アウトドアシーンにおいて欠かせない「ランタン」。キャンプサイトを明るく照らす便利アイテムとして、多くのメーカーから展開されています。

そこで今回は、ランタンのおすすめモデルをご紹介。選び方や使用する際の注意点などについても解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ランタンの種類

LEDランタン

By: amazon.co.jp

ガソリンタイプやガスタイプと比較して格段に取り扱いが簡単なため、初心者にも人気のあるLEDランタン。スイッチを入れるだけですぐに点灯するので便利です。また、火を使わないのでテント内や低く張ったタープの下でも安心して使えます。

電源は乾電池式と充電式の2種類。乾電池式はコンビニなどでも購入できる手軽さが魅力です。一方の充電式は、モバイルバッテリーや車のシガーソケットからも充電できるモデルもあり、予備の電池を持ち運んだり交換したりする手間がかかりません。

なかには、搭載しているハンドルを回して手動で発電できる製品もあります。電源がなくても使用できるため防災アイテムとしてもおすすめです。

LEDタイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

ガソリンランタン

By: amazon.co.jp

現在、キャンプなどで活躍しているランタンのなかでは、もっとも歴史の古いのがガソリンランタンです。ハイパワーモデルが多いため、大光量を必要とする場所で使うのに最適。点火させるにはガソリンタンク内の空気を圧縮するポンピングや、マントルの空焼きといった作業が必要になります。

また、燃料バルブを開きながら点火用ライターを差し込まなくてはならないなど、初心者にとっては難易度がやや高め。スムーズに点灯するには慣れが必要ですが、手間を楽しめる中級・上級者に人気のアイテムです。

ガソリンタイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

ガスランタン

By: amazon.co.jp

燃料にガス缶を使用するランタンです。カートリッジ式になっており簡単に交換できるのが特徴。ガソリンランタンと比べて光量はやや劣るものの、取り扱いがしやすいので人気があります。テーブルの上で使用するなどサブランタンにおすすめ。しかし、それほど広くないテントサイトならメインランタンとして使用することも可能です。

ガス缶の種類には「OD缶」と「CB缶」があります。OD缶はアウトドアでの使用を前提に作られており、低温環境でも安定して燃焼しやすいのが特徴。一方のCB缶は、家庭用のカセットコンロなどでよく使用される、いわゆる「カセットガス」です。OD缶と比べ価格が安く、スーパーやホームセンターなどで簡単に購入できるのが魅力。まずは気軽にキャンプをはじめてみようと考えている初心者の方は、CB缶タイプのガスランタンをチョイスするのもおすすめです。

ガスタイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

灯油ランタン

By: amazon.co.jp

灯油ランタンはガソリンやガスに比べ燃料代が安く、ランニングコストを抑えられるのが特徴です。灯油ランタンは、圧力式とフェアーハンド式の2タイプが主流。圧力式はガソリンランタンと同じように、ポンピングで燃料を圧縮してマントルで発光させる仕様です。

一方のフェアーハンド式は、燃料タンク内の灯油が染み込んだ「芯」に着火することで炎を出す設計。本体のデザインもアンティーク調のおしゃれな製品が多いこともあり、照明としてだけでなく雰囲気を楽しみたいキャンパーに人気のランタンです。

灯油タイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

ランタンの選び方

使用する場所や用途で選ぶ

屋外ポールに吊り下げるメインランタン

By: uniflame.co.jp

テントサイト全体を照らすのが目的のメインランタンは、ガソリンランタンやガスランタンのような大光量モデルがおすすめです。ただし、虫などの害虫が寄ってきやすかったり、明るすぎて隣のキャンパーの迷惑になったりする可能性もあるので注意が必要です。

また、最近はLEDタイプでも光量の大きなモデルが販売されています。取り扱いやすさを重視したい初心者の方などはチェックしてみてください。

室内で使うテント内ランタン

By: amazon.co.jp

着替えをしたり就寝前に読書を楽しんだりと、テント内でもランタンは必需品です。ただし、ほぼ密閉された空間で使うので、ガソリンやガス、灯油など燃焼タイプのランタンは使用できません。一酸化炭素中毒の原因にもなるので注意が必要です。

テント内で使う用途には必ずLED式のランタンを選ぶようにしましょう。火を使用しないので火災の心配もなく安心して使えます。

卓上に設置するテーブルランタン

By: amazon.co.jp

食事をしたり家族や仲間と歓談したりする際に必要なのがテーブルランタンです。文字通りテーブルに置いて使用するため、メインランタンのような大光量は必要ありません。手軽に使えるガスやLED式のランタンがおすすめです。

