ソーラーライトは、太陽の光さえあればどこでも使える便利なアイテム。電気代がかからないので、コストパフォーマンスに優れています。最近はLEDの技術が進歩し、さまざまな機能を持つモデルが登場。夜の庭先やバルコニーをおしゃれに彩ったり、防犯に役立てたりと用途に合わせて選べます。

そこで今回は、おすすめソーラーライトをご紹介。庭のレベルをアップする有能なアイテムとして、ぜひチェックしてみてください。

ソーラーライトとは?

By: amazon.co.jp

ソーラーライトとは、太陽光エネルギーを電気に変換し、それをバッテリーに蓄えて電源として利用する照明器具のことを指します。ほとんどのソーラーライトは、夜間になれば明るさのセンサーを使って自動で電源がオンになる優れモノ。自動点灯の多くは朝になると自動でオフにしてくれます。

主に、庭先や屋外でガーデンライトとして使うのが一般的。おしゃれなデザインの製品が多く、庭やバルコニーの雰囲気を一気に変えてくれるので人気を集めています。ソーラーパネルのサイズに応じて発電量も変わるため、大きいパネルを持つソーラーライトほど長時間照らし続けられるのが特徴。ソーラーライトは太陽光の強いエネルギーを日常生活に利用した、非常にエコな照明器具です。

ソーラーライトのメリット・デメリット

メリット

大きなメリットは、電気代が一切かからないこと。例えば、60Wの白熱灯を1日8時間ほど玄関の明かりとして使用した場合、1ヶ月の電気代は約400円です。同等の明るさを持つ9WのLED電球にすれば電気代は下げられますが、初期費用がかかるのがデメリットとして挙げられます。

一方、ソーラーライトであれば月々の電気代もかからないので非常に経済的。コンセントも不要なため、どこでも好きな場所へ手軽に設置できます。

また、ソーラーライトは電球にLEDが使われているので、他の電球タイプに比べ長持ちするのも特徴。電源が不要なうえ長寿命なため、災害時用としてもおすすめのアイテムです。

デメリット

ソーラーライトのデメリットは、曇りや雨の日など天気の悪い日は充電できないこと。あくまで太陽光発電の一種であるため、エネルギー源である太陽光がなければ充電はできません。電力を使い切ってしまうと、明かりが灯らないこともあります。

また、ソーラーパネルが障害物に覆われてしまうと発電できないので注意が必要です。ソーラーパネルを使用する際は、長時間影ができないかチェックしておきましょう。

そのほか、ほとんどのソーラーライトは屋外で使うことを想定しており、しっかりした防滴や防水処理を施してあるため充電池の交換はできません。国内メーカーでは一部交換可能なモデルもあるので、同じ器具を長く使いたい方は併せて確認してみてください。

ソーラーライトの選び方

種類で選ぶ

スタンド型

By: amazon.co.jp

置くだけで簡単に設置できるスタンド型ソーラーライトは、レイアウトを自由に選べるのが特徴。気分に合わせて場所を変えられ、飽きのこない使い方ができます。さらに、室内に持ち込んで使えるので便利。家族が帰ってくるまでは庭先を照らし、帰ってきたら玄関に入れて玄関周りを照らすなど、使い方も自由自在です。

壁掛け型

壁掛け型ソーラーライトは、高所に設置できるのが特徴。電池などを必要とせず広範囲を照らせるため、カーポートやガレージの入り口に設置する簡易灯としておすすめです。暗くなってからの自動車の乗り降りにも役立ちます。

また、人感センサー搭載のアイテムを玄関先に設置すれば、防犯アイテムとしても活躍するのも魅力です。

杭型

By: amazon.co.jp

杭型ソーラーライトは差し込むだけなので、使い慣れていない方でも簡単に設置できるのが特徴。周りが暗くなると自動で点灯する仕組みのモノが多く、夜間に足元のライトとして活躍してくれます。

