ソーラーライトは、太陽の光さえあればどこでも使える便利なアイテム。電気代がかからないので、コストパフォーマンスに優れています。最近はLEDの技術が進歩し、さまざまな機能を備えたモデルが登場。夜の庭先やバルコニーをおしゃれに彩ったり、防犯に役立てたりと用途に合わせて選べます。

そこで今回は、おすすめソーラーライトをご紹介。庭のレベルをアップする有能なアイテムとして、ぜひチェックしてみてください。

ソーラーライトとは?

By: amazon.co.jp

ソーラーライトとは、太陽光エネルギーを電気に変換し、バッテリーに蓄えて電源として利用する照明器具のことを指します。ほとんどのソーラーライトは、夜間になれば明るさのセンサーを使って自動で電源がオンになる優れモノ。自動点灯の多くは朝になると自動でオフになります。

主に、庭先や屋外でガーデンライトとして使うのが一般的。おしゃれなデザインの製品が多く、庭やバルコニーの雰囲気を一気に変えられるので人気を集めています。ソーラーパネルのサイズに応じて発電量も変わるため、大きいパネルを持つソーラーライトほど長時間照らし続けられるのが特徴。ソーラーライトは太陽光の強いエネルギーを日常生活に利用した、非常にエコな照明器具です。

ソーラーライトのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

大きなメリットは、電気代が一切かからないこと。例えば、60Wの白熱灯を1日8時間ほど玄関の明かりとして使用した場合、1ヶ月の電気代は約400円です。9WのLED電球にすれば電気代は下げられますが、初期費用がかかるのがデメリットとして挙げられます。

一方、ソーラーライトであれば月々の電気代もかからないので非常に経済的。コンセントも不要なため、どこでも好きな場所へ手軽に設置できます。

また、ソーラーライトは電球にLEDが使われているので、ほかの電球タイプに比べ長持ちするのも特徴。電源が不要なうえ長寿命なので、災害時用としてもおすすめのアイテムです。

デメリット

ソーラーライトのデメリットは、曇りや雨の日など天気の悪い日は充電できないこと。あくまで太陽光発電の一種であるため、エネルギー源である太陽光がなければ充電はできません。電力を使い切ってしまうと、明かりが灯らないこともあります。

また、ソーラーパネルが障害物に覆われてしまうと発電できないので注意が必要。ソーラーパネルを使用する際は、長時間影ができないかチェックしておきましょう。

そのほか、ほとんどのソーラーライトは屋外で使うことを想定しており、しっかりした防滴や防水処理を施してあるため、充電池の交換はできません。国内メーカーでは一部交換可能なモデルもあるので、同じ器具を長く使いたい方は併せて確認してみてください。

ソーラーライトの選び方

種類で選ぶ

スタンド型

By: amazon.co.jp

置くだけで簡単に設置できるスタンド型ソーラーライトは、レイアウトを自由に選べるのが特徴。気分に合わせて場所を変えられ、飽きのこない使い方ができます。さらに、室内に持ち込んで使えるので便利。家族が帰ってくるまでは庭先を照らし、帰ってきたら玄関に入れて玄関周りを照らすなど、使い方も自由自在です。

壁掛け型

By: amazon.co.jp

壁掛け型ソーラーライトは、高所に設置できるのが特徴。電池などを必要とせず広範囲を照らせるため、カーポートやガレージの入り口に設置する簡易灯としておすすめです。暗くなってからの自動車の乗り降りにも役立ちます。

また、人感センサー搭載のアイテムを玄関先に設置すれば、防犯アイテムとして活躍するのも魅力です。

埋め込み式

By: amazon.co.jp

埋め込み式のソーラーライトは、花壇や芝生などに差し込んで設置できます。スティックの先端を土に差し込むタイプと地面と同じ高さに埋め込むタイプがあり、設置場所に合わせて選ぶことが可能です。

スティックタイプは花や樹木をライトアップできるので、夜の庭を美しく演出したい方におすすめ。マンションのベランダ置いている植木鉢に差して立てることも可能です。スタンドを差す角度を変えることで光の方向も自在に調節できるのがポイント。設置に手間がかからず、必要に応じて設置場所を簡単に変えられるのも魅力です。

