アウトドアの定番アイテム「LEDランタン」。近年は、大光量のタイプや多機能なモノなど、便利なモデルが続々と登場しています。

そこで今回は、なかでも使い勝手がよくて明るいLEDランタンをピックアップ。製品の魅力や選び方、おすすめのモデルをご紹します。

LEDランタンのメリット

By: amazon.co.jp

LEDランタンは、ガソリンやガス、灯油ランタンなどに比べて、取り扱いが容易で便利なのが特長です。また、火を使わないのでテントの中でも安全に使えるのもポイント。小さな子どもがいるファミリーやアウトドア初心者でも安心です。

LEDランタンの種類

By: amazon.co.jp

LEDランタンは電池式と充電式の2種類がある。なお、充電式はさらに家庭用コンセント式とソーラー充電式に分かれます。充電式の大容量バッテリーのものはスマホの充電ができるものも多く、あると便利なアイテムです。

ライトの色は主にクールな昼光色系と暖かみのある電球色系の2種類。読書や細かい作業など集中力が必要な時は昼光色系、リラックスしたい時には電球色がおすすめです。

なお、近年は1台で昼光色や電球色など色を選べるモノやLEDライトがキャンドルの炎のように揺らめいてロマンチックな雰囲気を味わえるタイプもあります。

また、デザインはクラシカルなランタン型や機能性を追求したモダンなモデルなどさまざま。サイズもファミリーキャンプでメインとして使える大型・大光量のモデルから、ソロキャンパー向けの小型・軽量モデルまで揃っています。

LEDランタンの選び方

By: amazon.co.jp

まずは、使用するシーンと人数でランタンの明るさを選びましょう。ランタンの明るさを示す単位はルーメンが使われており、60w相当の電球が約810ルーメンとされています。

大まかな目安としては、テントの周りなど全体を照らすメインランタンとして使うには200ルーメン以上、食卓を照らすテーブルランタンとしては100ルーメン以上、持ち歩き用であれば20ルーメン以上を参考としてください。

なお、キャンプに必要なランタンを購入する際は、メイン用とテーブル用、持ち歩き用と3つ揃えるのがベスト。ソロキャンプの場合は、ヘッドライトや懐中電灯などをさらに用意しておくとより便利です。

LEDランタンのおすすめ

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン

取外し可能な4つの発光パネルがあり、それぞれ単体のランタンとして使用できるのが特長の製品。個々のパネルはそれぞれ単体の懐中電灯としても活用できるので、トイレに行きたい時などはすぐに外して使えて便利です。

単一乾電池式でUSBポートから携帯電話への充電もできます。パネルはマグネットで金属パーツに貼付け可能。トータル800ルーメンの大光量でメインランタンとしても十分対応できる、おすすめのLEDランタンです。

コールマン(Coleman) ミレニアLEDキャンプサイトランタン

1000ルーメンの大光量を誇るLEDランタン。独自の発光システムで効率よく光を出しつつも、LEDのギラつきを抑えた均一な仕上がりで広範囲に照らされます。テントサイト全体が明るくなると評判のアイテムです。

付属の専用リフレクターを使うと、光を一方向へ反射させてさらに明るくなるのもポイント。とにかく明るさを求める方におすすめのランタンです。

コールマン(Coleman) バッテリーロックLEDノスタルジアランタン

コールマンの人気製品「ガソリンランタン」のLEDモデル。ガソリンランタンのような温かみのある光が再現され、レトロなアウトドアスタイルを堪能できるアイテムです。

明るさは最大700ルーメン。また、バッテリーロック機能があるため保管時に電池の液漏れや消耗を防ぐことも可能です。ノスタルジックなデザインにこだわりたい方は、ぜひ手に取ってみてください。

コールマン(Coleman) バッテリーロックパックアウェイランタン

ナチュラルな木目柄がキャンプに合うコールマンのLEDランタン。使用していない時の電池の消耗を防ぐバッテリーロックも備わっているので、使い勝手は良好です。

収納する際はコンパクトにまとまるので持ち運びも便利。また、500ルーメンと明るい仕様なので、ファミリーキャンプのテーブルランタンとして活躍してくれるおすすめアイテムです。