さらに、光り方がまるで本物の炎に見えるモノまでありバラエティ豊か。好みのアイテムを選びやすい種類なため、雰囲気ある庭づくりの際におすすめです。

明るさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラーライトの明るさは製品によってさまざまです。例えば、花壇に刺して使うスティックタイプのガーデンライトは、明るさも控えめで優しい光のモノが多くラインナップされています。足元をほのかに明るくしたい方や、ぬくもりある光で庭を彩りたい方におすすめです。

一方で、センサー付きで防犯の役目をするタイプや、スポットで道を明るく照らすタイプは実用性重視で明るい設計です。明るさは「ルーメン」で表し、500ルーメンで40~50W相当、1,000ルーメンなら80W相当。数個設置すれば、庭やバルコニーも十分明るくできるのが特徴です。

ほのかな明かりでおしゃれな雰囲気を重視したいのか、防犯性を高めるために明るく照らしたいのかで選び方は変わります。使用シーンに合わせて、適切な明るさのソーラーライトを選びましょう。

設置場所に合わせて種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラーライトを購入する前に、設置場所を確認しておくのも重要です。庭やプランターがあれば、杭型の差し込みタイプが使えます。杭部分がしっかり入る深さがあるか、チェックしておきましょう。

門柱や壁に取り付ける壁掛けタイプは、ねじなどで壁に穴をあける作業が必要なこともあります。両面テープが付属しているモノであればすぐに設置が可能です。両面テープでも壁が木製やタイル製であれば落ちにくいため、設置したい壁の素材も併せて確認してみてください。防犯に使う場合は、目につきにくい高めの位置に設置するのがおすすめです。

また、ランタンタイプなら状況に応じて使い方が変えられます。外出時は外に置いておき、帰ってきたら屋内に入れて玄関等を照らすことも可能。非常時にも役立つので便利です。

人感センサーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

人感センサーとは、赤外線センサーを搭載した装置のこと。人感センサーを搭載しているソーラーライトは、人体の熱を感知して点灯します。周囲よりも高い温度に反応するため、人だけでなく動物や車が接近しても反応するのが特徴です。

人感センサーがもっとも活躍するのは防犯目的のとき。空き巣に対して強い効果を持つのが光と音だといわれているので、手軽に設置できるソーラーライトは防犯に適しています。また、玄関に設置すれば帰ってきたときにソーラーライトが反応して鍵穴や足元を照らしてくれるため、普段の生活面でも重宝しやすいのも魅力です。

防水性能の有無で選ぶ

ソーラーライトに使われることの多いLED電球は、水分が入ると壊れてしまうため、屋外で使う場合は防滴や防水性能が付いたモノを選ぶのがおすすめです。

防水性能の高さは、「IPX〜」や「IP〜」で表します。例えば、「IP65」の場合は防塵度が6級、防水度が5級です。防水のみの場合は、「IPX」で表示します。

防水性能が付いているソーラーライトの場合、雨天時でもしっかり保護してくれるので安心です。ソーラーライトをずっと外に置いておきたい方は、防水機能もぜひチェックしてみてください。

ソーラーライトのおすすめモデル

タカショー(Takasho) ゴルト ランタンソーラーライト

タカショー(Takasho) ゴルト ランタンソーラーライト

ガーデニングやエクステリア関連製品を多く手掛ける日本メーカー、タカショーのソーラーライト。スタンドパーツを使って置き型としても、刺し込みパーツを使って杭型としても使える便利な2WAY方式です。置き型として使えばランタン代わりにもなり、屋外・屋内どちらでも手軽に使えます。

また、ろうそく型のライトなのでレトロな雰囲気になりやすく、おしゃれなのもポイント。さらに、上部が手軽に取り外しできるため、充電池の寿命がきても簡単に交換できます。

ほのかなろうそく程度の明るさなので、庭やバルコニーのおしゃれさをアップさせる装飾アイテムとしておすすめ。周りが暗くなると自動点灯するセンサーが付いているのもポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ソーラーライト

