定番アイテムを多数展開するコールマンの「ランタン」は、多くのキャンパーを魅了しています。ランタンの作り出す雰囲気や世界観は、日常を忘れて癒されたいキャンプの夜に最適。また、キャンプの不便さを軽減できる機能も充実しています。

そこで今回は、コールマンのランタンに注目。おすすめのランタンをご紹介します。ランタンの種類と活用シーンについても併せて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コールマン(Coleman)とは?

By: coleman.co.jp

コールマンは、1900年頃にウィリアム・コフィン・コールマンが創設したアメリカのアウトドアメーカーです。現在では、ランタンはもちろん、キャンプ用品全般を取り扱う世界有数の総合アウトドアメーカーとして業界を牽引しています。

磨き抜かれた美しさと優れた耐久性を有するコールマンのランタンは、キャンプ初心者にも優しい操作性のよさが魅力。点火装置の搭載や、マントルの設置をワンタッチ式にするなど、使いやすい工夫が詰まっています。

また、ガソリン式やガス式ランタンが作り出す光と燃焼音の世界観もポイント。調色機能を搭載したLED式のタイプや、4面のパネルを取り外してパネル単体でも使用できるアイテムなど、機能性に優れたモノも豊富に展開しています。

ランタンの選び方

ランタンの種類で選ぶ

初心者も扱いやすい「ガスランタン」

By: amazon.co.jp

ガスランタンは、専用の「ガスカートリッジ」を使用してガスを燃料するタイプです。「マントル」という合成繊維でできた袋状の発光体を燃やして使用します。光量が大きいモノが多く、サイト全体を照らすメインランタンとして使えるのが特徴です。

また、着火や消化が容易で、メンテナンスも手間がかからないため、ランタンの扱いに慣れていない方でも安心して扱えます。

しかし、ガスランタンは寒さに弱いのがデメリット。ガス管が冷えると光量が落ちてしまいます。加えて、連続燃焼時間は約5時間と比較的寿命が短いので、予備の燃料が必要になることも考慮して選びましょう。

大光量で寒さにも強い「ガソリンランタン」

By: amazon.co.jp

ガソリンランタンはガス式よりも大光量で、燃焼時間は約7〜14時間と寒い場所でも安定して使えるのが特徴。燃料は、揮発性が高く強い火力を得られる「ホワイトガソリン」を使用します。

コールマンのガソリンランタンは、加圧した空気で燃料を送り出す「ポンピング」を行うことによって燃焼する仕組みを採用。点火するまでには時間がかかるので注意しましょう。

テント内でも安全に使える「LEDランタン」

By: amazon.co.jp

電気で光るLEDランタン。揮発性があるガスやガソリンなどと比べて安心して使えるのが特徴です。従来の白熱球よりも寿命が長く、消費電力が少ないのもポイント。また、発光する際に紫外線や赤外線をほとんど含まないので、野外で使う際には虫が寄りにくいというメリットがあります。

タイプとしては充電式と電池式の2種類。なお、充電式は家庭用コンセントやシガーソケットを使用して充電するタイプのほか、ハンドルを回して発電する「手回しタイプ」や、太陽光を利用して充電する「ソーラータイプ」など、さらに細分化できます。

利用シーンで選ぶ

サイトを広く照らす「メインランタン」

By: amazon.co.jp

ランタンポールなどに吊り下げて、高い位置からサイト全体を照らすメイン用のランタンは、「大光量」であることが大前提です。

メインランタンは、光量の大きい「ガスランタン」や「ガソリンランタン」がおすすめ。光量の目安として1000ルーメン以上、130W相当のモデルを選べば、サイト全体を明るく照らしてくれます。なるべく燃焼時間が長く、燃費のよいモデルをチョイスしましょう。

また、最近では手軽さから「LEDランタン」も人気。各メーカーから光量の大きいモデルもラインナップされているので、チェックしてみてください。

卓上を照らす「テーブルランタン」

By: amazon.co.jp

テーブルの上に配置して、料理や手元を照らす役割のテーブル用ランタン。ランタンの種類としては、「LEDランタン」や「ガスランタン」がおすすめです。光量が200ルーメン以上あるモノだと、手元をしっかり照らしてくれます。

テーブルに置くので、コンパクトなモノを選ぶのがおすすめ。炊事場やテントに移動することも多いため、携帯性に優れたモデルを選ぶと便利です。

「ガスランタン」はマントルを使って優しい暖色系の灯りで周囲を照らすので、キャンプならでは雰囲気を求める方に最適。一方、本体が熱くなりやすいため、テーブルの上に置く際にはやけどをしないよう注意して使いましょう。

