ソーラーライトは、太陽の光さえあればどこでも使える便利なアイテム。電気代がかからないのでコストパフォーマンスに優れています。近年LEDの技術が進歩し、さまざまな機能を持つモデルが登場。夜の庭先やバルコニーをおしゃれに彩ったり、防犯に役立てたりと用途に合わせて選べます。

そこで今回は、おすすめソーラーライトをご紹介。庭のレベルをアップする有能なアイテムとして、ぜひチェックしてください。

ソーラーライトとは?

By: amazon.co.jp

ソーラーライトとは、太陽光エネルギーを電機に変換し、それをバッテリーに蓄えて電源として利用する照明器具のことを指します。ほとんどのソーラーライトは、夜間になれば明るさのセンサーを使って自動で電源がオンになる優れモノ。自動点灯の多くは朝になると自動でオフにしてくれます。

特に庭先や屋外でガーデンライトとして使うのが一般的。おしゃれなデザインの製品が多く、庭やバルコニーの雰囲気を一気に変えてくれるので人気を集めています。ソーラーパネルのサイズに応じて発電量も変わるため、大きいパネルを持つソーラーライトほど長時間照らし続けられるのが特徴。

太陽は非常に強いエネルギーを持っているため、ソーラーライトはそのエネルギーを日常生活に利用した非常にエコな照明器具です。

ソーラーライトのメリット・デメリット

メリット

大きなメリットは電気代が一切かからないこと。例えば60Wの白熱灯を玄関の明かりとして使用した場合、1ヶ月の電気代は約400円です。同等の明るさを持つ9WのLED電球にすれば40円ほどまで下げられますが、初期費用がかかるのがデメリット。

ソーラーライトなら、月々の電気代もかからず非常に経済的です。さらに自動で電源をつけたり消したりできるので、夜になったらつけに行く手間もありません。コンセントも不要なため、どこでも好きな場所へ手軽に設置できます。

ソーラーライトは性質上、電球にLEDが使われており、他の電球タイプに比べ長持ちするのも特徴。電源が不要なうえ長寿命なので災害時用としてもおすすめのアイテムです。

デメリット

ソーラーライトのデメリットは曇りや雨の日など天気の悪い日は充電できないこと。あくまで太陽光発電の一種であるため、エネルギー源である太陽光がなければ充電できません。電力を使い切ってしまうと明かりが灯らないこともあります。

また、ソーラーパネルが障害物に覆われてしまうと発電できないので注意が必要です。ソーラーパネルに長時間影ができないかチェックしておきましょう。さらに、使用場所に街灯の強い明かりがあると明るさセンサーが反応し、点灯しないこともあります。設置場所にはそれなりの暗さが必要です。

ソーラーライトは電源不要ですが、充電池には寿命があります。ソーラーライトによく使われるニッケル水素充電池の寿命は充電回数にして500回程度で、期間にしておよそ1年半~2年。

さらに、ほとんどのソーラーライトは屋外で使うことを想定しており、しっかりした防滴や防水処理を施してあるため充電池の交換はできません。国内メーカーでは一部交換可能なモデルもあるので、同じ器具を長く使いたい方はチェックしましょう。

ソーラーライトの選び方

種類で選ぶ

スタンド型

By: amazon.co.jp

置くだけで簡単に設置できるスタンド型ソーラーライトは、レイアウトを自由に選べるのが特徴。気分に合わせて場所を変えられ、飽きのこない使い方ができます。さらに、室内に持ち込んで使うこともできて便利。家族が帰ってくるまでは庭先を照らし、帰ってきたら玄関に入れて玄関周りを照らすなど、使い方も自由自在です。

壁掛け型

壁掛け型ソーラーライトは高所に設置できるのが特徴。電池などを必要とせず広範囲を照らせるため、カーポートやガレージの入り口に設置する簡易灯としておすすめです。暗くなってからの自動車の乗り降りにもとても役立ちます。

また、人感センサー搭載のアイテムを玄関先に設置すれば防犯アイテムとしても活躍する便利さです。

杭型

By: amazon.co.jp

杭型ソーラーライトは、差し込むだけで女性でも簡単に設置できるのが特徴。周りが暗くなると自動で点灯する仕組みのものが多く、夜間に足元のライトとして活躍してくれます。

さらに、光り方がまるで本物の炎に見えるものまでありバラエティ豊か。好みのアイテムを選びやすい種類なので、雰囲気ある庭づくりにおすすめです。

明るさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラーライトの明るさは製品によってさまざま。例えば花壇に刺して使うスティックタイプのガーデンライトは、明るさも控えめで優しい光のモノがほとんどです。足元をほのかに明るくしたい方やぬくもりある光で庭を彩りたい方におすすめ。