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ソーラーライト

ジェネリック家電メーカー、アイリスオーヤマのソーラーライト。置くだけなので簡単に設置でき、優しい色合いの電球色によってまぶしさを抑えているのが特徴です。明るい光がお好みの方は、ホワイトの電球色を選ぶことで蛍光灯のような色合いにできます。

44.4cmの高さがあるうえ、高輝度のLED電球を4球も使っているため周りを広く照らせるのもポイント。また、スタンド型なのでウッドデッキなどにも傷をつけずに設置できます。

さらに、フタを取り外して電池交換できる点も魅力。ネジなどで固定されていないので、簡単に電池交換ができます。電池はおおよそ1~2年もつため、経済的なソーラーライトです。

AMIR LEDソーラーライト

AMIR LEDソーラーライト

片手に収まるサイズの壁掛け式ソーラーライト。600mAhのニッケル水素バッテリーを搭載しているため、満充電なら6~8時間の点灯時間をキープするのが特徴です。

暗くなれば自動点灯する明るさセンサー付き。昼になれば自動で点滅するため、手間がかかりません。また、専用のアンカーとネジが8つ付属しており、穴があけられる壁や木材ならどこにでも設置可能。固定したネジにひっかけるだけなので、ソーラーライトの交換の際も便利です。

おしゃれな見た目ながら、頼もしいIP65防水防塵仕様なため、雨に降られてもほとんど動作に支障が出ることはありません。機能性とデザイン性の両方を求める方におすすめのソーラーライトです。

タカショー(Takasho) ソーラー ステンレスミニマーカーライト

タカショー(Takasho) ソーラー ステンレスミニマーカーライト

コンパクトサイズで手軽に設置できるうえ、設置場所を選ばないタカショーの杭型ソーラーライト。庭を彩るライトとしてはもちろん、杭を取り外して直接置けるためバルコニーに飾るのもおすすめです。

また、本体はステンレス製なので光を適度に反射し、光に広がりがあるのも特徴。間接照明のようにまぶしすぎない優しい明かりで、庭の雰囲気をよくしてくれます。さらに、光を通すパーツには凹凸が施してあり、美しい光の屈折が楽しめるのもポイントです。

透明パーツ部分を取り外すだけで簡単に電池交換できるのもメリット。充電池に寿命がきても本体ごと捨てる必要はなく、繰り返し使えるため経済的です。

防水性能はIPX3なので、雨天時でも安心。ただ、散水や粉じんに対しては強くないため、横からホースの水をかけたり土や砂がかかったりする場所での使用は控えましょう。優しい光のソーラーライトを探している方におすすめの製品です。

KEYNICE ソーラーライト

KEYNICE ソーラーライト

本物の炎のようにゆらゆら揺れる光が印象的なソーラーライト。デザイン性の高い模様から淡い光が漏れ、庭先をよりおしゃれに彩ります。

本製品は96個ものLEDがそれぞれに光ることで、炎のようなゆらぎを実現しているのもポイント。満充電なら最大10時間と、長い点灯時間も魅力です。

また、硬質プラスチックを採用しているので、外部・内部とも共に錆びる心配もほとんどありません。防水性能もIP65と高い性能を持っています。防雨・防塵対策もしっかりできますが、水没では故障する可能性が高いため、水のたまる場所での使用は避けましょう。

Langxu-Solar Light ソーラーライト

Langxu-Solar Light ソーラーライト

太陽光をたっぷり浴びせて充電しておけば、夜はランタンとして活躍してくれるランタン型ソーラーライト。どこにでも持ち運びしやすい形なので、庭先やガレージでの使用はもちろん、アウトドアにもおすすめです。

レトロなデザインで庭の雰囲気をよくしてくれるだけでなく、暗くなると自動点灯する光センサー付きなのもポイント。また、IP44の防水素材を採用しており、通常の雨なら支障なく使えます。

