに慣れている方におすすめです。

ランタンのおすすめ|灯油タイプ

コールマン(Coleman) ケロシンランタン 12022-L

コールマンジャパンでは取り扱っていない海外モデルの圧力式灯油ランタン。使いやすさとコスパのよさでキャンパーから高い人気を得ています。約180×180×460mmの大きめサイズで明るさは約784ルーメン。小さいテントサイトであれば十分に全体を照らせます。

ペトロマックス(Petromax) ランタン HK500

長年に渡り世界中で愛され続けているペトロマックスの圧力式灯油ランタンです。タンク容量が約1000mlと大きく、燃焼時間約8時間とスタミナも十分。加えて、明るさ約500キャンドルパワー(400W相当)の大光量でメインランタンとして申し分ないスペックです。

本製品は200個以上の細かいパーツで作られているため、メンテナスに手間がかかり点火にコツが必要。しかし、灯油ランタン特有の優しい灯りが楽しめます。キャンプの醍醐味をとことん味わえるおすすめの逸品です。

ヴェイパラックス(Vapalux) ランタン M320

職人の手によって1台1台丁寧に作られている圧力式灯油ランタンです。サビにくい真鍮製のタンクと腐食に強いアルミダイキャストのフレームを採用しているので、長く愛用できます。歴史を感じさせるレトロな佇まいも魅力です。タンクはペイントされており、ブルーとレッドの2色から選べます。

明るさ約320キャンドルパワー(60W相当)、燃焼時間約10時間とパワフル。30~40回程度のポインピングで十分な光量が得られ、シンプルな構造で分解しやすくメンテナンスもラクに行えます。日本語説明書付きで、初めての圧力式灯油ランタンにおすすめです。

フュアーハンド(Feuer Hand) ハリケーンランタン 276 ジンク

100年以上の歴史を持つドイツ発の老舗ランタンメーカー「フュアーハンド」。過酷な環境下でも使える丈夫なフェアーハンド式灯油ランタンです。耐熱ガラスの風防で雨風に強く、風速80mの中でも安定して燃焼します。

タンク容量は約340mlで、燃料がこぼれにくい二重構造。約6.3カンデラの光量で、テーブルランタンにおすすめ。燃焼効率がよいため約20時間以上と燃焼時間が長く、家庭に1台備えておくと緊急時にも活躍します。また、レトロなデザインも魅力なので、インテリアとして部屋に飾るのもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル オイルランタン 中 UK-504

黒を基調としたスタイリッシュなアイテムを展開するシリーズ「CSブラックラベル」の灯油ランタンです。ゆらめく炎とアンティーク調のデザインがキャンプの雰囲気を演出します。安価で手に入れやすいので、テーブルに数台並べて使うのもおすすめ。インテリアとして部屋に飾るのもおしゃれです。

また、約400gと軽いので持ち運びにも便利。容量約200mlで燃焼時間約14時間と長いのも魅力です。

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン デイツ78

170年以上の歴史を持つアメリカ発のオイルランプメーカー「デイツ」のフェアーハンド式灯油ランタンです。雨・風に強く消えにくいため安定した灯りが得られます。卓上用としてはもちろん、ソロキャンプで炎の揺らぎを楽しむのにもおすすめ。約15×13×26.5cmとコンパクトながら、タンク容量約340mlで燃焼時間約20時間と長いのも魅力です。

ランタンのおすすめ|ガスタイプ

コールマン(Coleman) ルミエールランタン 205588

マントル不要で手軽に使える初心者の方におすすめのガスランタンです。本体をガス缶に取り付けるだけですぐに使用でき、細かなメンテナンスも必要ないので簡単に扱えます。炎調節レバーで炎を高くしたり低くしたり、光量の調節が可能です。

約230gのOD缶使用時で約28~38時間と燃焼時間が長いのも魅力。また、ガラスグローブの形状に合わせた専用プラスチックケース付きのため、持ち運ぶ際も安心です。ゆらめく炎がキャンプの雰囲気を高めてくれます。

コールマン(Coleman) IL 2500ノーススター LPガスランタン 2000031625

「2500ノーススター」のインディゴレーベルバージョンです。従来のレトロなイメージとは異なり、ネイビーを基調としたカジュアルなデザインが特徴。デニムのパッチワークをプリントしたおしゃれな収納ケース付きです。

性能は従来モデルと変わらず約320キャンドルパワー(200W相当)の大光量を発揮。テントサイト内全体を照らすメインランタンとしておすすめです。燃焼時間は、470gのガス缶使用時で約4~8時間燃焼し続けられます。