他にも、センサー付きで防犯の役目をするタイプや、スポットで道を明るく照らすタイプは実用性重視で明るい設計です。明るさは「ルーメン」で表し、500ルーメンで40~50W相当、1,000ルーメンなら80W相当。1,000ルーメンなら6畳間を明るくできるほどのパワーがあります。数個設置すれば、庭やバルコニーも十分明るくできるのが特徴です。

ほのかな明かりでおしゃれな雰囲気を重視したいのか、防犯性を高めるために明るく照らしたいのかで選び方は変わってきます。もちろん通常はガーデンライトで優しい明りを楽しみ、センサー式のライトで防犯に備えるといった使い方も可能。使用シーンに合わせて適切な明るさのソーラーライトを選びましょう。

設置場所に合わせて種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーラーライトを購入する前に設置場所を確認しておくのも重要です。庭やプランターがあれば杭型の差し込みタイプが使えます。杭部分がしっかり入る深さがあるかチェックしましょう。工具不要で女性でも簡単に設置できます。

門柱や壁に取り付ける壁設置タイプは、ねじなどで壁に穴をあける作業が必要なこともあります。両面テープが付属しているモノならすぐに設置が可能です。両面テープでも壁が木製やタイル製であれば落ちにくいので設置したい壁の素材もチェックしましょう。防犯に使うなら、目につきにくい高めの位置に設置するのがおすすめ。

ランタンタイプなら状況に応じて使い方が変えられ、非常時にも役立つのが特徴です。外出時は外に置いておき、帰ってきたら屋内に入れて玄関等を照らすこともできます。設置場所に合わせて選べばより活躍できるのでライフスタイルや使用用途に合わせて選びましょう。

人感センサーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

人感センサーとは、赤外線センサーを搭載した装置のこと。人感センサーを搭載しているソーラーライトは人体の熱を感知して点灯します。周囲よりも高い温度に反応するので人はもちろん動物や車が接近しても反応するのが特徴です。

最も活躍するのは防犯目的。空き巣に対して強い効果を持つのが光と音と言われているので、手軽に設置できるソーラーライトは防犯に適しています。また、玄関に設置すれば帰ってきたときにソーラーライトが反応して鍵穴や足元を照らしてくれるので防犯目的だけでなく、普段の生活面でも重宝するのが魅力です。

自転車置き場や車庫に設置しても、鍵の開け閉めや乗降の快適さが上がります。また、人感センサーが付いているモデルでもモードを変更できるものもあり、人を感知すると強く光るモノや通常は消灯しており人を感知すると強く光るモノなど用途に合わせて選べます。

防水性能の有無で選ぶ

ソーラーライトに使われることの多いLED電球は熱を発生しにくいのが特徴。逆に熱にとても弱いので、白熱電球などと違い、密閉されていません。水分が入ると壊れてしまうため、屋外で使う場合は防滴や防水性能が付いたものを選ぶのがおすすめです。

防水性能の高さは「IPX〜」や「IP〜」で表されます。例えば、「IP65」の場合は防塵度が6級、防水度が5級です。防水のみの場合は「IPX」で表示します。

防水性能の付いたソーラーライトの場合、防塵は”少量の埃が入っても正常に動作する”か”内部に埃が入らない”程度。防水は強い直接噴射を保護するレベルです。水没は保護できないので注意が必要です。

ソーラーライトのおすすめモデル

タカショー(Takasho) ゴルト ランタンソーラーライト

タカショー(Takasho) ゴルト ランタンソーラーライト

ガーデニングやエクステリア関連製品を多く手掛ける日本メーカー、タカショーのソーラーライト。スタンドパーツを使って置き型としても、刺し込みパーツを使って杭型としても使える便利な2WAY方式です。置き型として使えばランタン代わりにもなり、屋外・屋内どちらでも手軽に使えます。

また、ろうそく型のライトなのでレトロな雰囲気が抜群で、どんな庭にも合うデザインが特徴。さらに、上部が手軽に取り外しできるため、充電池の寿命がきても簡単に交換できます。

ほのかなろうそく程度の明るさなので、庭やバルコニーのおしゃれさをアップさせる装飾としておすすめ。上からの水滴に強い防雨タイプですが、横からの散水には弱いため、雨の強い日は屋内へ移動させるのが適切です。周りが暗くなると自動点灯するセンサー付きなのも魅力。スイッチをオン・オフする手間もないおすすめソーラーライトです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ソーラーライト

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ソーラーライト

ジェネリック家電メーカー、アイリスオーヤマのソーラーライト。置くだけで簡単に設置でき、優しい色合いの電球色はまぶしさを抑えているのが特徴です。明るい光がお好みの方は、ホワイトの電球色を選ぶことで蛍光灯のような色合いにできます。

44.4cmの高さがあるうえ、高輝度のLED電球を4球も使っているため、周りを広く照らせることが特徴。また、スタンド型なのでウッドデッキなどにも傷をつけずに設置できます。完成品のため、組み立ての必要もありません。