庭先の木に吊り下げてガーデンライトとして使ったり、ガレージライトとして車の手入れの際に活用したり、用途に合わせて自由な使い方ができるソーラーライトです。

ランドポート(Landport) ソーラーパフ PUFF-15WL

ランドポート(Landport) ソーラーパフ PUFF-15WL

サイコロ型のLEDライト。使用時は1辺11cmの正方形ですが、収納時は22×11×1.5cmとかなりスリムにまとまるため、持ち運びに便利なアイテムです。

充電はソーラーパネルを使用し、8時間でフル充電が完了。明るさは2タイプあり、強は90ルーメンで6時間点灯、弱は60ルーメンの12時間点灯となっています。

耐水レベルはIPX7で、水回りでも安心して使用することが可能。ライトの色は暖色系や白色系のほか、5色に切り替えられるモデルの3パターンをラインナップしています。また、ベルト部分のカラーも複数用意されているので、色別に使い分けるのもおすすめです。

ダバダ(DABADA) LEDランタン

ダバダ(DABADA) LEDランタン

アウトドアシーンはもちろん、防災用としても使えるLEDライト。充電方法としてはUSBやシガーソケットによる車載、ソーラーパネル、乾電池のほか、手回しにも対応しているので、汎用性が高いのが特徴です。

USB充電や車載充電の場合は7時間、ソーラー充電の場合は24時間でフル充電が完了。乾電池の場合は単四電池3本を使用します。ちなみに、フル充電時の点灯から消灯まではおよそ48時間。使用5時間程度で徐々に暗くなっていくため、その点は留意しておきましょう。

ライトの種類としては、クリアとホワイトの2タイプをラインナップ。携帯電話やスマホの充電も対応ケーブルを接続すれば可能となるので、緊急時にも重宝します。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

FENGTUOW LEDランタン

FENGTUOW LEDランタン

ちょっとした照明に便利なコンパクト仕様のLEDライト。サイズは直径8.5×高さ4.7cmと片手に収まる大きさで、据え置きとしても、手持ちとても扱えるのが特徴です。

充電方法は、USB接続と天面に用意されているソーラーパネルの両方に対応。明るさは300ルーメンで、調光モードは高輝度と低輝度の2タイプ。防塵防滴レベルはIP55で、室内はもちろん、野外でも安心して使えます。

また、S字フックが付属しており、設置しやすいのもポイント。タフに使えるソーラーライトを探している方におすすめのアイテムです。

suaoki 3WAY高輝度LEDランタン ソーラーライト

suaoki 3WAY高輝度LEDランタン ソーラーライト

コンパクトに圧縮できるLEDランタン。本体上部に取っ手が付いているので、手持ちのほか、テントやタープに引っ掛けやすいのが特徴です。

本体の高さは8.5cmで、伸ばした状態で12cm、折りたたみ時は4.5cm。重さは190gと、手軽に持ち歩けるのもポイントです。

充電はmicroUSB経由のほか、天面に用意されたソーラーパネルでも対応できます。価格帯として安価なのも魅力。LEDライトを複数個用意したい場合や、気兼ねなくまとめ買いしたい方はぜひチェックしておきましょう。

Langxu-Solar Light ソーラーランタン

Langxu-Solar Light ソーラーランタン

ランタンのようなアンティーク調のソーラーライト。スイッチをオンにしておけば、日中は自動充電、夜間は自動点灯に対応するので、外灯として便利です。防塵防滴レベルはIP44で、雨ざらしや吹きさらしでも使えます。ただし、台風レベルの暴風では故障や破損の恐れがあるため、その点は留意しておきましょう。

サイズは直径約8.3×高さ13.8cmと比較的コンパクト。価格帯としてはリーズナブルなので、ベランダや玄関などに設置するソーラーライトを探している方は、ぜひ候補として検討してみてください。