また、灯油ランタンならゆらぐ炎を見ながら野外を満喫することも可能。キャンプの夜を、雰囲気のある灯で演出したい方は検討してみてください。

燃焼時間・連続使用時間をチェック

By: amazon.co.jp

ランタンを選ぶ際には、燃焼時間や連続使用時間のチェックも大切です。1泊程度であれば7時間も使えれば十分ですが、2泊するのなら10時間以上燃焼するモデルが安心。予備の燃料を持っていく必要がないので、積み込む荷物を最小限に抑えられるといったメリットもあります。

さらに連泊するようなシーンでは予備燃料が必要です。また、どのタイプのランタンも使う際の光量調節によって、使用可能な時間は異なってきます。自分が持っているランタンの燃焼時間をしっかりと把握した上で、余裕のある燃料を持参しましょう。

ランタンのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

コールマンは、アメリカ発の人気アウトドアメーカー。創業は1900年頃で、当初はランプのレンタル業を営んでいました。現在もコールマンのランタンは根強い人気があり、ブランドを象徴するアイテムとして知られています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県三条市に本社を構えるスノーピーク。同社のランタンはガスとLEDの2タイプが主流。特にガスランタンは愛用者が多く、ランタンを初めて使う方にもおすすめです。

また、修理などの各種サービスが充実しているのもポイント。長く愛用し続けられるランタンを求めている方は要チェックのメーカーです。

ジェントス(GENTOS)

By: gentos.jp

ジェントスは国内有数のLEDライトメーカー。照射能力と耐久性を兼ね備えた、高品質な製品を数多く展開しているのが特徴です。

明るさや点灯時間など、用途に合った最適な1台を見つけられるのもポイント。メイン用や卓上用、テント用と、それぞれLEDランタンを揃えているので、購入を検討している方はチェックしておきましょう。

LEDランタンのおすすめモデル

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン

明るさが約800ルーメンあり、メインランタンとして使用可能なLEDランタンです。単一型乾電池8本もしくは4本で動作します。8本使用時には明るさがHighモードでも、約20時間の連続使用ができるので連泊のキャンプでも安心。乾電池が足りない時には4本で使うなど、状況に応じて対応できるので便利です。

脱着が可能な4つの発光パネルを搭載しているのが特徴。本体から分離することで懐中電灯として使ったり、テント内ランタンとして使用したりできるなど、さまざまなシーンで活躍します。また、本体にUSBポートを備えているのもポイント。USBケーブルを繋いでスマートデバイスの充電ができるため、スマホのバッテリー残量が不足しているときにも便利です。

スノーピーク(snow peak) たねほおずき ES-041

コロンとした可愛らしいフォルムが特徴のLEDランタン。手のひらに収まるコンパクトなサイズなので、場所を取らず小型のテントでも快適に使えます。本体上部のループ部分はマグネットで着脱ができ、紐などに吊るして使用することも可能です。

LEDを覆うシェード部分はシリコンを採用しており、光を和らげて優しい灯りを灯せます。光量はスイッチ長押しで自由に調節できるほか、HiとLowの2段階から選ぶことも可能。連続点灯時間はHiの場合が約60時間、Lowの場合が約100時間と非常に長いのもポイントです。

ジェントス(GENTOS) LEDランタン エクスプローラー EX-1300D

メインランタンに使える、大光量の製品を探している方におすすめのLEDランタンです。電源には単一型アルカリ乾電池4本を使用。最大1300ルーメンという強力な光で、テントサイト全体を明るく照らします。

光の色合いが変えられる調光機能を搭載しているのが特徴。白色・昼白色・暖色の3段階でモード切り替えが可能なため、作業をする際はハッキリ見やすい白昼食を、食事の際はムードのある暖色を選択するなどシーンに応じて選べるので便利です。もちろん各モードでの明るさ調節もダイヤルスイッチで簡単にできます。

また、「キャンドルモード」を搭載しているのもポイント。光をランダムに変化させることで、ろうそくのような揺れる炎を再現する機能です。食後のリラックスタイムなどに使ってみましょう。

ジェントス(GENTOS) USB充電式 パワーバンク ランタン EX-000R

5000mAhのリチウムポリマー電池を内蔵したLEDランタンです。暖色モードなら明るさ「強」で約7.5時間、「弱」なら約300時間も連続で使えるロングライフバッテリーが特徴。USB充電式を採用しているため、スマホの充電器やパソコンのUSBポートから簡単に充電しておくことが可能です。

最大照度は約1000ルーメンありますが、無段階の調光機能が付いているのでメインから卓上まで、幅広い用途で便利に使えます。モバイルバッテリー的な使い方ができるのもポイント。USB給電機能を搭載しており、スマホなどのデバイスを充電することも可能です。

IP68等級に準拠した防塵・防水性能を備えています。埃っぽいアウトドアでの使用はもちろん、就寝中の雨や夜露で濡れてしまっても慌てる必要はありません。また、万が一、バッテリーが切れた場合でも単一型アルカリ乾電池3本でも使えるので安心です。

