ソーラーライトは、太陽の光さえあればどこでも使える便利なアイテム。電気代がかからないので、コストパフォーマンスに優れています。最近はLEDの技術が進歩し、さまざまな機能を備えたモデルが登場。夜の庭先やバルコニーをおしゃれに彩ったり、防犯に役立てたりと用途に合わせて選べます。

そこで今回は、おすすめソーラーライトをご紹介。庭のレベルをアップする有能なアイテムとして、ぜひチェックしてみてください。

ソーラーライトとは?

By: amazon.co.jp

ソーラーライトとは、太陽光エネルギーを電気に変換し、バッテリーに蓄えて電源として利用する照明器具のことを指します。ほとんどのソーラーライトは、夜間になれば明るさのセンサーを使って自動で電源がオンになる優れモノ。自動点灯の多くは朝になると自動でオフになります。

主に、庭先や屋外でガーデンライトとして使うのが一般的。おしゃれなデザインの製品が多く、庭やバルコニーの雰囲気を一気に変えてくれるので人気を集めています。ソーラーパネルのサイズに応じて発電量も変わるため、大きいパネルを持つソーラーライトほど長時間照らし続けられるのが特徴。ソーラーライトは太陽光の強いエネルギーを日常生活に利用した、非常にエコな照明器具です。

ソーラーライトのメリット・デメリット

メリット

大きなメリットは、電気代が一切かからないこと。例えば、60Wの白熱灯を1日8時間ほど玄関の明かりとして使用した場合、1ヶ月の電気代は約400円です。9WのLED電球にすれば電気代は下げられますが、初期費用がかかるのがデメリットとして挙げられます。

一方、ソーラーライトであれば月々の電気代もかからないので非常に経済的。コンセントも不要なため、どこでも好きな場所へ手軽に設置できます。

また、ソーラーライトは電球にLEDが使われているので、ほかの電球タイプに比べ長持ちするのも特徴。電源が不要なうえ長寿命なので、災害時用としてもおすすめのアイテムです。

デメリット

ソーラーライトのデメリットは、曇りや雨の日など天気の悪い日は充電できないこと。あくまで太陽光発電の一種であるため、エネルギー源である太陽光がなければ充電はできません。電力を使い切ってしまうと、明かりが灯らないこともあります。

また、ソーラーパネルが障害物に覆われてしまうと発電できないので注意が必要。ソーラーパネルを使用する際は、長時間影ができないかチェックしておきましょう。

そのほか、ほとんどのソーラーライトは屋外で使うことを想定しており、しっかりした防滴や防水処理を施してあるため、充電池の交換はできません。国内メーカーでは一部交換可能なモデルもあるので、同じ器具を長く使いたい方は併せて確認してみてください。

ソーラーライトの選び方

種類で選ぶ

スタンド型

By: amazon.co.jp

置くだけで簡単に設置できるスタンド型ソーラーライトは、レイアウトを自由に選べるのが特徴。気分に合わせて場所を変えられ、飽きのこない使い方ができます。さらに、室内に持ち込んで使えるので便利。家族が帰ってくるまでは庭先を照らし、帰ってきたら玄関に入れて玄関周りを照らすなど、使い方も自由自在です。

壁掛け型

By: amazon.co.jp

壁掛け型ソーラーライトは、高所に設置できるのが特徴。電池などを必要とせず広範囲を照らせるため、カーポートやガレージの入り口に設置する簡易灯としておすすめです。暗くなってからの自動車の乗り降りにも役立ちます。

また、人感センサー搭載のアイテムを玄関先に設置すれば、防犯アイテムとして活躍するのも魅力です。

杭型

By: amazon.co.jp

杭型ソーラーライトは差し込むだけなので、使い慣れていない方でも簡単に設置できるのが特徴。周りが暗くなると自動で点灯する仕組みのモノが多く、夜間に足元のライトとしても活躍します。

さらに、光り方がまるで本物の炎に見えるモノまでありバラエティ豊か。好みのアイテムを選びやすいため、雰囲気ある庭づくりにおすすめです。

明るさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラーライトの明るさは製品によってさまざま。例えば、花壇に刺して使うスティックタイプのガーデンライトは、明るさも控えめで優しい光のモノが多くラインナップされています。足元をほのかに明るくしたい方や、ぬくもりある光で庭を彩りたい方におすすめです。