地面に埋め込むタイプは、暗いエントランスや庭の誘導灯に適しています。家の周りを囲むように設置すると防犯用のライトとして活用することも可能です。芝生や砂利の中に埋め込むとおしゃれな雰囲気になります。

明るさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラーライトの明るさは製品によってさまざま。例えば、花壇に刺して使うスティックタイプのガーデンライトは、明るさも控えめで優しい光のモノが多くラインナップされています。足元をほのかに明るくしたい方や、ぬくもりある光で庭を彩りたい方におすすめです。

一方で、センサー付きで防犯の役目をするタイプや、スポットで道を明るく照らすタイプは実用性重視で明るい設計です。明るさは「ルーメン」で表し、500ルーメンで40~50W相当、1000ルーメンなら80W相当。数個設置すれば、庭やバルコニーも十分明るくできるのが特徴です。

ほのかな明かりでおしゃれな雰囲気を重視したいのか、防犯性を高めるために明るく照らしたいのかで選び方は変わります。使用シーンに合わせて、適切な明るさのソーラーライトを選びましょう。

ソーラーパネルの位置をチェック

By: amazon.co.jp

ソーラーライトにはソーラーパネルが一体になったモノと、分離されているモノがあります。ソーラーライトは太陽光が当たらないと使えないため、設置場所によってどちらのタイプが適しているかをよく考えて選びましょう。

本体にソーラーパネルを内蔵しているタイプは、昼間のうちにしっかり充電できるように、日当たりのよい場所に設置するのがおすすめ。移動が可能なスタンドタイプであれば、昼間は太陽光が当たる場所に置いておけるので便利です。

ソーラーパネルが本体と別になっているタイプは、日の当たらない場所にも設置できるのがメリット。ソーラーパネルだけ太陽光に当たれば使用できるので、日当たりの悪い玄関前や陰になる植え込みに設置するのに適しています。本体とソーラーパネルをつなぐケーブルが、邪魔にならないように設置するのも忘れないようにしましょう。

人感センサーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

人感センサーとは、赤外線センサーを搭載した装置のこと。人感センサーを搭載しているソーラーライトは、人体の熱を感知して点灯します。周囲よりも高い温度に反応するため、人だけでなく動物や車が接近しても反応するのが特徴です。

人感センサーがもっとも活躍するのは防犯目的のとき。空き巣に対して強い効果を持つのが光と音だといわれているので、手軽に設置できるソーラーライトは防犯に適しています。また、玄関に設置すれば帰ってきたときにソーラーライトが反応して鍵穴や足元を照らすため、普段の生活でも重宝します。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

雨に当たる場所にソーラーライトを設置する場合は、防水性能をチェックしておくことが大切です。防水性能を搭載していないモノを選ぶと、雨が侵入して故障する可能性があります。防水性能にはいくつかの等級がありますが、噴流に対して保護できる「IPX5」以上のモノを選んでおくと安心です。

なお、砂埃が気になる場所に設置する場合は、防塵性能もチェックしてみてください。機器の安全を損なうほどの粉塵が内部に侵入しないとされる「IP5X」以上の性能を備えたモノを選べば、砂埃にも耐えられます。防水・防塵性能は合わせて明記されるため、「IP55」以上のモノを選ぶのがおすすめです。

ソーラーライトのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) パルス式ソーラーライト GSL-222

明かりが欲しい場所に置くだけで使える便利なソーラーライト。暗い玄関や外階段に設置すれば、足元がよく見えるので安全を確保できます。庭のウッドデッキやテラスに置いて間接照明として使うのもおすすめ。マンションのベランダに明るさをプラスするのにも適しています。

太陽光に当てて8時間以上充電すると、約7時間連続で使用することが可能。光センサーを搭載しており、人の動きや周囲の明るさに反応して自動で点灯と消灯を繰り返すので便利です。シンプルなデザインで置き場所を選ばないのもポイント。自由に移動できるソーラーライトを探している方におすすめです。

タカショー(Takasho) ゴルトランタンソーラーライト NRO-08

スタンドパーツと挿し込みパーツを付属しているソーラーライト。ウッドデッキや玄関階段などにはスタンドパーツ、花壇や芝生には差し込みパーツを使って設置できます。それぞれのパーツを活用すれば、明るさが欲しい場所にソーラーライトを移動して使えるので便利です。

