アウトドアシーンにおいて欠かせない備品のひとつである「ランタン」。普及した当初は農作業の必需品として重宝され“真夜中の太陽”と称されるほどでしたが、現在はキャンプサイトを明るく照らす便利アイテムとして数多くのメーカーからリリースされています。

そこで今回はランタンのおすすめモデルをご紹介。選び方や使用する際の注意点などについても解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ランタンの選び方

種類で選ぶ

本格派なら「ガソリンタイプ」

By: amazon.co.jp

ガソリンタイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

ガソリンランタンはハイパワーで光量が大きく広範囲を明るく照らせるタイプ。普及しているランタンのなかではもっとも古く、炎の揺らめきが特徴です。

燃料のガソリンはコストが低めで燃焼時間が長いため、ランニングコスト的にはまずまず。ただし、ガソリンランタンは扱いがやや難しく、点火前にはマントルと呼ばれるパーツを空焼きする作業が必要なほか、ポンピングというガソリンを気化するための作業を要するなど、キャンプビギナーにとってハードルは高めです。

コストを重視する方なら「灯油タイプ」

By: amazon.co.jp

灯油タイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

灯油ランタンは低コストなのが魅力。肌寒い季節にはちょっとした暖房としても活躍してくれる便利なアイテムです。種類としては「圧力式」と「フェアーハンド式」があり、前者は燃料タンクに圧力をかけて灯油をガス状にし、光を放つタイプ。後者は灯油がランタンの内部の芯を経由して上部へと解き放たれ燃えるタイプです。

ガソリンランタンと同様、点火やメンテナンスにやや手間がかかり、使いこなすには慣れが必要ですが、クラシカルな雰囲気が魅力のアイテムです。

光量と扱いやすさのバランスを重視する方なら「ガスタイプ」

By: amazon.co.jp

ガスタイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

ガスランタンは点火が容易で扱いやすいのが特徴。光量はガソリンランタンには劣るものの、キャンプサイト全体を照らすには十分で、価格の安さも魅力です。

とはいえ、燃焼時間が短く、燃費が悪いのはデメリット。燃料のガス缶はバーナーなどと兼用することも可能ですが、他のタイプに比べてランニングコストはやや高めです。その点は留意しておきましょう。

安全性を重視する方なら「電池・LED・太陽電池タイプ」

By: amazon.co.jp

LEDタイプのランタンをもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

LEDランタンは、もっとも手軽に使えるので初心者キャンパーの方に人気のあるタイプです。多くのモデルがスイッチを入れるだけで使用できるため、他のタイプより圧倒的に扱いが容易。火を使わないので、テント内でも安心して使えます。

電池式と充電式の2種類があり、充電式のなかにはスマホの給電が可能なモデルもあります。デメリットは光量が小さく、メイン用ランタンとして使えるモデルが少ない点。ひとつあると重宝するおすすめのタイプです。

使う場所で選ぶ

キャンプサイト全体で使う場合

By: amazon.co.jp

キャンプサイト全体を照らすメインランタンは、タープのポールやランタンポールなどの高い位置に吊り下げて使うのが一般的。ランタンは光量が大きいガソリンタイプや灯油タイプ、ガスタイプ、なかでも燃焼時間の長いモデルを使用するのがおすすめです。

メイン用はキャンプサイトの端に設置することで虫を引き寄せ、テントやテーブルに近寄らせないようにするのも効果的。なお、LEDタイプを使う場合は、1000ルーメンもしくは200Wほどの明るさを持つモデルなら対応できます。数は少ないですがLEDの大光量タイプも増えてきているので、安全性の高さなどからLEDにこだわりたい方は照度を確認して選ぶことが重要です。

テント内で使用する場合

By: amazon.co.jp

夜でも快適にキャンプサイトで過ごすためには、テントの外と内でランタンをそれぞれ使い分けるのがおすすめ。さらに荷物の出し入れなどで使うことなども考慮して、持ち運びに便利なアイテムも別途用意しておくと、より便利です。

注意してもらいたいのが、ガソリンなどの燃料式ランタンは、テント内で使うと一酸化炭素中毒や火事の恐れがある点。そのため、テント用のランタンは必ずLEDタイプを選ぶようにしましょう。

卓上で使用する場合

By: amazon.co.jp

卓上で使用するテーブルランタンはガソリンタイプや灯油タイプだと光量が大きいので、ガスタイプやLEDタイプが最適。セッティングとしてはテーブルの中央にひとつ配置するのもアリですし、小さな明かりを複数配置するのもアリ。好みに応じてセッティングしましょう。

ランタンを使用する際の注意点

By: amazon.co.jp

ランタンを使用する際に必ず気をつけてもらいたいのが、テント内は火気厳禁であることです。そのため、火を使うガソリンタイプや灯油タイプ、ガスタイプのランタンは使用してはいけません。テント内で使用すると一酸化炭素中毒や火事の危険があります。