スノーピーク(Snow Peak) ギガパワーランタン 天 オート GL-100AR

1998年にスノーピークが初めてリリースしたランタン「ギガパワーランタン 天 オート」。手のひらサイズの軽量コンパクトなガスランタンです。コンパクトながら80W相当の明るさを誇り、ソロキャンプであればメインランタンとして使えます。携帯しやすいのも魅力です。

火力調整用のワイヤーハンドルは十分な長さがあり、水平に保つ安心・安全設計で指が熱くなりにくく、グローブを装着したままでも操作が可能。微妙な火力コントロールができるので、好みの明るさで使用できます。調理をする際などちょっとしたシーンで役に立つガスランタンです。

ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233

キャンパーの悩みのひとつ「虫問題」の解消に効果が期待できるガスランタンです。虫が感じにくい波長の長い光を放つ「ハーフストライプホヤ」を搭載しているため、虫を寄せ付けにくく虫全盛期の夏キャンプをサポートしてくれます。

さらに、「蚊トリフレクター」を装着することで、森や茂みなど虫の発生源への光を遮断し、照らしたい方向に光を集められます。リフレクターに市販の蚊取りマットがセットできるのもポイント。

CB缶「ST-760」使用時で約230W、「ST-700」使用時で約210Wとメインランタンに最適な大光量。燃焼時間は、ST-760使用時で約3時間と短いですが、CB缶は安価で購入しやすく扱いやすいといったメリットがあります。

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) 2245ランタン IP-2245A-S

マイナーチェンジを繰り返しながら長く愛され続けているガスランタンです。マントルを覆うホヤ部はスリガラスを採用しており、優しく発光するのが特徴。照度は約370ルクスでソロキャンプや4人程度までのキャンプであれば十分な明るさです。

IP-250タイプのガスを使用した場合、燃焼時間が約8時間とスタミナも良好。持ち手にもなる輪状のワイヤーとフック付きのワイヤーにより、さまざまな吊り下げ方ができます。軽量コンパクトで持ち運びやすく、扱いやすいので初心者の方にもおすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタン UL-X 620106

品質の高さに定評のある「ユニフレーム」のCB缶タイプのガスランタンです。ホヤ部分がボディに内蔵されているためコンパクトで持ち運びに便利。高強度設計のタフなアルミボディにより、ホヤが破損しにくいのもポイントです。

フタはワンタッチで開閉し、低温時など自動点火しにくい場合はライターで直接火入れが可能。また、燃焼部分の熱をガス缶に伝える機構「パワーブースター」により、出力低下を防ぎます。

プレミアムガス使用時240W相当、レギュラーガス使用時210W相当と、いずれも大きな光量が得られるのでメインランタンに最適。ガスランタンに慣れていない方でも簡単に扱えるおすすめのモデルです。

ランタンのおすすめ|電池・LED・太陽電池タイプ

ジェントス(GENTOS) エクスプローラー EX-V777D

高クオリティかつリーズナブルな価格で人気のLEDライトの専門メーカー「ジェントス」。本製品は底面にビルトインフックが付属しており、逆さに吊るして使えるのが特徴です。トップカバーを外し裸電球のように使用できるので自然な配光が得られます。

本体吊り下げ用のハンガーフックは折りたたみ式で持ち運びに便利。約360ルーメンの明るさで、Highモードは約27時間、ECOモードなら約78時間と連続点灯時間が長いのも魅力です。耐塵・防滴に加え、2m落下耐久性を備えているのもポイント。環境や天候を気にせず使えるのでアウトドアや防災用におすすめです。

ジェントス(GENTOS) パワーバンク ランタン EX-000R

約1000ルーメンの大光量を誇るLEDランタンです。テントサイト内全体を十分に照らせるためメインランタンにおすすめ。また、USB充電式でスマホやタブレットなどにも給電可能なので災害などの緊急時にも役立ちます。単1形乾電池3本での使用も可能です。

「調色機能」を搭載しており、白色・昼白色・暖色の3色から切り替えられます。メインランタンとして使用するときは白色、くつろぎたいときは暖色などシーンに合わせて対応できるのも魅力。さらに、スイッチひとつで弱~強まで無段階で光量の調節ができます。

炎の揺らぎを再現した「キャンドルモード」や、ゆっくり明るくなったり暗くなったりする「スローライティングスイッチ」なども搭載。多彩な機能を備えたおすすめのLEDランタンです。

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン 2000031270

着脱可能な発光パネル付きのマルチ電池式LEDランタン。本体に4つの発光パネルを搭載しており、取り外して単体で使えます。ハンドル付きで引っ掛けたりスタンドにして立てて置いたりできるほか、背面がマグネット仕様のため車やポールにくっつけて使用することが可能です。