一方で、センサー付きで防犯の役目をするタイプや、スポットで道を明るく照らすタイプは実用性重視で明るい設計です。明るさは「ルーメン」で表し、500ルーメンで40~50W相当、1000ルーメンなら80W相当。数個設置すれば、庭やバルコニーも十分明るくできるのが特徴です。

ほのかな明かりでおしゃれな雰囲気を重視したいのか、防犯性を高めるために明るく照らしたいのかで選び方は変わります。使用シーンに合わせて、適切な明るさのソーラーライトを選びましょう。

設置場所に合わせて種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラーライトを購入する前に、設置場所を確認しておくのも重要。庭やプランターがあれば、杭型の差し込みタイプが使えます。杭部分がしっかり入る深さがあるか、チェックしておきましょう。

門柱や壁に取り付ける壁掛けタイプは、ねじなどで壁に穴をあける作業が必要なことがあります。両面テープが付属しているモノであればすぐに設置可能ですが、両面テープでも壁が木製やタイル製であれば落ちにくいため、設置したい壁の素材も併せて確認してみてください。防犯に使う場合は、目立ちにくい高めの位置に設置するのがおすすめです。

また、ランタンタイプなら状況に応じて使い方が変えられます。外出時は外に置いておき、帰ってきたら屋内に入れて玄関等を照らすことも可能。非常時にも役立つので便利です。

人感センサーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

人感センサーとは、赤外線センサーを搭載した装置のこと。人感センサーを搭載しているソーラーライトは、人体の熱を感知して点灯します。周囲よりも高い温度に反応するため、人だけでなく動物や車が接近しても反応するのが特徴です。

人感センサーがもっとも活躍するのは防犯目的のとき。空き巣に対して強い効果を持つのが光と音だといわれているので、手軽に設置できるソーラーライトは防犯に適しています。また、玄関に設置すれば帰ってきたときにソーラーライトが反応して鍵穴や足元を照らすため、普段の生活でも重宝します。

防水性能の有無で選ぶ

ソーラーライトに使われることの多いLED電球は、水分が入ると壊れてしまうため、屋外で使う場合は防滴や防水性能が付いたモノを選ぶのがおすすめです。

防水性能の高さは、「IPX〜」や「IP〜」で表します。例えば、「IP65」の場合は防塵度が6級、防水度が5級です。防水のみの場合は、「IPX」で表示します。

防水性能が付いているソーラーライトの場合、雨天時でもしっかり保護するので安心。ソーラーライトをずっと外に置いておきたい方は、防水機能もぜひチェックしてみてください。

ソーラーライトのおすすめモデル

Reuyer メイソンジャー風ソーラーライト

メイソンジャーのようなおしゃれなフォルムが人気のソーラーライトです。フタの部分がソーラーパネルになっており、6~8時間の充電で最大12時間連続点灯します。好きな場所に置いたり、ぶら下げたりして自由にレイアウトを楽しめるのもポイント。

20個のLED電球がガラスに反射して幻想的にきらめき、庭やバルコニーの雰囲気作りにもぴったりです。キャンプの際には、テントやバンガローなどの室内の明かりとしても活躍します。ほのかでやわらかい光は、デザイン性にこだわったソーラーライトを探している方におすすめです。

pearlstar ソーラーランタン

吊り下げ用のハンドル付きで持ち運びに便利なランタン型のソーラーライトです。玄関先や庭に据え置きするほか、キャンプや公園に持ち出して木の枝や柵に引っ掛けたり、手持ちで足元を照らしたりと自由度の高さがポイント。

アンティークなデザインは、パーティーやイベントの雰囲気作りにも重宝します。あたたかみのあるオレンジ系の光は、室内のインテリアとしてもおすすめ。IP44の防水機能を有しているため、雨の日に屋外に出しっぱなしにしておけるのも魅力です。

Tomshine ソーラーライト

レトロな菱形パターンが特徴のランタン型ソーラーライトです。ライトの明かりが本物のキャンドルのようにゆらゆら揺れるので、ロマンティックで優しい雰囲気を演出できます。テーブルに置いたり木の枝に吊るしたり、気分によって置き場所を変えられるのがポイント。

ソーラーエネルギーが不足した場合は、単3電池も利用可能です。アンティークな雰囲気の小物が好きな方や、パーティーをおしゃれに演出したい方にもぴったり。災害時の停電に役立つ便利グッズとしてもおすすめです。