テント用に使うことはもちろん、テントに入る際に燃料系のメインランタンやテーブルランタンを持ってきて使うのは避けましょう。

ランタンのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: ec.coleman.co.jp

コールマンはアメリカ発の人気アウトドアメーカー。なかでもランタンは傑作プロダクツとも言われており、ブランドを象徴するアイテムとして知られています。

メーカーとしての創業は1900年頃で、当初はランプのレンタル業を営んでいましたが、メンテナンスのコストがかさみ過ぎたため、製品の販売へと事業を切り替えて成功。ランタンは戦前までは電気の供給が行き届いていない田舎での必需品、戦後はアウトドアを楽しむためのツールとして活躍しています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県三条市に本社を構えるスノーピーク。車の近くでテントやタープを張る、いわゆる“オートキャンプスタイル”の普及に貢献したアウトドアブランドとして知られています。

同社のランタンはガスとLEDの2タイプが主流。特にガスランタンは愛用者が多く、初心者の方にもおすすめです。

また、修理などの各種サービスが充実しているのもポイント。長く愛用し続けられるランタンを求めている方は要チェックのメーカーです。

ジェントス(GENTOS)

By: amazon.co.jp

ジェントスは国内有数のLEDライトメーカー。照射能力と耐久性を兼ね備えた高品質な製品を数多くリリースしているのが特徴です。

明るさや点灯時間などの用途に合った最適な1台を見つけられるのもポイント。メイン用や卓上用、テント用とそれぞれLEDランタンを揃えることができるので、購入を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

初心者におすすめのランタン17選

コールマン(Coleman) ノーススター(R)チューブマントルランタン 2000-750J

コールマンの人気ガソリンランタンです。マントルにチューブ型の形状を採用したことによる、230W相当の大光量が魅力。燃焼時間も約7〜14時間と長く、キャンプサイト全体を照らすメイン用ランタンにおすすめです。

点火装置付きで点火の操作もラクラク。ガソリンランタンはハードルが高く感じる方も、公式サイトの分かりやすい動画で使い方を確認できるので安心です。ガソリンランタンの中でも大光量タイプを探している方におすすめします。

コールマン(Coleman) ワンマントルランタン 286A740J

コールマンのガソリンランタンではもっともリーズナブルなモデル。シンプルなワンマントルの中型ランタンで、130W相当の光量を持ちます。燃焼タンク容量は約590ccと他2つのモデルに比べ小型ながら、燃焼時間は約7.5〜15時間と長く、燃費のよさも魅力です。

ランタンの基本的な性能を備えたスタンダードモデルとしても知られているので、使い勝手のよいシンプルなガソリンランタンを探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) 2500 ノーススター(R)LPガスランタン 2000015520

コールマンの人気ガスランタン。200W相当の大光量と簡単に使える点が特徴です。470g缶使用時で、燃焼時間は約4〜8時間。光量が大きく燃焼時間も十分なため、メイン用ランタンにおすすめの製品です。

点火装置が搭載しているので点火も容易。つまみ部分で光量の調節も可能です。ガスランタンのなかでも愛用者の多い定番モデルなので、アウトドア初心者の方もぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) ルミエールランタン 205588

キャンドルのような優しい炎が魅力のガスランタンです。マントルが不要で扱いやすく、揺らぎのある炎がリラックスした時間を演出してくれます。光量は小さめで、230g缶使用時での燃焼時間は約28〜38時間。卓上用ランタンに最適なモデルです。

重量が約210gと軽く、携行性に優れているのもポイント。壊れやすいガラス部分もプラスチックケースが付属しているので安心して持ち運べるのも魅力です。

コールマン(Coleman) CPX(R)6 リバーシブルLEDランタンⅢ 2000027302

テント内での使用に最適なLEDランタン。逆さに吊るしてライト部分を下にすることで、テント内の広範囲を照らせるのが特徴です。

上部のベンチレーター部分がクリア素材なので、光が上にも抜け明かりが広範囲に及ぶのもポイント。光量は2段階に調節可能です。明るさは約350ルーメンで、乾電池使用時の場合、光量に応じて約15〜270時間使えます。「IPX4」の防水性能があり、雨天時も使用可能。テント用ランタンにおすすめのモデルです。

コールマン(Coleman) ミレニアLEDキャンプサイトランタン 2000022276

大光量タイプのLEDランタン。約1000ルーメンの明るさを持ち、キャンプサイト全体を照らすメイン用ランタンにおすすめです。

光量は3段階に調節可能。使用電源は単1乾電池6本で、光量に応じて約14〜148時間使用できます。「IPX4」の防水性能があるため、雨天時に使えるのもポイントです。

ペトロマックス(Petromax) HK500

ペトロマックスは高性能な灯油ランタンで有名なドイツのブランド。創業は1910年で、昔ながらの灯油ランタンがアウトドアファンを魅了し続けています。戦時の際はドイツ軍でも採用されており、軍隊で使われるほどの高い耐久性も魅力です。