ジェントス(GENTOS) エクスプローラー EX-1000C

ジェントスの人気シリーズ「エクスプローラー」。最大1000ルーメンの光を放つのが特長です。ライトの色は昼白色、白色、暖色の3色をラインナップしています。

読書や細かい作業など集中したい時には白色系、リラックスしたい時には暖色系と使い分けることが可能。テント周り全体を照らすメインランタンにおすすめのモデルです。

ジェントス(GENTOS) パワーバンク EX-000R

最大1000ルーメンの大光量ランタン。USB充電式で給電ポートかスマホや携帯電話などに充電も可能です。シーンに合わせて昼白色、白色、暖色と3段階に光の色を変えられる調色機能も付いています。

また、耐塵・防水機能もあり、高さ10mから落下しても耐えられるタフさを持っているのもポイント。明るくて頑丈なアイテムを探している方におすすめのLEDランタンです。

ジェントス(GENTOS) エクスプローラー プロフェッショナル EX-777XP

「EX-777XP」は、ジェントスの大ヒットLEDランタン。アウトドアにピッタリなワイルド感のある武骨なデザインが人気です。最大280ルーメンの暖色系の灯りがキャンプサイトを優しく照らします。

本体を吊るすハンガーフックに加え、底裏にあるビルトインフックで逆さまにしても吊るせて便利。単1電池3本でハイモードなら72時間、ローモードなら144時間と長時間の使用ができる、おすすめのアイテムです。

ジェントス(GENTOS) LED ランタン BM-033D

最大50ルーメンとやさしい灯りが特長の小型LEDランタン。テーブルランタンや就寝時に使うランタンとしておすすめです。

ビルトインフックで逆さまにして吊すことも可能。乾電池のみのモデルと乾電池プラスUSB充電も可能なモデルがあるのも魅力です。また、1m落下耐久テストにもクリアしているのもポイント。リーズナブルな価格帯も魅力です。

スノーピーク(snow peak) たねほおずき ES-040R

高品質のアウトドアグッズで定評のあるスノーピークの小型LEDランタン。手のひらに収まるコンパクトサイズで携帯に便利です。明るさはハイとローの2段階で調整でき、点灯の仕方は点滅や揺らぎモードもあります。

マグネット式のループで簡単に吊るしたり、金属パーツにくっつけたりできるので便利。洗練されたデザインでおしゃれな光の空間を演出できるおすすめアイテムです。

ロゴス(LOGOS) ライト パワーストックランタン2000

ロゴスの大光量LEDランタン。最大1200ルーメンの明るさが出るのが特長で、キャンプサイト全体を強力な明るさで照らせるおすすめのLEDランタンです。

大容量パワーバンクが搭載され、USBポートでスマホやタブレットなどに充電も可能。家庭用のAC電源と自動車のシガーソケットからも充電できて便利です。光の色は、白色、暖色、中間色と3色から選べ、明るさは10段階に調節可能。明るさが際立つおすすめLEDランタンです。

ロゴス(LOGOS) スパークルランタン1140

最大1140ルーメンの大光量LEDランタンです。単1電池4本使用で強で約5時間、弱で約180時間使用が可能。サイト全体を明るく照らすランタンとしてはもちろん、トーチライト、常夜灯の3通りに使用可能。ランタンのボディ全体が光る構造ですが、眩しすぎないよう配慮もされているモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ツインライト LEDランタン UK-4032

キャプテンスタッグのクラシカルなスタイルのLEDランタン。ステンドグラス風のシート付きなので、ライトを覆うホヤにシートを付ければ、アンティークでロマンチックな雰囲気を楽しめます。

吊り下げ式のLEDとしても使用可能。最大光量172ルーメンの明るさで連続点灯時間は約72時間。長時間使用できるのLEDランタンです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) オービット BD81012

アメリカのアウトドアブランドのブラックダイヤモンドで人気のLEDランタン。コンパクトサイズながら、最大105ルーメンの明るさで周りを照らします。下部には50ルーメンのフラッシュライトが装備されており、懐中電灯としても使えます。

単4電池4本使用で最大光量は約12時間。電池を入れた際の重さは約130gと軽量な点も魅力。ソロキャンプにおすすめです。

LEDランタンのおすすめメーカー

By: amazon.co.jp

高品質でおすすめするのは「ジェントス」。アウトドア向けのエクスプローラーシリーズには最大1000ルーメンを誇るモデルもあり、メインランタンとしても十分に使えます。

ラインナップの豊富さでおすすめなのが「コールマン」。独自システムのマルチパネルランタンから、クラシカルデザインのノスタルジアランタン、そして小型軽量のコンパクトランタンまで、多彩なランタンがそろっています。使用していない時の電池の消耗を防ぐ、バッテリーロック機能が搭載されているため、電池を抜く手間がないのも魅力です。