暗くなるとキャンドル型のライトがほのかな明かりを灯し、周囲をあたたかい雰囲気で包み込むのが魅力。オン・オフのスイッチがあるため、明かりが不要なときは点灯をオフにできます。おしゃれなソーラーライトで、設置場所を変えながら使えるモノを探している方におすすめです。

タカショー(Takasho) ソーラーボールライト レインボー L LGS-89

ボタン操作で光の色を7色に切り替えできるユニークなソーラーライト。庭の雰囲気やその日の気分で好きな色を選べます。本体裏面の「RGBモーション」モードをオンにすると、7色の光をランダムに変化させることも可能です。

ソーラーパネルは本体に内蔵されており、太陽光に当てておけば自動的に充電できます。周囲が暗くなると自動点灯し、明るくなると自動消灯するので手間がかかりません。丸いフォルムが美しく、置いてあるだけで人目を惹くのも魅力のひとつ。庭や玄関をおしゃれに演出したい方におすすめです。

Tomshine ソーラーライト

レトロなデザインがおしゃれなソーラーライト。キャンドル型にデザインされたライトが柔らかい光を放ち、周囲をふんわりと照らします。和風やアジアンテイストの庭に置くと幻想的な雰囲気を演出することが可能。暖色系の優しい光を好む方におすすめです。

縁側に置いたりランタンのように吊り下げたりできるので、その日の気分で好きな場所に設置できます。庭で食事をする際にテーブルに置けば、場の雰囲気も盛り上がるのでおすすめです。天気が悪くて充電が足りないときは、乾電池でも点灯できるので便利。1台でさまざまな使い方ができるソーラーライトです。

pearlstar ソーラーランタン

ランタン型のソーラーライトでできるだけ安いモノを探している方におすすめの製品。気軽に購入できる価格なので、初めてソーラーライトを購入する方にも適しています。ハンドル付きで好きな場所に移動できるため、キャンプやアウトドアの明かりとしても使用可能です。

本体サイズは高さ13.8×直径8.3cmと小さく、狭い場所に設置しても邪魔になりません。IP44の防水・防塵性能を備えており、雨風が当たる場所でも設置できます。コンパクトサイズでも満充電で6~8時間使用できるのがポイント。コスパのよいおしゃれなソーラーライトです。

SUPERPETER メイソンジャー風ソーラーライト

メイソンジャー風のかわいいソーラーライトは、庭やベランダの雰囲気を変えたい方におすすめ。ビンの中に透明度の高いLED電球が30個入っており、ロマンティックできれいな光がキラキラ輝きます。ハンドルで好きな場所に吊り下げられるので便利です。

ハンドルを手に持てばランタンのように使えるため、キャンプやアウトドアで夜間の明かりとして活用できます。6~8時間の充電で8〜12時間使用でき、充電が足りない時は乾電池でも点灯することが可能。2個セットのソーラーライトでデザインがかわいいモノを探している方にもぴったりの製品です。

LeiDrail ソーラーライト

玄関や駐車場などに同じデザインのソーラーライトを複数取り付けたい方におすすめの製品。1セット4個入りで価格も安いため、2〜3セット購入すれば広い範囲に設置することが可能です。付属のネジや両面テープで壁に取り付けできるので、階段やエントランスを照らすのに適しています。

暖色系の高輝度LEDを採用しており、玄関や庭をあたたかい雰囲気に演出できるのが魅力。スマートなデザインで和風にも洋風にもマッチします。手のひらサイズで圧迫感がないのもポイントです。

A-ZONE センサーライト AZ-L3W-1-FBA

3つのライトの照射角度を300°まで調節できるソーラーライト。それぞれのライトを違う方向に向けることで広範囲を明るく照らすことが可能です。ソーラーパネルは上下に45°、左右に360°角度調節できるので、太陽の位置に合わせて設置できます。

高輝度なLEDを搭載しているため、暗い駐車場や玄関を明るく照らしたい方におすすめ。IP65の防水・防塵性能を備えており、風雨が当たる場所やホコリっぽい場所にも取り付けできます。防犯にも役立つ3灯式の明るいソーラーライトです。