ジェントス(GENTOS) USB充電式 パワーバンク ランタン EX-964DL

電源にUSB充電式を採用したLEDランタンです。3000mAhのリチウムポリマー電池を内蔵しており、約4時間の充電で「Highモード」なら約5時間、「Ecoモード」であれば約40時間も使用することが可能。

明るさも400〜20ルーメンへ切り替えられるので、卓上で使ったりテント内に置いたりと多様なシーンで活躍します。手動の発電機能を搭載しているのが特徴。収納式のハンドルを回すだけで本体の充電がおこなえます。停電でも使えるため、災害発生時の防災アイテムとしてもおすすめのモデルです。

また、給電用のUSBポートを備えているのもポイント。スマホやヘッドライトへの充電ができるので、バッテリー切れで慌てる心配はありません。

Vantozon 2in1 LEDランタン

USB充電式と乾電池式、2種類の電源が利用できるLEDランタンです。パソコンのUSBポートや、スマホの充電器などを使って手軽に充電できるのが魅力。万が一、途中でバッテリー切れになってしまっても、コンビニなどで乾電池を買って対処することも可能です。

吊り下げ用のフックとは別にハンドルを搭載しています。横持ちにすることで懐中電灯としても使えるので便利。食事の際はテーブルランタンとして使用し、夜間トイレに行く際には懐中電灯としても使えるなど、多様なシーンで活躍します。

ガソリンランタンのおすすめモデル

コールマン(Coleman) パワーハウスツーマントルランタン 290A740J

ホワイトガソリンを燃料とするガソリンランタン。冬など気温が低い季節でも、安定して火を灯せるのが魅力です。約190W相当の明るさで、キャンプサイトをしっかりと照らせます。

燃料タンクに内側に錆止めが施されているのもポイント。また、燃料の逆流防止装置を備えている安全設計のため、安心して使用可能です。燃焼時間は約7〜14時間と比較的長めなので、1〜2泊のキャンプで活躍します。

コールマン(Coleman) ワンマントルランタン 286A740J

2010年度のロングライフデザイン賞を受賞しているガソリンランタン。1985年の発売以降、多くのユーザーに愛され続けているロングセラーモデルです。約16×31cmとガソリンランタンとしてはスタンダードなサイズ感で、シーンを問わずに活躍します。

マントルを覆うグローブ部分は耐熱ガラス製で、急な温度変化にも耐えることが可能です。光量は130Wと比較的明るめ。燃焼時間は約7.5〜15時間と長めで、使い勝手に優れています。

コールマン(Coleman) プレミアム ダブル フューエルランタン

ホワイトガソリンだけでなく自動車用のレギュラーガソリンも使用可能なモデルです。2種類の燃料が使えるため、万が一、手持ちのホワイトガソリンを切らしてしまっても安心。災害発生時の防災アイテムとしても活躍します。

2つのマントルを備えており861ルーメンと明るいので、メインランタンに最適です。大型のツマミで明るさ調節も簡単。連続で最大7時間燃焼するため1泊程度のキャンプなら、予備の燃料がなくてもまず大丈夫です。

また、日本未発売モデルなのもポイント。ほかのキャンパーとはちょっと違ったランタンで、個性的なテントサイトを演出したい方もぜひチェックしてみてください。

ガスランタンのおすすめモデル

コールマン(Coleman) 2500 ノーススター LPガスランタン

照度が200W相当ある明るいガス式のランタン。サイト全体を照らすメインランタンにおすすめのモデルです。ワイヤークリップ式のマントルを採用しているのが特徴。ワンタッチで簡単に取り付けられるので初心者の方でも安心です。ただし、マントルの空焼き作業は必要なため購入時には留意しておきましょう。

点火装置を搭載しておりワンプッシュで点灯ができて便利です。着火用にライターやマッチを持っていく必要はありません。連続燃焼時間は約4~8時間と短めです。1泊程度のキャンプでも予備のガス缶は持っていきましょう。

また、調理用ストーブなどの燃料を同じ「OD缶」タイプに揃えておけば、いざという時に燃料の使い回しができるので便利です。

コールマン(Coleman) ルミエールランタン 205588

燃料に「OD缶」を使用するガスランタンです。やわらかな光なのでテーブルランタンとしておすすめのモデル。キャンドルのように揺れる炎と、アンティーク調のレトロな外観も魅力です。雰囲気があるため、食事の後に家族や仲間とゆっくり歓談するようなシーンによくマッチします。

優しい曲線のガラスグローブにピッタリとフィットする、専用プラスチックケースが付属。衝撃によるグローブの破損を心配せず、安心して持ち運べるので重宝します。また、マントルを使用しないのもポイント。取り扱いやすいため、キャンプ初心者の方にもおすすめです。