就寝前に便利な「テントランタン」

By: amazon.co.jp

夜に備えて、テント内にもライトがあると便利。テント用では、安全に扱える「LEDランタン」がおすすめです。光量が100ルーメン以上あるモノだと、テント内を照らす灯りを確保できます。

ちなみに、「ガスランタン」や「ガソリンランタン」は一酸化炭素中毒や火事のリスクがあるので、室内では使わないようにしましょう。

コールマンのランタンおすすめモデル|メイン用

コールマン(Coleman) ワンマントルランタン 286A740J

コールマン(Coleman) ワンマントルランタン 286A740J

ロングライフデザイン賞を獲得し、多くのキャンパーから絶大な支持を集めるガソリンランタン。同ブランドの定番モデルなので、はじめてのガソリンランタンにおすすめです。

光量は200キャンドルパワー・130W相当で、メインサイトとしては十分の明るさ。燃焼時間は約7.5~15時間と長く、燃費に優れているのも魅力です。

シンプルかつ、しっかりした構造のためメンテナンスも容易。マントルやグローブなどの交換部品も多く取り揃えているので、長く愛用できるランタンを探している方におすすめのアイテムです。

コールマン(Coleman) ノーススター2000ランタン 2000-750J

コールマン(Coleman) ノーススター2000ランタン 2000-750J

360キャンドルパワー・230Wの光量で、サイト全体を明るく照らすガソリンランタン。筒状のチューブ型マントルを使用することで、通常の形をしたマントルにはできない大光量を実現しています。

マントルの取り付けはワンタッチで装着できるほか、ホワイトガソリン仕様ではじめて自動点火装置を搭載しているのも魅力。ライターを使わなくても、スムーズで確実な着火が可能です。

また、ポンピングの目安になる「プレッシャーインジゲーター」を採用しているほか、ポンプノブは持ちやすく開閉作業も不要。ガソリンランタンのネックであった「ポンピング作業」の負担を軽減しているのも特徴です。

燃焼時間は、約940ccのガソリンで約7~14時間。連泊も可能な燃費のよさもポイントです。大光量で燃費のよいガソリンランタンを探している方や、ポンピング作業が不安でガソリンランタンの購入を躊躇していた方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) 2500 ノーススター LPガスランタン 2000015520

コールマン(Coleman) 2500 ノーススター LPガスランタン 2000015520

レギュラーガス使用時の光量が約1543ルーメンの大光量ガスランタン。200Wに相当する明るさで、メイン用ランタンとして十分に役割を果たすモデルです。

燃焼時間は、470g缶使用時で約4~8時間。ガスランタンならではのコスパのよさが魅力です。ワンタッチでマントルの取り付けができるほか、押すだけで点火できる自動点火ボタンが搭載されているため、初心者でも安心して使えます。

大光量のうえ、操作も簡単なので、はじめてのガスランタンにおすすめ。種類が多すぎてどのランタンを購入してよいかわからないという方は、本製品を検討してみてください。

コールマン(Coleman) ミレニアLEDキャンプサイトランタン 2000022276

コールマン(Coleman) ミレニアLEDキャンプサイトランタン 2000022276

1000ルーメンの光量でサイト全体を照らすLEDランタン。付属のリフレクターを使うことで、後方の光が反射して、前方への明るさを約50%アップできるのが特徴です。

単一電池6本を使用する電池式。連続点灯時間はHighモードで約14時間、Mediumモードで約68時間、Lowモードで約148時間の点灯が可能です。重量は約980g、サイズは約15×15×29cmとコンパクトなので、持ち運びも容易。また、ランタンスタンドに吊るすフックは回転を防ぐ仕様のため、使い勝手も良好です。

IPX4相当の防水性能を持ち合わせているので、少々の雨や水しぶきでも気にせず使えるのがポイント。天候が急変するアウトドアシーンで重宝するLEDランタンです。

コールマンのランタンおすすめモデル|テーブル用

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン 2000031270

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン 2000031270

4枚の発光パネルで構成されたLEDランタン。マグネット式なのでそれぞれ本体から取り外して、車やテントのポールなどに張り付けたり、持ち歩いて懐中電灯として利用したりと、汎用性が高いのが特徴です。

背面に付いているハンドルを立てると自立するのもポイント。テント内で枕元に置いてテント用ランタンとしても利用できます。また、IPX4相当の防水性能を備えており、少々の雨や水しぶきでも気にせず使えるのが魅力です。

単一電池8本を使用した場合、光量は最大で800ルーメン。発光パネルは、ボタン操作で100ルーメンと25ルーメンの2段階に調節でき、本体に戻すと蓄電される仕様です。