また、フタを取り外して電池交換が可能な点もメリット。ネジなどで固定されていないため、女性でも簡単に電池交換できます。ニッケルカドミウム電池の寿命は充電回数にして約500回。おおよそ1~2年もつため、経済的なソーラーライトです。

ZEEFO LED ソーラーライト

ZEEFO LED ソーラーライト

汎用性に優れたアイテムながらリーズナブルな価格のソーラーライト。4つセットなので玄関や庭、ポスト、駐車場や駐輪場など好みの場所に設置できます。壁掛けタイプで人感センサーを搭載しているため、防犯対策としても使用可能。

常に点灯させておくモードはありませんが、暗がりで自転車を使ったりガレージに入ったりする際の一時的な補助灯として活躍します。明るさセンサーが付いているので、夜間になれば人や動物の接近を察知した時だけ自動点灯します。

また、1つのライトに40ものLEDを備えており、とても明るいのもポイント。さらに、1800mAhの大容量充電池を使用しているため、長時間使用できます。設置はネジや専用バンド、両面テープなどさまざまなタイプから選べます。

IP65防水防塵設計なので、悪天候にも耐えられる仕組み。砂埃などの固体への対策はもちろん、雨や軽く水しぶきがかかる程度の散水ではほとんど支障がありません。雨の影響を考えて設置場所を選ぶ必要がないところも、おすすめのポイントです。

AMIR LEDソーラーライト

AMIR LEDソーラーライト

片手に収まるサイズが特徴の壁掛け式ソーラーライト。美しく優雅なデザインを採用しており、庭を華やかに照らしてくれます。600mAhのニッケル水素バッテリーを搭載しているため、満充電なら6~8時間の点灯時間をキープします。

暗くなれば自動点灯する明るさセンサー付きなので、最初の1回だけスイッチをONにすればあとは設置したままと手間もかかりません。専用のアンカーとネジが8つ付属しており、穴があけられる壁や木材ならどこにでも設置可能。固定したネジにひっかけるだけの簡単設置なので、ソーラーライトの交換も楽々です。

おしゃれな見た目ながら、頼もしいIP65防水防塵仕様なので、雨に降られてもほとんど動作に支障が出ることはありません。ただ照らすだけでは物足りない、光にもデザイン性を求める方におすすめのソーラーライトです。

タカショー(Takasho) ソーラー ステンレスミニマーカーライト

タカショー(Takasho) ソーラー ステンレスミニマーカーライト

コンパクトサイズで手軽に設置できるうえ、設置場所を選ばないタカショーの杭型ソーラーライト。庭を彩るライトとしてはもちろん、杭を取り外して直接置けるのでバルコニーに飾るのもおすすめです。

また、本体はステンレス製なので光を適度に反射し、光に広がりがあることも特徴。間接照明のようにまぶしすぎない優しい明りで、庭の雰囲気をよくしてくれます。さらに、光を通すパーツには凹凸が施してあり、美しい光の屈折が楽しめます。

透明パーツ部分を取り外すだけで簡単に電池交換できるのもメリット。充電池に寿命がきても本体ごと捨てる必要はなく、繰り返し使えるので経済的です。

防水性能はIPX3なので通常の雨では問題ありません。ただ、散水や粉じんに対しては強くないため、横からホースの水をかけたり、土や砂がかかったりする場所での使用は控えましょう。優しい光のソーラーライトを探している方におすすめの製品です。

KEYNICE ソーラーライト

KEYNICE ソーラーライト

本物の炎のようにゆらゆら揺れる光が印象的なソーラーライト。デザイン性の高い模様から淡い光が漏れ、庭先をスタイリッシュに彩ります。これ1つで玄関先や庭先、バルコニーのおしゃれ度が抜群にアップ。

本製品は96個ものLEDがそれぞれに光ることで、炎のようなゆらぎを実現しています。赤が強めのオレンジ色をした明かりが特徴です。満充電なら最大10時間と長い点灯時間も魅力。

硬質プラスチックを採用しており、外部・内部とも共に錆びる心配もほとんどありません。防水性能もIP65と高い性能を持っています。雨はもちろん防塵対策もしっかりできますが、水没では故障する可能性が高いため、水のたまる場所での使用は避けましょう。

Langxu-Solar Light ソーラーライト

Langxu-Solar Light ソーラーライト

太陽光をたっぷり浴びせて充電しておけば、夜はランタンとして大活躍してくれるランタン型ソーラーライト。どこにでも持ち運びしやすい形なので庭先やガレージでの使用はもちろん、アウトドアにもおすすめです。

レトロなデザインで庭の雰囲気をよくしてくれるだけでなく、暗くなると自動点灯する光センサー付きなのもポイント。また、IP44の防水素材を採用しており、通常の雨なら動作に支障なく使えます。

庭先の木に吊り下げてガーデンライトとして使ったり、ガレージライトとして車の手入れの際に活用したり、用途に合わせて自由な使い方ができるソーラーライトです。