Focondot ソーラーライト FOC-160L-4P

高感度PIRセンサーを2つ搭載したソーラーライト。最大検知距離が6mと長く、最大検知角度が160°と広いので、帰宅時に素早く周囲を照らせます。照射範囲も300°と広範囲なため、防犯用として取り付けるのもおすすめ。高さ3m以内で、駐車場や庭の丈夫に取り付ければ照明として使用できます。

IP65防水・防塵仕様で雨やホコリにも強いのが魅力のひとつ。4個セットなので自宅周りの暗い場所を明るくしたい方に適しています。シンプルなデザインで設置場所を選ばないのもポイント。4面発光で周囲を明るく照らせるソーラーライトです。

Aocoai ソーラーライト A0-04

角度を自在に変えられるソーラーライトを探している方におすすめの製品。本製品は360°で角度調節ができるため、スポットライトのように暗い場所を照らせます。本体上部に大きいソーラーパネルを搭載しており、充電速度が早いのも魅力です。IP65の防水防塵性能を備えているので、安心して屋外に設置できます。

照射範囲が120°と広く、庭や駐車場の壁に取り付ければ照明として使用することが可能。付属のネジを使って壁や柱に簡単に設置できます。価格が安いため、複数のソーラーライトを購入して さまざまな場所に設置したい方におすすめ。防犯用としても活用できるソーラーライトです。

LITOM ソーラーライト 2セット 電球色

2つの点灯モードを搭載したソーラーライト。低輝度点灯モードは最大で連続12時間、高輝度点灯モードは最大で連続6時間点灯できるため、設置場所に合わせて切り替えできます。照明範囲は8~12m²で照明角度も最大120°と広いので、暗い玄関やガレージを明るく照らすことが可能です。

IP67の防水・防塵性能を備えており、雨風だけでなくホコリにも強いのがポイント。スティックで地面に差し込んだりドリルビッドで壁に固定したりできるため、さまざまな場所に設置することが可能です。ライトヘッドは90°まで角度調節できるので、太陽光が当たりやすい方向に向きを変えられます。明るくて長時間点灯できるモノを探している方におすすめです。

Satisfactorily LEDガーデンライト 12本セット

家のエントランスや花壇に複数のソーラーライトを設置したい方におすすめの製品。12本セットで広い範囲に設置できるため、庭や駐車場を囲むようにして設置できます。本体とソーラーパネルが一体になったスティックタイプで、土や芝生などに差し込むだけで簡単に設置することが可能です。

9~10時間の充電で7~8時間連続で使用できます。センサーを搭載しており、暗くなると自動で点灯するので便利です。シルバーカラーのシンプルなデザインで、ガーデンライトとしても駐車場の足元灯としても設置できるのが魅力。価格も安いので気軽に購入できます。

MEIKEE ガーデンライト

太陽光が当たらない場所に設置できるソーラーライトを探している方におすすめの製品。ソーラーパネルとソーラーライトが分離しているため、ソーラーパネルだけを太陽光に当てれば使用できます。ケーブルが約4.1mと長く、日陰と日なたの距離が離れていても設置しやすいのがポイント。ライトは3個セットなので広い範囲を明るく照らせます。

2つの点灯モードを搭載しており、設置場所の暗さに合わせて切り替えられるのも魅力。ライトヘッドは最大270°まで回転できるため、樹木や花壇のスポットライトとして使うのもおすすめです。スティックで地面に差し込むだけで設置できるので手間もかかりません。おしゃれなレストランやカフェなどのエントランスにもおすすめの製品です。

Leolee ガーデンライト

高輝度で長寿命の高品質SMD光源を採用したソーラーライト。コンパクトでも非常に明るいため、スポットライトのような光で暗い場所を照らせます。IP65の防水・防塵性能を備えており、雨風が当たる庭や花壇などにも設置できるのが魅力です。

ソーラーパネルが本体上部にあるので、太陽光が当たりやすくしっかり充電できます。2つの照明モードがあり、弱め光なら100~120時間、強め光なら10~20時間使用できるのもポイントです。スティックを地面に差し込むだけで設置できる手軽さも魅力のひとつ。小さくても明るいモノを探している方におすすめです。