ただし、点火用のライターは必要なので、キャンプに出かける時は忘れないようにしましょう。

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン 天 オート GL-100AR

小型で軽量な製品ながら、80W相当の明るさを誇るガスランタンです。ファミリーキャンプではテーブルランタンなどサブ用途として活躍するほか、ソロキャンプやキャンプツーリングにもおすすめのモデル。

わずか125gと軽量なため、リュックに入れて気軽に持ち運ぶことが可能です。大型のワイヤーツマミがついており光量の調節も簡単。携帯性に優れた製品を探している方に適しています。

スノーピーク(snow peak) ガスランタン リトルランプ ノクターン GL-140

ろうそくのような小さな炎が特徴のガスランタンです。燃料には「OD缶」を使用しています。優しくやわらかな明かりはテーブルランタンにおすすめ。残り少ないガス缶でも長い時間使用できるので、調理ストーブやメインランタンの残燃料が利用できるなど便利に使えます。

燃料バルブを開き、ガラスグローブの下からライターの炎を近付けるだけと点火も簡単。テントサイトの雰囲気作りにも使えるので、初心者の方もぜひ検討してみてください。

ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタン UL-X クリア 620106

燃料に「CB缶」を使用するガスランタンです。家庭で使うカセットボンベが使える便利なモデル。燃料が安価な上、スーパーやホームセンターで簡単に購入できる入手性のよさも魅力です。自宅で使用しているカセットボンベと、燃料を共有したい方もぜひチェックしてみましょう。

レギュラーガスでも210W相当と明るいので、メインランタンにおすすめのモデル。また、プレミアムガスを使えば240W相当で照らすことができます。アルミ素材を使用したスタイリッシュなデザインも特徴。未使用時はコンパクトに収納できるので、気軽に持ち運べます。

内部にパワーブースターを搭載しているのもポイント。発生した熱を効率的にガス缶に伝えることで、気化熱によるパワーの落ち込みを抑えられるため、寒い時期でも安定して燃焼します。

灯油ランタンのおすすめモデル

コールマン(Coleman) ケロシンランタン 639C700

約700ルーメンの明るさでメインランタンとしても使える灯油ランタン。ガソリンランタンにも劣らない光量でありながら、低コストな灯油で使えるのが魅力です。燃焼時間は約8.5時間なので、1泊のキャンプならば予備の燃料も必要ありません。

燃焼方式には圧力式を採用。使用前にプレヒートと呼ばれる余熱の必要があるなど多少手間はかかりますが、安定して明るさを保てます。圧力式の灯油ランタンのなかでも比較的扱いやすいモデルなので、初めて灯油ランタンを購入する方にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オイルランタン UK-507

白灯油もしくはランタン用パラフィンオイルに対応している灯油ランタン。燃焼時間が約20時間と長いため、連泊時にも適しています。

ヴィンテージ感のあるデザインを採用しており、レトロな空間を演出。ゆらゆらと優しく動く炎が特徴で、アウトドアシーンでのリラックスタイムにおすすめです。雰囲気重視の灯油ランタンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Roost 真鍮 ネルソンランプ

無垢の真鍮素材を使用した灯油式のランタンです。古い船舶用のランプをイメージしたアンティーク調のデザインは存在感があります。個性的なサイトを演出したいキャンパーにもおすすめのモデル。

8W程度の明るさなので、テーブルランタンとして活躍します。ほかにも、未使用時には部屋のインテリアとして利用することも可能です。連続燃焼時間は約2〜6時間と短いため、キャンプの際には予備の燃料を持っていきましょう。

YOGOGO ケロシン ポータブルガラスランタン

気軽に購入できる安い価格が魅力の灯油ランタンです。フェアーハンド式のため、マントルの取り付けやポンピングといった作業は必要ありません。キャンプ初心者におすすめです。

レトロなデザインに赤いカラーリングがおしゃれ。ほかのキャンパーとはちょっと違ったサイト作りをしてみたい方にもおすすめのモデルです。

YOGOGO マルチフューエルランタン 500CP

ランニングコストの安い製品を探している方におすすめのランタン。灯油の使用が推奨されており、燃料費が安いためコストがかかりにくいのがメリット。明るさは500CP(キャンドルパワー)と強力なので、サイト全体を照らすメインランタンとしてもおすすめです。

番外編|ランタンを使用する際の注意点

By: amazon.co.jp

テント内は火気厳禁です。そのため、火を使うガソリンタイプや灯油タイプ、ガスタイプのランタンは使用してはいけません。テント内で使用すると、一酸化炭素中毒や火事の危険があります。テント内の照明として使いたい場合は、火を使用しないLEDランタンがおすすめです。