本体にはUSBポートを搭載しており、スマホの充電も可能。キャンプだけでなく、災害時にも役立つおすすめのLEDランタンです。

コールマン(Coleman) ルミエールランタン 205588

コールマン(Coleman) ルミエールランタン 205588

マントルが不要で、ライターをかざしながらツマミを回すだけで簡単に着火できるガス式ランタン。火力もハンドルで自在に調節でき、キャンドルのように揺らめく炎を見ながら、アウトドアならでの雰囲気を楽しめるおすすめのランタンです。

230gのガス缶で約28~38時間燃焼できる燃費のよさも魅力。重量も約210gと軽いほか、ガラス製のホヤ専用のプラスチックケースも付属しているので、持ち運びしやすいのもポイントです。扱いやすいガスランタンを探している方や、雰囲気のあるデザインを重視したい方は、本製品をチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) バッテリーロックコンパクトランタン ナチュラルウッド 2000031273

コールマン(Coleman) バッテリーロックコンパクトランタン ナチュラルウッド 2000031273

光量約400ルーメンで、テーブル用に最適なLEDランタンです。上部の蓋を回すと、使わないときの放電を防ぐ「バッテリーロック」機能を搭載しているのが特徴。過放電を防ぎ、電池を効率的に使えます。

重量は約520gで、サイズは約11×19cmとコンパクトなため、気軽に持ち運びが可能です。アルカリ単一電池を3本使用。Highモードで約28時間、Lowモードで約320時間点灯します。

また、IPX4相当の防水性能を備えており、小雨程度なら十分に使える仕様です。テーブル用に使う十分な光量があるのもポイント。コンパクトで扱いやすいおすすめのランタンです。

コールマン(Coleman) フロンティアPZランタン 203536

コールマン(Coleman) フロンティアPZランタン 203536

擦りガラスのグローブが優しい灯りを演出するガスランタン。光量は80W相当の約273ルーメンで、夕暮れ時の食事の時間をほのかに照らします。

ライター不要の自動点火ボタンが搭載されているため、初心者でも安心。光量が調節できるツマミで、時間帯に合わせた光の調節が簡単にできます。

サイズは約10×7.5×13cmで、テーブルに置いても邪魔にならないコンパクトサイズ。重量も約200gと軽いほか、専用ケースも付属しているので、持ち運びも気軽にできます。燃焼時間は、230gのガス缶使用時で約6~12時間。1泊キャンプで重宝するおすすめアイテムです。

コールマンのランタンおすすめモデル|テント用

コールマン(Coleman) ランタン バッテリーガード LED 200

コールマン(Coleman) ランタン バッテリーガード LED 200

過放電による液漏れや無駄な電池の消耗を防ぐ「バッテリーガード」が搭載された、テント用LEDランタン。光量はテント用に最適な200ルーメンで、照射距離は7mと広く、テント内全体を優しく照らします。

連続点灯時間は約15時間。サイズは約7.4×12.6cm、重量は約180gと軽量コンパクトのため、炊事場やトイレなどに行く際も気軽に持ち歩けます。ファミリーキャンプはもちろん、ソロキャンプやバイクツーリングによく行く方にもおすすめです。

また、コンパクトながらIPX4相当の防水性能を備えており、小雨のなかであれば問題なく使えるのも魅力。カラーはレッド・グリーンの2色を展開しているので、好みのカラーを選んでみてください。

コールマン(Coleman) パックアウェイフロステッドLEDランタン

コールマン(Coleman) パックアウェイフロステッドLEDランタン

暖色系の灯りでテント内を照らすLEDランタンです。光量は約100ルーメン。アルカリ単三電池を4本使用した場合、連続点灯時間はHighモードで約6.5時間、Lowモードで約14時間です。

スライド式のコンパクト収納で、収納時サイズは約4.5×8cm。重量は約140gで、付属のカラビナでテント内に吊るして使用できます。

プッシュ式スイッチで、Highモード・Lowモード・点滅の3段階で切り替えできるのもポイント。使い勝手がよく、コンパクトにまとまるテント用ランタンを探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) バッテリーロックツーインワンテントランタン

コールマン(Coleman) バッテリーロックツーインワンテントランタン

2016年にグッドデザイン賞を獲得したランタン。テントに吊り下げて使うことにより、テント内全体を明るく照らします。背面にはマグネットが付いているため、外のポールなどにつけることも可能。また、上部のライトを点灯すれば、懐中電灯としても利用できます。

光量は、Highモードで150ルーメン。Lowモード、フラッシュライトとあわせて、3段階に切り替え可能です。連続点灯時間はHighモードで約12時間、Lowモードで110時間、フラッシュライトで約20時間。シーンに合わせて切り替えれば、連泊の際にも重宝します。

さらに、電池の消耗を防ぐ「バッテリーロック機能」を搭載しているのも魅力。価格も比較的リーズナブルなので、コスパに優れたアイテムを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。