エジソン東京 ソーラートーチライト

96個のLEDパターンを組み合わせることにより、炎のような明かりを再現できるソーラーライト。おしゃれなガーデンライトで庭の雰囲気を変えたい方におすすめです。スパイクを地面に挿すだけで使えるので、キャンプサイトで使用すれば幻想的な雰囲気を味わえます。

ビス固定用スタンドを付属しているため、コンクリート面にも設置することが可能。店舗のエントランスやテラスに設置すれば、アジアン風の個性的な空間を作り出せます。2200mAhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載しており、フル充電時で最大12時間点灯できるのも魅力です。

BOOTYLIGHT ソーラーライト

幻想的な光を発するソーラライトを複数設置したい方におすすめの製品。カバーのスリットが不規則な形状のため、木漏れ日のような光で辺り一面を照らせます。モダンにも和風にも見えるデザインが魅力です。10個セットで家のエントランスや庭に沿って設置するとおしゃれに見えます。

ソーラーパネルはエネルギー変換率が高く、6〜8時間の充電で8〜10時間使用することが可能。オン・オフの電源スイッチがあり、ライトを点灯させたくない場合はオフにできます。価格が安く気軽に購入できるのもポイント。庭や玄関周りの雰囲気を変えたい方にもおすすめのソーラーライトです。

Lightess ソーラーライト

埋め込み式のソーラーライトでおしゃれなモノを探している方におすすめの製品。石目調のレトロなガラスを採用しており、幻想的な光を放つのが魅力です。玄関周りのエントランスに並べて設置すれば、家の雰囲気が上品に見えます。テラスやベランダに置いて揺らめく光を眺めるのもおすすめです。

ブロックや砂利の間に埋め込んで設置すると、通路に明かりを確保できるだけでなくおしゃれな雰囲気になります。IP65の防水・防塵性能を備えているので、雨風が当たる場所にも設置することが可能。ソーラーライトをプラスして家の雰囲気を変えたい方にも適しています。

MEIKEE ソーラー式デッキライト

駐車場や階段などに適したソーラーライトを探している方におすすめの製品。本製品は埋め込み式で、乗用車やトラックが上に乗っても破損しない耐圧力を備えているのが特徴です。暗い駐車場の地面に設置すれば、周囲が見やすくなりスムーズに車庫入れができます。

IP67の防水・防塵性能を備えており、暴風雨や吹雪が当たる場所にも設置することが可能。6〜8時間の充電で12〜15時間点灯するため、夜間の防犯灯としても活用できます。4個セットで価格が安いのも魅力。足元が暗い場所に並べて設置するのに適したソーラーライトです。

ウエイク(Wake) 埋込み式ソーラーライト ESL-01

さまざまな場所に合わせやすいシンプルなデザインの埋め込み式ソーラーライト。砂利道やコンクリートの通路などに合わせやすく、スタイリッシュに見えるのが魅力です。 IP68の防水・防塵性能も備えているので、悪天候下でも問題なく使用できます。

1000kgの耐荷重テストに合格した構造を採用しているため、車が上に乗っても破損しないのがポイント。駐車場が暗くて困っている方におすすめです。6個セットのほかに4個セットや8個セットもあるので、設置場所の広さや用途に合わせて選べます。耐久性とデザイン性が高いソーラーライトです。

pendoo ソーラーライト 8個セット

IP68の防水・防塵性能を備えた水陸両用のソーラーライト。水に浮かべることも可能なので、自宅のプールに明かりを灯すことも可能です。カバーにはエンジニアリングプラスチックを採用しており、180kgの重さにも耐えられると謳われています。庭の芝生に埋め込んで使いたい方にもおすすめです。

高品質なLEDを採用しているので、真っ暗なエントランスや駐車場を明るく照らせます。本体には800mAhの充電式リチウム電池を内蔵しており、6~8時間の充電で最大8~10時間点灯することが可能。暗くなると自動点灯し、明るくなると自動消灯するので手間がかかりません。デザインもシンプルでさまざまな場所に合わせやすいソーラーライトです。