タカショー(Takasho) ゴルトランタンソーラーライト

タカショーは、ガーデニングやエクステリアに関連するカテゴリーでは国内トップクラスの製品を取り扱うメーカーです。本製品は、2WAYで使用できる便利なランタン型ソーラーライト。スタンドパーツと差し込みパーツが各1個ずつ付属し、スタンド型としても杭型としても使えます。

ランタンのなかにはキャンドル型のライトが設置されており、あたたかみのあるほのかな明かりがポイント。ガーデンライトとして設置するだけで、庭をレベルアップできます。夜の庭先をおしゃれに彩りたい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) パルス式ソーラーライト GSL-322L

アイリスオーヤマのスタンド型ソーラーライトです。高輝度電球色のLEDと3段ロングリフレクターと呼ばれるパーツを採用しているため、強い明るさを発揮。

スタンド型で簡単に設置でき、約44.4cmの高さで周りを広く照らせるのがポイントです。光センサーが付いており、自動で点灯・消灯します。上部のソーラーパネルの下に電池ボックスを備えているので、フタを取り外すだけで簡単に電池交換が可能です。

Focondot ソーラーライト

門柱や軒先、ガレージなど高所の取り付けに適した壁掛けタイプのソーラーライトです。両面テープとネジが付属しているので、場所に合った方法で取り付け可能。人感センサーを搭載しているため、約3m以内の人の動きを感知して自動で点灯します。

夜間の車の乗り降りや玄関の鍵穴を探すための補助灯としてはもちろん、防犯対策にもおすすめ。約300°と照明範囲が広く、高輝度100LEDのライトを採用しています。IP65の防水防塵仕様のため、屋根のない場所にも設置できるのが魅力です。

iThird ソーラーライト

昼光色のLEDライトで明るく照らす、壁掛けタイプのソーラーライトです。大きめのソーラーパネルで太陽光を効率的にキャッチして蓄電します。常時点灯や人感センサー発動など、3つの点灯モードから選べるのがポイント。

切り替えボタンが操作しやすい位置にあり、選択したモードがインジケーターの色によりひと目で分かるので便利です。スタイリッシュな見た目で、玄関先や壁面など目に付く場所に設置しても外観を損ないません。

AMIR ソーラーライト

パネルやライトが360°と90°の角度で上下左右に調節できる、壁掛けタイプのソーラーライトです。太陽の向きに関わらず、照らしたい場所に光を向けられるのが特徴。LEDライトは800ルーメンの明るさを発揮します。

IP65の優れた防水防塵性能を備えており、屋外でも安心して使用可能。光センサーと人感センサーを搭載しているのもポイントです。スポットライトタイプなので、庭の植木などをスポットで照らしたい方にもおすすめ。ネジで壁などに固定するほか、付属のプラスチック製の杭を付けて地面に差し込んでも使用できます。

LeiDrail ソーラーライト

暖色系のぬくもりのある光で下方向を中心に照らす、壁掛けタイプのソーラーライトです。ライトが下向きに付いているので、階段や玄関先など足元を照らしたい場所に向いています。刺激が少ない穏やかな色味のため、バルコニーに設置してリラックススペースを作ることも可能。

約幅10×高さ8cmのコンパクトな形状で約120gと軽量なので、設置場所を選びません。場所を選ばず取り付けられるよう、ネジと両面テープが付属。上品でムーディーな光のソーラーライトを探している方におすすめです。

PEATOP ソーラーデッキライト

階段やデッキ、フェンスなどに設置するのに適したL字型のソーラーライトです。段差や柵の厚みに引っ掛けるようにして、ネジまたは両面テープで固定します。16個セットになっているため、階段の足元灯や通路の誘導灯として並べて配置したい方にもおすすめです。

広いウッドデッキや長い階段も低価格で効率的に照らせるので、コストパフォーマンスに優れています。ブラウン系の色味でウッドデッキやレンガ、木製のフェンスに違和感なく溶け込み、雰囲気を壊しません。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ガーデンライト

シンプルでリーズナブルな杭型のソーラーライトです。カラーは電球色と昼白色から選択可能。電球色はあたたかみのあるオレンジ系の色味、昼白色は太陽の明るさに近い自然な色味なので、好みで選んでみてください。

3段ロングリフレクターを使用していることに加え、カバーにトライアングルカットが施されているため、明るい光が広く拡散するのが特徴。1つで十分な明かりが得られるので、実用性を重視したい方はチェックしてみてください。