本製品は灯油ランタンの名品として知られている人気モデル。持ち運びやすく、灯油の補充や光量調節がしやすいので、灯油ランタンを初めて扱うという方にもおすすめです。

明るさは最大500キャンドルパワー(約400W)で、燃焼時間は約8時間と長く、キャンプのメイン用ランタンに最適。クラシカルなデザインも魅力のアイテムです。

フュアーハンド(FEUERHAND) ETERNITYモデル ハリケーンランタン中型

1902年にドイツで創業したフェアーハンド社による人気の灯油ランタンです。雨や夜露に強い鋼板を用いた堅牢な作りが特徴。タンク容量は340mLで、燃焼時間は約20時間以上と燃費のよい製品です。

フェアーハンド社の灯油ランタンは、ドイツをはじめとする世界6ヵ国の軍隊やヒマラヤ遠征などで採用されており、耐久性の高さは折り紙つき。価格もお手頃なので、アンティークとしても映える灯油ランタンを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワーランタン天オート GL-100AR

スノーピークのロングセラーモデル。片手に収まるコンパクトなサイズと、わずか125gの軽量タイプでありながら、80Wの光量を放つガスランタンです。

小型のガスランタンとしてはトップクラスに光量の大きなモデルであり、卓上用ランタンにおすすめ。着火や光量調節も容易なので、使い勝手のよいガスランタンを探している方は要チェックです。

スノーピーク(snow peak) リトルランプ ノクターン GL-140

マントルが不要のガスランタンです。着火はガラスパーツの下部からライターなどで行い、煙突効果でスムーズな着火が可能。熱効率のよさもメリットで、わずか7gのガスで1時間燃焼できます。

熱効率がよいので、ガス缶の残量が少ない場合でも長時間燃焼できる点も魅力。燃焼時間は110gのガス缶で約15時間、220gのガス缶で約35時間です。重量102gの軽量設計により、携行性にも優れています。卓上用におすすめのガスランタンです。

スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき ES-070WH

スノーピークの人気LEDランタン。風が吹くとライトが揺らぐ「ゆらぎモード」、音を検知して辺りが静かになると明かりが小さくなる「おやすみモード」を搭載しているのが特徴です。

卓上型と吊り下げ型の2通りで使用できるため、卓上用とテント用どちらにも使えて便利。吊り下げ用のコードは長さ調節が可能で、好みの位置に吊り下げられます。光量は無段階調節ができ、明るさは最大100ルーメンです。

使用電源は単3乾電池3本で、約10時間使えます。「IPX4」の防水性能があり、雨天時に使用できるのもポイント。テントの室内灯を探している方は要チェックのLEDランタンです。

ジェントス(GENTOS) Power Bank Lantern EX-000R

LEDランタンでありながら、1000ルーメンもの明るさを持つ大光量モデル。カラーは白色、昼白色、暖色から選択でき、明かりの強さも調節できます。点灯時間は明かりが「強」の場合で約3〜7.5時間、「弱」の場合で約200〜300時間です。

光量が大きく点灯時間も長いため、メイン用ランタンにおすすめ。使用電源は便利な充電式で、約6時間でフル充電が完了します。なお、単1乾電池3本でも使用することができるので、状況に応じて充電式と電池式を使い分けられて便利です。

また、ランタンからUSB機器に給電もできるので、充電バッテリーとしても活用することが可能。耐塵と2m防水の仕様であるため、砂埃や雨などが想定されるハードなアウトドア環境でも安心して使えるLEDランタンです。

ジェントス(GENTOS) Explorerシリーズ SOL-036C

コンパクトで使いやすいLEDランタンです。380ルーメンの光量があり、卓上用やテント用ランタンにおすすめ。明かりは白色、昼白色、暖色から選べ、光量は無段階で調節できます。

単3乾電池6本を電源とし、100%点灯時で約14〜28時間、10%点灯時で約110〜150時間と、長時間使える燃費のよさも魅力。本体重量は約400gと軽く、手軽に持ち運べて便利なアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フィールドガスランタン L UF-8

キャプテンスタッグのガスランタン。150W相当の大光量を持ち、キャンプサイト全体を照らすためのメイン用ランタンにおすすめです。

圧電点火装置を搭載しており、点火も容易。耐久性の高いステンレスを用いており、長く使い続けられるのも特徴です。

プラスチックのケースが付属しているので、ガラスのホヤ部分も安全に持ち運べて安心。初心者の方にもおすすめの製品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アンティーク暖色LEDランタン M-1326

アンティークなデザインが魅力のLEDランタン。使い勝手だけでなく、見た目にも映えるLEDランタンを探している方におすすめです。

使用電源は単3乾電池4本で、使用可能時間は約8〜24時間。重量は約230gと軽く、光量も調節が可能。テーブル用やテント用ランタンに最適です。リーズナブルなので、手頃に購入できるLEDランタンを探している方にもおすすめです。