さらに、パネルの先端にフラッシュライトを搭載しているため、懐中電灯としても使えます。単1形乾電池4本使用で最大約500ルーメン、8本なら最大約800ルーメンの大光量を放出。パネルはHigh・Spotいずれのモード時も約100ルーメンで足下を照らすのに十分な明るさのため、夜間の散歩やトイレなどの移動時にも便利です。

また、スマホやタブレットの充電が可能なUSBポートを備えているので、急な充電切れや非常時など、いざというときも安心。1台で幅広いシーンに対応するおすすめのLEDランタンです。

コールマン(Coleman) バッテリーロックUSBリチャージャブルランタン 2000031277

温かみのあるウッド調のデザインが魅力の充電式LEDのランタンです。バッテリーを入れたまま長期間保管していても、過放電による電池の消耗や液漏れを防いでくれる「バッテリーロックシステム」を搭載。停電や災害などの緊急時もすぐに使えるので安心です。USBポート付きでスマホなどの充電もできます。

約350ルーメンの明るさで、High・Medium・Lowの3段階で光量の調節が可能。作業時など手元を明るく照らしたいときは白色、就寝前などリラックスしたいときは暖色と電球の色が切り替えられます。アウトドア用としても非常用としてもおすすめのLEDランタンです。

ロゴス(LOGOS) パワーストックランタン2000 74176025

約1200ルーメンと驚異的な光量を放つパワフルな充電式LEDランタンです。白色・中間色・暖色の3色調色機能を搭載しており、それぞれ10段階で明るさの調節が可能。メイン・サブランタンとしてはもちろん、約12.5×12×5.7cmとコンパクトかつ軽量なので持ち歩き用としても使えます。

さらに、USBポートを2口搭載しているため、USB機器が2台同時に充電できるのも魅力です。置いて使えるほか、ンドルをスタンドにして角度を変えたり、付属のフックで吊るしたり用途に合わせた使用が可能。携帯性・機能性に優れたおすすめのLEDランタンです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) カラーチェンジ LEDランタン UK-4052

シンプルで使いやすいLEDランタンです。スイッチを押すだけで白色・暖色の切り替えができる簡単操作が魅力。長押しすれば無段階で光量の調節が可能です。

電源は、単1形乾電池を3個使用。白色時は約15時間、暖色時は約20時間と連続点灯時間が長いのも魅力。テント内やテーブルランタンとしてだけでなく、非常用として備えておくのもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フローティングLEDランタン typeII UK-4044

ハンドル付きで持ち運びに便利なソーラーランタンです。シリコン素材の防水タイプで、水に浮くのが特徴。水に濡らしたくない小物などは本体の中に収納しておけるので、突然雨に降られても安心です。電池などを使わずに太陽の光で充電できるため、アウトドアや緊急時、日常生活など幅広いシーンで活躍します。

Highモード約100ルーメン、Lowモード約50ルーメンの明るさで、テント内や夜間の移動用ランタンとしておすすめ。上部のスイッチを押すだけなので、子どもでも簡単に扱えます。

ランドポート(landport) ソーラーパフ PUFF-15WL

防水性・携帯性に優れたソーラーランタンです。上部と底部のベルトを引っ張ると各辺約11cmのサイコロ型になり、収納時は上から軽く押さえると折り畳めます。重さ約75g、厚さ約1.5cmと軽量コンパクトで、収納・持ち運びに便利です。

強モード約90ルーメン、弱モード約50ルーメンの柔らかい光で、就寝前のリラックスタイムにおすすめ。防水仕様でアウトドアに最適なのに加え、おしゃれなデザインでインテリアとしても活用できます。

Suaoki 3WAY高輝度LEDランタン ソーラーライト

1台で3役こなす多機能さが魅力のソーラータイプのLEDランタン。提灯のように開閉する蛇腹式で、開くとランタンとして使用でき、折り畳むと懐中電灯になり底部から照射します。ハンドル付きで引っ掛けて使うこともでき、持ち運びにも便利。コンパクトで収納の際に場所を取らないのもポイントです。

さらに、USBポートを備えているため、スマホなどの充電が可能。電源や電池を必要とせず太陽の光で充電できるので、災害などの緊急時にも重宝します。

モードは、ハイ・エコ・SOSの3段階あり、ハイモード時は約5時間、エコモード時は約10時間、SOSモードは約6時間の連続点灯が可能です。防滴仕様で水濡れも安心。非常用のランタンを探している方におすすめです。

番外編|ランタンを使用する際の注意点

By: amazon.co.jp

テント内は火気厳禁です。そのため、火を使うガソリンタイプや灯油タイプ、ガスタイプのランタンは使用してはいけません。テント内で使用すると一酸化炭素中毒や火事の危険があります。

テント用として使うことはもちろん、テントに入る際に燃料系のメインランタンやテーブルランタンを持ってきて使うことも避けた方がよいでしょう。