Alture ガーデンライト

12本セットでコストパフォーマンスに優れたソーラーライトです。ヘッド部分がスタイリッシュなステンレス製なので、点灯していない日中もおしゃれに見えるのがポイント。IP65の防水性を備えているため、花壇や植木に近い場所に設置しても気にせず水やりできます。

小さくても蓄電性がよく、最大7~8時間の長時間点灯が可能。玄関前や庭に並べて使用すれば、統一感が出せます。コンパクトで置き場所を選ばず、手頃な価格で家周りをレベルアップできるおすすめのアイテムです。

Litom ソーラーライト

30個のLED電球で明るく照らす杭型のソーラーライトです。ライトの光は電球色と白色の2種類に切り替えでき、点灯モードも4種類から選べる汎用性の高さが魅力。低輝度なら最大12時間続けて照射できるので、キャンプに持参する照明器具としてもおすすめです。

一時的に水没しても浸水しないレベルの優れた防水性IP67を有しているので、突然の雨にも耐えられます。パネルやライトの向きが変えられるため、どんな場所にも設置可能。延長スティックを使用して地面からの高さを確保したり、付属のネジを使用してウォールライトにしたりすることもできる便利なアイテムです。

JOYHARBOR ソーラーライト

カバーに万華鏡のような模様が施された杭型ソーラーライトです。スティックを地面に挿して設置しますが、スティックなしでスタンド型としても使えます。模様で光がさえぎられるため明るさは強くありませんが、雰囲気のある空間を演出したい方におすすめです。

光センサーにより暗くなると自動で電源がオン。玄関までのアプローチや庭の芝生など日当たりのよい場所に置いておけば、家周りをおしゃれに彩ります。2個セットながら安い価格で手に入るので、ライトを使用した庭の装飾にトライしてみたい方にもおすすめです。

DERAYSION ソーラーライト

ヨーロッパの街なかにある街灯のようなデザインで、高級感のある杭型のソーラーライトです。6個セットなので、庭の植え込みや花壇を照らしたり、玄関までのアプローチの誘導灯にしたりするのにもぴったり。ガラス部分の模様が影を作り、幻想的な雰囲気を演出します。

庭やテラスなど家周りの景観をランクアップさせたい方にぴったりです。光の透過性に優れたガラスや、サビや水に強いステンレスなどパーツによって適した素材を取り入れているのもポイント。長く快適に使い続けられます。

Otdair ソーラーライト

トーチ型の形状で、なかのライトが炎のように揺らめいて見えるソーラーライトです。地面に差し込んで使用するほか、付属のスタンドを使って据え置きしたり、L字型のパーツをセットして壁に固定したりすることもできます。

IP65の優れた防水性を有しているので、屋外での耐久性も問題ありません。ゆらゆらと揺れるライトは、リゾートのような非日常の空間を演出したい方にもぴったり。ウッドデッキにリラックススペースを作ったり、パーティーシーンやアウトドアを盛り上げたりするアイテムとしてもおすすめです。

KEYNICE ソーラースポットライト

高性能なパネルとライトを搭載し、最大20時間の連続点灯が可能なソーラーライトです。太陽光の利用率をアップしているため、曇りの日でも2日程度連続使用できると謳われています。さらに、強い防塵性と防水性能を表すIP68を採用。タフなうえに耐久性が高いので、防災用のライトとしてもおすすめです。

パネルとライトが分離したタイプで、約3mのケーブルで連結して使用します。パネルを日当たりのよい場所に設置すれば、ライトはケーブルの届く範囲でどこにでも設置できるので便利です。地面に差し込む杭型として使えるほか、付属のブラケットとネジを使用して壁などにも固定できます。

pendoo ソーラーライト

短いスパイクを装着して地面に埋め込んで使うソーラーライトです。IP67の優れた防水性に加え、高強度のプラスチックを採用しているため180kgの重さにも耐えうる丈夫さが魅力。埋め込み式による上向きのライトは、街なかやリゾート施設のようなおしゃれな空間を演出します。

スパイクには滑り止めのデザインが採用されており、挿し込んだ際の安定感も良好。スパイクを装着せずに階段やウッドデッキに直接置いて使用できるので、キャンプなどアウトドアにも重宝します。4個セットながら手頃な価格のおすすめアイテムです。